searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
いつも最高inFukuoka
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/sansei103
ブログ紹介文
1940年生まれ。旧八幡市枝光生まれ。写真掲載して福岡市を紹介するサイト。併せて出身の北九州市も。生来の好奇心をフルに活用して、カメラをぶら下げブラブラ散歩を趣味。
更新頻度(1年)

93回 / 365日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2017/02/21

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、サンセイさんをフォローしませんか?

ハンドル名
サンセイさん
ブログタイトル
いつも最高inFukuoka
更新頻度
93回 / 365日(平均1.8回/週)
フォロー
いつも最高inFukuoka

サンセイさんの新着記事

1件〜30件

  • 福岡で眺める中秋の名月

    一昨日の満月は雨空で観測できませんでしたが、昨夜は雲もなくまん丸のお月様を拝顔できました。これまでは、一眼レフの望遠レンズで撮っていましたが、昨夜の月はとても大きく橙色に輝いていたので、コンパクトデジカメで撮ってみました。結構、月の肌もはっきりと見えます。あまりにも大きくて不気味な感じもします。福岡で見る満月です。福岡で眺める中秋の名月

  • 鴻巣山緑地

    変な台風が過ぎたあと、久しぶりに青空が続いています。昨日、近くにある「鴻巣山緑地」に行きました。わが家から徒歩で30分、なだらかな坂を上ると街中とは別世界の緑地があります。標高100mの「鴻巣山」です。生い茂った木々の間を縫って森の中の遊歩道が続きます。テレビ局の電波塔もあります。福岡、博多の市街地を望める展望台がありますが、コロナ緊急事態宣言中は使用禁止。残念でした。帰路の坂道からは南方向には雲に隠れた背振山系、油山が見えました。住宅街の一角にある自然、また展望台を目指して歩くことにしましょう。鴻巣山緑地

  • 長住という町

    変則経路の台風14号が近づいています。午前中は静かですが午後から強風になるようです。やっと市立図書館が制限付きで開館しました。昨日近くの城南図書館に行ってきました。早速に利用者カードを登録しました。「福岡百科事典」でここ長住のことを調べました。現在の長住は1972年(昭和47年)に当時の長尾住宅地という地名から、「長く住める住宅地」をコンセプトにして「長住」という町名にしたそうです。高度経済成長期の計画的なニュータウンであったため、道路整備、大きな公園が多く、商店街や銀行、郵便局、交番、小学校が街の中心部にあり、それを囲うように住宅街が広がっているとあります。隣接する長丘、桧原地区は急傾斜地にあるのとは対照的になだらかな平地にあるため坂はほとんどありません。「長く住める町」、ここを終焉の地として余生を楽しみたい...長住という町

  • 追記 旧陸軍の境界石柱

    長住中央公園にある旧陸軍の境界石柱、実はすぐ近くの鹿助公園にもありました。ここはきちんと10mくらいの等間隔で五個ほどがありました。なかば埋まった状態のものもありますが、それでも陸軍の表記はきちんと読めます。ここ長住一帯が旧陸軍の敷地であったことは事実のようです。ネットで調べた「福岡県戦争遺跡一覧」にここのこの石柱も掲載されていました。ここが戦争の跡地でもないのに「戦争遺跡」というのは違和感を感じます。軍隊の遺構は「軍事遺跡」か「国防遺跡」と呼ぶべきでしょう。戦争という一括りの表現でなく、歴史の痕跡として淡々と伝承すべきではないでしょうか。追記旧陸軍の境界石柱

  • 福岡市南区に旧陸軍の痕跡

    北九州の門司区に住む若き知人から情報をいただきました。福岡市南区の桧原、長住地区は旧陸軍の練兵場があったとか。何か痕跡があるかもということでした。そこで、散歩を兼ねてぶらぶらと。ありました!。近くの長住中央公園の一角に陸軍の境界を示す石柱が。ネットで調べてみると、この地区は旧陸軍第24聯隊の練兵場があったそうです。この石柱は民間土地との境界を示すもので、今もいくつか発見されるとのことです。この公園は今整備工事中でこの石柱に近づくことはできず細部は見ることができませんが、知人の情報とおりに存在を確認することができました。はっきりと「陸軍」の文字を読むことができます。この石柱は数本まとめられて半ば埋まっている状態ですが、なんとかきちんと保存できないかと思います。公園の工事は年末までかかるそうで、年明けには細部を見る...福岡市南区に旧陸軍の痕跡

  • 激変が

    このところの新聞には、おどろおどろした大きな活字が躍ります。昨日4日の朝刊は【菅総理辞任】の見出しで驚きました。色んな評論が出ていますが、まずはこの激変の時の総理として「お疲れ様でした」と申し上げたいですね。東北人特有の朴訥で訥弁がこの激変の時期に符合しなかったのですね。大変に残念です。これから自民党の総裁選で喧しくなることでしょう。今日で東京オリパラがすべて終わります。いずれも日本選手の大活躍で無事に終幕することになります。選手や大会関係者の皆様にも「お疲れ様でした」と申し上げたいです。緊急事態宣言もまだ福岡は安寧とはなりません。それでも、近くを散歩します。ケーキ屋さんの庭には逃げてきたばかりと思われる鹿とウサギ達。リアルですね。激変が

  • 9月となりました

    豪雨のあとは猛暑が続いています。もう9月となりました。北九州から福岡に転居してひと月となりました。酷暑の中の引っ越しで大変でしたが・・・。今朝のY新聞のトップは「真子さまのご結婚」のスクープ記事。喜んで良いのか悩みますね。加えてアフガニスタンの問題。さらには地球温暖化の問題もあります。さて、昨日、油山の麓にあるショートコースのゴルフ場を下見しました。直接コースは見ることができませんでしたが、このレストランを兼ねたクラブハウスの下側にコースが展開しています。早くプレーしたいものです。9月となりました

  • 鹿助公園

    8月も終わりに近づきましたが、まだ厳しい残暑が続きます。老身にとって新型コロナと合わせて注意が重要です。夕方近くの公園を散策しました。この辺りは緑と水と豊富な公園がいくつかありますが、ここもそのひとつ。「鹿助(ろくすけ)公園」です。なぜこの名前が?昔この池の番人の名が「六助」といっていたという記事をみつけましたが、定かではありません。動植物が豊富で今は蒲がいっぱいでした。この付近は旧陸軍の演習場があったとある方から教わりました。暑さが緩めばゆっくりとその痕跡を探ってみたいですね。鹿助公園

  • 野間大池公園

    東京パラリンピック2020が開幕しました。このコロナ禍で無事にプレー出来ればと思います。昨日は曇り空の中、買い物のために外出しました。わが家から徒歩で15分くらいのところに「野間大池公園」があります。結構でかい公園で緑も豊富。写真の奥の方に大きな池があります。市内最大の治水用の池です。もともとレンコン掘りと大雨時の洪水で有名だったそうです。数年かけて整備し、今や緑豊富な美しい公園に生れ変わっています。水鳥も沢山集まるようで次回はゆっくり周辺を散策したいと思っています。この左奥には大きなショッピングモールがあります。転居してまだ間もない今、買い物が優先ですが、その時々に新しい発見があれば、また詳しく見てみたいですね。野間大池公園

  • 油山から福岡の街を展望

    天候不順が続きます。福岡市も再びの緊急事態宣言で私たちは身動きがとれません。まだ天神にも博多にも行っておりません。でも昨日少しだけの雨上がりの隙間を狙って近郊の「油山市民の森公園」付近をドライブしました。油山とは少しばかりロマンに欠ける名前ですが、標高約600mの油山の山麓にある公園です。緊急事態で公園は閉鎖中でした。周囲は狭い山道があってところどころ街が見下ろせる展望台があります。曇り空ですっきりはしませんが、福岡の中心地が広がります。左手には博多湾に浮かぶ「能古島」、中央には「志賀の島」、「海の中道」が見えます。正面にはPAYPAYドームがある「百道浜地域」が。さらにこの山の麓には10ホールのゴルフショートコースもあります。わが家から南西に6㎞ほど、車で15分の距離です。早くここでプレーしたいものです。油山から福岡の街を展望

  • 福岡 再び緊急事態へ

    全国的に新型コロナの感染が拡大している中、福岡県も再び緊急事態宣言となりました。どうも新しい策が見えないようですね。早くワクチン接種が進めばいいのですがどういうわけか60歳以下の接種の情報が伝わりません。福岡に転居して二週間が過ぎた今、まだ天神にも博多にも出ていくことがありません。豪雨のせいもありますが、蟄居状態が続いています。このままどこまで進むのか、終わりの見えない毎日です。福岡再び緊急事態へ

  • 八月や 六日 九日 十五日(はちがつや むいか ここのか じゅうごにち)

    猛暑がやや落ち着いたと思ったら、今度は北部九州には豪雨が襲ってきました。昨日14日は一日中テレビで、警戒警報が続きました。ここは水害の恐れはほぼありません。今朝はつかの間の晴れ間が見えていますが、まだ天候は不安定です。その中、今朝は近くの公園を散策しました。住宅の周囲は緑が多くて驚きます。周囲1㎞ほどの公園の中に一周500mほどの小さな池があります。心が休まるポイントです。今日は終戦記念日です。「八月や六日九日十五日」という名句があります。詠み人知らずとありますが、日本人にしか理解できない八月というこの月の悲しみをうまく表現しています。加えてお盆とが重なり、さらに近頃は新型コロナという新な脅威が襲っています。関東に住んでいた時は30年間ほぼ欠かさず15日には靖国神社にお参りを続けてきました。北九州に来て二度ほど...八月や六日九日十五日(はちがつやむいかここのかじゅうごにち)

  • 福岡市民となる

    東京オリンピックは若い選手達の大活躍によって、大きな感動を頂きました。また開催の運営も特段の混乱もなかったようですね。その一方、コロナ感染を理由にあれだけ開催を反対していたテレビ朝日の担当社員が10人ほどで打ち上げ会を一晩中行い、挙句は泥酔した女性が階段から落ちて怪我をし救急搬送されたとか。もう何おか言わんやです。個人的な資質よりもメディアの構造的特質が原因とも思われます。特権意識です。私も沖縄勤務の時に嫌というほどこれに似た体験をしましたから。さて、転居して一週間経ち昨日区役所で転入届を済ませました。もう人生最後と思われるこの地の住民となりました。まだ地理的に右も左も分からない状態です。南北にJRと西鉄電車が走り、都心には縦横に地下鉄が網を張り、南区の住宅街にはこれまた複雑にバス路線が敷かれています。これに慣...福岡市民となる

  • 無事に福岡市に転居

    猛暑が続いています。私は8月2日に北九州市小倉を後にして新居福岡市に転居しました。強烈な暑さでした。加えて新型コロナの感染拡大の中、オリンピックの日本選手の活躍が気になりながらの異動でした。翌3日に荷物も入り、目下高齢のスタッフとともに荷解き整理の最中です。もうこれが最後の引っ越しとしたいものです。断捨離に努めたつもりですが、それでもつまらぬ物を運んできたようで、なぜこんな物をと思うものが多々です。住まいは福岡市南区の閑静な住宅街。緑に囲まれた静かな場所です。住宅の周囲はスーパーや商連街、コンビニや銀行、郵便局等の生活施設が整っていて、高齢者にとっては満足一杯の場所です。ゆっくりと整理しながら、コロナが少しは落ち着くのを見計らい、新しい発見を楽しみたいものです。無事に福岡市に転居

  • 東京オリンピックの最中 福岡市に転居

    東京オリンピックも佳境を迎えています。多くの日本人選手達が日の丸を背に頑張る姿には感動します。その活躍の最中、私とスタッフは5年間過ごした北九州市小倉から福岡市に転居することにしました。25年間住んだ横浜から57年ぶりに故郷北九州に戻りましたが、日本の産業をリードし支えたかつての北九州工業地帯のイメージは消えてしまいました。門司、小倉、戸畑、若松、八幡のそれぞれの特色は、小倉の商店街のみを中核とする目立たない中都市となっていました。でも、住みやすい町でした。横浜とは比較にならないほどの物価のやすさ、おいしい食べものが豊富な街。色んな分野の方々とも近しくなりました。でも、80歳を超えた私どもはそれを乗り越えいよいよ最終章に向けた新天地を求め、そこからまた北九州を眺めてみたいと思います。「いつも最高」のブログは名称...東京オリンピックの最中福岡市に転居

  • 静穏な勝山公園 東京オリンピック開幕

    いよいよ「東京オリンピック2020」は今日開会式を迎えることになりました。中国武漢から発生した新型コロナウイルスは、ある意図をもってパンデミック化していったのではないだろうか。そう思っても不思議でないタイミングでした。結局一年延期されたもののまだまだこの災は収まる気配がありません。いろいろと意見はありますが、開催すると決まったら大いにこの祭典を盛り上げましょう。既に始まった一部の競技ではやはり日本選手の活躍に感動します。57年前の東京オリンピックは私が24歳の時。ちょうど仕事でこの時期には千葉に来ていました。初めて味あうオリンピックの雰囲気。感動したものです。北九州は直接にはオリンピックの接点はありませんが、彼らの活躍に声援を送りたいものです。一昨日ひさしぶりに勝山公園近くまで行きました。何事もないかのように静...静穏な勝山公園東京オリンピック開幕

  • 大暑の時 小倉から暑中お見舞い 

    大暑の気となりました。暑中お見舞い申し上げます。まもなくオリンピックが始まります。大変な時の世界的スポーツの祭典です。アスリート達の集大成の時でもあります。大過なく開催されてほしいものです。このところワクチン接種のスピードが鈍っているとか。どうなってるでしょうね。悪意に満ちたワクチンのデメリット偽情報が若者の間に流れているのも鈍化の一因ともいわれます。しかし、一方では必要な職務の人達に接種が施されていないようです。それは先日の熱海の土砂災害に出動した約800人の自衛官たちの中で、ワクチン接種していたのはたったの35人だったとか。泥まみれになりながら捜索活動にあたった若き自衛官達の苦悩を思うと胸が詰まります。このことは一般的なメディアが報じていません。片や、繁華街で缶ビールを飲みながら騒ぎたち道路に寝そべる若者の...大暑の時小倉から暑中お見舞い

  • 梅雨が開けて

    北九州は梅雨が明けました。まん延防止措置も解除されて、表面上はコロナ禍も収まる方向にありますが、全ての感染対策はもう習慣になってしまった感じです。それでも自然界はきちんと時に従って動いています。梅雨が明けると途端に蝉が騒然とした羽音で朝から「夏だ!」と叫びます。ああ、やはり自然はいつもと同じように流れているのですね。あちこちで大きな水害もも起きています。オリンピックも騒然とした環境の中でまもなく開幕です。いろんな意見がありますが、とにかくコロナに勝たなければなりません。ここで中止となると負けも同然。コロナに負けてなるものかの強い意志を集めましょう。梅雨が開けて

  • 活性化する福岡 天神

    11日で福岡は重点措置が解除されることが決まったようです。今日、久しぶり9ヶ月ぶりに福岡天神に行ってきました。このコロナが拡大の中、行く機会も無くなっていました。今日は緊急な用事があり高速バスで行ってきました。さすが天神、その動きは小倉の比ではありません。刺激的で生き生きとしています。その中心地区ではアジアの拠点都市としての機能、役割を高めるために天神ビッグバンと呼ぶ空間を作りつあります。びっくりしました。九州一の集客を図る手段が着々と進んでいるようです。でもまだまだコロナの気が緩めません。用事を済ませて早々と天神を後にしました。活性化する福岡天神

  • 7月4日に生れて

    首都圏、東海地方は昨日から豪雨に襲われ、熱海地方の目を覆うようなあの土砂災害に驚いています。熊本県を中心に起こった九州豪雨も今日で1年となります。この時期はいつも自然災害の季節です。およそ三十数年前に「7月4日に生れて」というアメリカ映画が公開されました。トム・クルーズが主演したベトナム戦争の映画です。アメリカ独立記念日の7月4日に生れた主人公はその後ベトナム戦争に参戦する物語です。その7月4日が私の誕生日です。若い時から雨男で、私が関わるイベントの多くは雨でした。豪雨災害のニュースに出会う度に忸怩たる思いがしています。それでも81歳を迎え、コロナワクチンも二回接種が終わり、この歳になっても尊敬する先輩からいつもユニークなバースデーカードを頂いたり、また後輩、知人からもお祝辞を頂きます。ありがたいことです。元気...7月4日に生れて

  • 北九州市の人口減少 最悪の事態に

    コロナ感染も収まらないのに、また悲しいニュースです。昨日発表された昨年の国勢調査結果で、北九州市は前回の調査から2万2千人ほど人口が減少し、この数は全国市町村でワースト1位だとか。5年前に市の地方創生移住施策1号として横浜から夫婦で移住して、いろんな場面でこの街への移住促進に協力してきましたが、まさに焼け石に水とはこのこと。毎年減少するばかり。全国的にこの傾向が続いていますが、それでも首都圏を含む9都府県では増加し、福岡県は大阪以西では唯一増加しています。福岡市をはじめその周辺の市町村では増加しているのです。それでも九州で初めての政令指定都市となった北九州市が日本一の減少数で、県の足を大幅に引っ張ているのは厳然とした事実。一体全体この街の移住に関わる施策は具体的にどのように推進しているのでしょうか。この5年間、...北九州市の人口減少最悪の事態に

  • 茜色の夕焼け

    新型コロナワクチン接種のニュースからいよいよパラリンピックの話題が盛んとなりました。パラリンピックの開催については意見がいくつかに分かれていますね。さて、一昨日の夕方、北九州の夕焼け空は珍しく幻想的な雰囲気になりました。我が家の上階に上がって撮りました。茜色の夕焼けです。茜色の夕焼け

  • 茜色の夕焼け

    新型コロナワクチン接種のニュースからいよいよオリパラの話題が盛んとなりました。開催については意見がいくつかに分かれていますね。さて、一昨日の夕方、北九州の夕焼け空は珍しく幻想的な雰囲気になりました。我が家の上階に上がって撮りました。茜色の夕焼けです。茜色の夕焼け

  • 福岡 蔓延防止措置へ

    福岡県の緊急事態宣言は21日以降、福岡市、北九州市、久留米市の三市が蔓延防止措置への対策となりました。北九州市は人口比率から見ても、福岡市とは比較にならなないほど毎日感染者が下がりません。なぜでしょうか?理由が明確ではありません。県知事も市長もただただ飲食業への時短とアルコール自粛、不要不急の外出自粛を呼びかけるばかり。なぜ北九州市はこんなに感染者が多いのでしょうか?不思議でなりません。ローカルメディアはそこのところを何も探索しません。高齢者のワクチン接種も順調に進んでいますのに。昨日、半年ぶりにゴルフに出かけました。遠賀川に近いゴルフ場です。半年の間に随分とコロナ対策がとられていて驚きましたが、ゴルフが趣味でない方から見ればゴルフなんて不要不急の外出ですよね。半分は忸怩たる思いをしながらも、ストレス解消の一日...福岡蔓延防止措置へ

  • 珍本

    世情、コロナ感染とワクチンとオリンピック開催のことで、テレビや新聞等で賑わっています。ワクチン接種もだいぶ軌道に乗ったようで、感染もひとまずは落ち着くのではないでしょうか。でも、まだまだ油断は禁物です。さて、先日私の蔵書の一つで珍しい本を発見しました。30年前に発行された「私の見た東京裁判下巻」(講談社学術文庫)という本です。なんと、30ページにわたり、見事に上下逆、天地逆転に製本されているのです。当時、途中まで読んだ形跡はあるのですが、これには気づきませんでした。欠落したページはありませんので、落丁ではなく乱丁の一種でしょう。ネットで調べたら、欠ページもなく、天地逆の製本は今時珍しいようです。今更、出版社に問いあわせるつもりはありませんが、珍しい本に出会いました。珍本

  • レトロ 昭和の町

    コロナワクチン接種も全国的に広がり、感染者の拡大も少しづつ抑えられてきたように思われます。私も二回目接種を終えて1週間となりました。大きな副作用はありません。むしろ精神的な不安が少なくなり、心身ともに元気になってきたようにも思われます、不安感の減少がストレス解消になります。是非とも多くの方が早めに接種して、元の生活に戻って世の中全体が前向きに元気になって欲しいものです。先日、近くを散歩しながら、なんとなく昭和の街並みの雰囲気を残す一角に遭遇し、写真を撮りました。そこは偶然にも「昭和町」という町名でした。今まで気にも留めなかったのに、この偶然に驚きました。「小倉北区昭和町」の一角です。レトロ昭和の町

  • ワクチンその後 

    コロナワクチンの二回目接種から5日が経ちました。二日目までは接種部の左腕が痛かったのですが時間が経てばこの痛みも消えてきました。世にいう大きな副作用はありませんでした。是非に多くの方が接種して感染拡大を抑えて欲しいものです。ワクチンの心身に与える効果は絶大なもので、この安心感は日々の生活への活力となります。もちろんまだまだ感染拡大の恐れは大ですから油断は禁物です。今までとおりの対策は重要ですね。玄関に置いていた百合の花も、一挙に全開となりました。ワクチンその後

  • コロナワクチン二回目の接種完了

    6月に入りましたものの、福岡地方は緊急事態宣言が延長になりました。少しづつは感染数も減少始めましたが、まだまだ油断できません。そんな中、今日ワクチンの二回目を接種しました。場所は一回目と同じ北九州メディアドーム。もうこの段階になれば業務担当も慣れたもので、流れるように順調に短時間で終了しました。注射の痛みもなく後は副反応がどう出てくるかです。このまま全市民への接種が進んで、早く元の生活に戻りたいものです。帰路、近くの「角神社」にお礼と今後の安寧をお祈りしてきました。コロナワクチン二回目の接種完了

  • 北九州に新球団が

    実業家の堀江貴文氏が北九州に新しいプロの野球チームを設立すると発表しました。プロ野球独立リーグに参加する事を目指すそうです。球団名は「福岡北九州フェニックス」。しかも本拠地を「北九州市民球場」にして、北九州の野球フアンを集める構想です。市民球場は屋内競輪場の「メディアドーム」のすぐ前です。この球場は、プロのソフトバンクの準本拠地として、年間10試合程度行われています。今は高校野球が主体ですが、収容人員2万人のローカルの球場として活躍してくれるでしょう。ちなみに堀江氏は福岡県八女市の出身です。サッカーの「北九州ギラバンツ」とともに、街おこしの起爆剤になれば嬉しいですね。北九州に新球団が

  • ワクチン接種に思う

    自衛隊によるコロナワクチン大規模集団接種が東京、大阪で昨日から始まりました。これでだいぶ気分的にも全国的に安心感が強まることでしょう。自衛隊はこの国難ともいうべき時に、わずか三週間の準備期間でここまできました。ご苦労に頭が下がります。ここで思うに、自衛隊をはじめ警察、消防、海上保安機関の災害対処部隊がいち早く優先的に接種すべきという声が聞こえません。梅雨時から秋にかけて水害を初めとする自然災害は例年発生します。また、大規模地震もいつ発生するかわかりません。この時に国民をすばやく救ってくれるのがこれらの部隊です。彼らが安心していつでも出動できる態勢をとっておくべきです。それには医療従事者とともに彼らの優先接種が重要です。毎日のテレビワイドショーや報道においてこのことを力説することを聞きません。一部の評論家が述べて...ワクチン接種に思う

カテゴリー一覧
商用