nobchaの電子回路日記
住所
吹田市
出身
中央区
ハンドル名
nobchaさん
ブログタイトル
nobchaの電子回路日記
ブログURL
http://nobcha23.hatenablog.com/
ブログ紹介文
PICマイコンを使ってあれこれ試作する電子回路生活の一部を紹介します。
自由文
アマチュア無線の機器自作から始まり、電子回路試作へと進んで、趣味PICマイコン作成がメインとなりました。PICといってもミッドレンジばかり。
更新頻度(1年)

8回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2017/09/10

nobchaさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,371サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 0 0 10 0 30 50/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他趣味ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 16,743サイト
航空・飛行機 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 738サイト
アマチュア無線 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 361サイト
電子工作 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 199サイト
今日 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 全参加数
総合ランキング(OUT) 54,261位 54,721位 58,933位 58,811位 58,695位 64,388位 64,144位 969,371サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 0 0 10 0 30 50/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他趣味ブログ 736位 753位 850位 862位 842位 939位 933位 16,743サイト
航空・飛行機 114位 116位 113位 112位 108位 110位 109位 738サイト
アマチュア無線 114位 115位 119位 124位 118位 125位 128位 361サイト
電子工作 18位 18位 20位 19位 19位 21位 20位 199サイト
今日 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,371サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 0 0 10 0 30 50/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他趣味ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 16,743サイト
航空・飛行機 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 738サイト
アマチュア無線 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 361サイト
電子工作 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 199サイト

nobchaさんのブログ記事

  • LCR-T4-Hのオリジナルはドイツにありました

    以前にも手に入れたことを紹介したのですが、アマゾンでもeBAY でも注文すると中国から送られてくるというトランジスターテスタ のオリジナルサイトを「AVR Transistortester – Mikrocontroller.net」 を見つけました。 何代か前の人から引き継いでオープン開発サイトで開発を進めてい るとのこと。初期バージョンはDIP部品で中国からクローンが出て おり、さらに表面実装のバージョンも出ているとのことです。 中国のクローン製造業者の間では俺のクローンが最初だという言っ ているメーカもあるらしいですが、設計はドイツで、回路図、ソフ トウェアが公開されています。さらにその…

  • アナログパワー計での値は

    昨日はAD8307を使った電力測定LOGアンプ基板の出力を読みました。 電圧とパワーの関係は次のようなグラフが付いています。 入力電力と出力電圧のグラフ アマチュア無線用アナログ電力計で測ったのが次の値です。

  • AD8307ログアンプ基板でRF電力を測ってみた

    RF電力を測ってみた。周波数源は去年作って、エアバンド受信機の局発対応になるSi5351a使用のものです。 測定はAD8307ログアンプを使った中国製基板です。 118.1MHz+10.7MHz=128.8MHzでのRF電力です。 LOGアンプ基板で周波数源の出力電力を測る カタログの換算表グラフを見ると大体15dBmでているようです。

  • RF電力を計ってみたい

    RF対応のLOGアンプだと高ダイナミックレンジでRFパワーを直流電圧計で読める。 eBayで買うことにした。中国製のAD8307が使われている基板が1000円位であります。 かなり時間がかかって中国からやってきた。 AD8307基板です eBAYでは9ドルちょっとで買えます。Log AMP

  • LNA30dBの効果に驚く

    受信信号が今一つ弱い、何とか強くという場面は結構あります。 簡単にすぐつけられる基板が売られていました。それもなんと700円ぐらい。 このLNAが700円ちょっとで買える 使われているMMICはAVAGO(昔のHP)のバイポーラICです。 なんとVHF/UHFで30dB、1000倍ですからすごい。 今組立て改造を手掛けているエアバンドレシーバーで確かめたら、確かに今まで聞こえなかった交信がクリアに受信できました。 ハムのトランシーバーの方でもやってみました。うーーん、ノイズばかり拾う。 amazonで買っても、eBayでも(6ドル弱)、どちらも中国から郵便でやってきます。 eBAY 30dB …

  • はてなABブログではエアバンドレシーバーキットの組み立て、改造を扱います。

    nobcha23のABブログの方もよろしく。 nobcha23.hatenadiary.com eBAYではPAYPAL支払いで安く買えます。 基板キット Airband receiver kit アルミケース Airband receiver aluminum case 周波数カウンタ PLJ-1601-C 周波数カウンタ

  • 2019年、本年もよろしくお願いいたします。

    最近アクティビティが落ちております。何とか新規テーマを探して継続します。はてなブログに移りました。https://nobcha23.hatenadiary.com/ エアバンドレシーバのキット組み立てについて別ブログnobcha23.hatenadiary.com でまとめ中。

  • DSO

    久しぶりにホビー用DSOを調べてみました。色々と低価格で見た目の良い製品が出てきています。驚いたのはテクトロニクス製品が値下がりしていること。 (と言ってもこのシリーズはRIGOLからのOEM供給のはず)ということで、新しいブログでホビー用デジタルオシロについて 書いてみようかと検討中です。

  • Si5351a使用のクロックをエアバンド受信機用局発につなぎました

    さて、中華製エアバンド受信機を基板キットを作りました。受信周波数を表示させようとPICで周波数カウンタを作り、周波数表示をさせようとしました。しかしながら、内蔵の局発発振部では安定度が悪くて待ち受け受信にいまいち向かない気がします。そこで中華製DDSをアリババで買い局発部を作ろうと思いましたが、DDS制御がうまくいかず、、原因追求せぬままに、めげて今度は秋月電子通商からSi5351aを買って発振器を作りました。Si5351a発振器は無事動き、局発利用のために10.7MHzのオフセット表示をさせました。さて、次はエアバンド受信機の回路を触り、局発としてSi5351aで発生したクロックを注入します…

  • エアバンド用局発に改造 Si5351a使用のクロック

    さて、Si5351aが動いて、ロータリースイッチ利用の周波数可変クロックができました。次にエアバンド受信機用のローカル発振器にするために10.7MHzのオフセットを付けることができるようにしました。電源オン時にSW3を押しながらスタートすると、OF10の表示が出て、表示より10.7MHz高い周波数を発振します。 後はロータリースイッチ回すとステップ周波数値で周波数は上下します。SW2は現在の周波数と設定パラメータのEEPROM記憶するために使います。SW3はステップ周波数を100Hzから10MHzまでをルーレット式に次々と表示します。次はエアバンド受信基板を改造し、局発の外部供給設定しないとい…

  • Si5351aのクロック発生器ができる

    元々はエアバンド用の局発用に使おうと始めたものです。1MHzから200MHzまでのクロック発生器が何とかできました。 Mainのほかに使う関数はlcd.c:4ビットデータ接続で1602型の液晶をつないで使うmemory.c:MPLABXで生成するEEPROM用ドライバーsi5351a.c:TJ LABから引用したsi5351a用ドライバーです。 まずはmain.cです。 /********Si5351a clock generator******************* PIC16F1829SW MSSP2 i2c * 01/12/2018 TRIS Normal:output, ack c…

  • Si5351a動きました

    PIC16F1829にSi5351aを接続して受信用のローカル発振器を作ろうとしております。まずは汎用クロック発振器を作ろうと、ロータリースイッチとプッシュスイッチ周波数設定、Si5351aへの書き込みを行います。各種自作、ハムのWEBサイトを参考に進めております。 万年準備中のブログとか JH7UBCのホームページとか Computer Radio RF Techとかを参考に始めました。情報提供感謝します。結局は、TJ Labのコードを参考にしたらというアドバイスを本人からいただいたので、全面的に引用しました。先生ありがとうございます。そのためにPIC16F1829のMSSP2を使う予定がポ…

  • i2cポートの動作をi2cインタフェイスLCDと接続して確かめる

    エアバンド用の受信機用局部発振器を作ろうとしてDDSから始まり、 うまくいかなかったので、si5351aを使用することにして実験をしています。ところが、PIC16F1829基板を使用したsi5351aのi2c接続でとらぶっています。以前PIC16F1829のMSSP2接続がうまくいかなかったことがあり、まずはi2c接続が うまくいっているのかを確かめることにしました。秋月電子通商のsi5351a基板のi2c信号配置とi2c接続小型キャラクタLCDモジュールの 信号配置が同じなことを知り、si5351a用に配線したコネクタにつなぎ変えてみます。 [スイッチサイエンス] I2C接続の小型LCD搭載…

  • PIC16F1829のMSSP2でまたつまづく

    AD9830接続で挫折し、si5351aに切り替え、エアバンド用受信機局発を作ろうとしています。 秋月電子から部品が届きました。接続図に従い、PIC16F1829基板とつなぎます。こうした際、配線確認もかね、i2cスキャンプログラムを流すことにしています。 i2cスキャンプログラムとは後で示すように、i2cアドレスを順繰りに出し、ack応答あるかを見るプログラムです。oxC0で応答があり、無事動きました。ところが、その後がいけません。i5351aの周波数設定プログラムを流すと、つながらない。 以前にPIC16F1829でMSSP2を使おうとしたらどうしても動かなくて、MSSP1に切り替えて使い…

  • DDSはちょっと中断、Si5351aを試すことにしました

    AD9850を入手していたので、使いこなそうとしましたが、うまくつながりません。 プログラムは何とか動いて、オシロで見ても信号は出ている。 しかし、AD9850はうんともすんとも。こういう鉄砲玉通信はこまります。信号が吸い込まれているのか、それとも信号が間違っていて動かないのかが今一つ観測できません。 LEDが明るくついているので、AD9850が壊れているというのも考えにくい。そんな時に秋月のWEB見ていたら、Si5351Aというクロック発振器を知りました。2,3年前から先進ハムでは話題になっているらしいです。ということで、DIP変換、水晶付属基板を秋月に注文しました。この石はi2cなので、つ…

  • DDSで周波数源を作ろうと思います  DDSその1

    さて、エアバンドレシーバーのパーツセットを組み立て、局発の周波数表示を試しました。 しかし、もともとの局発はSA602を使用したもので、安定度は今一つ。 待ち受け受信に向かないように思います。では局発をデジタル制御にするかということになります。 この電子回路日記ではPICマイコンの使いまわしを主題にしているので、PICでDDSやさらにはPLL−VFOを作る方向を目指します。そういえば中国通販でAD9850基板を買ってました。 それを思い出し、DDS周波数源を作り、たとえば逓倍して局発にしてみるとかの実験をしてみようかと思い立ちました。次のような仕様です。1.PIC16F1829を使用。以前作成…

  • 航空機無線用受信機のパーツセットを買ってみよう。その7。周波数カウンタを試作するが・・。その2

    PIC16F1829を使用した周波数カウンタにプリスケーラをつけて、中国製エアバンド受信機の周波数表示しようと目論んでいます。元の回路図は次です。 これにプリスケーラMB501Lをくっつけ、200MHz以上対応可能にします。(表面実装パッケージしかなく、SOPディップ変換基板を使います)10.7MHz低く表示するように改造し、SA601のピン#6から4pFで引き出します。(SA601のピン7からの取り出しが正しいかと思うが・・・。)自作プリスケーラの秋月カウンタはミノムシクリップSA601近辺までもっていくとカウントしてくれましたが、PIC16F1229 カウンタ+MB501Lではかなり感度が…

  • 航空機無線用受信機のパーツセットを買ってみよう。その6。周波数カウンタを試作するが・・。

    こんばんは、お盆休みに暇を利用して、以前作ったPIC使用周波数カウンタの改造にチャレンジします。ホームページに記載のものはPIC16F628Aでしたが、ジャンク箱を探すと、PIC16F1827基板の作りかけを見つけました。この基板はPIC16F1827などの18PPIC向けでLCDコネクタ配線が基板になっているので、ユニバーサル基板を組み立てるより楽です。 まずは開発環境を整えます。以前はMPLAB IDEで開発してました。その後MPLAB Xに移行するときに使っていたSONYパソコンがバグありでPICKIT3が誤動作するというマイナー(国際的にみて)なトラブルに遭遇し、中途半端な状態でした。…

  • 航空機無線用受信機のパーツセットを買ってみよう。その5。待ち受け受信では周波数設定が必要

    さて、中国からのパーツセットを組み立て、受信の粗調整し、交信が聞こえるようになりました。 近所の伊丹空港の周波数は出発用、 大阪デリバリー 118.80MHz 大阪グランド121.70MHz 大阪タワー 118.10MHz、関西デリバリー119.50MHz 到着用では 関西アプローチ120.45MHz、関西レーダー124.70MHz、 大阪タワー 118.10MHz、大阪グランド121.70MHz です。とりあえず120MHz付近をやみくもに回していると受信できますが、VFOのドリフトも多く、いちいち周波数カウンタで10.7MHzアッパーで設定確認も邪魔くさくなりました。なお我が家の愛用周波数…

  • 航空機無線用受信機のパーツセットを買ってみよう。その4。組立後調整。 

    中国製受信機パーツセットを組み立てました。電源入れるとサーというノイズが出て、スケルチもぶつぶつと切り替え音がしたのおおむね動いているように思います。飛行機と管制官の交信は常時行われているわけでもなく、待ち受け受信が必要で、まずは受信できるレベルまで持っていく必要あります。信号源ですが、水晶発振ユニットの逓倍波を利用します。40.000MHzというのがあったので、この3倍波を受けます。ぶーーんというハム音変調の電波が見つかりました。ちょっと感度が低いかもと思ったら、10.7MHzのセラフィルのIOが逆でした。先に引用したWEB情報には書いてありました。基板には一番ピンのマークがあります。部品に…

  • 航空機無線用受信機のパーツセットを買ってみよう。その3.基板部品セットの組み立て

    中国の通信販売サイトで買ったパーツセットを組み立てます。 抵抗とコンデンサをこのように紙の上に接着テープ張って並べます。カラーコードが見づらいし、コンデンサーの捺印もつぶれていて103と102は大きさの違いとかで見分けないといけません。 組立を終わると、なんとこんなに部品が残ります。 ちょっとこんなに残っていいのか心配。(間違って足らんかったら悪いから、余分に入れときますという米国的、大陸的な発想だと思います。) 何とか半日で組み立て終わりました。 次は調整です。中国製エアバンドレシーバーキットの組み立てなどについて別のブログでまとめています。参考にしてください。nobcha23.hatena…

  • 航空機無線用受信機のパーツセットを買ってみよう。その二。中国製品の航空無線受信器パーツセットの回路、部品

    さて、回路図は次になります。 それなりの設計レベルを感じさせるブロックダイヤグラムです。Qの高い空芯Lによる2段フィルタ、そのあとに2SC3355を使った増幅器、そしてシグネチックス社のNE602です。 ミキサーの後にセラフィルいれて、MC1360中間増幅器が入り、復調後スケルティ回路があります。 AGCがかかるような記述ありスケルティ回路の雑音電圧を共用しています。IFスケルティなので効きそう。 秋月キットにもあるように、余分な部品がたくさん入っています。 ちょっと気にかかるのはフロントエンドのフィルタ用は56pFですが、なぜか82pFも入っている、なにをかいわんや・・です。部品は一旦抵抗値…

  • 航空機無線用受信機のパーツセットを買ってみよう

    さて、最近半田ごてを握っていないので、何かアクティビィを上げるために手掛けることにしました。住んでいるアパートベランダから夕方眺めると、じゅじゅつなぎで飛行機が空港着陸アクセスしてくるのが見えます。直視距離だと無線受信は簡単なので、受信機を手掛けることにしました。実はすでにアマゾンでUSB2.0 デジタル DVB-T SDR+ DAB+ FM HDTV TVチューナー 受信機 RTL2832Uを買って受信してみたのですが、パソコンが占有され、感度も良くないです。やっぱり専用受信機にするかと検討始めました。昨年の関ハムでSDR基板キットを買ったので、これの航空無線機版を手掛けることも考えましたが…

  • ホームページを修正

    最近電子工作の方に手がかけられないのですが、過去の書き込みで色々と気が付いたところを修正・変更を行っています。ホームページの方を修正しました。 電子工作のための PIC16F1ファミリ活用ガイドブック

  • フランクリン発振回路を利用したLCメータの情報

    ワタシが初めてPICマイコンに触ったのは1996年ごろです。そのころラジオパケット(アマチュア無線によるデジタルネットワーク)を手掛けていて、アマチュア無線上でインターネットをやったりしてました。Cクラスのローカルアドレスをインターネットの事務局から発行してもらって1200bpsとか300bpsで日長FTPの実験などやってました。その頃ドイツの方と知り合って、彼がPICを使ってBELLモデムを作ったりしていたので、すごいなあと思っていました。ちょうどそのあとぐらいにオーストラリアのハムVK3BHR局がフランクリン発振回路とPICマイコンの周波数カウンタ機能を利用したLCメーターを考案したのだと…

  • アナログデバイス社の「一緒に学ぼう!石井聡の回路設計WEBラボ」でLCメータが取り上げられていました

    アナログデバイス社の「一緒に学ぼう!石井聡の回路設計WEBラボ」においてAADE社のLCメーターが取り上げられていました。そしてその記事に中にAADE社のオーナーが2015年に逝去したQRZ.COMにサイレントキーの告知があるとのことです。ところでこのLCメータの起源ですが、東ヨーロッパの国の人が発案してそれをオーストリアのQSTで取り上げたのが始まりと聞いています。そのことについてはこのブログで書いたような気がしますが、ちょっと忘れてしまいました。時間があったら調べておきます。 ホームページには過去に自作情報をまとめています。覗いてみてください。 ホームページ

  • LCR-T4-Hでちょっと遊んでみる

    中国からやってきたトランジスターテスターと言うのは ドイツの方で始まったフォーラムからの改良作品のよう です。どんなふうに測っているのか興味があります。WIKIにはソースコードがありますから、読めばよいので すが、まずは操作してみて動作を見てみます。抵抗、コンデンサー、チョークコイル、ダイオード、ト ランジスター、そしてFETを入れるとちゃーーんと判定 し、抵抗値、容量値、hFE、順方向電圧、ゲート容量な どがでてきます。LEDも測れるというのでLED2個を試して見ました。何か、色々やってます。右側のLEDが何度もひかります。 そのあとに左側が点滅。また、セルフテストと言うのもあるようです。こ…

  • LCR-T4 ??

    こんにちは、先日エアバリアブルブログなどで取り上げられていたLCRテスターを試しに買ってみました。 一週間ぐらいで中国から航空小包でやってきました。 中国の杭州からやってきたようです。 その後十数回使ったら液晶がドットが一部消えてしまいました。 そのことをクレームしたら、代替えに古いバージョンのモノが送られて来ました。ところが、今度はチップパスコンが輸送中衝撃で割れてました。 部品故障→クレーム→代替え品送付→代替え品も破損個所あり まずは通販サイトを訪問し、説明を機械翻訳します。(ところが、この通販サイトのものはドイツのWEB制作情報のコピーのようです。追って、オリジナル情報サイトへアクセス…

  • 久しぶりに

    ご無沙汰です。電子回路試作生活ができなくなり、 残念です。 今日は久しぶりにあちこちのWEBを覗いてみたら、 面白そうな電子キットがありました。また、JYETECHから新しいカラー表示、タッチパネ ルのオシロが出ています。ところで、日本では共立で売られているXMINILABとい うのが、面白そう。2Mサンプルで、200kHzのオシロと 2Mサンプルのロジアナ組み合わさっています。UARTと かI2CとかSPIのプロトコルスニファができるのも面白 そう。 ワタシが今まで試したのは次です。 SEEED社の DSO203 JYETECH社 DSO068 ホームページには過去に自作情報をまとめています…

  • DS203 GARBONATOR版のバグ

    掲示板で質問受けました。gabonator/DS203版という新規操作性を備えたDS203があります。これをインストールして使った方から、画面控えのBMPが取れないのだが、原因分かりませんかと言う質問ありました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 結論はGITHUBにあり、バグがあってダメなようです。https://github.com/gabonator/DS203/issues/36Saving errorsame problem here with the same hard- and software. tested also with SYS_B164. 最近こんな組立オシロ…