住所
出身
ハンドル名
日本を憂う!さん
ブログタイトル
日本を憂う!
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kokichi72
ブログ紹介文
新聞、雑誌、テレビ等のマスコミ報道から疑問に思うことなどを発信していきます。
自由文
-
更新頻度(1年)

46回 / 262日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2015/12/31

日本を憂う!さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 06/15 06/14 06/13 06/12 06/11 06/10 全参加数
総合ランキング(IN) 35,285位 36,522位 32,895位 32,946位 32,927位 32,847位 35,858位 963,621サイト
INポイント 20 0 0 0 0 10 0 30/週
OUTポイント 80 20 10 0 60 10 20 200/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 545位 557位 500位 507位 503位 486位 544位 13,271サイト
幸福の科学 11位 11位 11位 11位 11位 11位 11位 91サイト
今日 06/15 06/14 06/13 06/12 06/11 06/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 30,054位 33,847位 25,760位 26,430位 26,434位 30,260位 31,071位 963,621サイト
INポイント 20 0 0 0 0 10 0 30/週
OUTポイント 80 20 10 0 60 10 20 200/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 287位 337位 250位 254位 253位 307位 321位 13,271サイト
幸福の科学 10位 12位 10位 11位 11位 13位 13位 91サイト
今日 06/15 06/14 06/13 06/12 06/11 06/10 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 963,621サイト
INポイント 20 0 0 0 0 10 0 30/週
OUTポイント 80 20 10 0 60 10 20 200/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,271サイト
幸福の科学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 91サイト

日本を憂う!さんのブログ記事

  • 安倍首相は変節したのか?

    歴代最長在任が目的になったのか歴史に名を残すことが最大目的になったのか、安倍首相が八方美人過ぎて何を考えているのかが不明になっている状況のようです。世界のリーダーであるトランプ大統領やプーチン大統領も同様の意見だと思われます。特に、プーチン大統領とは二十数回は会っているはずですが、目先の国民の人気は気になってもプーチン大統領の想いや中朝対峙のなかでの日本の国益には気が回っていないようです。トランプ大統領とは良好な関係を演じていますが、中国との二股外交はトランプ大統領も快く思っていないはずです。自由、民主、信仰などの世界と真逆の中国共産党を利することについてはトランプ大統領も言いたいことがあるはずです。さきほど中東訪問もされましたが、安倍首相が米国のコバンザメ、鞄持ちのように見えているだろうと推測しますが、軽くい...安倍首相は変節したのか?

  • 世の中動いています。

    数週間振りの更新です。この間もいろいろありました。身近なところでは高齢者が運転する車の暴走による事故が全国で目立ったことです。都心では交通網が発達しているので公共交通機関に頼ることができますが、田舎では移動には自動車がないと不便です。自動運転や衝突回避、さらに空飛ぶ自動車などの技術発展を期待したいところです。昨日、関東などで梅雨入りしたようです。西日本はまだですが、最近の高温や少雨で水不足気味であったのが、若干潤うと期待されます。但し、豪雨などで被害が出ないことを祈るばかりです。話が違うかもしれませんが、水に関しては、最近中国資本が国内の水源を買っているとの報道を目にしました。日本人は水はタダと思いがちですが、ヨーロッパでも中国でも水はビジネスになるようなのでビックリです。国内でもペットボトルの水を買う人が多い...世の中動いています。

  • 日本は中国の覇権を許すのか?

    トランプ大統領が中国の共産党一党独裁と世界各地への拡張路線に対して、NOを突きつけて、経済制裁などを強めている状況です。これがもし民主党のクリントン大統領であれば、中国のロビー活動に屈して、献金漬けになって、引き続きグローバル経済を進めていたものと思われます。トランプ大統領は、大川隆法総裁先生の応援もあり、首の皮一枚でなんとか大統領になり、民主党、中国寄りのマスコミを敵に着々と信仰や自由や民主主義を守ろうとしています。そして最大の敵は中国と見抜いていると思われます。翻って、日本はどうでしょうか?ここも3名の旧民主党政権下で経済も国土もガタガタになりましたし、バラマキ政策も顕著でした。2度目の安倍政権で3本の矢は放たれましたが、元祖幸福実現党の政策のぱくりと消費増税など中途半端でチグハグな対応により景気浮揚とはい...日本は中国の覇権を許すのか?

  • 消費税を政争の具にするな

    10月に消費税が10%上がるか上がらないかは日本国の浮沈に大きな影響を与えますが、エリートと言われる財務省キャリアアップのためだけであるならば、是非とも止めてほしいものです。過去の消費増税後の不景気や財布の紐を締めたりすれば、個人消費が6,7割を占める日本では景気減速は必須です。また、財務省と徒党を組む政治家も日本国の国益や将来展望がないと言わざるを得ません。米国の識者からも増税の愚が指摘される中、もっと国内の識者や知識人も声を大にして言ってほしいものです。軽減税率やポイント還元など訳の分らない複雑な仕組みにしてほしくないものです。安倍首相も何をどう考えているのか分りませんが、衆参同日選挙の噂も流れる中、政争の具にはしてほしくないところです。逆に、トランプ大統領が行ったように、消費税の減税をしてほしいものです。...消費税を政争の具にするな

  • 原子力発電を考える。

    久しぶりのまとまった雨です。植付けた野菜等が喜んでいる感じです。さて、電力について最近の報道などを踏まえて論考したいと思います。東日本大震災以降、原子力発電所の稼働が停滞し、新規建設もままならないなか、世界では中国の原子力発電所の新規建設ラッシュが目を引きます。もし中国で震災等の被害があった場合、その東側に位置する日本などは影響を受けるはずですが、テレビ、新聞、野党などはあまり触れていません。マインドコントロールされているのでしょうか?日立、東芝など国内3大メーカーもヨーロッパなどでの建設断念や国内でのバッシング?を受けて、技術の継承や人材育成などもままならないと思いますが、どうなんでしょう?必要以上に抑制して、石油、石炭などに依存し、不安定な太陽光や風力、水力、地熱などが良いと思うのは結構ですが、シーレーンが...原子力発電を考える。

  • 停滞続く日本国

    まだまだ内外からの国難が続きそうです。外では、北朝鮮、韓国、中国が一番の難敵です。内容は省きますが、これら国々は国内マスコミと連動して日本国を貶め続けています。内では、令和が始まったものの皇室の危機もあり、今日も日向灘などで地震が起こるなど不安要因をかかえています。政府も消費増税、補助金バラマキなど国家社会主義まっしぐらで、まさに、天上界とは真逆の判断ばかりで動いています。ここに風穴を開けるのは容易いことではありませんが、心ある人々が世の中に迎合することなく、神仏の心を心として行動するしかありません。ささやかであっても神理の光を広げること、天上界の想いを伝えることが大事だとつくづく感じます。先兵として、幸福実現党もありますが、一体となって神理を広げたいところです。停滞続く日本国

  • 北の飛翔体発射を考える

    昨日のニュースで北朝鮮の短距離ミサイルが発射されたとの報道がありました。今まで大川隆法総裁先生の金大統領霊言でも核開発など止める気がない旨の発言があっていましたが、まさに今回証明された形です。正体は既にトランプ大統領から見抜かれていたでしょうし、次なるステップとして米空母からの核施設などへの攻撃も視野に入っているでしょう。但し、ポスト北朝鮮体制、韓国の位置づけ、そして、中国との対峙が最大のポイントだと思われます。日本の近隣での出来事だけに日本政府も無関心や傍観者ではいられないはずですが、日本国としてどのように対応するのでしょうか?もし朝鮮半島が有事になれば、自衛隊による在留邦人、反日難民などの移送も行うでしょうが、現憲法下で何処まで出来るのか?全方位外交で中国や米国などにいい顔をして全てを米軍にお願いするだけな...北の飛翔体発射を考える

  • みどりの日ですが。

    10連休も早や残り3日となりました。今日はみどりの日とのことですが、大多数の日本人は私も含めこの休みの意義や目的すら知らないのではないでしょうか。最近は、海の日とか根拠不明な休みも目立ち、勤勉は悪だと意識づけようとしているのでしょうか?それとも国民への迎合でしょうか。存在意義を失った祭日は見直して、無くすことも大事ではないでしょうか。何せ、昔と違って週休2日制で十分休みもありますし。有休休暇取得促進もあり、年間労働時間は1800時間を下回っているのではないでしょうか。サービス産業など業種によっては休みが散れないとのニュース報道も有ります。いずれにしても見直すチャンスだと考えます。みどりの日ですが。

  • 憲法記念日です。

    休みが続き、何記念日だったかと思ったりしますが、本日は憲法記念日です。祭日には国旗を掲揚する家庭もほとんど無いので、ただの休みだくらいの感覚しかありませんが、一時期盛り上げっていた憲法改正論議も衆議院や参議院の代議士の数は確保できていてもマスコミや特定東アジアが鬱陶しくてできないのか改正には至っていません。安倍首相でこの体たらくなので、現状では突発的な出来事が無い限り期待もできませんが、数がない幸福実現党に期待するしかありません。憲法記念日です。

  • 令和元年初日の決意

    新しい令和が始まりました。リバティ・ウェブなどをみていると、現憲法化での皇室のあり方、日本神道トップの祭司としてのあり方、ポスト令和の後継者のあり方など危機や問題点も浮き彫りになっているようです。マスコミは浮かれて報道しておりますが、確かに、問題を抱えての船出だと感じます。平成最後の昨日は、終日雨が降っており、高天原の悲しみ?の雨かと感じた次第です。そうは言っても日々時代は進んでいますので、軌道修正をしながらでも前進するしかありません。戦後世代の我々の大多数はGHQにより、先の大戦の反省や戦前は悪かった、侵略戦争だったなどと刷り込みをかけられ、さらに輪をかけて、特定東アジアの国々から謝罪、補償を1000年の恨みとともに求め続けられています。負の連鎖を断ち切るには、戦後の呪縛からの脱皮、新たな信仰心の確立、国内に...令和元年初日の決意

  • 平成から令和へ

    予定されていた平成が本日で終了です。明日から令和の時代となります。日本人は謹賀新年で初日の出や若水を戴いたりで新生する感じで新年を迎えますが、時代の節目として平成から令和となりますので、ここでも日本人は新たな時代を感じることができると考えます。ここまでの感覚は他国ではあまり聞いたこともないので、日本独特の感覚かもしれません。本年は大川隆法総裁先生から青銅の法を戴いていますが、天皇陛下も変られるし、特に、感慨深いものがあります。また、アジアの唯物思想国の崩壊が目に見えて分る年になるらしいので、日本国の唯物思想も併せて駆逐したいものです。世界最高の信仰国家となり、宇宙にも開かれた国家の誕生を記念する年にしたいものです。いずれにしても日本人を中心に地球人の信仰の目覚めや精神性の向上が求められていると感じます。平成から令和へ

  • 刻々と変る国際情勢に乗り遅れるな

    安倍首相も外遊中ですが、ロシアと北朝鮮のトップ会談が行われたり、民主党の長老バイデン氏が大統領選に出馬意向を示したり、スリランカでIS系テロがあったり、ベールにつつまれた中国では引き続き人権蹂躙や非人道的な臓器移植などが行われたり、韓国では人知主義の大統領のもとで国が沈み込んだり、さまざまなニュースが飛び込んでいます。この変化のなか、マスコミ報道は当てにならず、頼りになるのは大川隆法総裁先生の情報発信(ザ・リバティ、幸福実現党含む)やトランプ大統領などの光の天使と言われる方々の言動などが羅針盤です。特に、中国の脅威、人権無視、中華思想、植民地拡大志向は、ようやく少しずつ欧米でも知られつつあるようですが、いち早く大川隆法総裁先生が警鐘をならしていました。同様に見抜いていたトランプ大統領も中国に圧力をかけ続けていま...刻々と変る国際情勢に乗り遅れるな

  • 脅威の10連休始まる。

    とうとう10連休がスタートしました。好天にも恵まれ上々のスタートです。この間、どうやって過ごそうかと考えている人も多いでしょうが、消費増税などもあり散在はどうかと思って家でじっとしている人もいるでしょう。かく言う私も野良仕事で野菜苗の定植や管理、水稲の種まきなどが中心になりそうです。ささやかな楽しみとしては帰省した子供達とバーベキューをするくらいでしょうか?(笑)とにかく、休み前に思いつくことをリストアップして、ひとつひとつ片付けていく予定です。夏服冬服の入れ替え、クリーニング出し、農機のメンテナンス、家の補修、タケノコ掘りなどなど。もちろん、大川隆法総裁先生の書籍も読み込んで充電していきたいところです。休み前はわくわくしますが、休みもあっという間に過ぎ去ります。後悔のない日々を過ごしたいものです。10連休明け...脅威の10連休始まる。

  • 検証、自己分析と反省発展

    サラリーマン社会では春に人事異動や昇進昇格など悲喜こもごもの時期になります。かく言う私も異動が多いものの昇進や昇格には無縁であと数年で退職となります。そもそもが仕事が向いていなかったかもしれませんし、栄達を望んでいなかったかと言えば嘘になるかもしれませんが、気ままにやってきたこともあるかもしれません。周りからみると何を考えているか分らないと思われているかもしれませんが、30年近くの大川隆法総裁先生の書籍の愛読者ではあります。私の前世はもしや坊さんで、念仏を唱えつつ、一生を過ごし、世には役に立っていなかったかも知れないと推測しています。(性格などから推測して勝手な考えですが(笑))今世の使命は何だったんだろうと今も思ったりもしていますが不明です。3次元世界での仕事に対する熱量が足りないとは思っていますが、他者への...検証、自己分析と反省発展

  • 選挙活動考

    知事選や県議会議員選挙などの統一地方選挙第一弾に続いて、市町村長や市議会議員などの統一地方選挙第二弾が始ろうとしています。7月には衆議院選挙も予定されているようですが、この間、既存政党の集票活動には目を見張るものがありました。県議会議員選挙では我が選挙区では2名の定員に3名が出馬し、現役が落ちるという珍事がありました。若手の新人はロータリークラブや青年会議所などを巻き込み、トップ当選していました。現役2名も危機感を持っていたのか、戸別訪問や後援会名簿の提出依頼など二重三重の手厚い活動をしておりました。今回の市議会議員選挙も本人、後援会、組織などを活用して、戸別訪問などを入念にしている状況です。幸福実現党も立党10年近くになり、当初は代議士狙いだったのが、地方議員にも力を入れ数十名が誕生していることかと思います。...選挙活動考

  • 国益を守れ。

    米国との貿易交渉でどうなるか不透明な日本、韓国や中国の理不尽な振る舞いに対応できない日本、国際機関と言えどもユネスコやIOC、国際捕鯨委員会などあらゆる機関で場合によっては日本の国益が損なわれている事案が多いように思います。中韓のように貶めようとしているのではなく、国際法に則って、日本は対応していると信じますが、裁判などで信じられない判決もあったりしますし、お人好しの性善説だけでは日本は国際社会で渡っていけないと思います。特に、中韓のプロパガンダに対しては徹底抗戦やアピールも必要ですし、何も言わないのが美徳とは三次元世界では難しいものがあると思います。マスコミ、左翼に代表される政治家、政権党であっても中韓からの見返りを期待して擦りよる輩もいますので一概には言えませんが、世界のリーダーとして使命がある日本は気骨の...国益を守れ。

  • 国内外雑感

    5月から令和が始まり、新たな予感もしますが、国内外の状況を再考してみます。国外では、やはり中国問題であると感じます。これは日本にも直結しており、世界にも波及していることを考えると他人事ではありません。国内の中国や朝鮮半島大好き、共産主義大好きなマスコミや学者や政治家からは危機感は感じませんが、中国国内の人権無視、共産党一党独裁をじわりじわりと近隣諸国などに拡大しつつあります。気づいているのは、幸福実現党やトランプ大統領などでしょうか。早急に中国国民を開放すべき、政治、経済で圧力をかけて共産党一党独裁から自由、民主、信仰のあるまともな国に変えていくように働きかけていく必要があります。最近読んだ大川隆法総裁先生の毛沢東霊言などでは悪魔との自覚がない本人霊にも念がいくのか、総裁先生が見抜いているのを知ってか、霊言書、...国内外雑感

  • 桜咲くになるか?

    ここ数日、全国でソメイヨシノの開花がニュースで報じられています。春は、受験結果も出ますし、転勤や異動もあります。スポーツ界では相撲が佳境を迎え、イチローが引退し、スケートやサッカーなどのイベントも盛んです。様々な出来事がありますが、結果は桜咲くになったか、今回の結果を糧にして次期桜咲くになるか、何が起きようとも七転び八起きの精神で粘り強く頑張るしかありません。政治の世界でも知事選など春の統一地方選挙も始まりましたし、7月には参議院選挙も行われるなど、それぞれ勝負が行われます。幸福実現党も連敗続きですが、今年は足がかりをつけてほしいものですし、マスコミの応援もほしいところです。幸福実現党に桜咲くがきてほしいと思っている今日この頃です。桜咲くになるか?

  • 崖っぷちの中朝

    ハノイで行われた米朝トップ会談は決裂した模様ですが、北朝鮮の取り巻き国である中国、韓国も酷い状態であると感じます。まず、バックに中国がいる北朝鮮は、米国を甘く見ていたようですし、トランプ大統領も怒り心頭のようです。今後は対話ではなく、軍事圧力もありえるようです。北朝鮮が頼みとしている中国も米国からの圧力にさらされており、一人勝ちの経済にも暗雲がたなびいていると思われます。中国も内政がうまくいかなくなると感じれば、いつ台湾などに侵攻するかの懸念も高まります。明日、大川隆法総裁先生が台湾でご講演されるのもそのような懸念を払拭する狙いがあるのかもしれません。最後に、どっちつかずの韓国は、日米からは遠い存在になっています。北朝鮮と心中するつもりでしょうが、明日はないのではないかと感じます。このようなときだからこそ、日本...崖っぷちの中朝

  • 困った近隣諸国

    韓国がデタラメなくらい熱く、常軌を逸していると考えますが、本人達はまともと思っているのだろうか。このままいくと、日本を始め、米国も離れていくと分っているのだろうか。韓国を理解してもらえるのは、北朝鮮、中国くらいしかないのではないだろうか。国民は嘘の歴史教育で日本叩き、日本悪を洗脳されているのでしょうが、政治家もマスコミも三権のリーダーとも困ったものです。韓国に未来はあるのでしょうか?北朝鮮は今月下旬の米朝トップ会談で再び脚光を浴びますが、少しは改善、変化しているのでしょうか。トランプ大統領の判断を期待します。もし将来、統一朝鮮になった場合は、日本は強大な敵と海を隔てて対峙するかもしれませんが、防衛力強化をきちんとしておくなど最悪のことを考えておくべきと思います。朝鮮半島を地上の楽園と思い込んでいる一部日本人も目...困った近隣諸国

  • ジョン・レノンの霊言読みました。

    読みましたが、考えさせられる内容でした。音楽性や楽曲が時代や宇宙を超越していたのはポール・マッカートニーも同様でしょうが、宗教や信仰の違った面を見せられた気がします。考えさせられる内容は、幸福の科学の活動についてです。大川隆法総裁先生が偉大すぎて超越していることもありますが、子息にしても職員にしても会員にしても大多数が自分のことや目先のことしか考えていなくて、目前に迫った宇宙時代の幕開けや法灯が数千年続くという視点からの動きがみられないということを感じました。私自身でもそうですが、ジョン・レノンが言うように、大多数の弟子の動きも確かに4次元や5次元の意識程度しかないようにも感じますし、幸福の科学の元職員などでも如来や菩薩だと勘違いして、一部は地獄界にも通じた生き方をしている方もいるのだろうと思います。これが信者...ジョン・レノンの霊言読みました。

  • 国益問題雑感

    ネットをみていて、確かにそうだなと思えることを雑感したいと思います。まず、国内で中国資本や中国の息のかかった会社などによって土地の買い占めなどが行われていることに対して、何ら手が打たれていないことです。北海道や佐渡や対馬などの買い占めが顕著なようで、テレビでも報道されていました。国会で議論されているかどうか分りませんが、国民の代表たる代議士には国益を確保する点からも関心をもってほしいと思いますし、ここまで緩い国は日本しかないようで、人権蹂躙をしたり、他国の侵略などの意図を持った国もあるのだとしっかりと想定して国を守ってほしい。次ぎに福祉など社会保障、農業などの産業政策、教育関連のバラマキなど過去からの1000兆円以上の予算ばらまきにより、自民党政権は成り立っていると思われますが、これにより国民の自立が難しくなる...国益問題雑感

  • 自公政権、統計問題、財政問題で崖っぷち

    3本の矢で頑張っているらしい安倍政権が内政でやることなすことうまくいかず、足の切れた凧状態です。統計問題は国会で野党が追及してますが、もともと野党も頼りにならないので国民は引いてみて、政治への関心も薄れているものと思います。が、自公政権や財務省は10月の消費税アップを必達するつもりでもあり、無関心では何をするかわからないし、今回も増税しやすいように統計データを操作しているとみられても仕方が無い動きだったと思われます。過去の増税でも税収が上がったことも無く、今回もあがることは想像できませんが、性懲りもなく何処を向いて一体何をしているのでしょうか。過去1000兆円以上のばらまきをして国民の票を買っていたのでしょうが、いつまでもこのようなことを続けて、日本を沈没させるつもりでしょうか。いい加減にしてほしい。国民も、マ...自公政権、統計問題、財政問題で崖っぷち

  • 全豪オープン、サッカーアジアカップその後

    大坂なおみ選手が全豪オープンテニスで優勝しました。全米に続いて、2連覇です。まだ若く、将来が楽しみな選手であると思います。但し、インターネット上などニュースでは、二重国籍問題、アニメでの肌の色問題など微妙な問題も流れているようです。3才から米国に行かれたとのことですので、日本語もあまり上手ではありませんが、マスコミやアンチは、女王ともなれば、各種暴き立てるのはパパラッチ同様の性癖でしょうから、気にしないことですが、なんとかメンタルを強く保って頑張ってほしいものです。サッカーアジアカップの決勝戦が、日本対カタールで本日夜にあるそうですが、どちらが勝つか分りませんが、日本に優勝してもらいたいところです。カタールもインターネット上では国籍問題などが取りざたされているようです。金銭売買などもあったりで、反則なども良くし...全豪オープン、サッカーアジアカップその後

  • 「天御祖神の降臨」読みました。

    本日届いた大川隆法総裁先生2500冊目となる「天御祖神の降臨」を一気に読みました。改めて、日本の歴史の奥深さとその存在意義などに興味深く感動しました。日本の場合、木の文化なので、その痕跡もほとんど残っていなくて、証明のしようもありませんが、そこは現時点でも歴史上でも地上最大規模の六大神通力を駆使できる大川隆法総裁先生の能力で解明して戴きました。ムーやレムリアよりも古く、宇宙由来とは驚きですが、世界でも独特の存在感や輝きをもっている日本はやはり特別な国だったのですね。島国として、ドラゴンのような形の地形も象徴的ですが、そこに住む人々も紆余曲折はあっても少しずつ進化をしていたのでしょう。まもなく宇宙時代になるとみられますが、潜在意識では日本人は既に受け入れ体制ができていると思われるので、後は現実問題として幸福の科学...「天御祖神の降臨」読みました。

  • サッカーアジア杯と全豪オープン

    最近のスポーツ界では若い日本人の活躍が目立つなと思います。今、一番ホットなのは、全豪オープンテニスの大坂なおみ選手でしょう。全米オープンの優勝も驚きでしたが、今回も決勝戦まで進むとは、期待はあってもどのくらいの方が思っていたのでしょうか。途中で逆転勝利をしたりと粘り強く勝ち上がって努力する姿は日本人の多くに明るい話題と元気を与えています。また、お茶目な発言も皆の心を明るくしていると感じます。サッカー日本も準決勝までコマを進めてきており、よく頑張っているなと思います。宿敵の韓国やオーストラリアは負けていますが、次に対戦するイランは日本よりFIFAランキングも高いと知って驚きです。日本チームも20,21才の若手選手も活躍しており、世代交代しつつ順調にチームとしても成長しているのではないかと思われます。日本が優勝まで...サッカーアジア杯と全豪オープン

  • 尋常じゃ無い、韓国だが。

    何を血迷ったか、民主主義国家だった(?)はずの韓国が北朝鮮や中国になびき、もともと志向や親和性があった人知主義や中国の属国(帰属?)としての本領を発揮しています。韓国国民にも、自由や民主主義や信仰を信じるまともな人も多少はいるのかもしれませんが、国内では声も出せない状態なのかもしれません。韓国の政権では、過去まともな政権は出てきていませんし、大統領を辞めた後は、本人はもちろん親族もろとも逮捕されるなどデタラメ振りを発揮している国です。今回の政権も、そもそもが北朝鮮や中国と親和性が高かった文政権です。もともと期待薄でしたが、昨年6月の米朝対談もあり、何を勘違いしたか文大統領も舞い上がって一層北寄り、中国寄りになる反面、日本国は韓国国内引き締めのためか、統一朝鮮の仮想敵国として、金品を無心する対象として、嘘八百の情...尋常じゃ無い、韓国だが。

  • 日本国、正念場です。

    内外ともに日本国は瀬戸際の状況だと考えます。いくら幸福の科学グループ大川隆法総裁先生が方針を示しても為政者やリーダーがキャッチして提案が実行できなかったらないとの一緒です。プーチン大統領やトランプ大統領はそれなりに大川隆法総裁先生の情報をキャッチしているでしょうし、両大統領とも信仰心の厚い方でしょうから、天上界からのインスピレーションもあると思われます。しかしながら、我が国の安倍首相はどうなんでしょうか?消費増税、米中の両天秤がけなどやることなすことがやや中途半端で何を考えているのかが見えにくいところです。安倍首相の判断が分水嶺になるでしょうし、緊張感を持って何とか頑張ってほしいものです。朝鮮半島の国々も日本国に近いだけに良く振り回されていますが、あまり深入りしないで対応を判断してほしいものです。国内外ともに正...日本国、正念場です。

  • 韓国に目覚めよ、日本国。

    日本が日々肩すかしを食らい続けている韓国が各種フェイクカードを振りかざし、これでもかと日本を貶めようとしています。泥棒のように竹島に土足で上陸、無かった従軍慰安婦、高給取りの出稼ぎであった徴用工、嘘答弁に終始するレーダー照射問題、徹底した反日教育など米国など自由主義陣営から戦後独立させられて以降、日本は隣国に蹂躙させられつつあります。たとえ話で言えば、意地悪じいさんと人の良いおじいさんの家が隣どおしにあって、日頃からこつこつと仕事をして豊かな生活をしている人の良いおじいさんを、いつも人のふんどしで相撲をとってやろうを考えている狡い意地悪じいさんが、ことあれば難癖をつけている構図のように思えて仕方がありません。原因は嫉妬心の塊でとても神様から褒められるような生き方をしていない意地悪じいさんが問題なのですが。意地悪...韓国に目覚めよ、日本国。

  • 何とかならないか税制も。

    日本国が前のめりになって国家社会主義への道をまっしぐらで進んでいる。大きな政府を財務省も自民党も目指して、国民を奴隷化するように巧妙に仕組んでいるとみえる。31年度も100兆円を越える国家予算で、教育無償化で子供を国家への奴隷にしようとしたり、軽率減税で国民を大混乱に陥れたり、その他農林業などへの手厚い産業政策で自立できないようにしたりを、再三行っている。今秋には消費税も10%に上げて、日本国を徹底的に痛めつけ、沈めるつもりらしい。日本国の為政者や官僚は、やることがチグハグであるが、マスコミは反撃を恐れて批判すらしない状況である。国内では、幸福実現党が吠えている程度であるが、馬耳東風で、痛くも痒くもないのだろう。日本国の自己改革はとても無理な状況です。昔の黒船のように、トランプ大統領などの外圧頼みでしか改革はで...何とかならないか税制も。