searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

もうチョットで日曜画家さんのプロフィール

住所
横須賀市
出身
未設定

技量上がらぬ故の腹いせにせず。更にヘイトに堕せずをモットーに。

ブログタイトル
もうチョットで日曜画家(元海上自衛官の独白)
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/giroku0930
ブログ紹介文
技量上がらぬ故の腹いせにせず。更にヘイトに堕せずをモットーに。
更新頻度(1年)

255回 / 365日(平均4.9回/週)

ブログ村参加:2017/11/29

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、もうチョットで日曜画家さんをフォローしませんか?

ハンドル名
もうチョットで日曜画家さん
ブログタイトル
もうチョットで日曜画家(元海上自衛官の独白)
更新頻度
255回 / 365日(平均4.9回/週)
フォロー
もうチョットで日曜画家(元海上自衛官の独白)

もうチョットで日曜画家さんの新着記事

1件〜30件

  • 効果的な人流抑制策の提案

    本日もヘイトに抵触するかも知れない記事であるので、予めお断りさせて頂く。既に何回目であるかカウントする気も失せた緊急事態宣言が発令され、さらには政府内ではロックダウンの検討に入ったともされている。戒厳令の手続きすら確立されていない日本で有効なロックダウンができるとも思えないが、いよいよ他の先進国並みの強力な統制無くしてはコロナの封じ込めに至らないことを漸くに各界が理解したものと思える。列国のロックダウンを見ると、憲法の緊急条項に基づいて、軍若しくは警察が交通を遮断するとともに外出禁止の警戒等を行っているが、緊急条項がない日本で、ましてや平時における自衛隊権限に法的な裏付けが乏しいために、自衛隊を投入しても有効に機能し得ないのではと悲観的に思える。コロナ感染者が激増している原因は人流が抑制できていないことであり、...効果的な人流抑制策の提案

  • 韓国のF35配備反対活動に思う

    韓国でF35Aの導入配備に反対する活動家が国家保安法違反の疑いで捜査を受けていることが報じられた。容疑は、地方紙の代表や市民団体などの4人が北朝鮮文化交流局の工作員と接触した後、その指令に従って街頭署名運動、リレーデモ、国防部糾弾記者会見等を行ったものとされている。韓国警察と国家情報院は、国家保安法違反の容疑で既に5月末には4人の自宅などに対する家宅捜索を行い、現在は逮捕令状執行のための審査手続き中であるらしい。F35戦闘機は、北朝鮮の防空網を無力化できるステルス戦闘機であるために、北朝鮮は数回にわたって配備を非難してきたが、表立った非難の他にも韓国内のシンパを使用して反対活動を企図していたことになる。今回適用されるという国家保安法については、共産主義や北朝鮮の浸透から韓国を守ろうとするもので、韓国の刑法制定に...韓国のF35配備反対活動に思う

  • 米軍協力者の国外退避始まる

    米軍のアフガニスタン撤退に伴う、米軍協力者の国外退避作戦が始まった。アメリカ政府によれば、第1陣の約200人が30日に米バージニア州の陸軍基地に到着し、1週間ほどで特別移民ビザを得て入国できるとしている。同作戦の対象者は、既に米国への特別移民ビザを申請している2万人程度とされているが、通常は申請者が3~5人の家族の同行を希望するために10万人にも達する可能性が有るとみられる。アメリカは、特別移民ビザの発給に数か月~数年が必要であることから、先ずビザ手続きが既に最終段階まで進んだ申請者700人と家族2500人をアメリカ国内に、次いでセキュリティー審査を終えていない申請者4000人と家族をクウェートやカタールの米軍基地などに一時収容するとしている。また、中央アジア3国にも一時受け入れを打診しているが、こちらは実現性...米軍協力者の国外退避始まる

  • キリンとハイネケン

    キリンビールが、工場見学を有料とする方針であることが報じられた。報道によれば工場見学を有料とする他、見学時に提供される試飲等のサービスにも何らかの制限が設けられるらしい。昭和45年度の世界一周遠洋航海に参加することができた。世界一周とは言え初任幹部の練習航海が主目的であるために、寄港も10か国で実質は単なる地球一周と呼んだ方が適当であることは云うまでもない。そんな中でオランダのアムステルダム港に寄港して史跡研修と銘打たれたバスツアーでの出来事である。漸く下士官(3海曹)になった下っ端であり、ツアーがオランダ海軍の好意であるのか日本大使館の手配(防衛庁負担)によるものかは覚えていないが、運河・風車・チューリップ畑を見学したことは覚えている。そして、最後の見学はハイネケンビールの工場であった。当時の日本でハイネケン...キリンとハイネケン

  • 連合会長のインタビューを読んで

    神津里季生連合会長のインタビュー記事を読んだ。主題は、先に同じ文言の政策協定を立憲民主党・国民民主党の3者間合意では無くそれぞれと個別に締結したことに関して、3者間合意を阻んだ最大の要因である「全体主義」と「内摂概念」については明言を避けて「捉え方は都合の良いように・ご勝手に」というスタンスを維持する等、立民・共産の選挙居力に配慮した歯切れの悪さであるが、共産党嫌いの一部単産に配慮して現野党が政権を担った場合にも共産党との連立や共産党の閣外協力は完全否定する内容となっていた。また、奇異に思ったのは会長の「国会議員は我々が知りたいことを政府に問い質すのが役割」との言葉である。中学生に聴いても「国会と国会議員の権能は法律を制定して行政を制御・監視すること」と答えるだろうが、連合会長にあって国会議員とは喫緊の経綸は措...連合会長のインタビューを読んで

  • 南北直通電話回線の再興に思う

    昨2020年6月以降遮断されていた南北直通電話回線が再興されたことが報じられた。電話回線再興の陰には本年4月以降に複数回の信書交換があったとされているので、再興には文大統領の懇請と金正恩総書記のしたたかさが透けて見えるように感じられる。2019年2月にハノイで行われた2回目の米朝首脳会談が決裂したのは、仲介役として存在感を示したかった文大統領の失敗が決定的であると観ている。1回目の米朝首脳会談では実現性は絶望的ながら曲がりなりにも北の非核化について対話を継続することで合意していたが、2回目の首脳会談までの間の南北首脳会談に於いて文大統領がトランプ政権の意に反して、北の非核化というゴールを朝鮮半島の非核化に動かし、更には朝鮮戦争の終結・平和協定締結という新たなゴール設定に同意したことが大きいと思っている。さらには...南北直通電話回線の再興に思う

  • 上陸・外出について

    自衛官にとって最大の娯楽、楽しみは、世間と同じく外出である。艦艇では外出ではなく上陸と呼ぶが、いろいろな決まり・制約があり、上陸の種類と概要を思いつくままに略記すると。・普通上陸:当直シフト以外で階級別に一定割合で許可される通常の上陸。・半舷上陸:乗員の半数を上陸させるもので、上陸の機会が2日である場合や、緊急出港が予想されたり警戒を要する外国港湾で付与・特別上陸:主として当直中に家族保護等のための緊急な場合に付与。各職域の送別会等に時間を区切って付与する場合もある。・入湯上陸:真水保有量が少なかった時代や真水保有量の少ない小型艇で、入浴のために時間を区切って半舷上陸の形で付与。自分の経験では3回あるだけ。・賞与上陸:円滑な艦内生活のために定められた普通役員と呼ばれる食卓係・衛生(厠)係等に従事した場合1カ月に...上陸・外出について

  • 新原涼子さん離婚に思う

    篠原涼子さん(47)と市村正親さん(72)の熟年・年の差離婚が報じられた。離婚の原因・発議が双方のどちらかであるかは知らないが、所謂「熟年離婚」について自分なりに考えてみた。熟年離婚は年々増加しているらしく、専門弁護士等によると年金分割などの経済的障壁が低くなったことが大きいとされていることでは一致しているが、離婚に至る原因・経過については様々であるとされている。自分は、夫婦の双方あるいは片方の加齢によって、共同生活における様々な事柄に対する許容幅・受容幅が狭くなり、それにつれて我慢の限界値が低くなることではないかと思う。それまでは大して気にもならなかった或いは笑って許せていたことが突然に「我慢できなくなった」「許せなくなった」ことで、年齢を重ねれば重ねる程、許容幅はますます狭くなり、限界値はさらに低くなるので...新原涼子さん離婚に思う

  • 人の振り見て我が振り直せ

    オリンピック開会式の日、東京近郊の行楽地では人出が急増していることが報じられた。画面では、東京を脱出したという若いカップルの女性が、「オリンピックをやっているのだから自分も(行楽地に)来ました」とにこやかに語っていた。オリンピック開催については、コロナ禍という背景を考えれば中止という選択が最も判り易く、表面的には各国も容認したであろうと思う。しかしながら国際公約に近い東京五輪を中止した場合の日本の評価は果たしてどうなったであろうか。開会式に寄せられた各国の指導者やオリンピック委員会からのメッセージが、冬季大会を控える中国、次期夏季大会のフランスは別にしても、開催を「日本の英断」として評価若しくは賞賛するものであることを思えば、東京大会中止の場合には、良くても「理解」であろうし、場合によっては「コロナに負けた国」...人の振り見て我が振り直せ

  • 蝶々・蜻蛉も・・・

    本日は、悪口・侮辱・ヘイトを含んでいることを予めお断りして進める。海軍には「主計、看護が兵隊ならば、蝶々蜻蛉も鳥のうち」なる侮蔑表現があった。主計職(調理・経理・庶務等)や看護職(衛生)は直接戦闘に加わらないことから、他の職域、特に攻撃武器の操作を担う兵科職よりも重要度が劣るとしたものである。しかしながら士気の根源である給食に大きく関与する主計職や救急治療に当たる衛生兵は艦の運営と戦闘力の発揮に不可欠であることは広く認識されていたために、喧嘩の場面にしか使用されなかったようである。特に、主計長(補佐の主計員を含む)の戦闘配置は、個人の勲功(叙勲や下賜金評価根拠)に大きく影響する戦闘記録を担当していたために「主計長・戦闘記録員は戦死させるな」と大事にされたともされている。また、戦記物では激烈な対空戦闘の合間に、身...蝶々・蜻蛉も・・・

  • 現代版「ノアの方舟」

    大手住宅メーカーのタマホーム玉木伸弥社長(42)が社内に事実上の《ワクチン禁止令》を出していることが「週刊文春」で報じられたらしい。報道によれば、玉木氏は幹部会で「ワクチン接種に反対」、全社員がオンライン視聴した経営方針発表会で「ワクチンを接種したら5年後に死ぬ」「5Gがコロナ感染を引き寄せる」と発言を繰り返し、更にこの口達は文書化され「感染拡大防止対策に関する社内ルールに違反した場合は自宅待機(欠勤:無給扱い」との命令となったらしい。文書には直截ワクチン接種云々に関する記述は無いが、現場では普段からワクチンを打てば自宅待機と言われていることからワクチン接種=自宅待機(無給)の理解が社内に行き渡っているとされている。社長の指示は労働基準法違反やパワハラの可能性が有るとされているが、そのことは専門家の判断に委ねる...現代版「ノアの方舟」

  • オリンピック開催

    本日のソフトボール予選リーグを皮切りに東京五輪が開催される。東京大会は、人類史上初めてのパンデミック下開催であれば、成功・不成功に関わらず試金石として評価され、以後の国際大会の動向に大きく影響するという運命的な五輪になると考える。やや意外に思われたのは、直近の世論調査で五輪に期待していると答えた人の割合が、反対意見とは拮抗するものの僅かながら上回ったとされていることである。ネット上やメディアで開陳される意見の多くが開催に懐疑的若しくは反対であることを思えば、それらは決して「世論」では無かったことを示しているように思われる。そのことを考えてみると、反対者は何らかの意思を発信できるツールを持っていることが多いために情報量(質ではない)としては世情に溢れ、恰も世論であるかの印象を与えてきたが、意見発信のツールを持たな...オリンピック開催

  • 文大統領来日?

    在韓日本大使館の相馬弘尚総括公使の発言が注目を浴びている。発言は、韓国メディア記者との非公式の懇談の席で、文大統領の対日姿勢に「マスターベーション」という言葉を使用したというものである。相馬公使は、文大統領が1人で神経戦をしているとの趣旨で言葉を使用したことを認め、抗議した韓国の外務省第1次官に謝罪し、日本外務省も外交儀礼を欠く行為として本人に厳重注意したとされている。「非公式の懇談の席」ということであるので、記者とは「オフレコ」合意した上での発言かとも考えるが、日韓の各級会談でも双方が合意したプレス発表範囲を無視して我田引水的に内容を発表することに異を感じない韓国の実状からすると、相馬公使の脇の甘さは確かであろう。確かに「マスターベーション」なる言葉は外交官に限らず人前で口にすることは憚るべき言葉とは思うが、...文大統領来日?

  • 表現の不自由展・その後

    未だに「表現の不自由展」が開催されている。表現の不自由展は、2019年の《国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の企画展として開催されたが、抗議が殺到しわずか3日間で展示が中止となり、以後も河村名古屋市長の公費支出拒否や大村愛知県知事のリコール騒ぎにまで発展した曰くを持っている。東京展は会場が見つからずに中止となったが、大阪展は当初予定の会場を変更することで現在開催中であるらしい。会場は大阪府立労働センター「エル・おおさか」で、地裁・高裁・最高裁ともに実行員会側の主張を認めたために開催に漕ぎつけ得たものであるが、当然のことながら依然として街宣車による反対活動や脅迫メールが続いているらしい。実行委員会の趣意書に依れば、展示物の多くは過去に美術館等の『検閲』によって展示を断られた物としているが、報道された範囲で見る限り...表現の不自由展・その後

  • 連合・立民・国民の政策合意を考える

    立憲民主党・国民民主党と連合間の衆院選に向けた政策協定締結が報じられた。協定は3者間ではなく、連合とそれぞれの党が協定する様式となっており、このことは立民が躍起・前のめりとなっている共産党との選挙協力が投影した結果とされている。協定は5項目であるが、「左右の全体主義を排し、健全な民主主義の再興を力強く推進する」という項目の解釈が注目されている。国民民主党の玉木代表は「共産主義や共産党を意味する」とし、立憲民主党の枝野代表は「具体的な特定は無い」としている。連合の神津会長はといえば「どちらもおかしなことを言っているとは思わない」と述べており、有体に云えば「両党や傘下産別が都合のいいように解釈すれば良い」というものであるように思える。政権・政策の「キモ」を曖昧にすることは公党としてあってはならないことであり、今回の...連合・立民・国民の政策合意を考える

  • 真木ことみさん「一(ひ)、二(ふ)、三(み)の人生あかり」

    演歌を蔑視する妻が不在。鬼の居ぬ間の演歌三昧。自分は演歌が好きである。というより、旋律から作者の意図する心情や原風景をイメージする能力が全く無いためにクラシック等は別世界の音の羅列にしか聞こえない。それでも意味不明の言語歌詞ながら一部洋楽は楽しめるのだが、歌=歌詞絶対とする気持ちは揺るがない。かっての宴席で熱く音楽を語る艦長に「音楽なぞ、もともとは文字を持たなかった原始人部族内の通信手段・符牒であり、受け手によって意味が変わるなんてことはあり得ない」と云い放って、「お前にゃ音楽は解らん」と大顰蹙を買った経験がある。さて、主題の「一、二、三の人生あかり(詞:山田孝雄、曲:蔦将包)」であるが、二番の歌詞にいたく共感したので紹介する(山田さんごめんなさい)。二みっつみんなで歩く時いつもあの子がびりになるそこで神様笛を...真木ことみさん「一(ひ)、二(ふ)、三(み)の人生あかり」

  • 二刀流考

    MLBオールスター戦で大谷翔平選手が1番DH・先発投手の二刀流で魅せた。残念ながら奪三振・安打もならなかったが、中継で見る限り出場選手・観客は伝説のベーブルース以来の快挙として大谷選手に大きな敬意を払って声援を送っているように感じた。日本のオールスター戦でも、二刀流を果たした選手がいる。1996(平成8)年のオールスター第2戦・9回表・2死・売り出し中の松井秀喜選手(巨人)の打順、全パの仰木彬監督(オリックス)はライトを守っていた至宝イチロー選手(オリックス)に登板を命じた。全セ野村克也監督(ヤクルト)が松井選手と会話する等逡巡する動きを見せたので仰木監督はベンチ前で野村監督を挑発した。しかしながら、野村監督は松井選手の代打に高津臣吾投手(ヤクルト)を送って、仰木監督の挑発を躱わしたものの、観客の反応は、投手交...二刀流考

  • ハイチの混迷を学ぼうとしたが

    ハイチのモイーズ大統領が暗殺されて1週間が経過したが、混迷の度は深まるばかりに見える。暗殺は、7日未明に大統領の自宅が襲撃されて大統領は死亡、夫人は重症であるもののフロリダで治療を受けて一命はとりとめたとされている。暗殺は26名の武装集団によって行われ、実行部隊の3名は射殺・元コロンビア軍兵士等18人が拘束、5名が逃走中とされ、実行犯ではないが襲撃に加担(計画?)した疑いでハイチ系アメリカ人2名も拘束とされているが米国務省は確認できていないとしている。ハイチの混迷と大統領暗殺に至る経緯を勉強しようと思ったが、コロンブスの発見からスペインの植民地に・宗主国の地位を奪ったフランスの植民地として「世界で最も豊かな植民地」とされた時代・独立したが「世界の最貧国」に凋落する過程は極めて複雑で、とても手短に語れるものでは無...ハイチの混迷を学ぼうとしたが

  • ネトウヨ・ネトサヨ・ではの守

    過去3年分の自分のブログ記事タイトルを自分流に区分けして、取り出しやすいようにリンクを張ってみた。一覧をつらつら眺めるに、全般的な傾向として自分はネトウヨと呼ばれる範疇であるように感じた。一般的にネトウヨとは『広義にはインターネット上で右翼的・保守的・国粋主義な発言や行動を取る人々の略称であるが狭義の捉え方は各個人によって差異がある』とされている。一方、ネット上で左翼的な論調をする人々に対しては対義語として「ネトサヨ」なる言葉があり、当然のことながら両者についての明確な定義はなく、単に双方が相手を問答無用に罵り・蔑むための曖昧ツールとして定着しているらしい。自分は、なるべく反対の意見を持つ人の主張(ネトサヨ?)も読むことにしているが、「成程!!そうなんだ」と全面的に共感する場合よりも、ちょっと「ここは違うのでは...ネトウヨ・ネトサヨ・ではの守

  • あら何ともなや・・

    2回目のコロナワクチンを接種して20時間が経過したが、副反応は全くない・もしくは自覚できない。現在の心境は「あら何ともなやきのふは過ぎてふく(河豚)の汁」である。自分はこれまで前掲の句は「我雪とおもへば軽し笠の上」と機智・諧謔に富む宝井其角の句と思っており、酒席でも蘊蓄を垂れた記憶があるが、今回ブログで使用するに際して調べて見たら其角の師匠である俳聖松尾芭蕉の句であることを知った。生兵法はさておいて、もしワクチン接種に危惧をお持ちの向きには知っておいて欲しいように思える(不測の事態が起こっても責任はとれないが)。閑話休題NHK特設サイトによると7月6日時点でのワクチン接種状況は、1回目:3350万人、2回目:1914万人とされているので、約5300万回の接種が行われたことになるが、当初は10万回に数件発生するで...あら何ともなや・・

  • 麻原彰晃氏の遺骨について

    刑死したオウム真理教教祖の麻原彰晃氏の遺骨と遺髪の引き取り先が2女に確定した。遺骨遺髪は、平成30年7年の死刑執行後も法務当局が保管しており、当初は麻原氏の遺言によって4女が受け取ることになったが裁判となり、地裁は4女、高裁は2女と判断が分かれ、最高裁は高裁判断を支持したものである。麻原氏の遺骨については、一般的には極悪非道な犯罪者のそれであるが、刑死を法難と捉えるオウム真理教とその流れを汲む後継団体信者にとっては仏舎利にも匹敵する信仰対象であり、遺骨の行方次第によっては再び教団・信徒が暴走する危険性が有るとされている。麻原氏には、妻と2男4女が遺されており、4女と長男は比較的に後継団体との関係が薄いと観られているが、その他の家族は今も後継団体の枢要な位置にあって、2女・3女は直系血族という血の正統性を尊重され...麻原彰晃氏の遺骨について

  • 都議選結果を考える

    4日に投開票された都議選の結果が確定した。各会派議席の増減は選挙前の欠員1議席を含める17議席であるが、地域政党の都民ファーストの会が15議席と無所属が1議席をそれぞれ失い、それを自民8議席、立民8議席、共産1議席と分け合った格好である。この結果について、報道やネット上では様々に分析されており、代表的なものは、「小池都知事の病後やつれが都民ファーストの退潮を食い止めた」、「7つの1人区のうち自民が取ったのは2選挙区のみであるのは立民・共産の選挙協力がうまく機能した」、であるように思える。都民ではないが野次馬的に議席の増減を基に考えてみると、事前の報道では立民が革新系第1党になるとの予測もあったが、共産党に及ばなかったことに注目したい。東京は連合の組織票が相対的に低いという実状を割り引いても、「次期総選挙に弾みが...都議選結果を考える

  • アフガン駐留米軍撤退のその後

    アフガン駐留米軍撤退の追加報道を知り、2件について勉強した。1は、アフガンに関する米軍の指揮権が駐留米軍司令官からアメリカ中央軍司令官に移譲されることである。アメリカ中央軍は、緊急展開統合任務部隊の発展形として1983年に新設された部隊であり、司令部はフロリダ州タンパ市のマクディール空軍基地、現司令官はマッケンジー海兵隊大将、任務は中東・アフリカ地域への対応を優先するが全世界への事態対処にも充てられる統合任務部隊(タスク・フォース)となっているが、隷下部隊は存在せず必要に応じて陸海空軍と海兵隊から兵力を抽出することとされている。中央軍に抽出される海軍兵力は第5艦隊とされるが、5艦隊もまた直属艦隊を持たない任務部隊であるので、空母レーガンを含む第7艦隊が5艦隊・中央軍に抽出される可能性は排除できず、極東の米海軍兵...アフガン駐留米軍撤退のその後

  • 海軍の職制と階級ー2(下士官・兵)

    本日は、下士官・兵についてですが、昨日と同じく大東亜戦争開戦前の昭和16年を基本とします。下士官・兵の職域は、兵科・飛行科・整備科・機関科・工作科・軍楽科・看護科・主計科・技術科・法務科があり、階級は、准士官(兵曹長)・1~3等下士官(兵曹)・1~4等兵に分けられていた。階級の呼称については、艦艇の兵科(砲術・水雷・船務・航海)は職域を付けることなく兵曹長・〇等兵曹・〇等水兵と呼ばれるが、それ以外の職域については、職域を冠して、例えば機関兵曹長・〇等機関兵曹・〇等航空兵と呼ばれていた。また、4等兵に関しては、ウィキペディア等では職域を示した呼称が記されているが、自分の新隊員教育期間中の指導に当たってくれた軍歴を持つ班長から聞いたところでは、海兵団での教育期間中にあって職域が未定であるため全て4等水兵であり階級章...海軍の職制と階級ー2(下士官・兵)

  • 海軍の職制と階級ー1(士官編)

    先日、勇敢なる水兵の「三浦虎次郎3等水兵」について書いたが、帝国軍の最下級は2等兵ではと思われた人も少なくないと思うので、帝国海軍の職制・階級について2回に分けて書くこととし、本日は士官についてである。帝国海軍の職制と呼称については、極めて複雑でかつ幾多の改正・変遷を重ねていることから、簡潔にすることは困難であるので大東亜戦争直前の昭和16年を基本とすることを予めご承知いただきたい。海軍士官は職制によって大きく「将校」と「将校相当官」に分類され、将校と呼ばれるのは兵科士官と機関科士官のみであり、その他の軍医科・薬剤科・主計科・造船科・造機科・造兵科・水路科・歯科医科の士官は将校相当官とされていた。士官の養成は、兵科将校は海軍兵学校(江田島)、機関科将校は海軍機関学校(舞鶴)、主計科士官は海軍経理学校(東京)で行...海軍の職制と階級ー1(士官編)

  • 米軍のアフガン撤収の進捗状況

    米軍のアフガン撤収作業が数日中にも完了する見通しと報じられた。先に第7艦隊の空母ロナルド・レーガンが撤収作業支援のために抽出(スイング)されることに際して、撤収作業の長期化の場合は極東地域の米海軍兵力の空洞化を懸念すると書いたが、杞憂に終わりそうな状況である。報道によれば、既に輸送機896機分の機材輸送が完了しているとされているので、米軍の代表的な長距離輸送機のペイロードを調べて見たら、C-17(グローブマスター)/77㌧t、C-5(ギャラクシー)/122㌧、となっていたので、1機当たりの搭載量を50㌧としても45000㌧の資器材を持ち帰った計算になるが、重要な軍用器材を除いてはアフガン政府に供与するのであろうから米軍が投入・維持していた資器材は膨大なもので、他国への本格的な軍事支援には莫大な経費・資器材が必要...米軍のアフガン撤収の進捗状況

  • 勇敢なる水兵とコロナ禍

    梅雨空の巣ごもり下で、軍歌「勇敢なる水兵」を聴いた。軍歌「勇敢なる水兵」に謳われているのは、黄海海戦で戦死した三浦虎次郎3等水兵の逸話である。三浦水兵は、1875(明治8)年に佐賀県佐賀郡東与賀村(現在の佐賀市)に生まれ、明治25年(17歳)に佐世保海兵団に入隊(5等水兵)、1894(明治27)年7月に始まった日清戦争には3等水兵(19歳)として連合艦隊旗艦「松島」に乗り組み、戦闘配置は下甲板前部弾庫員であった。三浦水兵が戦死した黄海海戦は、明治27年9月17日、連合艦隊が鴨緑江河口付近の黄海で清国の北洋艦隊を捕捉、激戦の末にこれを撃破した戦闘であるが、彼我の主力艦は次の通りであった。北洋艦隊はアジア地域では最大の戦艦とされた「定遠」「鎮遠」(排水量7,220t、主砲30.5cm連装砲を2基4門、舷側装甲305...勇敢なる水兵とコロナ禍

  • 尾身茂氏を取り巻く環境に思う

    政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長の置かれた環境について考えてみた。尾身会長は、地域医療、感染症、国際保健などを専門とする医学者で、WHOでは西太平洋地域での急性灰白髄炎の根絶に成功する等の実績を上げられ、2019年以降は一貫して政府の新型コロナウイルス対策に参画され「公衆衛生のスペシャリスト」として折々の発言が注目されている。政府のコロナ対策専門会議は、当初医学者のみで構成されていたために感染拡大防止の医学的な視点・要求についてのみ提言していたが、コロナ禍が長期戦・総力戦の様相を見せ始めたことから構成委員に社会科学者・経済学者も加わり、以後は感染防止・経済活動・国民生活のバランスを考慮した提言に変化したものと理解している。尾身氏や委員にとって不幸であったのは、一国の感染予防の他に日本の国際的...尾身茂氏を取り巻く環境に思う

  • G7における韓国の副反応

    今回のG7における韓国の新たな副反応を知った。新たに報じられた副反応は、国旗の取り違えである。文大統領はG7後にオーストリアを訪問したが、訪問を紹介する政府のネット広報で韓国国旗と並んでオーストリア国旗とすべきところをドイツ国旗を使用したとされる。オーストリアは、第二次大戦に先立つ1938年にはドイツに併合されていたために、大戦中はナチスドイツのユダヤ人迫害の片棒を担いだ歴史を持っているので、国旗の取り違えは揶揄若しくは侮蔑とも捉えられかねないものとされている。さらには、オーストリアは戦後に米英仏ソに分割占領され、ウィーンはソ連占領地域であったもののベルリンと同様に4国に分割されたという朝鮮半島と同様の歴史を持っている。しかしながら、朝鮮半島ではイデオロギー闘争に名を借りた朝鮮戦争という主導権争いによって分断は...G7における韓国の副反応

  • 自律型致死兵器システムの使用

    リビア内戦で自律型致死兵器システム(LAWS)が使用された疑いが報じられた。疑惑は、リビア内戦を監視する国連安全保障理事会の専門家パネルが報告したもので、昨(2020)年3月頃に暫定政府軍が使用したとされている。諸情報を総合すると使用されたLAWSはトルコ製の無人小型ドローンであったようであるが、事実とすれば世界で初めてLAWSが戦闘に投入されたことになる。LAWSについては、世界各国で研究開発が行われているとされているが、未だ国際的には明確な定義や規制がないものの、地雷等と同様な非人道的兵器の範疇と考える人がいる一方で、兵士の死傷が局限されるために用法によっては人道的な兵器とする主張もあり、さらには、機雷のように100年以上も前から自動的に作動・爆発する機構を持っている兵器もあり、LAWSはそれらの発展形に過...自律型致死兵器システムの使用

カテゴリー一覧
商用