searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

kogysmaさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
週末は雑木林に囲まれて
ブログURL
https://www.kogysma.com/
ブログ紹介文
八ケ岳に魅せられて、週末は八ヶ岳南麓で暮らしています。二地域居住で考えたこと、感じたことを綴ります。
更新頻度(1年)

165回 / 365日(平均3.2回/週)

ブログ村参加:2018/09/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、kogysmaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
kogysmaさん
ブログタイトル
週末は雑木林に囲まれて
更新頻度
165回 / 365日(平均3.2回/週)
読者になる
週末は雑木林に囲まれて

kogysmaさんの新着記事

1件〜30件

  • 自然食料理と子供たちの元気に元気をもらう@「カフェ・ピアニッシモ」(八ヶ岳南麓)

    僕には”3大嫌いな日”というのがありまして、 それは 「敬老の日」「父の日」「母の日」です。 お年寄りを敬おう、父や母を敬おう、 というのは、 子供たちに上から目線のメッセージであって 偽善のようで。 子供たちが、 やっぱ年寄りの言うことって はんぱねーぐらい当たっているぜ!とか、 親父もおふくろもだてに歳を取ってねーな・・・ ぐらい感動させて初めて じゃあ照れくさいけれどお礼の気持ちを・・・。 みたいな感じで 子供たちが能動的になる話であって、 それを大人の目線で記念日にするのは どうも生理的にNGでして・・・。 というのも僕は父や母に そういう日には何かプレゼントでもするのが子たるもの! …

  • ひとり鉄鍋 ~ミートパトラ~

    「孤独のグルメ」を見ていたら 「ミートパトラ」という とてもおいしそうなひき肉の料理に出会い、 本日スキレットで作ってみました。 「ミートパトラレシピ」で検索すると、 孤独のグルメを見て作ってみたという人のレシピが いくつもあって、 そのいくつかのレシピを多少まぜこぜに アレンジしてみました。 <材料(3人分)> ・豚と牛の合い挽肉 360g ・にんにく ひとかけ(みじん切り) ・鷹の爪 1本(みじん切り) ・玉ねぎ 1個(みじん切り) ・マッシュルーム 5個 ・卵 3個 ・とろけるチーズ 好きなだけ ・塩、胡椒 適量 ・ケチャップ 75cc ・赤ワイン 75cc ・水 50cc ・コンソメ …

  • 中年夫婦のサンメドウズ清里体験

    八ケ岳イチのデートスポットといっても いいのではないでしょうか。 晴天の今日、「サンメドウズ清里」に行ってきました。 www.sunmeadows.co.jp ”標高1900mのプライベート空間” と謳っているように、 写真で見る限り 頂上の清里テラスから見る南アルプスの雲海は まさにインスタ映えの絶景。 (サンメドウズ清里HPより) 半分は八ヶ岳に住んでいるのなら 一回は経験しとかんと・・・ そんな思いでした。 しかし、その清里テラス(頂上)に行くには リフトに乗らないと行けないとのこと。 トレッキングがてら歩いて登ろうと思っていたら、 雨などの影響もあって 歩いては登っていけないとのこと。…

  • zoomは老害の起爆剤

    お盆が明けて 東京での日々は 妙に仕事が忙しく、 また、やれやれ・・・という思い。 昨日はとあるプロジェクトで そのクライアントのトップに プレゼンテーションだったのですが、 地雷を踏んでしまいました。 僕も2度ぐらい地雷を踏んだことがあるのですが 今回地雷を踏んだのは 僕より下のプロジェクトのディレクター。 なぜかというと、 関係者全員集まるプレゼンの場で 彼だけzoom参加だったからです。 クライアントのトップは還暦をとうに過ぎています。 昭和ど真ん中、 「24時間働けますか?」 の波に乗った人で、 コロナだろうが何だろうが 面と向かい合って話さないと 納得いきません。 zoomでところど…

  • 生死についての僕の考え

    9月3日に とてもお世話になっていた先輩が亡くなりました。 2年前に脳梗塞で倒れたものの 一命をとりとめ、 リハビリで少しずつ元気になってきた矢先のこと、 誤飲性肺炎でした。 享年74歳。 そんなこともあってか ここのところいずれ来る死の時のことを 何となく考えていました。 日本人の平均寿命を考えてみても 僕は残りあと20年ぐらい。 「人生残り少ないのなら 悔いがないように楽しもうぜ!」 と思う時もあれば、 「人生残り少ないのなら 無理して楽しもうとせず早く死ねばいいのに・・・」 と思う時もある。 いや、そもそも楽しいと思う時って どんなときかわからなくなる時があるので、 楽しもうと無理してい…

  • 絶滅危惧種のツーリングワゴンの12か月点検の日

    レガシーツーリングワゴンの12か月点検で、 スバル中野店に行ってきました。 (いつもは西新宿店なのですが 店舗の改装で中野店に居候中) 11時に行ったら結構お客さんがいて、 察するにレガシーの後継機種、 レヴォーグが来月フルモデルチェンジとあって 混雑していたのではないかと・・・。 ちょっと気になったので 受付を済ませたあと しばらくカタログを見ていたら、 興味をそそられました。 エンジンも安全設備もずっと進化していて デザインも少しばかりスタイリッシュになっている。 日本では絶滅危惧種になっている ステーションワゴンですが、 僕にはその理由がわかりません。 形ばかりのSUVなんかよりよっぽど…

  • 若きチカラは僕の生きる糧になる@「ブレイク前夜展」(代官山ヒルサイドテラス)

    東京での暮らしでは 会社勤めの息子と妻の自宅勤務日と重なる日が ときどきあります。 3密の日。 でも、いわゆる3密とはちょっと違い、 家族の3密はかなり息苦しいものがあります💦 なので今日はその3密を抜け出し 一人新鮮な空気を吸おうと 代官山ヒルサドテラスで開催されている 「ブレイク前夜展」という BSフジで放送されている 新進気鋭の有望なアーティストたち 38人の作品を一堂に集めた作品展に行ってきました。 久しぶりの代官山。 人も少なく静かな代官山は 八ケ岳といい意味で対極にあって 洗練された究極の都会のよさを感じます。 そこで時代が期待する若手アーティストの作品が見られるのは、 八ケ岳には…

  • 御殿様に思いを馳せて湯舟を出たり入ったり@「湯々庵 枇杷の湯」(松本市)

    仕事も庭のことも忘れ たまにはドライブでもしてくるか・・・ と思い立ち、 土曜日は松本まで足を伸ばしました。 松本には1年ほど前にも行ったのですが その時の目的は「草間彌生美術館」でした。 今回はというと、 松本駅から20分ほどのところにある 浅間温泉の「湯々庵 枇杷の湯」です。 ここは江戸時代に 松本城主が足繁く通ったということから 「お殿様の湯」とも呼ばれ、 写真で見る限りまさに信州の奥座敷。 実際は写真写りの半分ぐらいだろう・・・ とたかをくくって行ったのですが、 どうしてどうして。 浅間温泉街は まさに奥座敷にふさわしく、 クルマ1台しか通れないような坂道が囲む 小さな静かな街で、 よ…

  • 東京では先輩、山小屋では後輩

    今朝は、またいつものように 午前3時半ぐらいに目が覚めてしまった。 トイレに行き ”何も考えずにまた寝るぞ!” と思ったら、 あまりの静けさに 先週末仕掛けた殺鼠剤が効いて ネズミが死んだかも、と気がついて、 そうしたらなんだか かわいそうなことをしてしまった気がして もう眠れなくなり、 5時に寝床からはい出しました。 はあ~・・・朝から疲れますが、 朝日に輝く雑木林を見ていると 元気が出てくるというもので 7時ぐらいに45分ほど散歩をしました。 とにかく陽を浴びて動くことがいいですね。 しっとりと汗をかいて山小屋に戻り コーヒーを飲んで少し仕事のスイッチが入って PCを開き始めたら、 全開の…

  • 山小屋にアコギを置くことに

    僕はアコギを2本、 エレキを1本持っていて、 ボロボロのほぼお飾りと化したエレキは 八ケ岳に飾っており、 アコギの2本は東京に置いています。 八ケ岳の山小屋に来る時には そのアコギのどちらかを持って行くのですが、 他の荷物に比べて何せかさばる。 いちいちクルマに乗せるのが大変。 でも湿気や温度のことを思うと、 長い間留守にする山小屋に置いておくわけにいかず、 しぶしぶその都度持って行ったり 持って帰ったりしていました。 しかし昨日妻から、 「ギターケースが掃除の邪魔!! ケースだけどっちか山小屋に持って行ってよ」 と言われました。 まあ、仕方ないか。 ケースだけでも持って行こう・・・ そう思っ…

  • 素朴な田舎蕎麦に腹も喜ぶ@「あららぎ」(野辺山)

    この週末の八ヶ岳での 唯一の外食。 野辺山のお蕎麦屋さん 「あららぎ」に行ってきました。 www.kanko-nobeyama.jp 山小屋からクルマで20分。 考えてみたらこれまで 西の小淵沢方面や 南の韮崎方面にしか意識が行っていなかったのですが、 そうだ!北に行こう! ということで妻が探し当てたお蕎麦屋さんでした。 野辺山駅からクルマで5分程度、 国道141号線沿いにあるので とてもわかりやすいです。 駐車場も広く、 360度、ザ・野辺山、 といった風景が広がっています。 この風景のど真ん中にあって、 「あららぎ」というその名はどこから来たのか? 「あららぎ」といえば 正岡子規を信奉する…

  • 初サンマの七輪焼き

    昨日山小屋に入りました。 そして今日、義理の妹夫婦が 合流しました。 都会は相変わらずものすごい暑さですが、 ここ雑木林の中は涼しいです。 日中の一番暑い時間でも 28度止まりでした。 さて、そんな中、 今日の夕飯はウッドテラスで 水炊き七輪でBBQをすることに。 肉の渡辺で肉を買おうとしたら、 鮮魚コーナーで新物のサンマがあり、 値段を見たら一匹500円ではありませんか。 去年だったら絶対買わない値段ですが、 サンマ不漁の今年、 500円じゃ安い!です。 取りあえず一匹買ってみました。 午後4時半。 七輪に火入れします。 なかなかつかない炭でしたが 30分もすると安定してきました。 野菜を焼…

  • コロナウイルスの抗体検査をやりました(注:たいしたことないですが血の写真があります💦)

    業務委託を受けている会社が コロナウイルスの抗体検査を実施するので 集まってください、 との命を受け、 今日抗体検査をやってきました。 僕が関係する部署の社員の一部と僕、 合わせて6名が今日の対象者。 会議室に集められ 管理部長から簡単なブリーフィングを受けます。 「指先に針を刺して血を取ります・・・」 そう言われた瞬間、 「ええ~!できない~!!」 そんでもって 「鼻血じゃだめですか?」とか 「かさぶたを剥がすのでその血じゃだめですか?」 みたいな質問が飛び交ったのですが、 「まじめに受けなさい!」 と一蹴されました。 渡されたキットはこれです。 写真の右端の青いのが針です。 カバーを取ると…

  • 小屋や物置の基礎は必要か?

    先だって薪小屋を作ろうと一大決心し、 まずは基礎を作りました。 (その時のブログがこちら↓↓↓) www.kogysma.com 出来た結果がこれ。 6個の束石で作りました。 一見うまく行っているように見えますが 水平も直線もちゃんと取れていないので 上物が建つかどうかが心配です💦 で、上物を建てる前に 奥にある白い物置も買い替えることにし、 昨日「マツモト物置」さんに 現地を見に来てもらいました。 www.matsumoto-monooki.jp もう20年選手で、 土の上に直置きしているので 物置の床は半分抜けていて土になっています。 キーキー言いながらもかろうじて開くドアを見て マツモト…

  • ”職人気質”について考えたこと@「モコカフェ」(八ヶ岳南麓)

    今日のお昼は AさんとAさん愛犬とで 「モコカフェ」に行って来ました。 ワンちゃんOKのテラス席を予約して、 2人でのんびりと 定番メニュー、カレーランチ(¥850-)をいただきました。 コロナ対策の元でしたので 食器類などは使い捨てタイプでしたが、 味は相変わらずおいしい! ですが、今日はモコカフェの食レポではありません。 モコカフェで悟った人生観を書きます。 食事を終えてアイスコーヒーを飲んでいたら 奥様がやってきて、 犬の話に始まりプライベートの話へと、 なんだかんだで20分ぐらい盛り上がってしまいました。 北杜市に越してきたAさんは いろいろ話を聞きたくて夢中。 ここにお店を構えて5年…

  • 放浪博物館でしばし昭和時代に放浪した@「放浪博物館~山下清の世界~」(茅野)

    美術というのには 時折思い出したように触れたくなる時があり、 昨日八ヶ岳に入るついでに足を伸ばし、 茅野にある「放浪美術館」というところに 行って来ました。 houro.net なんじゃその名前は~!? とお思いでしょうが、 多分多くの人が”裸の大将”という映画やドラマでご存知の 山下清の作品を常設展示している美術館です。 国道20号のバイパスから ちょっと入ったところにあるこの美術館は、 一般の古民家なのか蔵なのかを改装した ただの民芸雑貨屋のような佇まいで、 入るとギシギシと音を立てる展示室(というか部屋)は、 ノスタルジー丸出しですが、 展示されている山下清の作品は 展示総数原画が140…

  • 日本と中国のマリアージュが生み出す大衆さの中にある上品なうまさ@「安晏(あんあん)」(八ヶ岳南麓)

    お盆を挟んだ 11日間の八ヶ岳ロングバケーションは、 ほぼ外食はしませんでしたが、 これまたおいしいお店を発見。 そのご報告を忘れていました💦 「安晏」(あんあん)」という中華のお店です。 場所はというと、 ご存知、中村農場の裏手にあります。 もともとは国立にあった 地元では人気のお店だったらしいですが、 4年前にお店を閉めて ここに移ってきたらしいっす。 お店の外観はレストランとは思えないような どなたかのプライベートな別荘のようですが、 駐車場にあった小さな看板で ここが目的のお店であることがかろうじてわかりました。 お店は宿泊もできます。 さしずめ”中華料理のオーベルジュ” といった感じ…

  • 少年時代の夏がよみがえった八ケ岳最終日。

    日本のあちこちで 命に危険な暑さが襲った昨日は、 八ケ岳に山小屋を買って以来 最長となる11日連続滞在の最終日でした。 北杜市と言えども 家の中は30度。 外は37度。 そんな酷暑の中、 剪定したり伐根したりした樹木の 大焼却大会をやりました。 焚火をしているようなものです。 ほとんどバカです💦 でもこれをしないと物置を買い替えたり 薪小屋を建てたりがしにくくなるのです。 あたりまえですが「暑い」どころか「熱い」。 この焼却炉の前に立ち続けること2時間、 肌は焼けるは髪の毛の一部は焼けるはで、 道行く人が 「こんにちは・・・」と声をかけてくれるのですが 心の中では 「何もこんな日に限ってやらな…

  • 薪小屋作りに挑戦 ①基礎づくりの巻

    プロに頼むか 自分で作るか、 ずっと迷い続けていた薪小屋ですが、 勢いでDIYに着手してしまいました💦 10日も山小屋にいると ちょっとずつあれもやってみよう これもやってみようと 遊び心が湧いてくるものです。 洗面室の壁のペンキ塗りに始まり、 そこにちょっとした棚を作ったり テラス用のテーブルを作ったりと、 なんだ、意外とオレできるじゃん!と、 調子に乗ってくるものです。 頭で考えていると ”やめなさい”の声が大きいですが、 体を動かし始めると ”やってみようよ!”という声が大きくなってきます。 しかし、今回は大物、薪小屋。 頭の中に設計図をしっかりと叩き込み、 地ならしに始まり、 基礎作り…

  • 燃えるような夕焼けに一日を終える。

    山小屋に入って7日目。 DIYの疲れが出たせいか 昨晩はめずらしく爆睡できました。 朝の快適な気分を久しぶりに味わいました。 朝起きたら快晴。 まずはDIYで汗を吸い込んだ 下着などの洗濯です。 自立式の物干し竿スタンドを庭に出して 洗ったものを干しました。 11時に友人のAさんが遊びに来ました。 クルマで7分程度しかかからない 標高700mのところに住み始めたAさんは 標高1000mのうちの雑木林の中の過ごしやすさを 確かめたかったようですが、 たかが300m、されど300m。 理論的には100mごとに 約1度気温が変わると言われていますが、 全然違う。やっぱり涼しい! と、しきりに言ってお…

  • ヒグラシの鳴き声に蘇る小学校時代の4人の思い出

    先週の土曜日から 妻と山小屋に来ていたのですが、 仕事があるのと猫が心配ということで 妻が今日東京に戻りました。 一人になった山小屋。 誰にも邪魔されず 静かになった時間を味わいつつ ちょっと寂しさも感じる夏の夕暮れ。 こんなときに限って 小学生のときに出会った4人の友達を思い出します。 それも必ず・・・。 1人目はきよちゃん。 小学校1年生のときでしょうか。 僕の家は地元の営林署が管理している 2世帯が入る長屋で、 1学年に10人ぐらいしかいない ど山奥に住んでいたのですが、 きよちゃんは同級生でした。 頭は良かったのですが 病的に痩せていてドモリが激しく、 うまく友達との輪に入れずにいたの…

  • 爽やかな風が体を吹き抜けるメキシコ@「ジョシュアツリー」(八ヶ岳南麓)

    八ケ岳南麓にある飲食店は どこもしっかりコロナ対策をしてくれていて、 安心して入ることが出来ます。 とても意識が高く、 それでいていつも通りのおいしい料理を サービスしてくれます。 土曜日、スカッとするようなエスニックなお店に 出会いました。 「Joshua Tree」(ジョシュアツリー)という テックスメックス(メキシコ料理)のお店です。 お店に入ると 薪ストーブがあり、 その隣にピアノが、 その上にギターがあり、 なんとなくメキシコっぽい雰囲気。 (とか言って、行ったことないですが💦) 天窓から光が差し込む 明るい席に案内されました。 うーん、なんともメキシコっぽい! (行ったことないけど…

  • 人生で初めてのデッキテーブルDIY

    雑木林の中にある山小屋の 朝の室内温度は22度。 昨日も今日も真夏の太陽が 燦燦と照りつけていましたが、 生い茂った葉に遮られ、 日中でも27度までしか上がりませんでした。 畑も花壇も思うようにできない 雑木林の庭ですが、 こういう時にその恩恵を感じます。 そんな好天の昨日今日は 一日中DIY三昧です。 まずはデッキになかったテーブルを作りました。 頭に描いた設計図に則って 2X4の木材と端材で組み立てた 生まれて初めての自作のテーブル。 こげ茶色の足にクリーム色の天板・・・ そんなイメージで塗料のキシラデコールを 選んだのですが、 黒と白になってしまった・・・。 一目見た妻から、 「え~、な…

  • 大人には山小屋のようなおもちゃが必要なのです。

    久しく会っていなかった 大学時代の先輩Iさんから 早く遊びに来い!とのお誘いを受け、 彼の別荘へと昨日1泊してきました。 彼の別荘は富士山のふもと、 鳴沢にあります。 同じ山梨県なのですが、 どちらかというと箱根に近い雰囲気です。 僕の山小屋同様 管理会社が管理する別荘地にあるのですが、 標高はうちより200mほど高い1200m。 植栽も温度も気温もほとんど変わらないのに 八ケ岳南麓とはどこか違うのは何故だろう・・・? やはり八ケ岳と同じような建物を右に左に見ながら 奥へ奥へと進んで行くと Iさんの別荘がありました。 2階建ての建物は大きく、 うちと同じ30年近く経つとは思えないほど しっかり…

  • 室内のDIYを楽しくしてくれる塗料

    少しずつ山小屋にいる日数や時間が増えてきたので 先週末は思い切って洗濯機を買いました。 (これまでは洗濯物は東京に持って帰っていました) 2~3人用の一番小さいやつ。 もちろん乾燥機能なんぞない もっとも廉価な機種です。 洗濯機が到着する前日に 置き場所の掃除をしていたら そう、この洗面所の壁紙の色を 殺風景な白から変えたいと思っていたのを思い出し、 急遽洗濯機が来る前に 壁のペンキ塗りをすることにしました。 ちょうど去年台所の壁を塗った際に使った 「ベンジャミンムーア」の黄色が残っていたので もう迷うことなくその色で決行です。 缶に半分くらいしか残っていなかったので 洗面所すべてを塗りきれな…

  • ひとり鉄鍋 ~夏ピーマンのほろ苦ペペロンチーネ~

    明日東京に帰ります。 昨日がとても忙しかったので 今日は家でのんびり過ごすことにしました。 曇ったり晴れたりのまずまずの山の天気。 今年は毛虫がやたら出た年だったそうで うちの雑木林にも あちこちでっかい毛虫が よく見ると木肌に隠れるようにへばりついていました。 そのせいでしょうか、 蛾も多い。 家の軒下にはあちこち蛾が止まっていたり サナギなんかもくっついていたりするので 長い木の棒で取り払っていたら、 やたら大きな塊がありました。 なんだこれ? と思って突いてみたら ブンブンと蜂が飛び出してきました。 やばい!! 襲い来る蜂から逃げるように リビングに逃げ込み、 かろうじて事なきを得ました…

  • 散歩、ペンキ塗り、BBQ、今日は限界!

    今朝の目覚めも4時半でした。 また眠ろうと頑張ったら 鳥のさえずりが聞こえだし、 こりゃ起きろ!という合図だな・・・ と観念しました。 観念してよかった。 間もなくして夏の朝陽が昇り始め 雨に濡れたテラスに反射する光は ちょっと幻想的で美しかったです。 睡眠が十分じゃないと 気持ち悪くなったりめまいがするタイプなので おそるおそる、というか、 ゆっくりゆっくり着替えて 桑茶を飲んでいたら、 意外となんでもなく、 ようし、このまま散歩だあ!と、 家の周りを45分ほど散歩しました。 途中に生えている野生のミントや キイチゴを齧りながら歩いていると、 頭の中まで爽やかになっていくのがわかります。 家…

  • 眠れない朝に夏を感じた今日。

    昨日一人八ヶ岳に入りました。 ひとしきり企画書を書いたりしたら無性に疲れた。。。 夕飯は一人ゴーヤチャンプルー。 ワインを小さいグラスに3杯ほど飲んだら 俄然眠くなり、 amazon primeで見ていた 『孤独のグルメ』も途中で限界になり、 夜の11時過ぎには寝床に入りました。 が、3時半ごろ目が覚めてしまい、 それから一向に寝られなくなってしまいました。 抗不安剤を飲んで本を読みました。 ようやく目がしょぼしょぼして これでまた眠れるだろうと思って電気を消したら、 いきなり窓の外でカナカナカナカナ~と ヒグラシが鳴き始めました。 枕もとの時計を見たら 午前4時35分。 カーテンの隙間から外…

  • 『五十八歳、山の家で猫と暮らす』という本を読みました。

    東京に戻ると とたんに八ヶ岳の山小屋が恋しくなって 八ケ岳に関する 過去の雑誌や書籍を引っ張り出して読んだり、 本屋に行ってアウトドアや住まい、 インテリアなどの棚を覗いたりしてしまいます。 最新の「八ヶ岳デイズ」はまだのようですね・・・。 そんな中、新聞記事で、 『五十八歳、山の家で猫と暮らす』という、 イラストレーターの平野さんが書いた本が紹介されていて、 妻がそれを図書館で借りてくれました。 平野さんのイラストは 以前仕事で参考にさせていただき 印象にありましたが、 それが平野さんという方なのかどうかは 忘れてしまっていました。 ましてや彼女が 八ケ岳南麓を居場所にしているとは 思いもよ…

  • 「やること」に満ち溢れている八ヶ岳の日々。

    八ケ岳の山小屋から東京に戻ってきたら 留守番していた息子に、 「この雨の中八ヶ岳に行ってやることあるの?」 と聞かれました。 ないと言えばないし、 あると言えばあるし、 どう答えていいかその時はわからなかったのですが、 お酒を飲んでぼんやり考えていたら だんだんわかってきました。 たぶん「やること」の意味が違うのです。 東京での「やること」というのは、 電車に乗ったり、人と会ったり、 打ち合わせをしたり、買い物に行ったり、 銀行に行ったり、ジムに行ったり・・・。 すべてが独楽のように回る経済軸から 弾け飛ばされないように 必死にしがみついているようなことです。 すべてが経済という支配者に 尻を…

カテゴリー一覧
商用