searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Raimuさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
哲学思考のなれの果て
ブログURL
https://raimuspace.com/blog/
ブログ紹介文
科学と神秘を統合する宇宙論「ヌーソロジー」の研究をしたり、リアルな「サイキック」の研究をしたりしてます。
更新頻度(1年)

49回 / 365日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2018/12/30

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Raimuさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Raimuさん
ブログタイトル
哲学思考のなれの果て
更新頻度
49回 / 365日(平均0.9回/週)
フォロー
哲学思考のなれの果て

Raimuさんの新着記事

1件〜30件

  • ■変換人型ゲシュタルト論(15) ~プログラム1 次元観察子ψ1~ψ2 方向の対化~

    不定期連載『変換人型ゲシュタルト論』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇プログラム1 次元観察子ψ1~ψ2 方向の対化◆◇ いよいよ変換人型ゲシュタルトの本論の説明へと入っていこう。 まずは今現在われわれがいる位置とされる次元観察子ψ1とψ2の理解からである。 早速、書籍『2013:人類が神を見る日』より、以下の引用を参照する。 次元観察子ψ1とψ2は、現在あなたがたが空間と時間と呼んでいるものに

  • ■変換人型ゲシュタルト論(15) ~プログラム1 次元観察子ψ1~ψ2 方向の対化~

    不定期連載『変換人型ゲシュタルト論』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇プログラム1 次元観察子ψ1~ψ2 方向の対化◆◇ いよいよ変換人型ゲシュタルトの本論の説明へと入っていこう。 まずは今現在われわれがいる位置とされる次元観察子ψ1とψ2の理解からである。 早速、書籍『2013:人類が神を見る日』より、以下の引用を参照する。 次元観察子ψ1とψ2は、現在あなたがたが空間と時間と呼んでいるものに

  • ■変換人型ゲシュタルト論(14) ~変換人型ゲシュタルトの本論に入る前に~

    不定期連載『変換人型ゲシュタルト論』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇変換人型ゲシュタルトの本論に入る前に◆◇ いよいよ変換人型ゲシュタルトの中身の話に入ろう。 いわば、変換人型ゲシュタルトの本論である。 ここまでのヌーソロジーの話は、これでもかなり省略した。 書籍『2013:人類が神を見る日』を読めば分かるが、まだまだたくさんの情報がある。 ヌーソロジーの在り方とか、やる意義とか、実用性とか、

  • ■変換人型ゲシュタルト論(13) ~基礎用語のおさらい~

    不定期連載『変換人型ゲシュタルト論』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇基礎用語のおさらい◆◇ 『変換人型ゲシュタルト論』の基礎用語編を①~④までやった。 とりあえずこれでヌーソロジーの基礎知識については一通りできたということで完了としよう。 ここで「ヌーソロジー用語」についてのおさらいをする。 ここまでで以下のヌーソロジー用語が出てきた。 プレアデス、シリウス、オリオン、 最終構成、変換人、人間

  • ■変換人型ゲシュタルト論(12) ~基礎用語④ ケイブコンパス~

    不定期連載『変換人型ゲシュタルト論』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇基礎用語④ ケイブコンパス◆◇ これまで「基礎用語編」ということで、 ヌーソロジー用語について主に説明してきたけど、基礎用語編は今回で最後にしたい。 『次元観察子』について、ψ1~ψ14まであることを以前説明したが、 これは整理されていて、今は『ケイブコンパス』という図で説明されるようになっている。 (ちなみにこれは約2000

  • ■変換人型ゲシュタルト論(11) ~基礎用語③ ノウス(NOOS)とノス(NOS)~

    不定期連載『変換人型ゲシュタルト論』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇基礎用語③ ノウス(NOOS)とノス(NOS)◆◇ さて、ここで古代中国の話をしよう。 中国には陽と陰という言葉がある。 それは+と-、正と負、光と影のように背反する性質を持つものであり、 そこにある二元論は、両者が同等の力関係にあるようなものとなっている。 これが西洋の場合、二元論となると光と闇みたいになり、 光➝善、闇➝悪

  • ■変換人型ゲシュタルト論(10) ~基礎用語② 負荷・反映・等化・中和~

    不定期連載『変換人型ゲシュタルト論』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇基礎用語② 負荷・反映・等化・中和◆◇ 引き続き、ヌーソロジー用語についてである。 ヌーソロジー学習の基礎となる、 オコツトが言ったとても重要な4つのワードがある。 それは『負荷』『反映』『等化』『中和』の4つだ。 この4つはそれぞれ数字の「1」「2」「3」「4」に対応している原理でもある。 まずはそれぞれについて軽く説明しよ

  • 変換人型ゲシュタルト論(9) ~基礎用語① 次元観察子と定質/性質など~

    不定期連載『変換人型ゲシュタルト論』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇基礎用語① 次元観察子と定質/性質など◆◇ これから変換人型ゲシュタルトを具体的に学習するための「基礎用語編」を始めていく。 言うなれば「ヌーソロジー用語」についてである。 ヌーソロジー用語とは、主に『冥王星のオコツト』が提供してきた新規用語(もとい謎のワード)であり、その一つ一つがなるべく正確に分からないとヌーソロジーは理解

  • 「変換人型ゲシュタルト論」シリーズ、目次

    「連載」ということで書き続けている、 『変換人型ゲシュタルト論』シリーズの目次をここに載せておきます。 『変換人型ゲシュタルト論』は「Text for learning Noosology」とあるように、 半田広宣さん提唱の宇宙論『ヌーソロジー』を学んでいくためのテキストです。 最初から読んでその全貌がなるべく分かるように書いていきました。 ヌーソロジーが気になってる人や、 しっかりと学習してい

  • ■変換人型ゲシュタルト論(8) ~変換人型ゲシュタルトとは?(後編)~

    不定期連載『変換人型ゲシュタルト論』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇変換人型ゲシュタルトとは?(後編)◆◇ 前編はこちら↓ e2%96%a0%e5%a4%89%e6%8f%9b%e4%ba%ba%e5%9e%8b%e3%82%b2%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%83%88%e8%ab%967%e3%80%80%ef%bd%9e%e5%a4%89%

  • ■変換人型ゲシュタルト論(7) ~変換人型ゲシュタルトとは?(前編)~

    不定期連載『変換人型ゲシュタルト論』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇変換人型ゲシュタルトとは?(前編)◆◇ まるで古代ピラミッドを建造した「半神半人」のような存在とも言われるのが『変換人』。 神話に残るエジプトの神々もその名残りなのかもしれない? さらに、数学・コンピューター・ITが飛躍的に進歩した現代では、 変換人の在り方も古代とはまったく違ったものになっているはずである。 そんな変換人のゲ

  • ■変換人型ゲシュタルト論(6) ~「最終構成」と「変換人」とは?~

    不定期連載『変換人型ゲシュタルト論』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇「最終構成」と「変換人」とは?◆◇ 前回引用したオコツトからのメッセージでは、 『最終構成』ってワードが出てきた。 太陽系ノ最終構成ノタメニ、地球人ノ意識ニ進化ヲ生ミ出スコトガ、ソノ目的デス。 それから、『変換人』ってワードについてもうちょっと詳しく説明したい。 それらの説明をするために、書籍『2013:人類が神を見る日』を再

  • ■変換人型ゲシュタルト論(5) ~冥王星のオコツトの目的とは?~

    不定期連載『変換人型ゲシュタルト論』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇冥王星のオコツトの目的とは?◆◇ さて、これまで変換人型ゲシュタルト論シリーズを(1)~(4)まで書いていった。 これまでのものは「ヌーソロジーとはどのようなものか?」を説明するためのテキストで、 いわば導入編みたいなものである。 ここから先はいよいよ本編ということで、ヌーソロジーの具体的な内容に入り込んでいき、 ヌーソロジー

  • ■変換人型ゲシュタルト論(5) ~冥王星のオコツトの目的とは?~

    不定期連載『変換人型ゲシュタルト論』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇冥王星のオコツトの目的とは?◆◇ さて、これまで変換人型ゲシュタルト論シリーズを(1)~(4)まで書いていった。 これまでのものは「ヌーソロジーとはどのようなものか?」を説明するためのテキストで、いわば導入編みたいなものである。 ここから先はいよいよ本編ということで、ヌーソロジーの具体的な内容に入り込んでいき、ヌーソロジーの書

  • シャーマニズムとか、2010年代についてとかのつぶやき

    先日、Twitterで以下のつぶやきをした。 自分が『変換人型ゲシュタルト論』で書いた、以下のテキストが割とお気に入り。 「科学的に言うと、道具を使う人間達に勝てる野生動物はいない。人間はさらにテクノロジーの発展によって、異常なほどに強くなることができた。野生動物を武力で制圧できるからこそ、人間の文化は守られている。 — Raimu (@raimu_23tm) May 19, 2021 だから、地

  • ■変換人型ゲシュタルト論(4) ~影に潜む「精神世界」の文化~

    不定期連載『変換人型ゲシュタルト論』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇影に潜む「精神世界」の文化◆◇ ヌーソロジーを語る以前に大事なのは、 ヌーソロジー以外で「科学の枠外にあるもの」を探求するジャンルの存在である。 アメリカでは1980年代頃から「ニューエイジ」という言葉が出てくるようになった。 ニューエイジとは、物質的世界によって見えなくなっている神聖な真実を目指すものだったり、個人の霊性・精

  • ■変換人型ゲシュタルト論(3) ~「自己」を見つけるために~

    不定期連載『変換人型ゲシュタルト論』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇「自己」を見つけるために◆◇ ヌーソロジーとは何か?という問題に対して、 シャーマニズムとか、数学に惹かれる人がやるものとか、これまで書いていった。 もう一つ言われていることは、ヌーソロジーは「自己×他者」の問題について考える「自他論」だということである。 ヌーソロジー学習で肝となるのは「自己」である。 これは我々が持っている

  • ■変換人型ゲシュタルト論(2) ~科学の枠外にある存在~

    不定期連載『変換人型ゲシュタルト論』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇科学の枠外にある存在◆◇ ヌーソロジーについて語っていって、できれば広まって欲しいものだけど・・・ まぁなかなか流行らない(笑) ヌースが受け入れられずらい理由について考えると、 内容が哲学・数学くさくて難しいというのもあるし、 語り口の難しさから親しみづらい理由も色々とあるけど・・・ 冒頭でも書いたように、シャーマン系の人が

  • ■変換人型ゲシュタルト論(1) ~ヌーソロジーとは?~

    不定期連載『変換人型ゲシュタルト論』シリーズ。 記事一覧はこちら。 とりあえず盛り上げのため、 2013年東京ヌーソロジーレクチャーのオープニングムービーを載せます。 ※あと、本文は「である調」統一で書いていきます。 ◆◇ヌーソロジーとは?◆◇ 早速だが、まずは「ヌーソロジーとは何か?」について書いておこう。 ヌーソロジーとは何か?については「ここ」とか「ここ」とかにもちゃんと書いたので、 そちら

  • ■変換人型ゲシュタルト論 ~はじめに~

    こんにちは。 20歳ぐらいの時からヌーソロジーを学び初めて、 ヌーソロジー歴が10年以上になってきているRaimuです。 これから、ヌーソロジーテキストの新シリーズとして、 『変換人型ゲシュタルト論』というのを新たに始めたいと思います。 ・・・とその前に・・・ ジャンプ漫画『シャーマンキング』のアニメが最近、新しく始まりました。 嬉しいーなー。 この漫画は連載開始が1998年からと古いので、 自分

  • ■変換人型ゲシュタルト論(1) ~ヌーソロジーとは?~

    不定期連載『変換人型ゲシュタルト論』シリーズ。 記事一覧はこちら。 とりあえず盛り上げのため、 2013年東京ヌーソロジーレクチャーのオープニングムービーを載せます。 ※あと、本文は「である調」統一で書いていきます。 ◆◇ヌーソロジーとは?◆◇ 早速だが、まずは「ヌーソロジーとは何か?」について書いておこう。 ヌーソロジーとは何か?については「ここ」とか「ここ」とかにもちゃんと書いたので、 そちら

  • 漫画「チ。―地球の運動について―」が面白い

    『チ。―地球の運動について―』という漫画が面白いのでそれの紹介です。 この漫画の主題となるテーマは「地動説」。 ガリレオ・ガリレイが17世紀に地動説が正しいことを主張していて、 ローマ・カトリック教会からの異端審問と戦っていたのが有名な話です。 ガリレオも地動説発祥からぼちぼち後の人物であり、 既に16世紀初めにはコペルニクスが地動説を研究をしていて、 コペルニクスの直接の弟子レティクスや、ヨハネ

  • ヌーソロジーの理解に役立ちそうな動画など その2

    以前に『ヌーソロジーの理解に役立ちそうな動画など』という記事を書きました。 これはほんとに「絶対見た方が良い」「鉄板中の鉄板だ」というものをセレクションして載せています。 e3%83%8c%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%83%bc%e7%90%86%e8%a7%a3%e3%81%ab%e5%bd%b9%e7%ab%8b%e3%81%a1%e3%81%

  • 正八面体⇔正六面体モーフィングアニメ集

    前回、GLSLシェーダープログラミングの作品をまとめました。 e3%82%b7%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%a8%e3%81%84%e3%81%86%e3%81%ae%e3%82%92%e6%9c%80%e8%bf%9

  • GLSLシェーダープログラミングというのを最近やってる話

    GLSLシェーダープログラミングというものを最近やってます。 「GLSL」や「シェーダー」というのはWebGLの一種であり、 ここで使ってるのはフラグメントシェーダーの技術であり・・・ ・・・とプログラマー的にはもうちょい詳しい話がありますが、 要するにプログラミングでグラフィックが作れます。 大まかに「作品」と呼べるものが溜まってきたので、 以下のサイトにアップしました。 ◆NEORT | Di

  • 最近、海上自衛隊体操をやってる話

    皆さん、自宅で仕事をする機会が増えたりして、 運動不足にはなってないでしょうか? 運動やストレッチを日常的にやりたい場合、 例えば、ラジオ体操をやるのとかが良いとよく聞きます。 日本一有名な体操で学校でやらされてることもあったかもしれませんが、 あれは必要な運動やストレッチがコンパクトに凝縮されてるので性能がとても良い体操らしいです。 ただ、ありきたりなのでちょっと飽きるしつまらない気もします。

  • note更新。身体・運動論「4スタンス理論」について書きました

    『社会不適合者の能力特化論』シリーズを更新しました。 e3%80%8c%e7%a4%be%e4%bc%9a%e4%b8%8d%e9%81%a9%e5%90%88%e8%80%85%e3%81%ae%e8%83%bd%e5%8a%9b%e7%89%b9%e5%8c%96%e8%ab%96%e3%80%8d%e3%81%a8%e3%81%84%e3%81%86%e3%81%ae%e3%82%92not

  • オススメのプロテインを紹介してみる

    今回はプロテインについて書きます。 実は自分はそこそこのプロテイン利用者で、 筋肉がほとんどつかない体質なので筋トレに使用するわけではないですけど、 頭脳労働の疲労回復に良かったり、 寝つきが良くなったり、 そもそも高たんぱくな食品というのは身体に良かったりといった理由で飲んでいます。 そんなわけで、自分が飲んだことのあるプロテインを紹介していきます。 定番のもの プロテインは筋トレ用の飲み物とい

  • ■サイキックの研究と分析(55) ~実用サイキック一覧 総合的技術・特殊技術系~

    不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇実用サイキック一覧 総合的技術・特殊技術系◆◇ 『実用サイキックの一覧』シリーズはこれで最後にしましょう。 今回は『総合的技術・特殊技術』というカテゴリーで、 以下のものを説明します。 ・成功法則 ・幽体離脱 ・タルパ利用 ・召喚 ・霊界交信 成功法則 「成功法則」は「引き寄せ」に近いカテゴリーにあり、 「引き寄せ」が「成功法

  • ■サイキックの研究と分析(54) ~実用サイキック一覧 物質操作系~

    不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。 ◆◇実際にある超能力◆◇ 今回は『物質操作系』について説明します。 正直、これに関してはむしろあんまり実用的じゃないかもしれません・・・ 推奨したい文献も特にないです。 ・物質変容(微細) ・ポルターガイスト起こし ・念写 物質変容(微細) 「スプーン曲げ」がこれに該当します。 スプーン曲げについては『微小レベルで物質に影響する』

カテゴリー一覧
商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー