searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

べーやんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

サラリーマンではない新たな自分を表現していきたいなと思っています。

ブログタイトル
べーやんファーム
ブログURL
https://beeyanfarm.com/
ブログ紹介文
一般のサラリーマンが将来ベタ(熱帯魚)のブリーダーになるために試行錯誤しています。2018年からべーやんファームというベタのブリードを開始しました。このサイトは、ベタの飼育方法からベーやんファームの日常の記録です。
更新頻度(1年)

82回 / 346日(平均1.7回/週)

ブログ村参加:2018/10/13

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、べーやんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
べーやんさん
ブログタイトル
べーやんファーム
更新頻度
82回 / 346日(平均1.7回/週)
フォロー
べーやんファーム

べーやんさんの新着記事

1件〜30件

  • ベタの筋トレはフレアリングです

    おはようございますƪ(˘⌣˘)ʃ最近、フルメタルブルーのプラカットの子供たちが立派に大きくなってきました!普段、筋トレフレアリングを観察するのですが、プラカットの俊敏な威嚇姿はやはりハーフムーンにはない筋肉質感がたまらないですね!!!一瞬にして全力のフレアリングハーフムーンに比べて各ひれも小さいためか、一瞬にして全力感のあるフレアリングは魅力です。正直フレアリングのパワフルさでいえば、プラカットの勝ちですかね( ^ω^ )ゴー

  • 天然の日陰、アマゾンフロッグピット

    おはようございますƪ(˘⌣˘)ʃ本日は、ベタの屋外飼育にぴったりの水草の紹介です!紹介といっても、ベーやんファームでは1種類の水草しかないのです・・・(^ ^)ずばり、写真の通りです( ^ω^ )アマゾンフロッグピットです!!!この水草はベタを屋外で飼育するのにとても適しています!大きなメリットは水面に浮いて影を作ってくれることです。この天然の日陰は最高です。屋外飼育の場合、日差しのメリットはあると思いますが、

  • ベタの稚魚、屋外飼育の掃除方法

    本日は、屋外飼育しているベタ稚魚水槽の掃除方法をお伝えしたいと思います。まず、ベタの成魚でも稚魚でも屋外止水環境での飼育は必ずといってやつに悩まされることでしょう。そうです。コケです!!!コケまるけです屋外で飼育を始めて10日間ほどでこんな感じですƪ(˘⌣˘)ʃ水槽全体的にコケまるけなんです。この状態では、稚魚が絡まったり、ブラインシュリンプが絡まって死んで腐敗してしまったりいい事はありません。なので、水質はど

  • ベタの屋外飼育の悩みはコケだ

    おはようございます。今年からベタの屋外飼育にもチャレンジしているベーやんファームです!今回は、屋外飼育において懸念していたコケについて結果?がでておりますので記したいと思います。屋外に出したばかりの写真まず、ベタの稚魚を屋外に出すにあたり、ペアリング、産卵、孵化は屋内でいつも通り行い、ブラインシュリンプを給餌する様になった時に屋外に出してみました。なぜ、屋外で飼育しようと考えたか!!!!それは紫外線と温度。室内環境の水

  • ハーフムーン(ベタ)の魅力はこれだ

    おはようございます!本日は、生後5ヶ月弱のハーフムーンがめちゃくちゃカッコよく撮れたので記念に記しておこうと思い書いております( ^ω^ )ついでに、ハーフムーンの魅力についても少々呟こうと思います!めちゃくちゃカッコいい写真が撮れましたベタのフレアリングには魅力がたくさんあります。1つ目は、エラ蓋を思いっきり大きく広げる威嚇姿です!「シャーーーー」って威嚇音が聞こえるんじゃないかと思うくらい激しい姿はとても魅力的です。

  • ベタの屋外飼育、夏はすぐそこ

    引き続き、ベタの屋外飼育ネタで綴りたいと思いますƪ(˘⌣˘)ʃ今年から初チャレンジしているベタの屋外飼育ですが、思っていた以上にいい感じに飼育できています。春を過ぎて、夏を迎えるころからスタートすることをお勧めします!ベタに苔の環境も実は気に入っています最近では日中の気温が30℃近くなる様になってきました。水温は?と言いますと、27℃ちょっとと言った感じです( ^ω^ )最高の環境なのではないでしょうか!!!

  • ベタの稚魚、孵化4日目から屋外飼育します

    おはようございます( ^ω^ )無事に孵化しています!6月5日生まれのダンボプラカットペアの稚魚たちです。横泳ぎを始めた稚魚たちもみられますべーやんファームでは、横泳ぎを開始して翌日以降までお父さんと一緒にしています。どうしても狭い環境で産卵をさせてしまっているので、あまり早いタイミングでお父さんを出そうとすると孵化したばかりの稚魚たちに触れてしまったり、網で掬ってしまったりするからです。ただ、稚魚たちにエサを与える様になる頃

  • ベタブリーダーの嬉しい瞬間

    3月生まれのハーフムーンがめちゃくちゃ綺麗に育ちました( ^ω^ )3月の引っ越しの時に新天地に荷物と一緒に送った3月生まれの稚魚たちが無事に成魚に育っています。新しい環境でベタが飼育できるかどうかだいぶ悩んだんですが、チャレンジしてよかったです。ほんとによかったぁ( ͡° ͜ʖ ͡°)やはり、ブリーダーはベタに囲まれていないといけないですね!プラチナ感のあるホワイトとブルーは最高個人的にプラチナホワイトとプラチナ感のあるホワ

  • ベタの泡巣の作る場所について

    本日は、ベタの産卵時におけるオスの作る泡巣の場所について記したいと思います。ふと気になって、今回のペアリング時に繁殖用ん水槽に浮草と発砲の切れ端を入れて試してみました。全部で3ペアで実験ƪ(˘⌣˘)ʃしてみました。すると!!!水草中心発砲中心水槽の壁見事に3試験区でバラバラの結果となりました。個人的な予想としては、水草かなと思っていました。よく見かける、マジックリーフを浮かせている繁殖環境は羨ましいので

  • イシガメとリクガメの表情

    本日は、我が家の水棲カメのイシガメとリクガメのヒガシヘルマンリクガメのエサを食べるときの可愛い表情を記したいと思います。一言で亀といっても、多くの違いがある2匹です。違いの多くは生息環境からくるものですが、どちらもとても懐いてくれてかわいいのは共通しています。まずは、4年の付き合いになるイシガメさんの表情からƪ(˘⌣˘)ʃ私の顔をみるなり、ガシガシ泳いできてお腹すいたアピールリクガメに比べ、水棲の亀の方が少々驚きやすいのですが

  • ベタは魚体の大きさも魅力の一つ

    おはようございます。本日は、プラカットが迫力満点だったので記したいと思います。べーやんファームでは、サラリーマンの傍でベタのブリードを行っています。なので、色々な品種をブリードする事は難しいので個人的に一番魅力を感じている品種やカラーを中心にブリードしています。現在は、プラチナホワイトのハーフムーンがメインです。ただ、ブリードとは別でベタを飼育する事は好きなので色々と飼育しております。その中で、魚体の大きいプラカットは迫力があ

  • リクガメの食事から学ぶこと

    おはようございます( ^ω^ )本日は、べーやんファームのヒガシヘルマンリクガメの可愛い表情を少々記しておこうと思います。癒し担当のイシガメとリクガメの2匹を眺めている時間はなかなかほのぼのします。可愛い表情をといいつつも、新しい生き物を飼育すると言うことは本当に日々勉強だと実感するのでその部分も記しておきます。我が家に来てから、だいぶ慣れてくれたようで最近では声をかけながら寄っていくとゴソゴソと顔を出しにくるようになりました!そろそ

  • これが、ベタの繁殖の現実です。

    本日は、先日からご紹介している若いハーフムーンのペアリングの結果について報告致します。結果から申しますと、今回はうまくいきませんでした。写真の通りです。経緯としましては、順調に泡巣を作り、メスに対して気合の入った威嚇をみせていたため、お見合いのための仕切りをはずしました。その後も、オスがメスを追いかけるシーンが多くメスの状態をしっかりと観察しておかないといけないと考えていた矢先の出来事です・・・。その瞬間は見ていなかっ

  • ベタのフレアリング、相手によって違いあり?

    先日、若さあふれるハーフムーンの繁殖に向けてペアリングを開始致しました( ^ω^ )メタリックのブルー系とブラックの2ペアです。初めてのペアリングだったので、初めから様子を見ながらお見合い開始しました。すると!!!なんとこれまで単独飼育中のフレアリング(オス同士)とは全く別物と感じられる様な見事なフレアリングを見る事ができました。発色といい、各ヒレの開き具合といい、力強さといい全く見たことない様なレベルでアピールしていました(

  • ブラックのベタの繁殖に挑戦

    おはようございます。先日、報告したペアとは別にブラックのペアも繁殖に挑戦してみますƪ(˘⌣˘)ʃこのブラックのペアもべーやんファーム育ちです!オスは単独飼育、メスは外の大きな水槽で水草に隠れ悠々と泳いで成熟をすすめてくれていた様です。この2匹も生後6ヶ月前後の若いペアです。ベタの繁殖には若さが重要な要素になると考えているので、今回のペアリングもしっかりと様子見が必要だなと思っています。繁殖には特に関係ないのです

  • 若さ溢れるベタの繁殖にチャレンジします

    おはようございます!本日は、先日からご紹介している若オスと若メスでペアリングに挑戦してみたいと思います!どちらも生後6ヶ月ほどで、繁殖には適した時期かと思います。ちなみに、どちらもベーやんファームで立派に成長しましたƪ(˘⌣˘)ʃちょっと、魚体的には小さいのですがペアとしては大きさは揃っているため問題はないかなと思いますƪ(˘⌣˘)ʃどちらもメタリックブルー系です。オスの方は、雌雄が判明してから早い段階で単独飼育をして

  • ヒガシヘルマンリグガメの朝のルーティーン

    ベーやんファームの新たな仲間のヒガシヘルマンリクガメのかめぴー。6月初旬まではなかなか起きてこなかったのですが、最近は朝も目覚めが早い様ですƪ(˘⌣˘)ʃ最近の朝は、ハスクチップに埋もれたまま目を覚ましてこちらの様子を伺ってきます。きっと、外気温が上昇して体温が上がるのを待っているだけだとは思いますが( ^ω^ )目が合うと、こちらを眺めてくるので可愛いですね!おはよう!我が家ではハスクチップを敷き詰めています。初めは、2cm

  • ベタを屋外で飼育します。

    べーやんファーム、今年のチャレンジはベタの屋外飼育にしますƪ(˘⌣˘)ʃ理由は、今年の4月から飼育環境が大きく変化したためです。大きな変化とは、人間の生活環境の一部で飼育する事になった事です。そのため、温度管理もこれまでは28度で設定できたのですが流石に生活しにくいので生活温度24度前後にしています。現状、特に問題なくブリードできているのですが、先日外のイシガメの水温を測ったら28度ありまして!!!これなら、屋外飼育にチャレンジしてみ

  • ベタの若オスの成長は単独飼育が重要です

    先日、若いオスベタ(メタリックブルー)の成長について記しましたƪ(˘⌣˘)ʃ本日は、まさにこれから成長を見せてくれそうな若いオスを紹介したいと思います!少し前から単独飼育を開始した若オス写真の若オスはファンシー系のハーフムーンペアの子供です。この若オスも少し前はこんな大きなヒレではありませんでした!1週間ほど、全力でフレアリングをする様になってから徐々にオスらしく成長を見せています。やはり、若いベタは単独で飼育を開始すると一気

  • ベタブリードの楽しみ!それは成長の観察!

    先日、ご紹介した若ベタのオスですが、日に日にかっこよくなってきていますƪ(˘⌣˘)ʃメタリック感も強くなってきており、ヒレもどんどん大きくなってきています!!!フレアリングも迫力が増してきた泡巣もばりばり作っており、若さ溢れるってこーゆー事だよねって見ていて感じます( ^ω^ )立派なハーフムーンになってきた色々なカラーが魅力のベタですが、メタリック系の楽しみは角度によって見え方や迫力が変わることですよね!生き物の不思議ですね

  • なんだかかわいいリクガメの〇〇

    ベーやんファームのヒガシヘルマンリクガメƪ(˘⌣˘)ʃ彼は「かめぴー」と呼ばれています・・・。当然、過保護にされており愛情はたっぷりであります。彼はどう思っているかは・・・。という事で、先日、非常に面白い格好をしていたのでパシャリとしました。このポーズは!!!そうです、おしっこ&うんちです。おしりをあげて・・・この姿勢になってから、ゆらゆら揺れるんです。そのうち、しっぽを出してから出します!

  • ベタの成長の変化を捕らえた!!!

    こんにちは!本日は、立派に成長をみせているオスベタについて成長の変化を記したいと思います。2枚の写真を使いますが、どちらも同じベタになります。若いオスベタですが、上が3週間前です。下が現在の写真になります。まだまだ若さ溢れるプロポーション魚体とヒレの大きを比較してもらえればわかりやすいかなと思います。ボディに対して、ヒレがあまり大きく感じませんよね(^ ^)オスベタにしてはですよ!ところがですよƪ(˘⌣˘)ʃ3

  • 兄弟ベタはシンクロする

    2月に産まれた稚魚ベタの2匹がとても似たカラーリングに育ちましたƪ(˘⌣˘)ʃせっかくなので、撮影しておこうと思い、ネットで掬うと!!!なんとなんと!2匹がシンクロしているのです。ついつい可愛くていろいろな姿勢になるのを待ち撮影してしまいました( ^ω^ )カラーが一緒なので、シンクロ度合いも高く見えます。たまたまなのでしょうが、たくさんいる兄弟の中でもこの2匹だけ同じカラーになったのです。その他の稚魚

  • ベタ稚魚のブラインシュリンプとベリースライダーの関係性について

    5月6日に孵化したプラチナホワイトのハーフムーンペアの子供たちƪ(˘⌣˘)ʃ写真は生後1ヶ月生後3日後から孵化したてのブラインシュリンプを与えて育ててます。ブラインは2回/日以上はあげたいですね!今回は1回/日の日もありましたが、できるだけ2回/日以上与える事が理想ですね!しかも、少なめに回数多くが鉄則ですね。残った残餌が水質悪化を招いてしまうからです。この大きさで人口飼料は食べれていますそして、今回はブラインを与え初

  • ヘルマンリクガメは表情豊か

    ベーやんファームの新たな仲間のヘルマンリクガメƪ(˘⌣˘)ʃ名前はまだない・・・そんなカメさんのごくごく水を飲んでいる姿をパシャリ!リクガメは水を口からではなく、鼻から飲むらしいのです!!原理としては、口を閉じて口腔内の圧力を陰圧にする事で鼻から水を吸い上げる事ができるらしい。ぱっと見、口を動かしていたので喉からごくごく飲んでいるんだと思っていましたƪ(˘⌣˘)ʃのっしのっし、やってきて水を飲んでいますそして、おもむろ

  • ベタは芸術的に綺麗だ!

    こんにちは!本日はとても綺麗なベタが撮れましたので記したいと思います( ^ω^ )ベーやんファームでは、単独飼育するまでは横見で見ることはあまりありません!上から斜めに覗いて見る事はありますが、実際どのような感じかは救って見たときに初めてわかると言った事も少なくないわけです!と言うことで、網で掬って見たところとても綺麗だったので思わず写真を撮ったのです。2匹とも雌雄はまだわかりませんでしたが、綺麗でした!ベタは上からみていても、下から

  • 稚魚ベタの単独飼育で起きる変化!!!

    本日は、べーやんファーム引っ越し時に一緒に連れてきた稚魚たちの単独飼育を開始し始めたので報告いたします。欲を言えば、広い環境でしっかりとエサを与えて大きくしてから単独飼育に移行できれば最高かなとおもうのですが、なかなかできないんですよねぇƪ(˘⌣˘)ʃやはり、喧嘩などでぼろぼろになったら可哀想だなとか思うと結果早めになってしまうのでした!しかし、確実に言える事も発見しました。それは、単独飼育してから雌雄の成長が急激にスタートするという事です。

  • ベタを飼育する環境について

    この前、散歩をしていたらこんな素敵な池を発見しました。真っ先に頭に浮かんだのが、こんな環境でのびのびとベタを繁殖させる事ができたらなぁと言うことでした( ^ω^ )実際のベタの生息地とはおそらく異なるとは思うのですが、水面を覆う水草の隙間などで立派な泡巣を作って子育てするんだろうな。と思ったりしました。私がみた事があるベタの生息地は、水深も数cmの浅い湿地帯みたいな環境でした。※みたと言っても、映像と写真です( ͡° ͜ʖ ͡°)。

  • ヒガシヘルマンリクガメを仲間にします

    今回は、べーやんファームに新たな仲間を加える事になりましたので報告致します。新たな仲間とは、ヒガシヘルマンリクガメです( ^ω^ )出会いは、散歩中に発見した爬虫類専門店にふらっと立ち寄った事です。そこで、出会ったわけです^_^出会いは突然ですね、本当に。まさかリクガメを飼育する様になるとは!!!自分でも驚きです。水棲のイシガメはいるんですけどね。知識も飼育環境も全くなかったので、急いでそのお店のオーナーに教えて頂き、棚からD

  • ベタの稚魚が落ち着く場所は?

    先日、孵化したベタの稚魚たちの様子です( ^ω^ )孵化してちょうど10日を過ぎた頃です。ただいま、水温は24℃くらいです。外気が徐々に上がってきたので水温も上がり気味ですね!エサは朝晩のブラインシュリンプです。毎日ブラインの孵化はさせていますが、2回分は同じブラインを与えています!順調に食べている様子です( ^ω^ )少し大きくなってきました。稚魚たちが集まっている場所そこで、本日はベタの稚魚が好む?落ち着く?場所について思

カテゴリー一覧
商用