searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

miyabikunさんのプロフィール

住所
越谷市
出身
豊根村

1990年以降F1を観戦しはじめ早30年。様々な名ドライバーが生まれ、名レースが繰り広げられてきました。最新の技術を投入した世界最高峰の自動車レースにもかかわらず、環境問題や車離れ、勝者の偏りもありF1の人気は下降線です。メカにさほど強くない乗り物好きのブログですが、予選・決勝のテレビ観戦記をはじめ、過去の車やレース、歴史に刻まれた記録やデータからF1の面白さやすごさを発信したいと思います。

ブログタイトル
F1 えきぞーすとのーと
ブログURL
http://miyabikun.blog.jp
ブログ紹介文
F1の予選・決勝のテレビ観戦記をはじめ、懐かしの車やレース、データ分析を主体としたF1ブログです。
更新頻度(1年)

170回 / 365日(平均3.3回/週)

ブログ村参加:2016/03/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、miyabikunさんの読者になりませんか?

ハンドル名
miyabikunさん
ブログタイトル
F1 えきぞーすとのーと
更新頻度
170回 / 365日(平均3.3回/週)
読者になる
F1 えきぞーすとのーと

miyabikunさんの新着記事

1件〜30件

  • 過去のレースを振り返る 1984年モナコGP

    今回モナコGPを振り返るにあたり、候補2つで迷っていました。どちらもいわく付きで印象の強いものです。ギリギリまで悩んで決めたのは結局プランAの1984年の第6戦モナコGPです。いひひ、最近のmiyabikunはオールドレースに凝っていますね(笑)徐々に古いものにも着手しな

  • P.P.タイム推移 〜モンテカルロ市街地編〜

    度重なるレイアウト変更に古くから数多く開催されたモナコGP。この企画の中で一番大変な回かもしれない。。華麗で伝統あるモンテカルロ市街地での歴代ポールポジションをグラフと共にみていきます。《モンテカルロ市街地の基本情報》    全長   :3.180km(1950)  

  • モナコ勝利に「3勝分の価値」を与えるとこうなる

    「モナコGPの1勝は『3勝』の価値がある」なんて表現を昔耳にしたことがありますよね。三大レースに数えられるモナコGPは小さな国ながら市街地を使い、昔と大きく変わらないコースレイアウトで海岸エリア「コートダジュール」で実に豪華に行われてきました。一周全長は短く

  • F1を読書で楽しもう!

    F1の楽しみ方は皆さん様々おありかと思います。フジテレビNEXTやDAZNなどの中継はもちろんのこと、専門書籍を購入して読んだり、このご時世F1の公式サイトで動画配信を観ることもできます。動画を配信してくれるようになったのは実に便利ですね。先日のゴールデン、いやス

  • 過去のレースを振り返る 2006年スペインGP

    今日5/10は母の日。母の日は父の誕生日に近く、逆に父の日近くが母の誕生日という家庭に育ったmiyabikunです。今は父がもういないため母が2つとも独り占めしています。今回のレースは先日書いたアロンソが過去最速のポールポジションタイムを記録した2006年第6戦スペインGP

  • クイズ「F1コレどれGP」〜1990年代編〜

    今年も5月に入り「何も無い」まま2020年も1/3が終わりました。例年であればゴールデンウィークでひと時の休息に入るわけですが、とてもそんな気分になれませんね。運動不足していませんか?!頭使っていますか?!事態が収束に向かえば緊急事態宣言を解かれて皆がまた仕事や

  • 過去のレースを振り返る 1982年オランダGP

    レースウィークには少し早いですが、今回は先日の南アフリカGP同様に非リアルタイム時代、miyabikun大いに背伸びした1982年の第9戦オランダGPを振り返ります。ちなみに今シーズンに復帰が予定されているザントフォールトサーキットのレイアウトと若干異なります。オランダGP

  • フーゲンホルツがF1に残した功績②

    前回はフーゲンホルツの略歴と手がけたサーキットについてみてきました。今回はその中でも「日本との関わり」についてクローズアップしていきます。《鈴鹿サーキット建設計画の変遷》世界から一歩遅れた形となった日本にも戦後は高度成長期に突入し、自動車やバイクなどの

  • フーゲンホルツがF1に残した功績①

    以前にオランダGPのザントフォールトサーキットを取り扱った際に「いつかフーゲンホルツについて調べたい」と書いたことがあります。本来ならもうすぐオランダGPの予定なのですが、残念ながら今年は延期となりました。時間はたっぷりあるし、せっかくなので「フーゲンホルツ

  • 名車を振り返る フェラーリF93A

    珍しくフェラーリの連投になります。フェラーリなのに白のライン。見慣れないし何だか嫌な予感がしますね(笑)前回2014年型F14Tの「ある意味の大先輩」にあたる93年型F93Aです。まだやるか駄馬!《設計》 ハーベイ・ポスルズウェイト ジョン・バーナード マイク・コフ

  • 過去のレースを振り返る 2011年中国GP

    本当に立派な施設ですよね。画像上側のピットガレージ裏手の木々に囲まれたモーターホームは水が張られた上にあります。あたかもどこかのリゾート地かのよう。現在から9年前にあたる2011年の第3戦中国GPです。2010年は僅差で最年少チャンピオンを獲得したベッテルとレッ

  • P.P.タイム推移 〜上海国際編〜

    開催されないのが当たり前に感じてしまう今日この頃。本来であれば今週末は第4戦中国GPだったんですよね。忘れてしまうところですね。なかなか面白いサーキットではあると思うのですが「この国発祥(発症)」となれば我慢ですし、かといって悪くも言えません。クドイけど一

  • 記録だけでなく記憶にも残る無冠の帝王 逝く

    コロナウイルスが世界的に蔓延するこの時期に偉大なF1ドライバーの訃報が入りました。F1の創成期を支え、多くの優勝を挙げたモスが4/12に亡くなりました。コロナウイルスによるものではありませんが、またF1の過去をよく知る貴重なドライバーがまた一人亡くなったことに

  • クイズ「F1コレどれGP」〜2000年代編〜

    東京をはじめ全国7都府県に及ぶ緊急事態宣言により、miyabikunも今週から在宅勤務をしています。事務方ではない立場上、在宅勤務なんて縁遠いと今まで想像もしていなかったけど、まさかこんなことになるとは。オリンピック・パラリンピックの延期や日本を代表するコメディア

  • 懐かしのF1関連CM「ミシュラン」編

    CMシリーズは2ヶ月振りの登場です。ズラズラ数字ばかりみてきたのでたまには息抜きしましょう。今回は2005年に放映された「ミシュランタイヤ」編です。長らく続いたグッドイヤー時代を日本のブリヂストンが引きずり下ろし、いよいよフランスの巨人ミシュランもF1に名乗りを

  • 頑張るF1 Over The 40!

    タイトルに似つかわしくないマクラーレンの若きドライバー2人の後ろ姿。たまたまですがサインツの55もノリスの4もmiyabikunにとって実は縁のある数字です。私事、今日で40歳を迎えます。確かに近年は徹夜がキツくなってきたり、時折スタミナ切れを感じることはあるものの、

  • 過去の名車を振り返る フェラーリF14T

    今回はフェラーリ回にしました。先日のネタで駄馬駄馬言っていたら、駄馬もたまにはちゃんと取り上げなきゃなと思って選んだのは2014年型F14Tです。何気にライコネン車の連発になりました。まだまだ最近の話にもみえますが、もう6年も前の話ですね。インパクト抜群の見た目以

  • 過去のレースを振り返る 1985年南アフリカGP

    またもや予定していたネタのアップを飛ばし、miyabikunは各報道にある「不要不急」指示に従っておとなしくしてしまいました。なーんて(笑)不要不急なんて言葉、どこか「不眠不休」みたいな響きで今年の流行語とに選ばれそうですね。それは冗談ですが、ベースである「予選決

  • クイズ「F1コレどれGP」〜2010年代編〜

    レースまでかなり時間を持て余しているので、クイズの新シリーズをオープンしたいと思います。今回のタイトルは「F1コレどれGP」と名付けました。本当はキャッチーな一言で表現できればよかったのに、あまり意味はありません(笑)タイトルって重要ですよね、タイトルを見た

  • 過去のレースを振り返る 2010年バーレーンGP

    バーレーンGPは2004年から続く中東を代表するGP。砂漠の中に開設されたヘルマン・ティルケ監修の近代サーキットの一つとして今シーズンまでカレンダーに組み込まれたわけですが、1年だけ一部レイアウトの異なる年がありました。ちょうど10年前となる2010年の開幕戦として設定

  • P.P.タイム推移 〜バーレーン国際編〜

    本来は今週末は第2戦バーレーンGPの予定でした。新型コロナウイルスの騒動を受け、無観客でレースは行うとの意向を示していましたが、先日のオーストラリアGPでチームスタッフに感染が認められたため、次戦のベトナムGPと合わせて「延期」という判断となりました。オースト

  • 検証 開幕戦の勢力図はアテにならない?!

    先日の「擬似オーストラリアGP」はいかがでしたでしょうか。miyabikunの環境ではあれが出来る最大限でした。皆さん退屈なレースウィークを様々な形でお過ごしになったことと思います。開幕戦を終えると通常は「そのシーズンの出来栄えや勢力図」を考え、比較されると思いま

  • 過去のレースを振り返る 1997年オーストラリアGP

    毎回GP前に見合った過去のレースを取り扱ってきましたが、今回はスケジュールの関係上見送る予定でいました。しかしご存知の通りの「開幕戦オーストラリアGP中止」となり、予選予想、予選、決勝の観戦記ができないため、急遽復活させて「擬似的な」オーストラリアGPをお送り

  • F1開幕戦 オーストラリアGP中止

    マクラーレンのチームスタッフにコロナウイルス陽性が発覚し、マクラーレンはチームでオーストラリアGP参戦を辞退。オーストラリアGPはノンタイトル戦の18人で行われるつもりで就寝すると、起床した翌朝13日に正式にFIAから「開幕戦オーストラリアGPの開催中止」が発表されま

  • P.P.タイム推移 〜アルバートパーク編〜

    今年のGP前特集は「各サーキットにおけるポールポジションタイムの向上」についてみていこうと思います。F1は「厳正な」レギュレーションの下、技術や戦略を投じてサーキットを最速でラップするモータースポーツです。ただ速く走ればいいわけではありません。日々進化し、最

  • 祝五周年!

    今年も3月11日を迎えました。東日本大震災のあった日と合わせて当ブログ「F1 えきぞーすとのーと」の丸5年経過となります。まさかこんなにも続くとは。。miyabikun自身が驚いております。毎年恒例となっている「2019年度のインデックス」として、この1年のタイトルをこれから

  • 開幕を前に2020年シーズンへひと言

    何とか合同テストも6日間が終わり、2020年シーズン開幕を目前に迎えるこの時期は合同テストの雰囲気から読み取れる「開幕前勢力図予想」を行っています。ただ今回はテストから読み取る以前に「無事にF1が行えるのか」ということに気が向いて、楽しさ半分の心配が強くなって

  • 合同テスト結果を分析する 〜タイヤ・タイム編〜

    今回は合同テストのラップタイムとタイヤについてです。ただし、このタイムはご存知の通り「記録され公表されたその日そのドライバーの最速タイム」のみを扱って整理していますので、ガソリンの搭載量や次点のタイム、タイヤを履き替えた際に上回られたもの、さらには各チ

  • 合同テスト結果を分析する 〜周回数編〜

    無事に終わった合同テストですが、肝心の本戦が行われるのか、どういう形で行えるのかの心配がつきまとっています。延期(今のところ「中止」ではない)となった中国GP以外にもまだ怪しげなGPがいくつかあります。F1で延期や振替、ノンタイトル戦など長い歴史の中では様々

カテゴリー一覧
商用