chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
写真ブログ 今日の一枚 http://blog.oa-fukuda.com/

趣味で撮りためた写真を、一日一枚を目標にご紹介します。主にエゾリス、動物、花、函館の写真です。

Mayphoto
フォロー
住所
函館市
出身
函館市
ブログ村参加

2016/06/02

1件〜100件

arrow_drop_down
  • 初めてのウポポイ3

    ウポポイにある「国立アイヌ民族博物館」 時間帯指定の予約が必要なので、ちょっと面倒くさい。 ただ、予約さえしていれば時間変更は柔軟に対応してもらえます。 展示内容はものすごく見ごたえがあります。 動植物等の自然を相手にした展示物 芸術性の高い特別展

  • 初めてのウポポイ2

    初めてのウポポイ、見学にはちょっとした要領が必要かも。 とにかく、規模が大きくて見どころが多いので 時間が決まっているイベントや上映ものなどをまずチェック、 整理券が必要なものもあります。 博物館も、一応時間帯別に事前予約が必要。 空いた時間に、常時見学できるところを見たり グッズを買ったり、食事するのがいいかと。 箱モノが多いので途中で飽きるかと思いましたが 体験ものや、実演もの、アイヌ…

  • 初めてのウポポイ1

    9月のある日、前々から行きたいと思っていた 白老のウポポイ(民族共生象徴空間)へ。 開業は令和2年のコロナ禍真っ只中 2年たってやっと行くことが出来ました。 エントランスのコンクリートの壁には動物などが描かれていて 何となくワクワク。 写真を見て気がついたのですが、描かれた木の幹の先に 本物の木の枝があってひょっとして繋がってる?

  • 着陸の方向

    恵山側から函館空港に着陸すると思っていた夕方の便、 この日は函館山方向から空港へ向かってきました。 後ろに見えるのは湯の川温泉のホテル等。 うわっ、真正面だー、あわてて撮影 着陸

  • 松倉川の改修工事

    松倉川の改修工事が始まっています。 詳しい工事内容は把握していないのですが、 お散歩している方の情報によると、イオン向かい側から川へ下りる 道が作られ公園のようなものが作られるとか。 イオン向かい側の様子 湯の川との合流地点から湯の川側へ入った所

  • 庭の霜柱

    霜柱ができる日が多くなりました。 初雪は既に済んでいる函館ですが、全く降った実感がない。 見ていないので。 ただ、さすがに12月に入ると連日雪の予報。 穏やかに過ごせるのもあと数日。 そういう時に庭の冬越し作業を頑張れば良かったのに 今年もあれもやらなきゃ、これもまだ・・・と 今頃になって焦っています。 全く経験値が活かされない自分。 先日撮った雪柱

  • 鮭の遡上とユリカモメ

    ユリカモメを見た茂辺地川に2週連続で行ってきました。 河口の橋の上から見下ろすと、まだまだ遡上した鮭がいました。 でもその何倍もの数の鮭が産卵を終えて命耐えて川底に。 メスを巡ってオス同士が争い 時にはかぶりつき

  • 鮭の遡上とユリカモメ

    鮭が遡上する茂辺地川でイクラを食べるユリカモメに出会ったのは もう10年以上前のこと。 久しぶりに、ユリカモメに出会うことができました。 いつも見るカモメより一回り小さい。 ユリカモメの目当ては産卵したての鮭の卵、イクラ。

  • 茂辺地川の鮭

    今年は汐泊川に遡上する鮭の数ががあまり多くないような気がします。 そこで遡上する鮭が見たくて2週間前、茂辺地川へ出かけました。 到着したのは夕方近く。 いました、いました。 孵化場へ向かわせるため上流へ上がらないように ネットが張られています。 その…

  • マルバマンサクの紅葉

    いつもどの花よりも先に咲く公園のマンサク 「まず咲く」からマンサク。 正式名称は「マルバマンサク」。 糸みたいな不思議な形。 春一番に見つけると嬉しくて写真をたくさん撮るのに それ以降は完全に忘れ去られる存在。 それが、先日初めてマンサクの紅葉を見ました…

  • ダイサギの後ろに

    この夏の大沼ネタが続きます。 ダイサギが睡蓮の上に立っていました。 幻想的な雰囲気で、何枚も何枚も撮影。 これまた、家に帰ってパソコンで見たら・・・なのですが そのダイサギの右後方にオシドリが写り込んでいました。 しかもペアらしい。

  • カンムリカイツブリの巣作り

    この夏大沼で見かけたカンムリカイツブリ。 せっせと巣材を運んでいました。 写真を撮った時は巣材をくわえた一羽だけし…

  • 今年は遅めの紅葉

    12日の香雪園の紅葉。 てっきり見頃を過ぎているかもと思って行ったら見頃でした。 本州の紅葉は例年より早めというニュ…

  • 夏に出会ったオシドリ

    夏の大沼で出会ったオシドリのペア。 メスの近くに行きたがるオス メスが離れると後ろからついていくオス 尻に敷かれた…

  • 手撮りの天体ショー

    一昨日の皆既月食と天王星食の天体ショー。 函館でもきれいに見えました。 日中は変わりやすい天気でハラハラ、 でも月が出る頃には予報通りすっかり晴れて。 前回の皆既月食同様、今回も三脚なしの手撮り。 家の中から見える窓は2ヶ所のみ。 しかも窓の開口部が小さいので同じ窓に2台は三脚置けない。 ということで、自分は寝室のベッドの上に乗って手撮り。 外の見晴らしのいい所で三脚で撮ればいいのですが そ…

  • 夕方の飛行機

    陽が日に日に短くなってきました。 紅葉した葉も落ち始めて、冬がすぐ近くまで来ていることを 感じずにはいられません。 夕方の空港近辺、着陸直前の飛行機 ススキの原野に着陸するみたい。 なんだか寂しい雰囲気がします。 北海道のコロナ感染者数が日本で一番多くな…

  • 津軽海峡の先の風力発電

    函館から津軽海峡を隔てた青森側を臨むと 天候、気象条件によって妙にはっきり見えることがあります。 この日はうねりがあって変わりやすい天候、 さすがに建物や山肌までは見えなかったものの こんな風景が見えました。 離れ島に棒がたくさん立っているような不思議な景色。

  • 昨日の香雪園

    昨日の香雪園の紅葉。 新聞によると今が見頃とのこと。 10日くらいまで楽しめそうとか。 これが見頃だとすると、やっぱり今年の紅葉は ちょっと残念な状態だったのかも。 毎年見ているだけにそう感じます。 もっと、もっときれいです。 駐車場から園内に入った…

  • カワアイサVSダイサギ

    川の小さな中州をカワアイサが独り占め。 のんびりと休んでいました。 そこへダイサギ参上。 ギョッとして睨みつけるカワアイサ。

  • 電線のアオバト

    夏から秋にかけてよく見られるアオバト。 海水を飲みに海岸にやってくるのが有名。 山でも小さな群れで見かけます。 9月に出会った山のアオバト。 一羽だけ電線に止まって。

  • 今年の紅葉

    日曜日の香雪園の紅葉。 今年は遅れているようです。 一部赤いものもあったけど、全体的にまだまだ。 見頃まであと一週間くらいはかかるかな? それでもMOMI−G(もみじ)フェスタで ライトアップもされているので訪問者は多いみたい。 函館市の郊外に行くともう少…

  • キノコの生命力

    公園のあちこちにキノコが出始めると ついつい写真を撮りたくなります。 地面の土を押し上げて顔を出す瞬間が好きなので 自分の中では朝の撮影がベスト。

  • 遡上する鮭

    松倉川で見かけた鮭。 ここでは今季初。 一番下流の橋のたもとに二匹いました。 たぶんオスメスのペア。 ここ数年、毎…

  • 柱状節理の崖に咲く花

    戸井漁港にある切り立った崖 縦に割れ目が入っていて、「柱状節理」と呼ばれます。 ブラタモリ的に言うと、これは火山活動でできたもの。 火山から流れ出た溶岩が、冷えて固まる時に 規則正しい割れ目が入ることがあるとか。 近くに行くと圧倒されます。 この柱状節理は東の恵山方面へと断続的に続きます。 その柱状節理の崖に白い花が。

  • ヒヨドリの渡り

    越冬の為南下するヒヨドリ、道南では白神岬が有名。 今頃はかなりの群れが見られると思われます。 先日、海岸を通りかかった時にヒヨドリの群れを発見。 こんなにたくさんのヒヨドリ見たことない、これは渡りに違いない。 そう思ってあわてて車を止めて観察。 ここは白神岬と違ってマイナーなポイント。 ここでは初めて目撃しました。 上空を舞うヒヨドリ、まるでヒッチコックの世界

  • コンテナ船が行き交う

    津軽海峡を眺めていると船の往来が多い。 その中でもコンテナ船。 頻繁に海に行くわけでもないのに行く度に必ず見かけます。 同じ時間帯に2隻目を発見。 こちらは作業船みたいなのとすれ違う所。

  • 忘れた頃に野生のホップ

    ビールの原料になるホップ。 もちろん、ビールの原料になるのは畑のホップ畑。 でも野生のものが、わりと身近にあります。 忘れた頃に出会います。 一瞬「何だっけ?」 「あっ、ホップだ!」 毎回出会うのは忘れた頃。 で、毎回戸惑う。 いい加減覚えればいいのに…

  • 志海苔館跡

    本当に久しぶりに志海苔にある「志海苔館跡」を 訪れてみました。 前回訪れたのはほとんど記憶にないくらい昔のことで。 一つだけ覚えているのは、「マムシ注意」の看板があったこと。 小学校の遠足で、その看板を見た途端みんなビビってしまい、 恐々お弁当を食べたのだけは覚えています。 ここには和人の館がありました。

  • 木の下のマガモ

    きれいな小川に覆いかぶさるように垂れた枝、 その中からガサガサ音がする。 身を低くして覗き込むと、マガモ。 夢中で何か食べている。 あまりに水がキラキラしてきれいだったので しばらく撮影。 さすがのマガモも「何見てんのよーーっ!」

  • 根崎グランド

    湯の川にある根崎グランド。 サッカーや、野球、アーチェリーができますが 何と言っても一番有名なのがラグビー場。 正式には「根崎公園ラグビー場」と言うらしい。 専用のラグビー場は貴重な存在です。 道内でも函館でラグビーが人気があるのは ここの存在が大きい。 いつからあるのか歴史はわかりませんが かなり古くからあったはず。 近所に住んでいたので、小さいころからラグビーは身近にありました。 散歩…

  • キャンプ場のハロウィン

    函館市郊外にある「白石公園はこだてオートキャンプ場」。 前はよく通過するのですが、先日初めて立ち寄ってみました。 パークゴルフ場も隣接しており、大変賑わっていました。 園内の道路標識にリスちゃん かわいい! この時期になってもハンギングなどの花がきれい …

  • 飛行機を真下から

    またまた着陸直前の飛行機を真下から撮影。 「函館あるある」です。 飛行機が近づくととにかく撮影してしまう自分。 だか…

  • 久々のキタキツネ

    刈り取り前の牧草地で久々にキタキツネに出会いました。 いつ以来かな? そういえば春に海で1回出会ったかな。 でも、そんなに頻繁に出会える動物ではない。 草原にぽつんと茶色い塊 すぐにキタキツネと分かりました。 これ以上は接近できず

  • 今季初の鮭

    やっと川で遡上する鮭に出会えました。今季初! 白い尾びれがちょっとだけ見えています。非常に分かりづらい。 汐泊川の鮭の孵化場、川をせき止めている所のすぐ手前。 ここで産卵するつもり? 絶対数はまだ少ないです。 孵化場の水槽には、少し入っていました。

  • 桜と飛行機

    先週見たひまわりがもう一度見たくて 土曜日にまた行ってきました。 ひまわりは、先週の寒さでかなり傷んでいましたが まだ少し残っていました。 アップでは厳しいけど、離れるときれいなひまわり畑。 そこに突然離陸した飛行機が登場。 ひまわりと一緒に撮りたくて、慌ててシャッターを切る。

  • 帰ってきたゴイちゃん

    ゴイちゃん・・・ゴイサギです。 親しみを込めてそう呼んでます。 いつもの川、去年は夏から秋まで 行く度に必ず出会えました。 今年は初見は遅かったものの 8月の警報級の大雨が降る直前には過去最多の10羽を 目撃していました。 それがあの2回にわたる大雨で川が大氾濫してから 一度も目撃できませんでした。 日曜日に久しぶりに訪れた所、ゴイサギ3羽に出会えました。 「ゴイちゃんが帰ってきたー!」 …

  • サケ釣りの季節

    函館郊外の海岸へ行くと、サケ釣りを楽しむ人が 増えてきました。 北海道の秋の風物詩の一つかも。 こんな感じで竿を立てます 一人何本も

  • 秋のひまわり

    まさか10月にひまわりが見られるとは思いませんでした。 3週間くらい前に通りがかった時、つぼみのひまわりを発見。 えーっ、今頃? これから? それから2週間たった先週末、ひょっとしてと思い再訪。 予感的中、満開のひまわりに会えました。

  • 登別で見たもの

    昨日の朝のけたたましい警戒音には本当にびっくりしました。 昨日は警戒級の雨が降るかも、という予報だったので てっきり大雨の警戒と思いましたが、まさかのミサイル。 しかも北海道に向かってくるって。 一昨日のブログに載せた津軽海峡の駆逐艦にも 多少なりとも関係があるような。 他人ごとではありません。 すぐ身近に物騒な要素がたくさん、怖い・・・。 それにしても、発射された方向や警戒地域の情報が錯綜…

  • 登別の閻魔様

    久しぶりに訪れた登別 観光客が戻っていました。 ここはお土産物店などが並んでいて ぶらっと散策できるのが魅力。 朝、ぶらっと温泉街を散策。 温泉街を歩くとワクワクします。 ちょうど焔魔堂のシャッターが開くところ

  • 思いがけない出来事

    そろそろ渡り鳥が行き来する季節になってきたので 昨日、郊外の海岸へ行ってきました。 山側の鳥を見てひと段落、海の方へ目を向けたら 双眼鏡を持ったご夫妻が「駆逐艦を見に来たんですか?」 「え? 何ですか? 私達鳥見ですけど・・・。」 「駆逐艦と護衛艦が目の前を通過中ですよ」 見ると津軽海峡を日本海側から太平洋側へ こんな船が通過中。この日は霞んでいて見づらかったですが。

  • 飛行機の真下に入る

    函館の空港、湯の川近辺にいると当たり前の光景なのですが 飛行機の真下に入ることがよくあります。 しかも、かなり低空の状態で。 これはAIR DO。 飛行機には青空が良く似合う。 着陸直前は足が出た状態が見られます。 この日は離陸直後、津軽海峡方向に方向転…

  • どうした 鵜?

    2週間くらい前、干潮の時間を見計らって海へ出かけたら 珍しく波打ち際に一羽の鵜が。 鵜といえば、いつもはテトラポットで日向ぼっこをしたり 時々海に入って魚を捕ったり。 砂浜で見かけたことは一度もありません。 この日は何故か、海を見詰めながら 波打ち際に立っていました。 ちょっとずつ近づいて撮影。

  • 鳴き続けるカモメ

    どうしたのか、近くに止まっていたカモメが ずーっと鳴き続けていました。 幼鳥でもなさそうだし。 誰かを呼んでいるのかな? カモメ、ウミネコ・・・何種類もいるけどさっぱり区別できません。 でもユリカモメだけは判ります。 北海道では秋に見かけるイメージ。 …

  • こんな所にカラスの巣

    郊外へ出かけた時によく見かける巨大な携帯電話のアンテナ。 てっぺんにカラスが一羽いました。 下を見ると、アンテナの隙間にカラスの巣が 何でも利用する、恐るべしカラス。 先日若いカラスが車道にクルミを落として 車が踏むのを待っていました。 踏んだと判…

  • 実りの秋

    函館近郊の田んぼも黄金色になってきました。 このままいけば無事稲刈りが迎えられそうです。 気が付けば秋。 日が短…

  • カラスのパラダイス

    たくさんのカラスが刈り取った畑に下りて 何かを食べていました。 近くには側面をネットで囲われたプルーン畑。 ネットは鹿…

  • ノビタキのお気に入りの場所

    最近よく見かけるノビタキ。 お気に入りの場所がここ 案山子の赤い帽子の上。 おかげで帽子はフンだらけ。 他のノビタキが来ると「ここは私の場所」と 追い払います。 時々田んぼで虫を捕まえては定位置へ。 しばらく楽しませてもらいました。 ブログラン…

  • 秋のアサガオ

    夏のイメージ写真に必ずに登場するアサガオ でも、北海道ではどちらかというと晩夏から秋に咲くイメージ。 子どもの頃、夏休み前に家に持ち帰ったアサガオの鉢・・・ 自分の育て方が悪かったのか、休み中に咲くことはなかった。 ここ数年は種から育てているアサガオ。 夏に咲かせたくて、種まきの時期を調整したりしたけど 夏に花のピークを迎えると、どうも長く続きません。 苗が早く弱ってしまう。 今年も種まき…

  • マムシグサ発見

    今年も山でマムシグサの実を発見。 マムシグサ・・・名前からしてちょっと不気味。 見た目もちょっと不気味。 この後、真っ赤に色づいて妙にトロピカルな感じになります。 春の花は漏斗状でほっそりして、そこからまさかこの実がつくとは 想像できません。 別名コウラ…

  • 久しぶりのユウレイタケ

    ユウレイタケを見たのは何年ぶりかな? 7〜8年以上はたっているかも。 その時は、薄暗い谷間の斜面に2本だけ生えていました。 ネットで調べるまで名前もわからず、 ただただ不気味な形状の植物を撮影しました。 後で名前が「ユウレイタケ」と判って妙に納得。 それから毎年秋になると同じ場所を探すも見つけられず。 先日、過去に見つけた場所と同じ斜面で発見。

  • ハマナスの実

    海岸でちょくちょく見かけるハマナス。 今は赤い実がたわわに実っています。 ハマナスがバラ科の植物だと知ったのはガーデニングを始めてから。 啄木公園の碑には 「潮かをる北の浜辺の砂山のかの浜薔薇(ハマナス)よ今年も咲けるや」 という啄木の短歌が刻まれてい…

  • トリカブトのつぼみ

    公園で見かけたトリカブトのつぼみ。 あれから1週間以上たったので既に開花しているかも。 花の色は紫。 「トリカブト事件」で一躍有名になってしまった ちょっとかわいそうな花。 毒がある山野草はまだほかにもたくさんあるのに・・・。 それにしても「トリカブ…

  • 着陸するまでが一望できる場所

    函館山から市街地を眺めていると 市内上空で高度を落としてから函館空港に着陸するまでの 飛行機の動きが一望できます。 山の中腹くらいに小さい飛行機が見える 湯の川温泉街にさしかかろうとしているところ。高度かなり低め。

  • 公園の倒木

    8月の函館の雨量は123年ぶりに更新されたと 今日の新聞の報道。 確かに、あの雨の強さは今まで経験したことがないもの。 しかも長時間。 自分が住んでいる場所でも2回避難指示が出て 歩いて数分の場所では浸水する被害が出ました。 その時の雨の影響で公園の古木が真っ二つに。

  • 田んぼのサギ

    田んぼにはサギが良く似合う、と前から思っていました。 先々週通りかかった田んぼ。 鳥の頭だけが見えました。 車を止めてしばし観察。 アオサギとダイサギが微妙な距離を保って対峙 ダイサギが餌を探し始める、アオサギは我関せず

  • 函館グルメサーカス

    食のイベント「函館 グルメサーカス」が 9月3日〜4日、3年ぶりに開催されました。 遠く、函館山から望む 手前の茶色い建物が函館市役所。 その左側、グリーンベルトが会場。 テントが並ぶ

  • キノコの威力

    公園のアスファルトが敷かれた遊歩道 ボコッと盛り上がっていました。 よく見ると、アスファルトを押しのけて顔を出したキノコ。 サイズは5cm足らず、決して大きくない。

  • 離陸直後に雲の中

    飛行機のことは全く詳しくないのですが 函館空港から離陸して本州方面へ向かう場合、 函館の市街地方向(西側)へ離陸するパターンと 東方向の山側へ離陸するパターンがあるようです。 どちらも離陸後に津軽海峡・青森方面へ、方向転換します。 風向き等の天候によるのか、滑走路のやりくりによるのか マニアでないのでさっぱり判りませんが。 この日見た機体は東方向へ離陸するパターン

  • 海岸のキアシシギ

    初夏の一時、海岸に行くと必ず会える鳥がいました。 キアシシギ 数羽いたでしょうか? シギやチドリは詳しくないので、教えてもらわないと判らない。 他に同時期に、キョウジョシギやコチドリなどもいました。 みんなそれぞれに海藻をついばんでいました。 そんなシギ…

  • ムクゲの花

    庭の中で一番暗い場所に植えたムクゲ。 元気に育って毎年たくさんの花をつけます。 ハイビスカスにそっくりの花。 どちらもアオイ科フヨウ属なので親戚同士 当たり前といえば当たり前。 北海道では南国のハイビスカスは外に植えられないので 庭を始めた時に似たムクゲ…

  • 不思議な飛行機雲

    空、特に雲の形を眺めるのが子どもの頃から好きです。 古本屋で随分前に購入したいろんな雲の写真集 かなり面白いです。 少し前に見かけた飛行機雲。 ちょっと変な形をしていました。 アップにするとこんな感じ

  • 不気味な色の朝焼け

    雨がちだった8月後半のある日、いつもより早い4時ころに 目が覚めて、また寝るのも中途半端だったのでそのまま起床。 外を見てびっくり、空がこんな色に。 不気味な程に紫がかった朝焼けでした。 写真を撮ろうと思いったのは少し経ってから。 最初はもっともっと濃…

  • 湯倉神社の「夏詣」2

    湯倉神社の「夏詣」ネタのつづきです。 しばらくぶりに訪れた湯倉神社で変わっていたこと。 「うさぎ」の存在が大きくなっていた。 おみくじの種類が増えていた。 うさぎのおみくじ

  • 湯倉神社の「夏詣」

    湯の川にある湯倉神社に「夏詣」の旗がありました。 地元誌でも紹介されて気になっていたので お盆休みに立ち寄ってみました。 鳥居をくぐって右手に風鈴が飾られていて音が涼しげ

  • 久しぶりの湯の川温泉花火大会

    8月12日、湯の川温泉花火大会が3年ぶりに開催されました。 本来は10日が開催予定日。 それが悪天候で11日になり、この日も回復せず順延。 12日がだめなら中止という中、天候が回復して無事開催できて 本当に良かった。 といっても会場までは足を運ばず、近所の高台からの見学です。 これが例年のスタイル。 手持ち撮影なのでこのくらいが限界

  • 公園の寄せ植えのベゴニア

    香雪園緑のセンター前の寄せ植え。 秋モード 赤と白のベゴニアが中心。 このベゴニアという花。 種の値段はそんなに…

  • 秋の気配

    公園で見つけた一足早い秋。 1本の桜の木の一部の葉っぱだけが紅葉していました。 暑さが続く中、ちょっとだけホッとします。 昨日も暑かった函館。 「今日こそは30℃を超えた」と思ったものの28.6℃。 調べてみたら今夏函館で30℃を超えたのは3回だけでした…

  • 四季の杜公園のヒース

    久しぶりに訪れた四季の杜公園 丘から見下ろすヒースガーデンがきれいでした。 ヒースとは もともとはイギリス北部、アイルランドなどにある荒地のことを指すが そういう荒地でも育つエリカ属の植物も指すようになったとか。 数年前のこのブログで、ヒースガーデンが荒…

  • 鹿部のアオバト

    大沼まで出かけたついでに ちょっとだけ足を伸ばして鹿部の海岸へ。 岩場にいました、アオバト。 今夏も近くの海岸や山で 飛んだり遠くの木に止まっているものは見ていたけど せいぜい数羽程度。 この日は少しまとまった数のアオバトを見ることが出来ました。 とは言っても、遠い。

  • 大雨の量について

    昨日のブログで、8月に入ってからの函館の大雨について触れ、 気象庁が発表している函館の気象データをご紹介しました。 でもよーく考えると、こんな程度? 避難指示が出たくらいだから もっと降ったのでは? という疑問が湧いてきました。 函館のデータは市内北部の気象台の数字。 今回大雨で避難指示が出た東部地域では違うはず・・・。 それで、再度気象庁のサイトから 被害があった場所により近い「高松」の…

  • 大雨の後の松倉川

    津軽海峡あたりに長いこと停滞する前線の影響で 函館でもここ1週間あまりの短期間に 一部の地域で2回、大雨による避難指示が出されました。 8月7日夜から8日朝までに104mm、11日には66mm。 1日にも67mm降っているので、8月15日の段階で237mm(平年値は156.5mm)。 月半ばで既に平年の1.5倍の雨。 しかも怖いくらい強い雨が何時間も続く状態。 この雨で、いつも鳥見に行く松倉…

  • 花に癒されて

    四季の杜公園のハンギングバスケット。 癒されます。 さすがプロが作るものは違います。 一昨日の猛烈な雨の被害の大きさは、翌日のニュースで初めて 知りました。 避難指示は出ていたものの、こんなに酷いとは。 自分が住む高台から下った隣町での出来事。 救助のボー…

  • 役者が揃った

    夏になって見られる鳥の数が限られてくる中 毎年決まっていつもの川に集まってくるメンバー。 この日は一か所にそろい踏み。 2羽のカワアイサ、ウミウ、カルガモ。 ここにゴイサギも加わります。 あと、カワセミがもっと頻繁に姿を見せてくれると嬉しいのだけど。 こ…

  • いつ見ても不思議な花 オオウバユリ

    春の芽出しから、花、花後の実、種までどんどん姿を変えていく オオウバユリ。 公園に咲いたオオウバユリ 確かに花の形はユリ。 群生する姿は圧巻、ワイルドそのもの。 花の時期はそんなに長くはなく、現在は花が終って 実がぷくっと膨れてきました。 この後、種が…

  • ゴミの不法投棄

    松倉川沿いの遊歩道を上流方向へ歩いていると 粗大ごみ。 一輪車にブラウン管テレビを乗せて 一輪車ごと投棄したものと思われ。 車は侵入出来ない遊歩道。 川の向かい側にも同じように遊歩道があって こちらは住宅が続いていて車道もある。 日中は向かい側から丸見え…

  • 幼鳥あれこれ

    今公園へ行くと、必ずカラ類等の小鳥の幼鳥に出会えます。 シジュウカラ シジュウカラとヒガラ 特に水場は大人気の場所…

  • 電線の鳥

    電線に止まった鳥の写真ほど寂しいものありません。 久々に出会ったモズ よりによって電線。顔が一部見えない・・・。 というか、見かけるのは電線に止まっていることが多い。 出来れば正面から・・・と静かーに動いたら さすがに飛んで行ってしまった。 こちらも久々…

  • シマエナガの逆上がり?

    木にしがみつくシマエナガ 逆上がりでもしそうな雰囲気。 持ち方は「順手」 最近公園ではシマエナガの幼鳥にたまーに出会…

  • シロソウメンタケ

    雨の後公園に行くと、いろんな種類のキノコがあちこちに出現。 シロソウメンタケ 名は体を表す、そのもの。 地面からニョキニョキ生える姿は独特。 普通キノコにある傘や柄はないみたい。 ネットで調べたら、毒はないけど無味無臭で美味しくないとのこと。 一部の地…

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、Mayphotoさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Mayphotoさん
ブログタイトル
写真ブログ 今日の一枚
フォロー
写真ブログ 今日の一枚

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用