chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • 【釣】釣行前記 (2022/09/17 野毛屋)

    先週のLTアジに続き、2週連続で釣行しようと思いたったのはシーズン末期だろうマダコ。野毛屋さんではハイシーズンは常時出船だったところが、最近はマダイの裏、潮が小さい時の釣りものに切り変わった。そろそろシーズンも終わりだろうからね。前回のマダコ釣行では釣り方に迷いが出て3匹止まりだった。シーズンを締めるにあたっては、納得した釣りで気持ち良く終えたいもんだ。冷凍庫の在庫を増やすためにも、シーズンラストになるだろう仕入れに行って来ます。🐙【釣】釣行前記(2022/09/17野毛屋)

  • 【食】アジの刺身・フライ・なめろう・さんが焼き・干物

    野毛屋さんでの午前アジは18匹の釣果。どれも型が良いから食には十分な量ですよ。釣行当日は良さげな1匹を刺身で。(間違いないね。)アジの刺身。釣りたてコリコリの身に程よい脂の乗り。さっぱり爽やかな旨味が堪らんね。「旨っ!」皆で箸が止まらない。この身を味わえるのは釣ればこその釣り人の特権だ。(2日目の。)翌日も刺身にしてみた。身に張りがなくなった分、旨味が濃くなったろうけど、初日の評判の方が上回ったな。(定番ね。)アジのなめろう。42cmの半身で仕立てたらこの量だ。皆で取って、オン・ザ・ライスで長男がガッツリいっても余ったよ。毎度裏切らない旨さね。(外せない。)アジフライ。アジでは絶対外せないメニューだ。サクフワのこのフライは外じゃなかなか食べれませんぜ。タルタルソースをたっぷり乗せてかぶり付くと最高よ。(集...【食】アジの刺身・フライ・なめろう・さんが焼き・干物

  • 【釣】初下ろしで苦戦のLTアジ (2022/09/10 午前アジ 野毛屋)

    アジ釣りを決めたものの、9月10日(土)は風の予報がなかなか定まらない。一時は10m近い北風が吹く予報だったんで前日昼まで様子見し、風速6~7mに治まったのを見て予約の電話を入れた。「これで満船ですよ。」と旦那さん。ギリギリ滑り込みセーフだった。予約は早めにすべきですね。(毎度。)野毛屋さんに5:10着で20番目。この日はアジ船、フグ船も満員御礼で宿前は人でごった返してる。6:00を過ぎてようやく落ち着いたところで受付する。すると、テーブルの上に「野毛屋ガチャ」なるガチャガチャが置いてあるではないか。1等が9,000円の乗船券で1/99の確率。2、3等も割引券で、ハズレはピンバッチ。色々と考えてるね。1回500円でガチャしたところ、見事にピンバッチでした。(これね。)釣り座は左舷大艫をゲット。胴の間には団...【釣】初下ろしで苦戦のLTアジ(2022/09/10午前アジ野毛屋)

  • 【感】真夜中にヤツに刺される

    先週のある日の夜中。スヤスヤと寝ていたところ、右足小指に電撃のような痛みが走り、飛び起きた。小指の第二関節辺りがジンジンと表面よりは芯に来るような痛みを感じる。過去に何度か右足親指の付け根が痛むことがあり、「痛風か!?」とドキドキしているのだけれど、今回は小指。小指側が痛むこともあるのか?と思いつつ暗い中で小指をさすって確認してみるものの、特に異常は見当たらない。一体この痛みは何なんだ?寝床で我慢してウダウダしてるうちに眠りに落ちてしまった。翌朝。小指の痛みは消えてるし、見たところ異常はない。あの痛みは何だったのか、と思いながらも朝の支度を済ませて会社に行く。会社で昼を迎える頃になると小指がムズ痒くなってきた。昼休みに靴下を脱いで確認すると、小指が赤く腫れあがってる。こんなのは初めてなんで確証はないものの...【感】真夜中にヤツに刺される

  • 【釣】釣行前記 (2022/09/10 野毛屋)

    今年のショウサイフグの「寄り」は、8月半ばから始まって9月に入っても勢いは衰えない凄い状況だ。とは言え、前回釣行で満足したんでおチビ相手は今年はもういいかな。寄りフグでは湾フグ特有の繊細な駆け引きがないから、数が釣れても物足りなさを感じるのですよ。釣れて文句を言うとは贅沢ですがね。ならば何を釣りに行こうか。夏が旬で定期的に無性に食べたくなる、釣り味よりも食味が優先のアジが思いたった。アジはアジでなかなか奥が深い釣りだから、修行としても良いだろう。脂が乗った爽やかなアジの刺身を食べたいな。🐡【釣】釣行前記(2022/09/10野毛屋)

  • 【釣】親子DEエンジョイフィッシングスクール (2022/08/28 カサゴ 島きち丸)

    JOFI神奈川が主宰する「親子DEエンジョイフィシングスクール」。釣りが始めてや初心者の親子向けに、JOFI神奈川のインストラクターが同行して支援しつつ、釣りを楽しみましょう。というイベントです。8月の開催はカサゴ。釣り教室では初の釣りものです。8月28日(日)に片瀬漁港の島きち丸さんで開催しました。私は今年2度目のサポートです。新任インストラクターも増えたので、それぞれが割り振られた回のみの出番になります。この日は雨が絡む曇天の予報で、風が吹くとひんやりする気温でした。天気は良くないですが、強烈な日差しに炙られるよりも釣りには良いコンディションでしょう。残念ながら1組がお子さんが発熱とのことでキャンセル。総勢19名を8名のインストラクターでサポートします。私はJOFI神奈川役員のお孫さんの大学生グループ...【釣】親子DEエンジョイフィッシングスクール(2022/08/28カサゴ島きち丸)

  • 【食】ショウサイフグ新子のチリソース炒め、塩焼き、湯ぶり

    ショウサイフグの新子寿司を味わった翌日の月曜日から仕事で帰りが遅くなり、ペーパーを替えてはいたものの、残りの身は冷蔵庫に寝かせたままだった。1週間経っては生食は厳しかろうと、火を使った料理で残りの新子を平らげますか。(3匹分で。)ショウサイフグ新子の塩焼き。次男が不在なんで3人で1人1匹分ね。半身に塩を当てて暫し置き、グリルで焼く。シンプルだけどストレートにフグを味わえる品だ。淡白なんでおかずにはちょっと物足りないけど、一品料理としてはイケますよ。家族の評判良し。(2匹分で。)ショウサイフグ新子の湯ぶり。新子の身を10秒ほど湯がいて氷水で冷し、ぶつ切りに。半生の身をポン酢で味わう。寝かせ過ぎたから弾力に欠けるけど、何ら問題なし。かみさんは警戒して箸を着けなんだ。(定番ね。)ショウサイフグ新子のチリソース炒...【食】ショウサイフグ新子のチリソース炒め、塩焼き、湯ぶり

  • 【食】ショウサイフグの新子寿司

    野毛屋さんでの寄りフグ釣行の釣果は39匹。新子サイズは生でいただくのが良かろうと、釣行当日は刺身でいってみる。(艶々だ。)ショウサイフグ新子の刺身。小さい身を削ぎ切りにするのが難しかったから、半身のままで良かったかな。透明感がある身はプリプリで味が濃い。これは旨いわ。新子ならではの期間限定のお楽しみだ。(新子サイズはこれね。)翌日。その新子で寿司を仕立てるぞと宣言しておいたんで、仕込みに入る。いつもはショウサイフグを塩フグにしてから握るのだけど、新子に塩を当てては塩味がきつくなるだろう。そこで、(初めて使います。)ピチットシートが登場。浸透圧で食材の水分を抜くという優れもののシートだ。先般フィッシング相模屋へ行った時に買ったのですよ。(シートで挟むだけね。)3枚下ろしの半身をシートに挟み、冷蔵庫へ。刺身だ...【食】ショウサイフグの新子寿司

  • 【釣】寄りフグでおチビと戯れるも心境は複雑 (2022/08/20 ショウサイフグ 野毛屋)

    寄りフグで連日50匹を超える釣果が出てるショウサイフグ。好調故に本日は予約で満船だそうだ。5:00着で15番目なものの、宿並びの駐車場に停められた。ラッキー。(毎度。)釣り座は右舷艫4、5、6番の並びをチョイス。艫側からT1さん、Kくん、自分の並びだ。満船だけど、コロナ対策で釣り座を空けてるから余裕があるよ。(本日は10号船。)寄りフグは根に着いてるようで、胴突き仕掛けでの釣りになる。出船前に船首に集まって健船長から釣り方のレクチャーがある。要領はカワハギの弛ませ釣りやマルイカのゼロテン釣りとのこと。ポイントは、ゼロテン時にラインを張らずに弛ませてハリを食わせることにある。張ったままだとハリ掛かりせず、掛かってもバレやすいとのこと。(出船。)定刻前の7:00に出船。今日は曇り空で過ごしやすく、走る風が心地...【釣】寄りフグでおチビと戯れるも心境は複雑(2022/08/20ショウサイフグ野毛屋)

  • 【釣】釣行前記 (2022/08/20 野毛屋)

    なかなか釣果が上がらなかったショウサイフグは、ここに来て爆釣が続いてる。所謂「寄りフグ」と言われる状況で、おチビの新子が群れで固まってるのだね。ショウサイフグの刺身はおチビの方が旨いんで、新子の刺身を味わえるのは期間限定。これは行かねばならん。寄りフグって秋が深まった頃の印象だったのに、8月の半ばから始まるとは海の中でも温暖化の影響が出てるのだろうか?今回もT1さんと釣行。更にT1さんの息子さんKくんも同行する。この3人での前回釣行は野毛屋さんでトラフグだったのだけど、見事3人ともボウズ。今回はボウズはあり得ないから、おチビらに癒して貰いましょう。🐡【釣】釣行前記(2022/08/20野毛屋)

  • 【感】フィッシング相模屋で神奈川ペイでお買い物

    電子決済で最大20%のポイントが還元される神奈川ペイ。第2弾が7月19日から始まってますよ。(ポイント還元期間が7月19日~11月30日、ポイント利用期間が7月26日~1月31日だそうです。)総額50億円、一人上限30,000円となれば使わな損。第1弾の時と同様に家から1時間掛けてフィッシング相模屋へ行き、ポイント還元の利益にあずかってきましたよ。(買っちゃいました。)買ったのは、LIGHTGAMECI4+Type73HH185。船釣りを始めて初めて買った竿が、LIGHTGAMECI4Type82M200。買って7年経つんでそろそろ新調しても良いかなと、今度は73調子をチョイス。シマノのガングリップが手首への負担が軽減されて楽なのよ。73のHHと82のMHと悩んで、何度もオモリをぷら下げて調子を比べて決定...【感】フィッシング相模屋で神奈川ペイでお買い物

  • 【食】マダコの刺身・アヒージョ

    野毛屋さんへのマダコ釣行はたったの3匹。いずれも小型じゃ多くの食は望めない。数が少ないから今回は冷凍せず、釣行当日に茹でまで済ませちゃう。(トリプルタコ。)夏休みの子供らが、翌日から妹夫婦の家に泊まりに行くんで、茹でた2杯を持たせる。残るは1杯だけど夫婦2人なら十分ね。(足2本でこのくらい。)マダコの刺身。2人だから足2本で十分でしょう。身は柔らかで旨味が濃く、吸盤のコリッとする歯応えも良いね。(久し振り。)マダコのアヒージョ。少ない量で満足度が高い品は何かと考えて、久々に仕立てた。「小型はアヒージョが旨いよ」とユキちゃん船長にも勧められたしね。(バエますね。)ニンニクと鷹の爪で香り出ししたオリーブオイルに、マダコにジャガイモ、ブロッコリー、プチトマト、カラーピーマン、マッシュルームを入れて軽く煮立てる。...【食】マダコの刺身・アヒージョ

  • 【釣】迷いが生じて貧果に終わる (2022/08/11 マダコ 野毛屋)

    T1さんとの久々の釣行なものの、野毛屋さんでは前日のマダコの釣果が奮わなかったのが気になるところ。前日はフグも撃沈とのことで、海のコンディションが下降したということでしょうか?車中でヤバいかもと不安を口にしつつ、野毛屋さんに5:00着で17番目。(毎度。)開店を待ちつつ、常連さんがいないことで更に不安が上乗せされる。常連の皆さんは鼻が効くようで、これまでも厳しい日には乗ってないのですよ。釣り座は左舷艫2、3番の並びをチョイス。(本日は1号船。)マダコ船の左舷は9名。右隣から6名が団体さんのようだ。右舷の方が少なく5名だったかな。毎度出船前は朝日に炙られるんで、ハンディファンを首からぶら下げて準備する。日焼け止めを塗るのも忘れませんよ。(潮はこんな感じ。)T1さんはマダコ釣りが初なんで、ユキちゃん船長に釣り...【釣】迷いが生じて貧果に終わる(2022/08/11マダコ野毛屋)

  • 【釣】釣行前記 (2022/08/11 野毛屋)

    コロナ禍にあって、釣り仲間のT1さんとは久しく一緒に釣行できておらず、前回6月のフグ釣りが1年振りの同行だった。そのT1さんと昨年、タコ釣りに行こうとして、T1さんはタコ専用竿を購入したものの結局行けず仕舞いだった。1年間買った竿を寝かし続けたT1さんに更に我慢をさせる訳にはいかない。好調に釣れている東京湾産天然マダコを獲りに行きましょう。T1さんの竿に1年越しで魂入れをしましょう。前回7月の釣行時は小ダコばかりだったけど、あれから2周り潮が進んでマダコも大きくなってるはず。(前回釣果ね。)「冷凍庫が一杯だからタコはいらん」と、かみさんから言われたところ、T1さんを連れていかねばならんから、とダシに使って説得し、今季ラストだろうマダコの仕入れに行ってきます。大ダコを仕留めて参ります。冷凍庫に収まりきるだろ...【釣】釣行前記(2022/08/11野毛屋)

  • 【感】ふくしま館MIDETTEで会津の物産を爆買いする

    地方県の物産品や名産品を販売するアンテナショップは都心に集中しているものの、福島県のショップはMIDETTE(みでって)の愛称で日本橋にある。MIDETTEとは「見ていって」の福島訛りを英字表記したのでしょう。日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ)日本橋ふくしま館MIDETTE(ミデッテ)は福島県の首都圏情報発信拠点MIDETTE福島の物産を紹介・販売をしています。日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ(こちらね。)そのMIDETTEで、期間限定で会津若松のJA直売所「まんまーじゃ」からの直送野菜を売ってる情報をかみさんがキャッチした。会津若松にある義母の実家に行った際には、必ずまんまーじゃに寄って野菜を買って帰るのが恒例なんで見過ごせない。まんま~じゃ(福島県)の詳細情報|福島県の直売所一覧|...【感】ふくしま館MIDETTEで会津の物産を爆買いする

  • 【食】ショウサイフグの刺身・カシューナッツ炒め・カワハギとサバフグの煮付け

    野毛屋さんでのショウサイフグ釣行は課題ありありの4匹の釣果。これにレコードサイズのサバフグとカワハギが3匹付いたから食には十分だ。釣行当日は、まず刺身ね。(左ショウサイ、右カワハギ。)ショウサイフグとカワハギの刺身。どちらも美味で、見た目はそう変わらないのだけど、ショウサイにはポン酢、カワハギには醤油が合う。味もそう遠くはないと思うけど、旨味の質の差なのかな。「やっぱりカワハギだな」かみさんの決まり文句が今回も出ましたよ。(可愛いですが。)白子ポン酢。4匹のうち1腹だけ白子が取れた。今季ラストの白子だね。小さいのを大事に味わわせて貰いました。これでまた一年、次のシーズンまでお預けね。そして翌日。(定番メニュー。)ショウサイフグのカシューナッツ炒め。ツマミ用にカルディの素焼き無塩ミックスナッツがあったんで思...【食】ショウサイフグの刺身・カシューナッツ炒め・カワハギとサバフグの煮付け

  • 【釣】ラスト白子にレコード級をゲットするも足らずを知る (2022/07/23 ショウサイフグ 野毛屋)

    直近3回が他の釣りものだったんで久し振りだと思ってたけど、フグ釣りは1ヶ月半振りでしたね。野毛屋さんに4:50着で9番目、土曜日とは思えない平日並みの番手だ。釣り座は左舷艫2番目をチョイス。本日は実釣時間がずっと上げ潮なんで艫有利ね。(潮はこんな感じ。)この日のフグ船は左舷5名の総勢11名。ユキちゃんのマダコ船も同じくらいかな。俊船長の午前アジ船が札止めの満員御礼。アジの旬だし、夏休みに入ったしで大盛況だね。(右がフグ船、左がアジ船。)早々に船に移動して準備。左舷は5人なんで余裕の釣り座ね。左舷だと出船前の朝日をまともに受けてジリジリと炙られるのを、携帯扇風機を首から下げて何とかしのぐ。大量のドリンクと扇風機は必需品です。(出船。)出船して東進、東京湾を横断する。海堡の南を通り富津岬を越えても更に東へ、大...【釣】ラスト白子にレコード級をゲットするも足らずを知る(2022/07/23ショウサイフグ野毛屋)

  • 【釣】釣行前記 (2022/07/23 野毛屋)

    今年のショウサイフグの白子シーズンは、盛り上がりなく、どちらかと言えば、厳しい状況のまま終息しつつある。シーズン中にまだ2度しか乗っておらず、白子を味わったのも2回だけ。毎年あれやこれやで白子を堪能するところが、今年は圧倒的に食い足りん。尿酸値のためには良いのでしょうがね。このままではいかん。シロギス、タチウオ、マダコと、ここ3回は別の釣りものに浮気してたけど、やはり本命はフグですよ。分かったような気にさせられてはそっぽを向かれ、たまに優しくなると思えば手厳しいしっぺ返しを食らう。こんなにヤキモキさせられるのに、やっぱり本命なんですよ。釣果が伸びず、手強い状況が続こうが、それに立ち向かってこそ釣技が上達するというもの。シーズンラストになるだろう白子を手に出来るか分からんけど、苦難上等でショウサイフグ釣りに...【釣】釣行前記(2022/07/23野毛屋)

  • 【食】東京湾産天然マダコのタコ焼き 2022-2回目

    野毛屋さんで仕入れた東京湾産天然マダコを刺身、唐揚げ、タコ飯で堪能した1週間後、タコ飯と双璧を成すマダコ料理を仕立てますよ。お待ちかねのタコ焼きですぜ。(茹でたてね。)家族4人で80個焼く勘定で足1本を5つに切ると、8×5=4040×2=80でマダコは2杯必要な計算。計算通りに足を切り分けて、余った胴は刺身として摘まみましょう。(準備オッケー。)道具と具材を整え、傍らに自分はビール、かみさんと子供らにはサワーをスタンバイ。いざ、焼きに入る。(香り立つ。)穴に対して半分くらい生地を流し入れてマダコの切り身を投入、追加の生地で溢れさせる。そこに天かす、紅しょうが、小ネギを満遍なく散らし、焼きあげる。もう手慣れたものね。(1回で30個焼けます。)生地が焼けたら半返しからの全返し。綺麗な球体に仕上げますよ。ジュー...【食】東京湾産天然マダコのタコ焼き2022-2回目

  • 【食】マダコの刺身・唐揚げ・タコ飯

    野毛屋さんへのマダコ釣行は、小型主体なものの13匹を揚げて竿頭もいただき、上出来の結果。釣行当日に3匹を茹でて冷蔵庫へ。翌日にいただきますよ。(下ろし途中。)小振りなものの、3杯あると食材としてそれなりの量になる。ちなみに、タコとイカは生きてる時は「匹」、食材になったら「杯」と数えるそうだ。(ヤバ旨。)マダコの刺身。切りつける時から柔らかいのが分かった身は、茹で時間が短いから半生食感で旨味が濃い。「旨っ!」家族皆で唸る。タコ好きの次男は箸が止まらんよ。さすがは東京湾産天然マダコ。こいつの旨さはヤバいぞ。冷凍庫に在庫があっても更に仕入れに行きたくなる。冷凍庫をこいつで埋めつくしたくなる旨さだね。(ビールに合うね。)マダコの唐揚げ。下味を着けて片栗粉をまぶし、少い油で揚げ焼きにして仕立てた。香ばしいニンニク醤...【食】マダコの刺身・唐揚げ・タコ飯

  • 【釣】コツコツ重ねて上出来のマダコ釣り (2022/07/08 マダコ 野毛屋)

    野毛屋さんへの平日マダコ釣行は4:50着で9番目。マダコ船は予約時点で4名だったし、フグ船の予約も少ないようだ。釣り座は舳側から埋まってたところ、左舷大艫をチョイス。人数が少ないから席の優劣は気にしませんよ。(毎度。)マダコ釣りは約1年振り。初めてでツ抜けたし、以降の戦績も悪くないから得意科目のような気がする。湾フグと言い、我慢強く愚直に誘いを繰り返す釣りに性が合うのかもね。(潮はこんな感じ。)早々に船に行って準備。お客は5名だから全員を左舷に寄せたようだ。ドテラ流しになるだろうから釣り座の不利は解消するな。胴の間では勇治船長も竿を出すようで操船リモコンがセットされてる。(本日は第二忠丸ね。)左舷大艫だと海水循環が出ない。昨年は後ろ2席くらいだったのが、今回は4席まで広がってる。足元が濡れないから良いけど...【釣】コツコツ重ねて上出来のマダコ釣り(2022/07/08マダコ野毛屋)

  • 【釣】釣行前記 (2022/07/08 野毛屋)

    東京湾のマダコ釣りは4月に富津沖、6月に横浜沖、7月から富岡沖が解禁となる。富岡沖は根掛かりが少なくて釣り易く、型が良いのが特徴。常宿の野毛屋さんでは富岡沖の解禁に合わせて、マダイの裏、潮が小さい時のスポットで出船している。今年ももちろん乗りますよ。この日を待ってましたよ。マダコは冷凍保存が利くし、刺身に唐揚げ、タコ飯にタコ焼きと、食の楽しみが多彩。平日釣行で割り当てを増やして在庫確保に頑張りますぜ。🐙【釣】釣行前記(2022/07/08野毛屋)

  • 【食】タチウオの蒲焼き・炙り刺身・たたき・塩焼き・天ぷら

    弁天屋さんでのタチウオ釣行は満足の23匹。下ろすのに苦労したし、食べるのも気合いが必要な量だな。食べることを考えると、タチウオは多くても20匹が上限だろうか。(香ばしいね。)(こちらは2日目の。)タチウオの炙り刺身。ウロコのないタチウオは銀ピカの皮付きでイケるけど、チョイと口に残る。そこで、刺身に下ろしてからバーナーで炙ると、パチパチと皮がはぜて脂が緩んで香ばしく仕上がる。身は生、皮目は半生、皮は焼かれてそれぞれの風味のコラボが堪らんね。「旨っ!」家族皆が唸る。タチウオの厳つい顔から想像できない主張し過ぎない素直な旨味を味わうには炙りが一番じゃないかな。(爽やかね。)タチウオのたたき。細かく切ったタチウオに、みじん切りのネギ、大葉、ミョウガをあえる。ポン酢でさっぱり、爽やかにいただける。単品の箸休めにも、...【食】タチウオの蒲焼き・炙り刺身・たたき・塩焼き・天ぷら

  • 【釣】修行も楽しい手強いタチウオ (2022/07/02 タチウオ 弁天屋)

    弁天屋さんへのタチウオ釣行は5:00現着で船に荷物を置いて、左舷大艫をゲット。車は宿前の紳士服AOYAMAの駐車場から、大将が立体へ回してくれた。常連さんのレヴォーグを運転したことがあるから大丈夫だ、と案内係りの人とやり取りしてたね。船で席取りをして準備しつつ、開店を待つ。(久し振りです。)竿は初下ろしのプロマリン・ライトレーダーメタル・タチウオ。メタルトップのこの竿はJOFI神奈川の懇親釣り会でゲットしたもの。使うのが楽しみだ。リールはいつものフォースマスター400ね。仕掛けは自作の1.7mハリスの1本バリで。アクションのためにハリスは短めね。(タチウオ船はこちら。)タチウオ釣りは年1回乗るくらいで、今回が5.5回目。(半日は0.5回ね。)経験を積んで少しずつ引き出しは増えてる自覚はあるも、まだまだ分か...【釣】修行も楽しい手強いタチウオ(2022/07/02タチウオ弁天屋)

  • 【釣】釣行前記 (2022/07/02 弁天屋)

    白子シーズンのショウサイフグはいまだに釣果が上がらず厳しい状況が続いてる。なので、前回のシロギスに続き今回も別の釣りものにしましょう。ターゲットはタチウオ。最近はトップが50匹を超える日もあり、サイズは小さいものの中にドラゴンが混ざると言う。昨年、JOFI神奈川の懇親釣り会でタチウオのサイズバトルで1位を取り、商品にタチウオ専用竿をいただいた。それ以来、タチウオ釣りに行っていないので今回が初下ろしだ。ツボにハマると連チャンしてウハウハの釣りが体験出来るものの、釣れない時は群れてても何をやろうが全く食わない気難しさ。そんなタチウオのご機嫌伺いに行ってきます。🐡【釣】釣行前記(2022/07/02弁天屋)

  • 【感】寒川神社と墓参り、アウトレットにブンブンも

    釣行谷間の6月25日(土)は35℃超えの危険な暑さの予報が出ているものの、かみさんと外出。まず、訪れるのは初となる寒川神社。東名高速から圏央道へ、湘南方面に釣りに行くルートの途中の寒川北ICで降りる。インターからは直ぐだね。(立派な神門。)寒川神社は1,600年もの歴史があり、全国唯一の八方除けの守護神を祀っているそうな。八方除けとは方位・方角のみならず、あらゆることを全て隙なくカバーしますよ、ということらしい。何でもござれ、とは頼もしいね。(狛犬も立派ね。)駐車場に車を停めてキョロキョロと見渡しながら神門をくぐって本殿へ。こんな猛暑だからだろう、人が疎らだったものの、お宮参りが2組いた。この暑さじゃおくるみの赤ちゃんも大変だね。(本殿も立派。)本殿では大勢を前に祈祷中で、待ち行列もあった。こっちは少ない...【感】寒川神社と墓参り、アウトレットにブンブンも

  • 【食】シロギスの天ぷら

    一俊丸さんへのシロギス釣行は、一歩足らずで釣果は19匹。食はもちろん、天ぷらね。全匹をキス天でいただいちゃいましょう。(釣果整列。)今回は釣り揚げた時にボトルキャップでウロコを取ってからクーラーに収納したんで、下処理のウロコ取りが楽だ。お陰で手返しは落ちましたが。頭と内臓を取って大名下ろしにするのに、19匹でもそれなりに時間が掛かった。束とか釣ったら大変だろうな。要らぬ心配でしょうがね。かみさんが衣付けと投入、自分が揚げを担当、分業して掛かりますよ。(全匹完了。)シロギスの他にミョウガの天ぷらと紅しょうがとネギのかき揚げを添える。紅しょうがのかき揚げは家族皆から好評だ。(たっぷりね。)シロギスはホクホクで身の甘味が漂う。揚げ立てならもっと旨いだろうにな。これだけ揃えて盛ると、どうしても冷めちゃうから、揚げ...【食】シロギスの天ぷら

  • 【釣】リベンジなるも新たな課題を認識する (2022/06/17 シロギス・コチ・ヒラメ 一俊丸)

    昨年から始めた船シロギスは過去3回で2、7、7と、陸っぱりか?という戦績。いずれも渋い日だったものの、腕が足りてないのが明らかだ。シロギスもアジ同様に、誰でも釣れるけど、数を獲るにはテクがいる奥深い釣りもの。少しでも上達するために経験を積みましょう。今度こそ家族4人で天ぷらを堪能できるくらいの釣果が欲しいな。(1ヶ月振りね。撮り忘れて前回の写真です。)一俊丸さんは今年4回目。5:30の釣り座抽選に名乗り出た4名中、やっぱり、しっかりスソを引く。60番までのクジで前回は59番、今回は58番を引くとは我ながらお見事。どんだけ引きが弱いのよ。釣り座は最後の四隅、右舷舳1番をチョイス。(駐車場の風景。)受付時にエサのジャリメ2パックを注文、後で船で受け取れる。仕掛けは自作の本スにハリス付のキスバリを結ぶ吹き流し、...【釣】リベンジなるも新たな課題を認識する(2022/06/17シロギス・コチ・ヒラメ一俊丸)

  • 【釣】釣行前記 (2022/06/17 一俊丸)

    夏も近づき、シーズンの釣りものが増えて来ましたね。マダコが解禁になり、タチウオも数が出る夏タチの気配が出て来てますよ。ただ、白子シーズン真っ只中のショウサイフグの釣果が振るわないのが気になるところ。どこかで大釣りが出来ることを期待しつつ、今回は別のターゲットを狙いましょう。そのターゲットは昨年から始めたシロギス。投げ釣りは子供の頃からやってるけど、船で未経験だったところ、昨年は3回乗って3回ともツ抜けすらならぬ体たらく。1年越しのリベンジ科目になっているのですよ。今度こそ課題をクリアしに行きますか。天ぷらも食べたいし。🐡【釣】釣行前記(2022/06/17一俊丸)

  • 【食】ショウサイフグの握り寿司・白子軍艦

    白子シーズン真っ只中の野毛屋さんへのショウサイフグ釣行の結果は5匹。持ち帰りは4匹なものの、良型がいるから予定通りに握りますよ。(3枚下ろしに。)まずは、身欠きのショウサイフグを3枚に下ろして、身の両面に塩をしてペーパーで巻いて1日寝かせ、水分を抜く。健船長が言うところの「塩フグ」ね。これで旨味が凝縮するのよ。ショウサイだけじゃ寂しいから、今回も市販のサーモンを購入、彩りとコクを添える。(準備OK。)それぞれをネタに切りつけて準備完了。寿司をやるのは毎年決まってこの時期。1年振りに握りますぜ。(ドーンとね。)1列12カンで合計48カン、乗り切らない分8カンを別皿に盛り、総計56カン。握ったねー。頑張ったよー。(アップで。)ショウサイフグの握りは、ノーマル、小ネギ入り、大葉入りの3種類。シャリが小さめなんで...【食】ショウサイフグの握り寿司・白子軍艦

  • 【感】ジャジメント・デイ

    精密検査のMRI画像で疑惑が深まり、前立腺の生検のために検査入院した。【感】生検で贅沢な入院-釣・食・感人間ドックでのPSA値異常から精密検査をしたところ、MRI画像で疑惑が深まり、生検のために検査入院することになった。MRI画像を見ると素人目にも影があり、明らかにそこに何...gooblog(こちらのネタね。)生検から2週間後の5月28日(土)。いよいよ検査結果が出る。これまでの検査で、PSAとMRIの2つそれぞれでエラーが重なるとは考えづらい。自分としてはこれは「黒」だろうと覚悟をしていた。前立腺がんは進行が遅く、初期だろうから全摘できる。開腹手術よりも腹腔鏡ならば体への負担が軽く、早く退院できるだろう。仕事の都合から6月中に出来ないかな。お金は保険から診断時の一時金と入院給付金が出るから大丈夫。体力...【感】ジャジメント・デイ

  • 【釣】クライマックスは始めからの尻すぼみ (2022/06/04 ショウサイフグ 野毛屋)

    シーズン真っ只中のショウサイフグはこのところ厳しい状況でトップでも1桁釣果の日もある。フグ釣りが1年振りになるT1さんをピックアップして、道中会話しながらの移動も1年振りだね。厳しい状況だろうがボウズはないでしょう。ツ抜けは無理でも数匹は獲れる算段だ。釣り座にもよるけど、目標は5匹かな。(毎度。)5:00着で待ちは13番目。丁度駐車案内を始めたタイミングで、並びの駐車場に停められた。路駐の行列が長いところで、エンジンを掛けたままとか、外で話すなどしてるとご近所迷惑になる。何度か警察が来たそうで、野毛屋さんでも早く車列を捌く対応を迫られてるのだろう。客側はご近所に迷惑を掛けないように気を付けましょうね。本日フグは健船長とユキちゃん船長の2船出し。勇治船長はフグの仕立て船らしい。健船から埋まっていくから、釣り...【釣】クライマックスは始めからの尻すぼみ(2022/06/04ショウサイフグ野毛屋)

  • 【釣】釣行前記 (2022/06/04 野毛屋)

    前回釣行はアジ・フグでリレーのところ、午後船の予約が入らず午前アジのみで終了。ショウサイフグの白子シーズン真っ只中なのに、今季はまだ1回しか白子を味わってませんよ。心行くまでショウサイと白子をいただいちゃおうと、毎年この時期になるとショウサイフグの寿司が食べたくなる。このところ、船中0の人がいて、トップでも1桁釣果もあり、厳しい状況が続いてる。何とか家族4人で寿司を楽しめるくらいの釣果はあげたいな。「翌日はフグの握りにするからな。」と、かみさんに宣言し、自分にプレッシャーを掛けてみる。既に握る気満々ですよ。今回は釣りが半年振り、フグ釣りは1年振りとなるT1さんも同行する。釣りの女神さまがT1さんに免じて厳しい状況を覆し、大釣りをさせてはくれまいか。🐡【釣】釣行前記(2022/06/04野毛屋)

  • 【感】生検で贅沢な入院

    人間ドックでのPSA値異常から精密検査をしたところ、MRI画像で疑惑が深まり、生検のために検査入院することになった。MRI画像を見ると素人目にも影があり、明らかにそこに何かがあるだろうと分かったんで、生検が決まってからの1ヶ月は、最悪の状況も想定して覚悟を固める期間だった。生検とは生体組織診断のことで、病変部位の組織を採取して顕微鏡で調べるというもの。現物を見て白黒着ける、診断の最終手段ね。前立腺の生検は肛門から器具を入れて、直腸上部辺りから前立腺を目掛けて針を刺し、12箇所の組織を採取するとのこと。生検は初めてだし、そんな趣味はないから、お尻に物を入れるのも初めて。入院は3歳で盲腸を切除した時以来だ。なので、物心ついてから全てが初の体験。生検は30分で終わるけど、その後2時間はベッドで安静にし、合併症の...【感】生検で贅沢な入院

  • 【釣】親子DEエンジョイフィッシングスクール (2022/05/29 LTアジ 三喜丸)

    JOFI神奈川が主宰する「親子DEエンジョイフィシングスクール」。釣りが始めてや初心者の親子向けに、JOFI神奈川のインストラクターが同行して支援しつつ、釣りを楽しみましょう。というイベントです。2022年初回の親子釣り教室はLTアジ。5月29日(日)に三喜丸さんで開催しました。4月に大人だけのマダイ釣り教室を開催しました。今年も色々なターゲットで釣り教室を開催していきますよ。(お世話になります。)総勢22名の親子を8名のインストラクターでサポートします。小柴港を出船して10分ほどで釣り開始です。私は左舷舳で小一の男の子、年長の女の子の兄妹とお母さんの3名をメインにサポートします。釣り教室は初めての参加だそうです。この近くにお住まいで、釣り人を見掛ける機会が多いことから、お兄ちゃんが釣りに興味を持ち、チ...【釣】親子DEエンジョイフィッシングスクール(2022/05/29LTアジ三喜丸)

  • 【食】アジフライ・刺身・なめろう・骨せんべい

    野毛屋さんへのリレー釣行は、午後船のの予約が入らず、午前アジのみで終了。アジは大中小交えて33匹。旬が間近で脂が乗り始めた、トレトレ新鮮なアジを堪能しましょう。午後が休船になって時間があるから、余裕を持って下処理できたよ。(左上がイシモチ、他がアジ。)釣行当日は刺身で。良型のアジ1匹とイシモチを相盛りにする。イシモチはモチモチで特有の旨味がある。醤油を多く着けた方が味が際立つみたいだ。アジはコリコリで爽やか。ほど良く乗った脂もいい。「アジ旨っ!」家族が唸る。釣りもの、血抜き済み、氷〆は最上級品でしょう。これより小さいサイズの釣りアジがお店で1匹1,000円で売ってるのを見た。その価値を超えてるぞ。翌日はお約束を仕立てる。(これよ。)アジフライ。ふっくら、フワフワ、アジの旨味炸裂で最強ね。いくらでもイケちゃ...【食】アジフライ・刺身・なめろう・骨せんべい

  • 【感】精密検査で結果は持ち越し

    この度、検査結果が出て「白」が確定したので、記録のために、ネタとして何回かに分けてアップします。「黒」だったらネタにできなかったですよ。では。今年始めの人間ドックでPSA値が引っ掛かり、総合病院で診察を受けたら4月に精密検査をしましょう、となった。【感】要精密検査-釣・食・感1月初旬に受診した人間ドックの結果が届いた。昨年の人間ドックで見つかった腎結石は、壮絶な痛みを伴って既に出たし、まだ内蔵されている3mmと1mm弾はエコーでは映らないそ...gooblog(それはこちらのネタです。)4月8日(土)に精密検査。総合病院で朝イチに受付して、血液検査とMRIを受け、結果が出るまで外来の待合室で待つ。これで白がハッキリするな。PSAは急に上がらないと聞いたから、きっと何かのエラーでしょう。とは言え、グーグル先生によ...【感】精密検査で結果は持ち越し

  • 【釣】手強いアジで楽しみながらレベルアップ (2022/05/20 午前アジ 野毛屋)

    「安心とリスク」の野毛屋さんでのアジ・フグのリレー船は、午前は出船確定してるけど、午後は予約時点で自分1人だけとのこと。お客が1人じゃ出船しないから、その場合は休船になる。その時はその時、仕方ないから午前で帰りましょう。野毛屋さんに4:50着で8番目。久々に宿並びの駐車場に停められた。朝の時点でも午後は予約が入ってないそうだけど、席札は取っておく。午後が休船になったら返金いただく段取りね。釣り座は午前は左舷大艫、午後は右舷大艫をチョイス。午後までに予約が入ってちょうだいよ。(毎度。)花王迷人劇場さんがいらしたんで、ご挨拶。本日はマダイ船だそうだ。こっちはリレーで、twitterで見た中華浜が旨そうなんで昼に行くつもりとお伝えする。花王迷人さんのtwitterがリレーする理由の一つになってるのですよ。(本日は第3...【釣】手強いアジで楽しみながらレベルアップ(2022/05/20午前アジ野毛屋)

  • 【釣】釣行前記 (2022/05/20 野毛屋)

    GWにフグとアマダイを釣りに行き、さて次は何にしようかと考える。ショウサイフグがターゲットのフグ船は白子シーズンなものの、いつもの大貫沖はまだ海苔網が揚がってないため、現在は富津沖が主戦場。場所が限定されてるためか、数が伸びず、異次元の常連さんでも1桁釣果という厳しい戦いになっている。ならば、野毛屋さんで午前アジ、午後フグの通しで乗って、アジでお土産を確保し、フグが厳しかろうがダメージを減らすのはどうだ、と考えた。堅実と挑戦、安心とリスク、の組み合わせは良いバランスでしょう。しかも、平日釣行ならば割り当ても増えるはず。更に裏目的は、花王迷人劇場さんがtwitterにアップした、「中華浜」での支那ソバ+半チャーハンセットの写真があまりにも旨そうだったんで、お昼に食べること。中華浜金沢区の中華料理店(船着き場から近...【釣】釣行前記(2022/05/20野毛屋)

  • 【食】アマダイの昆布〆・潮汁・キダイの酢締め・ムシガレイの刺身・唐揚げ

    一俊丸さんへのシーズンラストのアマダイ釣行の釣果は本命3匹に、キダイ、ムシガレイ、ガンゾウビラメのゲストも揃う。アマダイはどれも30cm以下なんで、全て昆布〆にしちゃう。型の良いキダイは恒例の酢〆に。30cmクラスのムシガレイは下ろしてから塩を振り、水分を抜いた上で刺身に。3種を切りつけ合い盛りにする。(左からムッシー、キダイ、アマダイね。)アマダイの昆布締めは水分が抜けて飴色で、ねっとりと絡み付くような食感。昆布とアマダイの旨味が湧いて来る。お上品ね。キダイの酢〆は、塩で締まった身がさっぱり爽やか。皮目が旨いね。「これいいね」かみさんはキダイの酢〆が好みなのよ。ムシガレイの刺身は強く塩を当てすぎてちょっと辛いものの、もちっとして淡白だけど味わい深い。3種3様の合い盛りに満足ね。(ムシガレイの唐揚げ。)ムシガレ...【食】アマダイの昆布〆・潮汁・キダイの酢締め・ムシガレイの刺身・唐揚げ

  • 【釣】のんびりとアマダイとゲストに癒され思い出にも浸る (2022/05/04 アマダイ 一俊丸)

    ゴールデンウィーク2回目の釣行は一俊丸さんでアマダイ。本日のテーマはのんびりと楽しむことね。4:50に現着して茅ヶ崎西駐車場に停めて、車中で5:30の釣り座抽選まで待つ。なお、これまでの無料から5月からは200円の駐車料金を支払うことになった。それでも安いけどね。(1ヶ月振り。)釣り座抽選では7人出てきたうち、59番を引いてやっぱりスソ。「クジは60番までなんだよ」と一俊船長に引きの弱さを笑われる。ある意味持ってるのかもね。釣り座は左舷舳2番目。のんびりがテーマだから釣り座は気にしませんよ。(気持ちの良い朝だ。)GWとあって宿は盛況だ。恒例のコーヒーとカップ麺をいただいてから、空いた頃を見計らって受付を済ます。駐車場の車に戻って装備を整えて港へ。駐車場を突っ切って港に行けるから楽になったよ。(本日は7号船。)タ...【釣】のんびりとアマダイとゲストに癒され思い出にも浸る(2022/05/04アマダイ一俊丸)

  • 【釣】釣行前記 (2022/05/04 一俊丸)

    ゴールデンウィークの前半3連休は野毛屋さんでショウサイフグ釣り。2年振りに竿頭をいただきました。気分を良くして、後半3連休にも釣りに行こうと計画。のんびりできる釣りものがいいな、と思い立ったのはアマダイ。シーズン末期なんで数は望めないだろうけど、いろんなゲストが顔を見せてくれるはずだ。忙しい釣りじゃないし、電動リールで楽ができるし、天気も良いから船上で癒されることでしょう。楽しんで来ます。🐡【釣】釣行前記(2022/05/04一俊丸)

  • 【感】GWに七沢森林公園でハイキングと宮ヶ瀬でランチ

    GWはカレンダー通りで、釣りには行ったものの遠出はなし。それだけじゃ寂しいから、渋滞にハマらない日帰りレジャーに行こうと、かみさんと相談して決めたのが七沢森林公園。厚木市にある県立の自然豊かな森林公園でバーベキュー場もあるそうだ。以前から度々近くを通って存在は知っていたけれど、行くのは今回が初めて。(鯉のぼりが出てました。)5月5日(木・祝)のこどもの日。GWの渋滞を避けたいし、公園も混むかもと、駐車場開場時間の8:30を目指して現着。入り口が近い第2駐車場に行くと、スカスカで余裕で停められたね。駐車料金は1日500円。さすがは県営だ。(奥に見えるのが森の架け橋。)65ヘクタールある園内はコースによって30分から2時間の散策コースがある。折角だから隅から隅まで回りますか。「森の架け橋」からスタートして左回りに歩...【感】GWに七沢森林公園でハイキングと宮ヶ瀬でランチ

  • 【食】ショウサイフグの刺身・唐揚げ・白子ポン酢・スミイカの刺身・イカスミパスタ

    野毛屋さんで今季初のショウサイフグ釣行は、ラストに捲って竿頭をゲット、7匹を持ち帰った。釣行当日のショウサイは、何はさておき刺身ですぜ。(久し振り。)ショウサイフグの刺身。小振りな2匹で仕立てた。プリッとした柔らかな身はショウサイフグならでは。一口目から旨味が湧くのもね。久し振りなんで家族皆の食い付きが良い。これがシーズンが進むと「飽きた」と言われちゃう。この有り難みを噛み締めなさいよ。(お初。)ショウサイフグの白子ポン酢。シーズン初期の白子はコクが浅くて爽やかな印象。今年もこれを味わえる季節になりましたね。尿酸値には注意ね。(集合写真。)続く翌日。本当は塩フグ寿司にしたかったのだけど、数日前にかみさんが海苔巻きを仕立てたんで見送らざるを得なかった。白子軍艦も食べたかったのにな。仕方がないから残りの5匹は定番で...【食】ショウサイフグの刺身・唐揚げ・白子ポン酢・スミイカの刺身・イカスミパスタ

  • 【釣】波にも負けず風にも負けず今年初のご褒美をゲットする (2022/04/30 ショウサイフグ 野毛屋)

    始まりましたよ、野毛屋さんのショウサイフグが。今季はスタートから持ち帰り出来る白子が取れてるんで、シーズンインから楽しみが増えるね。ショウサイフグは掛けると活発に走る、小気味良い釣り味。前回のトラフグでボウズを喰らい、ここ2ヶ月フグに会ってないんでウズウズしてますよ。(毎度。)4:50に野毛屋さんに着くと、待ちの車列が少ない。皆さんGWでお出掛けなのかな、と思ったところ宿前に旦那さんがいる。既に宿並びの駐車場に車が納まってて、渡された駐車カードは14番目。1台差でコインパーキングの番手になった。GWの盛況でトラフグ時と同様に開店前から駐車場の案内をしているそうだ。釣り座は左舷舳をゲット。風と潮から右舷有利のところ、艫側は埋まってて、空いてた両舳のうち右舷を目の前で取られてしまった。今日はどれも1手遅いんだな。午...【釣】波にも負けず風にも負けず今年初のご褒美をゲットする(2022/04/30ショウサイフグ野毛屋)

  • 【釣】釣行前記 (2022/04/30 野毛屋)

    始まりましたねGW。昨年、一昨年はコロナ禍のガマンウィークでしたが、今年は何の制限なし。大手を振ってレジャーを楽しめますね。が、我が家は前週に会津若松に行ったので特に予定はなし。ならば、シーズンインしたショウサイフグを狙いに行きますよ。既に白子が入ってるようなので、初物をいただきましょう。ところがGW前半は雨絡み。唯一降らない連休中日の30日(土)は午前中まで強風が残る予報。風が吹こうがうねりがあろうが、出船するなら乗りましょう。条件が悪かろうが、小気味良いショウサイフグとの勝負を楽しみますぜ。🐡【釣】釣行前記(2022/04/30野毛屋)

  • 【感】ミッション・in・会津2022 Part1 (2022/04/23~24 会津若松)

    季節が良くなったのでミッションを帯びて、かみさんと義母の実家の会津若松へ。昨年の10月以来、今年初だ。今回も観光じゃないので、日記として足跡を記録しておきますよ。朝5:00に出発し、渋滞もなく都内を抜けて東北道は西那須野塩原ICで降り、一般道で会津田島を経由して会津若松に向かう。道すがら、標高の高いところではまだ桜が咲き誇ってましたね。(満開でないかね。)9:30頃に会津若松入り。一般道の途中からトラックに頭を押さえられて行列になっていなければ、もう30分は早く着いたろうに。実家では叔母さんが独り暮らしなので、近況を語り合った後、荷物になる買い物や新聞の廃棄、細々としたDIYなど、ミッションをこなしていく。田舎では車がないと何かと厳しいからね。夕方に引き揚げて、本日の宿にチェックイン。(ここね。)宿はホテルルー...【感】ミッション・in・会津2022Part1(2022/04/23~24会津若松)

  • 【食】東京湾産天然マダコのタコ飯

    野毛屋さんへのトラフグ釣行は撃沈で完全なる釣果ゼロ。完璧なるボウズですよ。空のクーラーボックスで帰るなんて、3年前のトラフグ釣行以来ではなかろうか。釣果がなければ、当然釣魚料理もないのだけれど、それではあまりに悔しすぎる。なので、冷凍庫に眠る最後のマダコのストックを引っ張り出しますぜ。(小振りな2杯ね。)タコ焼きか迷ったものの、多めに炊いて冷凍しとけば何度か楽しめるタコ飯に決めた。我が家は皆、大好物ですから。解凍して、滑りを取って、下茹でせずにブツ切りにして、生のまま炊き込むことにした。きっと風味が増すでしょう。(小ネギを切らしてました。)タコ飯。具はタコと油揚げにショウガでシンプルに。柔らかくて風味豊かなタコと、その出汁を纏った米は最強ね。(寄りで。)「旨っ!」皆でかっこみ、タコ好きの次男はお代わりする。毎度...【食】東京湾産天然マダコのタコ飯

  • 【釣】夢を追うも完全試合で敗北す (2022/04/16 トラフグ 野毛屋)

    完敗です。佐々木朗希バリにアタリもかすりもさせて貰えず、いっそ清々しいほどの完封負けを喫しましたよ。トホホ。(毎度。)戦友Aさんと示し合わせての野毛屋さんへのトラフグ釣行。5:00着で14番目くらいの車列に着けて、拍子抜けだ。皆さん台風で見送ったのかな、と思ってるとAさんからSMSで駐車場に案内されてると連絡が入る。だからこんなに車が少ないのね。後で旦那さんに聞いたら、4:00から駐車場の案内を始めたとか。貰った駐車カードは37番目。こんな番手はトラフグの時だけだよ。(本日は第三忠丸で。)本日のトラフグは3艘出し。健船、ユキちゃん船の順で札が取られいくんで、少しでも釣り座に余裕がある俊船の右舷胴の並びをチョイス。それでも右舷は12名。トラフグに乗るのは総勢70人超えだそうだから、大盛り上がりだ。でも、この中で何...【釣】夢を追うも完全試合で敗北す(2022/04/16トラフグ野毛屋)

  • 【釣】釣行前記 (2022/04/16 野毛屋)

    すっかり暖かくなって春真っ盛り。新緑が芽吹くレジャーシーズン到来ですね。と思ってたところに到来したのが台風1号。関東に接近するルートで週末釣行がどうなるかと思ったけれど、16日(土)は午前中に風が残るものの、どうにか行けそうだ。(これね。)そうなると釣りモノは期間限定のトラフグですよ。終盤戦でそろそろ終了しちゃうだろうから1回は乗らないと。元々トラフグは運試しのような釣りで、1日頑張って型を見れるかどうかの狭き門。昨年ようやくデカトラを揚げて積年の課題をクリアできたので、さて今年の運勢はどうでしょうか?デカトラ揚げたいな。🐡【釣】釣行前記(2022/04/16野毛屋)

  • 【釣】ヒラメの刺身・ムニエル・潮汁・出汁茶漬け

    4月2日(土)の一俊丸さんでの泳がせ釣りは、時合いを逃して釣果は1匹のみ。でも、それなりの型だから食は楽しみですよ。(天然ね。)50cm近い天然ヒラメだと、市場価格4~5,000円くらいだろうか。どういただこうかと思案しながら、釣行当日は5枚下ろしに捌いて、キッチンペーパーにくるんで身を寝かせる。その代わりに、沖あがり時に出番待ちで桶に残ってたエサのマイワシくんを持ち帰って来たから、食卓に刺身で登場して貰おう。(ツヤツヤだよ。)マイワシの刺身。不漁のためか、今やマイワシは大衆魚から高級魚に昇格しつつある。沖あがりまで生きてたから皮目がピカピカで身に張りがあるぞ。プリッとした新鮮で爽やかなイワシの旨味にショウガの辛味がベストマッチ。「旨っ!」家族皆、箸が進んで評判が良い。新鮮なマイワシの刺身は贅沢だね。その翌日、...【釣】ヒラメの刺身・ムニエル・潮汁・出汁茶漬け

  • 【釣】メンタル叩かれ時合いを逃すもヒラメをゲット (2022/04/02 イワシ泳がせ 一俊丸)

    一俊丸さんのイワシ泳がせ釣りのメインターゲットはヒラメ。ヒラメ釣りは3年振りだ。前回はヒラメが獲れない代わりに73cmのマダイを揚げた。今回もヒラメが駄目でも、マダイでもハタでも美味しいお魚が獲れるといいな。(3週間振りです。)5:30の座席抽選をした7名のうち、ラス前を引く相変わらずの引きの弱さ。釣り座は左舷胴の間になりました。受け付け時にポイントが貯まってるとのことで、5ポイントを消費して3,000円引きの9,000円で済んだ。気付いていなかったところに、嬉しいサービスでしたよ。(相模湾の夜明けぜよ。)毎度、サービスのコーヒーとカップ麺をいただいてから港に移動。イワシ泳がせ釣りは、事前にエサとなるイワシを買い付けに行ってるから船はいない。暫く港で船の戻りを待つ。(茅ヶ崎港。)天気は良い予報だけど、寒の戻りで...【釣】メンタル叩かれ時合いを逃すもヒラメをゲット(2022/04/02イワシ泳がせ一俊丸)

  • 【感】雨降る中で散り際の桜を見る

    毎年桜が開花すると、散歩がてら近所の桜並木でお花見をするのだけど、今年はタイミングを逸して行けないまま、散り始めてしまった。4月2日(土)は釣りだったし、3日(日)がラストチャンスと思ってたのに雨。毎年定点観測しているのに残念だ。悶々として諦め切れず、4月4日(月)に3回目のコロナワクチンを接種した帰り道、雨の中を傘をさしつつ見に行きましたよ。(スカスカだな。)花は半分以上散ってしまい、昨年から並木の幹が何本か伐採されたようで、隙間が目立って寂しい限りだ。(これが昨年の。)雨だし寒いしで、桜を観て歩いているのは自分一人だ。独占だね。(まだ着いてる花もある。)満開の桜を観たかったのはやまやまだけど、雨降りの散り際の桜も、儚さがあって趣がある。(アスファルトに桜の絨毯。)毎年のコースをぐるっと回って花見(?)は終了...【感】雨降る中で散り際の桜を見る

  • 【釣】釣行前記 (2022/04/02 一俊丸)

    日によって寒の戻りがあるものの、ぽかぽか陽気で桜は満開、春ですね。春はお魚たちの産卵シーズンで、いわゆるノッコミが始まる。産卵のために一ヶ所に魚が群れるため、そこを狙うと大釣りが出来ちゃう。ちょっと後ろめたい気持ちがありますがね。トラフグ釣りでは「Xデー」と言われているその日はまだ先のようだから、別の釣りものにしよう。思い立ったのが一俊丸さんのLTヒラメ。何度か乗った事があるけど、今はベイトのイワシが岸に寄ってきてないから釣らずに、仕入れたマイワシをエサにする泳がせ釣りだ。活き餌の釣りはアタリが出てから掛けるまでがハラハラ、ドキドキ。ヒラメをゲット出来るよう頑張ります。🐡【釣】釣行前記(2022/04/02一俊丸)

  • 【食】アジのタタキ・アジフライ・イシモチの刺身

    我が家に集まる母親らのための野毛屋さんへのアジ調達釣行は、何とか20匹をゲット。ゲストのイシモチとおチビアジは釣行当日に刺身で味わっちゃいましょう。(トレトレ新鮮ね。)アジのタタキとイシモチの刺身。アジは旬の前だから脂の乗りは少ないけど、コリコリで爽やかな旨味が堪らん。やっぱりアジは旨いなー。イシモチはもっちりしていて独特の旨味がある。刺身でいただけるのは釣り人の特権だね。そして翌日。墓参り後に我が家に集まった母親たちに振る舞うため、妹夫婦と子供たちが桃電で盛り上がってるところ、かみさんと2人してフライを仕込む。小骨を抜いて、塩して軽く水分を抜いて衣を着ける。新鮮なんで、揚げ時間は片面1分。(これよこれ。)アジフライ。ふっくらフワフワでジューシー。しっかり血抜きしてるから青魚の臭みは一切なし。巷でも行くとこに行...【食】アジのタタキ・アジフライ・イシモチの刺身

  • 【釣】早潮に苦戦するも何とか仕入れを完了す (2022/03/19 午前アジ 野毛屋)

    我が家に集まる母親らにアジフライを振る舞うための食材調達釣行。野毛屋さんでは暫く午後船をお休みしてるから、今回は午前のみ。沢山釣れても捌く時間がありますよ。(毎度。)野毛屋さん5:00着で並びは19番目。午前アジは予約が少なく、左舷艫2番をチョイスしたものの、左舷は2名だから胴の間に陣取った。右舷3名で総勢5名のみ。本日はお子さま連れはおらず、釣りオヤジのみね。(久し振りの第三忠丸。)受付けして早々に船で準備する。スカスカのアジ船に対し、対面のトラフグ船は大盛況で満員ではなかろうか。そのうち機を見て乗りますぜ。タックルはライトゲーム8:2にフォースマスター400。上げ下げが多い釣りだから、電動だと楽だね。小型電動リールを買って良かった。(出船。)朝のうちは曇天で船が走ると肌寒い。日中は20℃まで気温が上がる予報...【釣】早潮に苦戦するも何とか仕入れを完了す(2022/03/19午前アジ野毛屋)

  • 【釣】釣行前記 (2022/03/19 野毛屋)

    3月20日が親父の命日なんで、例年母親と妹夫婦と墓参りに行き、その後我が家で食卓を囲むのが恒例だった。緊急事態宣言中には集まれなかったから、今回は2年振りになる。集まる時には毎度釣魚料理を振る舞ってあげるのだけど、さて今回はどうしよう?アカメフグはシーズンが終わっちゃった。トラフグは博打のようでボウズを喰らう可能性が大いにある。オニカサゴは前回お持ち帰りを1匹確保できたものの、トラフグ同様にリスキーだ。アマダイは確保出来るだろうけど、おチビばかりで食的に寂しくなる可能性がある。確実に確保出来て、食でも人数分を満たせる釣りものでないといけない。と、なると、アジですよ、アジ。庶民の味方であり、群れで釣り人を癒してくれる大衆魚だけど、新鮮なアジの食味は決して高級魚に劣らない。特に東京湾居着きのアジは抜群ですよ。たまに...【釣】釣行前記(2022/03/19野毛屋)

  • 【食】オニカサゴのしゃぶしゃぶ・キモイ湯引き・ヒレ酒

    一俊丸さんへのオニカサゴ釣行は何とか中型の1匹を持ち帰り。この1匹を家族4人でどう味わおうか色々と悩んだ末、しゃぶしゃぶに決めた。少しでも薄く切りつければ人数分を稼げるし、アラも無駄にせず、出汁まで味わい尽くそうという魂胆だ。何せ貴重な1匹ですからね。(こちらね。)オニカサゴは捨てるところがない魚。身は皮付きで削ぎ切りにし、頭は2つに割って鍋へ。肝と胃は湯引きにしていただく。中骨は出汁取りに回し、ヒレは乾燥させてヒレ酒に。余すとこなくいただきますよ。(ちょい少ないか。)身は総量が少ないものの、カマ周りの下身がプルンとして良い感じ。頬肉が詰まった頭もあるし、やはりオニは鍋で味わうのが正解だろうな。(煮込み中。)オニカサゴの中骨だけじゃ足らないから、ストックしてあるフグの中骨も加えて出汁取りして、まずは野菜を煮込む...【食】オニカサゴのしゃぶしゃぶ・キモイ湯引き・ヒレ酒

  • 【釣】かろうじて鬼滅して中オニを持ち帰る (2022/03/12 オニカサゴ 一俊丸)

    昨年の夏に野毛屋さんで行けなかった鬼退治に、一俊丸さんで挑みます。オニカサゴは底取りしてエサを漂わせれば向こうアワセで掛かってくれるから、そう難易度は高くない。ただ、絶対数が少ないから数は期待出ないし、釣れたとしても成長か遅い魚だから持ち帰れるかも運次第。キープサイズの目安は25cm以上だ。(土曜日は久し振り。)釣り座くじ引きの5:30前に到着し、4人の抽選でスソとなる引きの弱さ。釣り座は両舷の舳しか空いておらず、右舷舳をチョイス。土曜日の一俊丸さんは盛況で、受付に行列が出来てる間にサービスのコーヒーとカップ麺をいただいて一息つく。(相模湾の夜明けぜよ。)朝は一桁の気温でも日中は20度にもなる予報で、風もないしポカポカの釣り日和だ。もう春だね。(茅ヶ崎港の左岸から乗船。)一俊丸さんのLTオニカサゴはスポット出船...【釣】かろうじて鬼滅して中オニを持ち帰る(2022/03/12オニカサゴ一俊丸)

  • 【釣】釣行前記 (2022/03/12 一俊丸)

    野毛屋さんのアカメフグがシーズンを終え一時はショウサイフグ、今はトラフグに切り替わったけれど、まだ初期のためか釣果が奮わない。様子を見る間に別の釣りものにしようかと考えていたところ、一俊丸さんでスポットのLTオニカサゴが3月12日(土)で最終日らしい。延長になりましたが。オニカサゴと言えば昨年の8月、野毛屋さんの期間限定を予約していたのに、尿管結石の発症でキャンセルした釣りもの。【感】オニカサゴがイシモチでキャンセルになる-釣・食・感8月13日(金)は早くから野毛屋さんの期間限定オニカサゴに乗ろうと決めて、戦友Aさんが予約までしてくれていた。(当時のネタがこちら。)この時に仕掛けは準備したし、指定号数のオモリ(80~120号)もある。これは行かねばなるまい。キャンセルした昨年のリベンジ釣行として、また、久しく味...【釣】釣行前記(2022/03/12一俊丸)

  • 【感】ドキドキの脳ドック検査

    今年の人間ドックでPSAの要精密検査の結果が出て、4月にMRIを撮る予定になっている。歳を取るとどこかに不具合が出るものだろうけど、現時点で一番恐れているのが脳卒中だ。家系的にがんになるだろうことは覚悟してるし、なったとしてもサヨナラまでにはそれなりの時間的猶予がある。でも、脳卒中は下手をすれば発症したその瞬間に逝ってしまいかねないから怖い。脳卒中は発症すると、「他界する」、「後遺症が残る」、「無事」がそれぞれ1/3の割合だそうです。3年程前、野毛屋さんでフグ釣りを終えた後の駐車場で、倒れて逝ってしまった方がいた。近くにいて救急搬送まで見送ったので、その時の記憶が強烈に残ってる。自分事として考えると堪らなくなるよ。その不安をなくしておこうと、以前からやらねばと考えていた、脳のMRI検査を申し込むことにした。つい...【感】ドキドキの脳ドック検査

  • 【食】コモンフグのカシューナッツ炒め・アカメフグの刺身

    2021シーズンラストのアカメフグ釣行は、主役のアカメはたったの1匹、コモンフグが4匹で計5匹の釣果。小振りなアカメが1匹なんで、メニューは刺身しかなかろうと、1週間熟成させますよ。まずは残りのコモンを先にいただこうとすると、おチビ混じりの4匹だと刺身に多く、唐揚げに少なし、でメニューに迷う。コスパが高い漬け丼にするには、コモンフグは身がしっかりしている分、口に残って丼としてのバランスが悪い。悩んだ結果決めたメニューは、(久々の品です。)コモンフグのカシューナッツ炒め。フグは中華系メニューとの相性が良いし、たまたま家にミックスナッツがあったんで、カシューナッツを抽出して仕立てた。(寄りで。)鶏肉版よりあっさりしていてヘルシーで旨い。家族4人分のおかずに量的にもクリアしてる優秀なメニューだね。そして1週間が経ち、...【食】コモンフグのカシューナッツ炒め・アカメフグの刺身

  • 【釣】シーズンファイルアカメは焦らされまくりでサヨウナラ (2022/02/26 アカメフグ 野毛屋)

    2021年のアカメシーズンはいよいよラスト。2022年シーズン開始の秋まで暫しのお別れを告げに、野毛屋さんでシーズンファイルに挑みますよ。いつもよりチョイ早い4:40着で並びは4番目。土曜日なのに四隅確定の番手とは素直に喜べない。鼻が効く常連さんが渋を察知し、釣行を避けたのではないかと思っちゃうよ。(毎度。)釣り座は左舷舳1番目をゲット。朝イチはスカスカだったところ、徐々に人が増えて左舷は7名、右舷も同じくらいかな。右舷の胴の間には出船がないユキちゃんが竿を出す。(今日は出番がない1号船。)スタートは通常のカットウ仕掛けで、余りエサが出たところでチラシに替える作戦にする。どちらも使い古しね。潮が緩いだろうからオモリは8号をチョイス。(潮はこんな感じ。)風はなく、陽が昇ると暖かで過ごしやすい。午後から南風が強まる...【釣】シーズンファイルアカメは焦らされまくりでサヨウナラ(2022/02/26アカメフグ野毛屋)

  • 【釣】釣行前記 (2022/02/26 野毛屋)

    最近は日射しが暖かく、最高気温も2桁に届いて、春の訪れが近いのを感じるようになりましたね。海の中は陸の1ヶ月遅れだから、まだ冬期のままだけど、これから変化が現れるのですよ。今季、釣りでも舌でも楽しませてくれたアカメフグはこれから産卵期を迎える。それもあって、常宿の野毛屋さんでアカメフグ釣りは2月一杯、延びても3月頭まで。釣ってはガツン❗と掛かってのゴンゴン引き、食では鍋にして旨味溢れるブリブリの身、フグ南蛮も旨かったな。(今季も楽しませてくれてありがとう。)そんな愛しのアカメに暫しのお別れをしに、シーズンファイルのアカメフグ釣行に行って参ります。🐡【釣】釣行前記(2022/02/26野毛屋)

  • 【食】カワハギの刺身と肝醤油・カワハギの煮付け・えぼしワカメ

    3年振りの一俊丸さんでのカワハギ釣行の釣果は5匹。数は少ないものの、良型が3匹いるんで良質の肝は確保出来てますぜ。まずは目的だった肝醤油で刺身でしょう。(こちらね。)しっかり血抜きしたから綺麗な肝だ。そいつを醤油に溶いて、透けるようなカワハギの身に絡めていただく。「やっぱりカワハギだな」かみさんが言いつつ次々と箸を伸ばす。長男も、旨~っ!と唸り、白飯と共にかっこむ。活きで血抜きされた良型のキモパンカワハギなんて、末端価格は1匹5,000円を下らないぞ。この時期のカワハギは釣るのが大変なんだからな、と皆に申し伝えておく。(シャキシャキです。)更にお楽しみがこの時期限定のえぼしワカメ。その名のとおり、えぼし岩近辺で養殖されたワカメで、茅ヶ崎港の船宿で購入できる。(期間限定です。)一俊丸さんで朝取れのを500円で買っ...【食】カワハギの刺身と肝醤油・カワハギの煮付け・えぼしワカメ

  • 【釣】手強い冬場のカワハギを煮えずに楽しむ (2022/02/18 カワハギ 一俊丸)

    ブログで振り返ってみると、カワハギ釣りは3年振り。同じテクニカル系の釣りでは湾フグを優先しちゃうし、度々フグ釣りのゲストでカワハギが獲れるから、どうしても頻度が下がっちゃう。フグと並んでエサ取り名人と言われるカワハギは、冬場だと更に手強くなる。活発にエサを食わず、アサリの肝だけをチョイと啄んでいくこともある。カワハギはアサリの肝が好き。こちらはカワハギの肝が好き。お互い肝を賭けた勝負になるな。(お久し振りです。)一俊丸さんは去年7月のシロギス釣り以来。その間、茅ヶ崎西駐車場がただの砂浜からコンクリで綺麗に整備された。1日2,000円するけど、船宿利用で無料になるよ。5:20に駐車場に停めて5:45の釣り座抽選は5人中4番目、左舷舳を選択。左舷6名で総勢11人。平日なのに以外と乗ってるな。(綺麗な朝焼け。)港へは...【釣】手強い冬場のカワハギを煮えずに楽しむ(2022/02/18カワハギ一俊丸)

  • 【釣】釣行前記 (2022/02/18 一俊丸)

    天候不良で釣行を見送ること2度、約1ヶ月振りの釣りですよ。野毛屋さんでアカメフグ釣りは2月一杯の予定なんで、今季ラストアカメ釣行は2月最終週に行くとして、今回は別の釣りものを考える。今季2度乗ったシーズン終盤のアマダイか、冬場で難度が上がってるものの獲れれば胆パン確定のカワハギか。どちらにしょうか考えて、かみさんに聞いてみると、「カワハギ!」と即答。そうだろうと思っていたものの、あえて聞いてみたのだよ。胆醤油でいただくカワハギの刺身は堪らんからね。年1回乗るかどうかのレベルで、手強い冬場のカワハギを相手に結果を出せるか不安はあるものの、湾フグで鍛えた腕がどこまで通じるか楽しみでもある。平日釣行ならば割り当てが増えて良い思いが出来るかもしれない。(船上で準備中。)と、いうことで一俊丸さんナウ。🐡【釣】釣行前記(2022/02/18一俊丸)

  • 【感】要精密検査

    1月初旬に受診した人間ドックの結果が届いた。昨年の人間ドックで見つかった腎結石は、壮絶な痛みを伴って既に出たし、まだ内蔵されている3mmと1mm弾はエコーでは映らないそうなので小康状態だろう。積年の課題である脂質代謝数値の改善に向けて、リコピンのサプリメントを飲んだり、毎日サラダを食べたり、ジムに通って筋トレとジョグに励んだりと、それなりの対策をしてきたので、この1年間の通知表を受け取る気分だ。封を切り、さて成績やいかに?と逆さにして結果を取り出そうとしたところ、ポトリと小さな封筒が落ちた。「紹介状か!?」いつもは入ってない小封筒を確認すると、やはり紹介状で間違いなし。再検査項目が見つかったということだ。マジか。。。診断結果を見ると、脂質代謝項目の各数値はあまり変わっておらず、「要経過観察」のまま。ちょっとは改...【感】要精密検査

  • 【釣】未釣行前記 (2022/02/05、2022/02/11)

    前回釣行は1月22日(土)。基本的に2週間ごとの釣行なんで、予定では2月5日(土)に行くはずだったところを、風が強い予報から見送った。(これね。)最高気温が1桁だと、風が吹くと体感気温は氷点下になっちゃう。この予報なら行けなくはなかったものの、冬場は少しでも良いコンディションで釣りたいからね。実際この日は船宿の釣果が伸びなかったから、見送って正解だったかな。では次週、と行く気満々だったところに10日(木)の雪予報ですよ。(これよ。)関東平野部でも10cmを越える積雪。翌日の明け方まで降るかも、とあっては、晴れ予報の11日(金)に雪が残るのは確実。明け方には路面凍結の懸念がある。我が愛車レヴォーグがいくらAWDとは言え、スタッドレスではないノーマルタイヤでは厳しい。仮に行けたとしても、またもや風が強い予報で釣りに...【釣】未釣行前記(2022/02/05、2022/02/11)

  • 【食】東京湾産天然マダコのたこ焼き 2022-1回目

    正月にタコ刺にした良型マダコの足2本が冷凍庫に残ってるのを思い出したんで、今年初のタコパと行きますか。子供らの在宅を確認した土曜日の夕方にいそいそと準備しますよ。(セット完了。)マダコは足2本で70個分を切り出した。4人で満腹出来る量でしょう。1回約20分掛かるんで、18時を回った頃から焼きをスタート。(1回で30個焼けます。)ジュウジュウと立ち上る湯気に香ばしい香り。ビールはまだお預けね。(半返し。)生地が固まったら串を駆使してクルクルと半返し。この時点で辛抱ゲージは80%。でも、焦ってはダメね。しっかりと火を通しますよ。(全返し。)球体に整形して全返し。表面に油を塗って仕上げの焼きに入ります。綺麗な球体がジューと音を立てて焼ける香ばしい匂い。視覚、聴覚、嗅覚に訴えられて、もう堪らんですよ。辛抱ゲージは98%...【食】東京湾産天然マダコのたこ焼き2022-1回目

  • 【食】アカメフグとコモンフグのフグ南蛮

    1月22日(土)の野毛屋さんへのアカメフグ釣行はアカメ、コモン各2匹の持ち帰り。ムシガレイがオマケに付いたけど、家族4人分にしてはチョイと少ないな。翌日、誕生日のかみさんに、どのように食べたいかお伺いを立ててみると、フグ南蛮が良いと言う。フグ南蛮。これまで我が家の食卓に何度も登場した、鶏南蛮をフグでアレンジした逸品だ。ならば一点豪華で、アカメにコモン、ムシガレイも加えて南蛮にしちゃいましょう。(フグはこれだけね。)かみさんにはリビングでお寛ぎいただいて、下拵えから調理まで全て私がお引き受けしましょう。ご奉仕いたしましょう。釣果を全てブツ切りにして塩・コショウを振り、小麦粉を纏わせて油で揚げる。熱々に揚がったところを甘酢タレに絡めて味を染み込ませる。自家製タルタルソースは塩らっきょうがポイント。たっぷりと南蛮に掛...【食】アカメフグとコモンフグのフグ南蛮

  • 【釣】渋々の中ギリギリのお土産をキープする (2022/01/22 アカメフグ 野毛屋)

    朝まだ暗いうちに震えながら家を出ると、車載の温度計はマイナス2℃。路面凍結がないか気を付けながら運転して、野毛屋さん着がいつもよりチョイ早い4:30。それでも待ち行列は24番目。前日が北風ビュービューだったから、皆さん本日にシフトしたんでしょうね。(毎度。)フグは2船出しのところ、ほぼ満員だ。釣り座は最近定位置とも言える健船の左舷舳2番目をチョイス。潮的に不利な釣り座だけど、艫側から埋まってるから仕方ないし、流し釣りだからさして気にしませんよ。(潮はこんな感じ。)暗いうちから船に乗り込み準備する。船中場所によっては凍結してるものの、寒さは苦にならない。防寒対策でオイル式のカイロを懐に忍ばせ、DAISOで買った掌用の遠赤外線サポーターをはめた手の甲と手首にカイロを貼り付け、上からフィッシンググローブをする。足元は...【釣】渋々の中ギリギリのお土産をキープする(2022/01/22アカメフグ野毛屋)

  • 【釣】釣行前記 (2022/01/22 野毛屋)

    大寒を経て益々寒くなり、日本海側では寒波による大雪、この頃は東京近郊でも最低気温が氷点下になってますね。釣りに行くにも、気合いと共に十分な寒さ対策が必要なシーズンですよ。神奈川ペイで防寒長靴を買ったし、メリノウールの暖か靴下も手に入れた。あとは気合いだけど、寒さが緩んで風も穏やかな1月22日(土)ならば、早朝を乗り切れば苦にはならないはず。今回は翌日に誕生日を控えたかみさんに振る舞うために、野毛屋さんでアカメフグを狙いますよ。🐡【釣】釣行前記(2022/01/22野毛屋)

  • 【感】フィッシング相模屋に初見参でポイント還元

    家の近くに釣具屋はなく、ポイント、キャスティングなど、どの店にも車で行かねばならん。開店以来贔屓にしてる釣具のブンブン相模店は現在、リニューアルオープンに向けて閉店中。さて、大物釣具をどこで買おうか?と迷ってた時に、フィッシング相模屋で「神奈川ペイ」が使えることを知った。神奈川ペイとは、神奈川県内の加盟店で専用アプリによる電子決済で最大20%がポイント還元されるというもの。総額70億円還元キャンペーン/神奈川県キャッシュレス・消費喚起事業“神奈川県をもっと便利に、もっと豊かに”県内の産業がうるおい、そして県民の皆さまがもっと笑顔に!神奈川県内の加盟店にて、「かながわPay」アプリを使ってお買い物いただくと、お買い上げ金額の最大20%分のポイントを還元するキャンペーンです。総額70億円還元キャンペーン/神奈川県キ...【感】フィッシング相模屋に初見参でポイント還元

  • 【食】アカメフグの刺身・ムシガレイの煮付け・アカメフグとマダコ入りおでん

    野毛屋さんでの初釣りの釣果はアカメフグ5匹にコモンフグ2匹。良型アカメ4匹を長男の友達のお宅にお裾分けすることにしたんで、自宅用は1匹のみ。うちはいつでも食べられるからね。(コモンフグです。)まずはおチビコモン2匹を刺身に。悪くはないし、フグ刺として旨いんだけど、同じ八景産ならショウサイの方が上かな。東京湾でコモンフグが幅を利かせてることで、江戸時代から庶民の味として親しまれて来た江戸前ショウサイフグが駆逐されはしないか、ちょっと気掛かりです。(ホッとするね。)ムシガレイは煮付けに。少々水っぽい身質のムシガレイでも、煮付けるとふっくら仕上がる。釣魚の煮付けは素材を活かすために短時間で仕上げるのがコツね。1匹残ったアカメは中骨ごと輪切りにして、おでんに入れてみることにした。出汁に一役買ってくれるでしょう。ついでに...【食】アカメフグの刺身・ムシガレイの煮付け・アカメフグとマダコ入りおでん

  • 【釣】2022ガツン・ザ・ファースト (2022/01/08 アカメフグ 野毛屋)

    2022年初釣りはもちろん野毛屋さんでアカメフグ。年明けからグッと気温が下がって、家を出る時間は氷点下だよ。中綿ウェアを引っ張り出し、防寒対策を万全にして挑みますよ。(今年も宜しくお願いします。)野毛屋さんに4:45着で14番目。ご近所迷惑にならないためにエンジンを切るから、車内で暖房なしで開店まで待つのが辛い。フグ船は1艘出しだそうなんで左舷舳4番目をチョイス。片舷9名でそこそこ乗るね。(潮はこんな感じ。)暗いうちから船に移動して準備する。まだ風が弱いから耐えられるけど、これからのシーズンは北風ビュービューだと苦行になるよ。(まだ暗いっす。)出船が近付き、朝日が昇って来るとホッとする。日差しの有り難さが身に染みるね。(ライジングサン。)定刻チョイ前に出船。近いからエサ付けといてね。の船長アナウンスがあるから釣...【釣】2022ガツン・ザ・ファースト(2022/01/08アカメフグ野毛屋)

  • 【感】遅ればせながらの初詣で今年はイケそう?

    1月10日(月・祝)は成人の日。昨年成人した次男は、成人式に出ないと言う。友達らも積極的に参加しないし、夕方にバイトも入ってるから、とのこと。そんなもんかね。自分の時も式に出ずにバイトしてたからそれもいいか。じゃあ用事もないんで、チャチャっとまだ行ってない初詣に行くかと、かみさんと出掛ける。(2年振り。)行き先は近場で一番大きな神社。松の内を過ぎても人が多く、駐車場にタイミング良く停められたのはラッキーだった。大鳥居をくぐって、出店が賑わうのを横目で見ながら参列に並ぶ。かみさんと並んでお参りして、家内安全、無病息災をお願いする。御朱印はさすがに予め書かれたものね。(今年こそお願いします。)本殿のあとは、恵比寿様にもお参りして、今年の釣り目標の達成を念入りにお願いしましたよ。更に銭洗弁天でお金を洗って懐への補填も...【感】遅ればせながらの初詣で今年はイケそう?

  • 【釣】釣行前記 (2022/01/08 野毛屋)

    正月休みも明けて、いよいよ2022年のフィッシングロードが開幕。初釣りはもちろん、野毛屋さんでアカメフグですよ。6日(木)に都心にも10cmもの積雪をもたらした大雪の影響が心配だったけど、8日(土)の天気は回復してコンディションは悪くない。懸念は朝の寒さだけ。寒さとの戦いに備えて完全防備でアカメに向き合いましょう。今年のフグ目標130匹を目指してスタートダッシュを決めたいな。🐡【釣】釣行前記(2022/01/08野毛屋)

  • 【釣】湾フグカットウ仕掛けの作り方 (チラシ編)

    湾フグ釣りのカットウ仕掛けは自作してるのだけど、最近は釣果に差があると感じてチラシのカットウ仕掛けを多用してる。以前に通常のカットウ仕掛けの作り方をアップしたんで、今回はチラシ仕掛けの作り方を紹介してみようか。(パーツと道具はこちら。)チラシ仕掛けにはダルマクリップとそれをカシメるためのハンドプレッサーがあると楽。ヤマリアのは3,000円くらいしたけど、今後自作するなら購入をお勧めします。かく言う自分はケチって暫くペンチで代用してたけど、専用プレッサーを手にして、早く買っとけば良かった、と思ったのですよ。カシメが楽です。エサバリは、がまかつの太地丸海津の13号を使ってる。3本のハリをフロロ10号で、1本はハリス30cm、2本は6cmで結ぶ。(エサバリ用のパーツ。)エサバリに段差を着けるためにビニールパイプを2c...【釣】湾フグカットウ仕掛けの作り方(チラシ編)

  • 【食】アカメフグ・スミイカ・マダコの刺身・アカメフグの雑煮

    2022年元日の朝、おせち料理に添えるため、年末に釣ったアカメフグに冷凍保存しておいたスミイカとマダコを解凍して仕込みに入る。新年一発目の釣魚料理は、気合いの刺身3種盛りですよ。(ドーンと左からスミイカ、アカメフグ、マダコ。)おせち料理で生ものは入れないのだろうけど、福(フグ)を呼んで多幸(タコ)でイカす年でありたい、と語呂合わせでどうでしょうか。(アテに。)アカメの薄皮とスミイカのエンペラは湯引きにしてポン酢で。モチモチの薄皮とコリコリのエンペラが対比の食感で良いね。(自宅で初のおせち料理。)おせち料理は毎年かみさんの実家でいただくのだけど、今年はリフォーム中で集まれないから、自宅で仕立てたもの。品数は少ないけど、かみさんが頑張った。(暮れに買いました。)お酒は昨年会津若松で買ってきた花春酒造の大吟醸。正月に...【食】アカメフグ・スミイカ・マダコの刺身・アカメフグの雑煮

  • 【感】2022年 新年明けましておめでとうございます

    新年明けましておめでとうございます。皆様のご多幸とご釣運を祈念いたします。今年もどうぞ宜しくお願いいたします。さて、毎年立ててる釣り目標ですが、昨年はコロナ禍で3ヶ月間釣行できず、3つは完全達成に程遠い1勝2敗。自ずと継続した代わり映えしないものになっちゃいます。◆トラ・アカメ・ショウサイ・コモンフグを年間130匹釣る!アベレージ8匹で達成する!昨年の実績は3種のフグで81匹でしたが、野毛屋さんの釣果にコモンフグが加わったんで、コモンを含めて4種のフグで130匹を目指します。◆野毛屋さんでマダイ40cm以上を釣る!結局、昨年はマダイ船に1度も乗れず、リングにすら立たずに終わってしまいました。繰り越し繰り越しでこの目標は4年目突入です。そろそろ本当に頼みますよ。◆野毛屋さんでアオリイカを釣る!野毛屋さんに初めて行...【感】2022年新年明けましておめでとうございます

  • 【食】2021年ラストのアカメフグのチリ鍋

    2021年の大晦日は昨年に続いて自宅で過ごす。昨年はコロナもあったが、嵐のラストライブの観賞があったからなんだけど、今年はかみさんの実家がリフォーム中のためで集まれない。いつも大晦日にはアカメフグの刺身を持って行っていたのに、今年はなし。なんで、野毛屋さんでのラスト釣行で揚げた良型3匹で、2021年ラスト鍋にして最後を飾りましょう。(これね。)アカメは毎日キッチンペーパーを替えて、熟成すること6日間。筋肉質が弛んで柔らかくなった分、旨味マシマシですよ。(こうなります。)昆布と干したフグの中骨で出汁取りし、先に野菜を煮込み、食べる直前にアカメのブツ切りを投入する。仕上げに水菜を散らして出来上がり。(完成。)昨日買い出しに行った際の魚屋で、養殖トラフグのチリ鍋用が500gで約5,000円で売ってた。その倍以上の量の...【食】2021年ラストのアカメフグのチリ鍋

  • 【釣】2021年釣行総括

    ◆3つの年間目標◆コロナ禍の緊急事態宣言下で長い自粛期間があっては、2021年の目標なんて無いようなものだったけれど、年始に宣言した手前、一応振り返ってみますか。◆トラ・アカメ・ショウサイフグを年間120匹釣る!アベレージ8匹で達成する!→未達成実績81匹アベレージ:7.4匹/回◆野毛屋さんのひとつテンヤでマダイ40cm以上を釣る!→未達成そもそも乗ってすらいないっス◆新たな釣りものに挑戦する!→達成!船でシロギス釣り始めましたと、1勝2敗で終えました。年間120匹は、コロナによる自粛で約3ヶ月間釣行してなかったから、目標数1/4の90匹が妥当だろうか。補正しても届きませんでしたがね。フグ釣りで今年はずっと一桁釣果が続いてツ抜けすら出来ず厳しかった。10月、11月の2ヶ月で51匹を釣って何とか捲ったものの及ばず...【釣】2021年釣行総括

  • 【食】コモンフグの漬け丼・ムシガレイの刺身・塩焼き

    2021年竿納めの野毛屋さんへの釣行はアカメ4匹、コモン6匹。アカメフグは大晦日まで熟成させるから、コモンフグからいただきます。しかし、そのコモンはおチビばかりだから料理を選ぶぞ。どうしょうかな、と思い立ったのが漬け丼。少ない量でもガッツリ白飯が進むコスパが優秀なメニューだ。(仕込み前。)コモンフグを下ろして、醤油:麺つゆ:ごま油を2:1:1で合わせて漬けダレを用意。ニンニク・ショウガ・鷹の爪を加えて身を漬ける。(仕込み後。)朝仕込んで晩ご飯には出来上がり。丼飯に乗せて、白ゴマをパラッと小ネギも散らす。(完成。)コモンフグの漬け丼。いつも通り味は良し。釣行翌日に仕立てたものの、ショウサイフグに比べて身がしっかりしてるコモンフグだと身が口に残っちゃう。ショウサイなら当日でもOKだけど、コモンだともう1日~2日寝か...【食】コモンフグの漬け丼・ムシガレイの刺身・塩焼き

  • 【釣】2021ガツン・ザ・ラスト (2021/12/25 アカメフグ 野毛屋)

    2021年竿納めのラスト釣行は野毛屋さんでアカメフグが毎年の恒例。1週間以上寝かせて熟成させるアカメフグは、大晦日と正月にいただくのにピッタリなんですよ。(今年もお世話になりました。)ちょっと出遅れて、野毛屋さん5:10着で18番目。フグ船は2艘出しのところ、健船左舷舳2番目をチョイス。このところ定位置の釣り座だな。(潮はこんな感じ。)艫側有利だろうけど流し釣りなんで気にしませんよ。このところの良い手応えを信じて、自分の釣りに専念しましょう。(6時過ぎても暗いよ。)暗いうちから船着き場に移動、シーサイドラインの軒先で暫し雨宿りをして、止んだところで船に乗り込む。十号船は左舷7名、右舷も同じくらいかな。2艘出しなんで、土曜日にしてはゆったりな釣り座だ。(自作のチラシ仕掛け。)仕掛けはチラシカットウのみ。感度重視で...【釣】2021ガツン・ザ・ラスト(2021/12/25アカメフグ野毛屋)

  • 【釣】釣行前記 (2021/12/25 野毛屋)

    いよいよ2021年も暮れですね。2021年のフィッシングロードは緊急事態宣言により初釣りが3月27日、約3ヶ月遅れてのスタートになった。今年は貧果続きで苦しんだ1年だったけど、最近は持ち直して来てるので、終わり良ければ全て良し、を期待してラスト釣行に向かいましょう。2021年ラスト釣行は例年通り野毛屋さんでアカメフグ。大晦日の刺身、お正月の雑煮のためにアカメフグを揚げて、気持ち良く2021年の竿納めとしたいな。🐡【釣】釣行前記(2021/12/25野毛屋)

  • 【食】マダコのラグーソースパスタ

    冷凍庫整理で解凍した1.8kgのマダコはスミイカとともに食したものの、型が良いから足2本が余った。後日この足2本に、解凍した小型の2杯を追加して、ラグーソースを仕立てましたよ。ちなみに「ラグー」とはフランス語で「煮込む」と言う意味らしい。ひき肉を煮込むミートソースもラグーソースの一種だそうな。マダコのラグーソースは、みじん切りにしたマダコに同じくみじんの玉ねぎを併せ、赤ワインでグツグツと1時間~1.5時間煮詰める。過去2回仕立てたけど、今回のが文句なしに旨かった。(ミートじゃないよ、マダコだよ。)煮詰めにしっかり時間を掛けたのと、マダコは茹でのに加えて、解凍した生のをフードプロセッサーでみじんにしたからかな。茹でないことで旨味の全てがソースに反映されたのではなかろうか。その分灰汁取りが必要だったけど。(ボーノ!...【食】マダコのラグーソースパスタ

  • 【食】スミイカの刺身・かき揚げ・カワハギの肝醤油刺身・マダコの唐揚げ・タコ飯

    【食】スミイカの刺身・かき揚げ・カワハギの肝醤油刺身・マダコの唐揚げ・タコ飯

  • 【釣】打率奮わず、あなたが噛んだ小指が痛い (2021/12/11 スミイカ 三喜丸)

    2021年ラス前釣行は今年2度目の三喜丸さん。テンヤスミイカは昨年3月以来で約2年振りだ。5:40着で、席取りした後に駐車券を貰って小柴港の駐車場に停めに行く。この時間でもまだ暗いね。(暗い小柴港。)受付け後に宿内でコーヒーをいただいてホッと一息。寒くなると三喜丸さんのこのサービスがありがたいよ。明るくなってから船で準備に掛かる。釣り座は左舷艫2番目。左舷は5名、右舷も同じくらいかな。(ご無沙汰です。)シャコをエサにするテンヤスミイカは、湾フグ同様にシャクリの釣り。黙々とひたすらシャクる釣り。(シャコはこれね。)湾フグとの違いはアタリを取らないことかな。ラインを弛ませて底でテンヤを動かさず、次のシャクりでスミイカがいればズーンと乗る。ゼロ地点からいきなり訪れるクライマックスはドキッ!とするし、その刺激が癖になる...【釣】打率奮わず、あなたが噛んだ小指が痛い(2021/12/11スミイカ三喜丸)

  • 【釣】釣行前記 (2021/12/11 三喜丸)

    2021年は残すところ1ヶ月を切り、今年の釣行はあと2回だろうか。竿納めは毎年、年末年始向けのアカメフグ調達のために野毛屋さんと決めてるから、ラス前が今年乗り洩らしてる釣りのラストの機会になる。何にしようかな、と思い立ったのはスミイカ。冷凍庫に1杯のストックがあるものの、それは正月用として、別途サクッと甘いスミイカを味わいたい。食味と釣り味の両立で、シャクってズーンのテンヤスミイカに乗りましょう。スミイカのかき揚げを食べたいぞ。🦑【釣】釣行前記(2021/12/11三喜丸)

  • 【食】今季初 アカメフグのチリ鍋

    鍋目的の野毛屋さんへの釣行で大型2匹を含む計4匹のアカメフグを揚げ、期待を込めて熟成させての翌週の日曜日、家族全員が揃うのを待っていよいよの封切りだ。(こいつね。)アカメフグはトラフグ同様に熟成させて旨味を引き出す必要がある。釣り立ては硬いだけで、身の旨味が乏しいのよ。今回鍋を新調して小さくなったんで、予め具材を並べてから出汁を注ぐようにする。出汁は昆布とストックしてあるフグの中骨で取りますよ。(フグは上下2段に重ねてますぜ。)メインのアカメは中骨ごとブツ切りにして整列させる。骨の髄からも良い出汁が出ますよ。ギュウギュウに鍋に具を押し込んで、別取りしたフグ出汁を注いで煮込む。(完成。)具材に火が通ったら水菜を入れて完成だ。アカメフグは身がしっかりしてるから煮崩れることはなく、逆に身が締まるね。甘い香りが堪らんよ...【食】今季初アカメフグのチリ鍋

  • 【食】ショウサイフグの刺身・唐揚げ・天ぷら・チリソース炒め

    野毛屋さんで次頭の30匹、コモンフグを合わせると36匹の釣果を揚げ、健船長に12匹を引き取って貰っても、24匹の持ち帰り。アカメ4匹は鍋にするため熟成させるから、まずはショウサイとコモンの20匹からいただきますよ。暫くはフグづくしだな。(上:ショウサイに下:コモン。)フグ刺し。小振りのヤツを選んでショウサイとコモンの相盛りにした。ショウサイはみずみずしくて旨味が濃い。コモンの少し灰色掛かった身は、ショウサイより身がしまってるけど旨味ではちょっと劣るかな。食べ比べなければ遜色ないけどね。(ふわふわです。)ショウサイフグの天ぷら。3枚に下ろした身はふわふわのホクホク。この天ぷらはショウサイフグならではだろうね。上品で旨いなー。(定番ね。)フグの唐揚げ。毎度数をこなすには揚げ物が最適。子供らが不在で、かみさんと二人だ...【食】ショウサイフグの刺身・唐揚げ・天ぷら・チリソース炒め

  • 【釣】虎穴に入って爆釣のうえ目的を達成する (2021/11/27 ショウサイ・アカメフグ 野毛屋)

    アカメフグの鍋が食べたくての野毛屋さんへの釣行は、5:00着で17番目。前日の船長ブログでフグ船の予約が少ないとあったけど、意外と並んでるね。旦那さんから駐車カードを受け取る時に、アオリイカ船が2艘出しになると聞く。皆さんアオリ狙いなんですか。(毎度。)そのためか釣り座は左舷舳1番をゲット。フグ船は左舷5名、総勢11名で土曜日と思えない人数だな。このところトップでも1桁釣果が続いたんで、皆からフグは敬遠されたのか。割り当てが増えるから、こちらとしては好都合ですがね。貧果のリスクがあろうが、虎児を得るには虎穴に入らねばならん。健船長を信じますよ。(潮はこんな感じ。)仕掛けはチラシのカットウを採用。チラシの方が通常のカットウ仕掛けよりアタリが出るのは間違いない。手間は掛かるけど、本日のために3セット作って来ましたよ...【釣】虎穴に入って爆釣のうえ目的を達成する(2021/11/27ショウサイ・アカメフグ野毛屋)

  • 【釣】釣行前記 (2021/11/27 野毛屋)

    常宿野毛屋さんでの湾フグ釣行は前々回18匹で気を良くしたところ、前回は3匹の急転直下でトホホな結果。今季はまだ良型のアカメフグを釣ってないから、アカメの鍋を食べれてないのですよ。(これね。)このところ朝晩が寒くなってきて、いよいよお鍋が恋しいシーズンに突入。ショウサイフグは煮込むと身が柔らかくなるから、鍋にはアカメフグが最適だ。鶏肉のようなブリブリの身に上質な旨味、高たんぱく低脂肪でヘルシーとくれば、言うことなし。我が家ではアカメフグの鍋が冬の恒例なんですよ。というわけで、鍋のためにアカメフグを仕入れに行ってきます。🍲【釣】釣行前記(2021/11/27野毛屋)

  • 【食】東京湾産天然マダコのタコ焼き 2021-3回目

    12月に入り2021年も残すところ1ヶ月。大晦日に向けて少しずつ片付けや整理を始めないとね。冷凍庫も同じ。庫内を陣取ってるマダコを減らさねばと、今年3回目のタコ焼きをやりますぜ。(タンデムタコ。)手頃な2杯を解凍して、粗塩を振って金ザルに押し当てながら揉むと、時短で簡単に滑りが取れる。この方法は楽ですよ。茹でた2杯を80個相当に切り分ける。(準備完了。)今回はごねるかみさんを説得して、タコ焼き専用ソースを買ってみた。これまでは中濃ソースを使ってたけど、タコ焼きとお好み焼きには甘めのソースが合うと思うのですよ。(焼き開始。)30個焼きで1回20分くらい掛かる。串を使って皆で整形してクルクルと球体にする。ジュ~という音に、立ち上る香りが食欲をそそるね。脇には冷えたビールがスタンバってますよ。(そろそろかな。)半返し...【食】東京湾産天然マダコのタコ焼き2021-3回目

  • 【食】アジフライ・タチウオフライ・アジとタチウオの刺身

    JOFI神奈川の懇親釣り会での釣果はタチウオ8匹、アジ12匹で食には十分。釣行当日は刺身でいただきましょうかね。(1位をもたらした96cm。)タチウオは一番脂が乗ってるだろう指4本の良型を捌いて皮目を炙る。パチパチとはぜる音と香ばしさが漂って、身の脂が緩んでくる。この身はなかなか良いんじゃない?(感謝していただきます。)タチウオの炙り刺身。少々厚く下ろした身は、クニッと歯にまとわり着くような感触。サラッとした上品な脂が淡白な中にコクを添える。家族の評判も上々だ。タチウオ、旨いね。(綺麗な身でしょ。)アジの刺身。中型で皮目が黄色く光る2匹をチョイスして下ろす。見た目ほど脂の乗りはなかったけど、新鮮な青魚の旨味は爽やかで良いですな。アジは庶民的な魚だけど、釣りたて、しっかり血抜きもしたピチピチの刺身は、何とも贅沢に...【食】アジフライ・タチウオフライ・アジとタチウオの刺身

  • 【釣】4本指で賞品をゲットする (2021/11/14 タチ・アジ仕立て 平作丸)

    JOFI神奈川の懇親釣り会。船宿は久里浜の平作丸さん。初の船宿なんで7:00集合のところ、6:20に着くと、ほぼ皆さん集まってる。お早いですね。(直ぐ隣がフェリー乗り場だ。)本日の懇親釣り会は14名が参加。仕立てによるタチウオとアジのリレーで、釣果のタチウオの長さを計測し、上位3名に賞品が出るとのこと。燃えるね。(のぼりを立てました。)船用のタックルを持っていない内水面のインストラクターの方々には、釣り教室用の道具をレンタルする。ただ電動リールのPEが太いので、おまつり回避のために艫側に固まっていただく。(旗も張りました。)マイタックルの人は、受付け順に胴の間より前の席をくじ引きで決める。自分は右舷舳をゲット。隅を取れて幸先良いぞ。(潮はこんな感じ。)明け方は雲が厚くポツポツと雨も落ちていたものの、本日は晴れの...【釣】4本指で賞品をゲットする(2021/11/14タチ・アジ仕立て平作丸)

  • 【釣】釣行前記 (2021/11/14 タチ・アジ仕立て 平作丸)

    昨年来のコロナ禍により、所属しているJOFI神奈川でも釣り教室やイベントの中止など、活動に影響を受けている。インストラクター同士が顔を会わせる機会がないのは寂しいので、懇親を深めるために、この11月に仕立てによる懇親釣り会が企画された。もちろん、二つ返事で参加を表明しましたよ。海面部会のメンバー以外にも渓流部会、鮎部会からも参加し、JOFI千葉から代表の方が来られるそうだ。いつもなら1月の「フィッシングフェスティバル」が顔合わせと懇親の場になるのだけど、残念ながら今年に続き来年もオンライン開催が決定した。JOFIに参加して初めてのインストラクター同士の船釣り企画だ。仕立て船で釣るのも初なので楽しみだな。🐡【釣】釣行前記(2021/11/14タチ・アジ仕立て平作丸)

  • 【感】紅葉を探しに大山へ行く

    長かった緊急事態宣言が解除されたし、秋晴れの好天だし、紅葉がそろそろだしで、感染対策をして出掛けましょう。行き先は大山。紅葉ベストシーズンのチョイ前だけど所々色付いていると、かみさんが情報を仕入れてきた。11月13日(土)7:00に家を出て、東名に乗ったところから断続渋滞に巻き込まれ出鼻をくじかれる。行楽日和に皆考えることは同じなんだね。昨年開通した伊勢原・大山インターで降りて、現着が8:30頃。この時間で市営駐車場はどれも満車。なので、民家の1日1,000円の駐車場に止めさせて貰った。聞くと、週末だと市営駐車場は6:30頃には満車になるそうだ。7時出じゃ甘かったね。(所々色付いてはいる。)今回はケーブルカーを使わずに、大山阿夫利神社下社までプチ登山で紅葉を探す予定。(ケーブルカー待ちの行列が長かった。)下社ま...【感】紅葉を探しに大山へ行く

  • 【食】ショウサイフグとアカメフグの刺身

    野毛屋さんでのショウサイフグとアカメフグの両狙いの贅沢釣りの釣果は、ダメダメの3匹。コモンフグも4匹持ち帰れたけど、どれも小物なんで刺身系にしか出来んね。(八景産旨し。)まずはショウサイフグ。おチビ2匹を湯振りにして刺身に下ろす。八景産のショウサイは、エサが良いのか他に比べて頭抜けて味が良い。しかも、刺身は良型よりもおチビの方が旨いから、東京湾イチのフグ刺しと言っても過言じゃない。身の張り、艶、旨味、どれを取っても抜群だね。(こちらはコモンフグ。)おチビコモンは2匹ずつ湯振り後にブツ切りにして、塩昆布あえとカルパッチョ風に仕立てる。コモンはショウサイより身がしっかりしてるのだけど、おチビだからかブツ切りにしても柔らか。どちらも良い箸休めになるね。(南本牧産ヤバし。)最後は、9日間熟成させたアカメフグの刺身。ギリ...【食】ショウサイフグとアカメフグの刺身

ブログリーダー」を活用して、n-hayataroさんをフォローしませんか?

ハンドル名
n-hayataroさん
ブログタイトル
釣・食・感
フォロー
釣・食・感

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用