searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

パシセラさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
パシセラ
ブログURL
https://ameblo.jp/pacificera/
ブログ紹介文
パシセラのブログ
更新頻度(1年)

84回 / 365日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2018/03/09

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、パシセラさんの読者になりませんか?

ハンドル名
パシセラさん
ブログタイトル
パシセラ
更新頻度
84回 / 365日(平均1.6回/週)
読者になる
パシセラ

パシセラさんの新着記事

1件〜30件

  • 霊的法則と物質的法則

    統一教会には清平というところがあって、そこに行けば奇跡が起り救われる、という教えを統一教会は広めています。確かに、そこで奇跡のようなことが起きたのは認めるので…

  • もう一つのビデオ

    「天の父母様天宙聖婚60周年記念特別集会」での韓総裁のお話と、「天の父母様聖会と神統一世界安着」のための出征礼拝映像での徳野会長のお話をまとめたビデオがありま…

  • たかが占い、されど占い

    この数回書いたこととは違う分野のことを書きます。突然の転調のごとくに見えるかもしれませんが、私にとってはそうでもありません。 フジテレビで水曜夜10時に放送さ…

  • 文先生の手を振りほどく韓総裁

    前回の「矛と盾を示した5月8日の韓鶴子総裁のお話」に関連して、文鮮明総裁と韓鶴子総裁のお話の録音が入ったビデオを引用しておきます。 繰り返しますが、生涯を神様…

  • 矛と盾を示した5月8日の韓鶴子総裁のお話

    矛盾という言葉の語源は、韓非子の物語で、「矛と盾を売り歩く商人が、矛を売る時は『どんな堅い盾でも突き通す』と言い、盾を売る時は、『どんな鋭い矛でも突き通せない…

  • 郭錠煥先生の最後の手紙を読んで

    郭錠煥先生が、これが最後の手紙になるかもしれないとして発表した手紙をすでに読まれた方も多いことでしょう。 私は、郭先生の下で仕事をしたこともなければ、接したこ…

  • 「コリアン・ドリーム」ベストセラー入り

    文顯進会長の本、「コリアン・ドリーム」の新版が米国で発売された後、あちこちでベスト・セラー入りしているのを見ます。 ロサンジェルス・タイムズ紙 ワシントン・ポ…

  • 「未来へ」

     今週は、家族の集いで、「未来へ」を歌っていました。 読んでいたのは、文顯進会長の、今年の愛勝日のスピーチの一部からでした。 「真の愛のエッセンスは、犠牲的な…

  • 人生の迷路から出る道

     ビデオは、ちょっと前まで家族で毎日歌っていた曲です。ちょっと前に載せた曲もそうですが、まだ信仰の初期の若い頃には、こういう曲調の歌を皆で歌うことも多かったの…

  • 「生きんとするものは死に、死なんとするものは生きる」

    33年前、まだ文顯進会長が10代だった頃のお話からです。当時、私は、大広間に集まった沢山の人たちの一人として、聞いていました。 「興進の昇華式において、私は証…

  • 神様との関係を持っている?

    外に出ることが難しく、外に出るにも消毒薬を持ち歩くようにしているのですが、それでもほぼ毎日、外で運動する時間を持つようにしています。これを読む皆様も、健康であ…

  • 復活祭

    復活祭の週ということもあり、家庭での集いで、「君は愛されるため生まれた」という歌を家族で歌った週でした。皆さんもご存知の方が多い歌のはずです。家庭での集いのた…

  • “天の父母様教団”の発表された1週間

    この1週間は、統一教会においては、名称が家庭連合から“天の父母様教団”となったことが発表された1週間でもありました。その名称変更は、韓鶴子総裁も、統一教会も、…

  • 5月まで外出できず

    外出を控えるようにとの州の命令が5月初めまで延長され、家にいなければならない期間が延びました。最初の頃は外出すると、東洋人は避けられるのがわかりましたが、最近…

  • 「神様以外に絶対的で無条件の愛の源は無い」

    コロナウイルスで、私の住んでいるところでも、店が閉店になっています。営業できるのは“必須”の店と指定されている店です。ワシントン州では、この“必須”の店の中に…

  • コロナウイルスで外出できず

    コロナウイルスのせいで、州が外出しないように指示を出して仕事場に行くことが難しくなり、家にいるのですが、幸か不幸か、様々なリサーチをする時間ともなりました。 …

  • 「人類が感謝と謙遜を見出す唯一の道」というお話し

    この数日間、家族集会で、下記の文顯進会長のお話を毎日繰り返して読んでいました。(チャレンジは、試練とも訳することができますが、英語のまま、チャレンジとして訳し…

  • 終わりの始まり

    今日は、文顯進会長を迎えての訓読会がありました。 数日前に、私の家族が誕生日を祝ってくれて、自分の一年、一生をちょっと振り返ることがありました。この一年、毎日…

  • 訓読会がありました

    文顯進会長を迎えての訓読会がありました。4時間くらい続きました。いろいろなことがあった1週間だったので、4時間集中したあとは、足元がフラフラしてしまいました。…

  • “上から目線” . . .

    人は、「上からものを言われた」と思うと反発します。でも、神様を信仰している人は、「上からものを言われる」のを避けることができません。例えば、旧約時代の神様の啓…

  • “偶然にバッタリ“から思うこと

    このところ、“偶然にバッタリ“ということが結構あります。特に「これをしなければ」と心を集中すると、という気がします。昨日もそんなことがありました。びっくりしま…

  • 「人は死なない」ことを知って

    医学の発達が霊界の存在を認識する人が増えることに貢献すると考えている米国人の文章を読んだことがあります。以下のビデオは、東京大学医学部救急医学分野教授だった矢…

  • “カインのメガネ”を外すこと

    この何ヶ月か、心霊指導のようなことをしているのですが、そんなことをしていると「“カインのメガネ”を掛けて、文顯進会長を見たのですね」と指摘することがあります。…

  • 聖和50日前の文先生の言葉の録音

    今朝の夢の中でのことです。 会場に沢山の人たちが集まっていました。それは何か偉人のような人が亡くなった故の集まりで、その場で残された遺産の大きさに皆は驚きまし…

  • 「神人合徳」

    1980年代か90年代の始め、ベルベディアで文先生が語ったお話の中で、「神人合徳」という題名のお話があります。当時、毎週のようにお話しされ、お話しされる前には…

  • 約婚式で驚いたこと

    昨日は牧会的な事と数字を扱う仕事をこなす忙しい日でした。いずれまたブログを書けなくなる時期が来るかもしれません。ブログを書かない間にしていたことの一つは、米国…

  • 文顯進会長のお孫様の誕生

    今日は、文顯進会長を迎えて米国での久しぶりの訓読会でした。会場に入って来られると、すぐに「新しい家族が加わった」と語り、御長女の家庭の長男がお生まれになったこ…

  • 「米国大統領からの誕生祝いメッセージ」は99%嘘?

    すでに以下のメッセージをご存知の方もいるでしょうが、転載します。   ――――――――――――――――――――――――皆さんのなかでトランプ大統領が故文鮮明統…

  • 文先生の生誕100年の祝い

    1月30日は、文先生の生誕100年の祝いの行事でした。私の場合、通訳をすると、どうしても自分の中に通訳以外の体験を残すのが難しいです。また、文先生の生誕100…

  • 悪霊との戦いの中で感じたこと

    旧暦2020年の1月1日を、文顯進会長御夫妻の祈祷の場から出発しました。行事の様子と文顯進会長はいずれ伝えられるでしょうし、私は同時通訳の仕事のゆえに、お話を…

カテゴリー一覧
商用