プロフィールPROFILE

タッキー(Taky)さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

「1型でいこう!」は、この病気を受け入れて生活しようとする、自分の気持ちそのものです。病気とは闘わず、前向きに生きる、を目指しています。

ブログタイトル
1型でいこう!
ブログURL
http://taky-t1-life.hatenablog.com/
ブログ紹介文
2016年11月に劇症1型糖尿病を発症。上手に病気とつきあうことを目指しています。
更新頻度(1年)

54回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2017/12/14

タッキー(Taky)さんのプロフィール
読者になる

タッキー(Taky)さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(IN) 49,402位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,732サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 70 190 0 0 0 0 0 260/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
病気ブログ 1,330位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21,633サイト
1型糖尿病(小児糖尿病) 28位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 396サイト
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(OUT) 23,190位 28,705位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,732サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 70 190 0 0 0 0 0 260/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
病気ブログ 746位 936位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21,633サイト
1型糖尿病(小児糖尿病) 26位 26位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 396サイト
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,732サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 70 190 0 0 0 0 0 260/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
病気ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21,633サイト
1型糖尿病(小児糖尿病) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 396サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、タッキー(Taky)さんの読者になりませんか?

ハンドル名
タッキー(Taky)さん
ブログタイトル
1型でいこう!
更新頻度
54回 / 365日(平均1.0回/週)
読者になる
1型でいこう!

タッキー(Taky)さんの新着記事

1件〜30件

  • 11月の受診結果と原因不明の高血糖

    先週の木曜日(7日)は定期受診日でした。 HbA1cは前回から+0.3上がり、6.5%。高血糖が時々起きていたので、こんなものでしょう。そして、6.0→6.2→6.5と上がってきたのは、A1cの仕組みに照らせば、「ああ、なるほど」と納得です。 月刊『さかえ』最新号の11月に、「いまさら聞けないヘモグロビンA1c」の記事が掲載されています。この記事の冒頭(28頁)に、A1cの数値の仕組みについての解説があるので、引用します。 赤血球に含まれている酸素を運搬する役割を担うヘモグロビン(たんぱく質の一種)に、ブドウ糖が結びついたものを「グリコヘモグロビン」といいます。このグリコヘモグロビンの中で糖尿…

  • CGMセンサの"準備"って何?

    数ヶ月前から、ポンプの言語を英語に変更して使っています。日本語を止めて英語にした理由は、満員電車内でポンプをチェックすると、周囲の人の視線を感じたからです。英語表示にすれば、ポンプの画面を覗かれても容易に分からないと思います。 表示される内容が日本語と英語で同じではなく、「あれっ」と思ったことが幾つかあります。 その一つが、エンライト・センサを使い始める際の「準備」です。 日本語画面の「センサ準備」は、英語では"Sensor warm-up"と表示されます。warm-upは準備という意味ではないので、内容(ニュアンス)が違います。辞書には、warm-upは「準備運動」との記載はあるけど、「準備…

  • 10月の受診結果と最近の血糖コントロール

    先日の木曜日(3日)が定期受診日でした。この数週間、高血糖になる頻度が高かったので、A1cも上がるだろうなと予想していました。結果は、予想通りで+0.2%でした。 Time-In-Range の変化を見れば一目瞭然で、80~180mg/dLの割合が前回の85.3%から76.8%に減少し、180mg/dL超の割合が7.0%から15.4%に増加しています。 この変化は、 血糖コントロールのマンネリ化によるもの 原因不明の高血糖、特に、朝食後の午前に高血糖になる 眠前の補食を減らすためのコントロールが原因で、寝る前後に高血糖になる の2つが問題と考えています。 マンネリ化は、血糖コントロールに慣れて…

  • CGMセンサの延長使用を考える

    ポンプを使い始めて2年を経過して、その間に使ったエンライト・センサ(CGMセンサ)がそれそれ何日間くらい使ったかを振り返ります。 私は、ポンプの利用開始直後からセンサの再利用をしています。いろいろ試行錯誤しながら、今は、ほぼ安定して、1個のセンサで倍の日数(12日)を使っています。 試行錯誤したことは、 センサを装着する部位 ポンプに表示されるグルコース値の誤差を減らす工夫(これが一番重要) センサの寿命を判断する基準(使用中のセンサを外す条件) です。 センサを装着した部位は5箇所あります。最初の数ヶ月は、お腹(①)に装着していました。その後、脚(太腿の内側)、腕(②)を試し、お尻(④)にな…

  • 8月の受信結果とポンプ記念日

    今週の木曜は受診日でした。時々、コントロール失敗による高血糖や低血糖が起きていますが、全体に安定しています。 主治医に相談したことが幾つかありますが、その中でメモとして記録しておきたいことは、体重を減らすために行っている筋トレが血圧を下げる効果に役だっていることです。 私は、発症後に血圧が高くなり、昨年の4月から降圧剤を服用しています。この服用である程度の効果が出ていましたが、筋トレを始めてから、血圧がかなり低くなりました。下表は、各期間の平均値です。 期間 最高血圧(朝) 最低血圧(朝) 最高血圧(夜) 最低血圧(夜) 4/18~5/15 128 82 127 73 5/16~6/19 12…

  • ポンプ640Gが省エネ化されている

    新しいバージョンの640Gを使い始めて2ヶ月を超えました。 「640Gバージョン4.11で変わったこと(その2)」の記事で書いたとおり、ポンプのハードウエアが一新されています。液晶、モーター、内部回路(CPU等の部品)が一新され、ポンプの省電力化(省エネ化)が行われている可能性があると考えましたが、この想定が事実であることが分かりました。 昨年6月に620Gから640Gに機種変更してから、4台の640Gを使ってきました。これらの電池の寿命は以下です。 番号 ポンプのバージョン ポンプの使用期間 測定日数 電池の数 電池の平均寿命 No.1 2.9D '18/6/14~'19/3/15 94日 …

  • 体重マネジメント

    日本糖尿病協会発行の”さかえ”8月号に掲載されている、特集記事『体重をマネジメントするコツ』を読み、体重マネジメントという言葉を知りました。 「減量する」、「痩せる」などよりも、「体重マネジメント」はスマートな響きがありますね。 特集記事は、体重マネジメントの基本ポイントとして 減量目標を理解しよう!短期的な目標としては、3ヶ月で体重マイナス3㎏、ウエストマイナス3㎝を目指す 食生活を見直してみましょう① 食べ過ぎなければ太らない② まずは間食をやめる③ 良く噛んでゆっくり食べる④ 早食いは食べ過ぎを招く その他、体重マネジメントのカギ・食事、体重を記録する (→ 特に、これが重要)・できるだ…

  • 7月の受信結果と体重増加

    今週の木曜日が通院日でした。1型については、問題無く、A1cも前月から変化ありませんでした。 血糖コントロールは、70mg/dL以下が少し減少しています。 上の表で、Time-In Rangeを70~180mg/dLの場合と、80~180mg/dLの場合が、期間で混在しています。今回の期間(6/20~7/24)を70~180mg/dLにすれば91.4%なので、前2回とほぼ同じです。 今、直面している課題は、体重です。血糖コントロールが良いことが裏目に出ているようです。 3月から体重が増加し始め、今は発症前の体重を超えました。かなりヤバいと感じています。主食の摂取量を減らし、運動も継続しています…

  • 基礎を調整した

    最近、起床時に60mg/dL前後の低血糖になることが多いので、基礎レートを調整しました。 以前は、週に1回程度に起きていた起床時の低血糖が、今月初めくらいから、週に2~3回に増えました。 下図は、今週の月曜(7/15)早朝のグルコース変動です。この時の起床時の血糖値は51mg/dLでした。 眠前の血糖値の目標を130mg/dLにしていますが、実際は、この血糖値にピッタリならず、110~130mg/dLくらいの幅になっています。下図のように、就寝中は右肩下がりになることが多いので、基礎を減らす必要あり、です。 翌日の火曜(7/16)1~7時の基礎レートを85%にしてみると、かなり良い結果でした(…

  • かぼちゃを食べて高血糖、なぜ?

    先週の木曜日(7/11)、夕食後に血糖値がとても高くなりました。カーボカウントが間違っていないはずなのに、「あれっ! なぜ?」という感じで、ポンプのグルコース値がグングン上がり、2時間後にSMBGで280mg/dLだったので、2単位の追加ボーラスをしました。それでも、下がらない。それから4時間ほどの間に6回の追加ボーラス、合計5.9単位のボーラスで、眠前でやっと142mg/dLに下がりました。 夕食で食べたものは 十五穀米120g (44g) シューマイ8個 (21.3g) かぼちゃの煮物87g (21g) 冷や奴 (3g) 味噌汁:大根・人参・タマネギ・あげ (5g) 括弧の数値はカウントし…

  • センサ使用開始時のグルコース値不安定を防ぐ(2)

    前記事(「センサ使用開始時のグルコース値不安定を防ぐ(1)」)の続きです。 ポンプ/SAPを使っていると、定期的に『較正』が必要ですが、センサと較正の関係を詳しく説明する資料がありません。このことが、ポンプ/SAPを使い難くしている原因の一つと思います。較正のアルゴリズムがユーザーに開示されず、完全なブラックボックスになっていることに問題があります。 私自身は、必要に迫られたことと好奇心から、ポンプの動きを観察し、「ああ、こうなっているんだ」と感じていることがあるので、今回は、これについてまとめようと思います。 全体を俯瞰すると センサの初期化の影響が初回較正からしばらく続き(常に一定の時間続…

  • センサ使用開始後にグルコース値が不安定になることを防ぐ(1)

    新しいCGMセンサ(エンライト・センサ)を使い始めた直後、12~24時間ほどの間、センサ読み取り値が不安定になり、較正できない、あるいは、ポンプに表示されるグルコース値の誤差が大きい問題についての、私の解決方法です。 この問題には、①センサ使用開始後の読み取り値(ISIG値)が不安定になること、②センサの初期化の影響でグルコース値の誤差が大きくなること、の2つの原因があると考えています。 今日は、①センサ使用開始後の読み取り値(ISIG値)が不安定になることを防ぐ方法について書きます。 センサを留置してからすぐに使い始めると、ISIG値が不安定になります(詳細は「CGMセンサが不安定」を参照し…

  • 6月の受信結果と1年を振り返る

    昨日は通院日でした。ポンプの新しいバージョンの使用感を主治医に報告しました。ハードウエアとアルゴリズムが改良されていること、(較正の仕方に影響を受けるが)グルコース値とSMBGとの乖離が少ないと感じていること、スマートガード起動中に注入再開の条件が変わり使い易くなったことなどなどを話しました。 血液検査の結果は、HbA1cが-0.1の6.0でした。これは予想通りです。というのは、ポンプのデータ(Carelink Personal)から、グルコース値が前月よりも安定していることが分かっていたので、多分、少し、良くなっていると考えていました。 でも、私自身は、HbA1cをあまり重視していません。そ…

  • 640Gバージョン4.11で変わったこと(その4)

    640Gのバージョンアップについて、以下の記事を書きました。 ポンプのバージョンが更新されていた → ここ 640Gバージョン4.11で変わったこと(その1) → ここ 640Gバージョン4.11で変わったこと(その2) → ここ 640Gバージョン4.11で変わったこと(その3) → ここ 今回は、このシリーズの最終回です。 バージョン4.11になって、スマートガードの動きがこれまでとかなり異なる、と感じています。 ① スマートガードとボーラス停止の関係が変化した デュアル・ボーラスしている時、旧バーションでは、スマートガードが起動するグルコース値に達しても、ノーマル・ボーラスが終わるまで注…

  • 640Gバージョン4.11で変わったこと(その3)

    バージョン4.11のポンプを10日間使用して、アルゴリズムが変更されていると感じています。アルゴリズムがどのように変わったのか、具体的なことは分かりません。でも、推測の域を出ませんが、バージョン・アップ(2→4)によりアルゴリズムの改良が行われているようです。 私は感じた(経験した)変更点は、 センサの較正、グルコースの表示 スマートガード の2点です。これらについて、2回に分けて記事を書こうと思います。今回は、センサ較正について書きます。 ① グルコース値の欠落時、センサ較正機能が停止 メドトロニックの説明によれば、『グルコース値なし』のアラーム表示が『較正を行わないでください。センサ更新中…

  • 640Gバージョン4.11で変わったこと(その2)

    640Gのバージョン4.11は、ハードウエアも変更されているようです。操作して感じる外面上の違いは、 液晶のカラー画面は薄い色になった クリックが柔らかい(軽い力で操作できる) モーターが静か(巻戻し、取付時にモーターの音がほとんど聞こえない) です。 ポンプ情報にも違い(下図)があります。左が4.11D、右が2.9Dです。 電池を抜いた状態の重量は、2.9Dが100.2グラムに対して、4.11Dが99.4グラムで、僅かに軽くなっています。 これらの事実から、組み込まれているパーツが変更されていると思います。 液晶とモーターは電力を消費する最大のパーツです。この2つが変更されているようなので、…

  • 640Gバージョン4.11で変わったこと(1)

    バーション更新についてのメドトロニックの説明は、「次の4点が変更されている。それ以外は旧バージョンと同じ」です。 スリープモードから復帰する時、指定されたボタン以外が押された場合の対応を変更(同じ画面が表示され続け、1アクションで対応できる) ボーラス操作で”注入”を行わずに放置した場合の操作方法を変更 グルコース値なしのアラーム表示を『センサ更新中 センサ較正を行わないでください』に変更 較正許容範囲外のアラームが出た場合、『較正せずにお待ちください』を表示 4番目の変更は、重要と思います。2日前に使い始めた時、早速、これを経験しました。 ポンプの交換に合わせて、CGMセンサとリザーバも同時…

  • ポンプ・バージョンの更新

    前記事で書いたトランスミッタ関連のトラブル(通信遮断)が、トランスミッタを交換しても解決せず、続いています。トラブル状況も悪化(1日に3回ほど発生する、較正中に起きると較正ができない)し、ポンプ本体に原因がある推定できたので、ポンプ本体の交換になりました。約3ヶ月で3回の交換で、「勘弁して欲しい」の心境になりました。 今は、交換して良かったと考えています。というのは、ポンプがバージョンアップしていたからです。 新しいポンプが届き、2つのポンプを並べて、設定のコピーを行っていると、画面が変わっていることに気がつきました。下図の左が新しいポンプで、右が使用中のポンプです。 あれっと思い、メイン画面…

  • SAPトランスミッタの寿命は1年

    SAPトランスミッタには、『予想寿命』という考えがあり、メドトロニックは、「予想寿命は1年」としています。 私は2017年9月からポンプ/SAPを使い始め、昨年6月にトランスミッタの調子が悪いため新品と交換(1年の保証期間内での交換)したので、もうすぐ1年になります。 最近、トランスミッタの調子がイマイチで、6日間で3回ほど、通信が20~30分切れてグルコース値が表示されなくなり、自動で回復するトラブルが起きています。トランスミッタの劣化が原因と思い、先日の通院時(5/16)に、主治医に交換をお願いしました。 その後、さらに調子が悪くなったので、急いで対応して欲しい旨をメドトロニックの担当者に…

  • 魚を食べて、血糖値が後上がり

    脂質が多い魚を食べると、血糖値が後上がりすることがあります。これまでの経験で、この魚はダメ、これはOKとある程度分かっていますが、問題は、後上がりする幅が一定ではないので、難しい。 昨夕、鯖の西京焼きを食べました。鯖は必ず後上がりするので、食事から1時間後くらいに、1~1.5単位をスクエアでボーラスするようにしていますが、食後の血糖値の推移が低かったので、抑え気味で0.8単位を30分のスクエアでボーラスしました(下図の⑧)。これが失敗でした。 22時過ぎから上がり始め、22:50にSMBGで187mg/dLあったので、1単位をボーラス(上図の⑨)しましたが、それでも上がり続けるので、0.2単位…

  • 5月の受診結果

    昨日が定期通院日でした。HbA1cは前月から変化なし、で予想どおりでした。 上図の④(今回の結果)の11時ころに高い山がありますが、これは5月5日午前に高血糖になったもので、原因は分かっています。 5月5日のグルコース変動です。 私は、就寝中の午前3時ころから血糖値が上がり始め、これが8時過ぎまで続きます。Basalは、この動きに合わせて設定していますが、この時間帯にスマートガードが働かないように設定しています。具体的には、午前3時から7時まで、低グルコース設定をオフにしています。そのため、午前7時にスマートガードが動き始めて、基礎の注入が停止することが多いのですが、そうなっても、ポンプのグル…

  • 昼食の糖質比を変更しました

    昼食の糖質比がズレてきたので、変更しました。ポンプを使っていると、簡単に追加でボーラスできるので、少しくらいの糖質比変動は気にしないのですが、毎日の記録を見ていると、ズレが大きくなってきたので変更しました。 下図は、1日1行にまとめている記録です。毎食の炭水化物量とインスリンの単位数・補正のインスリン単位数を一つのグループに記入し、食間でボーラスした単位数と補食の量を各食事の間に記入しています。Excelの書式設定で、ボーラスの入力があると、自動でセルの背景が緑になるようにしています。 こうすると、食事の糖質比が実態と合っていれば、食事の間にインスリン単位が出てこない(緑色のセルがない)、言い…

  • ポンプのカバーも新型に交換

    ポンプ本体が交換になった時、代理店の担当者にシリコン・カーバーも欲しいとお願いしました。ポンプを交換した時には気がつかなかったのですが、シリコン・カバーも新型に変更されていました。新型ベルトクリップ(詳細はここ)に合うように、カバーも変更になっていました。 左が旧型で、右が新型です。形が分かるように、表と裏の写真を載せます。 カバーが変更された理由は、新型ベルトクリップの本体に差し込む部分が長いので、シリコン・カバーを本体とクリップで挟み込まないようにするためです。 下図は、本体に旧型のカバーを装着した状態です。これに新型ベルトクリップをつけると、本体とベルトクリップの間にシリコンカバーが挟ま…

  • ポンプエラーで本体を交換しました

    20日(土)の朝、突然、ポンプに異常が起きました。これまでに経験したことがない、初めてのトラブルでした。 トラブルの発生後ポンプは正常に動いたので、(私自身の判断と責任で)そのまま使い続け様子を見ました。月曜に病院担当のMRと話し合い、MRの判断でポンプ本体を交換することになりました。 ポンプの問題で交換するのは、「ポンプ/SAPが故障した」、「ポンプ本体のヒビ割れと新型ベルトクリップ 」と今回の3回目です。 備忘録を兼ねて、今回のトラブルを以下に書きます。 ① 「履歴」の「ISIG履歴」を表示させ、内容をチェックしていると、突然、ポンプの画面にMedtronicのロゴが表示され、ポンプが再起…

  • 4月の受診結果

    先週の木曜(18日)は通院日でした。 下図は、血糖値の変化と検査結果の推移です。 このように並べると、血糖値の変動幅が小さくなっている変化がひと目で把握できます。11月下旬から食事のボーラスにデュアルを使っています。 12月中旬までは試行錯誤の期間、いろいろな組み合わせを試しました。その結果、ノーマル70%とスクエア30%で45分の組み合わせが良いことが分かり、 12月下旬から、全ての食事のボーラスをこの組み合わせで行っています。 検査日 食事のボーラス HbA1c 1/10 デュアル 6.2% 2/14 デュアル 6.2% 3/14 デュアル 6.2% 4/18 デュアル 6.1% 面白いの…

  • ポンプのチューブ内に白い跡

    ポンプを使っていて面倒に感じることは、使用中に発生するチューブの気泡です。ポンプを利用し始めたころは、リザーバの気泡抜きに手を焼いたこともありましたが、最近は、コツが分かり、気泡抜きはルーチン化しています。私は気泡抜きをこの手順で行っています。 そうは言っても、チューブに気泡が起きる可能性があるので、起床後の着替えの時、夜の入浴の時、チューブをライトにかざして点検しています。 先日、久しぶりに、チューブに大きな気泡のようなものがありました。 最初は、リザーバ交換から2日目の朝、小さな気泡状の白い跡(下図)に気がつきました。これは、良く見ると気泡ではないことが分かりました。そう判断した理由は、チ…

  • 食品の栄養成分表示は正しいの?

    前記事で低糖質のうどんと食べると、カーボカウントが外れることがあると書きました。この関連で、食品に記載されている栄養成分表示の精度(正確さ)はどの程度なのかが気になり、調べてみました。 消費者庁から「食品表示法に基づく栄養成分表示のためのガイドライン」が発行されています。事業者は、このガイドラインに従って、栄養成分表を作成しています。 この冊子の36頁に、許容差の範囲(下図)が示されています。 なんと、±20%の変動が認められているんですね。50グラムと表示されていれば、40~60グラムの範囲が認められるので、許容範囲がかなり大きいとの印象です。 前記事に書いた、低糖質うどんの場合、食材の炭水…

  • 低糖質の食材(うどん)で血糖値が高くなる

    糖質制限をしてませんが、時々、低糖質の食品を食べています。その中で、低糖質のうどんを食べた時、血糖値の変化が不自然になります。 シマダやの「本うどん」を食べた時、カーボカウントした炭水化物量でボーラスしたインスリン単位では足りず、追加ボーラスが必要になることが多いんですよね。 成分表示は、炭水化物が44.1グラムなので、これにうどんつゆ(本みりんと醤油)と具材の炭水化物量9~10グラムを加え、合計54~55グラムになります。 これに糖質比(全て昼食、10g/単位)で割って、5.4~5.5単位のインスリンをボーラスしています。この数ヶ月で、6回食べていますが、2回は問題が無く、4回は1.3~2.…

  • 手のひら穿刺の血糖値は指先と同じ?

    発症以来、SMBG測定は指先をパッチンしています。使う指は、今日は右手、明日は左手と交互に代え、朝は人差し指、昼は中指というようにローテーションしていますが、毎日3~4回、たまに5~6回穿刺するので、指先の荒れや痛みを感じます。そのため、指先以外の部位で測定したいと考えるようになりました。 ネットで、Genteelという穿刺器具の存在を知り、良さそうと感じていましたが、なんとなく購入を迷っていました。 私の迷いは根拠のないものでしたが、これが結果として良い判断でした。 先日購入したコントアネクスト Link 2.4の説明書に、穿刺部位について『低血糖時、血糖値の変動が激しい時、手のひらを使わず…

  • 久しぶりに300mg/dLの高血糖

    昨夜、300mg/dLの高血糖になりました。いつもは、高くても220~230mg/dLくらい、希に250mg/dLになりますが、これは久しぶりです。 18時に 白米150g 赤魚(きんき)の干物 チンジャオロース 白菜の漬け物 味噌汁(白菜、人参、椎茸、しめじ、タマネギ、豚肉、豆腐) の夕食を食べました。カウンティングした炭水化物は73gで9.3単位(7単位をノーマル、2.3単位をスクエアで45分)のボーラス(上図の②)をしてから15分後に食べ始めました。 毎食の1時間後にポンプの履歴でグルコース値とISIG値をチェックしています。この時、ISIG値が85を超えていました。 「ポンプのグルコー…

カテゴリー一覧
商用