chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
AmazingMasa's blog https://amazingmasa.hatenablog.com/

30歳若手サラリーマンが、結果(暫定目標は億超え)を出すために、自分に合う投資スタイルの確立を目指す

AmazingMasa
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2018/10/23

arrow_drop_down
  • デジタルデドックス

    朝6時台、Udemyで学習していたらうっかりコップを倒してしまいMacBookに水が大量にかかった後、パソコンが動かなくなった データが戻せるのかよく分からないし、ノートパソコンが使えなくなったことはダメージが大きいが、デジタルデドックスをせよというお告げだと捉えて、しばらく私用パソコンはない状態で過ごしてみる MacBookは一度試してみたかっただけなので、今度はWindowsのパソコンでも見てみるか

  • 解約

    使わないカードや契約は例え会費がゼロであってもガンガン解約 現状維持でも影響が特にないが、潜在的なリスクがあることと、身軽になるためにもこういった面倒なことを思い出したら積極的に取り掛かっていきたい クレジットカードはガンガン解約

  • tollwood munich

    ミュンヘンの夏祭りでドローンによるイルミネーションパフォーマンスがあり、新しい時代を感じた ガンガン音楽にあわせて表現するものを変えていく 日本の花火もこれが追加されるかもしれない

  • マウスピース

    矯正治療を終えた後も歯は動くということと、歯を守るという目的で就寝時だけにつけるマウスピースを作った このルーティンを続けることで、歯のリスクは最適化出来ていると思っている

  • アシックス

    新聞で株価がいい感じだと知り保有株を見てみたら、アシックスが取得価格から7倍に増えていた 大量買いはしていないので金額的には7倍であっても含み益はボーナス程度に過ぎないのは残念ではあるが、頭では分かっている「株は上限は無限で下限は投資した金額まで」、が感じられて良い 良い株を長期で保有するのが時間対効果、費用対効果が高い 最近株を見ていないが、次の投資先も見つけていかないとこういうチャンスを逃すともったいない

  • もうすぐ上場します

    日経新聞の「もうすぐ上場します」シリーズで取材を受けた将来の自分による、記事 2029年7月7日 子供向けレジャーアクティビティのマッチングプラットフォームを運営するIKIGAIKIDS(ドイツ・ミュンヘン)が、14日、プライムに上場する。共同創業者Amazing Masaに自社の強みや今後の戦略を聞いた。 ーー事業の概要と強みを教えてくださいーー 「水泳やサッカーやダンスや体操といったスポーツ、お絵描きなどのクリエイティブ活動、英語教室、サマーキャンプなど様々なジャンルの子供向けアクティビティがプラットフォーム上に登録されており、誰でも閲覧でき、有料会員であればそこで予約し参加が出来る。参加…

  • Business Model Canvas

    アイディアを思い付く人は沢山いるが実行に移す人はわずか だから自分達が実行すれば良い Business Model Canvasにとりあえず書いてみた これはこれからの冒険の地図 ブラッシュアップしていく 仲間を見つけていく

  • ライン川に沈んだゴールド

    昔の大量物流のメインは運河であり、欧州ではライン川がそれに相当する ゴールドの運搬もライン川を使って行われていたが、沈没してしまった船も多い スージー氏の友人のトビは、ライン川に沈んだゴールドを見つけることに情熱を持っており、5年以上に渡りライン川からゴールドを取り出すことに趣味として取り組んでいる その様子をトビがYouTubeで発信したらメガヒットして、スージー氏は人々の関心の高さに驚いていた トビは実際に少量のゴールドも見つけている ロジックの世界ではないし、人々の興味関心は本当に色々なのだなと改めて感じたエピソードであった 人からどう見られるとかも気にはなるが、中長期的な影響をよく考え…

  • 休職で時間を確保の案

    人生の選択肢として休職もありな気がする 一度仕事から離れてインプットややりたいことに専念する一年があっても、人生としてはいいのではないか 海外留学はやはり2,000万円近くかかっても人生において経験しておきたいとずっと思うだろう ドイツ語も1日5分しか勉強していないが、もう5年以上住んでいるので一度集中的に時間を投下すればかなり使えるようになる感覚がある 本も定期的にまとめ買いして読んでいるがもっと時間をさいてもう読みたいものがないというくらいまで読みたい 駐在が終わったら、スージー氏のマスオさんとして1年こういう時間を過ごす方が充実した人生な気がする そしてまたモーレツに働くようになるのだと…

  • QRコード

    QRコードが今後のキーになると思う ブラジル即時決済「PIX」は好事例 今起業準備をしているプラットフォームも、QRコードをアクティビティに参加する時にスマホから読み込んでもらい、チェックインしてもらうイメージでいる QRコードについてアンテナを持っておきたい

  • Michaelibad Freibad

    スージー氏の提案で野外プール スージー氏は泳いで運動に励んでいたが、私は半日読書。最後に遊泳 起業の本を読み込み、イメージがついてきた どうチームを組んで人の力を引き出すか、が私にとって重点課題であると思うに至った

  • 野外サルサ

    暑い日と寒い日の差が大きいミュンヘンではあるが、夏日和の際は野外サルサが盛り上がっている 今年がいよいよ最後の夏かもしれないと思いつつも、何の根拠もないがまた残れるかもという願望も見え隠れする さて一年後どこで何をしているのだろうか

  • 地球儀を連れてきたスージー氏

    いきなりどこから入手したのか分からない中古の地球儀を持ってあらわれたスージー氏 世界展開を見据えるための地図だという こういう発想は私は忘れていたが大変役立つと思う

  • テラスで食事

    スージー氏がテラス席が好き、かつ誰かの為に作る料理作りが好きということで、私にとっては新鮮な経験なので毎回写真 こうして並べてみると、ヘルシーな食事中心 Danke! スージー氏の、取締役の仕事をまたしたいという発想とそれに向けた行動は刺激になる 手伝いをしながら自分でも出来るように学ぶ

  • Recovery tips

    自分にとって最適なリカバリーの仕方を確立することの大切さ Recovery tips: Be aware of the recovery Paradox (まずは自覚しよう。休みをメンタリーに意識して取ること) Psychological detachment from work is critical (and difficult) スマホが自分に近いところにあるほど、頭のリソースが取られてします Choice Matters ヨガなど何が自分にとって合っているのか見つける。ランチを一緒に摂るのが好きな人もいれば、一人でとりたい人もいる Micro-breaks work (Micro-br…

  • raise you up to the best version of yourselfした5人の名前を上げよ

    IESEビジネススクールのEMBAのオリエンテーションで、「raise you up to the best version of yourselfした5人の名前を上げよ。その特性(Characteristic)を単語一語で表現せよ」という課題がその場で出た スモールグループで各自の意見を述べた後、大部屋に戻る スポークスパーソンは、特性(Characteristic)を纏める役割を持つ 誕生日が1番早く来る人がスポークスマンというルールであった empathy determination diligence といった単語が出た 最後は、 one lesson one idea one act…

  • 世界から学び、要素を組み合わせる

    マクドナルドのフランチャイズビジネスの仕組みを学び、真似る Urban Sportsのサブスクリプションビジネスの仕組みを学び、真似る Airbnbの世界展開を真似る 親が子供にスマホを持たせている時の契約形態を学び、真似る 上記の組み合わせで子供向けレジャーアクティビティのプラットフォームを世界中で展開するビジネスモデルを練り上げる

  • 所有権の分配比率は変更可能に

    創業時にパートナーと株式の分配比率を決めて固定してしまうのは避ける 会社への貢献に基づいて決めるべきであるからだ 時間がたって各人の貢献度が分かってから割合をどう変えるのかを契約に盛り込む必要性がある 時間、機会費用、過去の貢献、将来の貢献、そして野心を考慮する 小さいパイの大きな割合よりも、大きなパイの小さな割合をもらった方が良い 会社での勤務年数に応じて権利を確定させていく、というやり方をしておけば、自分たちは経営を分かっている創業者であると投資家にも示せる チームが事業を成功させようと懸命に働く動機づけともなる 自分がどちらの立場になるのか誰が辞めて誰が残るのか分からない最初の段階で交渉…

  • 45歳

    成功している世界の起業家を分母に、創業時の年齢をプロットした統計グラフを見た 山の形をしており、頂点は45歳 起業家は若い人のイメージもあるが、統計的に数の多さで言えば、中年の方が創業して成功をおさめている数の方が多い 統計が全てではないが、年齢的にもこれから成功するグループに入っていくので起業するのも人生の選択肢であると改めて思った I am too oldは自分自身が勝手に持つ思い込みである

  • 大きい夢

    小さい夢は、多くの人の共感を得ない 大きい夢は、多くの人の共感を得る だから、大きい夢を掲げた方が、多くの人の協力を得て夢を実現しやすくなる という感触を改めて持ち始めた 「Billion企業を目指す」 Airbnbがそうなのだから、同じビジネスモデルの我々もそうなれる とスージー氏に言ったら、考えているスケールが違っていたようで驚いていた その日の夜は寝付けなかったらしい 私は1兆円企業を目指すと言ったつもりであったが、ユーロでBillionだと1,700億円程度なので、1桁英語に翻訳する時に間違えたことに後で気付いた ミニマムで10ビリオンと今度言い換えよう この数字が出るPLを作ってみよ…

  • 車のクラクション

    サッカーの試合の後、車のクラクションを鳴らしまくる人たちが大量発生するドイツ 吠えている人も結構いる 一度もテレビも報道も見ていないが、勝敗が街の音で分かる メディアのない時代はこんな感じで情報が伝わっていたのだろうと想像 業務時間が長すぎて、他のことに時間を避けないのは致命的 なんとかしないといけない

  • 時間と元本

    複利を最大限活かした人生にするためには、時間と元本を強烈に意識していきたい 現金という元本 自分の労働力という元本 時間を味方につけるため、複利がきくところに身を置きたい

  • プラットフォームの構築

    bubble.io コーディングの仕方を知らなくても関係ない プラットフォームの構築に使用出来るツールを探してローコード、ノーコードを調査 Bubbleというのがあるらしい この事例は参考になった。やりたいことと課題が同じ。Bubbleでプラットフォームを構築する スージー氏からは、エンジニアに依頼しないことを心配されているが、一度試してみたい ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 開発経験ゼロの状態から1年以内に10か国以上へと拡大し、ユーザー数60,000人を擁するにまで成長したCircleHome(サークルホーム)の成功事例 Bubbleを導入する前の課題と導…

  • 売上は5年目で少なくとも1億ドル

    小さく考える姿勢はやめたい ベンチャー事業には、売上は5年目で少なくとも1億ドルに達する可能性があるものを求める 起業するなら、金銭的に報われないのは絶対に回避しないといけない スージー氏には、5年で1億ドル(160億円)の売上のプランを作ろう、プランが出来ない場合はやらない、という感じで話そう 最低でも3桁億円が見えないないと面白くないでしょう

  • 急成長する収益逓増モデルを目指す

    ビジネスの成長率という視点では、急成長するモデル「収穫逓増型」(Airbnb)かそうでないモデル「労働集約型」(飲食店)か、の2つ 収穫逓増型ビジネスモデルとは、コストと売上が比例しない、収益率が非常に高いビジネスモデル 労働集約型とは売上に対して、コストも比例して上がっていくビジネスモデル 事業が拡大するにつれて投資効率がよくなり、利益率が高まる「収穫逓増型ビジネスモデル」の場合には、一度、損益分岐点を超えてしまえば、それから先は大きな追加コストをあまり必要としないため、伸びた売り上げのほとんど全部が利益になる スージー氏との起業においては、レバレッジの高いビジネスモデルを作りたい 収入と投…

  • 週末フル稼働

    週末は土日とも稼働して業務対応と昇格試験対応 何故こんなに時間がかかるのか 週末を両日とも使い果たすと、こんな時間の使い方で良いのか、こんな人生の過ごし方で良いのか、という考えもよぎる 週末の時間が自由に使えないのは好ましくない どの程度この状況が続くのかによって対応を見極めないといけない この状況が続くのであれば持続可能ではない 自己研鑽の時間が取れないのは致命的 無形資産を高めることにもっと注力しないといけない

  • 起業の息吹 その2

    スージー氏はプラットフォームビジネスの立ち上げを本気で準備に着手 彼女の会社のホームページなどITをサポートしているエンジニアに構想と仕様を話して、できるか出来ないか、見積もりと期間について依頼していた サプライヤーについても、先週ジムの帰りに候補の紹介をしてくれた 経営者友達とお茶をしながら、フィードバックをもらっていた なぜ始めたのかというストーリーや経営ビジョン、解決したい問題、成し遂げたい世界観などビッグピクチャーを描き始めている さすが起業からイグジットまで一通り経験しているだけあって間近で見ていて違う世界なので新鮮で面白い 彼女が本気なので、私はプラットフォームビジネスの事例研究を…

  • スカウトが届いた

    転職サイトに登録していないが、ドイツ国内の日系企業の案件を紹介する業者からスカウトの連絡があった。 MBAを去年本格的に目指していた中で職歴が世の中に広まっていったのだろう ドイツ国内での就労経験があり、ファイナンスなど幅広い業務経験があることが声をかけた理由とのこと バックオフィスマネージャーという役職で、年収80k€のオファー(約1,360万円)であった 特にお願いもコンタクトもしていないが、一方的に通知されたこのような評価は自分の思っている市場評価より低く残念 現地就職の相場観が思いがけない形で分かったが、自分が応募するというより、自分が採用する側にたった時にどの程度でオファーすれば良い…

  • 覚醒

    人生の脂が乗っている時期が到来したのではないかと思う、自分でも驚くべきよいパフォーマンスを発揮した週 スージー氏と要因のリフレクションを実施 食事はまず第一に挙げられる。5時間以上かけて骨付きのチキンからとるチキンスープ これは毎回特に料理に時間をかけたチキンスープを食べた後はパフォーマンスが安定的に違う スージー氏いつもありがとう 次に天気。ようやくミュンヘンの夏がやって来た。日本の夏と違って湿気がなく暑すぎず最高だと毎年感じる 年齢的な面でも脂が乗る時期なのかもしれない。この時間をどこにどう使うのか、というのは本当によく考えながら過ごしたい

  • サッカーイベント「UEFA EURO2024」

    6月14日(金)から7月14日(日)までの間、ドイツ国内10都市10会場でUEFA EURO2024が開催 ミュンヘンはアリアンツアリーナというサッカースタジアムもあるので街中が欧州各地から来たサッカーファンで溢れている この時期はホテルの予約も取りにくい、値段も高いと出張を検討していた方から聞いた 試合に勝つと、クラクションを鳴らしながら走る車が大発生する パブリックビューイングも沢山 しかし全く試合を見る時間も余力もなく、パソコンに向き合い業務対応 こんな日々を幹部は毎日過ごし続けているのだろうか 業務以外に時間を持てる人生を過ごせるのだろうか まずは幹部を経験してみて身体がどう反応するか…

  • 業務最優先の日常

    スージー氏から、私が上位のポジションに就くことの心構えの話の中で、ワークライフバランスのドイツだとあなたは思っているかもしれないがドイツでは幹部はそうではなく、日中だけでなく、夜や週末含めて業務をしている、と解説があった 入社した時からそういうモーレツな働き方をしてきたと私は思っているが、最近は、長時間労働は費やした時間と成果のバランスを意識していかないと中長期的に持続可能ではないと思う 呼吸は大事 息を吐いて出す 戦略的休憩が単に長時間労働するより効果がある 優先順位付のプロとなり、重要なことにフォーカスして何とか他のことにも時間を避けるように持っていきたい

  • 最高ランクの評価を頂く

    ボーナス査定は相対評価だが、トップ数%のみに与えられる評価を昨年下期の私のパフォーマンスに対して会社として与えることになった、と通知頂いた 昔経営企画部門でM&A業務を案件の組成から契約締結、対外発表、クロージングまで一通り何件も経験させて頂いていたことで、この分野においてはかなり自分の業務パフォーマンスの価値が高いのだと体感では思っていたが、他者からの評価が一致したと言える 一方で、自分の経験豊富な分野に安住するのでなく、今までの経験や知見のレバレッジが効くも新しく・興味のある分野でも挑戦していきたいと思った

  • 創業前に決めておくこと

    ダニエルから、どちらを責めているとかではなく、起業においては、困難な時に揉めるから、創業メンバーで辞めたい人がいた時にその株式の持分をどう扱うのか、意見が別れた時にどう意思決定するのか、新たに株主が入ってきた時にどうするのか、解散する時にどうするのか、など、今の創業メンバーで仲が良い状態の時にしっかりと取り決めをしておくことが大切だと、アドバイスをもらった ITに関しても、彼が起業した時にどうしたのかをベースに具体的なアドバイスをもらい、道筋が一つ見えた 法人形態もどれが適切か見えてきた スージー氏のお友達ネットワークは強力

  • 意思決定者になりたい

    会社員としてお伺いを立てる経験を沢山積んできて、サラリーマン組織においては責務を果たしているとは思うが、何かが足りないと感じる それは重要な判断を自分で意思決定する経験のなさ 意思決定する経験を積むためにはどうしたら良いのかよく考えて、オプションを作っていくべき 人生は短い 脂が乗っている時期は少ない 挑戦する人生を歩みたい

  • ビジネスオーナーになりたい

    仕事の報酬は、金銭ではなく、次の良い仕事であると思うが、私の知る限り、日本の会社員だと、金銭面は驚きがない 天井がある ここでいう驚きとは、数十億円、数百億円、数千億円、数兆円というスケール ビジネスオーナーとして売上を上げ続ける、コストを管理する、人を活かすことの大変さを経験したことがないので正直感覚として持っていないが、会社員でなければ、そういった驚きには繋がりうる またサラリーマンより創業者の方が肝が据わっているように見える 意思決定をし続けることが出来るポジションも大きな要因だと思う 一度しかない人生、ここぞというチャンスが来たら掴めるように、アンテナを張り続ける

  • 日記のススメ

    昔のスペイン人の若手同僚とキャッチアップコーヒーを実施 彼女は、(サルサとは違う)グループダンスを始めたらそこに楽しさを見出したものの、仕事に興奮を感じず、但し大きな不満もなく、このままで良いとは思わないが選択肢が思いつかないという悩みを抱えていた また同棲して6年(?)とかのパートナーはこの数年間はまだ勉強で結婚や子育てといったイベントも当面ないという 相談を受けたので、とりあえず日々日記でも書いて、自分が求めている要素を言語化して自己認識を高めるのはどうかと伝えたら、やるということだった 定期的にアップデート出来る仲間がドイツでも出来たことは良かった

  • 上司にならないのも人生の選択肢

    スージー氏のリーダーシップ論の後に、人とのコンフリクトはトラブルの原因になるのでリスクマネジメントの観点から避けたいと、相談 嫌なら上司にならないのも人生の選択肢、と色々事例を紹介してくれた -------- スージー氏のリーダーシップとは、 ミッションの実現に向けて、コンフリクトを恐れず、最もリソースを有効活用すること、立ち向かうこと 例えばスージー氏の前任は、コンフリクトを避けていた。働きたくない、パフォーマンスが悪いとか、の従業員をそのままにしていた。だから従業員からは好かれていて本人は良いリーダーだと思っていたが、組織が立ち行かなくなり、スージー氏が招聘された。状況を変えないといけない…

  • リーダーは目的に向かってファイトするもの

    IMDのリーダーシップ研修のリフレクションをスージー氏と実施 リーダーシップが専攻の一つかつ数百人の部下を持つスージー氏との会話は貴重 私がスージー氏から学んだと思った点は以下 ---------- 人がコンフォータブルに感じないことを言わないといけないのがリーダーシップ、と貴方は認識しないといけない 自分のことを好きだと思ってほしい家族や友達と、従業員は違うという頭の整理をすること リーダーが従業員から好かれたいと思っていたら、例えばもっと働け、もっと少ない給料で、もっと少ない休みで、とは言えない リーダーは、パーパスに向かっていつもファイトしないといけない 例えば先日、新しい状況になったの…

  • パッと要旨を掴むスキルを意識する

    IMD研修での参加者とのグループワークで気づいたが、まずザックリ要旨を一瞬で掴むスキルを今後意識して磨く必要性がある Big picture を一瞬で掴むという表現でも良い 早とちりしないようしっかり読む癖が私にはあると思うが、正確性はよいものの、スピード感が不足していると感じた 例えば以下の文章が出てきたら数秒後には、IMDでは議論が始まった 私の今のやり方の英語を読むスピードでは議論に参加することも厳しい 時間の制約のあるシミュレーションゲームにおいてチームに貢献するために、これはベースとして持っていないといけない ーーーーーーーー The board of LM Energy needs…

  • 一呼吸おく、間を取る

    IMD研修における学びを一言で言えば、一呼吸おく、になる 間を取る、という言い方でも良い 参加者一人一人違う学びがあったと思うが、改めて振り返ると私は、間を取る、になる ストレスがかかった時に、深呼吸 ストレスがかかっていることを自覚しないままの言動は周囲を不幸にし、自分も不幸にする 自分の状況をしっかり自己認識することが大前提 一呼吸おくこと、つまり5秒かけて息を吸って、5秒息をとめて、5秒かけて息を吐く これを繰り返すことで自分の身体をコントロール出来る 人は急な展開になった時に、思い込みの穴に落ちてしまう また、時間のプレッシャー、競争環境においても、適切な判断が出来ないことが多い 一呼…

  • 日本の持ち帰り習慣

    打ち合わせとかでその場で決めずに、持ち帰ります、というのが日本の大企業では多いと思うが、これが私がIMD研修で感じた「その場での思考の瞬発力」不足の一要因であると思う その場で決めようというように私は頭が自然には動かない 後でじっくり色々な人の意見ももらって検討しようという頭がデフォルトになっていることに気づいた その場で決める場数が今まで足りなかっただけなので、これから意識すれば問題ではなくなると思う また、きっとベンチャーとかだと裁量があり普通にその場でサクサク決めているのだろうと思う 個人的には特に交渉の場では、その場で決めず持ち帰ることの威力を実感しているものの、全て持ち帰る必要性はな…

  • IMD研修を終えた身体の変化

    プログラムの最終日あたりから、鼻水が出るようになってしまった これは自分の意思ではコントロールしようがない 身体(頭の機能?)が終日の英語でのインテンシブな議論などで限界を迎えたと推測される 休憩をしっかり取りたい 今回のFuture Leadersの学びの一つは恐れないこと 頑張り続けることで、パフォーマンスが落ち、周囲にストレスを与え、判断が適切に出来なくなる、ということをもっと強く自覚して、日々ちゃんと戦略的に休むことが自分も周囲も幸せにする 毎日夜遅くまでご飯したり飲んだりしても翌日のパフォーマンスに全く影響がない参加者も沢山いたが、周囲に惑わされることなく、自分のペースを守った ネッ…

  • 数も増やしていく

    IMD研修での私の発言の数は、参加者平均より少なかったが、発言時のクオリティの高さでは、評価された点は特記事項 瞬発力を上げれば発言出来る数は増やせるので、そこが今後の伸び代だと思う 甘くはないが、研鑽し続ければ世界の中で先頭を走るグループに行ける感触を持った

  • 参加者からの学び

    IMD研修に参加して、教授や外部講師から学ぶこともあったが、1番の学びは参加者同士の議論であると感じた 特にこのリーダーシッププログラムは、自分の過去から未来まで振り返り考える中で、参加者からフィードバックをもらうことでの気付きや着眼点の学びは多かった 参加者から学ぶスタイルの教育は今まで私が受けてきた日本の教育ではなかった記憶を持っている 今回の経験を通じて、オンラインでの学習や書籍で知識系は網羅し、着眼点や深堀は人から学ぶのが効果的かつ効率の良い学びではないかと思った またそういう場での自分のプレゼンスを示すことが私の課題であると感じた MBAとかに行くのであれば、オンラインではなく、顔を…

  • 石油の威力

  • Nonmarket strategy enables market strategy

    政府や世論などとの向き合い方の授業 効果的な制裁を課すのは、グローバル化した中で難しい(ロシア制裁は抜け道が沢山あり想定した効果は出せなかった。インドからロシア産の原油を輸出し制裁を逃れたりなど) どちらかと言えば高齢者はイスラエルよりで若者はガザよりの傾向があるが、 58歳がfortune 500のCEOの平均年齢であるように会社としてはイスラエル支持になりやすい状況 プリウスが最初に販売された時に、一般車より高額で重たかった。トヨタはカリフォルニアで最初に販売し始めた。シリコンバレーから世界に、という発想。 カリフォルニアでは渋滞が常態化し、カープール専用のレーンを用意して早く走れるように…

  • フィードバック

    週末のスイス合宿でのグループワーク後の最後のランチの前に紙が渡されて、食後チームメンバー同士でフィードバックを与えるという課題が課された チームの五人分、既に発揮できているリーダとしての強みと更に効果的にリーダーシップを発揮するための改善点をそれぞれ最低2つ記載する 昼ご飯も含めて1時間は、私にとっては準備に足りないと感じた このフィードバックを与えることも、今週末の研修課題も、その場で与えられたグループワークであり、しっかり事前に準備してから臨む私のいつものやり方とは違うので、自分がどうグループに貢献できるのか居場所を探すのが手探りで、いつもの勝ちパターンに持っていくという流れがなく、なんと…

  • IMDグループワーク

    スイスの合宿所にピアノがあったので、一曲弾いたら皆驚いていたようで反応が良かった 日頃から練習しておくこと、外人にも受ける曲であることを意識していった方がコミュニケーションツールとして良い ピアノの練習もしておくべき グループワークでは、チームに全く貢献出来ない自分という認識を持った まず、込み入った話になると、英語の語彙力がやや私は不足しているようで、深い話についていけない(もしかすると日本語でもついていけてない) すると深い意見や洞察力のある発言が出来ない また、その場でタスクが付与されるが、タスクの理解の早さが皆私より早い 英語のリーディング力の差を感じる 即興での対応は今の私だと良い成…

  • 英語のカラオケはお箱を持ちたい

    週末はスイスの山で合宿 夜カラオケで、先頭を切る人がいなかったので、Phantom of the operaを歌の途中からスーツを脱いで、最後は床に倒れて全力で歌い切ったら、IMD研修の参加者から喝采を浴びた ボードミーティングが始まる前などに君の一曲を歌えば全てに案件は通る、と言う人もいた 本気のカラオケは、日本人に限らず外人にも受けが良い 国外だと日本の曲がほぼないので洋物になるので、英語の歌で盛り上がるのをレパートリーに持つと最強のコミュニケーションツールになると思った

  • Assumptionを疑うようにしよう

    チームが6つ用意され、チーム対抗でジグソーパズルを13分以内にやる課題があった 1番早くジグゾーパズルを完成させたチームが勝利となる このゲームの後のリフレクション 勝利したチームは勝利の余韻にひたり、他のチームを助ける事はなかった。 なぜだろうか。 ゲームの説明を受けた時、特に解説はしていないが、以下の想定を参加者は共通認識として持っていた まずは角を固めに行く進め方をすること 完成系は四角であるという共通認識があること 完成したときに何か絵が見えると言う理解があること。 パズルを組み合わせる時に、表と裏の組み合わせは想定していないこと 今回のパズルは、表と裏を組み合わせないと噛み合わない仕…

  • 部下と上司の間で生じる問題への向き合い方

    新しいポジションについた部下と上司の間で生じる問題への向き合い方について、IMD研修での、Harvard Businessケーススタディーを通じた結論 <上司として> Communicate what & Why / 部下に指示やお願いをする時に、whatは伝えるが、Whyを伝えることがないと、部下は特に指示に違和感を感じた時に何故なのかとモヤモヤ感が残るし、必要性を感じずに、やらない人も出てきてしまう。可能な限り、Whyも伝えるように。 Open feedback Build a trust intrinsic motivation (内発的動機)で人に動いてもらうように意識する <部下とし…

  • 長距離列車はやはり遅延

    水曜日からのIMD研修に向けて、週末Lausanne まで電車で移動 チューリヒで乗り換えだけのはずだったが、遅延し、チューリヒの2個手前の駅で運行終了とするのでそこで降りて次の電車に乗り換えてチューリヒまで行くようにと社内アナウンス ドイツの長距離列車は定刻通り運行されたら奇跡だと改めて思う 夕ご飯の残りを持たせてくれたスージー氏の弁当の一部 ミュンヘン中央駅までの送迎など手厚いサポートでありがたい

  • Executive MBA in Innovation & Business Creation

    ミュンヘン工科大学のEMBAのInnovation & Business Creationだと、アントレプレナーとして起業の学びが出来そうな気がして気になったが、卒論があることと、大学のアントレプレナーシップの施設が使えないと卒業生が建設的フィードバックをしていた点が気になったので、値段は半額で安いが、全力でGoとはならなかった https://www.lll.tum.de/event/executive-mba-in-innovation-business-creation-virtual-info-session-july-24/

  • コーチング後の宿題

    以下を考えてくることが、IMDコーチング後の宿題となった -------- This will be a worthwhile experience for me if .... I ... (do, experiment, try, start/stop/continue, explore, make sense of etc) -------- 研修中、Try different behaviors という助言 思いつたのは、 ・自分が話しているところを動画に撮ってもらい、確認して、どう見えるのか聞こえるのか、自覚する ・相手に与える印象、感情を意識した伝え方、ポイントを絞る ・外人と話す…

  • イタリアのパスタ

    この前イタリアで買ったパスタをスージー氏案で料理 見たことのない形のパスタだったので試してみたが、太いがまあ良い食感であった 料理のレパートリーがスージー氏は多いが、私の株に対する注力度合いと同じレベルが、メニューに向いていることに気づいた 私の株に対するエネルギーは、もうそろそろ違うところにシフトさせても良いのかもしれない いくら含み益が出ても、もっともっと病になっているので、株式市場への関心が頭から抜けることがない 金銭的な自由を確立したら、自分のエゴを超えたもっと大きな貢献に視点を移したい

  • ビジネススクールで学ぶフレームワーク

    IMDの研修を通じて色々な経営フレームワークを英語で学ぶことは、(日本語で学ぶよりも時間がかかるが)私は一石三鳥(コンテンツ、英語、自己肯定感(グローバル人材に向かっている感じ))なのでシナジーは出ている 値段は300万円以上なので高過ぎだと今でも思うが、絶対に元を取るという気概が出るのでプラスに捉える 確かに経営に対する解像度が上がる一方、こういうことを理論で学ばないで経験が豊富な人も経営には必要だと思った 何故ならば同じ見方(フレーム)で考え判断するひ経営陣だと金太郎飴になり、環境の変化や世論からかけ離れる気がするからだ まあでもまずは学んでポジションを上げていこう

  • if you are not at the table, you are on the menu!

    Nonmarket strategyという考え方をIMDの教材で知った(IMDの研修だが、当該論文はMIT) 個人的には、(market strategy である)経済的利益を第一に取りに行くだけでなく世論と向き合うこと(経済的利益が二の次になっても)にも企業はリソースをさくものという考えだと理解した 具体例を一つピックアップ Novartisという製薬会社は、薬のパテントを各国・各企業に守らせるのが彼らの利益につながるが、貧困国でも暴利を貪るのかというロビーストの声や途上国政府からのクレームがある中で取った行動 貧困国には劇的に安い価格で薬を提供して、パテントを守らせることと貧困層にも薬を届…

  • 優先順位の見極めが大切な局面に

    仕事が爆発中で全く時間がない IMDの課題も多過ぎて終わらない 昇格試験の準備も始まった スージー氏とのプラットフォームビジネスの検討も会社 これは正直MBAより筋が良いと思う スージー氏は起業して売却まで一連を一通り経験しているので、週末だけ私も協力するのはかなり学びが大きい MBAは、この状況では今時間がないので、5月、6月は入学検討や判断は戦略的にペンディングさせる スージー氏の新たな会社が稼ぐようになったら、社費派遣で研修に行かせてくれるようなので、その選択肢が本当にありうるのかこの数ヶ月見てみよう

  • Salon de Shakti - Arcisstraße

    スタジオが素敵なヨガクラスであった スージー氏に言われて初めて知ったが、ガネーシャのおへそを触ると良いとのこと ガネーシャはなかなか良い形をしていると思う

  • 起業の息吹

    スージー氏との新たなプロジェクトとして、プラットフォームビジネスの検討を開始 Airbnb、メルカリ、Amazon、楽天のように、サービス提供者と消費者をマッチングさせるプラットフォームを作れないかと 色々な業者や人がサービスを提供しており、世の中にあるサービスを探すのに労力がかかることは、プラットフォームに情報を各人乗せることで解決出来る、更に顧客が足りない人もこのプラットフォームに乗せることで集客できる、というアイディア これならミュンヘンでやって上手くいけば、世界中に展開出来るビジネスモデル。 予約と決済をこのプラットフォームで完結させるイメージ どうITを構築するのかは今は不明だが、今…

  • 絶対に元を取る

    自己負担で高額研修に参加することのメリットは、何が何でも絶対に投資リターンを生み出すという覇気が出ることにある(と思うようにしている) 特に会社を辞める前提でもなく、会社に更に貢献するべく自己研鑽しているのに何故数百万円も自己負担で行っているのかは、他人から見たら意味不明であろう 1日5万円程度支払っている計算になる 絶対に元を取る

  • 高額研修

    IMDに限らず、IESEやLondon Business School、Oxford、Cambridgeとかも高額研修 値段が高い ブランドビジネスだと感じる ブランドビジネスの本髄は、人の感情に訴えること 心地よいと感じてもらえれば値段は正当化出来る リーズナブルなところに行っても教育コンテンツは同じなのかもしれないが、両者行って比較した人には出会ったことがないので、まあ不安になるよりは有名でランキングが高くて自分の目指す方向性と合っている学校に行くのが多くの人なんだろう 当社のブランド戦略は顧客の感情に訴えることを見据えて策定されているのだろうか

  • IMD研修

    IMDのFuture Leaders研修は、4ヶ月程度の期間だが、毎週の課題とインプットの量が私の持っている自由時間と対応出来る能力に比べて多い 値段も300万円と高いので当然だが、教材の質は良いが十分に昇華し尽くすには何度もやらないといけない 日本語だともっと早く終わるが、それだと私の目指しているところと違う 私は日本ルーツの国際人となるのである その為には、英語で学ぶ必要性がある スージー氏は、ダンスパーティーに行く回数が減っていることを残念に思っているが、米国公認会計士合格後今まで十分楽しんだので、勉強に費やす時間を増やして、どんな世界観、マインドセット、行動習慣に変わるのか見てみよう

  • IMDに質問をし続けたら

    IMDに講義のプラットフォーマーのビジネスモデルについて質問を深掘りし続けたら、「学習の領域からコンサルの領域になっている、本研修は基礎的なことの学習が目的で詳細は専門のコンサルなどに相談するように」という回答がプログラムマネージャーから来た マーケティングの質問もあるので教授の連絡先を教えて欲しいと連絡したら、教授は多忙な時期なので返信出来ないと言う回答でメアドはもらえず 300万円もする研修なのに、この程度の回答しか出来ないのか、と失望した IMDは、当然だがビジネスとして研修をしており、利益率も高いブランドビジネスなので、サービス提供者の視点に立てばこのような姿勢は理解出来る IMDは教…

  • 医者の処方箋

    下痢対策で医者に行って処方してもらったタブレットを飲んだら、すぐ治った あまりにすぐ効果が出たので驚いたが結果オーライ 概ねいつも数日で自然治癒するのだが、今回はもう少し早く医者に行ってもよかったとも思った

  • ポールダンスレッスン

    入門者向けポールダンスがUrban Sportsにあったので行ってみた 男性の参加者は私だけだったが、10名弱の生徒がいて全てのポールが埋まっていた 先生のテンションが高く、ジムやヨガなどで動かす筋肉と違うことと、意外性があることと、新鮮な世界なので、また行ってみたいと思った

  • 89Anju

    腹痛だったが、刺激を与えてお腹の調子を変えようと、韓国料理に行った 鍋は2人からなので鍋にしようとスージー氏の提案 辛いソーセージ祭りの鍋で美味かったが、下痢は治らなかった 何故下痢になったのか原因不明

  • 腹痛

    木曜日の朝ごろから腹が痛くて、下痢が止まらず、金曜日の朝死にそうな感覚に落ちいった 汗や体がすごく冷たい感覚 1時間ごとにトイレに行きたくなるのは奇妙 木曜のサルサはまあなんとか踊れたが翌日も腹の調子は回復しなかった 新しい上司は、生沸の段階でもいいので見たいと仰るのでお見せしたら、基礎的なことから色々指摘をして頂き、当然私は指摘を受けた点は認識しており詳細を詰める予定だったので、作業途中のドラフトを見せて後悔 今まで生沸のものを上司に見せる仕事の進め方はしてこなかったので、今般コテンパンに指摘を受けて、当然ツッコミどころがあるのは認識していたので、あまり有意義な時間に感じなかった しっかり私…

  • 永住権はなんとかして取る

    日本人にとって欧米での現地就職は、ビザの関係でハードルが現地の方々と比較して高いという実感を持ったと、IMDのEMBAを卒業された日本人から伺った 人事は私は該当しないと言う見解だが、私の調査結果だと私はドイツ及びEUの永住権の申請権利が生じているはず 駐在を終えて日本に帰国すると権利がなくなるので、会社の了解を得た上で取得出来るのか試してみたいと強く思った EUの永住権を取得すれば、住む、働く、がEU市民と同様に出来る。選挙権はないという理解

  • 300k $

    EMBA卒業生の平均給与が300k $とFinancial Timesにあったので、LinkedInで日本人卒業生の方にコンタクトしてお話を伺う中で実際はどうなのか聞いてみた 日本人だと、外資系企業の日本法人の案件で2,000万円程度の求人は卒業後来るようになったとのこと しかし、300k $(約5,000万円)は日本人案件では見たことがないが、欧米人だとよくある水準とのこと 給与だけではないと思っているが、グローバルに活躍することが出来るとこんな水準感の違いがあるのかと驚いた 1000-2000万円のMBAは給与アップだけでコスパをはかってはいけない、人生観、世界観、人脈の広がりといった金額…

  • IMD FL

    IMD Future Leadersのリーダーシップ、戦略、マーケティング、ファイナンスと一連のオンラインコースを受講 仕事以外の時間をかなり割いていても、分量と質に十分ついていくのはハードだと感じる 業務を追いかけるのではなく、業務に追われる時の感覚 質は良いと思うが、値段も高いのでコスパが良いのかはまだ不明 5月末から6月初旬の10日間、スイスでの研修成果を踏まえて、コスパの評価は下したい マーケティング理論的には、(コスパという数字面の話ではなく、それを超えた)感情を満たすようなサービスが必要 この研修がどういう感じになるか楽しみである

  • 米航空機エンジン大手GEエアロスペース(旧ゼネラル・エレクトリック=GE)

    昔買っていたGEが、いつの間にか分離を重ねて、米航空機エンジン大手GEエアロスペース(旧ゼネラル・エレクトリック=GE)の株をいつのまにか持っていた。 上がっているがようやく昔の取得単価を上回ったレベル 米国株は買ったものが全てプラスになった S&P500でなくても米国個別株でも良いのかもしれない

  • Surf Board Yoga

    タイトルに惹かれ、ササーフボードの上でのヨガに参加 バランスを取ることに慣れが必要で、一回海に落ちた 毎回新しいことに気軽に挑戦出来るUrban Sportsの幅の広さは素晴らしい

  • Sportpark Ronhof Thomas Sommer

    スージー氏の新たなチームの一つが、サッカー試合におけるフーリガン対策コミュニケーションチーム スージー氏に特別チケットも手配してもらったと何度も誘われたので週末の視察について行った 昔フーリガン同士で殴り合いになり、死亡者が出たことから、設置された仕事 サッカーの試合中、感情のコントロールが厳しい方やその兆候がある方などどコミュニケーションし、エスカレーションしないようにするプロ達 誰がヤバくてハイパーケアしないといけないとかは、彼らの目から見た分かるということだった 試合が始まる前は、警察などとの打ち合わせで、どこに警備がいるのかなど情報交換 試合が終わった後は、観客が決まって行く反省会をす…

  • スージー氏の健康料理

    スージー氏が毎回メニューを考えて料理をリードしてくれるので、自炊する機会が減ってきた 毎回いろいろな種類の野菜や果物や料理を食することが出来るのはありがたい IMDの勉強や読書ばかりしているのに、栄養をしっかり考えて与えてくれる方がいるのは心強い あと一年後私はミュンヘンにいるのであろうか

  • ドイツはランプ屋が多い気がする

    ミュンヘンでは、珍しい形のランプを沢山販売しているお店が結構色々なところにある スージー氏曰く、ドイツ人はランプ好きとのこと 言われてみれば、ランプに対するこだわりが強いようにも感じる 光の使い方とも言える これが感性の差にも繋がっているのかもしれない

  • 5月1日(祝日)

    水曜日は、祝日で、スージー氏料理 Urban Sportsで行けるサルサ教室を新たに開拓 先生やクラスの雰囲気は良かったが、スージー氏曰く、女性は馬鹿であるべきだと考える方々が使う特別な場所でレッスンが行われている点が気になったとのこと 鹿などがあったり、フェンシングを地下でする場所があったり、シンボルの旗は取ってはいけない点など、教えてもらった

  • Café Ignaz

    スージー氏お気に入りのベーガンレストランCafé Ignaz 食事のクオリティは毎回高いと感じるレストラン 食事は良いが、店内の美術品がヌードばかり、かつ接客はブロンドの若い女性というのが毎回共通しており、オーナーの拘りを感じる

  • Thomas Sport Center

    ハイキングの帰りに、Urban Sportsで行ける範囲(つまり追加出費なし)で、ジム、プール、サウナに行きたいという要望がスージー氏からあり、検索し見つけたジムとサウナ リニューアルしたのか、全て綺麗で良かった ハイキングした後に、ジムで走るなどの発想は私には全くなかったが、こういう提案は新鮮で、エネルギッシュな姿勢の学びとなった

  • 今週末のスージー氏料理

    毎週スージー氏は新しいメニューを試してくれる 羊のチーズを使ったオーブン料理は目新しい 翌週も食べられる量を作り置きするので非常に平日の食事プランがスムーズ 健康的な食生活 ありがたい

  • 三益半導(8155)

    信越化学工業が、3,700円で(台湾などの競争法クリアランスなどを終えた場合)7月頃から公開買付をすると4月に適時開示しているのに、なぜ三益半導(8155)の市場で取引されている価格は、3,700円にならないのだろうか 東芝の非上場の時に経験した記憶と同じパターンであれば、公開買付価格の少し下の価格までしか上がりきらないのであろう 仮に3,300円で購入したら、仮に公開買付が成功すれば400円の益 330万円で購入したら、40万円の益(税前) それともクリアランスが通らないという見立てもあるのだろうか と思っていたら、日経新聞の報道に遭遇し、単にストップ高であったことが判明 アービトラージかと…

  • candlelight slow glow

    Urban sportsで行けるクラスだったので、スージー氏提案でキャンドルを使った部屋でのヨガに参加 雰囲気はよく、眠くなったヨガであった

  • Lemonade

    IMDのマーケティングの授業で、Lemonadeという保険会社のマーケティングを分析する課題があった デジタル時代のマーケティングの仕方として、どのような点が優れているのか、教授がレクチャーしたフレームワークを当てはめて分析するというもの 感想としては、これが大衆に広がるならば、既存の保健会社の利益が脅かされるので恐怖になろうと思ったが、まだまだオンラインで購入するのに抵抗がある方々いる限り、対面の伝統的な保険ビジネスも残るであろう 数十年以上のスパンをかけて、シェアを伸ばしていくと思われる 赤字で寄付を続けているので社会インパクトはあるが、株価が爆発する可能性は低い気がする www.lemo…

  • Kühn Training

    Urban Sportsで参加出来るクラスだったので参加 動きが違うところは適宜指摘してくれて、45分で身体全体のトレーニングを出来た感じが終わった後すぐにした 他にも色々開拓したいスポーツ施設があるので、一巡したらまた参加してみたいと思う https://www.kuehn-training.eu/

  • 右肩上がりの温度

    成長企業の売上の伸びグラフのような温度 数日で20℃程度も温度差があるのは日本ではなかった気がするが、もう5年以上ドイツにいて日本にいた時の感覚は正確ではないかもしれない こういう感じで金融資産が増えるイメージを持っている 投資しておいて、売買しなければ、そうなると思う

  • 昇格の兆し

    周囲の上司達から、昇格させてあげようという機運を感じる どうなるかは分からないが、既にやっている業務と、給与水準とタイトルが一致するのであれば、良い兆し 気にかけて頂く方々がいるのはありがたい

  • 棒ほど願って針ほど叶う

    今の私に足りないのは、目標 エゴを超えた高級な欲望 自分も他人も己の力で生きているのではなく、互いに生かされ合っている、人の中にいて人の力で生かされている、という真理を踏まえた 目的の階に辿り着くだろうかと思ってエレベーターには乗らない 目標に向かう時、辿り着けるかどうかと思う余地なく疑わない心を持つ ---- 「棒ほど願って針ほど叶う」という言葉は、願い事や期待が大きいにもかかわらず、実際に叶うのはごく小さなものであるという意味を持っています。これは、希望や願望が必ずしも現実化するわけではない、または願いが大きければ大きいほど、その達成は難しいという事実を表現しています。 この表現は、現実的…

  • SPORTS4You!

    週末に、Urban Sportsで新たなジムを開拓 スポーツ器具の種類は豊富であったが、サウナが2つのみで、内一つが故障しており、プールがなかった バドミントンやスカッシュがあった点は珍しい 他も開拓してみたい

  • 帰任者から頂く

    もう5年もドイツにいると、帰任される方がいる時に、日本に持ち帰らないものでまだ使えるものを譲り受ける機会も多い 電圧器、プリンタ、テント、ヨガグッズなど色々頂いた 今回プリターを頂いたが、偶然IMDの勉強の時プリントアウトして読み込むことが出来るので大変助かっている 私もいつか来る帰任 その時の私の次の道はどうなっているのか楽しみだ

  • 週末スージー氏料理

    週末に色々と作り置きをスージー氏がしてくれるので平日の食事の時短と栄養バランスが両立している クオリティオブライフが上がっている ありがたい

  • レイチェルカーソン

    スージー氏は、一人一人の子供の個性を自ら見つけて育む教育が必要だと考えており、教育制度が許せば、学校教育に参入したいと考えている 幼稚園だと、規制がそこまでなく、自らの思想が体現しやすいが、小学生以上は規制があり、出来ないとのこと 思想を広げる為のツールとして、書籍を出すことを考えており、参考としてレイチェルカーソンを今週は研究したとのこと 発想とか目指すところが、私の見ている世界と違って面白い

  • 週の稼働は3-4日の生活がしたい

    週の稼働は3-4日の生活がしたいし、そうすべきだと思う スージー氏は、木曜日まで仕事をモーレツにして、金曜日は自己研鑽の日にしている ちゃんとインプットしたり、整えたりする時間を毎週設けると中長期では大きな差が出ると直感的に思う 今の過ごし方だとインプットが圧倒的に足りない 平日夜、出張前のスージー氏はサクッと私の自宅にあるものを使ってサラダボールを料理してくれた 私には発想もしなかったアウトプット 自分の持っている素材を組み合わせ、自分もビックリする作品を、他者の知見を取り入れ、人生でも創りたい

  • SalzAmbiente München

    ハイキングで花粉症が爆発し、塩の洞窟で緩和が見込めるとスージー氏から提案を受け、予約を取ってもらい再度訪問 雨の要因もあると思うが、比較的落ち着いた 海の近くなど塩を含む空気の効用をスージー氏は語っていた Urban Sportsで追加出費なく気軽に行けるのはありがたい ゲームチェンジャー

  • Wasserfall Tatzelwurm

    天気が絶好調に良い週末だったので、勉強や読書も忘れず、ハイキング 事前にスージー氏に、私のパーソナリティレポートを読み込んでもらい、フィードバックをもらい、意見交換して学習も継続 彼女はリーダーシップ論の修士でこの分野の専門家だが、この手のパーソナリティレポートは、星占いのようなもので、こういった議論のきっかけにはなるが、結局は本人自らが向き合うものだ、というのが主な意見だった記憶 この分野は歴史が浅く、物理学などのような絶対的な法則がある訳でもないとのこと 高額研修なのでそこに意味を見出そうとする受講生もいるかもしれないが、絶対的なものではないので真にうけすぎないように、と

  • Feuriger Tatzlwurm

    ハイキングの途中にカプチーノ休憩で入ったお店が、想像以上にハイセンスで大きく驚いた あとで調べてみたら、リゾートホテルに付随するレストランであった ハイキングで花粉症が暴走したが、スージー氏は対策を色々と練ってくれた

  • Wissen ist Macht - nichts wissen macht auch nichts

    スージー氏の好きな言葉の一つに、 知識は力です - 何も知らなくても問題ありません がある IMDの戦略の授業で、ビール会社のハイネケンが取り扱われ、私は消費者としてアルコールは飲まないし、上場していない会社なので仮にこの企業を調べても株式を購入出来ないのであまり興味がなかった、という話をスージー氏にしたら、 どういうところからでも学びはある。何を学びましたか。その姿勢はリーダーとしてあるべき姿ですか。多くの人は知らなくても良いことは知らないで日々生きている中あなたは知ろうとしているのではないのですか。 と助言を頂いた 東洋経済の業界地図を見て、もう少し興味を持ってみようと思う

  • マウスピースを付けて寝る

    寝る時は、マウスピースをつけると、歯が歯軋りで削れることもなく、矯正治療後の形も整い続けられるということだったので、新たな習慣として開始 矯正治療2時間もお金もかけたし、歯は大切にする

  • アリアンツ求人に応募

    スージー氏に、まずは試してみるべきだと言われて、その場で履歴書をブラッシュアップして、その場でチェックしてもらい、写真をつけた方がいい、1枚にまとめて、などフィードバックをもらい、アリアンツ求人に応募するまでフォローがあった とりあえず私の外資系での競争力があるのかどうか、外でどう評価されるのか、転職活動とはどういうものかを知るためにも、良い挑戦であろう 進んだらアリアンツのことを研究して、良い企業であれば投資も考えよう

  • Business Transformation & Steering PMO

    アリアンツの求人で、まさに私が経験してきたことを活かせるのを発見 あと11ヶ月で私のドイツ任期も終わるので、もう海外駐在のチャンスがないなら応募を検討しよう

  • Beyond Yoga by Saillo

    週末スージー氏にヨガクラスに誘われて行ってみたらコンディションが上がったので、今度は男性限定の少人数ヨガに行ってみた 参加者7名で教室のキャパがマックスで、一人一人にしっかり向き合っており、大教室で実施するヨガとは違ったクオリティの高さを感じた ヨガは今までオプションとして考えていなかったが、いつもとは違う体の動きをするのできっとそれが要因でコンディションがあがるのだと思う ヨガも時々スポーツのアイディアとして取り入れる

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、AmazingMasaさんをフォローしませんか?

ハンドル名
AmazingMasaさん
ブログタイトル
AmazingMasa's blog
フォロー
AmazingMasa's blog

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用