おとろ日記
住所
出身
ハンドル名
おとろ日記さん
ブログタイトル
おとろ日記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/koba3171
ブログ紹介文
サンデー毎日な日々の生活を綴っています
自由文
-
更新頻度(1年)

135回 / 274日(平均3.4回/週)

ブログ村参加:2016/02/11

おとろ日記さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 全参加数
総合ランキング(IN) 14,570位 15,432位 14,398位 15,105位 15,017位 15,871位 14,962位 969,430サイト
INポイント 20 10 30 20 20 10 20 130/週
OUTポイント 10 20 10 20 10 0 20 90/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
オヤジ日記ブログ 43位 43位 41位 42位 41位 43位 38位 10,949サイト
定年オヤジ 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 99サイト
今日 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 40,237位 44,120位 46,304位 46,091位 52,010位 51,933位 51,891位 969,430サイト
INポイント 20 10 30 20 20 10 20 130/週
OUTポイント 10 20 10 20 10 0 20 90/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
オヤジ日記ブログ 144位 176位 194位 187位 225位 228位 230位 10,949サイト
定年オヤジ 10位 12位 14位 13位 14位 14位 14位 99サイト
今日 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,430サイト
INポイント 20 10 30 20 20 10 20 130/週
OUTポイント 10 20 10 20 10 0 20 90/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
オヤジ日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10,949サイト
定年オヤジ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 99サイト

おとろ日記さんのブログ記事

  • お盆の帰省で丹波野菜をゲット!・・・マクワウリ トラウリ等

    台風の動きを考慮し今年は盆前に帰省し墓参りを済ませてきました。その際実家の兄が育てた珍しいウリを始め色々な「丹波野菜」を貰って帰りました。まずは奈良では中々見かけない「トラウリ」ですが果肉が柔らかく酢の物や漬物にすると絶品なのです。続いては「マクワウリ」ですが完熟ですので甘みが強く冷やして美味しくいただきました。こちらは「小玉スイカ」で7月7日に受粉したのでしょうか?完熟時期を見極めるための表記だと思うのですが・・・切ってみると予想通り丁度食べ頃でこれも美味しい!また皮が非常に薄く捨てる部分が少ないスイカなのです。他にも昔ながらの「地這いキューリ」やミニトマトピーマン等が入っていました。帰省の度に懐かしい味の珍しい野菜をいただき感謝!感謝です。お盆の帰省で丹波野菜をゲット!・・・マクワウリトラウリ等

  • ユリの季節が到来!・・・カノコユリ タカサゴユリ

    我家の庭では今「カノコユリ」が次々と花を咲かせてきました。毎年盆の頃が開花時期ですが今年も忘れずに・・・後ろで赤い実を付けているのは「クラブアップル」です。(食べられません)散歩道では開花が遅れていた「タカサゴユリ」も漸く花弁が開いてきました。別の場所でも見つかりましたが例年よりは少ないようです我家のカノコユリは名前の由来となった鹿の子模様はないのですが夏は白い花の方が涼しげでは?結構長く咲き続けてくれますよ。ユリの季節が到来!・・・カノコユリタカサゴユリ

  • 今年も嬉しい実りが!・・・イチジク ブルーベリー

    ここ数年毎年この時期になると実ってくれる「イチジク」が今年もそれなりに・・・冬場の思い切った枝切りが効いているのか安定した収穫が見込めるようになりました。初生りを収穫して食べてみましたが甘くてなかなかの出来栄えに満足!出来はイマイチですが「ブルーベリー」も結構の実をつけています。こちらは完熟が見分け難く甘さに個体差があるのですが砂糖をまぶしてヨーグルトに合わせることにしました。早速「イチジクトースト」を作ってみました。「ブルーベリーヨーグルト」を添えるとそれなりの朝食メニューでは?昨年からハマっている「イチジクトースト」ですがこれから何度か食卓にあがることになりそうです。ささやかな実りではありますが収穫が楽しみです。今年も嬉しい実りが!・・・イチジクブルーベリー

  • 盛夏の散歩道風景!・・・藤返り咲き 木の実 エノコログサ タカサゴユリ 

    台風の動きも気になるところですがここのところの暑さは尋常でないですね。朝の散歩は日が登る前にと決めているのですがそれでも歩き出すとジワジワ汗が・・・花の少ないこの時期ですが公園の遊歩道では面白い木の実がいくつか見られます。まずは色鮮やかな「サンゴジュ」が赤い実を付けていますね。続いては形がユニークな「コブシ」の実が少し色付いてきました。頭上から多数垂れ下がっているプロペラ状の房は「シナサワグルミ」の実です。美術館に差し掛かると今年も「藤の返り咲き」がみられます。朝日を受けた「エノコログサ」が輝いています。散歩のお供である愛犬のお尻もチョッピリ!今年は咲き出しが遅いのか目にすることが無かった「タカサゴユリ」もようやく蕾が・・・家の中では常時クーラーで体調もおかしくなりますね。この暑さしばらくは続きそうですがせめて...盛夏の散歩道風景!・・・藤返り咲き木の実エノコログサタカサゴユリ

  • 男の料理教室「天ざるで夏を乗り切ろう」!・・・夏野菜の天ぷら ざるそば わらびもち等

    先月は旅行の為に欠席した料理教室。夏真っ盛りの今月は「天ざるで夏を乗り切ろう」というテーマでした。主役は勿論「天ぷら」と「そば」なのですが出来立てを頂くために副菜も並行して準備していきます。まずは「キャベツの胡麻辛子和え」でレンジ加熱したキャベツと焼き目を付けた油揚げを辛子酢醤油と炒り胡麻で和えます。次の副菜は「即席漬け」で茄子キュウリ茗荷青シソを塩もみして冷やせば出来上がり!「夏野菜の天ぷら」は160℃の油で野菜を揚げてから180℃に温度を上げて「エビ」を揚げます。揚げ上り時間に合わせて「さるそば」用のそばを茹で上げ冷水で冷やします。「夏野菜の天ぷら」の出来上がりはこんな感じ!大根おろし入りの天つゆとネギワサビ入りのそばつゆも準備しました。デザートとして「ミルクわらびもち」を添えました。わらび粉に牛乳を加えた...男の料理教室「天ざるで夏を乗り切ろう」!・・・夏野菜の天ぷらざるそばわらびもち等

  • 白山登山花紀行(その5)!・・・帰路 千古の家 永平寺

    本日は旅の最終日ですが白山登山で予想以上に疲れが溜まったので観光は欲張らず帰路に就くことにしました。石川県粟津温泉の宿を遅めに出発し福井県の観光をしながら滋賀県に向かうコースを選択!まず最初に立ち寄ったのが「千古の家(坪川家住宅)」でした。ここは約700年前の地方豪族の家で茅葺屋根や杉皮張りの壁と障子が美しい国の重要文化財にも指定された立派な古民家でした。次に訪れたのは本日のメイン観光である曹洞宗大本山「永平寺」でした。実家の宗派も曹洞宗で親しみを感じます。この寺は道元禅師によって開かれた座禅道場で常に多くの若手僧侶を受け入れ修行・育成の場となっています。周囲を山に囲まれた境内には大小70余りの建物が並んでいるそうです。杉の老木が立ち並ぶ参道を通り参拝入口に向かいます。広い山内は渡り廊下で繋がれた順路を通り参拝...白山登山花紀行(その5)!・・・帰路千古の家永平寺

  • 白山登山花紀行(その4)!・・・白山の夏花 室堂平 下山 観光新道コース

    ご来光を拝んだ後山小屋周辺の草原である「室堂平」を散策!ここは高山植物が咲き競う場所で多くの花の群生が見られました。まずは「クルマユリ」からですが他の花も混じっています。続いて「イワギキョウ」も・・・湿地のなかに「ハクサンコザクラ」も見つけました。私の好きな「クロユリ」も密生していました。これだけ纏まって咲いているのは珍しいのでは?この後山小屋に戻ってから豪雨に見舞われましたが少し小降りになってから雨具を着こんで下山開始しました。コースとしては花が多い「観光新道」を選択しましたがモヤのため見通しが悪い。楽しみにしていただけにチョッピリ残念!それでも近くの花は撮ることが出来ましたのでいくつかを紹介します。まずは「白い花」からです。(ゴゼンタチバナ)(ダイモンジソウ)(キヌガサソウ)「青い花」としては・・・(テガタ...白山登山花紀行(その4)!・・・白山の夏花室堂平下山観光新道コース

  • 白山登山花紀行(その3)!・・・白山の夕焼け ご来光

    白山室堂に到着し夕食後白山連峰の「夕焼け」を鑑賞すべく屋外へ!近くの高台に行ってみると既に多くの人達が夕日の沈むのを待たれています。曇り気味ではありましたが雲の切れ目から次第に空が色付いてきて・・・夕日が顔を出し空を赤く染め上げました。反対側の山を見てみると次第に夕焼けが山肌に反射し光と影のコントラストを形成し中々の美しさです。見物客も夕日に照らされています。翌朝は山小屋を4:00前に出発し山の頂上から「ご来光」の鑑賞です。暗い山道を懐中電灯片手に約250m登り白山連峰の最高点である「御前峰(標高2702m)」を目指します。山頂に到着して山肌を登り来るモヤの中ご来光を待っていると徐々に空が明るくなってきました。ご来光が現れる数分前までは雲の後ろの太陽光が独特の模様を形成し良い感じで・・・白山神社の神主さんも岩に...白山登山花紀行(その3)!・・・白山の夕焼けご来光

  • 白山登山花紀行(その2)!・・・白山初登頂 砂防新道コース

    2日目は待望の白山登山で宿から登山口である「別当出会」まで車で移動!7時半頃到着するも駐車場は既に多くの車で埋まっていました。白山は富士山立山とともに日本三霊山の一つに数えられる信仰の山なのです。ここから本日の宿泊地である山小屋の「白山室堂(標高2450m)」までかなりの標高差があります。登りは砂防新道コースを選択!気合を入れてさあ登るぞー!スタート後すぐに吊り橋を渡るのですが結構揺れます。約1時間で「中飯場(標高1500m)」に到着ししばし休憩!山の斜面から落差のある滝が流れ落ちています。更に途中休憩をはさみながら2時間余り登り「甚之助避難小屋(標高1960m)」に到着!ここからは高山植物が少しずつ増えてきて色々な花を観察しながら登ります。御利益のありそうな水飲み場で一休み!冷たくて美味しい!そして他の登山道...白山登山花紀行(その2)!・・・白山初登頂砂防新道コース

  • 白山登山花紀行(その1)!・・・越前大野観光 白峰温泉泊

    梅雨明けを待って(7月28日~31日)今年も恒例の登山花旅に出かけました。今回は前から行ってみたかった高山植物の宝庫である「白山登山」が主目的の行程でした。滋賀県草津駅前から例年通りTさんの車に便乗し旅仲間のOさんと共に花旅をスタート!初日は白山の麓にある宿泊地「白峰温泉」までの移動で途中「越前大野」の観光名所に立ち寄ることにしました。まずは「越前大野城」を見学!この城は亀山に築かれ登城口から天守閣まで約20分程掛かります。本丸は1968年に復元されたそうですが中々の風格と美しさです。天守からは大野市の城下町が一望できます。またこの城は竹田城址や備中松山城と並んで「天空の城」として知られています。市街からの眺めはこんな感じですが・・・条件が合えば周りを雲海が覆い正に天空に浮かぶ幻想的な姿が見られるようです。大野...白山登山花紀行(その1)!・・・越前大野観光白峰温泉泊

  • スイスの郷土料理作ってみました!・・・ラクレット チーズ料理 

    スイスを代表する食材としてはまずチーズが挙げられチーズフォンデュ等が良く知られていますが・・・今回は旅行中にも食した「ラクレットチーズ」を土産に持ち帰ったので我家で試してみました。ラクレットはスイスの郷土料理で溶かしたチーズをパンやジャガイモ等の野菜に絡ませていただきます。食材としてこんなものを用意しました。これがチーズでレストランでは塊を直火で炙って溶かすのですが・・・我家ではスライスしてフライパンで加熱しました。これを皿に取ってフランスパンや野菜に乗せていただきます。本来はもう少しとろとろに仕上げるのですが少し硬めになってもそれなりにいけます。「アルプスの少女ハイジ」の中でハイジが塊のチーズを暖炉で炙り溶けたものをパンに乗せて頬張るシーンがあるそうでこのチーズがラクレットでこのシーンに惹かれて日本でも人気が...スイスの郷土料理作ってみました!・・・ラクレットチーズ料理

  • 大阪船場で見かけた雰囲気のあるホテル!・・・南船場 写し絵

    大阪へ出向いた際に船場付近をぶらぶら歩きしていると雰囲気のある建物に遭遇!ホテルのようですがヨーロッパの重厚な建物を連想させます。またホテルの隣にはこんな塔状の建造物もあり・・・何と向かいのビルの鏡面壁にクッキリとその姿が映り込んでいました。サプライズ!!船場は昔より大阪の商人文化の中心として栄えた場所で特に繊維問屋や呉服屋が多いのですが・・・最近ではお洒落なカフェや個性的な店が並び若い女性にも人気のスポットになっているようです。大阪船場で見かけた雰囲気のあるホテル!・・・南船場写し絵

  • 蓮だらけの極楽浄土のお寺です!・・・喜光寺 試みの大佛殿

    平城京のほぼ中心に位置する「喜光寺」を訪れました。当寺は行基菩薩が東大寺を造営された際にここの本堂を参考にされたことから「試みの大佛殿」と呼ばれています。南大門より入場します。東大寺の南大門と同じく両サイドには仁王像が祀られています。(阿形像)(吽形像)これが本堂でなるほど大仏殿を小さくした感じです。またこのお寺は「蓮の寺」として知られこの時期は花を咲かせた約250鉢が境内を埋め尽くしています。白ピンク等色々な種類が咲いていました。建物を背景に入れて撮ってみると中々味があります。石仏とのコラボはまさに「極楽浄土」ではないでしょうか?さほど大きな寺ではありませんが奈良の写真撮影スポットとなっています。この日も何人かがカメラを手に思い思いのポイントで写真を撮られていました。蓮は午後には花弁を閉じてしまいますので午前...蓮だらけの極楽浄土のお寺です!・・・喜光寺試みの大佛殿

  • 茗荷の梅和え!・・・用済み梅の再利用 ツマミ小皿

    妻が毎年「梅シロップ」を作っているのですがエキスが抽出された後の梅はこれまで廃棄していました。ところが試しにそのまま食べてみると酒と梅の味が結構残っており甘酸っぱくてなかなかいけるではないですか。そこで何か料理にと考え・・・丁度今我家で連日収穫できている「茗荷」と合わせてみました。梅は種を取って刻んでおきます。電子レンジで少し柔らかくした茗荷と大葉も用意しました。これらの材料に少し醤油を加えて混ぜるとこんな感じに「茗荷の梅和え」が出来上がりました。茗荷はこれまで冷奴や漬物の薬味として重宝していたのですが新レシピも酒のアテとして中々のもので・・・普通の梅干で和えるより気に入りました。梅もまだまだ沢山残っていますのでレピートしたいと思います。茗荷の梅和え!・・・用済み梅の再利用ツマミ小皿

  • 伊吹山の夏花を訪ねて!・・・スカイテラス 高山植物 野鳥

    海外旅行から戻った3日後花鳥の会の仲間と滋賀県と岐阜県の境界をなす日本百名山の「伊吹山」を訪ねました。山頂付近は高山植物の花畑として有名なのですが当日は満開には少し早いタイミングでした。米原駅から登山バスに乗り伊吹山ドライブウェイを走り山頂近くのスカイテラス駐車場まで向かう楽々登山です。この日は梅雨の最中で時々雨に見舞われるあいにくの天候で琵琶湖や周囲の山々は霞んだ状態で残念!それでも所々に高山植物の花が見られこちらは「ミヤコアザミとイブキトラノオ」でしょうか。この日見られた花々の一部を紹介しますと・・・(シモツケソウ)(エゾフウロもしくはハクサンフウロ?)(ヒヨクソウ)(カラマツソウ)(ウツボグサ)(クサタチバナ)(キンバイソウ)(カワラナデシコ)(キバナレンリソウ)(イブキボウフウ)(ダイコンソウ?)(ヤマ...伊吹山の夏花を訪ねて!・・・スカイテラス高山植物野鳥

  • スイス旅行記(7日目)!・・・海外最終日 ケルン 帰国へと

    今日は海外最終日でストラスブールから国境越でドイツの「ケルン」に向かいました。車窓からは草原にいくつもの風車が並ぶ風景が・・・ドイツでは風力発電結構多いようです。約5時間バスに乗りようやくケルンに到着しました。何といっても世界最大のゴシック建設である「ケルン大聖堂」が有名でケルンを見ずしてドイツを語るなかれと言われているそうです。高さ157mのツインの塔が特徴的で建設に6世紀を要したと言われるだけあってその巨大さと荘厳さに圧倒されます。聖堂内に入ると幻想的な「ステンドグラス」があちこちに配されています。美しい装飾や彫像等まさに美術品の宝庫のようです。外へ出て再度聖堂の周囲を回り色々な角度から眺めてみました。その後入国した際と同じくデュッセルドルフ空港より一路成田へと帰国の途に着きました。今回の企画はドイツ→スイ...スイス旅行記(7日目)!・・・海外最終日ケルン帰国へと

  • スイス旅行記(6日目)!・・・黄金マッターホルン 氷河特急 ストラスブール

    まずは日の出時間に合わせてホテル近くのビュースポットより「マッターホルンの朝焼け」を鑑賞!前日と打って変わって本日は晴天で絶好の条件で頂上から順次赤→黄金へと変化していく様子が見られました。感動の美しさに接することが出来てラッキー!!!ホテルに戻り朝食後ツェルマットから観光客の一番人気である「氷河特急列車」に乗りアンデルマットへ向かいました。ガラス張りのパノラマ車両で車窓から雪山や渓谷を眺めながらの約3時間の列車旅でした。ただし氷河鉄道とは言うものの氷河はほとんど見えません。(以前は見えていたそうです)途中の駅で見かけたロッククライミング用のロープを携えた若者集団です。(3ヶ月の夏休み中と思われます)乗車記念として頂いた「傾きグラス」ですが急な勾配走行中の車両内でも飲み物がこぼれないように傾いているそうです。午...スイス旅行記(6日目)!・・・黄金マッターホルン氷河特急ストラスブール

  • スイス旅行記(5日目)!・・・ゴルナーグラート展望台 絶景ハイキング ツェルマット観光

    今日は当旅行で一番楽しみにしていたマッターホルンを間近に見ながらのハイキングの日でした。登山列車に乗り標高3,000m強の「ゴルナグラート展望台」に到着すると突然の「みぞれ」で視界ゼロに!室内でしばらく待機していると天候も回復し何と「虹」が架かりました。山岳ガイドさんの話ではこの時期珍しいとのこと!展望台からはマッターホルン周辺の山々や氷河が360度展望できました。そしていよいよ「ハイキング」のスタートです。山岳ガイドさんの説明を聞きながら標高差約250mを下ります。ハイキングルートに咲く高山植物や山々の絶景を見ながらのんびりと歩きました。(約1.5時間)この場所では運が良ければ池に映り込む「逆さマッターホルン」が見られますが残念ながらこの日は不発!それでも当山地に住み着いている「マーモット」が顔を出してくれま...スイス旅行記(5日目)!・・・ゴルナーグラート展望台絶景ハイキングツェルマット観光

  • スイス旅行記(4日目)!・・・空中展望台 モンブラン サースフェー

    本日はいよいよアルプスを間近に見られる高所展望台に登りモンブラングランドジョラス等を観覧します。天気も良くホテル周辺の朝景色はこんな感じ!ロープウエイとエレベーターで富士山を超える高さ(3,800m強)の「ユギーユ・デュ・ミディ展望台」へ!全面ガラス張りの「空中への一歩」は中々の迫力でここで係員が記念写真を撮ってくれました。さすがにこの高さになると気温・気圧が低くゆっくり動かないと軽い眩暈がします。富士登山の大変さを実感!親指を立てたOKマークの岩の麓にも多くの人が!モンブランテラスからの眺めはどこを見てもgood!!その後フランスから再度スイスへ入り氷河の村「サースフェー」に移動!ここは標高1,800mという高所に位置し氷河に囲まれた集落で可愛い家並みが印象的でした。ロープウエイで展望台に登り「ミシャベル・ア...スイス旅行記(4日目)!・・・空中展望台モンブランサースフェー

  • スイス旅行記(3日目)!・・・高山植物園 ユングフラウ三山 ベルン

    今日から高所に登りますが朝食前にホテル周辺を軽く散歩!こんな可愛いホテルや登山列車が展望台に向かって走る姿も絵になります。その後登山列車でユングフロウの山々を眺めながら標高約2,000mの「シーニゲプラッテ高山植物園」へと向かいました。当植物園は日本の「六甲高山植物園」と姉妹植物園になっているそうです。園内はあまり散策時間を取れず残念でしたが様々な高山植物が花を咲かせていました。ユングフロウ三山(アイガーメンヒユングフロウ)は時々頂上に雲がかかるもののほぼ見渡せました。レストランのテラスではスイスらしく「アルペンホルン」の演奏も!山を降りてから「ベルン」に向かいバラ公園よりベルン市内をパノラマ展望!その後アーレ川に囲まれた世界遺産である旧市街を散策し美しい街並みを楽しみました。スイスで一番の高さを誇る「大聖堂」...スイス旅行記(3日目)!・・・高山植物園ユングフラウ三山ベルン

  • スイス旅行記(2日目)!・・・スイス入国 シャフハウゼン ルツェルン アイガー

    ドイツから国境を超えてスイスに入りまずは「シャフハウゼン」へ向かう。この街はさほど大きくはないのですがライン川の素晴らしい滝と古い街並みが残っています。幅がヨーロッパ最大規模と言われる「ラインの滝」から見学しました。中々の迫力!続いて街中を散策しましたが中世の歴史を感じさせる建物が並んでいます。特に出窓の飾りや壁画のような色彩壁はじっくりと時間を掛けて見て回りたい美しさでした。午後には「ルツェルン」に移動し市内観光!ここは水の都でまずはロイス川に架かる「カペル橋」周辺を見学しました。続いて旧市街を散策しましたが石畳の道路にフレスコ画の描かれた古い建物が中世ヨーロッパの雰囲気を醸し出しています。その後宿泊地である「グリンデルワイト」に移動!ユングフラウの山々が臨めます。ホテルのベランダからは北壁で有名な「アイガー...スイス旅行記(2日目)!・・・スイス入国シャフハウゼンルツェルンアイガー

  • スイス旅行記(1日目)!・・・出国からドイツ入国 海外の野鳥

    スイス旅行への出発は伊丹空港から成田空港経由でドイツの空港へと・・・梅雨時ではありますが雨も降らず幸先良い出だしとなりました。成田より約11時間半の飛行でヂュッセルドルフに到着!(日本との時差分7時間時計を戻し現地時間に合わせる)ここは日本人が多い都市で入国係員も「こんにちわ」と言ってくれました。その後貸切バスでアウトバーンを走りシュトゥットガルトのホテルに移動。(今後の移動はこの貸切バスが主体となります)車窓からは畑や牧草地が広がりのどかな風景が延々と続きます。空港から約5時間半掛けてようやくホテルに到着!翌朝ホテルの部屋から鳥のサエズリが聞こえるので周辺を散歩してみるとドイツの野鳥に遭遇!これは「クロウタドリ」と言う野鳥でどこでもよく見られるそうです。次に「鷹」のような猛禽類と思われる鳥にも出会いました。こ...スイス旅行記(1日目)!・・・出国からドイツ入国海外の野鳥

  • 旅行から戻りました!・・・スイス旅行

    しばらくブログ休みましたが7月3日~10日まで旅行で海外に出ておりました。西欧アルプスの名峰(アイガーモンブランマッターホルン等)を巡りながら所々の世界遺産の街も散策してきました。出来るだけ多くの体験をとバスを中心に連日移動距離の長い欲張った企画で若干疲れましたが旅行中は終始好天に恵まれアルプスの絶景を堪能できました。体調変化や時差ボケ等もなく元気ですが旅行記は写真を整理しながら順次紹介していきます。食事に関してはやはり日本が一番ですね。頑張って写真整理します!旅行から戻りました!・・・スイス旅行

  • 小春ジャンプに目覚める!・・・愛犬小春 岩登り 

    つい先日まで公園の置き石に登れなかった「愛犬小春」ですが・・・毎朝の散歩時の特訓の成果でそこそこの高さの岩に飛び上がれるようになりました。以前はこんな感じで足を跳ね上げるのですがどうしても登れませんでした。ところが最近では少し反動をつけて楽々岩の上に・・・降りる際にも勢いよくジャンプ!また別の場所に張られたチェーンだって軽々と飛び越えます。最近では岩とかチェーンの場所に近づくとリードを伸ばすように催促します。ジャンプは苦手と決めつけていたのですがそうでも無さそうです。小春ジャンプに目覚める!・・・愛犬小春岩登り

  • 今年もマキに着生したこの花が香ってきました!・・・フウラン

    私の好きな「フウラン」が今年も咲いてくれました。庭のマキの木に着生させてから咲くようになり5年目ですが毎年少しずつ花数を増やしています。ちなみにこのマキの木には「セッコク」も着生させておりこちらは5月の初旬に花が咲きました。下はその時の写真ですが仲間の種類とは言え比べてみるとかなり違いますね。フウランは近くに寄ると甘い香りを放つのですが花言葉の「はかなげ」が似合う花で雨に濡れた姿も趣があります。我家の庭で毎年見られる風景ではありますが忘れずに咲いてくれるとホッとしますね。サプライズも良いのですがやはり変わらないのが一番かな?今年もマキに着生したこの花が香ってきました!・・・フウラン

  • 「変なホテル」は 変じゃない最先端ホテル!・・・大阪心斎橋 恐竜 ロボット

    今年はどうなることやらと気をもんでいたのですが当地でもようやく梅雨入りしたようです。一安心ではありますが7月後半の夏山登山までに梅雨が明けてくれるのか・・・チョッピリ心配?さて大阪の心斎橋付近を歩いていると変わった名前の建物に遭遇!「変なホテル」と表示されておりどうやらホテルのようです。名前が面白いので中に入ってみると・・・フロントに何と「恐竜」がいるではないですか。恐竜はフロントクラークの仕事を受け持ち「動きしゃべる恐竜」としてお客様を出迎えます。従ってここは「世界初のロボットが働くホテル」としてギネス認定されているとのことです。またこんな「ロボット」も置かれていました。聞いてみると近くに系列ホテルがもう一つあるとのことでそちらも覗いてみました。こちらでもフロントスタッフはやはり恐竜でした。こちらはロボットの...「変なホテル」は変じゃない最先端ホテル!・・・大阪心斎橋恐竜ロボット

  • 散歩道にも夏の野花が!・・・ネジバナ マルバルコウソウ

    関西では梅雨入りが遅れ今夏は水不足が心配されますが・・・季節は着実に移ろい散歩道にも夏の野花が見られるようになってきました。まずは「ネジバナ」でいつもの公園で群生まではいきませんがそれなりに咲いています。名前の通りスクリューのようにネジれて花が付きますが中々趣のある花なのです。続いては「マルバルコウソウ」も一輪だけ咲き出しているのを見つけました。この花通常は8月頃に咲くと記憶していますが少し早すぎるのでは?今回紹介した小さな野花はいずれも可憐な花で私の好きな花なのです。雨が降らないと花咲く時期も若干狂うのでしょうか?散歩道にも夏の野花が!・・・ネジバナマルバルコウソウ

  • キタアカリでジャーマンポテト!・・・ジャガイモ ドイツ料理

    カラオケ仲間の友人から野菜を沢山頂きました。タマネギキューリトウガラシジャガイモ等色々!その中に「キタアカリ」というジャガイモが含まれていました。この品種は男爵イモより甘みが強く色目も黄色みがかった品種なのです。そこでドイツ料理の定番である「ジャマンポテト」を作る事にしました。まずはジャガイモを良く洗い皮付きのまま角切りし柔らかくなるまで茹で水気を切っておきます。フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れ香りが出たらソーセージとベーコンをカリッと焼きます。そこに茹でたキタアカリを入れ塩コショウをしてから火を止め粒マスタードで和えます。出来上がりはこんな感じで粒マスタードの酸味が効いて中々の仕上がり!ドイツ風に冷えたビールとともに頂きました。旨い!!他にも頂いた野菜を使って「肉じゃが」や・・・「ポテトサラダ」も作...キタアカリでジャーマンポテト!・・・ジャガイモドイツ料理

  • この時期の水田は「エサ」取り放題!・・・アオサギ 餌場

    川沿いの散歩道でこの時期毎年見られる光景があります。田植えが終わった水田を「アオサギ」が動き回るのです。水を張られた田んぼにはオタマジャクシや色々な水生生物が住んでおり格好の餌場なのです。何やら見つけて狙いをつけているようです。虫のような物を捕まえました。他の時期には隣を流れる川の中を餌場にしているようですが中々エサをゲット出来ません。その点水田は水深も浅く流れもなくエサとなる生物は豊富で容易に捕獲できるのでしょうね。ここしばらくは他のカモやケリの姿も見られると思われます。この時期の水田は「エサ」取り放題!・・・アオサギ餌場

  • 大阪にも「ピラミッド」がありました!・・・堺市 土塔 巨大クスノキ

    堺市の百舌鳥古墳群ハイキングで奇妙な建造物に遭遇しました。あたかも「ピラミッド」のような建造物が公園の中に建っていました。近づいて見ると瓦が何段にも積み上げられたものでした。説明パネルによると「土塔」という建物で奈良時代に堺出身の僧行基が建立した大野寺の仏塔とのこと。一辺53m高さ8.6mの13重構造で使用されている瓦の数は6万枚にもなるそうですが近年復元された塔のようです。裏側に廻ってみるとこんな感じで瓦はなく草原になっていました。次に訪れた「百舌鳥八幡宮」では「クスノキ」の巨木にも出会いました。説明板によると幹周5.2m高さ25m樹齢700~800年とのことでした。大阪にもピラミッドがあるとは知りませんでした。今回のハイキングは天候にも恵まれ巨大古墳以外にも面白い物に出会え満足!家にたどり着くと歩数は約26...大阪にも「ピラミッド」がありました!・・・堺市土塔巨大クスノキ