searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

もうチョットで日曜画家さんのプロフィール

住所
横須賀市
出身
未設定

技量上がらぬ故の腹いせにせず。更にヘイトに堕せずをモットーに。

ブログタイトル
もうチョットで日曜画家(元海上自衛官の独白)
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/giroku0930
ブログ紹介文
技量上がらぬ故の腹いせにせず。更にヘイトに堕せずをモットーに。
更新頻度(1年)

288回 / 365日(平均5.5回/週)

ブログ村参加:2017/11/29

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、もうチョットで日曜画家さんの読者になりませんか?

ハンドル名
もうチョットで日曜画家さん
ブログタイトル
もうチョットで日曜画家(元海上自衛官の独白)
更新頻度
288回 / 365日(平均5.5回/週)
読者になる
もうチョットで日曜画家(元海上自衛官の独白)

もうチョットで日曜画家さんの新着記事

1件〜30件

  • プロ野球ドラフト会議と日本学術会議

    本日、プロ野球のドラフト会議が行われる。ドラフト会議は1965(昭和40)年以降実施され、当初は就職(企業)選択の自由を奪うとの批判も高かったが、今では各球団の戦力を拮抗させてプロ野球隆盛の根幹を担っており、ドラフト制度が無ければ広島カープの日本一も無かっただろうし、今でも金満球団「巨人軍」が球界の盟主として君臨していたであろう。ドラフト会議では100名前後の球児にプロの門戸が開かれるが、人生初の試練を待つ彼等の心境はどのようなものであろうか。指名確実な球児は意中の球団か否か、ボーダーライン上の選手は指名されるか否かが、10時間後に明らかとなる。一方、今年も多くの選手が球界を去ることとなり、既に岩隈投手(巨人)、藤川投手(阪神)、石原捕手(広島)等、一時代を築いた名選手の引退が報じられている。ドラフト会議を経て...プロ野球ドラフト会議と日本学術会議

  • MRJに公的支援を

    1965(昭和40)年に就役したYS-11以来の国産旅客機を目指したスペースジェット(旧MRJ)事業が凍結(事実上の停止)される見通しであることが報じられた。リージョナルジェット(一般的には客席数が50~100程度の小型ジェット機を指し、地域間輸送用旅客機と訳される)は、ボンバルディア(カナダ)とエンブラエル(ブラジル)の独壇場であったが、日本政府は航空機産業育成を図るために、環境と燃費に配慮した次世代リージョナルジェット開発のコンペを行って三菱重工(三菱航空機)が開発を行うこととなった。以下、開発から事業凍結までの経緯を年譜的に整理すると。2003年(平成15)経産がコンペ募集・三菱のみ応募2008(平成20)年三菱MRJ事業化決定・受注開始2009(平成21)年1度目の納入延期2012(平成24)年2度目の...MRJに公的支援を

  • 米司法省のgoogle提訴に思う

    アメリカ司法省がgoogle社を提訴したことが報じられた。提訴の理由は、google社がアップル社等に資金を提供してgoogle社の検索エンジンを既定設定としていることが独占禁止法(反トラスト法)に違反するとしている。アメリカ政府はGAFA「グーグル(Google)・アップル(Apple)・フェイスブック(Facebook)・アマゾン(Amazon)」の牙城・独占切り崩しを目指す一環として提訴したものであり、究極の目標はGAHA各社の分割、デジタル課税強化、SNS運営各社の政治的・思想的偏向が顕著なヘイト規制見直しを企図しているものと考えている。今回の提訴についてgoogle社の検索エンジン使用が無料であることと、各アプリでは既定設定のgoogle検索エンジンも他社に変更可能であることから、利用者に不利益を与え...米司法省のgoogle提訴に思う

  • 終電時間繰り上げに思う

    JR東日本が終電の始発時間を30分程度切り上げることを計画していると報じられた。この動きはJRのダイヤをベースに運航している私鉄にも波及することは避けられないために、巷の声として、「飲める時間が減る」、「飲食業に大きな打撃」などの反対意見が多いようであるが、全体的には好ましいことではないだろうか。そもそも終電時間が現在のようになったのは、電車利用階層がバブル期に夜遅くまで遊べる金を持ったために次第に夜型の人が増えたことが原因で、夜型人間の増加⇒飲食業を中心とした営業時間の延長⇒終電時間の延長⇒夜型人間の増加⇒・・・という無限連鎖の結果であるように思える、中國コロナ禍で、働き方を含むこれまでの私生活がリセットを余儀なくされて人の流れが変わったことを考えれば、終電時間もバブル期以前にリセットされるのも必然で意味ある...終電時間繰り上げに思う

  • 古関裕而氏と隊歌「海を行く」

    NHKの朝ドラ「エール」ついての報道を読んだ。ドラマは全く見ないので記事に基づく感想であることをお断りした上での展開である。記事によると、主人公「古関裕而」氏がインパール作戦の最前線で再会した小学校の恩師「遠藤喜美治氏」が戦死する場面を描いているが、古関氏のビルマ慰問行は事実であるもの前線慰問は中止され、遠藤氏も復員後80才の天寿を全うされたとされている。歴史物・伝記物の制作は難しいとされ、忠実に描くと単なる年譜になってしまい、最も輝いた一時期のみ抜き出して描けば人格・人間味を描けないと云われている。そのため、多くの場合、虚構の人物を登場させる等の創作が加わえられるのが一般的で視聴者も一定の虚構を承知しているが、NHKの手法はチョット度が過ぎるようにも感じられる。記事にも、視聴者の嫌悪感が強い軍歌・軍国歌謡まで...古関裕而氏と隊歌「海を行く」

  • 竹内久美子氏に学ぶ

    この齢になって自分の常識(知識)が間違っている、時代遅れであることを教えられた。動物行動学者の竹内久美子氏が「種の保存、種の繁栄という幻想」とのテーマで、動物が種の保存・繁栄のために行動するという理論は50年も前に否定されているが、いまだに信じている人が多いと慨嘆しておられた。自分もそのうちの一人で、動物が団体行動・集団生活し、進化するのはそのためと思っていたが、学会の結論では、ボスに率いられる集団の原理は単にボス(優れた個体)の遺伝子を継承するためだけであり、その他の動物も単に自分を守ることが行動原理の全てであるらしい。ただ人間だけは種の保存のために自己を犠牲することも厭わないが、そこには「集団の利益のためと信じて団結することで戦争に勝利し、結果的に自分の遺伝子のコピーを残すことになるからだ」とされている。な...竹内久美子氏に学ぶ

  • 日本学術会議元会長「大西隆」氏の主張を読んで

    各術会議会員の任命拒否騒動に関して3人の学者の主張を読んだ。中でも、日本学術会議元会長「大西隆(第22・23期(平23~平29)氏」の主張は興味深いものであった。氏は、今回の任命拒否と学術会議の在り方(特に軍事研究拒否声明)は別の問題としたうえで論を展開されておられる。任命拒否については、現役会員が後任者を推薦する方式が閉鎖的になりがちだと認める一方で、過去の選挙方式は組織票に偏り・学会推薦方式は出身母体の利益代表になった弊害から、個人の推薦を選考委員会で偏りを調整して申請するという現行方式がベターであるとしている。選考委員会が正常に機能して真にバランスをとっているのであれば、政府の任命拒否について説明を求めるに際して推薦と選考の過程を明らかにして、政府・会議何れに理非があるかを問うのが喧嘩の常道と思うのだが、...日本学術会議元会長「大西隆」氏の主張を読んで

  • 松本人志氏の言に学ぶ

    昨日放映された番組で、ダウンタウンの松本人志氏の一言に考えさせられた。改めて書くまでもなく、松本さんはお笑い界の頂点の一角に屹立した存在で、多くの芸人の目標とされる人物である。松本さんの「考えさせられる一言」とは、「そんな位置にいる自分をどう観て・今後の夢は?」という質問に対して「今の世の中ではホヴァリングは許されない」としたことである。1枚のスナップ写真からでさえ、多くの「ツッコミ」を瞬時に見出して笑いに替える独特の感性は健在で他の追随を許さない域にある今も、現状維持に満足してぃないことを端的に表現した言と思った。閑話休題。一昨日、「三矢研究」を国会で暴露した故岡田春夫氏に触れた。その行動自体は、制服や防衛官僚を及び腰にさせて有事研究が立ち遅れる要因となったことと、小西議員に代表される「不十分なシビリアンコン...松本人志氏の言に学ぶ

  • 立憲民主党の新発見と三矢研究

    立憲民主党が新たな主張を発見したかのようである。旧立憲民主党は憲法審査会の審議拒否理由として「安倍政権の下では憲法論議に応じない」を挙げていた。菅政権が誕生したことによって論議拒否の理由が無くなったために、どうするのかと興味を持っていたが、新立憲民主党は新たな理由を発見したようである。その理由とは、自民党の憲法起草委員会が13日に「自衛隊の明記や緊急事態対応などの4項目について具体的な条文案を年内に纏めたい」としたことに対して、立憲民主党の安住国会対策委員長が記者団に「憲法改正については、国民の合意と、議会のさまざまな会派の理解を得ながら憲法審査会で慎重に議論をしていくことは、やぶさかではないし、否定的な考えは決して持っていない」としながらも、「自民党が自分たちの都合で独自の草案作成を急ぎ、独走するのであれば憲...立憲民主党の新発見と三矢研究

  • 非正規格差に思う

    最高裁が契約社員やアルバイト等の非正規労働者と正規社員との「一定の賃金格差」は合理的とする判断を示した。原告の訴えは、非正規労働者にも正社員と同等のボーナス・退職金を要求するものであったが、判決では「ボーナス等は正規雇用者の定着を図る意味合いが大きい」こと、「業務内容がホボ同等であったとしても、正規雇用者にはそれ以外にも正社員としての業務もあること」、「人事異動の制約があること」を挙げて、一定の格差はやむを得ないとするものである。判断の基準となったのは、平成30年に施行された「働き方改革関連法」による同一労働・同一賃金以前の法律であったが、新法以後の訴訟にも影響することは避けられないと観られている。僅か10年の会社勤めであったが、隣の部署に会社からの正社員勧誘を断り続ける美人で有能な契約社員がいた。拝み倒すよう...非正規格差に思う

  • 大阪都構想を学ぶ

    大阪都構想の賛否を問う住民投票が告示された。2010(平成22)年に当時の橋下徹府知事が提唱してから早や10年、2015(平成27)年の住民投票で否決されて今回は2度目の住民投票となる。投票権もなく利害も持たない異国の出来事であるがどのような物であろうかと勉強した。響きがいいために大阪都構想と呼ばれるが、実態は現在24区に分割されている大阪市を廃止して4(当初案では5)特別区に再編成するものの、実現した場合にも大阪都と呼ばれるものでは無いとされている。橋本氏が大阪市の解体を提案した背景には、大阪市の財政規模(発言力)や既得権益が余りにも大きく、大阪府整備の阻害要因(二重行政)になっているという点であったように記憶している。大阪市長が強硬に反対したために橋本氏は2011年に府知事を辞任して大阪市長に転身し府知事に...大阪都構想を学ぶ

  • go-toキャンペーンと性善説

    go-toイート制度の悪用が報じられている。悪用は鳥貴族錬金術(ポイントの蓄積)と無限ループ(ほぼ無銭飲食)であり、今様には「制度の上手な利用」と表現すべきかもしれないが、心情としては制度の悪用と思っている。一部の報道では「そんな事態は最初から分かっていので、制度設計の誤り」とする意見があるが、自論である「性善説に基づく行政」の典型と思っている。そもそも「go-toキャンペーン」は経済政策とされているが、内実は公金を使っての事業者支援が限界であることから、救済に民間資産(国民の懐)を活用しようという共助(助け合い)社会福祉的な側面が大きかったのではと思っている。如何に官僚が下情に通じないとはいえ、制度の活用によって不正な利益を得ることができる方法があることは十分に承知していたと思う。にも拘らず、押してでもキャン...go-toキャンペーンと性善説

  • 雑草の進化と武漢ウィルス

    イネ科のメヒシバが、都心で急速に進化しているらしい。進化の様相は、都心(コンクリートなど)の貧弱な土壌に育つメヒシバは丈を伸ばすよりも横に広がり、農地に育つものは他の競争相手に打ち勝って日光を浴びようと横よりも丈を伸ばすというものである。この違いは生育環境によるものでは無く、両方の種子を同じ環境で育てても親と同じように成長するので進化と結論したものであるらしい。記事では双方に遺伝的な相違があると書かれていたので、既に進化というよりも変異したもので遺伝子的には新種に近い変化ではないだろうか。都心のメヒシバが環境に適応するためにどれほどの時間が必要であったのか判らないが、明治維新後と考えれば150年、急速に変貌したバブル期後と考えれば30年くらいであろうが、進化論的には一瞬の変異ではないだろうか。このように極めて短...雑草の進化と武漢ウィルス

  • 核ゴミ最終処分場を考える

    原発で発生した高レベル放射性廃棄物(核のゴミ)の最終処分場に寿都町と神恵内村が名乗りを上げた。両町村の表明は、国が2017年に調査対象になる可能性がある地域を示した「科学的特性マップ」を公表して以降では初めての自治体となるが、何とか実現にまで至って欲しいものである。最終処分場決定のプロセスを眺めると、第1段階(文献調査:2年、交付金最大20億円)→第2段階(概要調査:4年程度、交付金最大70億円)→第3段階(精密調査:14年)→処分地決定となっており、最低でも着工まで20年を要する大事業である。また第2段階に進むためには北海道知事の同意が必要となるが、北海道では既に平成12年に高レベル放射性廃棄物を受け入れないとする条例を制定しているために、先行きは不透明な状況で、更には、両町村住民の意見も賛否拮抗の状況とも伝...核ゴミ最終処分場を考える

  • 真山議員と国勢調査

    ネット上の黒塗り国勢調査票について立憲民主党の真山勇一議員が「100%支持する」とツイートしたことが報じられた。真山議員の主張は「政府提出の資料には【のり弁】資料が多いので、国勢調査に対しても【のり弁】回答が許される」と云うものであるらしいが、例えれば「A君に車をぶつけられたので、車を持っている人はA君の車にぶつけて欲しい」と云うもで、国会議員としての資質はもとより、成人としての自覚をも疑えるものであるように思う。自分を含め大多数の国民にとって国勢調査による恩恵は実感できないものであるが、社会福祉制度や文教政策を決する上での基礎資料として有効に活用されているのだろうと思っている。国勢調査の未提出や虚偽記載については「6ヶ月以下の懲役もしくは50万円以下の罰金」刑が科せられると統計法に定められているがこれまで刑罰...真山議員と国勢調査

  • 学問の自由を学ぶ

    学術会議会員の任命拒否は、行政手続きの是非を越えて「学問の自由」の解釈論議に発展しているので、学問の自由について勉強した。学問の自由は憲法23条「学問の自由は、これを保障する」とされる権利で、一般的には・学問研究の自由(真理探究が目的とされる学問・研究の自由で,、「思想良心の自由」の一部とされるため、内心にとどまる限り絶対的に保障される。)・研究発表の自由(研究した内容を発表する自由で、「表現の自由」の一部とされ、一定の制限は受け得る。)が、保障レベルは高い。)・教授の自由(大学における教授の自由で大学の自治も該当する。)とされているらしい。これは世界で初めて「学問の自由」を憲法に規定したドイツのフランクフルト憲法(1849年)制定時の世相に警鐘を鳴らす概念であるが、世界各国の憲法に継承されて今や世界基準とされ...学問の自由を学ぶ

  • トランプ大統領の退院と経団連会長

    トランプ大統領が72時間のコロナ治療を終えて退院したことに関する三題噺。大統領のコロナ感染について経団連の中西宏明会長が記者会見で「ある意味で自業自得だと思う」と述べた。自分は「自業自得」は”それ見たことか””ざまあみろ”のニュアンスを込めて使用するが、財界のリーダーが利害浅からぬアメリカの指導者に使用したのであれば、自分の知識を超えた含蓄ある言葉であるのだろうと考えてネットで調べた。仏教用語の解説では「すべての結果には必ず原因があるという因果の道理に立脚して説かれ、自分に起きるすべての運命は自分の行いの結果だと教えられています。因果の道理を根幹として、善因善果(ぜんいんぜんか)、悪因悪果(あくいんあっか)、自因自果(じいんじか)とし、善いことが起きたときも自業自得という」とされていたが、各辞書に共通しているの...トランプ大統領の退院と経団連会長

  • BLMと大阪選手

    依然としてアメリカでのBLM(黒人の命は大事)活動が報じられている。発端は、白人警官の過剰な対応によって黒人が射殺されたことから、活動家の煽動によって警察署への抗議・攻撃に始まり、扇動者が制御できない(若しくは意図的に制御しない)ような略奪・放火火等に発展したものであると思うが、一連の活動についてはアメリカ社会の意見も、無法なテロ・暴動とするものと黒人擁護に2分されているようである。黒人差別の実態を理解していない異民族の自分が遠く離れた場所から意見を述べるのはどうかと思うが、いろいろな意見や主張を読むと白人警官と黒人被害者双方に原因があるように思える。統計でみる限り、犯罪の被害者・加害者ともに黒人が多いようで、現場で捜査や取り締まりに当たる警官にとっては、統計以上に「黒人は危険」という意識が定着しているであろう...BLMと大阪選手

  • 無人戦闘機開発に思う

    次期主力戦闘機開発と並行して無人戦闘機の開発が検討されていると報じられた。戦闘の単位は現在の4基編隊とし、有人1機に3機の無人機を随伴させるという構想で、無人3機の内訳は1機をレーダーピケット(警戒)機として編隊前方に配置し、残りの2機に攻撃兵器を搭載させるともしている。無人航空機については既に多くの国で実戦配備されており、無人機の最大のメリットはパイロットの損耗が防げることとされているが、その他にも戦闘地域から離れた場所から管制できるために、後方に位置する司令部の思惑通りに運用できるという点も見逃せない。現在の無人機は、遠隔制御やプログラム制御による偵察が主任務であるが、遠隔管制によって対地攻撃も可能な兵器を搭載している機種もある。無人戦闘機は中国で既に実用化されたとの情報があるものの実戦配備されたか否かは不...無人戦闘機開発に思う

  • 日本学術会議会員の任命拒否に賛意

    日本学術会議が新会員として推薦した105名の内6名を任命しなかったことが議論を呼んでいる。推薦されながら任命されなかったのは、小沢隆一(東京慈恵会医科大教授・憲法学)、岡田正則(早大教授・行政法学)、松宮孝明(立命館大教授・刑事法学))、加藤陽子(東大教授・日本近代史)、宇野重規(東大教授・政治学)、芦名定道(京大教授・哲学)の6氏とされる。このことについて国際政治学者の三浦瑠麗氏が「業績の中身を知りもしない人間が新聞記事程度の情報をもとに、こういうつまらない口出しをやり出したとき、社会は劣化する」と批判したともされるが、本ブログは口出しにも当たらないだろうと考えて日本学術会議を考えることとした。日本学術会議は、昭和24年「日本学術会議法」で内閣総理大臣が所轄する機関として設立、委員の身分は国家公務員特別職(給...日本学術会議会員の任命拒否に賛意

  • 中曽根康弘元総理の葬送について

    故中曽根康弘元総理の葬儀に対する公費支出が議論されている。葬儀は内閣・自民党の合同葬で行われ、1億9千万の葬儀費用の内9600万円を予備費から支出するものであるが、公費の支出を頑強に否定する人も存在する一方で、立憲民主党の枝野代表が29日の党会合で表明した「いろんなご意見はあるにしても、戦後を代表する総理大臣として、こうした形(公費の一部負担による合同葬)で、亡くなった元首相を哀悼することは、私はあっていいことだと思う。」が平均的な国民の意見ではないだろうかと思う。葬儀を格付けするのは如何なものかとは思うが、やはり最高の栄誉は国葬であろうと思うので、国葬についてネット上の記述を集めてみた。日本では、明治以降は国葬の必要が生じた場合には「特ニ国葬ヲ行フ」とする勅令が個別に発せられていたが、1926(大正15)年に...中曽根康弘元総理の葬送について

  • タバコ値上げ

    10月1日からタバコが値上がりする。先日、性風俗業者が「税金を払っているのにコロナ禍の公的支援を得られないのは法の平等に反する」として国を提訴したことについて他人事のように書いた。記事では事の正邪を述べるものでは無かったが、明日は我が身とはよく言ったもので、本日はタバコの値上げに不満を漏らすこととなった。紙巻タバコ税額は1本あたりに換算(小数点以下切り捨て)すると、現在13円であるが、明日以降は14円に、さらに来年10月1日には15円となることが既に決まっている。自分が吸っているタバコは1箱(20本入り)40円の値上げとされているが、増税分(14円×20本)28円+JT値上げ分(40円-28円)12円との勘定になる。大概の喫煙者は1日1箱(20本)くらいは吸うので、1日260円・年間95000円もの税金を納めて...タバコ値上げ

  • 消費税と個人消費を考える

    本日は貧民階層でありながら経済観念に乏しい者の疑問である。立憲民主党が次期国政選挙の目玉として、年収1千万以下の所得税減免と期間限定(2年間)の消費税0%を掲げることを検討していると報じられた。施策は、内需拡大によって景気回復を目指すもので特に目新しものではないが、税金の減免特に消費税の撤廃が個人消費の増大に繋がるのだろうか疑問に思う。凡そ、家計の遣り繰りに税額を考慮している個人は皆無であろうし、税額の減免で浮いた金は預貯金(口座残高の確保)に回されるのが通常ではないだろうか。貧度では人後に落ちぬ我が家計(妻の家計簿は機密指定されているために閲覧不能)を例に取れば、必要な物を買い・食べているが消費税0%になっても、肉のランクが上がり・おかずが1品増えることは無いだろうし、壊れていないテレビを8Kに買い替えること...消費税と個人消費を考える

  • 電子証明書の更新

    今から、マイナンバーカード電子証明者の更新に行きます。マイナンバーカードの交付を受けて5年。当時は、明日にもIT時代が到来してマイナンバーカードを持たなければ時代や行政サービスから取り残されるのではと考えて電子証明のパスワードまで設定したが、一度として使用する機会もないままにPWの有効期限を迎えようとしている。思えば、前身の住基カード作成以来8年間、住基番号やマイナンバーは提出する申告書に数回記入しただけであることを思えば、行政サービスのIT化は全く進捗しなかったように思えるが、デジタル庁も創設されることもあって電子証明も更新することとした。マイナンバーカード自体の有効期間も5年を残すのみ。せめて有効期間内には目に見える恩恵を受けたいものである。愚痴はさておき、本日は「ベドウィンⅡ(F10)」の展示をお許し頂き...電子証明書の更新

  • 竹内結子さん急死

    女優の竹内結子さんの急死が速報された。詳細は不明であるが、竹内さんの年齢が40代前半であることや、救急搬送も報じられていないことから”もしや”の声も聞こえている。ドラマや邦画にはご無沙汰しているので現在の活動は知らないが、そんな自分でも、ラーメンのCMでの笑顔は知っているし、中村獅童氏との結婚・第1子出産・離婚、俳優中林大樹氏との再婚・第2子出産等は知っている。華やかな芸能活動と幸せな結婚生活を両立した順風満帆の人生を送っておられるものと思っていたので、急死の速報には人生のそこはかとない儚さ・無常を感じる。この齢になると、自然死に近い年上の人の死や年下であっても闘病の果ての死には心騒ぐこともないが、年下の人の突然死には穏やかではいられない。死生観について北方謙三氏は作中の武人に「死は親しい友人のようなもので、不...竹内結子さん急死

  • 水田水脈議員の主張に思う

    自民党水田水脈衆議院議員の発言が話題を呼んでいる。発言は、自民党の合同部会で女性への性暴力に対する相談事業を来年度に概算要求する討議で、民間委託ではなく警察が積極的に関与するように求める主張の流れの中で「女性はいくらでも嘘をつけますから」と発言したとされている。水田議員の過去を度外視して虚心に見れば、女性の性被害の多くは刑法に抵触するものであろうし、相談機関なるものの位置づけと性格が不明確な民間に委託することは不条理で、水田議員が正論であるように思える。検討されている相談機関がどのようなものであるかは判らないが、相談を受けた民間機関から警察に報告された事案については、捜査や供述書作成は警察が行うであろうし、2度手間であるように思える。万が一委託された民間機関で足切りが行われたならば、国民の権利を民間機関が奪うこ...水田水脈議員の主張に思う

  • イージスアショア代替案を考える

    イージスアショア配備計画の見直しに伴う代替案が検討されている。防衛省と自公で検討されているのは、イージス護衛艦の増強、イージスアショア専用護衛艦の建造、商船の転用、海上リグの建設の4案であるが、イージス護衛艦の増強については人員的に運用が困難であることと、イージスアショア解約に対する違約金が発生することから早々に断念されて、現在は他の3案を軸に検討していると報じられている3案のいずれも一長一短があり困難な選択になると思われるが、自分は海上リグと商船の転用を融合した案が適当ではないだろうかと考える。専用護衛艦の建造と商船の転用は、移動可能でイージス艦よりは乗員が削減できる反面、個艦防御能力は脆弱とならざるを得ないとともに機関・船体の保守のたの入渠修理が必要となるために運用できる期間が制約を受けるという点は致命的で...イージスアショア代替案を考える

  • 性風俗業は正業か否か

    デリバリーヘルス事業者がコロナ持続化給付金の支払いを求めて提訴したことが報じられた。コロナ対策として国が支給する持続化給付金や家賃支援給付金の対象から、性風俗事業者が除外されていることを始めて知ったが、訴えは「給付金は社会保障であり、性風俗業者を除外するのは差別である」とするものであるが、性風俗業を支援の対象から外すことは、5月の衆院予算委員会で経産相が「社会通念上、公的支援の対象とするには国民の理解が得られにくい」と説明して、決定されたものであるらしい。提訴の理非は司法が判断することになるが、野次馬としては興味あるテーマである。コロナ関連の公的支援を、国民の生命を守るための福祉的補償と見れば法の平等に従って性風俗業者と雖も除外すべきではないだろうし、経済政策と見るならば性風俗産業の存続に国家が手を貸す行為は外...性風俗業は正業か否か

  • 憲法改正に思う

    憲法改正についてのご意見を賜った。最初の意見は、「緊急の事態が起きた場合には、憲法や法律がどうのこうのよりも、現実に即応した対処をやっていくのではないか」という意見ですが、憲法や法律に規定されていない行動を「誰が命じて」「誰が従事する」のかを考えれば、現実的でないことは明らかと考えます。「誰が命じて」について考えます。ダッカ事件でテロリストを「超法規的処置」で釈放したことがありましたが、国の命運を「指導者が採る超法規的処置」に委ね・期待することは極めて危険であると考えます。法治国家とは名ばかりの中国や北朝鮮のような独裁国家であれば許されるでしょうが、指導者にそれほどの大権を無条件で与えている国は世界に存在しないと思います。憲法とは「全ての事柄が憲法の範囲内で・憲法の手続きによって行われる」と内外に宣言するものと...憲法改正に思う

  • 陸自電子戦司令部の設置構想

    防衛省が陸上総隊直轄の電子戦部隊を新設して、司令部を朝霞駐屯地に整備する方向で予算要求することが報じられた。整備する部隊の配置や能力の詳細は当然のことながら公表されないが、現在熊本と北海道にあるとされる電子戦部隊を統合運用するものと推測されている。整備は、北朝鮮のミサイル対処、尖閣諸島を始めとする島嶼防衛の一環とする計画であろうが、いかにも遅いと云わざるを得ない。電子戦の目的は武力行使に先立って、敵の警戒監視の目をつぶすことと、指揮管制を無力化することであり、さらには敵の電子攻撃を無力化、又は、電子攻撃を凌ぐことであると思う。そのためには日常で蓄積した敵の電子情報を活用することが不可欠であることから情報収集部隊と相互にリアルタイムに補完し合う必要があるとともに、正面兵力に対して警報を伝達する必要がある。この様相...陸自電子戦司令部の設置構想

カテゴリー一覧
商用