プロフィールPROFILE

おしゃるさんのプロフィール

住所
鶴見区
出身
鶴見区

大人になった今、子供の頃に好きだったもの、漫画やゲームを大人目線⁽エロ⁾で冷静に考えるブログです。 私は餓狼伝説の不知火舞ちゃんがとても好きです。

ブログタイトル
ああっ、子供な大人部
ブログURL
http://daccha.hateblo.jp/
ブログ紹介文
漫画やテレビゲーム等を大人のロ目線⁽エロ⁾で考え、子供の心に戻れるブログを目指して頑張ってます。
更新頻度(1年)

23回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2017/09/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、おしゃるさんの読者になりませんか?

ハンドル名
おしゃるさん
ブログタイトル
ああっ、子供な大人部
更新頻度
23回 / 365日(平均0.4回/週)
読者になる
ああっ、子供な大人部

おしゃるさんの新着記事

1件〜30件

  • 第88回・香川県の「ネット・ゲーム依存症対策条例」は良いのか?悪いのか?

    ニュースで見て驚いたのが香川県の「ネット・ゲーム依存症対策条例」 このeスポーツだとかプロゲーマーだとかが流行ってる(?)令和二年に流れに逆行しまくる条例ができたのだとか。 その内容は香川県議会が議論を進めている子どものゲームやネット依存症対策を目的とした条例案に、「ゲームは平日1日60分まで」「午後10時以降はゲーム禁止」などの具体的な制限が追加されたもの だとか。 テレビゲームが現れたのはもう最近の話ではないし、ネットもスマホが普及しまくって小学生でもエロ動画をバンバン見まくるであろうこのご時世に何で今更感もあります。 と、こんな感じみたいです。 その決まりを破ると何か罰則があるのかは不明…

  • 第87回・【不知火舞展】に何故「大張 舞」の姿は無かったのか。

    私が最近驚いたのは… これ。 【-不知火舞-展】だ。 マママ…マジでか!?SNK、マジでか!? アメージングというかワンダフルというか…こう… ヤック・デカルチャーとかしか言いようがない。 私も地球人のキスを目撃したゼントランと同じ気持ちだ。デカルチャー。 当然行った。( ´ー`) そう、不知火舞ちゃんブログ(自称)を運営する私が行かないワケがない。 この不知火舞展、何が凄いって入り口からオーラが違うのだ。 扉を開けるとでっかい舞ちゃんがこちらを見ている。 不知火舞を愛し、SNKも大ファンである私だが「うおッ」ってなった。 さぞ舞ちゃんもSNKも知らない人が見かけたら「うおおッ」となるに違いな…

  • 第86回・炎の漫画家、島本和彦の描いたGガンダム大好き部

    見てないみんなは気になってしょうがないであろう… 実写版シティーハンター見ました! 簡単に説明すると、ホントただの実写版シティーハンターでした。 ただ、その「ただの実写版」というのは悪口のつもりはない。 むしろ、よくこれだけアニメ・マンガと違和感なく「普通にシティーハンター」を作れたな!映画って凄いな!!と驚くことばかりです。 まず、パッと見で誰が誰だか分かるというクオリティの高い実写化。 冴羽リョウや香はもちろん日本人ではないのだが、普通にリョウと香だし、声優さんも違うらしいんですが何の違和感もなく観れちゃう。そして改めて山ちゃんってスゲーなと思わされる。 海坊主に関してはもはやこっちが本物…

  • 第85回・KOFのレオナはいつから力が制御できたのか?

    今でも大人気、エヴァンゲリオンを見た時はとても衝撃的なアニメだった。 基本的にロボット=ガンダムな私からしたら主人公が乗るのが電源供給がないと3分しか動けない紫のロボット…!?から始まり…戦争モノではないので、相手は同じくロボット操る相手ではなく、「使徒」というなんて説明すりゃ良いのかよくわかんない存在。 そして、主人公はアニメだからそりゃあ…少年少女な訳なんだんですが… 女子の方が多いッ 真ん中の男子は「シンジ」はその優柔不断で行動力のない所がリアルな中学生男子(陰キャ)をうまく表現し、左の少女「アスカ」は美少女で頭も良いのだが、何だか背伸びしたがる感じがまた中学生の女子っぽい。 そして綾波…

  • 第84回・画廊伝説と、そういやSNK Limited Store2に行きましたよ!

    この写真の男、私の友人である「よひだ君」と言う。 「プロメアのガロの頭にしてください」と頼み、床屋のオヤジを困惑させつつ本気を出させ同じ髪型にしてもらうくらい、映画「プロメア」を愛してやまない男だ。 プロメアもそうだが、主人公であるガロに少しでも近づくには筋肉だ…ッ という結論を出し、それからジムに入会し筋トレに励む毎日を送っている人だ。 今回はまあ無断で写真をあげさせていただく訳だし彼に敬意を払って彼の憧れの男である「ガロ・ティモス」の顔に合成させてもらった。 そして、お気づきの方も居るのではないだろうか。 この椅子と、この座り方だ。 いくら顔がガロでも、この椅子にこの座り方が許される男はた…

  • 第83回・噂の「ボンバーガール」とはどんなゲームなのか?

    ぷよぷよって、面白い。 昔からそうは思っていたものの、大人になってから遊ぶとこれまた面白い。 特に「相殺システム」の入った2作目の「通」は奥が深くて面白い。 横一列並べて消す「テトリス」とは全然異なるルールのぷよぷよ。 同じ色を4つ並べて消して、消した数と連鎖数で相手に攻撃する事のできる「対戦落ち物パズル」なゲーム。 初代ぷよぷよには相手の攻撃を自分の攻撃で「相殺」するシステムがなく、先に連鎖したモン勝ちな部分があったが、2作目の「通」にて相殺システムが導入された事により、ぷよぷよというゲームは2作目で極まったのだ。 この「テトリミノ」と違う消される「ぷよぷよ」がユルくてまた可愛い。 敵キャラ…

  • 第82回・結局スマブラに参戦するテリーは「大張テリー」だったのか?

    以前、こんな記事を書いた。 これはニンテンドーswitchのスマッシュブラザーズに あのテリーが参戦するとの事で、私は驚いた。 きっとみんなも驚いた。 そして、スマブラを遊ぶ少年少女達はついていけないまま、テリーの期待は集まる。スマブラで遊ぶおじさん達の。 だが、スマブラに登場するテリーは、一体どのテリーなのか? 餓狼伝説SPのEDでリチャードにおかわりを頼むテリー? リアルバウト餓狼伝説の、ギースを救えなかった悲しみのテリー? 餓狼MOWに登場するナイスミドルのテリー? いやいやいや… 誰がどう考えても帽子に文字じゃなくてメタルプレートで有名な… 大張正己監督が作り上げたバトルファイターズ餓…

  • 第81回・藤堂香澄は父の藤堂竜白と結局会えたのか?

    1994年 - あの世界的名作映画「LEON」が公開された。 そして同じく94年 - あの名作シリーズが、誰も想像できない形で生まれ変わった。 機動武闘伝Gガンダム 誰が想像できただろうか。 ガンダムと言えば時代は宇宙世紀。 そして、地球連邦軍とジオン公国の戦争。 戦場の超能力とも言える能力「ニュータイプ」である少年達の活躍。 兵器であるミサイルやビームライフルを駆使し戦う宇宙での戦争。 モビルスーツに偶然乗り込んだ少年達は過酷な戦争へ巻き込まれ、人の「死」を間近で体感し、成長していく物語。 このGガンダムは… 全てが違う! 戦争どころか…! パンチやキックだ! ガンダムなのにどこの国のガンダ…

  • 第80回・みんな大好きハイスコアガール部【完結】

    オススメの恋愛漫画は?と聞かれれば そう、紫門ふみ先生の漫画だ、と即答しよう。 この人の描く漫画は、何故こんなにも面白いのだろうか?と思う。 まず、初めて読んだ柴門ふみ先生の漫画は「東京ラブストーリー」だった。 ドラマとしても有名だが、私は「柴門ふみ」先生の作品として注目。 この、赤名リカという女性が、不思議な魅力を持っている。 実際こんな友人が居たら嫌なのか良いのかも想像付かない。 この主人公「カンチ」⁽リカの右₎を一方的に愛する「リカ」 だが、カンチの心は「さとみ」⁽そのカンチの右⁾に… 「さとみ」の心は「三上」⁽リカの左₎に… そして有名なセリフ「カーンチ、セックスしよっ」…ッ!! よ……

  • 第79回・「心の余裕」は【ファイナルファイト】から学ぶ。

    「一番カッコイイ男は、余裕のある男」 知り合いの風俗嬢、ショウ子ちゃん(仮名)はそう言う。 ショウ子ちゃんはもう何年も風俗店で働いている。 色々な男性の相手をしてきたであろう彼女はどこかで自信がついたのか、それとも働きすぎて頭がイカレてしまったのかは不明だが…自らをチ〇ポソムリエだとか訳の分からない事を自称している。 資格でも必要なのだろうか。 そして彼女は私に「仮性包茎6:ズル剥け3:真性包茎:1!これが成人男性チ〇コの比率だから!!ズル剥けはレアだから喜ばれるよ!!」と興味もないし聞いてもないし情報源がお前かよというようなどうでも良い事を得意気に話してくる。しかも昼間から。 黙ってろよお前…

  • 第78回・スマブラに参戦するテリーはもしかして「大張テリー」ではないか?

    2019年、世間的に大人気なテレビゲームはやはり任天堂スイッチで発売された【大乱闘スマッシュブラザーズ】なのではないだろうか。 一番最初はニンテンドー64で発売されたやつでしたよね、確か。 「ニンテンドーオールスター」を名乗るにきっとふさわしいであろう面々が集まり、ハリセンやら木箱やらボムヘイやらを投げ合って相手を場外に吹っ飛ばす、というなかなかシンプルなゲーム。 格闘ゲームと違い、ロクヨンのコントローラーの操作の主である「スティック」を弾くように入力+攻撃ボタンで繰り出す「スマッシュ攻撃」は普段格ゲーなんぞやらない子供たちでも簡単に出すことができて楽しさ満点。 友達と集まって遊ぶにはとにかく…

  • 第77回・僕の大好き「ゴールデンカムイ」を読んでほしい部

    今更ですが… ゴールデンカムイ、面白い! 深夜に蒼天の拳のアニメ見てたら放映されるCMにてレニーハートが「ンゴォ~~~ルデ~~~ン カァ~ムゥ~イ~~~ィィン」と番組の宣伝をしているのを聞いて「なんだCR蒼天の拳か。」と全くアニメ版に興味を示さなかった訳なんですが、原作漫画をなんとなく読んでみると… 超面白い! こればかりは自信をもってオススメできる!面白い! ゴールデンカムイとはどんな漫画なのか? 日露戦争に参加した兵隊 杉元佐一【スギモト サイチ】 彼は日露戦争を生き延びた。 どんな状況でも死なない彼には「不死身の杉元」という異名までついた。 そんな杉元は、日露戦争後… とにかくお金が欲し…

  • 第76回・読書感想文には「スパイダーマン【作:池上遼一】」を。

    ナムコの格闘ゲーム。 ソウルキャリバーの最新作、6には追加キャラクターで「カサンドラ」という女性が登場したらしい。 私の周りには何故かソウルキャリバー好きがたくさん居る。 そして、そのソウルキャリバー好きはみんなカサンドラ追加で盛り上がっている。 カサンドラ!ああカサンドラ!うおおカサンドラ!と。 そんな中申し訳ないのが、私は別にソウルキャリバーのファンではない。 その昔、ドリキャスで発売された初代ソウルキャリバーはクエストモードだったかミッションモードかもあやふやだが一人用のモードを頭がおかしくなるくらいプレイしたのは確かなのだが、それでも全然記憶にない。 ギリギリ覚えているとしても… シャ…

  • 第75回・ゲームばかりしていると【ゲーム脳】になるのか?

    僕はテレビゲームが好きだ。 色んなゲームで遊んだが、この「クロノトリガー」はとくに思い出深い。 このゲーム、詳しく知らないが当時聞いた話だとRPGの名作、「ファイナルファンタジー」と「ドラゴンクエスト」のスタッフが共同で作ったゲームだとかそんな事聞いた。 カッコイイ音楽、壮大なストーリー、そして今まであったような無かったような魔法、更に味方と協力して出す必殺技「連携技」がアツい。 それでいてイラストはみんな大好き鳥山明先生だ。 こんなの面白いに決まっている。 いや、ていうか面白い。 だが、私が所持していたスーパーファミコン版クロノトリガー・・・ すぐセーブデータが消える…ッ!! 母が洗濯物を取…

  • 第74回・何故DOA6のブレイクブローを喰らった顔は平等じゃないのか。

    気が付けば発売日から数カ月経っているデッドオアアライブ6 以前書いた記事は「あのー、僕このゲームめっちゃ面白いのに評価が低いんですけど…」といった内容だったのですが、その件に関しては流石は2019年と言った所でしょうか。 PS2のマルチマッチングBBやドリキャスのドリームパスポートを使い、選ばれしものだけがゲーム機をオンラインに繋いでいる時代はとっくに失せ、基本的にゲーム機がネットに繋がっている現代。 本体のバージョンがアップデートされるのは当然の事、ゲームソフトまでもがアップデートできちゃう世の中なのである。 バグ等不具合、ゲームのバランス調整なんかもゲーム機がネットに繋がってればお茶の子さ…

  • 第73回・結局フェニックス一輝の「鳳翼天翔」は一体どんな技なのか。

    色々と考えてはみたものの… 「鳳翼天翔はどういう技なのか?」と聞かれた場合、私は こんな技としか言えない。 ある時は「涼風にすぎん」と言われ、ある時は「その程度では余の命はおろかカスリ傷も負わせぬぞ」とか言われ、またある時は「この大馬鹿者が 死ね!!」とか言われてしまった鳳翼天翔。 そこまで言われる鳳翼天翔ではあるが、フェニックスの一輝的には 「星も砕け散るフェニックスの羽ばたきを!!」と、とても自信満々な技。 そんなフェニックス一輝の「鳳翼天翔」のイメージは人によって違う。 先輩は「吹っ飛ばす技」上司は「炎を飛ばす技」そして私は「パンチ」 これが「鳳翼天翔」という一つの技から生み出されるイメ…

  • 第72回・フェニックス一輝の「鳳翼天翔」は一体どんな技なのか。

    海王ポセイドンに捕らわれてしまったアテナこと城戸沙織。 彼女が水責めで死んでしまう前に星矢達「聖闘士」は柱を破壊し、アテナを救い出さなくてはならない。⁽文字に起こすと凄い話だよなぁ⁾ 「あれは南太平洋の柱の方角だ…瞬…やったな」と、主人公のペガサスの星矢。 「よし 残る柱はあと5本!」と、ドラゴンの紫龍⁽シリュウ⁾ 「オレも負けてはいられないな」と、キグナスの氷河。 アンドロメダの瞬が敵と柱を撃破。それを感じとる仲間達。 そして走る紫龍が見えたもの… 「見えた!あれがインド洋を支える柱か!!」 紫龍、柱を発見。 海将軍 クリュサオルのクリシュナ 紫龍の前に立ちはだかるクリシュナ。 柱の破壊を止…

  • 第71回・「ハイスコアガールの大野さん」カワイソウ(´・ω・`)部【後編】

    【▲前編】 【▲中編】 ~主な登場人物~ 【矢口くん】ゲームと大野さんが大好き。別名「クズ」 【大野さん】お嬢様、矢口君とゲームが大好き。 【矢口くんのママ】若くて可愛いママ。特技はパンチハメ。 【じいや】大野さん専属のドライバー。別名「漢・じいや」 【萌美先生】大野さんの専属家庭教師。ツインファミコン購入。 【大野姉】大野さんの姉。妹と矢口君の恋を応援している。 【日高さん】矢口君に恋する女の子。大野さんのライバル。 ~前回までのあらすじ~ 「矢口君の優しさは大野さんに必要なモノ」だという事を理解した萌美先生。 天敵であった萌美先生を納得させた矢口君。 これで大野さんと矢口君の恋路を邪魔する…

  • 第70回・「ハイスコアガールの大野さん」カワイソウ(´・ω・`)部【中編】

    【▲前編】 ~主な登場人物~ 【矢口くん】ゲームと大野さんが大好き。 【大野さん】お嬢様、矢口君とゲームが大好き。 【矢口くんのママ】若くて可愛いママ。保護者としては失格。 【じいや】大野さん専属のドライバー。 【大野姉】大野さんの姉。この人のせいで大野さんは大変。 【萌美先生】大野さんの専属家庭教師。変なメガネ。 ~前回までのあらすじ~ 高校生になった大野さんは、矢口君と会えない毎日が続いた。 大野財閥の令嬢である彼女はゲームや矢口くんと遊ぶより勉強が大事だそうだ。 萌美先生のスパルタに我慢できなくなった大野さんは家出をするが、矢口君により無事保護される。 これにて大野さん家出事件解決かと思…

  • 第69回・「ハイスコアガールの大野さん」カワイソウ(´・ω・`)部【前編】

    結論から言うと寸借詐欺にあいました。 何故か私の周りには逮捕される人が多いのですが、その1人目の逮捕者は職場の年下の先輩でした。 急に出勤しなくなったのでどうしたもんなんでしょうか?と後々解った事は彼は犯罪を犯し現行犯で逮捕されていまったため、出勤できなくなってしまったんだとか。 当然彼は退職の扱いになり、その後の行方は不明。 だが、この間、彼に会ったのだ。バッタリと。 「あれ?あれれ!?お久しぶり!元気!?」と私。 一生会う事のないだろうと思っていた人間に再会すると、意外とテンションは上がるものである。 で、話を聞いていると今は頑張って生きているとの事。 逮捕された人間ではあるが、被害にあっ…

  • 第68回・僕の知ってる遊☆戯☆王は原作を読むと何か違かった。

    今更なんですが… 遊☆戯☆王 全巻読みました! そう、遊戯王。 とにかく流行りましたよね、気が付けば20年くらい前に。 もともとは少年ジャンプで連載されていた「ゲーム」を題材にした漫画が遊戯王。 イジメられっ子である主人公「遊戯」が宝物にしていた千年パズルがあと少しで完成、という所から物語が始まります。 「このパズルを解いた人にはもれなく願いをひとつ叶えてあげよー ってさ!」 主人公である遊戯はパズル完成に願いを込めていた。 きっとパズルが完成したら、自分の願いは叶う。 そう信じ、「城之内」と「本田」にイジメられつつも毎日学園生活を過ごしていた。 そんなイジメられている遊戯に話しかける風紀委員…

  • 第67回・デッドオアアライブ6は何故Amazonのカスタマーレビューで低評価なのか。

    テクモの販売する格闘ゲーム、デッドオアアライブ6が発売された。 色々な格闘ゲームで遊んできた私ではあるが、実はこのゲーム、存在こそは知っていたものの、ちゃんと遊んだのはXbox360で発売された「4」からなのだ。 それは何故なのか。 3D格闘ゲームが嫌い?苦手?そんな事はないです。⁽強くもねーけど⁾ サターン派である私の家にはもちろんバーチャファイターがあったし プレステ導入後にはもちろん鉄拳も買いました。 ただ…なんだろう…デッドオアアライブって… <兄さん…私…勝ったよ…! すごい軟派なゲームなイメージが強くて。。 そう、バーチャや鉄拳は硬派な感じで好きだけどデッドオアアライブは軟派な感じ…

  • 第66回・みんな大好き「復活」のスーパーリアル麻雀部

    別に購入予定はないものの、実はニンテンドーのゲーム機、switchはちょっと欲しい。 そう、ゼルダの伝説のために。 とにかく面白いんだとか。 というか、私の周りで購入された方々は狂ったかのようにハマっている。 一人はクリアするとゼルダで遊ぶ毎日が終わるという恐怖を感じ、ラスボス手前でアイテム?だとか武器?だとか集められるものを全て集めるまでラスボス戦に行かない、という謎の縛りプレイをするも結局残すはラスボスを倒すだけになり結局恐怖を感じ、ラスボス手前でプレイを辞めてしまった人が居たり。 一人はクリアするとゼルダで遊ぶ毎日が終わるいう恐怖を感じ、クリア手前で何か他の事でゼルダを楽しまなくてはと釣…

  • 第65回・SNKに逆輸入してほしい漫画「餓狼伝説 戦慄の魔王街」

    KOFが久々に漫画化されていた。 この2019年に、まさかまたKOFの漫画版が読めるなんて!と驚いているのは私だけだろうか。 更に驚いたのが… ワワワ…ワワ…ワールドヒーローズまで!? ここ最近のSNKは、何か違うと感じます。 正直、ゲームセンターから姿を消した大人たちは気が付けば毎年新作の出なくなってしまったKOFという事もあり、「あぁ、まだあれ新作出てたんだね」みたいな雰囲気。 だが今、SNKの看板ゲームは場所を変え活躍しまくりである。 今やKOFやメタスラはスマホの基本無料的なゲームで結構盛り上がって見たり、PS4やswitchのレトロゲーム買えるやつみたいなので900円くらいで毎週毎週…

  • 第64回・炎の漫画家、島本和彦の描いたナコルル大好き部

    数カ月前…友人から聞いた話によると… 「SNKがカウントダウンを始めているぞ」との事だった。 な、何をカウントダウンするんだ…?また倒産してしまうのか…!? などと嫌な事が頭を過るも、そうではなかった。⁽そらそうだ⁾ 9月10日に何か起こるらしい。それだけしか解らない。 KOF15か?餓狼MOWの2か!? そしてウキウキしながらも9月10日の19時半に繋ぐも こんな画面が出てきて「え?」となったその時… (;゚д゚)ゴクリ… ま、マジか!マジなのか!ここだけ見たら適当な洋ゲーっぽいが…! さ…サムライスピリッツの新作…!? トレイラーと書かれている場所をクリックし、その詳細を確認…! ・ ・…

  • 第63回・風俗嬢の言う100%の戸愚呂みたいな客とは一体どんな人だったのかを考える。

    知り合いに風俗嬢がいる。 仮に名前をショウ子ちゃんだとしよう。 【↑イメージ】 ショウ子ちゃんは不思議な女性だ。 年齢不詳なのである。 見た目こそ若々しいものの、発言・行動などはとても大人。 その見た目も20~23歳くらいの少女だと思えばそう見える。 そして綺麗な30代だと言われればこれまたそう見える。 女性というのは不思議な生き物だ。 では、会話をしてみれば年齢が解るんじゃないのか?と思えばこれまた難しい。 最近お気に入りのテレビ番組は?と聞けばドラマを期待するも 幼女戦記の再放送とか言い始める。 だから漫画やアニメが好きなのね、と思い好きな漫画は?と聞くと はじめの一歩とか言うし。 幼女戦…

  • 第62回・何故フリーザ様は自分の戦闘力を53万だと言ったのか?

    2018年現在も大人気な少年漫画、ドラゴンボール。 そのドラゴンボールは何故人気なのか?と言われると漫画評論家ですら「だって面白いから」と答えてもおかしくないくらい面白い漫画である。 で、評論家でもなんでもない私の「何故人気か?」という分析は… 他の漫画を読んでも「ドラゴンボールの真似じゃん」と言いたくなるような「新しい発想がたくさん詰まっているから」ではないだろうか?と考える。 手からビームを出すのが当たり前になるのも、ドラゴンボールの影響が強いのではないか?と考える事もある。 これより前の「北斗の拳」でも「北斗剛掌波」というビーム的な技が存在するも「奥義」なのでケンシロウすら1度、ラオウで…

  • 第61回・GTOの作者、藤沢とおる先生にとって機動戦士ガンダムとは一体何なのか。

    藤沢とおる先生といえば「GTO」だ。 グレートティーチャー鬼塚だ。この漫画はとにかく面白い。 教師+ヤンキーという不思議な組み合わせの学園漫画だ。 反町隆史やエグザイルのAKIRAが演じたドラマ版、日曜のゴールデン枠でこち亀の後に放送されていたアニメ版など数多く漫画の枠を越え知名度を上げまくった作品なのではないだろうか。 GTOの主題歌と言えば?となれば「Driver's High」か「poison」かは年代で別れるであろう、と思うくらいの人気作品。 GTOの人気もあり、「鬼塚英吉といえばGTO」みたいな所があるのだが、やはり鬼塚と言えばそう・・・ 湘南純愛組!ではないだろうか。 「鬼の英吉」…

  • 第60回・みんな大好き「ハイスコアガール」の「日高さん」応援部【後編】

    【▲前編】 ~主な登場人物~ 【日高さん】矢口君が好きすぎてゲーマーになった。 ↓片想い ↑ゲームで勝てない悔しさから頭にかぶりつきたい 【矢口くん】通称クズ。取柄はスト2のみ。 ↓好き ↑好き 【大野さん】ヒロイン。日高さんが越えられない壁。 ~前回までのあらすじ~ 無趣味な女の子、日高小春は矢口ハルオと出会い、変わった。 日高さんにテレビゲームの魅力を伝える矢口君、そんな真っ直ぐな矢口君に惹かれる日高さん。 だが、彼女の恋は中々上手く行かない。 だってこの漫画のヒロインは大野さんだから。 そんなフラれてしまう事が確定している準ヒロイン、日高さんの可愛さをみんなで分かち合おう、という回です。…

  • 第59回・みんな大好き「ハイスコアガール」の「日高さん」応援部【前編】

    気が付けば何年前の漫画になるだろうか、いちご100%。 この漫画は実に面白い。 作者が女性というのもあってか、少年ジャンプには「え?」となるような可愛い絵柄、そして少女漫画かのような恋愛描写。 ていうかパンツ。 もう男子はこのパンツ見たさに毎週ジャンプを手に取りいちご100%を読むのだ。 私はI's〈アイズ〉ぶりだった、こんなにパンツに集中した漫画。 それはさておき、いちご100%はそんないちご柄のパンツを主人公の「真中くん」に披露した所から話は始まるのだ。 パンツを見られた彼女は恥ずかしくて逃げてしまう。 いちごパンツの美少女にもう一度会いたい。 手掛かりはそこに落ちていた「東城」の名前の書…

カテゴリー一覧
商用