searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

かずらさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ブックワームのひとりごと
ブログURL
http://honkuimusi.hatenablog.com/
ブログ紹介文
読書感想中心にいろいろ話すブログ。面白いものはなんでも書き留めておく。
更新頻度(1年)

261回 / 365日(平均5.0回/週)

ブログ村参加:2016/10/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、かずらさんの読者になりませんか?

ハンドル名
かずらさん
ブログタイトル
ブックワームのひとりごと
更新頻度
261回 / 365日(平均5.0回/週)
読者になる
ブックワームのひとりごと

かずらさんの新着記事

1件〜30件

  • 王宮にやってきたフィリエルの決断―荻原規子『西の善き魔女2 薔薇の名前』

    今日の更新は、荻原規子『西の善き魔女2 薔薇の名前』です。 あらすじ・書籍概要 いとこのアデイルとともにハイラグリオン宮中に上がったフィリエル。フィリエルはそこで、複雑怪奇な貴族の文化を知る。襲われそうになったフィリエルを見たユーシスは、彼女にプロポーズをする。身の安全と、ルーンへの思いの間で揺れるフィリエルだったが、ルーンは冷たく……。

  • Evernoteで小説を書く5つのメリット!クラウドメモアプリで文章を作ろう

    「小説書くテキストエディタ何使ってる? 「Evernote」 「Evernoteって何?」 と聞かれるので、今回は小説執筆においてEvernoteを使うメリットについて語ります。 Evernoteとは? Evernoteはクラウド上に文章を保存できるメモアプリ。つまりローカルに保存するのではなく、ウェブ上に保存されるメモだということ。 複数の端末でノートを編集できるほか、誰かとノートを共有することもできます。 書類のスキャン機能や、画像のアップロード機能もあるので議事録として使っている人も多いです。 evernote.com 1.保存ミスが少ない Evernoteの第一のよさは保存ミスが少ない…

  • 親のもやもやがわかっていたたまれなくなってきた―青沼貴子『ママぽよ アンとリュウ 就職できるかな?』

    今日の更新は、青沼貴子『ママぽよ アンとリュウ 就職できるかな?』です。 あらすじ・概要 短大も終わりに近づき就職活動を始めたアン。しかしそれはうまくいかず、やっと就職した会社でもすぐやめてしまう。一方父親の仕事を手伝っていたリュウも、父とけんかをしたことをきっかけに別の仕事を探す。子どもたちの就活を描いたコミックエッセイ。

  • 終末になれば山伏修行をするサラリーマン夫―はじめ『ウチのダンナはサラリーマン山伏』

    今日の更新は、はじめ『ウチのダンナはサラリーマン山伏』です。 あらすじ・概要 結婚相手は、週末に修行に行くサラリーマン山伏だった。新婚旅行は山、結婚式は仏式、交換する念珠にこだわる彼。山伏の独特の文化に振り回されつつも、著者は夫を通して修行の思想に触れていく。『あおくび大根』の作者が送る異文化結婚エッセイ。

  • お金に狂った看護婦が起こした連続殺人―森功『黒い看護婦―福岡四人組保険金連続殺人』

    今日の更新は、森功『黒い看護婦―福岡四人組保険金連続殺人』です。 あらすじ・概要 貧しい家庭に育った看護婦の吉田和子。彼女は金銭への執着心から、詐欺を繰り返すようになる。彼女の虚言と脅しによって、三人の友人が巻き込まれていく。和子が率いる四人組は、ついにメンバーの夫すらも手にかける。看護婦としての技術を使い、完全犯罪で保険金を手に入れようとする。

  • オペラの合唱指揮者が語るオペラの舞台裏―三澤洋史『オペラ座のお仕事』

    今日の更新は、三澤洋史『オペラ座のお仕事』です。 あらすじ・概要 オペラで合唱指揮者をしている著者。オーケストラ指揮者ががよく見えない合唱団のために指揮をするのが彼の仕事だ。表現を巡ってオーケストラ指揮者と戦ったり、海外のオペラ座でお国柄に遭遇したり。オペラを仕事にするということを舞台関係者から語るエッセイ。

  • 株で25万動かして10万利益を得た話~今までやってきた株取引を振り返る

    素材:Canva(https://www.canva.com/) 実は25万円ほど動かして株をやっています。 10万円ほど利益を得たので、まあまあうまく行っていると言っていいのではないでしょうか。 今回はその株について語ろうかと思います。 株をやろうと思ったきっかけ 私は基本的にケチなのでお金を使う趣味がなかったんですよね。本は図書館を併用すればそれほどお金がかからないし、音楽も好きな曲だけDLで買っているし、ゲームもガチャのあるものは基本的にやりません。 ふと、お金がかかる趣味をやってみたいという気持ちになり、でもどうせならリターンがあるものがいいな! と思って始めたのが株でした。 もうひと…

  • 事故によってどうしようもなく変わってしまった町で子育て―北野勇作『きつねのつき』

    今日の更新は北野勇作『きつねのつき』です。 あらすじ・概要 人に化けた「何か」が徘徊する町。「私」と娘の春子は、天井と同化した異形の妻と暮らしている。娘と平和な生活をする一方で、身の回りでは不思議なことばかり起こる。ここではかつて悪夢のような事故があり、それが町をどうしようもなく変えてしまったのだ。

  • ポケモンなのに倫理があるソードシールドとかいう世界について語る

    ポケットモンスターシールドのストーリー攻略も終盤に入り、最後のジムリーダーキバナのところへたどり着いています。彼を倒すにはもう少しレベリングするとして、今日はやたらと倫理があるガラル地方について書こうと思います。 ちなみに私が過去にプレイしたのは赤、クリスタル、プラチナ、ハートゴールドの四本です。

  • スリリングな展開を楽しめ! ハラハラドキドキする小説おすすめ21選

    素材:Canva(https://www.canva.com/) 今日の更新は、ハラハラドキドキする小説のおすすめです。 アクセス解析の検索ワードに浮上していたので書いてみました。ジャンルはホラー・ファンタジー・SF・サスペンスと雑多に混ぜています。 変態コレクターの庭でサヴァイヴする少女たち『蝶のいた庭』 少年少女が謎の生物と戦う『アンゲルゼ』 少女が七変化して大陸を駆け抜ける『流血女神伝』 記憶と幻覚のサスペンス『キミとは致命的なズレがある』 鬱とコメディの差が激しい『シュピーゲルシリーズ』 テンポよく権謀術数が行われる『わたしはさくら。~捏造恋愛バラエティ、収録中』 女用心棒が大冒険 『…

  • 映像に説得力がある異種交流譚―『夜明け告げるルーのうた』

    今日の更新は、映画『夜明け告げるルーのうた』です。 あらすじ・概要 日無町に住む中学生の少年、カイは、同級生にバンドに誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に向かったカイは、不思議な少女に出会う。それは、カイは、人魚の子ルーだった。音楽に引きつけられ、歌い踊るルーと交流を深めていく。しかし、ルーの存在が町の大人たちにばれ、ルーは観光資源として扱われてしまう……。

  • 垣間見えた古典部メンバーの未来―米澤穂信『いまさら翼といわれても』

    今日の更新は、米澤穂信『いまさら翼といわれても』です。 あらすじ・概要 合唱祭に出る千反田えるがいなくなった。しかも、彼女はソロパートを歌うという。伊原摩耶花からかかってきた電話によって、折木奉太郎はえるの行方を探す推理を始める。奉太郎がたどり着いた場所は……。表題作ほか、古典部の小さな謎を描く短編集。

  • 図書館司書が教える図書館の歩き方―高田高史『図書館で調べる』

    今日の更新は、高田高史『図書館で調べる』です。 あらすじ・概要 インターネットが発達し、何でも検索できる時代。でもちょっと待って、その情報、図書館で探してみませんか? 図書館司書である著者が、図書館の本の分類方法から、蔵書検索のコツ、関連書籍の探し方などを解説。図書館の歩き方を教えてくれる一冊。

  • 発達障害の息子を得て惑う母親を描く―トマコ『うちの子って発達障害!? ただいま子育て迷走中』

    あらすじ・概要 集団に参加できない、人と話すのが苦手……人とどこか違う著者の息子。彼は実は、発達障害だった。ことばの教室や通級教室などの教育サービスの助けを経て、少しずつ成長していく彼。母親の苦悩を描きながら、親が何ができるかを問うコミックエッセイ。

  • 忙しい人向けですらないファンタージェン―『ネバーエンディング・ストーリー』

    今日の更新は『ネバーエンディングストーリー』です。 あらすじ・概要 母親が死に、父親とふたり暮らしをしているバスチアン。いじめっ子たちにからかわれ、さえない生活をしている。しかし、ふらりと逃げ込んだ古書店で、不思議な本に出合う。バスチアンはその本を盗み出し、屋根裏部屋で読書にふける。そこにはファンタージエンという不思議の国を虚無から救うため、旅をする少年アトレーユの物語が描かれていた。

  • 「どうして敬語を使わなければいけないの?」という疑問に答える―橋本治『ちゃんと話すための敬語の本』

    今日の更新は、橋本治『ちゃんと話すための敬語の本』です。 あらすじ・概要 親や先生は、「ちゃんと敬語を使いなさい」と言う。しかし、敬語は何のために使うものなのか。日本の敬語の歴史を紐解きつつ、現代の敬語が何のためにあるのかを解説する。そこには、日本の身分制度や、人と人との距離感にまつわる秘密があった。

  • ポケモン剣盾のほのおジムリーダー、カブさんがかっこよすぎるから思いの丈を聞いてほしい

    switchを買ってポケットモンスターシールドをやっています。これが非常に面白い。 現在アラベスクタウンまでたどり着いています。その段階で何度も「かっこいい……」と反芻しているのがエンジンシティのジムリーダー、カブさん。 基本的にこのブログではキャラクターの名前は呼び捨てで統一しているのですが、彼だけはさん付けで呼ばせてください。そのくらいリスペクトをこの記事に込めたいのだと思ってほしい。

  • お金を知ることで老後の不安をなくそう―上田惣子『マンガ 自営業の老後』

    今日の更新は、上田惣子『マンガ 自営業の老後』です。 あらすじ・概要 フリーランスでイラストレーターをしていた著者。締め切りは絶対に守り、仕事はなるべく断らない。ずっとこの生活が続くと思っていたが、年齢とともに仕事が減り始めた。将来が不安になっていたころ、「『自営業者の老後』をテーマに本を書きませんか?」と依頼される。著者は同じ自営業の人々にインタビューを始める。

  • ゼロワンが時を駆けてヒューマギアが支配する世界を救う―『仮面ライダー令和・ザ・ファーストジェネレーション』

    今日の更新は、映画『仮面ライダー令和・ザ・ファーストジェネレーション』です。 あらすじ・概要 仮面ライダーゼロワンにして飛電インテリジェンスの社長飛電或人(ひでん・あると)。彼がある日目覚めるとヒューマギアが支配する世界になっていた。それは改変された過去にその原因があるらしい。或人はソウゴたちとともに過去へ飛び、歴史をもとに戻す糸口を見つけようとする。

  • 期間限定無料なのでワールドトリガーを9巻まで読んだ~つまりこれは戦記漫画なんだよ!!!

    期間限定無料と聞いてワールドトリガーを読んでいました。面白かった。 実は5巻までは読んでたんだけど、そのときぴんとこなくて途中まででやめてしまったんですよね。 これは要するに戦記漫画なんだと気づいてから面白くなってきたので、その感想です。 『ワールドトリガー』のあらすじ 異次元からの侵略者「近界民」の脅威にさらされている三門市。そこに住む少し正義感の強い中学生・三雲修は、謎の転校生・空閑遊真と出会う。遊真の行動に振り回される修の運命は!? 最新型SFアクション!! (ジャンプ公式HPより) ざっくり要約すると、異世界から謎の侵略者が来るので少年少女が戦うよ、という話。 特徴的なのはトリガーとい…

  • 水族館で働く女性の毎日―日高トモキチ『水族館で働くことになりました』

    あらすじ・概要 水族館の飼育員にあこがれ、スカイツリーのふもとにある「すみだ水族館」で働くことになったマユミ。餌やりや掃除、お客さんとの会話など、水族館の仕事ではやるべきことがいっぱい。マユミは飼育員として一人前になれるのか。水族館への取材をもとにしたフィクション。

  • すっごくポジティブな介護士エッセイ漫画―ゆるゆらり『アラフィフでヘルパーはじめました』

    今日の更新は、ゆるゆらり『アラフィフでヘルパーはじめました』です。 あらすじ・概要 姑との二世代同居で苦労をしていた著者。「働いて外に出たらどや?」という夫の一言から一念発起し、介護の業界を目指す。しばらく障害児のデイサービスで働いていたが、介護福祉士の資格を取って高齢者のデイサービスへ。そこでは、さまざまな人間ドラマが繰り広げられていた。

  • オチがあまりにもひどすぎるでしょ―『砂上の法廷』

    今日の更新は、映画『砂上の法廷』感想です。 あらすじ・概要 大物弁護士の男が殺害され、容疑者として逮捕されたのはその息子の少年だった。弁護士のラムゼイは彼を弁護するが、少年は黙秘を続ける。ラムゼイは少年を無罪にするため手練手管を弄する。母親や客室乗務員など、証人たちの言葉もどことなく信用できないものばかり。しかし少年が沈黙を破って語り始めたのは、意外な告白だった。

  • 校閲記者による日本語教室に行ってきたよ! 紙面から間違いを探せ【レポート】

    素材:Canva(https://www.canva.com/) NHKカルチャーの、「校閲記者の『間違えない』日本語術」の講座に行ってきました。 NHK文化センター梅田教室:校閲記者の「間違えない」日本語術 | 好奇心の、その先へ NHKカルチャー 今日はそのレポートを書きました。

  • 記者の身体を張ったユニクロ潜入取材―横田増生『ユニクロ潜入一年』

    あらすじ・概要 ユニクロのブラック企業っぷりを批判してきた著者。ユニクロの社長柳井社長の「どういう企業かをぜひ体験してもらいたい」という言葉をきっかけに、潜入調査を決意する。アルバイトとして面接に通った著者は、ユニクロで働き始めるが……。

  • 中国人女子、日本のマナーに疑問を持つ―小道迷子・渡邉豊沢『中国人女子と働いたらスゴかった』

    今日の更新は、小道迷子・渡邉豊沢『中国人女子と働いたらスゴかった』です。 あらすじ・概要 著者の上司は、小鳥を売っていた女性小鳳(シャオフォン)を中国でスカウトする。一緒に仕事をすることになった著者は、彼女との文化の違いに困惑する。しかし、本当に日本の文化が正しいのだろうか……?

  • 少女が迷い込む不条理な世界―ヤン・シュヴァンクマイエル『アリス』

    今日の更新は、ヤン・シュヴァンクマイエル『アリス』です。 Amazonprimeに入ったと聞いたので見てみました。 あらすじ・概要 剥製のうさぎが動き出し、服を着て出て行った。少女はそのうさぎを追いかけるうちに、奇妙な世界へ迷い込む。身体の大きさが変わるクッキーや薬、帽子屋と三月うさぎのお茶会、ハートの女王の理不尽な要求など、少女は周囲に振り回される。

  • 君は宮城県岩沼市のおじさんマスコットキャラ「岩沼係長」を知っているか?

    私には推しているゆるキャラがいます。その名は岩沼係長。宮城県岩沼市のゆるキャラです。 しかしファンが少ない上グッズも通販がなく、なかなか推しづらい日々が続いています。 有名になればもっと供給も増えるはず! 少しでも岩沼係長について知ってもらいたいとブログ記事を書きました。 岩沼係長とは まず一目見て注目すべきは、おじさんのゆるキャラだということ。 そーいえば #岩沼市 で社会人経験者を対象とした職員採用試験をしているようです。募集職種は、社会福祉、電気・機械、司書、事務です。興味がある方は市ホームページにある募集要項を見てみてください!https://t.co/PMWr5Pt8BC#岩沼係長 …

  • お互いへの依存関係が生んだ闇のおにロリ―斜線堂有紀『私が大好きな小説家を殺すまで』

    今日の更新は、斜線堂有紀『私が大好きな小説家を殺すまで』です。 いつかのミステリ電子書籍セールで買ったものです。 あらすじ・概要 人気小説家、 遥川悠真が失踪した。それには、ある少女がかかわっていた。彼女の名前は暮居梓。遥川悠真に拾われ、共生生活を送っていたが、彼女がスランプに落ち込む彼にやったことが、ふたりの関係を完膚なきまでに変えてしまう。

  • クリスチャンの現代の倫理との付き合い方―持田明広『クリスチャン弁護士のちょっと気になる事件簿』

    今日の更新は、持田明広『クリスチャン弁護士のちょっと気になる事件簿』です。 あらすじ・概要 家族の悩み多き時代、著者のもとにはこじれた家族問題がいくつも舞い込んでくる。著者は仕事としてそれを解決しようとするのだが……。クリスチャンの視点から見た相続、離婚、結婚の事件を語る。

カテゴリー一覧
商用