プロフィールPROFILE

ブログタイトル
社長通信
ブログURL
https://deguchi.hatenablog.jp/
ブログ紹介文
日々の経営の気づきや、趣味の読書や海外旅行や語学について、7年間1日も休まず書き続けています。
更新頻度(1年)

222回 / 222日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2016/05/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、デグチカズオさんの読者になりませんか?

ハンドル名
デグチカズオさん
ブログタイトル
社長通信
更新頻度
222回 / 222日(平均7.0回/週)
読者になる
社長通信

デグチカズオさんの新着記事

1件〜30件

  • 今月の読破リスト200冊

    読書という習慣を得たのは、何物にも代えがたい「宝物」だったと思います。 * 老若男女を問わず、本を読んでいる人は「なにかしら」違っています。 * 私は60歳代後半ですが、今後もますます本を読んでいくことを楽しみにしています。 * 読書という習慣があると「退屈」とは無縁の人生になります。 * 本を読まないとアホになりますが、本を読んでいる人はいつまでもシャープです。 * 渡部昇一先生は大学教授でしたが、まわりを見ていて、定年後もバンバン本を書く人がいる一方、全くダメになる人もいるのは、なぜだろうという疑問を持っていました。 * 答は「自分の蔵書をもっているかどうか」だったそうです。 * 渡部昇一…

  • ゆとりの旅

    黒字なのに「希望・早期退社」を募(つの)る会社が増えています。 * 高額になっていく人件費の芽を早い段階で摘んでおくという意味もあるし、AIの導入によって人がいらなくなる兆候が見えているといった理由もあるかもしれません。 * 「1人社長」も増えているようです。 * そういった人たちは、働く場所もシェア・オフィスですませ、会社の形態がどんどん変化していっています。 * ITを駆使すれば、海に近い田舎町で十分に仕事ができ、生活費の安さも相まって、かなり満足度の高い生活が手に入るかもしれません。 * 私の場合はそもそもITに弱く、出発点からしてズッコケております。 * 田舎に行く代わりに、毎月東京へ…

  • 水飲むべきか、飲まざるべきか。

    医者やスポーツトレーナーなどの「カラダのプロ」の間でも「水を飲んだ方がいい」派と「飲まない方がいい」派とがいることを、このブログでもたびたび書いてきました。 * 言っていることが真逆なので、一体どっちの方が正しいのかがサッパリわかりません。 * こういう場合は自分のカラダに訊くのが一番です。 * 私はどちらか言うと「水飲まない」派で、余計な水分は入れないようにしたいと思っています。 * 病気の原因は結局のところ「冷え」と「過食」に尽きるようですが、冷えは体内の余計な水分によって引き起こされるわけです。 * カラダに水が必要な時は「ノドの渇き」で分かるのですが、ノドの渇きもないのに水分を補給する…

  • おカネとうまく接する

    おカネは活用せずに放置していると、錆びついたり腐ったりするのです。 * おカネを自分のところだけで抱え込んでいると、世の中の繁栄に寄与しません。 * 従って、適度におカネが喜ぶ使い方をしていくべきです(もちろんモノを買ったりすると、自分もうれしい)。 * 誰もがおカネを使わないと、GDPも増えないし、経済も発展しません。 * 少なくともお金持ちは一生懸命お金を使う努力をしていくべきでしょう。 * おカネを過剰に抱え込んでいると、不思議なことにゴソッとお金が出ていく現象が(不定期に)起こったりします。 * それが災難やトラブルといったネガティブなことと一緒に来ることが多いので、そういったことが「…

  • 「カフェ勉」

    「速読」の本を今まで50冊以上は読んできたと思うのですが「あっ、この本はいい」と感じたものはゼロでした。 * ということは、自分で工夫していくしか方法はないということでもあります。 * 私の一番相性がいい読み方は「多読」ですが、多読のためにも速読は必要です。 * 多分「ななめ読み」をしているのだと思うのですが、最近は「飛ばし読み」も併用しています。 * 誰でも新聞や雑誌を最初から最後まで読むことはなく、自分の関心のある部分だけをピックアップして読んでいるのだと思うのです。 * ならば本だって、自分が興味あるところだけを読んでいったって全然かまわないはずです。 * 速読のためには、そういった割切…

  • 服のパターンを決めてしまう

    コンマリこと近藤麻理恵さんの洋服の処分基準は「ときめくか、ときめかないか」。 * すべての洋服を目の前に集め、「ときめく」洋服は置いておき、「ときめかない」のは捨ててしまいます。 * 私も試(ため)してみましたが「もったいないから」とか「また着るかもしれない」といった言い訳は一切排除されるので、きわめて合理的に服を処分していけました。 * ゴソッと服を処分し、在庫が半分になったら、気持ちもスカッとするし、なぜかモノを捨てると運気が上がるのです。 * 身につける小物や、身の回りにある雑貨でも、ワクワクするものもあれば、見ただけでモチベーションが下がるモノもあります。 * 後者は思い切って捨てるべ…

  • カフェで語学を

    2025年4月から始まる大阪万博に通訳ボランティアとして参加しようと思っています。 * しかも英語だけでなく4外国語の通訳を目指しています。 * 伊能忠敬やハインリッヒ・シュリーマンは、ビジネスを成功させた後に、別の道でも大成功を収めています。 * 伊能忠敬の場合は詳細な日本地図だし、シュリーマンの場合はトロイの遺跡の発見です。 * 伊能忠敬は江戸で師匠につき測量学を修めたし、シュリーマンの場合は10数か国をマスターしています。 * 私は英語・独語・仏語・中国語を学んでいるのですが、自分の能力から言って、もう少し言語を絞った方がいいのではないかと思い、中国語をギブアップしそうになったことがあり…

  • 鼻呼吸

    呼吸には「口呼吸」と「鼻呼吸」とがあり、あらゆる健康本で鼻呼吸を勧めています。 * 呼吸を口でするか鼻でするかは、単にカラダに対する作用だけでなく、精神的なことにも影響するのではないかという気がします。 * しかしながら少しキツイ運動の場合はどうしても口呼吸になってしまいます。 * 私の階段トレーニングでも、最初は口呼吸をしていたのですが、本を読んだあと鼻呼吸を試(ため)してみたら、十分それでいけることが分かりました。 * 生活のあらゆるシーンで鼻呼吸を維持すべきだけれど、逆に言えば、口呼吸になってしまうほどの強めの運動自体をやめるべきではないかと、ある時ハッと気がついたのです。 * あくまで…

  • ごくごくたまに霊感あり

    中山観音寺(宝塚市)の近くでコインパーキングを運営しており、年末に1人で集金に行きました。 * 集金を終えた後、なぜだかよく分からないのですが、観音様の「衆生を悉(ことごと)く救済してやりたい」との気持ちがフワッと伝わってきたのです。 * 自分(観音様ご自身)のことは一切考えず、人々を救ってやりたい一心なのが、とてもよく分かりました。 * 一瞬でしたが、観音様の深い慈悲が感覚的に理解できた気がしました。 * 私には霊感はほとんどないのですが、ごくたまにこういった瞬間があるのです。 * 伊勢神宮の内宮近くに神宮会館という宿泊所があります。 * 内宮に面した部屋に宿泊し、早朝に窓を開けると、なんと…

  • 伊勢から東京クルマ旅 睦月編 その3

    予定していた東京での用事を次々こなしていきました。 * ホテルの部屋で中国語のオンラインレッスンも受けました。 * 東京でもノンアルコール状態は続き、遂に31日目に突入。 * 46年間飲み続けてきたのに、こんなに突如としてお酒を飲まなくなるようになる理由は、自分でもよく分かりません。 * 楽しかった東京滞在を終え、宝塚の自宅へ帰りました。 * いつもは9時間かかるのに、今回はなぜか8時間で到着。 * 東京から宝塚だと、浜松サービスエリアあたりがちょうど真ん中になります。 * ホテルを朝7時ぐらいに出発することも多いので、朝食はいつも食べません。 * 浜松サービスエリアで「温玉うどん」を食べ、U…

  • 伊勢から東京クルマ旅 睦月編 その2

    冬の間は、伊勢神宮参拝を着物で行きたいと思っています。 * 正式参拝をしようと思ったら(着物の場合)羽織袴でなければ「御垣内」に入れてもらえません。。 * 朝5時半に起き、羽織袴を1人で着用し、7時前にホテルを出ました。 * 羽織袴を着る場合、焦るとパニックになって、帯や紐(ひも)をどう結べばよかったのかが、スコンと頭から抜け落ちてしまうのです。 * 洋服だといくら焦っていても、着方を忘れてしまうなんてことはありません。 * だが羽織袴の場合、本当に着ることができなくなるのです。 * そんな服装って、世界中どこを探しても他にはないのではないでしょうか。 * 羽織袴を用意する時間も含めて、普通は…

  • 伊勢から東京クルマ旅 睦月編 その1

    どうせ挫折するに決まっているので、あまり大きな声で言いたくはないのですが、ノンアルコールが27日間続いています。 * 46年間ほぼ飲み続けてきているのに、突如として「禁酒」状態になると、カラダではなく、アタマの方がどこかおかしくなっているのではないかと心配です(笑)。 * 「家では飲まない」というのは、酒代も浮いてくるので、それなりに合理性があるように思います。 * が、外でファミリーや友人たちとご馳走を食べる場合は、やはりアルコールがないと気持ちが盛り上がらないと思うのです。 * ならば「外で1人で」ご馳走をいただく場合はどうなるのかの実験を今回行いました。 * 伊勢神宮に参拝するのはいつも…

  • 最後の砦

    国民性をジョークにした「エスニック・ジョーク」というのがあります。 * その中でも有名なのが「沈没船ジョーク」。 * ある国際客船が沈没しそうになり、乗客を船から飛び降りさせたい船長が叫びました。 * アメリカ人に対して「飛び込めばヒーローになれます!」。 * イギリス人には「飛び込めばジェントルマンになれます!」。 * ドイツ人には「ルールだから飛び込んでください!」。 * そしてフランス人には「法律で飛び込みは禁止されています!」。 * イタリア人には当然「飛び込んだらモテます!」 * 日本人には「もうみんな飛び込みましたよ!」。 * 韓国人に対しては「日本人はとっくに飛び込んでいます!」…

  • 蔵書が与える自信

    12年前に地下図書館がある、自宅を建てて「これで一生、本の置き場に困らない」と思って安心していたのですが、段々と本を収納するスペースが狭(せば)まってきました。 * このまま何もしないでいると、たぶん今年前半にすべての書棚が本で埋まってしまいそうです。 * 2度以上繰り返して読む本は滅多になく(1,000冊に1冊ぐらいの割合でしょうか)、ならば捨てていっても支障がないはずです。 * が、今のところ、捨てることにはかなり心理的抵抗があります。 * 仮に半分捨てたとすると、自分のエネルギーが半減しそうな気がするのです。 * ある30代の人の本を読んでいたら「自分には1億円のキャッシュがある。それが…

  • 夢実現手帳

    「患者役をやめれば病は消える」といった題名の本があるのですが(正確には『患者役をやめればエネルギーが変わり症状は消えていく』)、確かにそんな気はします。 * 病気に関わらず、貧乏や抗争など、不幸な人間の役割はやめべきです。 * 逆に「お金持ち」や「成功者」の役を演じ続ければ、いつの間にか演技と実態との区別がつかなくなっていくはずです。 * 私も余生は妄想の世界の中で生きていくつもりです。 * 現実の世界や常識の束縛を外し、楽しいことや面白いことだけを考えていこうと思うのです。 * 案外「何をしたいのか?」や「どうなりたいのか?」などのことが、自分自身でよく分かっていないことが多いのです。 * …

  • 通貨とキャッシュレス

    仮想通貨は今のところ「胡散(うさん)臭い」といった印象があるのですが、これをGAFAがやり出すと、瞬(またた)く間に普及していくのではないでしょうか。 * ただし通貨は各国の中央銀行の既得権なので、そうやすやすと使用を認めはしないはずです。 * フェイスブックが「リブラ」という通貨発行の意思を示しただけで、各国政府から寄ってたかってボコボコにされました。 * 各国のメガバンクにとっても大変な脅威です。 * 私はアマゾンのヘビーユーザーなので、もしアマゾンから通貨が発行されたなら、心理的バリアなしでアッサリ使い出す気がしています。 * 同じようにグーグルやアップルが通貨を発行したなら、それぞれに…

  • AIと専門職の競合

    日本は人口が減っているのですが、特に生産人口の減少が顕著なので、いろんな分野での人手不足が問題になっています。 * それを補おうとして、外人労働者の流入が解禁となりました。 * 各地のホテルで外国人スタッフと接するし、東京の早朝のコンビニでは外国人店員しかいないことが少なくありません。 * ロンドンやパリへ行くと、さまざまな人種が「普通に」存在していて「いったいここはどこの国なの?」と錯覚することがあるほどです。 * 日本の社会もここ10年ほどで急激に変化していくのは間違いありません。 * 私はその現象にネガティブではないのですが、日本が日本たりうる最後の砦は「神道」と「日本語」だと思っていま…

  • カッコよく写真を撮る

    いまSNSの世界では、フェイスブック離れが顕著で、インスタグラムやツイッターなどに流れていっているのだそうです。 * が、そういった世界では常に遅れを取っている私にとっては、あまり関係がない話で、全然気にせずフェイスブック1本で来ております。 * 少し前まではフェイスブックに時間を取られること自体がモッタイなく、極力スルーしていこうと考えていました。 * が、ある時期から美女のお友だちが増えだし、そうするとそれらの写真を見ているだけでモチベーションがアップすることに気がついたのです。 * いま私のフェイスブックの「友だち」は2,000人ぐらいなのですが、その中でよく投稿し、どう見ても美人なコア…

  • 健康でお金に困ってなければ…。

    健康でさえあれば、しあわせの9割は満たされていると思うのです。 * そして経済的に困窮していなければ、あとの1割もほとんどO.K。 * 私も「将来の夢」とか「達成したいこと」など、法螺(ほら)を重ねていますが、健康でお金に困っていなければ、あとはまあ「どちらでもいいこと」なのかもしれません。 * 私はどこへ行っても本さえ読めればゴキゲンです。 * 海外、国内を問わず、観光地を追って次から次へと走り回る旅行は“とうの昔”にやめています。 * 一昨年、昨年と2年続けてバンコクに行ったのですが、両方ともホテルライフを楽しむことに徹しました。 * もちろん本もたくさん読みました。 * ゴチャゴチャした…

  • 健康への投資

    60歳ぐらいになると、人によっては「10歳ぐらい下」に見えたり、逆に「10歳ぐらい上」に見えたりします。 * つまり同じ60歳でも見かけは50歳から70歳までの幅があるというわけです。 * 機械でもそうですが、小マメなケアを常にしていると、いつまでも「若く」調子がいいのです。 * 体も同じことで、やはりケアをしているか否かで、年を重ねるごとに大きな差となって現れると思うのです。 * 観察していると、若い時にムチャなカラダの使い方をした人は、晩年カラダの不調に悩まされてます。 * 一流のスポーツ選手が案外短命だったりすることがありますが、やはり若い時の体の酷使がその原因に違いありません(相撲取り…

  • 偶然から大変身

    中学の校長をしている人から聞いたのですが、軟派よりも硬派の生徒の方が、あとあと社会に出てから伸びるとのことです。 * 中学・高校の同級生たちを振り返ってみても、確かにそんな気はします。 * また私の観察では、浪人はともかく、留年を繰り返す人は、社会に出てから活躍していないようにも思います。 * 2代目、もしくは3代目の会社後継者は、素質の面では劣っていても、普通のサラリーマンとは「覚悟」が違っているのか、時間が経つにつれ「頼りになる」存在になっていくケースをいくつも見てきました。 * 男の子は何かの拍子であっという間に(いい意味で)大変身します。 * まさに「男子三日会わざれば刮目(かつもく)…

  • 尊敬できる経営者、違和感のある経営者

    日本経済新聞に「私の履歴書」という人気連載コラムがあります。 * 各界で活躍した人たちの半生が、何回かのシリーズで掲載されるものです。 * 概ね創業者の人たちの話は面白く、逆にサラリーマン社長の話は最初から読む気にならないことが少なくありません。 * ただし大ピンチの会社を再建した経営者の話は例外です。 * 最近ではジャパネットたかたの高田明さんや、ファッションデザイナーのコシノジュンコさんなどの話が非常に面白かったように思います。 * ニトリの創業者のお話も「超おもしろかった」のですが、何かその「生き方」に違和感を感じ、私の「尊敬する人物」には入らず、ニトリの株も投資対象からはハズしています…

  • 唯一捨てないもの

    会社も自宅もいつもキレイに片付いています。 * 鍵山流掃除道5段なので(勝手に言っています)、掃除に費やす時間も半端ではありません。 * 掃除は当然ながら朝するのが一番いいのですが、あまりに午前中にやるべき用事が多いので、ついに掃除時間を夕方に持っていくことにしました(正確には掃除を朝夕の2回に分けました)。 * 時間に追われて朝に掃除するより、夕方にユッタリとした気持ちで取り組む方が、精神的にはずっといいように思われるからです。 * また「掃除は神事」だと捉(とら)えているので、焦った気持ちでやるのは、神さまに対して失礼だという気もします。 * 余計なモノを捨てていかないと、いい掃除にはなり…

  • 趣味を極める

    人には「器」というのがあり、器に沿って生きていると勝手に幸せになるのは間違いがないようです。 * 物足りないと思ったなら、その器の範囲の中で極めて行けばいいわけです。 * これは趣味でも言えることで、社交ダンスや乗馬などにも興味があるのですが、それらにまで手を出すと、時間がますますタイトになるのは目に見えているので自重しています。 * もとより高級スポーツカーや超高額腕時計のようなものには興味がなく、銀座のクラブのようなところにも全く関心がないので(金銭的にも)助かっています。 * 何度もブログで書いているのですが、私の趣味は「読書」と「神たび(国内クルマ旅)」と「海外旅行」です。 * 従って…

  • 階段は続く

    階段トレーニングはまだ続いています。 * 約100段の階段を10往復昇り降りするだけのトレーニングなのですが、効果は抜群。 * これをやると体脂肪率が17%に絞られます。 * 旅行などで、しばらくやらない日があると、体脂肪率は間違いなくアップするので、これほどハッキリと効果を目にするとモチベーションもアップします。 * 時間にして40分間ほどなのですが「速く動こうとしてはならない」や「回数を増やそうとしてはならない」というルールを最初に決めたので、精神的には極めて楽です。 * ついでに「この運動を30年間続ける」というのも決めているのですが、案外アッサリと達成しそうな予感がしております。 * …

  • コア以外は適当に

    不動産業を長い間続けてきて、いくつも失敗を重ね、反省や後悔でいっぱいなのですが、今は規模をミニマムにし、ストックビジネスを中心に「分相応」の事業にしています。 * ひと言で言うと「コツコツと一つずつ収益物件を増やしていく」に尽きるわけですが、最初からこの方式で行っていたなら「今頃は資産が倍になっていたかもしれないな」などと思ったりもします。 * が、随分と遠回りをしたからこそ、性格や考え方も含め、今の自分があるのかもしれません。 * しかしながら還暦を迎える頃にやっとそのことに気がついたわけで、そうなると自分のビジネス人生を延長するしか時間も方法もないのです。 * 「95歳までバリバリの現役で…

  • 年間5大ニュース

    毎年年末に「今年の5大ニュース」と「来年の5大ニュース」を考えることにしています。 * 「今年の5大ニュース」は、既に終わったことから選ぶわけですが、「来年の5大ニュース」はまだ起こっていないことばかりを書くことになります。 * 将来のことを書くのに、災難が降りかかるとか、嫌なことが起こるとかいったことは決して書かないので、「来年の5大ニュース」は希望や夢のことばかりを書くことになります。 * 私の経験では、言霊(ことだま)パワーの影響もあり、書いたことはかなりの確率で成就するようです。 * ならば、やはり書かないと損なのです。 * まずは私の「2019年の5大ニュース」を選んでみました。 4…

  • 健康は大事なのに…。

    ブログを10年7カ月、1日も休まず書き続けているのですが、その間、病気で寝込むことがなかったということでもあります。 * 何をするにも健康がすべての根源だし、健康というだけで幸せの9割は達成されているようにも思います。 * そんな大事なことなのに、健康のことを勉強している人はほとんどいません。 * 世の中の「定説」だって、結構コロコロ変わってきているので、あまり真剣に耳を傾けることはないのかもしれません。 * 例えば、昔はスポーツの練習の最中に「(飲むとバテるので)水を飲むな」と言われてきましたが、最近では「(脱水症状になるので)水を飲め」と指導されます。 * 運動の時はともかく、普段でも「(…

  • なに!お酒をやめる⁉

    胃の具合が悪かったので、しばらく家での飲酒を控えていました。 * そして今も飲んでいません。 * 夕食の後に読書タイムを3時間ほど取っているので、もともと晩酌はしていなかったのですが、1日のすべてを終了したあと、ビールやワインや日本酒を必ず飲んでいました。 * が、ここのところ、ずっと飲んでいないので肝臓がリズムを崩しているかもしれません(笑)。 * 「禁酒」とか「断酒」とか大上段に構えると、どうせ挫折するのは目に見えているので、あまり大きな声では言わないようにしたいと思うのですが、案外お酒なしでも行けるのではないかとい気がしてきました。 * 一流レストランや一流のお店では、お酒とともにご馳走…

  • やっぱりシンプルライフ

    もうシンプルライフしかないと思っています。 * 「あれやこれや」と付け足す生き方ではなく、「人生のコア」に絞って時間を使っていかないと、一生涯なんて実に短くって、何もできないままに終わってしまいます。 * 人生のコアは、素直に「自分の好きなこと」や「自分の得意なこと」にしたいものです。 * 好きでもなく、得意でもないことでバタバタするのは、時間がモッタイないのです。 * 人にはそれぞれ天から与えられた「器」というのがあり、その器に合った生き方をすると、幸せで充実した人生になります。 * 神社に参拝すると、器から外れた部分を修正してもらえると読んだことがありますが、確かにそんな気はします。 * …

カテゴリー一覧
商用