chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
相撲史に関心・興味のある方どうぞ https://blog.goo.ne.jp/k3tanaka_1948

江戸勧進相撲以来の相撲史を中心に関聯事項 に対する私見・愚考を発表しています。

 去る十月、訪問者数が延べ30万人を 突破いたしました。

相撲史研究者・田中 健
フォロー
住所
長崎市
出身
長崎市
ブログ村参加

2015/12/21

1件〜100件

arrow_drop_down
  • 対幕内2勝の“貧乏神”

    ※昨日までのトータル訪問者数984,968昭和三十年夏、東十両筆頭劍龍の星取表を掲げたい。〇秀湊(十両2)〇大瀬川(前廿一)●白龍山(同二十)●楯甲(十両1)●前ノ山(〃2)●出羽ノ花(〃4)●吉井山(〃3)〇那智ノ山(〃5)●福ノ里(〃3)●玉風(〃9)〇大龍(〃12)●緋縅(前廿一)〇廣瀬川(同十八)●白雄山(十両8)●平ノ戸(前十九)幕内力士を2人破りながら“貧乏神”が最高位で入幕できず……。尚、後関脇巨砲の父親だった。対幕内2勝の“貧乏神”

  • 正鵠を得た昭和30年秋の「番附」

    鬼が笑う来年の初場所「番附」は1横綱・1大関━125年前の明治三十一年春以来の“椿事”と云うことに…。このとき、東方が大関兼横綱の小錦、西方総帥は大関鳳凰で、他に役力士は2関脇・3小結の陣容であった。当時、「横綱」は現代の如く、大関以上の「最高地位」と確定されておらず、大関が横綱を兼務しても別段可笑しくはなかった。ところが、時津風理事長(元横綱双葉山)のときから「横綱兼大関」なる変な地位を拵えているのは誠に遺憾である。そんな地位が存在するならば、「大関兼関脇」とか「小結兼前頭筆頭」や「同二枚目兼三枚目」も可笑しくない理屈だ。かつて出羽海理事長(元横綱常ノ花)が“外野”の彦山光三の意見を聴いて作成した「正しい」番附が昭和三十年秋場所の完全な「西大関空位」のそれであった。正鵠を得た昭和30年秋の「番附」

  • 照 國4━5千代の山

    ※昨日までのトータル訪問者数984,750横綱同士の旧・新対決だって好取組にちがいない。昭和戦後の実例を御紹介。①昭和二三年夏場所八日目西横綱〇照國(吊出し)千代ノ山●西関脇②同二三年秋場所二日目東横綱●照國(突倒し)千代ノ山〇西前頭筆頭③同二四年夏場所九日目東張横綱●照國(押出し)千代ノ山〇東関脇④同二五年夏場所千穐楽東張横綱〇照國(寄切り)千代ノ山●東大関⑤同二五年秋場所十三日目東張横綱●照國(突出し)千代ノ山〇東大関⑥同二六年春場所十三日目東横綱〇照國(外掛け)千代ノ山●東大関⑦同二六年夏場所十二日目東横綱●照國(下手投)千代ノ山〇東大関⑧同二六年秋場所十四日目西横綱〇照國(寄切り)千代ノ山●西張出横綱⑨同二七年春場所十四日目西正横綱●照國(上手投)千代ノ山〇西張出横綱名横綱照國は対双葉山戦に3勝2...照國4━5千代の山

  • 「巨漢優遇」の犠牲、荒浪

    大正十五年夏場所の成績に加えて、大阪相撲を“合流”させた昭和二年春の「番附」だが、戦後の神若・平ノ戸の“入れ替え”よりもひどい不公平な編成。即ち、東幕下十枚目で4勝2敗の男女ノ川が14枚UPの十両八枚目へ昇進。西幕下九枚目の荒浪も同成績の4勝2敗の星なのに、6枚しか上らず幕下三枚目に止められてしまった。男女ノ川の体格は当時の『野球界臨増相撲號』に拠れば、「六尺三寸」(190cm超)の「三十七貫」(138㎏余)とあり、十両に昇進した荒浪のそれは、「五尺六寸」(170cm弱)・「二十三貫」(86㎏強)━と記載されている。当時も“部屋勢力”の影響の如く不明朗な感じ。荒浪は立浪部屋だが、当時師匠立浪(元小結緑嶋)は、双葉山が強くなって「取締」に就任。それまでは“発言力”がなかったと察するほかはない。問題は、男女ノ...「巨漢優遇」の犠牲、荒浪

  • 幕内皆勤1場所だが…

    ※昨日までのトータル訪問者数984,558昭和二五年秋場所、西前頭十九枚目那智ノ山公晴の星取表です。〇緑國(前十八)足取り●北ノ洋(〃)…出投げ●清惠波(同十五)〃●時津山(同廿一)〃〇甲斐錦(同十九)内無双●神錦(同二十)寄切り〇藤田(同十三)叩込み●櫻國(十両1)…出投〇甲斐ノ山(前二十)下手投●若葉山(同十二)〃●吉田川(十両2)突出し〇神若(前十二)蹴返し〇朝若(十両4)〃〇玉輝(〃5)大股●鬼龍川(仝)掬い投182cm・99㎏の体で珍手を多く使っているので採りあげてみた。幕内皆勤1場所だが…

  • 給金相撲の炎鵬 礼讃…! !

    本日、中入り前の十両おしまいの取組で「給金相撲」の人気力士炎鵬が激闘の末、勝越しを決めた。TV桟敷で観戦、長い相撲になれば…結局は“体力負け”になりそう─と、思いながら、ひやひや・どきどきして観ていた。ところが2分半弱の熱闘で、炎鵬は「執念」をもって苦しいのを我慢・辛抱の末、見事に白星を得た。「なんとしても勝越しを決めてやるぞ」と云う“気力”が当桟敷まで伝わってくるような気がした。これで明日から4日間のうち半分白星なら“二桁勝利”だって夢じゃぁない━現実味を帯びてきた。昨日は十両最初、今日は最後の土俵で━精神的に「神経過敏」な吾輩が力士だと仮定したら…とてもじゃぁない━殊に、中入り前最後の場合、審判が「時間」を気にして微妙な相撲に“物言い”をつけてくれるかな?━と、余計なことまでも頭で考えてしまう。幸い炎...給金相撲の炎鵬礼讃…!!

  • 非売品『相撲趣味』178号 無代進呈

    ※昨日までのトータル訪問者数984,300相撲趣味の会(昭和二三年発足)が平成二八年七月に発行した機関誌『相撲趣味』━第178号〔52ページ=6氏寄稿〕を重複所蔵していますので御希望の方、先着1名様に無代進呈いたします。当資料は書込みや破損など一切なく、新品同様の保存状態であります。下記宛て郵送料として140円切手同封のうえ…お申込みいただければ折返し御送付いたします。〒852-8113長崎市上野町14-11田中健お問合せはjhisa104@ybb.ne.jpまで…お気軽に。☎095-845-6799非売品『相撲趣味』178号無代進呈

  • 理不尽な大正末⇒昭和劈頭番附

    先ず、大正十五年夏場所の星…を御覧いただきたい。西幕下九枚目、荒浪源四郎〔後十両=立浪部屋、昭和七年歿〕や●楢ノ里(幕下9)や〇白根山(幕下7)や〇雷ヶ梅(幕下14)〇髙ノ花(〃13)=後幕内、昭和35年歿や●岩木山(幕下2)=後幕内、昭和10年歿や〇鏡岩(幕下2)=後大関、昭和25年歿“次位”の東幕下十枚目、男女ノ川の星。〇天竜(幕下5)=後関脇、平成元年歿や●諏訪錦(幕下6)〇雷ヶ梅(仝)〇佐賀ノ山(幕下15)やや●開月(幕下5)=後幕内、昭和41年歿や〇浪ノ音(幕下3)=後十両、昭和9年歿や“同成績”なのに翌場所は地位が逆転し、男女ノ川は新十両八枚目へ昇格して、荒浪は幕下三枚目でストップしてしまった。理不尽な“不公平”番附編成だった。当事者のひとり荒浪は協会に「抗議」をしなかったのであろうか…❔理不尽な大正末⇒昭和劈頭番附

  • 横綱 千代の山11━0小結 若葉山

    ※昨日までのトータル訪問者数984,048昭和戦後のパーフェクト記録━最高位は横綱対小結であった。①昭和二六年夏場所五日目東大関〇千代ノ山(突倒し)若葉山●西前頭二②同二六年秋場所五日目西張横綱〇千代ノ山(押切り)若葉山●西小結③同二七年春場所九日目西張横綱〇千代ノ山(突出し)若葉山●東前頭筆頭④同二七年秋場所七日目西横綱〇千代ノ山(突出し)若葉山●西前頭筆頭⑤同二九年春場所四日目東張横綱〇千代の山(突出し)若葉山●西前頭四⑥同二九年夏場所初日西横綱〇千代の山(…出投)若葉山●東前頭六⑦同三十年春場所六日目東横綱〇千代の山(突出し)若葉山●西前頭四⑧同三十年夏場所三日目東横綱〇千代の山(突出し)若葉山●東前頭五⑨同三一年初場所三日目西横綱〇千代の山(切返し)若葉山●西前頭四⑩同三一年春場所初日西張横綱〇千...横綱千代の山11━0小結若葉山

  • 年寄名跡のブランド価値❔

    力士の醜名〔「四股名」は宛字なので採らない。〕にも所謂ブランドネームが存在━谷風・雷電・常陸山・太刀山・栃木山・双葉山、それに貴乃花など今後襲名する力士は出現しないであろう。そこで、「年寄名跡」だって襲名した元力士が明治十六年以前なら筆頭(ふでがしら)・筆脇(ふでわき)、以後昭和四二年までなら取締に就いたものを過日列記してみた。以下、それら執行部入り以外の名跡をあらためて列記しよう。先ず、旧大阪系には━小野川・押尾川・竹縄・三保ヶ関・岩友・陣幕・大鳴戸・鏡山・高田川・中村・朝日山・湊・枝川・千田川・高崎・安治川・不知火・北陣・西岩・大島─以上、20名跡だが、小野川・陣幕・不知火は「横綱名」でもあり、鳥渡ばかり紛らわしい感じがしないでもない。江戸→東京方の年寄名跡では如何。楯山・立田川・秀ノ山・高島・峰崎・...年寄名跡のブランド価値❔

  • 近い将来、土俵で露・烏 対決実現?!

    ※昨日までのトータル訪問者数983,847独裁者プーチン大統領に因るプーチンのためのプーチンの戦争は、どうやら“越年”しそうである。飛行機が離陸よりも着陸が難しい〔我が搭乗していた航空機が羽田上空で何度も“旋回”を繰返して鳥渡ばかり恐怖に慄く体験をした。〕のと同様、戦争だって始めるより終らせるのが簡単じゃぁない。ところで、九州…「番附」をみると、西十両十三枚目に露國出身、二子山部屋所属の狼雅(ろうが)がランクされ、その8枚下位の幕下七枚目に烏克蘭出身、入間川部屋の獅司(しし)が醜名を列している。近々、両者が土俵上で角逐すれば、当の両力士のみならず、まわりの観客だって相当にエキサイトするのを回避できまい。近い将来、土俵で露・烏対決実現?!

  • 昭和20年代「長身力士」13名を選抜

    昭和戦後、二十年代の入幕力士のなかから「長身力士」13名を選抜してみた。①大関・茨城・大内山202㎝・152㎏昭和60年59歳②小結・福岡・大起194・180〃45年46歳③横綱・北海道・千代の山190・122〃52年51歳④前十二・茨城・七ッ海188・109平成6年67歳⑤横綱・兵庫・朝潮188・135昭和63年58歳⑥前一・北海道・双ッ龍185・108平成18年75歳⑦〃・長野・大昇185・116〃21年83歳⑧〃・兵庫・鳴門海183・87〃22年84歳⑨小結・熊本・潮錦183・110〃17年80歳⑩前十一・福岡・吉井山182・92<歿年未詳>⑪前十九・和歌山・那智山182・99平成6年74歳⑫前十三・〃・増巳山182・99〃7年73歳⑬関脇・東京・時津山182・137昭和43年43歳長寿派・短命派が...昭和20年代「長身力士」13名を選抜

  • 後大関大内山の幕下優勝

    ※昨日までのトータル訪問者数983,641昭和二二年夏場所、西幕下二三枚目大内〔後大関大内山〕の星取表。〇大江戸(幕下21)=後幕内や〇秀ノ海(幕下18)やや〇陣ノ花(幕下21)〇前田川(〃25)=後関脇とは別人やや〇紀ノ國(幕下17)江戸・明治も当時も改名が多い━と云うことは“同名”力士が多かったわけである。後大関大内山の幕下優勝

  • 72年前、序二段で14勝の快記録

    昭和二五年秋場所、東序二段二十枚目伊藤改め柏泻の星取表をじっくり御覧。〇鷹巣(序二段21)〇谷(〃20)〇由良ノ花(序ノ口3)〇秀ノ海(序二段15)〇初瀬川(序ノ口4)〇柏谷(序二段13)〇小林(〃10)=後小結時錦なのか〇大嵐(〃6)〇長栄山(〃14)〇尾﨑(〃12)〇若鷹(〃23格)〇北國(〃2)〇朝曻(〃7)●松本(〃22格)=関取になれず?〇安念(〃17)=関脇止りで残念な…山序二段で14勝は「空前・絶後」の記録でしょう。しかし、彼は関取へ昇格していない。72年前、序二段で14勝の快記録

  • 昭和20年代「長身力士」10傑

    ※昨日までのトータル訪問者数983,430昭和二十年代の長身力士①大関・茨城・大内山平吉202㎝・152㎏②小結・福岡・大起男右エ門194・180③横綱・北海道・千代の山雅信190・122④前十二・茨城・七ッ海操188・109⑤横綱・兵庫・朝潮太郎188・135⑥前一・北海道・双ッ龍德義185・108⑦〃・長野・大昇充宏185・116⑧〃・兵庫・鳴門海一行183・87⑨小結・熊本・潮錦義秋183・110⑩前十一・福岡・吉井山朋一郎182・92身長182㎝があと3名いるが、うち2人が体重99㎏なので…順位を決めかねている。昭和20年代「長身力士」10傑

  • 「平和呆け」から眼を覚ませ !

    今日午前中のミサイル落下地点附近の地名から…八甲山→松前山→渡嶋洋→松前山と改名した力士が脳裡に浮んだ。〔最高位前頭筆頭のとき松前山熊義であった。〕尚、出身地は北海道函館…となっている。段々エスカレートして「挑発のための挑発」に日本政府が「厳重に抗議」したって、“ならず者国家”は屁とも思うまい。〔米民主党政権は、北・イラン等々を絶対ならず者国家と呼ばぬ─「多様性」重視だから、そんな国だって存在意義あり…?〕今回の北の「暴挙」は即ち、日本領海を侵犯されたに等しいと思うが如何。愚考すれば、旧大日本帝國だったら「宣戦布告」とみなして「報復攻撃」を試みるはず。ところが「平和国家」なる現代日本は、未だに「専守防衛」に固執して“身動き”が採れないじゃぁないか。吾輩が北の3代め将軍の立場だったら、北海道附近の次は、ずっ...「平和呆け」から眼を覚ませ!

  • 6年前の『相撲趣味』無代進呈

    ※昨日までのトータル訪問者数983,147相撲趣味の会(昭和二三年発足)が平成二八年七月に発行した機関誌『相撲趣味』第178号〔52ページ=6氏寄稿〕を重複所蔵していますので、御希望の方、先着1名様に無代進呈いたします。送料として140円切手同封のうえ下記宛お申込み下されば、折返し御送付いたします。尚、当資料は書込みや破損など一切なく新品同様の保存状態であります。〒852-8113長崎市上野町14-11田中健お問合せはjhisa104@ybb.ne.jpまで…お気軽に。☎095-845-67996年前の『相撲趣味』無代進呈

  • 大正期の“哀れな”横砂

    大正八年五月二一日づけ『東京日日新聞』掲載の相撲記事に「戰の跡」鳳──大錦の“情けない”読みものを引用。鳳七日の相撲で四つの負星にも拘らずよく其恥を忍んで土俵に上るのは今日の大錦に勝たんが爲である見物も是非共鳳に勝たせんものと滿塲鳳に聲援するものばかりである、土俵に上つた鳳の面上には悲壮な決意の閃きが見えた、天は鳳に幸した、其刹那満場は總立となつて鳳の爲めに萬歳を叫んだ西贔屓の面々は鳳と共に支度部屋に雪崩れ込んで更に萬歳を連呼すれば遂に鳳は感極まつて嬉し涙に咽んで居た〇宇都宮(前九)腰投げ●宮城山(同八)掛け凭れや福柳(同一)=現代なら不戦勝●大門岩(同二)寄倒し〇常ノ花(関脇)小手投●源氏山(前六)寄倒し●對馬洋(大関)〃〇大錦(横綱)小手投栃ノ海の場合も「同情」的声援があったみたい。大正期の“哀れな”横砂

  • 後 栃ノ海、幕下で8戦全勝

    ※昨日までのトータル訪問者数982,927昭和三三年名古屋場所、東幕下四十花田〔後…栃ノ海晃嘉〕の星取表。〇大江山(幕下41)や〇東山(幕下48)や〇前田川(幕下54)=後関脇〇恵戸ノ花(〃50)やや〇福緑(幕下26)〇越ノ海(〃63)や〇納谷(幕下9)=後横綱大鵬や〇千葉(幕下12)=後関脇羽黒花や大抵“全勝同士”で対戦しており、8番相撲の相手、千葉は「納谷」に黒星をつけられていた。後栃ノ海、幕下で8戦全勝

  • 145年、番附最上段に「鷲ヶ濱」なし

    Y氏が『大相撲』誌へ連載していた「しこ名の代々」は、途中から“五十音順”に方針を変更したため、「鷲ヶ濵」(わしがはま)なる5字音醜名は一番あとまわしにされた挙句、中途半端で寄稿を打切られてしまった。①大関・新潟・鷲ヶ濵音右エ門前名─鳴澤、後名─玉垣。横綱谷風の好敵手。②前七・愛知・鷲ヶ濵灘右エ門幕内在位3場所で1勝もできなかった看板力士。③関脇・佐賀・鷲ヶ濵音右エ門前名─箕嶋、後名─常盤山幕内在位20年超の持久力を誇った。④関脇・長崎・鷲ヶ濵音右エ門前名─箕嶋、後名─常盤山勝率7割台だから大関級の名力士だった。⑤前四・長野・鷲ヶ濵音右エ門前名─箕嶋。明治九年、彼が最後の幕内鷲ヶ濵。その後、明治二七年から三九年にかけて…万年幕下の鷲ヶ濵〔下の名は喜惣二〕が存在。明治四十年、三段目へ陥落し翌春かぎり。したがっ...145年、番附最上段に「鷲ヶ濱」なし

  • 80年前の若手「三羽烏」

    ※昨日までのトータル訪問者数982,703昭和十七年春場所、当時の「若手三羽烏」として新入幕を果した3力士とは━何れも東方平幕下位へ…。前頭十八枚目神風正一同二十枚目輝曻勝彦二十一枚目(幕尻)若瀬川泰二当場所の成績は━後関脇の神風が11勝・4敗後関脇の輝曻が12勝・3敗後小結若瀬川は、8勝・7敗殊に、輝曻は「優勝旗手」で現代ならば「敢闘賞」に相当するであろう。逆に、「持久力」は若瀬川が発揮した。80年前の若手「三羽烏」

  • 「大正期の新聞…」脱稿

    拙稿「大正期の新聞記事から」(14)を2ページ書きあげた。そのなかで、問題箇所をひとつ採りあげてみたい。大正8.5.21『東京日日新聞』だが、夏場所九日目の◆兩國(けん〱)藤の川おしまいに批判を次の如く述べた。飽くまでも「掛投」が正式呼称旧國技館焼失のため靖國神社興行の4場所め━大正八年夏の九日目、新関脇●藤ノ川(雷五郎)対元関脇〇両國(梶之助←勇治郎)戦の決り手は「掛け投」が穏当である。彦山光三が昭和三十八年に選抜した「相撲175手絵とき」(読売新聞社刊『大相撲』臨増)─「掛けなげ」の解説に……一度で決らなかったときには、掛けない方の足を軸にしてぐるぐる回って繰返す。この場合「けんけん」という━とあるも、私見では正式呼称は「掛投」であり、江戸期の相撲関聯古書に「けん〱」なる記載は一切あるまい。「大正期の新聞…」脱稿

  • 81年前、十両で14勝の新記録

    ※昨日までのトータル訪問者数982,438昭和十六年夏場所、東十両七枚目輝曻勝彦〔後関脇〕星取表。〇布引(十両7)〇武ノ里(〃6)〇大ノ森(〃11)〇大熊(〃6)〇富ノ山(〃4)●矢筈山(〃8)〇廣瀬川(〃14)〇神風(〃2)〇照ノ海(〃15)〇一渡(〃4)〇若瀬川(〃2)〇平戸灘(〃9)〇常陸海(〃11)〇小戸ヶ岩(前廿二)〇朝明山(十両13)十両での14勝は、前例なき新記録だった。81年前、十両で14勝の新記録

  • 角界訣別後、帰郷していた…?

    最近落手の古雑誌━『野球界臨時増刊夏場所相撲號』(昭和二年五月)このなかに「初代橫綱丸山權太左衞門」なる記事が掲載されている。〔前略〕好角家に話をして居つた先年栃木山常の花の一行が來た時に有志を連れて常陸嶽と崎陽の花が墓參をして呉れたが橫綱大關は知るか知らずか見向もしなかつた處が大正十三年の秋西の海太刀光一行が來たとき、勸進元の宮崎久次郞君や同苗俊一君や元の若鳴門君等の義侠心によりて之の墓を力士團に紹介し、長崎着と同時に日は變るが丸山の死んだ十月の十五日に停車場から自動車を飛ばして之の山道に墓參したのであつた〔後略〕注目箇所は「元の若鳴門…」である。大正十年春(不出場)限り忽然と姿を消した元十両八枚目の若鳴門長暢と同一人物に違いない。即ち、角界訣別後は郷里長崎へ帰っていた━或は、戦前昭和何年かに「召集令状...角界訣別後、帰郷していた…?

  • 「小手投」18番、「掛け投」ゼロ

    ※昨日までのトータル訪問者数982,193文化十(1813)年冬、東大関に登場したのが「看板大関」鳳(おおとり)谷五郎。そのフルネームを襲ったのが大正期の鳳谷五郎だが、実は“看板倒れ”に終った。彼は、「掛け投」が十八番(おはこ)と云われているが、この度星取表を調べて愕然とした─白星の極り手に掛け投は全然記録されていなかった。但し、資料不備で新入幕の明治四二年春のそれはわからない。逆に、正真正銘の18番の極り技は、「小手投」だった。103勝のうちの18番だから、17.5%が小手投での白星なのだ。殊に、横綱4場所めの大正六年春なんか、二日目の対関脇對馬洋、五日目の小結両國、八日目の九州山戦━3番が小手投と記録されている。「小手投」18番、「掛け投」ゼロ

  • 復活待望の「緋縅」と「鷲ヶ濱」

    つい最近、二所ノ関親方(元稀勢の里)ら出演のNHK衛星放送の番組で大相撲における「しこ名」〔「四股名」は宛字〕を話題に採りあげていた。話に挙がったひとつに「緋縅」(ひおどし)なる4字音が……。①大関・広島・緋縅力弥→勝五郎②大関・京都・緋縅力弥←錦(にしき)③前一・東京・緋縅力弥←荒玉④前十七・千葉・緋縅祐光⑤前十・秋田・緋縅力弥幕内力士として土俵へ上った最後は、昭和三十三年春場所三日目「●金ノ花」だ。もう64年ばかり中入後取組に登場してない。尚、番附では同年九州場所幕下四枚目が最後で、昭和三四年以降「緋縅」と名乗った力士は皆無なのか…。江戸番附では「縅」の“糸偏”を省略した事例もあった。江戸の両大関とも、大関では全然土俵へ姿を現さないで終った。「鷲ヶ濵」については後日詳述したい。復活待望の「緋縅」と「鷲ヶ濱」

  • 『相撲趣味』No.178 無代進呈

    ※昨日までのトータル訪問者数981,932相撲趣味の会(昭和二三年発足)が平成二八年七月に発行した機関誌『相撲趣味』第178号〔52ページ=6氏寄稿〕を御希望の方、先着1名様に無代進呈いたします。下記宛て郵送料として140円切手同封のうえ…お申込み下さい。折返し御送付いたします。尚、当資料は書込みや破損など一切なく新品同様の保存状態であります。〒852-8113長崎市上野町14-11田中健お問合せはjhisa104@ybb.ne.jpまで…お気軽に。☎095-845-6799『相撲趣味』No.178無代進呈

  • 角界から政界へ転身

    昭和二三年夏場所、東序二段二枚目荒馬〔後幕内豊山鬼吉〕の星取表。〇竹錦(序二段3)〇若櫻(〃1)や〇水嶋(三段目15)や〇立ヶ嶽(序二段11)や〇鶴ヶ岡(序二段7)やや〇能登ノ山(序二段2)秋田県出身の彼は在幕1場所の力士生活だったが、角界から180度転身して本姓名の矢野忠治で北海道釧路市会議員となっていた。角界から政界へ転身

  • 角聖 常陸山、初の“全勝”

    ※昨日までのトータル訪問者数981,715明治三六年夏場所、西大関常陸山谷右エ門の星取表。〇松ヶ関(前九)寄切り〇海山(同八)〃〇緑嶋(同六)〃〇甲(同四)捻り〔別資料は突放し〕〇鶴ヶ濵(同三)吊出し〇太刀山(同二)押切り〇荒岩(同一)持出し〔某氏曰く、財布の相撲〕〇國見山(関脇)突落し〇梅ケ谷(大関)突放しや全勝同士で敗れたⅡ梅ヶ谷とともに横綱を免許─「梅・常陸時代」の花が開いた。尚、常陸山の序ノ口~序二段における成績は一切不明、或いは“全勝”が記録されているかも知れない。角聖常陸山、初の“全勝”

  • 3度めの対戦はなかった…

    昭和三八年『大相撲』誌の新年号所載「部屋便り」─「宮城野部屋」の記事に…。〔前略〕四季の花と長谷川(佐渡ヶ嶽)の取組が十二日目に取り消しとなった。理由は、四季の花の姉が長谷川の母に当たるため。四季の花は「俺はもう十両に上がる星じゃないけれど、長谷川は十両が賭かっているからね。過去に2回対戦して2回とも俺が勝っているが、甥が十両になるというんじゃ、闘志もわかない。親方が協会に申し入れてくれたのだろう」とホッとした表情〔以下略〕四季の花は、十両の“一桁”まで上っておらず通算5場所。「幕下の主」みたいな存在で、昭和四八年、三段目へ陥落し廃業。週刊P誌のスキャンダル記事では主役だった。3度めの対戦はなかった…

  • 60年前、従兄弟戦、急遽中止

    ※昨日までのトータル訪問者数981,549昭和三七年九州場所、東幕下二枚目長谷川〔後関脇〕の星取表である。や〇洋の海(幕下2)〇幡龍洋(〃5)=後十両や〇淺瀬川(十両18)=後幕内やや●北の冨士(幕下15)=後横綱北の富士●新岐山(十両18)=元幕内荒岐山やややや〇千里岩(幕下9)〇清國(〃3)=後大関次に、同場所西幕下六枚目四季の花(後十両)の星取表です。や〇中島(幕下6)=後十両金剛〔後関脇とは別人〕〇若乃洲(〃4)=後幕内やや●石見冨士(幕下1)〇三輝山(仝)=後十両やや●髙鐵山(幕下4)=後関脇ややや〇北海(幕下11)〇津軽國(〃10)=後十両6番相撲に3勝2敗同士の長谷川─四季の花が予定されていたが、「従兄弟同士」なので長谷川の関取が想定で急遽中止された。60年前、従兄弟戦、急遽中止

  • 小兵 阿久津川の大活躍

    ※昨日までのトータル訪問者数981,364大正十一年夏場所、東前頭六枚目阿久津川〔後佐渡ヶ嶽理事〕の星。〇栃木山(横綱)押切り〇常ノ花(大関)掬い投〇大門岩(小結)〇大ノ里(関脇)突出し〇福柳(前二)●大錦(横綱)叩込み●柏山(前十五)〇鶴ヶ濵(同一)●阿蘇ヶ嶽(同十)〇東雲(同五)現代ならば「殊勲賞」相当の活躍ぶりだった。昭和二十九年…、相撲協会に造反し、同三二年の協会「法人問題」では参考人〔協会が“被告”だとすれば、“検察”側証人と云う立場〕として「茶屋制度」など追及した。小兵阿久津川の大活躍

  • 元レスラー天山、序二段V

    昭和三二年春場所、東序二段三十枚目甲泻〔後十両天山〕の星取表です。〇立ノ花(序二段30)=後幕内北ノ國〇益田川(〃29)やや〇吹雪嶋(序二段28)や〇十勝嶺(序二段31)〇飛鶴山(〃59)やや〇大蛇浪(序二段15)〇清勇(〃9)や〇光角(序二段5)や中盤戦以降“全勝同士”は一番もなく、6番相撲の大蛇浪なんか前日まで3勝2敗の成績だった。十両五枚目まで昇った天山の前身はプロレスラーであった。元レスラー天山、序二段V

  • 103年前、大錦卯一郎の「布袋腹」

    ※昨日までのトータル訪問者数981,181拙稿「大正期の新聞記事…」に採りあげる『東京日日新聞』の大正八年五月二十一日づけ相撲記事「夏塲所大相撲」の◆大錦(寄り出し)千葉﨑━手捌き=取口説明は……。千葉は錦が突掛ける左手を引張り込み小手投を打ちしも錦は少しも動ぜずほてい腹を突き付けて寄出して錦の勝昭和戦後の横綱鏡里は、平成十六年二月末に満80歳9箇月で長逝。時津風部屋だが双葉山直系弟子に非ず、戦前の元大関鏡岩(善四郎)から譲られたもの。彼の「太鼓腹」はよく知られているだろうが、「布袋腹」なる表現の記事にお眼にかかったことはない。逆に、103年前の名横綱大錦卯一郎を「太鼓腹」と表現したものは皆無であろうか…?103年前、大錦卯一郎の「布袋腹」

  • 秋の序ノ口、珍・怪 星取表

    かつて相撲史跡研究会代表世話役の竹ヶ戸梅右衛門関はY新聞社刊『大相撲』誌について「もう…どこも読むところがなくなった」云々━当時アンチ彦山派のN氏が編集し、誌面から彦山色一掃を…ばかりじゃぁなく、「江戸相撲はプロレス並み」だと誹謗・中傷━プロレスファンからも抗議殺到したんじゃないの…❔最近の『相撲』誌面だって、相撲史研究者の“端くれ”の立場から…忌憚なく云えば、好読物が殆んどございません。いちゃもんは以上。以下、最新号の「秋場所全力士星取表」から、西方序ノ口最下位、肥後光の星が面白い。初日●濱﨑(序ノ口19)二日目や三日目や四日目や五日目や六日目●若箭原(序ノ口14)0勝2敗七日目●潮来桜(〃18)0勝3敗八日目●宇瑠寅(〃13)1勝2敗九日目●隆太陸(〃7)0勝4敗十日目~不出場後尾は相手の前日までの成...秋の序ノ口、珍・怪星取表

  • 6年前の『相撲趣味』を無代進呈

    ※昨日までのトータル訪問者数981,047相撲趣味の会(昭和二三年発足)が平成二八年七月に発行した機関誌『相撲趣味』第178号〔52ページ=6氏寄稿〕を御希望の方、先着1名様に無代進呈いたします。郵送料として140円切手同封のうえ下記へお申込みいただければ折返し御送付いたします。当資料は書込みや破損など一切なく、新品同様の保存状態であります。尚、内容に就きましては落手後の「お楽しみ」とさせていただきます。〒852-8113長崎市上野町14-11田中健お問合せはjhisa104@ybb.ne.jpまで…お気軽に。☎095-845-67996年前の『相撲趣味』を無代進呈

  • 「文化の日」の所為で……

    現在、大相撲界における「番附発表」は初場所以外の春・夏・名古屋・秋・九州の5場所が初日の13日前の月曜━と、なっている〔だから初日は「忘れた頃」に…なんて批判的意見だってあるはず。〕それで場所前発行の『相撲』誌〔奇数月号〕が新番附に関する情報も掲載するため、番附発表の3日後の木曜発売━当地は更に2日後の土曜発売が通常のパターンなのだ。ところが、国民の祝日「文化の日」が木曜で東京都内の発売が1日遅れて金曜となり、西の果て長崎は更に遅れ月曜になっちまう。往時、番附編成会議直後に「新入幕」等々の“情報”をすっぱ抜いてやろう━所謂“特種”合戦で会議出席者からの「極秘」情報を漏洩する“事件”がちょいちょいあったのさ。でも、機関誌の記者に「漏らす」不行き届き的親方はいない━当然の話ではある。かつて『大相撲』誌のM記者...「文化の日」の所為で……

  • やっと『相撲』最新号を…

    ※昨日までのトータル訪問者数980,816日本相撲協会機関誌と銘打つ『相撲』を購入するのに当市繁華アーケード街に在る老舗書店へ…往復で一時間━以前なら直近の本屋まで片道を徒歩五分ほどで済んだ。バスや電車(路面・市電)利用ならば、二時間ちかく要するかも知れず、しかもマスク着用したって感染リスクが怖くて乗れない。最近の情報で、バス運転手や電車運転士にウィルス陽性反応=感染者が相当発生してるらしい━かねてから、「感染経路」不明の何%かは公共交通機関利用者関係だろうと睨んでいた。それで吾輩もう3年ほど利用してない。感染経路不明者の割合とか・ワクチン未接種者の陽性率とか━全然「秘密主義」で公表せず「注意喚起」なんかできっこあるまい。「個人名」は別として、集団感染が発生したら施設名は実名を発表すべきではないか。やっと『相撲』最新号を…

  • 105年前、名横綱雲龍が消えた…?!

    最近落手の古雑誌━大正六年五月発行の『角力世界』である。この巻末をみて鳥渡ばかり吃驚した。天下無雙日下開山本朝橫綱司家調初代橫綱明石志賀之助年號不明二代橫綱源氏山綱五郞年號不明三代橫綱丸山權太左衛門寛延二年四代橫綱谷風梶之助寛政元年五代橫綱小野川喜三郎同年六代橫綱阿武松緑之助文政十一年七代橫綱稻妻雷五郞同十三年八代橫綱不知火諾右衛門天保十一年九代橫綱秀の山雷五郞弘化四年十代橫綱不知火光右衛門文久三年十一代橫綱陣幕久五郞慶應三年十二代橫綱鬼面山谷五郞明治二年十三代橫綱境川浪右衛門同十二年十四代橫綱梅ケ谷藤太郞同十二年十五代橫綱西の海嘉治郞同廿五年十六代橫綱小錦八十吉同廿九年十七代橫綱大砲萬右衞門同卅四年十八代橫綱若島權四郞同卅六年十九代橫綱常陸山谷右衛門同卅七年二十代橫綱梅ケ谷藤太郞同年廿一代橫綱太刀山峰右...105年前、名横綱雲龍が消えた…?!

  • 太刀山、十両で10戦全勝 !

    ※昨日までのトータル訪問者数980,659明治三五年夏場所、東十両三枚目後横綱、太刀山の星取表です。〇松ヶ関(前頭四)押切り〇有明(同十四)突放し〇頂キ(同十二)〔資料不足で…〕〇松ノ風(同十三)〔極り手は不明〕〇緑嶋(同十二)〔仝〕〇甲(十両1)吊出し〇大江山(前十一)極り手?〇駒ヶ嶽(十両2)渡込み〇大泉(幕尻格)凭れ込み〇立岩(幕下1)叩込み見事、10戦全勝を成し遂げ、翌春は平幕の“ひと桁”へ躍進・入幕を果したのである。太刀山、十両で10戦全勝!

  • 「取締」は21名跡

    過日、江戸~明治前期における筆頭(ふでがしら)・筆脇(ふでわき)に関係した「年寄名跡」を列記した。今夜は、明治十六年五月から昭和四三年一月までの凡そ85年におよぶ旧制「取締」になった名跡を調査した。登場・時代順に並べてみたい。髙砂境川伊勢ノ海大嶽宮城野根岸雷阿武松友綱二十山出羽ノ海→出羽海入間川井筒春日野藤嶋錦嶋立浪伊勢ヶ濵時津風武蔵川二所ノ関註①当初、「取締編輯人」と番附に記載。番附や取組編成の責任者を示唆していると思われる。②芥川龍之介が「峯岸」と間違えたらしい根岸は唯一の「世襲年寄」で、元力士でも・元行司でもない。しかも、明治十九年夏のたった1場所の取締だった。当時、協会の「規約」を検討・協議中だったことが関係していると愚考したい。③春日野→入間川は、唯一元行司の木村宗四郎で、会長は番附に載らず「會...「取締」は21名跡

  • 『相撲史発掘』第96~100号

    ※昨日までのトータル訪問者数980,501拙作&私家版『相撲史発掘』バックナンバーが下記のとおり在ります。第96号(令和三年二月刊)〇改名の嫌いな力士たち●天保十年冬場所〇大正期の新聞記事から●大分県出身入幕力士一覧〇大関追手風喜太郎詳細星取表第97号(令和三年六月)●改名の嫌いな力士たち〇天保十一年春場所●大正期の新聞記事から〇横綱稲妻の相手地位つき星取表●愛媛県出身入幕力士一覧第98号(令和三年十月)〇全勝力士が消えた星●天保十一年冬場所〇大正期の新聞記事から●昭和二十年代の軽量力士〇高知県出身入幕力士一覧第99号(令和四年二月)●全勝力士が消えた星〇天保十二年春場所●大正期の新聞記事から〇昭和二十年代の重量力士●島根県出身入幕力士一覧創刊100号記念号(本年六月)〇日本國技の洋風化について●天保十二...『相撲史発掘』第96~100号

  • 太刀山なんとか負越し回避

    明治三六年夏場所、東前頭二枚目太刀山峰右エ門の星取表です。〇野州山(前十四)●逆鉾(同六)下手投〇駒ヶ嶽(同十一)踏切り●稲川(同一)上手投〇朝汐(関脇)極り手不明●常陸山(大関)押切り?●両國(前四)襷反り✖大江山(同九)水入り後…〇大蛇泻(同三)渡込み?や太刀山の一番不成績な本場所─入幕2場所めの最低成績でした。太刀山なんとか負越し回避

  • 大晦日まで訪問者…百万は無理❔

    ※昨日までのトータル訪問者数980,291どうやら…当方のブログ目標たる本年大晦日までの「訪問者数」が延べ1,000,000に達するのは極めて難しくなりました。吾輩の“力不足”でもあります。その理由は、1日平均の訪問者…が339.8以上を記録せねばミリオンに到達いたしません。例えば、去る十月十六日なんか一日「137」名の方しか御訪問されておらず、最近では300超が滅多に記録されません。大晦日まで今日を含んで58日━仮に、毎日200の訪問…で11,600+980,291=991,891─と、云った勘定ですから、年内99万を突破するのは99.9%まちがいないのですけれど……。大晦日まで訪問者…百万は無理❔

  • 悲運力士 桑ノ弓

    拙稿「“時代”を超えた力士たち」─幕末→明治篇㊦は既に脱稿し、四分の三は原稿清書も完了。そのなかで一番短文にまとめた「悲運力士桑ノ弓」を転載しておきたい。田子ノ浦と共に慶應二年春、幕尻へ入幕した桑ノ弓は熊本藩細川家お抱えのため「戊辰戦争」に参加、函館に向う途中、千葉県勝浦沖で坐礁に因る海難事故に遭遇し、明治二年正月…現役で急逝、享年はわからない。幕内出場3場所、黒星・引分けが同数の各10は珍記録。「日本の歴史」で重要事項のひとつ「戊辰戦争」とは、手許の電子辞書に…。慶應四年、戊辰の年に始まり、維新政府軍と旧幕府側との間に1年4箇月余にわたった内戦。政府軍勝利に因って、日本近代国家がスタートするに至ったわけだ。ともあれ、桑ノ弓の行動は、往時の「力士気質」の一斑を垣間見ることができるであろう…。悲運力士桑ノ弓

  • 『相撲趣味』No.178 無代進呈

    ※昨日までのトータル訪問者数979,997相撲趣味の会(昭和二三年発足)が平成二八年七月に発行した機関誌『相撲趣味』第178号〔52頁=6氏寄稿〕を御希望の方、先着1名様に無代進呈いたします。送料140円切手を同封のうえ下記宛へお申込み戴ければ、折返し御送付いたします。尚、当資料は書込みや破損など一切なく、新品同様の保存状態であります。内容に就きましては、落手後の「お楽しみ」とさせていただきます。〒852-8113長崎市上野町14-11田中健お問合せはjhisa104@ybb.ne.jpまで…お気軽に…。☎095-845-6799『相撲趣味』No.178無代進呈

  • 昭和の荒岩亀之助が大活躍

    昭和三二年秋場所、西前頭七枚目荒岩亀之助〔後小結若ノ海〕の星。●若前田(前八)突出し〇大起(〃)内掛け〇双ッ龍(同六)切返し●信夫山(同七)吊出し〇栃光(同六)上手投〇羽嶋山(同九)切返し〇宮錦(同十二)小手投〇星甲(同九)押倒し〇鳴門海(同十四)掛け投〇大晃(同十五)…出投〇國登(〃)寄切り●北ノ洋(小結)〃〇時津山(関脇)上手投●鏡里(横綱)寄切り〇大瀬川(前十二)下手捻「敢闘賞」候補に挙がらなかった…?昭和の荒岩亀之助が大活躍

  • 横綱 栃木山の不成績とは…

    ※昨日までのトータル訪問者数979,764大正四年夏場所、東前頭二枚目栃木山守也〔入幕2場所め〕〇鶴渡(前十一)よりたおし●綾浪(同二)うっちゃり〇鳳(西張横)きりかえし〇浦ノ濵(関脇)よりたおし●朝潮(大関)したてなげ●太刀山(横綱)はたきこみ●黒瀬川(前五)とったり〇伊勢ノ濵(大関)おしだし〇綾川(小結)はたきこみ✖千年川(前七)古今最軽量横綱力士栃木山は、初土俵から引退まで「負越し皆無」だった。そのなかでもっとも不成績の記録が上記星取表なのだ。横綱栃木山の不成績とは…

  • 彦山翁も『野球界…』へ寄稿

    この度、大正~昭和戦前の相撲資料を数点落手した━主に、『野球界臨時增刊…場所相撲號』であり、大正期のそれで“未収”は、大正十一年夏場所號と同十三年春場所號のふたつだが、後者は「関東大震災」の影響・混乱の所為で入手困難を覚悟せねばなるまい。扨て、『野球界臨増相撲號』では、昭和八年春場所號に彦山光三稿の…「盲人相撲讃稱」が面白く読める。タイトルと執筆者名とのあいだに━全國盲學生競技大會相撲部の眞劍味と緊張味、賤劣な僞盲人相撲、昔の盲人相撲のグロ味とエロ味、盲人心理と相撲、凄烈な鬪志と精神統一、氣がち氣まけの妙味。この論考が昭和十六年刊『相撲美開眼』の最後の方に転載・収録されている。因みに、『三田文學』初出の「釋迦嶽雲右衞門考」は“再録”のとき「検閲」で伏字箇所があるが、「盲人相撲」は隠蔽箇所はないみたい…。彦山翁も『野球界…』へ寄稿

  • 炎鵬よ、もっと「危機感」をもて…!

    ※昨日までのトータル訪問者数979,533九州…の新「番附」発表━“弱体”が眼にあまる上位・三役陣なんかに興趣は殆んどございません。矢張り…関取最軽量の人気力士、元幕内炎鵬の動向が一番気がかりなところだ。1弗=三百六十円の「固定相場」制以前から採用されてるのが角界の「番附編成」会議における「変動相場制」なのであります。従前から…平幕乃至十両では、勝越し1点につき1枚昇進、負越し3点ならば3枚降下が一応の基準値とされている〔勿論、成文化に非ず〕。ところが秋…で十両七枚目で6勝・9敗だった炎鵬が4枚下降して同十一枚目へ━これは、“昔流”に表現すれば、5勝9敗・1引分と査定・評価された━と、愚考する。さあ、炎鵬の調子が2箇月前頃と五十歩・百歩ならば…“二桁黒星”で「幕下陥落」を想定外にはできなくなりそう─28歳...炎鵬よ、もっと「危機感」をもて…!

  • 関脇 鷲ヶ濵6━0鶴ヶ滝

    郷土力士、大関級関脇の鷲ヶ濵(←箕嶋・→常盤山)のパーフェクト記録を御紹介。①文久二(1862)春場所初日西関脇〇鷲ヶ濵━大勇(幕下)②同三年冬場所二日目西小結〇鷲ヶ濵━大勇(幕下)③元治元(1864)年春場所初日西関脇〇鷲ヶ濱━大勇(幕下)④同二年春場所四日目西関脇〇鷲ヶ濵━大勇●東前頭七(幕尻)⑤慶應二(1866)年春場所四日目西関脇〇鷲ヶ濵━鶴ヶ滝●東前頭六⑥同三年春場所四日目西関脇〇鷲ヶ濵━鶴ヶ滝●東前頭三尚、大勇は入幕2場所めの慶應元年冬鶴ヶ滝と改名している。関脇鷲ヶ濵6━0鶴ヶ滝

  • 『相撲史発掘』No.101 頒布中

    ※昨日の閲覧…598・訪問者…322トータル訪問者数979,303拙作&私家版『相撲史発掘』第101号を御希望の方に洩れなく進呈しております。(題簽は元大相撲立行司40代・式守伊之助氏)〇“時代”を超えた力士たち(新連載)●幕末→明治篇㊤◎登場力士=白眞弓・鷲ヶ濵・不知火・鬼面山・宮城野・千年川・平石・東関。〇江戸大相撲熱戦譜第81回●天保十三年春場所◎幕内略歴・関係勝負&星取表〇大正期の新聞記事から第13回●大正九年一月…『東京日日新聞』〇昭和二十年代の短身力士●藤田山から梅錦まで〇香川県出身入幕力士一覧●嚴嶋から天風まで〇荒熊改め小結関の戸相手地位つき星取表〇絵と写真では…こうも違うのか─〇古今平幕最優秀力士星取表頒布を御希望の方は、定形郵便なら94円…、定形外郵便の場合120円切手同封のうえ下記へ〒...『相撲史発掘』No.101頒布中

  • 年寄名跡のランクづけ

    現日本相撲協会の「年寄名跡目録」に在る105の年寄名━このうち江戸寶暦~明治十六年に「筆頭」(ふでがしら)〔=現理事長〕に登場した名跡を列記してみたい。音羽山雷(いかづち)錣山鳴戸玉垣白玉伊勢ノ海粂川浦風追手風丁度10名跡なので、9.5%という勘定。次に、「筆脇」(ふでわき)〔副理事長格〕になったものは━。錣山鳴戸玉垣白玉音羽山春日山待乳山山響伊勢ノ海友綱粂川浦風雷境川追手風清見泻入間川大嶽流石に№2の場合は多くなり、18名跡だ。このうち、№1の筆頭にも出たものは…。錣山・鳴戸・玉垣・白玉・音羽山・伊勢ノ海・粂川・浦風・雷・追手風━と、いったところか。年寄名跡のランクづけ

  • 初土俵で負越したが…

    ※昨日の閲覧…688・訪問者…361トータル訪問者数978,981昭和二二年夏場所、西序ノ口筆頭若ノ花義美〔「勝治」の誤記〕の星。〇五木田(序二段23)や●前田(序ノ口6)〇三上(〃4)や●小山内(序ノ口2)=後幕内出羽ノ花好秀ややや●加藤(序ノ口5)=後十両羽昨山初土俵で負越してしまったけれども、「3年先の猛稽古」が実って昭和二五年、「戦後派」力士入幕第一号となるのである。初土俵で負越したが…

  • 後横綱栃錦、入門以来初の負越し

    昭和十五年夏場所、西序二段二六枚目大塚〔後横綱栃錦=当時17歳〕の星。●十勝岩(序二段27)=後幕内⇒湊川検査役〔暫定二所…〕や〇荒雄川(序二段30)や●玉手山(序二段24)や●勝鹿山(序二段31)や●小橋(序二段37)や●小阪(序二段35)や〇武錦(序二段23)〇粂ノ盛(〃38)やたしか「負けて覚える相撲かな」なんてフレーズもあったっけ…?後横綱栃錦、入門以来初の負越し

  • 6年前の『相撲趣味』無代進呈 !

    ※昨日までのトータル訪問者数978,620相撲趣味の会(昭和二三年発足)が平成二八年七月に発行した機関誌『相撲趣味』第178号〔52ページ=6氏寄稿〕を御希望の方、先着1名様に無代進呈いたします。郵送料として140円切手同封のうえ下記宛てお申込み下されば、折返し御送付いたします。尚、当資料は書込みや破損など一切なく、新品同様の保存状態であります。〒852-8113長崎市上野町14-11田中健お問合せはjhisa104@ybb.ne.jpまで…お気軽に…。☎095-845-67996年前の『相撲趣味』無代進呈!

  • 双葉山、入幕後 初の負越し

    昭和八年夏場所、東前頭二枚目双葉山定治の星取表です。〇錦華山(前六)打棄り●玉錦(横綱)突出し●清水川(大関)上手投●男女ノ川(小結)突倒し●沖ッ海(関脇)寄倒し●武藏山(大関)下手投〇瓊ノ浦(前一)上手投●幡瀬川(同四)打棄り●綾櫻(同五)〃〇能代泻(同一)〃〇吉野岩(同五)〃当時、双葉山は「打棄り双葉」の異名があったはず。…なのに彼自身が土俵際で逆転負け2敗。尚、「蓄膿症」を患っていたため“軽量”級だった─「体力負け」が多かったかも…。双葉山、入幕後初の負越し

  • 「大評判」はどっち…❔

    ※昨日までのトータル訪問者数978,441“角聖”と尊称される横綱常陸山。平幕止りの22力士と57戦して黒星も分け・預りも皆無の57勝は矢張りもの凄い大記録だ。その常陸山に2勝した大関以下の力士は関脇Ⅱ海山と大関荒岩だけ。①明治三三年夏場所九日目東関脇●常陸山(押倒し)荒岩〇西関脇②同三七年春場所六日目西大関兼横綱●常陸山(突出し)荒岩〇東前頭筆頭①は初顔合せだった。鬼才芥川龍之介は当時8歳で、“相撲の街”両国に住んでいた。「大評判になったのを覚えて」いたのか━と、すれば記憶力が相当なものだ。②は新横綱常陸山の初黒星で初「金星」だから“番狂わせ”的インパクトである。芥川龍之介は、当時11歳だ。我国最高の相撲文献『日本相撲史』(明治・大正篇)の「好取組」の記述・解説はどちらも9行に圧縮されて…どっちの方がよ...「大評判」はどっち…❔

  • 芥川龍之介の相撲観

    今夜、亡父の書斎から『講談社版日本現代文學全集56芥川龍之介集』を……「相撲」(「追憶」より)を転載したい。そのまえに彼を形容する言葉で「奇才」・「鬼才」何れがぴったりであろうか。奇才=世にも稀な優れた才能。鬼才=世にも稀な、鋭い才能。後者に「文壇の鬼才」なる例題が…。話が横道へ逸れた。では「相撲」の全文。相撲も亦土地がらだけに大勢近所に住まつてゐた。現に僕の家の裏の向うは年寄の峯岸の家だつたものである。僕の小學校にゐた時代は丁度常陸山や梅ケ谷の全盛を極めた時代だつた。僕は荒岩龜之助が常陸山を破つた爲め、大評判になつたのを覺えてゐる。一體ひとり荒岩に限らず、國見山でも逆鉾でもどこか錦繪の相撲に近い、男ぶりの人に優れた相撲は悉く僕の贔屓だつた。併し相撲と云ふものは何か僕には漠然とした反感に近いものを與へ易か...芥川龍之介の相撲観

  • 『相撲史発掘』101号 頒布中

    ※昨日までのトータル訪問者数978,255拙作&私家版『相撲史発掘』第101号を御希望の方に洩れなく進呈しております。1~4頁〇“時代”を超えた力士たち(新連載)●幕末→明治篇㊤◎幕末に入幕し、明治で引退した力士5~7頁〇江戸大相撲熱戦譜(第81回)●天保十三年春場所◎幕内略歴・関係勝負&星取表8~9頁〇大正期の新聞記事から(13)●大正九年一月『東京日日新聞』10ページ〇昭和二十年代の短身力士●藤田山から梅錦まで折込み表面〇香川県出身入幕力士一覧●嚴嶋から天風まで折込み裏面〇絵と写真では…こうも違うのか11ページ〇古今平幕最優秀力士星取表(31)●昭和初期の7場所…頒布を御希望の方は、定形郵便なら94円…、定形外郵便の場合120円切手同封のうえ下記─〒852-8113長崎市上野町14-11田中健お問合せ...『相撲史発掘』101号頒布中

  • 後横綱玉…、序二段で8戦全勝

    昭和三四年名古屋場所、西序二段百五玉乃嶋〔後横綱玉の海〕星取表。〇小野ヶ濱(序二段106)〇若桂(〃105)やや〇君津山(序二段102)〇小山内(〃111)やや〇三上(序二段119)〇八海洋(〃76)やや〇相生(序二段93)〇友景(序ノ口23)=後十両栃忠や8番相撲は“全勝同士”だったが、聊か地位が離れてすぎていると感ずる。尚、地位の枚数に1程度の“誤差”があるかも…。誤りがありましたら御指摘下さい。後横綱玉…、序二段で8戦全勝

  • 文系・理系の“垣根”を取っ払う…?

    ※昨日までのトータル訪問者数978,078今日のS紙におけるT女史の「理系の楽しさと価値を…」を読んで聯想した。文・理の両道を究めた物理学者兼随筆家寺田寅彦(明治十一年~昭和十年)である。たしか関東大震災のあと「天災は忘れた頃にやってくる」と、警鐘を鳴らしたのではなかったか。その彼は相撲に関する随筆を2篇も残しており、相撲史研究者として有難い存在だ。32年前、拙作『相撲史発掘』の旧稿「著名作家の相撲観」⑧で採りあげたのである。明治四十一年『東京朝日…』紙への稿が「相撲と力學」でこれは短篇。長篇の方は、57歳で急逝する何箇月か前の『時事新報』へ連載したもの⇒『螢光板』。ここでは前者の劈頭を転載しておきたい。力學と云ふのは物體に作用する力の釣り合ひや力の作用によつて起る物體の運動を數學的に論ずる六かしい學問で...文系・理系の“垣根”を取っ払う…?

  • 「幕末→明治」下篇を脱稿

    やっとこさ拙作『相撲史発掘』第102号の冒頭に掲げる拙稿「“時代”を超えた力士たち」(第2回)幕末→明治篇㊦が一応脱稿した。小見出しは次のとおり。勝越し2場所の鶴ヶ滝「褄取り」が十八番の関脇両國明治5場所負越しの田子ノ浦悲運力士桑ノ弓連続16場所の役力士大纒在幕71引分けの横綱境川負越し2場所の名大関朝日嶽國見山は晩成型だが…竜頭蛇尾の関脇小柳新大関で負越した象ヶ鼻筆頭・二枚目に計10場所の磐石小柳・象ヶ鼻・磐石は、何れも千葉県出身だった。鶴ヶ滝岩之助から磐石力勝までの11力士。鶴ヶ滝と両國を除く9名は何れも慶應年間の入幕だった。兎に角、11人を凡そ3ページ半にまとめることが出来た次第。「幕末→明治」下篇を脱稿

  • 『相撲趣味』第178号 無代進呈

    ※昨日までのトータル訪問者数977,785相撲趣味の会(昭和二三年発足)が平成二八年七月に発行した機関誌『相撲趣味』第178号〔52ページ=6氏寄稿〕を御希望の方、先着1名様に無代進呈いたします。郵送料として140円切手同封いただければ折返し御送附申しあげます。尚、当資料は書込みや破損など一切なく新品同様の保存状態であります。内容に就きましては、「落手後のお楽しみ」と云う恰好に御諒承ください。〒852-8113長崎市上野町14-11田中健お問合せはjhisa104@ybb.ne.jpまで…お気軽に…。☎095-845-6799『相撲趣味』第178号無代進呈

  • 関脇 鷲ヶ濵6━0湊 川

    幕末~明治初期の郷土力士がパーフェクト記録を残していた。①文久三(1863)年冬場所三日目西小結〇鷲ヶ濵━湊川●東前頭七(幕尻)=新入幕②元治元(1864)年春場所九日目西関脇〇鷲ヶ濵━湊川●東前頭七=幕尻ではない③同元年冬場所六日目西小結〇鷲ヶ濵━湊川●東前頭五④同二年春場所三日目西関脇〇鷲ヶ濵━湊川●東前頭六⑤慶應元(1865)年冬場所三日目西小結〇鷲ヶ濵━湊川●東前頭六⑥慶應二年春場所三日目西関脇〇鷲ヶ濵━湊川●東前頭七(幕尻2枚め)N氏の労作『明治大正の全三役力士列伝』に拠れば、7回対戦となっているけど、星取表では6回で終っている。尚、当時の西方関脇・小結は1場所毎に某力士と成績に関係なく“交替”している。何らかの“情実”があったと思われる。関脇鷲ヶ濵6━0湊川

  • 本場所中に突然逝った…

    ※昨日までのトータル訪問者数977,565珍しい星取り〔…と、云ったら語弊があるかも知れない。〕を御紹介。昭和三年名古屋〔三月〕場所、西前頭六枚目、桂川力藏●能代泻(大関)…捻り■宮城山(横綱)ややややややややや同三年夏場所、西前頭五枚目●能代泻(大関)寄出し■錦洋(前一)やややや七日目(五月十六日)急逝。七~楽日の星取表に「や」を記入してはいけないと思う。尚、彼は昭和三年春場所幕内下位ながら8勝3敗の好成績をあげており、場所後に体調が急変し、「入院生活」になったみたい。本場所中に突然逝った…

  • 番附の東西と、土俵の東西

    あらためて東方と西方━「番附」における東・西と、「土俵」〔正確には「土俵場」〕における東・西について私見・愚考を述べてみる。265年前の寶暦七年…、江戸独特の「縦番附」が発行され、中央最上部に太字〔拡大文字〕で「蒙御免」(ごめん〔を〕こうむる)と書かれ、その右側に東方、左側に西方を記載する━この体裁が現代まで連綿と受け継がれており、逆に右の方に西、左の方に東━東・西が“逆”になったことは過去に全然ない。これは100%断定できるのだ。そして寛政期の大相撲爛熟期にスーパースター力士たる谷風・雷電は西方、対する小野川が東方だったけれど、江戸相撲の話。京・阪では、逆に東方に谷風や雷電、西方が小野川となった。但し、番附は「横2枚─東・西各1枚」の様式だった。次に、土俵の東・西は如何。現在、TV桟敷で正面からみて左側...番附の東西と、土俵の東西

  • 『相撲史発掘』第101号 頒布中

    ※昨日までのトータル訪問者数977,350拙作&私家版『相撲史発掘』第101号を御希望の方に洩れなく進呈いたします。(題簽は元大相撲立行司40代・式守伊之助氏)〇“時代”を超えた力士たち(新連載)●幕末→明治篇㊤7元号を渡った白眞弓幕末の大関脇、鷲ヶ濵三流横綱不知火光…明治最初の横綱鬼面山幸運の小結宮城野正体不明の関脇千年川関脇2場所、出場零の平石“明治の雷電”を破った東関〇江戸大相撲熱戦譜●天保十三年春場所4年ぶり新入幕なし“関脇陥落”の不知火6勝1敗…〇大正期の新聞記事から●大正九年一月『東京日日新聞』〇昭和二十年代の短身力士●藤田山から梅錦まで〇香川県出身入幕力士一覧●嚴嶋から天風まで〇荒熊改め小結関の戸詳細星取表〇古今平幕最優秀力士星取表頒布を御希望の方は、定形郵便なら94円…、定形外郵便の場合1...『相撲史発掘』第101号頒布中

  • 竹相撲の東・西は牽強附会だ

    昨夜の「竹相撲」の話━竹森章氏より進呈いただいた労作『京都・滋賀の相撲』(平成八年刊)サブタイトル「まつりと力士の墓」━に採りあげられていた。安土町に東家と西家がある。信長から姓を賜ったという。〔中略〕天正八年九月、常楽寺の住人馬治郎と申す者と青い大竹を引き合う。両者相劣らぬ勇力と褒美をいただき、近家は東に、馬治郎は西へ別れ、そのとき両家へ東西の氏を下された。その時の大竹は花いけの筒となり、家宝として伝えられている。〔中略〕『信長公記』に爆竹のことは見られるが、大竹で力比べをしたことの記述は見られない。〔中略〕東という氏の者が西へ別れたので、信長は酔狂で西姓に改めさせ、片方に東の姓を名乗らせたのではなかろうか。〔中略〕昭和五十六年五月三十日から催された織田信長四百年祭には竹相撲が披露され、最終日の六月七日...竹相撲の東・西は牽強附会だ

  • 序二段7━1、V成らず

    ※昨日までのトータル訪問者数977,117〔「7」が5箇並ぶことはない?〕昭和二八年夏場所、東序二段二六枚目熊本〔後幕内若杉山〕の星取表。〇浪花山(序二段29)〇泰山(〃27)=後小結廣川や〇太刀勇(序二段22)やや〇石見山(序二段14)や〇成田(序二段35)〇弘ノ海(〃39)やや〇阿州山(序二段6)や●光輝(序二段5)幕下以下8日制の場合、2日連続出場したり・2日連続欠場したり…どんな基準で出・欠を決めていたのか曖昧模糊だ。光輝も前日まで“全勝”じゃぁなかった。上記は、下位で優勝できず「上位優勝」となっている。序二段7━1、V成らず

  • 東さん・西さんは可笑しい

    今夜のNHK-TVで「相撲の東・西」に関して、「竹相撲」なる話題を採りあげていたが、例えば日本相撲協会監修『相撲大事典』(平成十四年刊)なんかに「竹相撲」なる項目は全然載っていない。同書の【東西】の項より抜萃。〔前略〕正保二(1645)年、京都・糺森で行われた相撲で、近江國(滋賀県)と山城國(京都府)の間にある逢坂山(海抜325m)を境に、西から上京する力士と、東から上京する力士とに分けたことに始まる〔後略〕吾輩の認識では、常連の力士たちを「元方」(もとかた)、地方から寄せ集めた臨時加入的な力士たちを「寄方」(よりかた)と称したのが濫觴で、「番附」では寶暦十二(1762)年春場所東方幕内はすべて「九州」力士、西方のそれはみんな「江戸」力士で統一されている。尚、織田信長は勝力士に「重藤の弓」を与えたのが「弓...東さん・西さんは可笑しい

  • 6年前の『相撲趣味』無代進呈

    ※昨日までのトータル訪問者数976,899相撲趣味の会(昭和二三年発足)が平成二八年七月に発行した機関誌『相撲趣味』第178号〔6氏寄稿=52ページ〕を御希望の方、先着1名様に無代進呈いたします。郵送料として140円切手を同封いただければ折返し御送付いたします。尚、当資料は書込みや破損など一切なく新品同様の保存状態であります。〒852-8113長崎市上野町14-11田中健お問合せはjhisa104@ybb.ne.jpまで…お気軽に…。☎095-845-67996年前の『相撲趣味』無代進呈

  • 「小柳斬殺事件」3年で風化??

    江戸大相撲界における最も忌わしい出来事と云えば、幕末に発生した「力士小柳平助殺害(斬殺)事件」━兎に角、当時実にショッキングな事件━文豪の森鷗外『澀江抽齋』にも登場するほどだ。その…たった3年後の元治二(1865)年春、東幕下十四枚目の千草山が「小柳」と改名した。但し、下の名前は「平助」に非ず「春吉」だった。そして当場所初日、郷土力士で大関級の関脇鷲ヶ濵と対戦している。そこで、勝手な想像ではあるが、回向院の観衆のなかに、3年前も相撲場に出入りした客が…土俵へ上る小柳春吉をみて、「小柳平助事件」を想い出した━全然、不自然でもあるまい。所属部屋乃至師弟関係は如何。小柳常吉(←春吉)は阿武松⇒武隈部屋。小柳平助(←雲生嶽)は、阿武松部屋。小柳常吉(←緑松)は、阿武松〔横綱〕部屋。完全なる「直系」とは言いかねるが...「小柳斬殺事件」3年で風化??

  • 17歳10箇月の後横綱…

    ※昨日までのトータル訪問者数976,729昭和三五年初場所、西三段目九四枚目竹美山〔後横綱北の富士=現解説者〕の星。〇玉津久見(三段目97)〇琴風(〃99)やや〇陸奥ノ海(三段目101)や〇志賀登(序二段2)や〇玉兜(三段目95)や〇日向岩(三段目70)〇柏國(〃78)や●川内(三段目59)や註①琴風は後大関とは別人。②川内は「せんだい」と読み、後幕内逆鉾與治郎〔新入幕で敢闘賞をうけるも、私行の乱れから破門→後廃業扱い〕③竹美山・川内の他、琴櫻ら7人7━1で決定戦の末、琴櫻が優勝。④竹美山は当時17歳10箇月。三段目で3場所連続負越していて漸く「大器の片鱗」をみせたのであった。17歳10箇月の後横綱…

  • 幕下8勝、決定戦●

    昭和三四年秋場所、東幕下六十枚目牧山(後幕内荒波秀義)星取表。〇大和岩(幕下59)や〇光角(幕下61)や〇清光(幕下58)〇今井(〃68)やや〇原中(幕下65)〇玉嵐(〃80)や〇晃津龍(幕下53)や〇若熊(幕下32)や全勝同士の「決定戦」で過日記載の後十両松嶋に敗北した。枚数激増で当然、上位と下位との実力差が表面化するはず。尚、玉嵐は後幕内。若熊は「弓取」だが関取にはなれなかったと記憶。今井は改名して関取…❔幕下8勝、決定戦●

  • 2人同時横綱の“旧説”とは…

    ※昨日までのトータル訪問者数976,508彦山光三著『橫綱傳』(昭和二八年末刊)248~249頁より抜萃。〔前略〕横綱力士を何代・何代というものが多いが、はなはだしいあやまりである。〔中略〕天皇とか総理大臣とか、市川團十郎とか木村庄之助とかは一世(一時)一人であって、何代・何代といってさしつかえないが、横綱は昔あった元帥とおなじく同時に三人も四人もできることがある。元帥に代数がなく元帥号をゆるされた順によって何人目というように横綱力士もゆるされた順によって何人目と称すべきである。同時のばあい〔2人〕には当時の地位または成績にしたがえばよい。そうすればさきに■んだ方を若い代数にするなどという…生きているうちは代数がいえないような無意義な窮策を採らないで済む。もっともいけないのは、それと心得ながら、俗にそれで...2人同時横綱の“旧説”とは…

  • 7力士について一応脱稿

    来春二月上旬完成予定の拙作『相撲史発掘』第102号の冒頭記事「“時代”を超えた力士たち」(第2回)━「幕末→明治篇」㊦は現在鋭意執筆中であります。その進捗状況報告。●勝越し2場所の鶴ヶ滝本文13行●「褄取り」が十八番の関脇両國本文16行●明治5場所負越しの田子ノ浦本文8行●悲運力士桑ノ弓本文5行●連続16場所の役力士大纒本文14行●在幕71引分けの横綱境川本文12行●負越し2場所の名大関朝日嶽本文10行●國見山は晩成型だが…数え39歳で新入幕。〔執筆中〕但し、若干修正・自ら添削するかも知れない。未執筆は、慶應四年夏に入幕した小柳・象ヶ鼻・磐石の3名となった。7力士について一応脱稿

  • 『相撲史発掘』第101号 頒布中

    ※昨日までのトータル訪問者数976,298拙作&私家版『相撲史発掘』第101号を御希望の方に洩れなく進呈しております。1~4頁〇“時代”を超えた力士たち(新連載)●幕末→明治篇㊤◎白眞弓から東関まで5~7頁〇江戸大相撲熱戦譜(第81回)●天保十三年春場所◎幕内力士略歴表折込み両面●関係勝負&星取表8~9頁〇大正期の新聞記事から(第13回)●大正9.1.1&3『東京日日新聞』10ページ〇昭和二十年代の短身力士●藤田山から梅錦まで折込み表面〇香川県出身入幕力士一覧●嚴嶋から天風まで折込み裏面〇荒熊改め小結関の戸詳細星取表〇絵と写真では……こうも違うのか━11ページ〇古今平幕最優秀力士星取表(第31回)●昭和7.2~9.1~12頁〇横書きコラム★山本英春&玉波の人物像は…?頒布を御希望の方は、定形郵便なら94円...『相撲史発掘』第101号頒布中

  • 東冨士、十両で全勝を逸す

    昭和十八年春場所、東十両二枚目東冨士〔後横綱→プロレス→相撲評論家〕〇雷門(十両3)〇小戸ヶ岩(〃1)〇照ノ海(〃4)〇常陸海(〃2)〇錦谷(〃5)=後有明〇斜里錦(前頭18)〇駿河海(同17)〇立田野(十両12)〇十勝岩(〃10)〇磐石(前頭17)=後関脇〇小松山(同11)〇髙津山(十両1)=後関脇〇大熊(〃6)〇汐ノ海(前頭18)=後大関●若瀬川(同12)=後小結入幕してないのは、雷門・照ノ海の2人だけか。東冨士は前場所、“貧乏神”で終盤4連敗し7━8と負越し入幕お預けとなっていた。某から「なんで星を借りないのか」と…。“がちんこ”なのにとんだ災難に遭ったものだ。東冨士、十両で全勝を逸す

  • 63年前の幕下8戦全勝

    ※昨日までのトータル訪問者数976,117昭和三四年秋場所、西幕下十三枚目松嶋〔元・後十両〕の星取表。〇大矢﨑(幕下13)=後十両や〇大野咲(幕下12)=後十両や〇大ノ川(幕下15)〇常湊(〃19)や〇佐田の山(幕下9)=後横綱佐田乃山やや〇旺葉山(幕下11)=後小結廣川〇開隆山(〃1)=後関脇や〇沢風(幕下3)=元・後十両や必ずしも「全勝同士」じゃぁなかった。佐田の山は前日まで3勝1敗で対戦。63年前の幕下8戦全勝

  • 太刀山7━0小常陸

    明治~大正期のパーフェクト記録━最高位は横綱対関脇である。①明治四三年春場所初日西大関〇太刀山(突倒し)小常陸●東前頭四②同四三年夏場所三日目西大関〇太刀山(突出し)小常陸●東小結③同四四年夏場所九日目西横綱〇太刀山(引倒し)小常陸●東前頭八④同四五年春場所二日目東横綱〇太刀山(小手投)小常陸●西前頭二⑤大正二年夏場所八日目東横綱〇太刀山(…捻り)小常陸●西関脇⑥同三年春場所五日目東横綱〇太刀山(突出し)小常陸●西前頭三◆同三年夏場所六日目西横綱や太刀山(取組なし)小常陸や東小結〔現代ならば太刀山の不戦勝。〕⑦同六年春場所九日目東横綱〇太刀山(突出し)小常陸●西前頭三個人別星取表掲載2つの資料とも「ひきたおし」━当初「引落し」乃至「突倒し」のミスかと思ったが……。「突出し」より強烈な「突放し」がないのは小...太刀山7━0小常陸

  • 『相撲趣味』178号 無代進呈

    ※昨日までのトータル訪問者数975,980相撲趣味の会(昭和二三年発足)が平成二八年七月に発行した機関誌『相撲趣味』第178号〔6氏寄稿=52ページ〕を御希望の方、先着1名様に無代進呈いたします。郵送料として140円切手同封のうえ下記宛て御連絡いただければ折返し御送付申しあげます。尚、当該資料は書込み・破損など一切なく新品同様の保存状態であります。〒852-8113長崎市上野町14-11田中健お問合せはjhisa104@ybb.ne.jpまで…お気軽に…。☎095-845-6799『相撲趣味』178号無代進呈

  • 異能力士の面目躍如…?!

    鳥渡ばかり“時間”を要したが、彦山命名「〇若乃花(つかみなげ)…」2番が判明した。昭和三三年名古屋場所十日目の“結び”「若乃花(つかみ投)信夫山」とあり、西関脇信夫山の星は5連勝後5連敗となった。東張横綱若乃花は二日目から9連勝。同じく三五年夏場所六日目の結びの一番、「若乃花(つかみ投げ)房錦」とあり、東前頭三枚目の房錦は初日から6連敗だった。当場所、若乃花は弟弟子若三杉に“1差”で賜杯を奪われてしまった。尚、現代じゃぁどうかよく知らないが、前者の協会発表は何故か「よりきり」、後者のそれは「吊落し」となっている。当時、「つりおとし」があるが「つかみなげ」は極り手からカットされてた。昭和三一年秋場所星取表〔『大相撲』誌〕に大関若ノ花2〇若羽(寄出し)3〇安念(寄出し)4〇出錦(寄出し)これは、私見・愚考で「...異能力士の面目躍如…?!

  • 初代若乃花「つかみなげ」2番は❔

    ※昨日までのトータル訪問者数975,818久しぶり彦山光三の論文から抜萃。昭和三八年刊、讀賣新聞社発行『大相撲』臨増相撲鑑賞読本━「相撲175手絵とき」より「腰・膝を使って攻める“技”38」のうち、「掴投(つかみなげ)・鷲のつまみあげ」解説右(左)上手を引き、右(左)をのぞかせ、寄るとみせて相手が寄り返すはなを、右(左)上手からやや右(左)へつかみあげて、いきなり真ん前へたたきつけるように投げ倒す。古くは常陸山、最近では若乃花〔後二子山〕・大晃〔後阿武松〕あたりが屡々みせた〔後略〕著者進呈の『…なんでも七傑事典』に拠れば入幕後545勝〔不戦除外〕で極り技44手を記録した若乃花(初代)は「つかみなげ」を2度使用したそうである。ところが某書で彼星取表で調べたが発見できなかった。機をみて古雑誌『大相撲』総決算号...初代若乃花「つかみなげ」2番は❔

  • 十両で13勝の新記録

    幕内力士以外の関取である十両での最多勝利━初めて13勝を記録したのは昭和十四年夏場所、西十両十枚目の四海波辰男と思われる。〇矢筈山(十両11)〇八幡錦(〃9)〇綾錦(〃4)●九ヶ錦(〃5)〇源氏山(〃10)〇若潮(〃15)〇嶺幟(〃1)〇小松山(〃2)〇二瀬川(〃12)●布引(〃12)〇桂川(〃2)〇錦谷(〃14)〇若浪(〃4)〇佐渡ヶ嶋(〃6)〇加古川(〃11)どん尻から6枚めなので、一人ぐらい幕下の「関取候補」と対戦させた━と想定していたのに…。尚、彼は入幕したが、平幕ひと桁まで進出できずに終った。大正五年生れなので、現存ならば105歳になってるはずだが……❔十両で13勝の新記録

  • 『相撲史発掘』No.101 頒布中

    ※昨日までのトータル訪問者数975,637拙作&私家版『相撲史発掘』第101号を御希望の方に洩れなく進呈しております。(題簽は元大相撲立行司40代・式守伊之助氏)〇新連載・“時代”を超えた力士たち●幕末→明治篇<上>◎幕末に入幕し、明治で引退した力士19名〇江戸大相撲熱戦譜●天保十三年春場所◎幕内略歴・関係勝負&星取表〇大正期の新聞記事から●大正九年一月…『東京日日新聞』〇昭和二十年代の短身力士●藤田山から梅錦まで〇香川県出身入幕力士一覧●嚴嶋から天風まで〇荒熊改め小結関の戸相手地位つき星取表〇古今平幕最優秀力士星取表頒布を御希望の方は、定形郵便なら94円切手、定形外郵便の場合120円切手を同封のうえ、〒852-8113長崎市上野町14-11田中健お問合せはjhisa104@ybb.ne.jpまで…お気軽...『相撲史発掘』No.101頒布中

  • 序二段優勝の変な星取り

    昭和二年十月〔於京都〕場所、東序二段二四枚目大邱山の星。〇浦ノ花(序二段21)〇鏡浦(〃22)〇三高ノ(〃31)〇時ヶ濱(〃18)や〇沖ツ海(序二段12)や〇大林(序二段9)ややや当場所の序二段優勝なのである。大邱山の最高位は関脇で連続2場所在位。昭和五八年…74歳で歿した。序二段優勝の変な星取り

  • 大横綱 太刀山7━0関脇 綾浪

    ※昨日までのトータル訪問者数975,406明治~大正のパーフェクト記録━最高位は横綱対関脇である。①明治四三年夏場所初日西大関〇太刀山(突出し)綾浪●東前頭六②同四四年春場所二日目西大関〇太刀山(押倒し)綾浪●東前頭四③同四四年夏場所二日目西横綱〇太刀山(突出し)綾浪●東前頭九④同四五年春場所初日東横綱〇太刀山(突出し)綾浪●西前頭四⑤同四五年夏場所二日目西横綱〇太刀山(掴み投)綾浪●東関脇⑥大正三年春場所四日目東横綱〇太刀山(突放し)綾浪●西前頭筆頭⑦同三年夏場所八日目西横綱〇太刀山(押切り)綾浪●東前頭筆頭「つかみなげ」なんて豪快な技は、たしか土俵の鬼・異能力士Ⅰ若乃花も披露したんじゃぁなかったか……。但し、協会発表の決り手は別称だったかな。大横綱太刀山7━0関脇綾浪

  • 序二段で8戦全勝だが…

    昭和三一年秋場所、東序二段十枚目若熊〔当時16歳〕の星取表。〇小野晃(序二段10)や〇英彦山(序二段5)〇青ノ海(〃6)やや〇蝦夷ノ花(序二段13)や〇一葉山(序二段4)や〇佐々田(序二段34)=後横綱佐田の山や〇静ヶ嶽(三段目101)や〇花田(三段目87)=後…栃ノ海後に「弓取式」演練力士となった若熊〔熊本県出身〕が後の両横綱から白星を得ていた━この度はじめて知った次第。尚、当場所は後関脇の開隆山に「決定戦」で敗れVを逸している。序二段で8戦全勝だが…

  • 6年前の『相撲趣味』を進呈

    ※昨日までのトータル訪問者数975,182相撲趣味の会(昭和二三年設立)が平成二八年七月に発行した機関誌『相撲趣味』第178号〔6氏寄稿=52ページ〕を御希望の方、先着1名様に無代進呈いたします。郵送料として140円切手同封のうえ下記宛て申込み次第、折返し御送付いたします。尚、当該資料は書込みや破損などは一切なく、新品同様の保存状態であります。〒852-8113長崎市上野町14-11田中健お問合せはjhisa104@ybb.ne.jpまで…お気軽に…。☎095-845-67996年前の『相撲趣味』を進呈

  • 三段目で8戦全勝だが…

    昭和三三年春場所、西三段目七三枚目中改め〔検査役の旧称に非ず〕伊砂山。〇大ノ矢(三段目74)や〇若ノ山(三段目74)〇真砂山(〃75)や〇日海洋(三段目72)や〇若狭山(三段目62)や〇荒川(三段目59)=後十両やや〇太平洋(三段目94)〇長葉山(〃51)=後幕内大心や『相撲』の「…全力士略歴星取表」には「伊吹山」と数箇所に記載━どっちが正確?彼は、納谷(後横綱大鵬)との同点決勝で敗れVを逃した。三段目で8戦全勝だが…

  • 幕内最多勝利数の軌跡 その156

    ※昨日までのトータル訪問者数974,986天保十三(1842)年冬場所。関脇湖東山(←手柄山)の連勝記録━昨冬八日目(最終日)〇昨春は〇〇〇〇〇〇〇✖やや。つづいて当場所三日目●なので、不完全ながら10連勝止り。その後2勝しか出来ず、入幕以来の通算勝利数は前場所まで103〔横綱稲妻以来の“三桁”。〕だったので、4勝が加算されて107勝を記録している。一方、前場所まで通算75勝だった大関鰐石(後劔山)は好調で六日目まで5勝━やっと通算80に達したけれども、首位に迫るための勢いには、やや実力不足と思われる。幕内最多勝利数の軌跡その156

  • ひどい勘違いでした

    横綱玉の海は1~50に入れちゃぁいけません。ひどい勘違いでした

  • 明石~佐田の山は51力士❔

    ほかの誰だって「発想」しないかも知れない。明石から佐田の山まで丁度50名の横綱力士を鬼籍に入った順に並べてみたいのである。1明石志賀之助〔歿年不詳〕2丸山權太左エ門寛延二(1749)年●3綾川五郎次明和二(1765)年4谷風梶之助寛政七(1795)年●5小野川喜三郎文化三(1806)年6阿武松緑之助嘉永四(1851)年7不知火諾右エ門〃七(1854)年8秀の山雷五郎文久二(1862)年9鬼面山谷五郎明治四年10陣幕久五郎〃十年11不知火光右エ門〃十二年12境川浪右エ門〃二十年13雲龍久吉〃二十四年14陣幕久五郎〃三十六年15西ノ海嘉治郎(初代)〃四十一年16小錦八十吉大正三年17大砲万右エ門〃七年18常陸山谷右エ門〃十一年19梅ヶ谷藤太郎(2)昭和二年20梅ヶ谷藤太郎(初代)〃三年21大木戸森右エ門〃五年...明石~佐田の山は51力士❔

  • 『相撲史発掘』No.101頒布中 !

    ※昨日までのトータル訪問者数974,840拙作&私家版『相撲史発掘』第101号を御希望の方に洩れなく進呈しております。1~4ページ〇“時代”を超えた力士たち●幕末→明治篇㊤◎白眞弓・鷲ヶ濱・不知火・鬼面山・宮城野・千年川・平石・東関5~7ページ〇江戸大相撲熱戦譜●天保十三年春場所◎4年ぶり新入幕なし◎“関脇陥落”の不知火6勝1敗…8~9ページ〇大正期の新聞記事から●大正九年一月発行の古新聞10ページ〇昭和二十年代の短身力士●藤田山から梅錦まで折込み表面〇香川県出身入幕力士一覧折込み裏面〇小結関の戸相手地位つき星取表11ページ〇古今平幕最優秀力士星取表12ページ●横書きコラム・あとがき頒布を御希望の方、定形郵便なら94円切手、定形外なら120円切手を同封のうえ…〒852-8113長崎市上野町14-11田中健...『相撲史発掘』No.101頒布中!

  • 後横綱 鬼面山6━0巨漢 白眞弓

    幕末大相撲のパーフェクト記録━最高位横綱対超巨漢である。①安政六(1859)年冬場所五日目東小結〇鬼面山━燧洋●西前頭五②文久元(1861)年冬場所九日目東小結〇鬼面山━駒ヶ嶽●西前頭筆頭③同二年春場所九日目東小結〇鬼面山━白眞弓●西前頭筆頭④同二年冬場所六日目東関脇〇鬼面山━白眞弓●西前頭筆頭⑤同三年夏場所四日目東関脇〇鬼面山━白眞弓●西前頭二⑥慶應四(1868)年夏場所五日目西大関〇鬼面山━浦風●東前頭三後者の“改名歴”は、白眞弓→燧洋→駒ヶ嶽→白眞弓→浦風と4度にわたっている。決り手が不詳だが、いつも同じような展開の相撲で、巨漢は単なる「独活の大木」みたいな感じ━「黒船来航」の際は、“怪力”ぶりを誇示したのに、本場所土俵では巨体を生かすことが難しかったらしい。後横綱鬼面山6━0巨漢白眞弓

  • 『相撲趣味』第178号 無代進呈

    ※昨日までのトータル訪問者数974,638相撲趣味の会(昭和二三年発足)が平成二八年七月に発行した機関誌『相撲趣味』第178号〔6氏寄稿=52ページ〕を御希望の方、先着1名様に無代進呈いたします。郵送料として140円切手を同封いただければ…折返し御送付いたします。尚、当該資料は書込み・破損など一切なく、新品同様の保存状態であります。〒852-8113長崎市上野町14-11田中健お問合せはjhisa104@ybb.ne.jpまで…お気軽に…。☎095-845-6799『相撲趣味』第178号無代進呈

  • 横綱 栃木山10━0小結 紅葉川

    大正時代のパーフェクト記録━最高位は横綱対小結である。①大正六年夏場所二日目西大関〇栃木山(突放し)紅葉川●東前頭六②同七年春場所千穐楽東大関〇栃木山(鯖折り)紅葉川●西前頭七③同八年春場所三日目東横綱〇栃木山(押倒し)紅葉川●西前頭三④同八年夏場所三日目東横綱〇栃木山(突放し)紅葉川●西前頭五⑤同九年春場所六日目東横綱〇栃木山(押倒し)紅葉川●西小結⑥同九年夏場所千穐楽西張横綱〇栃木山(寄切り)紅葉川●東前頭二⑦同十年春場所六日目西張横綱〇栃木山(突放し)紅葉川●東前頭七⑧同十年夏場所千穐楽東張横綱〇栃木山(突放し)紅葉川●西小結⑨同十一年春場所八日目東張横綱〇栃木山(突放し)紅葉川●西前頭四⑩同十一年夏場所七日目西横綱〇栃木山(掬い投)紅葉川●東前頭七紅葉川は171cm・90kgの小兵・軽量力士なので...横綱栃木山10━0小結紅葉川

  • 8━7「決定戦」なくてよかった…!

    ※昨日までのトータル訪問者数974,430昨夜の「8━7序ノ口V」の話は終ったのではない。昭和二六年春場所は「力士総数」自体てんで現代と比較にもならない。幕内力士は53名だが、十両以下は━十両32名幕下57三段目76序二段55序ノ口13全力士数は、286名で300を割っていた。東方序ノ口力士筆頭工藤15日間全休二枚目五嶋6勝9敗三枚目二子海零勝14敗・1休四枚目山田山7勝8敗五枚目田村6勝9敗六枚目大城8勝7敗七枚目高瀨15日間全休西方序ノ口力士筆頭古市全休二枚目郡山8勝7敗=上位優勝三枚目柏森6勝9敗四枚目北高山6勝9敗五枚目眞名井里7勝8敗六枚目佐世保山零勝14敗・1休本当、正真正銘の「団栗の背比べ」で「決定戦」回避は寧ろよかった━と思う。8━7「決定戦」なくてよかった…!

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、相撲史研究者・田中 健さんをフォローしませんか?

ハンドル名
相撲史研究者・田中 健さん
ブログタイトル
相撲史に関心・興味のある方どうぞ
フォロー
相撲史に関心・興味のある方どうぞ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用