searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

こだいらぽんたさんのプロフィール

住所
台東区
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記
ブログURL
https://kodairaponta.hatenadiary.jp/
ブログ紹介文
「基礎学力」(高卒程度)をつけるため、大学受験の参考書を使って独学を始めました。
更新頻度(1年)

22回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2016/10/09

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、こだいらぽんたさんの読者になりませんか?

ハンドル名
こだいらぽんたさん
ブログタイトル
こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記
更新頻度
22回 / 365日(平均0.4回/週)
読者になる
こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記

こだいらぽんたさんの新着記事

1件〜30件

  • FC東京、ルヴァンカップ優勝!/アンデシュ・ハンセン著『スマホ脳』/久々の美容院

    ◎2021年1月4日(月)晴れ。 ルヴァンカップ決勝の日。柏レイソルvsFC東京。 news.yahoo.co.jp 年が明けてからのルヴァンカップ決勝。とても不思議な気がする。例年なら何が何でも執念でチケットを取っていたと思うが、今回はおとなしくテレビ観戦で。 朝、愛車でスポーツクラブに向かう途中、東京のエンブレムのリボンをつけたクルマとすれちがった。これから新国立競技場に向かうのだろうか。なんとうらやましい。 東京は4-3-3の布陣で、ACLから森重をアンカーに使っている。このシステムだとアンカーの両脇を使われてピンチになることが多そうなのだが、今回はそんなシーンはほとんどなかった。でも、…

  • 最近のあれこれ。

    ◎2020年12月13日(日)晴れ。 ・「ラジオ英会話」「実践ビジネス英語」はラジオ放送を聞いて、単にテキスト本文を音読しているだけなのだが、それでも4月から継続できたのはこれが初めて。ずっと続けていれば何かが変わるような気がする。 ・村上春樹『海辺のカフカ』(上下)を読む。いくつものパラレルワールドが同時に展開するのは村上長編作品の特徴だ。『オイディプス王』『饗宴』は以前読んだことがあったので、それもあって面白く読めた。 ・夫がリハビリ病院に転院して一ヵ月。最低でも六カ月はいなければならないという長丁場だとのこと。しかし帰って来るまであとわずか五カ月だともいえる。それまでに家のリフォームをし…

  • ルヴァンカップ決勝が延期。残念。

    ◎11月4日(水)晴れ。 「ラジオ英会話」「実践ビジネス英語」の録音放送を聞き、軽い昼食を取ってから仕事に行く。 土曜日に行われるはずだったルヴァンカップ決勝が、柏の新型コロナ観戦の影響で延期になってしまった。来年に開催される可能性もあるとのこと。残念だが、コロナにかかりたくてかかるわけではないので仕方がない。リーグ戦優勝どころか天皇杯出場も今年はかなわないだろうから、せめてルヴァンは取ってほしい。 テレビはアメリカ大統領選挙一色だ。 ◎11月5日(木)晴れ。 「ラジオ英会話」「実践ビジネス英語」の録音放送を聞いてから、実家にクルマで向かう。実家で昼食を取り、父親を病院まで送り届けてから、夫が…

  • 清水が勝ったのを久々に見た!

    ◎2020年11月3日(火)くもり。文化の日。 掃除・洗濯をした後、コーヒーを飲みながら「ラジオ英会話」を聞く。その後数学の勉強。テレビはアメリカ大統領選挙の報道一色だ。 午後は夫の病院へ。DAZNで、清水エスパルスvsヴィッセル神戸を一緒に見る。(夫は清水サポーター)清水は球際でかなりの粘りを見せていて、あっさり奪われてカウンターといった今年何度も見た光景はなかった。清水は3-1で完勝。しかも今季初の逆転勝利だ。先日の監督解任でどうなるかと思ったが、勝ててよかった。 今週末はルヴァンカップの決勝(FC東京vs柏レイソル)がある。リーグ戦は川崎が強すぎて歯が立たないので、せめてカップ戦は取って…

  • 最近やったこと

    ◎2020年11月1日(日)晴れ。 最近「基礎学力」の勉強から遠ざかっていた。久々に数Ⅱの参考書を開いたら、見事に何もかも忘れてしまっていた。今まで勉強にかけていた時間がもったいない! というわけで、いまさらながら勉強を再開することにしました。 ここ数日間でやったことは以下の通り。 <数Ⅱ> 『初めから始める数学Ⅱ』(P1~P21) 二項定理を完全に忘れている。いろいろとまずい。 <世界史> 『青木世界史B講義の実況中継 4』(P1~21) 全4巻の本書を4巻(近現代)から読み直すことにした。今回は第一次世界大戦とヴェルサイユ体制について復習した。参考書の手書きの図表をノートに書き写すと頭に入…

  • トイレに閉じ込められてしまった。

    ◎10月8日(木)雨。 先週の土曜日、トイレに閉じ込められてしまった。 トイレに入っていたら、ドアレバー(取っ手)が取れてしまい、開かなくなってしまった。夫は入院中なので、誰にも助けてもらえない。叫んだって聞こえるわけはなし(一度叫んでみたけど無駄なのでやめた)、ドアを蹴破ろうとしたけれど、これも無理。 スマホを持っていれば助けも呼べるけれど、普通スマホなんかもってトイレなんか入らない。人間って連絡があってどれくらいで「異変があった、おかしい」と思ってもらえるのか?真夏でなくてよかったけど、数日間この狭い空間に閉じ込められるかもしれないと思ったら、恐怖でしかない。月曜日まで閉じ込められたら、会…

  • 最近やっていること

    ◎2020年10月1日(木)晴れ。 NHK「ラジオ英会話」と「実践ビジネス英語」を4月からずっと聞き続けている。 こんなにひとつのことを続けられたのは久し振りだ。別に英語ができるようになった実感は一ミリもないのだけれど、テキスト本文が初見で音読できるようになったのは、ちょっとした進歩かもしれない。 仕事で疲れたときの気晴らしに、学研『中学社会 白地図』を買った。これで楽しみがまたひとつ増えた。最初のページを開いただけでわくわくしてしまう。ところで、恥ずかしいことに、ロンドンの「グリニッジ天文台」が移動していたことをこの白地図で知った。この薄い本のなかに、知らないことがたくさんあるんだろうなあ。…

  • 英語が読めて書けるようになりたい!

    ◎2020年8月8日(土)くもり。 ここに文章を書くのは久し振り。 家族が病に倒れてしまい、即入院手術となったので、ちょっとバタバタしていた。しかも、このバタバタはしばらく続きそうだ。コロナの件があるので、病院はお見舞い禁止。でも仕方ない。病気はコロナだけではないので、医療関係者の方々に対しては、本当に頭の下がる思いだ。 ××× 先月から英語の勉強を始めた。ツイッターで海外の絵描きの方々のファンアートを見るのが好きで、「英語でコメントを自由自在に書けたらいいのになあ」というのがきっかけだ。会話なんかできなくていい。読めて書ければいい。読書も好きなので、洋書がすらすら読めたら単純に嬉しいし、なん…

  • 読書ノート 佐藤優・香山リカ著『不条理を生きるチカラーコロナ禍が気づかせた幻想の社会ー』(ビジネス社)

    ◎2020年7月20日(月)晴れ。 佐藤優・香山リカ著『不条理を生きるチカラーコロナ禍が気づかせた幻想の社会ー』(ビジネス社) コロナ渦にある日本の危機的状況を乗り切るには、どのような思想が必要か。少なくとも価値相対主義的なポストモダニズムの思想は何の力も持たないのではないか、という問題提起のもとに行われた対談本だ。 もっとも、私は「ポストモダニズムって何?浅田彰とか読んだことないんですが」といったレベルなのだが、そんな初心者にもわかりやすかった。(バブル世代なので、大学時代にしっかり勉強していれば、「初心者です!」みたいなことにはならないのだが……本当に恥ずかしい) ポストモダンは不条理とは…

  • 待ちに待ったホームゲーム。16年ぶりに味スタで浦和に勝ったぞ!/FC東京vs浦和レッズ

    ◎2020年7月18日(土)雨→くもり。少し肌寒い。 今年初めてのホームでの観戦。浦和サポがいない浦和戦はとても不思議な空間だった。この日はメイン上層で試合観戦。久々の生観戦で心が躍る。 全席指定で観客は5000人まで。ソーシャルディスタンスを保つため、隣の人との座席は2席空いている。声援を送ったり、歌を歌うことは禁止。手拍子もダメで、拍手のみだ。 でもやはりホームだなと思った。誰もゲーム中に話をしないシーンと静まり返ったなかでは、この拍手が異様に響くのだ。東京のチャンスになると大きな拍手がスタジアムに響き渡り、かなりの迫力が生まれていた。 <FC東京:先発メンバー> GK 林 DF 室屋 渡…

  • 最近見た映画2本。プロ野球開幕。

    ◎2020年6月21日(日)晴れ。 ▷最近、劇場で見た映画2本。 地獄の黙示録(Apocalypse Now/監督:フランシス・フォード・コッポラ) 『ゴッド・ファーザー』三部作が面白かったことに気を良くして、「題名だけは知っているけれど、見たことがない名作」を見に行った。「ベトナム戦争を描いている作品だけど、観念的で難解な映画らしい」という評判を聞いたことがあったので、途中で眠くなったらどうしようかと思いつつ。 アメリカ陸軍の諜報員ウィラード大尉が、上層部の命令でカーツ大佐を暗殺しに行く。理由は、カーツ大佐はカンボジアの奥地のジャングルで自分だけの王国を築いているという「危険人物」だから。ウ…

  • 『デッド・ドント・ダイ』/久々の美容院

    ◎2020年6月6日(土)くもり→雨。 ▷TOHOシネマズ日比谷へ久々に映画を見に行く。 コロナ対策のため、フェイスシールドをつけた係員がおでこで測るタイプの体温計で観客ひとりひとりを検温する。それほど観客がいるわけではないが、待機列が長くなってしまい、入るのに時間がかかる。それでもみんな、おとなしく並んで待っていた。 座席は隣り合わないように、ひとつおきに座る。ジュースを飲んだりポップコーンを食べたりする時以外は、マスクをつけて映画を見るように促される。 デッド・ドント・ダイ(THE DEAD DON'T DIE /監督:ジム・ジャームッシュ) ゾンビ映画はほとんどがハズレの場合が多いのだが…

  • 来週から出社/藤井くんすごい

    ◎2020年6月4日(木)晴れ。 ▷午前中、会社から電話。在宅勤務が今週で終了し(私はパートの身分をいいことに在宅勤務から逃げ回っていたのだが)、出社勤務になるのでよろしくと念を押される。一日も出社しなかったにも関わらず、わずかながら給料を保証してくれたので、会社も結構頑張ってくれたのかなと少しだけ(本当に少しだけ)見直す。 出社したらフェイスシールドを一人ひとつずつ配布するとのこと。接客業でもないのにいつもつけていなければならないのか?と思いきや、時と場合によって自分で判断して使ってほしいとのことだ。保管は個人でやってくれと言われたが、折り曲げてしまわないか不安だ。 ▷10万円給付金の書類を…

  • 短めの読書日記。

    ◎2020年5月27日(水)くもり→晴れ。 緊急事態宣言が解除され、近くの商業施設に久々に出かけた。商業施設に入っている100円ショップも本屋さんも賑わっていた。女子中学生たちがラノベの本棚の前で、ああだこうだと盛り上がっていて楽しそうだった。もうすぐ普通の生活が戻ってくる。スポーツクラブとJリーグの再開を待ち望んでいる。仕事はちょっとめんどくさい。まあ、仕方がない。 この休業期間中、本はまあまあ読んだ。漫画は細野不二彦さんの作品を中心にめちゃくちゃ読んだ。映画は『ゴッドファーザー』のPART2とPART3をBSで見ることができた。『ゴッドファーザー』は名作だ。長い映画だけれど、ちっとも長いと…

  • kindleでマンガばかり読んでます。

    ◎2020年4月29日(水)晴れ。 家にずっといるようになって、曜日と時間の感覚がなくなっている。いかん!朝、窓をすべて開けて掃除することで何とか時間の感覚を取り戻している。スーパーに毎日買い物に行って、夕飯を毎日作るなんて今までやっていなかったので、これはこれで新鮮だ。 ××× 昨年末、kindle Oasis 32GBを購入した。本当に買ってよかった。思ったより読みやすいし、気になった箇所にしおりをいくらでもはさめるので、後から検索するのにとても便利だ。 カバンに入れてもかさばらないし、重くない。1巻をあと10ページくらいで読み終わるというときに、1巻と一緒に2巻も持っていくべきかどうすべ…

  • めちゃくちゃ面白かった!アル・パチーノ最高!/「ゴッドファーザー」(監督:フランシス・フォード・コッポラ)

    ◎2020年4月11日(土)晴れ。 サッカーも野球も映画もない!スポーツクラブもない!まさかこんな日々がこようとは。というわけで、読書や数学の勉強をしている。NHKラジオの英会話講座も聞き始めた。世界史はかなり忘れていて少々ビビっている。 3月30日に映画館で見た映画。どうして今まで見なかったんだろう。 ゴッドファーザー(監督:フランシス・フォード・コッポラ) イタリア・シシリー島からアメリカに移住した、イタリア系マフィア・コルレオーネ一族の人間ドラマ。 どうしてこれまで見なかったんだろう。あっという間にスクリーンに引き込まれ、いつの間にか終わってしまった。「マーロン・ブランドの存在感がすごい…

  • 最近見た映画2本を簡単に。/「三島由紀夫vs東大全共闘」「ミッドサマー」

    ◎2020年3月22日(日)晴れ。 コロナ騒ぎでJリーグはお休み。スポーツクラブのレッスンもお休み。行くところといえば映画館しかない。ということで、夫婦50割を利用して映画を見てきたのでかんたんレビュー。 三島由紀夫vs東大全共闘ー50年目の真実ー(監督:豊島圭介) 1969年5月東京大学駒場キャンパス900番教室で行われた三島由紀夫と東大全共闘との討論会を軸としたドキュメンタリー。昨年、TBSの深夜番組で討論会そのものは見た。あまりにも面白かったので、ずっと見入ってしまった。 映画もものすごく面白かった。単に討論会の内容を紹介するだけでなく、これらの発言が出てくる時代背景を事細かく解説してく…

  • ほぼワンカットの伝令目線。いい映画だけれど緊張感で疲れた・・・。/サム・メンデス監督『1917-命をかけた伝令』

    ◎2020年2月29日(土)晴れ。 Jリーグ延期で喪失感半端ない週末。仕方がないので映画を見に行った。 日本橋はいつもに比べて人が少なく、映画館も閑散とした印象。でも混雑しているより快適・・・かな? 1917-命をかけた伝令ー(1917/2019年/イギリス・アメリカ) 監督:サム・メンデス 出演:ジョージ・マッケイ/ディーン=チャールズ・チャップマン/マーク・ストロング/アンドリュー・スコット アカデミー作品賞を「パラサイト」と競ったという「1917ー命をかけた伝令」を見に行った。西部戦線で戦うイギリス軍の仲間にある命令を伝えるために、ドイツ軍がうろうろしている危険地帯に若者二人が突っ込んで…

  • 前半があまりにもひどくてどうなることかと・・・勝てて良かった!/J1第1節 清水エスパルスvsFC東京@アイスタ

    ◎2020年2月23日(日)晴れ。 2020年J1リーグ第1節。開幕戦ということもあり、日本平はほぼ満員となった。 新型コロナウイルスの影響で、観客席はマスクをしている人が目立つ。ボールボーイもみんなマスクをしている。エスコートキッズがいないのも見慣れない光景だった。 東京は大卒ルーキーの中村帆高が初先発。左サイドバックで出場した。楽しみだ。 <FC東京:先発メンバー> GK 林 DF 室屋 森重 渡辺 中村 MF 三田 髙萩 橋本 FW ディエゴ オリベイラ レアンドロ 田川 交代 55分 三田→アダイウトン 61分 髙萩→アルトゥール シルバ 81分 田川→紺野 <試合結果> 清水エスパル…

  • ルーキー紺野のプレーはわくわくしたぞ!/ACL第2戦 FC東京vsパース・グローリー(オーストラリア)

    ◎2020年2月18日(火)晴れ。 ACL予選の第1戦、蔚山現代vsFC東京は1-1のドロー。勝ち点3が手にできそうなところで失点してしまったのは惜しかったが、アウェイの地で勝ち点1を取れたのは良かった。(おまけに蔚山は強かった・・・。)蔚山戦はテレビ観戦だったが、アナウンサーによれば予選突破の目安は勝ち点10とのこと。ホームでは何が何でも全勝したい。 今日は雨が降っていなかったものの、とても寒かった。レアンドロは半袖だったが寒くないんだろうか。 <FC東京:先発メンバー> GK 林 DF 室屋 森重 渡辺 小川 MF 髙萩 アダイウトン 橋本 レアンドロ 安部 FW ディエゴ オリベイラ 交…

  • 最後はホラー。ものすごく怖かった。/ポン・ジュノ監督『パラサイトー半地下の家族ー』

    ◎2020年2月17日(月)晴れ。 先週の土曜日、久々に映画館で映画を見た。アカデミー作品賞を取った韓国映画『パラサイトー半地下の家族ー』だ。初めは「格差社会への批判がテーマのコメディ映画なのかな」と思って見ていたら、「格差社会への批判」なんて生やさしい映画ではなかった。最後はホラーだ。ものすごく怖かった。 半地下のアパートに住むキム一家4人が、身分を偽ってIT企業CEOであるパク氏の豪邸で雇われることから話は始まる。父は社長のお抱え運転手、母は家政婦、息子はパク氏の娘の家庭教師、娘はパク氏の息子の芸術療法士として。雇われた経緯はともかく、彼らは実力があるので、仕事はばっちりこなしてしまう。 …

  • バックパスをしないところが良かったゾ!/ACLプレーオフ FC東京vsセレス・ネグロスFC(フィリピン)

    ◎2020年1月28日(火)雨。寒い。 久々のサッカー観戦。サッカーシーズンが始まるとわくわくする。雪は降らなかったものの、どんどん強くなってくる雨に加えて冷たい風が吹きつけ、本当に寒かった!しかし試合はかなり面白かった。 グラウンドは水が浮いていて、ハーフタイムはスタッフが雨をかきだしていた。焼け石に水だったが、それでもやらない方がマシ・・・だったのかもしれない。 <FC東京:先発メンバー> GK 林 DF 室屋 森重 小川 ジョアン・オマリ MF 髙萩 東 アダイウトン レアンドロ 安部 FW 原 交代 77分 東→アルトゥール・シルバ 90+1分 レアンドロ→中村 90+3分 アダイウト…

  • 読書ノート チャールズ・ディケンズ著『デイヴィッド・コパフィールド』全4巻(中野好夫訳/新潮文庫)

    ◎2020年1月6日(月)晴れ。 チャールズ・ディケンズ著『デイヴィッド・コパフィールド』(中野好夫訳/新潮文庫)全4巻を読了した。 この本は主人公のデイヴィッド・コパフィールドが様々な艱難辛苦を乗り越え一人前に成長し、作家として自立を果たし、最後はハッピーエンドで終わる物語だが、デイヴィッドが精神的成長を遂げるにしたがって読んでいる方も自分が成長したかのように思えるような気持ちになれるところが印象的だった。 たとえばドーラとの結婚生活だ。彼女は素直で可愛らしくて天真爛漫だが家事能力がまるでない。料理もできなければ家計簿もつけられず、女中の監督もできないので家のものを盗まれたり自分たちの名義で…

  • 言葉に見放されないよう、読解力と文章力を鍛える一年に。

    今週のお題「2020年の抱負」※はてなブログの「お題」に初投稿しました。 「2020年の抱負」を箇条書きにするとこうなる。 1.たくさん本を読み、読書ノートを必ずつけること。 2.スポーツ観戦や日常生活で気がついたことをメモしておき、文章化すること。 インプットばかりでなく、少しはアウトプットの技術を磨きたい、というのが個人的な抱負だ。単なるつぶやきではなく、他人が読んで理解できる文章を書きたい。できれば一定のペースを維持して、週に一度書き続けることができれば最高だ。できるかな。 こんなことを考えるに至ったのは、前向きな理由ではなく、少しばかり後ろ向きな理由による。そう、私も人生の残り時間だと…

  • ジョルノ・ジョバァーナが第6部に登場していた展開を空想する。/荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険ーPART6 ストーンオーシャン』

    ◎2019年12月26日(木)くもり 荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険ーPART6 ストーンオーシャン』(集英社文庫/全11巻) 第5部「黄金の風」は素晴らしかった。その勢いで第6部全11巻kindle版を購入し一気読み。しかし、第6部はプロットもスタンドバトルも複雑で、1回読んだだけではよくわからず、結局3回読むことになった。だが読み返すたびに新しい発見があり、じわじわと胸に迫ってくるものがある。徐倫が結構ファザコンなところとか(幼い頃、よほど承太郎に可愛がられた記憶があるのだろう)、アナスイが最後に自らの救済を求めるシーンとか。やっぱりジョジョは面白い。ラストは「荒木さんはすべてをリセッ…

  • 今さらながらJ1リーグ最終戦について。/『カラマーゾフの兄弟』熱、再燃!

    ◎2019年12月15日(日)晴れ。 J1リーグ最終戦から1週間たった。FC東京は横浜Fマリノスに完敗。あれだけ完膚なきまでにやられたら、あきらめがつくというものだ。今季MVPの仲川は得点のにおいがするだけでなく、守備でも素晴らしかった。それにしても、目の前で優勝を決められるのは本当にくやしい。 しかし、東京が最終節まで優勝の可能性を残したのはクラブ史上初めてだ。毎試合、選手の必死さが伝わってきたのも初めてのような気がする。今シーズンはいいものを見せてもらった。来年こそはリーグ優勝、そしてACLも取ろう。 そして、昨日はJ1参入プレーオフ決勝の日だった。湘南ベルマーレvs徳島ヴォルティスは1-…

  • 前半のチャンスで決めきれなかった東京。/FC東京vs浦和レッズ

    ◎2019年11月30日(土)晴れ。寒い。 J1リーグ優勝争いは東京と横浜の一騎打ちとなりつつある。ホーム最終戦を何とか勝ち切って、次節のリーグ最終戦で横浜との直接対決に持ち込みたい。 ところが、ホーム最終戦は東京が超苦手としている浦和だ。東京は2004年以降、味スタで浦和に勝てていない。しかし相性の悪い相手だからこそ、勝てればぐっと優勝が近づいてくるはずだ。 <FC東京:先発メンバー> GK 林 DF 室屋 渡辺 森重 小川 MF 三田 髙萩 橋本 東 DF ディエゴ オリベイラ 永井 交代 42分 ディエゴ オリベイラ→田川 57分 永井→ナ サンホ 77分 三田→ユ インス <試合結果>…

  • ギリギリで拾った勝ち点1。まだサッカーの神様に見放されてはいないぞ!/FC東京vs湘南ベルマーレ@味の素スタジアム

    ◎2019年11月23日(土)雨。寒い。 1999年11月21日。FC東京がJ2からJ1に昇格した日だ。J1に昇格できるのは2位、J2最終節で東京は3位で、2位の大分トリニータに勝ち点差1だった。 あの日は新潟で試合を生観戦していた。この試合でFC東京はアルビレックス新潟に勝ち、最低限の結果は残した。あとは他力本願で天に祈るしかない。私たち東京サポはドキドキしながらスタジアムで大分vs山形の試合結果を待った。大分が引き分けもしくは負けなら昇格できる。この時はスマホなんてなかったから、容易に他会場の試合結果なんてわからなかった。じーっと観客席で待っていると、東京の選手たちがもろ手をあげてピッチに…

  • 「矛盾にじっと耐える力」/荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険ー第5部 黄金の風』

    ◎2019年11月14日(木)晴れ。 荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険ーPARTE5 黄金の風』(集英社文庫/全10巻) Kindle Oasisの使い心地が快適だ。軽い、早い、防水加工がなされているので風呂でも読める。 Kindleでは以前から読みたかった『ジョジョの奇妙な冒険ー黄金の風』(全10巻)をまとめ買いした。「黄金の風」は『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの第5部だ。第4部「ダイヤモンドは砕けない」が大好きな私は、第5部の「イタリアのギャングの話」にどうしても入って行けず、そのうち『ジョジョ』シリーズから遠ざかってしまった。 ところが先日、CSで『ジョジョ』シリーズのアニメ(再放送…

  • 大学入学共通テスト/FC東京、首位奪還!/Kindle Oasis購入

    ◎2019年11月8日(金)晴れ。 英語民間試験導入中止でてんやわんやの「大学入学共通テスト」だが、今度は国語や数学の記述試験も中止になるかもしれないとのこと。自己採点が難しくて、どこの大学に出願すべきか学生が迷ってしまうからというのが理由のひとつだそうだ。 かつて「大学入学共通テスト(仮称)記述式問題のモデル問題例」を解いてみたが、かなり頭を使う面白い問題だった。20字以内の短い記述にも部分点をくれるところがいい。わかりやすい採点基準だとも思ったのだが、やはり自己採点ともなるとかなり厳しめにつけてしまうんだろうか。 しかし採点基準がはっきりしているとはいえ、大量の解答用紙を採点しているうちに…

カテゴリー一覧
商用