searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

yuurakusai2のブログさんのプロフィール

住所
日立市
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
yuurakusai2のブログ
ブログURL
https://yuurakusai2.muragon.com/
ブログ紹介文
手間をかけない小さな庭の物語♪(クリスマスローズ等、四季折々の花々を投稿していきます♪)
更新頻度(1年)

20回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2017/01/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、yuurakusai2のブログさんの読者になりませんか?

ハンドル名
yuurakusai2のブログさん
ブログタイトル
yuurakusai2のブログ
更新頻度
20回 / 365日(平均0.4回/週)
読者になる
yuurakusai2のブログ

yuurakusai2のブログさんの新着記事

1件〜30件

  • お気に入りの黒花エース級は、ブロッチ入り

    ブラックばかり花壇に植えていると、いつの間にやら。。 くらーい暗い花壇になっていた(汗 我が家の黒花エース級は↓どど~ん↓ 咲くとこんな感じ↓ブロッチ入り、ぼろっち?(爆 皆様、いつもナイス応援有難うございますペコリ(o_ _)o)) 励みになりますので、よろしかったら↓の...

  • 魅せられて、

    もう10年程前になるが、黒花の圧倒的存在感に魅了されてしまった↓(汗 青みがかった黒花だが、自然界にこれ程の黒みは他に見たことがない。 それ以来、園芸店等で見つけるとさらって来てしまう↓(笑 さってと、今日は仕事の合間にガーデンセンターへ行ってみよう ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ ...

  • 皆様、またよろしくお願い致します♪( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

        皆様、お久しぶりです~♪お元気でしたでしょうか~♪ クリスマスローズの季節になりました( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ 寒い日が続きますが、庭の花々もボチボチ顔を覗かせてくれるのでは ないかと期待しております^^ では、クリローいっぱ~つ目はこれです↓ く おまけに雪割草↓華や...

  • クリスマスローズ物語 最終話、皆様有り難うございました♪

    皆様、沢山のナイス応援、コメント、ありがとうございました。 短い間でしたが、皆様から沢山のパワーをもらい感謝致します♪ またクリスマスローズが咲く頃に、会いましょう~ ではまたね♪

  • さらば、ホーチミン♪

    ホテルピックアップは21時30、チェックアウトが18時。  その間は高島屋で時間潰しとお土産探しをしてみた。 (日本を代表する老舗百貨店「高島屋」がメインで入居する大型ショッピングセンター「サイゴンセンター」が2016年7月30日(土)にホーチミンにオープンしている) ビナ...

  • アフタヌーンティーを貴女と♪

    1FのラウンジでJTB特典の「アフタヌーンティー券」を使ってみた。 (滞在中1回利用出来るというので明日帰国だからね) ほとんど期待していませんでしたが、、なんと↓凄っ!! 驚きの凄さでした♪ 味は大変良いのですが、、なんせ量がハンパない;; こんなに二人で食べれるわけない...

  • さぁ、街へ繰り出そう♪

    優雅なバロック様式の通称『オペラハウス』と呼ばれる市民劇場↓ ここから、ドンコイ通りの「トンボ」本店はすぐ近くにある 別名『聖母マリア教会』とも呼ばれるこちらのサイゴン大教会は、           19世紀末に建てられたネオ・ゴシック様式の素敵な教会。          ...

  • 限りなく透明に近いブルーな世界

    クラブルームで飲んでると、宵闇が広がっていた。 窓の外は幻想的な景観に、、↓ 暫し、うっとりしてしまう 朝食は2Fの「ラ・ブラッセリー」で戴くことにする (クラブルームでも飲食出来るが「ラ・ブラッセリー」の方が品数が多いとの情報に依る) 流石に品揃え等は、かなりのクォリティ...

  • お目当てのものって?

    甘いものに飽きたら、 ハッピーアワーに突入だぁ!!ホットミールが三種、巻き寿司、そしてあれ・・・ これはもう、ディナー以外何者でもない! クラブラウンジ凄すぎだわって貸し切り状態だしね(爆 でたぁ、お目当てのもの、、↑バインミー♪ 食べごたえがあって、なかなか美味しい、ベト...

  • サイゴンの夜

    ニッコーサイゴンを庭から撮るとこんな感じ↓23Fは最上階だった 部屋は、17Fでなかなか広くて使いやすい印象 さすがはJrスイートというわけだ↓ リビングにもテレビがあるし、電化製品がオールジャパン バスルームは広くて使いやすい印象、洗面台が2つあるのも 嬉しい♪ トイレは...

  • バインミーってどんな味?

    マダム「本場のバインミーを食べたいわね」 遊楽 「ドキッ・・・」 マダム「とぼけないで、さぁ行くわよ」 遊楽 「って、何処っすか?」 マダム「ホーチミンに決まってるでしょう」 遊楽 「(o_ _)o...ぱた」 ってな訳で、バインミー食べにベトナム「ホーチミン」へ行く事に(...

  • うたかたの夢

    「美沙子、少し歩こうか?」  彫りの深い横顔にウェーブのかかった煌めく黒髪が靡く。   漆黒の瞳が私を見つめて微笑んでいる。 これは夢なの? 「一緒に行ってもいいの?」 「折角、美沙子が来てくれたんだもの……」 あのひとは、私の肩をそっと抱いて歩き始めた。 「何処へ行くの?...

  • 優しい瞳

    「女将さん?どうしたんですか?」  琴江が訝しげに私の顔を見ている。 「琴江さん、今夜もこれ食べたいわ。買ってきてくれる?」 「はい、直ぐ売れきれちゃうから昼頃行って買ってきます」 「じゃお願いね」  そうだ、今日は日曜日。  図書館へ行ったら、もしかしたらあのひとに会える...

  • 静かな雨

     静かな雨音が聞こえる。  身支度を整えて、唇に薄く紅をさす。 「女将さん、朝食の準備が出来ました」  襖の向こうから、今年から住み込みで働いている琴江の声がした。 「はい。今、行きます」  私は、三ヶ月前に朝倉の家を継いだ。  朝倉は芸妓置屋として、この界隈では有名だ。 ...

  • 元カノ

    「持ってる……」 「え?どこにあるの?」 「俺のキャリーバッグの中に包んである」 「そう、あったのね……」  途端に美沙子の表情が歪んで、頬を一筋の涙がこぼれ落ちた。 「ずっと、逢いたかったの。でもあたしは仙台の親戚の家に預けられたわ」 「そうだったのか……」 「もう戻って...

  • 封印された記憶

      その日はからっとしない空模様が朝から続いていた。   夕方から、静かな雨が降っている。  俺は食品部の皆を先に帰して店頭のケース内を布巾で拭いていた。  ふっと入り口付近のざわめきが静かになってるのに気がついた。  いつなら店員達が帰り支度を始めて賑やかな話し声が聞こえ...

  • 雪の妖精

     突然、真っ白なコートを羽織った若い女性が飛び込んできた。    白い息が弾んでいる。  急いで駆けてきたようだった。首に巻いたマフラーも白い、まるで雪の妖精が現れたようだ。  その女性は俺を見つけると、ぶつかるように胸に飛び込んできた。  佳子だった。  「あたしを連れて...

  • 大切なもの

    「事情がありまして、今夜で辞めさせていただきます」  俺は軽く頭を下げて告げた。 「うん、分かってる」   主人は女将から大体の事は聞いているのだろう。黙って封筒を差し出した。  今月分の給料だろう。 「有難うございます。お世話になりました」  頭を下げて旅館を出た。  湯...

  • ひとひらの雪

      この場で佳子との結婚の了解を得られなかったということは、   これから佳子と会うことさえ難しくなるのだろう。     たぶんもう駄目だろう  俺がこの街にいることが佳子を苦しめる事になる  儚い恋だったと諦めるしかないのだろう     悲しい事だが仕方がない  外に出る...

  • 素行調査

    「そうですか……」  たったそれだけの会話だった。  たぶん、佳子との結婚を遠回しに断ってるのだろう。      大場家の兄弟姉妹達の冷ややかな視線を全身に浴びながら、そう感じていた。  俺が訪ねる前に大場家では家族会議が開かれ、結論は出ていたのかもしれない。 父親の惣士郎...

  • 温泉街は銀世界

     その日は明け方からサラサラと雪が降り続いて、    温泉街は一面の銀世界になっている。  午後の休憩時間に、女将から大場家の両親が俺に会いたがってると告げられた。  今夜、来られるかと問われたので行くことにした。   そうか、とうとう佳子との親密な関係が、両親の耳に入った...

  • 花嫁修業

     炭鉱長屋と通りを隔てた一角に佳子の実家が見えてきた。  二階建ての大きな家屋で入り口が二つあった。右側の入口には大場商店と看板が掛けられている。左側の入口の引き戸を開けた。 「ごめんください。遊楽と申します」  俺の声は響き渡る程の大きさではなかったが直ぐに襖戸が開き、転...

  • 希望が残る

     美月は語り終えると、                                俺のグラスにライフログを注ぎ込んだ。 「美月、パンドラの箱に蓋をしようか」 「えっ?蓋ですか」 「蓋をしてしまえば箱の底には「希望」だけが残る」 (fin)

  • 幸せな人間は・・・

     すってんてんにされなかっただけありがたく思っている けれど千代子さんが大事にされていたと思うと胸が痛い それも千代子さんが「あなたと同類」の環境に属する人間だったからだ 私は発達障害疑いといっても、経歴からすれば恵まれたお嬢ちゃんに過ぎない あなたと似ているなど、とんでも...

  • 半グレ達の宴

    彼からすればただの金づるどころか 「世間知らず」「お嬢様」と言われるような 面白くない憎むべき存在だったのだろう  彼を失いたくなくて差し出すお金を フン、とひったくるようにして  はっきり「便利だ」「俺のロボット」と 性被害にあって自尊心が低下していることさえ 「俺なんか...

  • パンドラの箱

    「いつものモエ・シャンドンですか?」  美月は俺の傍らに座ると微笑んだ。 ふわりと漂う甘い香りが心地よい。 「今夜はライフログにしようかな」 「あら、珍しいですね」  美月は一瞬驚いた表情をしたが、直ぐにロックグラスに注ぎ入れた。 「ライフログはね、塩っぽくてドライという強...

  • Side:美月

     静かな雨音が聞こえる。 少し開いてる窓から、するりと微風が入り込んで頬を撫でていった。 薄っすらと瞼を開けると、いつもの因幡杉で貼られた天井が見える。  とても切ない夢をみていた気がするけれど、思い出せないのがもどかしい。 でもあのひとの笑顔だけが何故か記憶に残っている。...

  • 閑話休題、美しすぎる新人

    「あの子が新しく入ったのよ」 「ほぅ、なかなかの美人さんじゃないか」 「そうね、もう指名客がついてるわ」  久しぶりに、俺はクラブ「マリエ」で飲んでいた。 仕事納めという事もあり、店内はかなり賑わって、ホステス達が忙しそうだ。 「凄いな、んじゃ彼女、何か惹きつけるものを持っ...

  • 閑話休題、専属モデルって誰の事?

    雛子「わぁ、専属モデルさんがいるなんて素敵ね♪」 遊楽「川崎さんの奥様がモデルさんなんだよ」 雛子「うふっ、奥様がモデルしてくれるなんて、アツアツね」 遊楽「そうだね、でも川崎さんは蜜蜂の様に奥様の周りを飛び回って大変らしいよ」 雛子「ねぇ、あたし、専属モデルになってあげよ...

  • さらば、バンコク楽しかったよ♪

    早々とカクテルタイムに突入!! ラウンジで初めて人を見かけました(笑 天ぷらですよ、、↑ 隣のオージーがどうやって食べるのか、自分達を見ています(爆 山里から運ばれてきた様な気がします。 和テイストの小皿が沢山あります。さすがオークラですね d(^-^)ネ! 焼き鳥に賀茂な...

カテゴリー一覧
商用