searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

節酒のジョーさんのプロフィール

住所
北海道
出身
未設定

自分は片足をアルコール依存症という魔物に突っ込みながらも、坐禅をすることを通して断酒をすることなく夢のある節酒を続けている。現在酒で問題を抱えている人たちに、ささやかでも希望を与えられるかもしれないと言う思いでこのブログを立ち上げた。

ブログタイトル
アルコール依存症と坐禅
ブログURL
https://www.kagayakujinsei.com/
ブログ紹介文
アルコール依存症である自分が坐禅を通して立ち直っていった経過を記録。坐禅で得た知恵を書きました。
更新頻度(1年)

16回 / 365日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2017/01/28

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、節酒のジョーさんをフォローしませんか?

ハンドル名
節酒のジョーさん
ブログタイトル
アルコール依存症と坐禅
更新頻度
16回 / 365日(平均0.3回/週)
フォロー
アルコール依存症と坐禅

節酒のジョーさんの新着記事

1件〜30件

  • 暑さとパンデミックとオリンピック

    日本は梅雨も終わり本格的な夏を迎えました。 うだるような暑さと言えば誰しもビールを思い浮かべると思います。 そしてオリンピックが始まりました。 暑い中でオリンピックをテレビで見ながら冷たいビールを飲むことは至福なことかもしれません。 【SPONSORED LINK】 // アルコール依存症は急増している パンデミックが始まり1年半が経過しました。 その間ほとんどの人は思うような趣味、レジャーなどのストレス発散ができず飲酒に走る人が急増しているといいます。 長年断酒をしていた人も、パンデミックにより断酒会などの会合に出席することができずに思わぬストレスから再飲酒してしまう人も増えていると言います…

  • コロナがもたらした正常になるという効果

    新型コロナウイルスが発生してから早くも1年半になろうとしています。 世界中で数百万人が亡くなり悲惨極まりない事態になっています。 もちろん100年に一度の大変な惨事には間違いありません。 誰でも早く収束してほしいと願うのは間違いのないことです。 【SPONSORED LINK】 // 異常な世界 私は旅好きで2018年には日本の西半分を周遊しました。 最西端は石垣島・宮古島から東は関西まで数十日をかけて旅をしました。 リュック一つで飛行機・電車を乗り継ぎ宿泊は主にビジネスホテルです。 そんな旅で驚いたのは旅行バブルだったからです。 宿泊するホテルが見つからないのです。 特に金曜日から週末にかけ…

  • どうして世界の幸福は長続きしないのだろう

    新型コロナウイルスが蔓延して早くも1年半になろうとしています。 このコロナ禍で不思議に思うことは沢山ありますが、特に今年はインフルエンザがほとんど流行しなかったといいます。 日本では例年1年間で約1000万人かかりますが、今年は1万人程度と1000分の一にまで減少したそうです。 世界的に見てもインフルエンザの死者数が今年は激減したので、コロナの死者数と合わせて例年よりもトータルの死者数が減少している国もあるということです。 【SPONSORED LINK】 // プラマイゼロの不思議 社会生活を送っていると、良い時もあれば悪い時もあるのは当たり前です。 良い時は一瞬の場合が多く、そして又何か悪…

  • アルコールに依存している人が一番気を付けなければならない時期

    今はまさにゴールデンウイークの真っ最中です。 この一年は新型コロナの関係もあり、ストレスが溜まっている人が大幅に増えていることは間違いありません。 こんな時期に一番気を付けなければならないことは何でしょうか。 【SPONSORED LINK】 // 連休は一番アルコールに依存したくなる期間 お盆、お正月、ゴールデンウイークといえば連続して休暇を取れる時期になります。 特にゴールデンウイークは長い休暇を取る人が一番多い期間になります。 特に今年のゴールデンウイークは新型コロナウイルスの緊急事態宣言が出されている都市が多く、外出する機会が少なくなっています。 そんな時にアルコール好きな人が一番気を…

  • アルコール依存症と心の関係

    春本番となり寒暖の激しい日が続いています。 こういう季節は昔から体調を壊しやすく、精神的な不調も多いものです。 会社の人事異動などもあり、人生の選択を迫るような出来事も起こりやすいものです。 転勤などでも、栄転する人の数だけ当然左遷される人もいるわけで、精神的に不安定になる人もたくさん出てきます。 今年はさらに新型コロナの影響をもろに受けた転勤なども見受けられるようです。 コロナの影響で歓送迎会が減った分、家で深酒をする人が増えているといいます。 【SPONSORED LINK】 // アルコールと精神の関係 このブログでは過去から幾度となくアルコールと精神の関係を探ってきました。 一言で言う…

  • パンデミックとストレスと戦争

    新型コロナウイルスが世界に広まってから早くも1年が過ぎました。 その間、世界の人々の生活がガラッと変わりました。 本来であれば数十年間かけてゆっくり変化するような人間の本能的な部分であっても、その数十倍の速さで変わっていくので人のストレスは大変なものになっています。 【SPONSORED LINK】 // 働き方の変化 人は数千年前から家と職場を行き来するような生活を営んできました。 もちろん家内工業などで家族全員で同じ屋根の下に暮らしている人もいますが、ほとんどの人は仕事と家庭という場をうまく使い分けて、ストレス発散をしてきていました。 それがほんの一年余りでガラッと変わり、オンラインで自宅…

  • 苦しいことがなければ喜びを感じることはできない!パンデミックで目覚めよ

    人は幸せの中にいると幸せは感じられない。 しかし不幸の中にいても幸せは感じられる。 幸と不幸、快感と苦痛、喜びと悲しみなどの感情は常に変化し変わっていくものです。 【SPONSORED LINK】 // 目標達成の喜びははかない 大学入試、就職試験、昇進、結婚などにおいて人は様々な目標を持って立ち向かおうとする。 少しでも就職に有利になるように良い学校に入るために努力する。 職場の昇進にしても結婚にしてもより良い生活ができるように人は努力する。 その夢が叶ったらどんなにか幸せなのだろうかと想像して人は突き進むのである。 しかしどうだろう、その夢が叶ったとしてもほんの束の間の幸せを感じるだけで色…

  • 平穏に耐え忍ぶ

    新型コロナウイルスが日本に蔓延し始めて早くも1年になります。 世界中の誰もが1年前とは全く違う生活を送っています。 まだ一度も大学の敷地に入ったことのない大学の新入生もいます。 飲食店や旅行業界などでは、緊急事態宣言などにより大打撃を受けて廃業する業種も増えています。 コロナによる生活苦・うつ状態などで自殺する人も大幅に増えているといいます。 これからどうなっていくのかは誰も分からないでしょう。 【SPONSORED LINK】 // 世界の見方は2分している 今投資ブームが起きているといいます。 アメリカの平均株価は過去最高値を毎日更新しています。 日本の株式も30年前の最高値を上回り平均株…

  • インターネットを格安で使う方法

    コロナ禍の中、昨年春ごろから全国的にネットのデータ使用量・通話料が急速に伸びているといいます。 コロナ対策として自宅からの遠隔会議などの実施が急速に広がり、個人でもネット飲み会など盛んになり2021年もネット使用量はうなぎ上りになると予想されています。 自分も昨年からネット時間が大幅に増えて通信量も馬鹿にならなくなってきました。 そんな中、色々調べて大幅に通信料が格安になる方法がありますので是非参考にしてください。 【SPONSORED LINK】 // 私の通信料金 自分は20年以上前からソフトバンクと契約して携帯・スマホを使ってきました。 10年前はアップルのipadなどが流行りだして、自…

  • なぜコロナのような辛い事が起きるのか・新しい時代の幕開けか

    世の中のニュース、ワイドショーなどは辛いことばかり書いたり言ったりしています。 今は新型コロナ禍なので、今年の2月頃から連日連夜コロナの報道ばかりです。 政府のコロナ対応が悪いと野党、ワイドショーは文句ばかり言ってるし、元総理の桜を見る会のことなどが今更ほじくり返されてきて議論になっています。 この100年に一度の地球規模の大災害時に、他政党を非難したり過去の数百万円くらいのお金の事を攻め立てて何になるのでしょうか。 今は100兆円規模の国債を発行したりして、まさに日本がこれからどうなるかの瀬戸際なのです。 そんな大事なことをもっと議論してもらいたいものです。 政治家もマスコミもレベルが低いと…

  • いつの世も「こんなはずじゃなかった」の繰り返し

    ほとんどの人は、「こんなはずじゃなかった」と言う苦い経験をしたことがあるだろう。 受験にしても、就職にしても、結婚にしても、いざその生活が始まってみると予想していたことと全く違い、なぜなんだと思うことは誰にでもあることではないでしょうか。 【SPONSORED LINK】 // 新型コロナウイルスのこんなはずではなかった 2020年当初は、40数年ぶりの日本でオリンピック開催の年でもあるし、景気が良くなることを期待して商売などに投資した人も多い事でしょう。 しかし3月になるとコロナ感染者が世界中で急速に増え、オリンピックも延期になりスポーツ選手だけではなく、ホテル・旅行・飲食店・エンタテイメン…

  • 新型コロナウイルスが世の中を改善させる

    世界で新型コロナウイルスが発見されてから1年が経とうとしています。 日本にコロナが蔓延してから10か月。 いまだにコロナは世界中のトップニュースとなっています。 世界中がコロナを悪者にして憎んでいますが、はたして100パーセント新型コロナウイルスは悪いのでしょうか。 【SPONSORED LINK】 // マイナスばかりではない新型コロナウイルス 数年前から四国お遍路さん、日本の南部の島、東南アジアなどを旅行してきました。 ネットなどでホテルを取れるので非常に便利なのですが旅行バブルだったのです。 中国人、台湾人などが日本、東南アジアのどこに行っても押し寄せているし、そのせいで週末などはほとん…

  • 竹内結子に思う

    あっという間の出来事とはこのことなのか。 平成の吉永小百合とも言われていた竹内結子が逝ってしまいました。なぜ人が羨むような人生を歩んできた人が自死を選んでしまうのでしょうか。 スポンサーリンク // // // 身近な人の死 人生も半場を過ぎた人は、身近な人で自殺を選んだ人を数人見てきたのではないでしょうか。 自分もこれまで4人ほどそんな人を見てきました。 いずれも竹内結子と同じような突然の自死でした。 しかも皆、人も羨むような境遇の人達ばかりです。 例えば優秀な国立大学を卒業し順風満帆に出世するように見えた人、家を新築して露天風呂まで庭に作った人など皆、幸せな結婚をしたばかりの若い女性など傍…

  • 人生はなぜ苦しいのか

    学生の時も社会人として働いてからも、定年退職し後期高齢者になった後も人生は苦しいものです。 もちろん楽しいこともたくさんあります。 例えば第一希望校に合格した、好きな人と結ばれた、希望の職種に就職できた等、ある瞬間の喜びは叶う可能性が少なかった事程嬉しく感じるものです。 【SPONSORED LINK】 // 喜びは長続きしない しかしどうでしょう、叶った夢も三か月もするとほとんどの喜びも薄れて、あんなに喜んだことが嘘のように感じるのではないですか。 喜び勇み希望校に入り三か月もすると様々な困りごと、友人とのトラブル、希望した学部内容でなかったなど様々な苦しい事が起こります。 大好きな彼女と結…

  • 新型コロナ禍での近況について

    アルコール依存症の後遺症もほとんど感じられなくなった今日この頃です。 自分の近況を久々に書いてみます。 自分は以前はアルコール依存症でした。 一日に日本酒換算で5合の酒を20歳代から30年間飲み続けてきました。 アルコールにより身も心もズタズタにされましたが、10年程前にこんな人生を歩むのなら死んだほうがましだという思いで断酒を試みました。 しかし紆余曲折して節酒することにより通常の生活が送れるようになりました。 決して平たんな道ではありませんでしたが、こんなアルコールとの付き合い方もあるということを世間に知ってもらいたくてこのブログを書き始めた次第です。 【SPONSORED LINK】 /…

  • 根底から変化させられる時代への道筋

    勝ち続けることを求められる社会。成長し続けることを求められる社会。幸せを追い求める社会。健康を求め続ける社会前にいる車を追い抜きたくなる社会気に食わない車を攻撃する社会気に食わない国を攻撃する社会 上げれば切りがありませんが、常に上昇していなければ満足できないのが今の社会の病気ではないでしょうか。終わりはないのでしょうか。終わりがないことほど辛いものは無いはずです。マラソンもゴールがあるから42kmも走ることができるのです。人種差別は無いようで確かに今も存在します。社会から外れてしまった人の救いは何処にあるのですか。 【SPONSORED LINK】 // 社会の成り立ち 社会とは人が集まって…

  • おごれる者は久しからず

    十年ほど前になりますが、東京都知事で猪瀬さんと舛添さんが相次いで辞職になった。二人とも知事になる前はよくテレビで見かけ、政治のここが悪い、あれがおかしいと評論家をしていました。 そんな二人が、内容は違うが似たような事で辞職になりました。似たような事とは、「おごれる者は久しからず」です。 猪瀬さんは副知事から都知事になった人ですが、当時の石原知事から副知事に任命され、都知事選では石原さんの後釜として押されて当選した人です。猪瀬さんは、よく東京都の職員を罵倒していたことでも有名です。何か事件があると何処の部長が悪いからこうなったとか、都政の事で批判されたら必ず誰かのせいにして、自己弁護をするような…

  • あの時描いた夢の世界にいるけど虚しいのはなぜなのだろう

    人は皆夢を持っています。 どんなに裕福な人でもどんなに貧しい人でも等しく夢を持っています。 その夢は人それぞれ違うし夢に向かう強さも人それぞれです。 【SPONSORED LINK】 // 際限ない欲望 たとえその夢が叶ったとしても、数ヶ月はその喜びに浸ることができますがすぐに普通の状況に戻ります。 夢が叶った時の喜びも薄らぎ、また何か虚しさが湧き上がってくるのです。人の欲望は際限なく続いていくのです。 もっと夢が叶った時の喜びが欲しいと。 今を楽しめない不幸 夢を叶えること、幸せな人生を送ることに目標を持ってしまうと、実はいつまでも満足した人生を送ることはできません。 それは今を生きられない…

  • 新型コロナウイルスとストレス

    今年の初めから連日マスコミでは新型コロナウイルスの話題となっています。 横浜港に停泊していた外国クルーズ船の感染者に話題が世界中で集まっていた時は、日本国内ではさほど緊迫感はありませんでした。 しかし2月の後半から日本国内でも新型コロナウイルス感染者が急増するにつれて緊迫感が増してきました。 オリンピックの延期が決まると日本中は更にコロナ一色になり緊急事態宣言が出されることになりました。 この5ヶ月間で日本人はどのようなストレスにさらされてきたのでしょうか。 【SPONSORED LINK】 // 新型コロナウイルスとうつ病 約5ヶ月間、連日テレビ、新聞、インターネットで新型コロナウイルスの報…

  • コロナウイルスと依存症

    コロナウイルスにより日本全国に緊急事態宣言が出されました。 いよいよ欧米のような大混乱を招くかどうかの瀬戸際になりました。 ほとんどのテレビが連日不要不急の外出禁止、テレワークの推奨などにより他者との接触を8割減らすように求めています。 欧米では外出禁止によりDV(家庭内暴力)が急増していることが報道されています。 人々のストレスが溜まり、イライラが爆発しそうになっているのは日本も同じことでしょう。 【SPONSORED LINK】 // 依存症になる環境 これだけ毎日同じようなことが報道され、外出もままならない状態になると人々の精神状態も大変くたびれて、ストレスが急上昇してきます。 例えばパ…

  • コロナウイルスの逆襲(3)

    4月6日になりコロナウイルスの感染者は世界で100万人、死者は5万人を超えました。 途上国はほとんど感染の検査をしていないので、公表されている感染者数の10倍は間違いなくいるはずです。 日本でも感染者は4000人になり死者も100人を超えました。 しかし日本はウイルス検査による医療崩壊を国を上げて恐れていてほとんど検査をしていないので、感染者は発表されている感染者の100倍はいると思われます。 今現在日本で40万人が感染していると仮定すると、250人に一人が感染していることになります。 これから爆発的に感染が広がりイタリア、アメリカと同じ状況になるのはもう避けることは出来ないでしょう。 【SP…

  • コロナウイルスの逆襲(2)

    コロナウイルスもパンデミックとなり、世界では第二次世界大戦以降最大の危機と大混乱になっています。 世界で30万人以上がコロナウイルスに感染して、12000人以上死亡しています。 世界が混乱の中にいるため、感染者数も死亡者数も実際はこの倍はいるといわれています。 一月前までは、中国以外の国はほとんど感染者がいなかったのになぜこんなに爆発的に増加しているのだろうか。 そこにはウイルスの隠された秘密があるからではないでしょうか。 【SPONSORED LINK】 // 爆発的な広がりの謎 コロナウイルスの類を見ない爆発的な広がりは、症状が無い感染者がたくさんの人に感染させていることだという。(潜伏型…

  • コロナウイルスの逆襲

    いよいよコロナウイルスも世界的に蔓延してきました。 日本でも数百人の感染者が出て収束する様子はありません。 今回のコロナウイルスの拡大で思うことを書きたいと思います。 【SPONSORED LINK】 // ウイルスも懸命に生きている 地球上の生命体は人間だけではなく、ウイルスから一番大きいものではクジラまで数え切れないほどの生命体がいるといって良いでしょう。 それらに共通することは皆生き延びることが本能であり、それがなければすぐに絶滅してしまうということです。 ウイルスであろうとクジラであろうと人間であろうと、宇宙的に見ると皆同じ価値の生命体なのです。 人間はウイルスのように小さくないし頭脳…

  • 健康の心地よさに気づくとき依存する気持ちは薄らいでいく

    年代を問わず食欲は人間の本能の中で一番、人に楽しみをもたらしてくれるのではないでしょうか。 また趣味・娯楽なども生きていくうえでの支えとなり、人生に潤いを与えてくれるものです。 しかしアルコールに依存すると何を食べても美味しくないし、何をしても楽しい事が感じられなくなります。 【SPONSORED LINK】 // アルコールの魔力 アルコール依存症でなくても、酒を常飲してる人は胃も肝臓も疲弊していて食欲も落ちているし新鮮でおいしい食材でも美味しく感じることは少なくなります。 脳内セロトニンも減少しているために常にうつ状態になり何をしても楽しく感じられません。 身も心もボロボロになっているので…

  • 社会って何だろう!心の時代へ

    勝ち続けることを求められる社会。成長し続けることを求められる社会。幸せを追い求める社会。健康を求め続ける社会前にいる車を追い抜きたくなる社会上げれば切りがありませんが、常に上昇していなければ満足できないのが今の社会の病気ではないでしょうか。終わりはないのでしょうか。終わりがないことほど辛いものは無いはずです。社会から外れてしまった人の救いは何処にあるのですか。 【SPONSORED LINK】 // 社会の成り立ち 社会とは人が集まって生活を営むその集団と定義できます。古代から人が集まると必ず生活を営む集団が形成されます。集団を作った方が効率的に食料の確保ができるし、外敵からの防御にもなります…

  • アルコール依存症になる前に考えること

    お正月も終わり、アルコールに依存した人が確実に増えていることと思います。 連休になると禁酒する人は減り、職場に行かなくて良いので朝から飲酒する人が増えるからです。 前日の新年会の深酒のため極度の二日酔いになり、その苦痛を和らげるために朝から飲む癖が付く人も連休には多くなります。 アルコール依存症予備軍から本格的なアルコール依存症になるのも、こんな連休の連続飲酒が原因になる事がほとんどなのです。 その結果、心はどの様に変化して行くか自分の経験から書いてみたいと思います。 【SPONSORED LINK】 // ストレスからの解放 今は何処の職場もストレスだらけで、休日が唯一のストレス発散の機会に…

  • アルコール依存症にならないために

    アルコール依存症の人は予備軍を含めると1000万人以上いると言われています。 これは大人も子供も含めて10人に一人は何らかの形でアルコールに依存しているということになります。 自分のアルコール依存症だった過去の教訓から、少しでもアルコールに依存しないようにするための方法を書きたいと思います。 【SPONSORED LINK】 // アルコール依存症になりやすい時期 自分の経験から、お正月、お盆、ゴールデンウイークが一番アルコール依存症になりやすい危険な時期ではないでしょうか。 それは連続飲酒に入りやすいからです。 連続飲酒とは1日中酒を飲んでることです。 普通は夕方から酒を飲み始めて就寝して翌…

  • 耐え忍ぶことが人生!困難を乗り越えることは人生を豊かにする

    運命は決まっていると言う人がいます。 生まれてくる前に自分の生きる人生を決めて生まれてくるというものです。 いやそんなことはない、それではあまりにも人生はつまらないではないかと言う人もいます。 【SPONSORED LINK】 // 運命の不思議 人生には必ず波があります。 良いことがあれば必ずその後には悪いことが起きます。 良い事が人生のすべての時期に続くと言うことは決してありません。 その逆に人生のほとんどが悪いことばかりだったということもありえないのです。 もしもそうだと思う人がいるのなら、その人は余程偏った考え方をしていると思った方が良いでしょう。 どちらにしても良いこともたくさんあり…

  • 依存症はなぜ無くならないか

    薬物依存の事件が止まりません。 今年に入ってから俳優のP、元アイドルグループメンバーT、元五輪選手K、女優のS、またまた何回も逮捕されてる元タレントのTなど多くの有名人が逮捕されています。 これも氷山の一角と言われているので、有名人だけでも三桁の数の人達が薬物に依存しているとも言われています。 薬物依存は違法なので表面に出てきますが、アルコールなどの合法の依存も芸能界だけで百人以上はいると予測されています。 【SPONSORED LINK】 // 依存症の実態 アルコールも立派な有害物質であり、大麻やLSDより身体への有害性と依存性は高いと言います。 合法化されているので罪悪感は少ないけれど体…

  • 心と体は繋がっている!病気になる人とならない人

    学生時代の一泊二日の観楓会を兼ねた同窓会に行ってきました。 卒業して数十年が経つというのに人の性格は本当に変わらないものだとつくづく感じました。 そして心と体は繋がっていることも再認識しました。 【SPONSORED LINK】 // 普通と違う生き方 学生時代からよく周りに対して文句を言う人がいました。 現在もその当時とほとんど変わらずによく文句を言います。 何かがあると自分以外の外の事が原因であると常に考えているのです。 要は被害妄想の念が強いのです。 文句を言うのは当然本人の口からになります。 その人は10年以上前から呼吸器系の病気になり、どこに行くにも呼吸器の医療器具を携帯して外出しな…

カテゴリー一覧
商用