searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
大叔父・大田節三の慕情
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/toyo0181
ブログ紹介文
シアトルからロスアジェルスそして・・・胸の中に仕舞っていたものは・・
更新頻度(1年)

152回 / 365日(平均2.9回/週)

ブログ村参加:2015/12/12

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、大叔父・大田節三の慕情さんの読者になりませんか?

ハンドル名
大叔父・大田節三の慕情さん
ブログタイトル
大叔父・大田節三の慕情
更新頻度
152回 / 365日(平均2.9回/週)
読者になる
大叔父・大田節三の慕情

大叔父・大田節三の慕情さんの新着記事

1件〜30件

  • 皇女和宮さんの足跡探して、中山道諏訪神社秋宮

    増えた、雨とコロナ感染者のカウンターパンチを受け、手も足も出ず、仰向けになってカウント8.明日、2度目のパンチを受けたら、10カウント・ノックダウンです。今日の救いは、脳梗塞で倒れた友人が、左半身は自身で動かせないけど、自力で起きられ、はっきりしないけど喋れている、と。病院を換える知らせを受けて、安堵に胸のつかえが下りた瞬間でした。まだ面会は出来ませんが、生きている生きてさえいればです。不運な人生を送った女性。16歳で徳川家茂さんに嫁ぐのに、京都の桂宮邸を出て77里、江戸まで53里の、皇女和宮さん、胸中、身分違いの徳川家にと、じくじたる思いの、長道中、諏訪宿の中山道と甲州街道の合流地点、歩けば5分ばかりところの、諏訪大社下社秋宮、建御名方神に、胸の内を吐露したかどうか・・。👇甲州街道登ってくれば、👇かめやさん、...皇女和宮さんの足跡探して、中山道諏訪神社秋宮

  • 諏訪神社本宮。キボウシ

    昼の蒸し暑さが、打って変わり、涼しい風が吹き、高尾山の向こうには少しだけオレンジ色の、夕焼けで暮れようとしています。穏やかな八王子ですが、九州、中部の大雨の傷痕を見ていると、梅雨の終わり、この時期だけ、日本国が移動しないものかと、憤りさえ覚えます。長野県諏訪市、高速道路の下りパーキングで、信州の蕎麦をズル、ズルっと・・、視界に広がる諏訪湖の全景を見ていると、運転の疲れが取れていきます。1744年、諏訪湖に生まれた、桶職人の次男坊が、江戸で宮大工幕府作事方に奉公し、「立川」の名乗りを許され、彫刻は中沢五兵衛さんに学んで、諏訪湖に戻り、諏訪神社を独特な寺社建築を築いた、立川和四郎さん。1807年に亡くなった63年間の軌跡の、文献資料は意外に多く、ネットワークでも知ることが出来ます。👆本宮には、本殿がないという、珍し...諏訪神社本宮。キボウシ

  • 諏訪湖、諏訪神社。吉良、お孫さんに手を合わせ。

    6月28日朝、土砂降りの雨が諏訪湖に着いて・・、晴れでした。立川流という寺社建築の技法を世に見せた、諏訪神社の大社を、見せて頂きました。ここは7年に一度の御柱祭りがテレビをにぎわせ、♫木やりひと声天をつく綱を引く手に血潮がたぎる揃い鉢巻き若い衆が七年一度の生き甲斐だから今年こそはと命をかける峰は残雪峰は残雪八ヶ岳♬山崎ふみえさん・作詞と歌われるところ。👇青銅の狛犬の大きさでは、大きく、珍しい。👇夫婦鶴の足下に亀・・・。👇諏訪神社は押し合いへし合いの神様、千人持ち上げる石を、一人で持ったという古事記に登場する神様、建御名方神(たけみなかたのかみ)と妃の八坂刀売神を祀っている神社で、相撲取り、柏戸、佐田の山、富士錦さん達をモデルにした、「江戸時代の「雷電為衛門」の青銅が、鳥居の右側に、でん、と。👇1690年に建てた...諏訪湖、諏訪神社。吉良、お孫さんに手を合わせ。

  • 千畳敷 ②-② 山を守る男たちの蛇篭。

    千畳敷カールの花に、誘われて出かけたのですが、2000メートルを超えると、肺に障害のある私には、溌溂さを失いかけます。2600メートル以上の千畳敷カールでは、50メートル進んでは、ゆっくり息を吸い、吐くを数回、さらに岩の上に坐り込んでしまいました。ふたつの花、三つの花があれば、来た甲斐はありますが、7月下旬には、幾種類もの花が咲く千畳敷カール。今度は気圧に耐え、いろんな花に出会えるよう・・・👇雪の重さに、地を這うように伸びた植物の、たくましさを身に着けるように・・です。👇蛇篭の水路。堅牢なコンクリート水路とは違い、水害で崩れれば、人がいてくれさえいれば・・・人の手で、難しい技術もいらず、いつでも直せる日本独特の水路の工法。アフガニスタンで、悲惨な最後を遂げた医師、中村哲さんが、死の直前まで重機を操作して、砂漠に...千畳敷②-②山を守る男たちの蛇篭。

  • 千畳敷の花に誘われ!・・・駒ヶ根市。②-①

    久しぶりに山の雰囲気に浸りました。駒ヶ根市、千畳敷カールまで、中の平バスターミナルからバスに乗って、しのび平からロープウェイで。月曜日、梅雨の晴れ間に、人混み込むことも無く、👇太田切川の景色を撮って・・。花の時期には早いとは思っていましたが、少しは期待していました。高山植物は、近場の植物園で見ているのですが、やはり山の自然に咲く、花を見たい!そんな思いに・・。👇ロビーの花の写真を見て、幾つ見つけられるだろう・・と。👇駅から出て、極楽平を見上げて、👇宝剣岳のカールへ👆2020.6.29千畳敷の花に誘われ!・・・駒ヶ根市。②-①

  • 箱根風景、今日でぉぉお~~、チョン !

    昨日・・一昨日、仲間とじゃんけんをしました。休みに出かけたら「東京差別」いい顔されないし、タイヤの2本も空気を抜かれたら、おいそれと、帰れない‥ヨッ!そんなことは無いよと、意地を張って・・で、勝っちゃった。内心は、仲間の意見に納得したのに、土砂降り、晴れると見込み、長野県駒ケ根市に。早めに宿に着き、仕事をしようと・・なのに、寄り道してしまった、諏訪市。パソコン開いて、準備で眼が点に、内蔵バッテリーが消耗しているのに鞄にはコードがない、おまけにカメラ受電用の、ソケットもない。ソケットは買えたけど、パソコンの充電コードは買えず、とうとう、ウンでもスンでもない。ドキュメンタリー、この時暗い8時。そっとパソコンを裏返して、尻をパンパン。横にして引っぱ叩いたけど、意固地で頑固なパソコン、てこでも思いどぉりにならない。面倒...箱根風景、今日でぉぉお~~、チョン!

  • 箱根・ディル・チフリーさんの現代ガラス。

    1941年、アメリカで生まれた、ディル・チフリーさん。1976年、自動車事故で左の眼は盲目に、3年後サーフィンをしていて、左の肩を脱臼。インテリアデザインの文学士号を取得し、ヴェネチアでガラスの勉強をし、美術学修士号を取得しても、事故でガラス吹きパイプを持てなくなった彼が、彫刻家と共同で築いたグラススクールでは、監督であり、振付師であり、ディレクターとして、成功をおさめた起業家でもあります。箱根ガラスの森美術館が、イタリアのガラスの島、ムラーノ島の美術館と姉妹提携をしたときに、館内にチフリーさんの特設コーナーをつくりました。池には、👇👆芸術といわれるジャンルに理解が疎い私には、いささかどこまでの価値なのだろう?・・・と。ただ、コーナーから出るとき、つっと歩を停め、振り返って、も一度眺めていました。庭には、彼が幼...箱根・ディル・チフリーさんの現代ガラス。

  • 箱根に咲く花に、ファスティング。

    腹が減り、今晩のメニューに、あれもこれも浮かんで、迷いと面倒くささに・・・・一石二・三鳥、晴天のへきれきのトピックス。ファスティングという言葉がテレビから流れ、今日から実行・・・一日16時間は、水分は摂取し、どうしてもの時は、黒糖や蜂蜜、具の無い味噌汁、固形物を腸の中に流さないという、健康法。腸に不安を持つ私にはもってこい。午後3時から翌朝の7時まで、食しない。腸内のたんぱく質?が良質になるのだといい、肌もきれいになり・・・?何よりいいのは、食事の手間を省くことが出来、経費も掛からず、1週間から2週間で効果が表れるという。「断食の勧め」の半分。これならやってみようかと。ただ、決めた瞬間、冷蔵庫の枝豆が気になる。効果の成果をブログで記事にできるかどうか・・。箱根湿生花園も人が訪れるようになり、花も咲きがいがあるこ...箱根に咲く花に、ファスティング。

  • 駒草・仙石原の夏日 ②

    古代、黄金や天然宝石より珍重され、神秘的な輝きは、人々の夢や願望を掻き立て、繊細優美にして清楚さは、儚さに高貴を併せて持つ、中世貴族の貴婦人が持つ美しさに似て。ヴェネチアのガラス職人が、美の女神として、魂を奪われて、ガラスの美を探求した。自然に抱かれた山里の集落に、扉を開けばそこは、越中五箇山の合掌造り、富山の豪商の迎賓館、金沢の商家、秋田の造り酒屋など、長い年月を経て風合いを増した建物を、移築して、和、洋の空間に一店一店が、和,洋の、食の世界を作る、「うかい亭」食の物語から一店舗だけ。ヴェネチアからすべての建物を移築して、箱根の仙石原すすきが原の麓に、「うかい亭」が、美術館を造ったのが1996年8月。息がつまるほどの、訪れる人への、もてなし。苦心をして収集した古代のガラス、惜しげもなく、カメラの被写体に・・許...駒草・仙石原の夏日②

  • 箱根、仙石原の夏!①

    嫌な夢もゴミで捨てられないものか、と、朝、ごみを出しながら、思ってしまった!仔犬の尻尾を踏んで、驚いた犬に脛を噛まれる夢。仔犬が巨大な犬にへん~し~ん。出来事に、梅雨の合間の朝焼け、冷めた心地でしっかりと、目が醒めてしまった。恐かった!箱根裏街道、神奈川県の道志みちを、ゆっくり。久しぶりに、箱根湿生花園と箱根ガラスの森美術館に、向かいました。どちらの施設も、若い人たちが圧倒的でした。ちょっと今までに無かった現象でしょうか。花は、人の心も映す植物らしい!自由になり始めた気分で、散策すれば、春が過ぎて、沢山咲いていないけど、ひとつひとつが、奇妙にきれいに見えた!👇ガラスの森美術館は特別企画は、ありませんが、美術館が所有する、中世からの作品を見ることが出来ます。👇向こうの煙は、大涌谷の噴煙・・・。👇ガラスのアジサイも...箱根、仙石原の夏!①

  • 欅の街、府中市は大國魂神社で栄えた。

    👆昭和記念公園のアジサイを、え~ィ、👇バチッと撮った後、見てたなぁ~!6月、他県またぐ移動は、手でも、足でも指を折って、たったの2本。すぐには出かけられませんが、不自由を敷いたモラルが解ける・とける・・・。この嬉しさは、3カ月の疲弊を何事もなかったと、思わせる、光明とした朝陽のようなものかもしれません!紫陽花の昭和記念公園から、夕刻、30分ばかりところの、大國魂神社で栄えた府中市に。市中のメイン通りは、1062年、奥州戦の折、源頼義・義家父子が1000本のケヤキの苗を寄進してから、街はずっとケヤキ並木守っています。メイン通りのケヤキを、国が天然記念物に指定するのも、珍しいことだと聞きますが、灼熱の陽も涼しく、買い物・散歩に足取りも軽いです。5月には👇のような威勢のいい祭り「くらやみ祭り」が六日間、開かれるのです...欅の街、府中市は大國魂神社で栄えた。

  • 梅雨時、「お正月」をハミングして公園!

    朝の整髪の鏡に、皺が増えたなと、町のウィンドーの全身姿に、あれぇ~、な~んと老けたものだ・・と!鎖国状態の日本で、同じ国なのに、他県に出れない鎖都状態が、老けたウインドウーの姿に心して、夏、正月の歌を口ずさむとは思わなかった!♪も~ういくつ・・ねると・・・♫19日、緊急事態宣言の、県境をまたぐ人の移動を全国的に解除。骨折足指2本、1本曲がらず今日も机に並べ、今日の晩飯、豚肉にトマトをベースに、と生唾呑んで、グー・パー、グー・パー。👆👇梅雨空の、、園内施設が閉鎖された、立川市国立昭和記念公園でしたので、人が少なくて・・・。梅雨時、「お正月」をハミングして公園!

  • 染井吉野の実。

    👆酸っぱい、苦い、渋いなどの味。オオシマザクラとエドヒガンを、江戸の植木職人が交配した「染井吉野」の実。食べられるのかどうか、毒ではないと知って、2度目の奥多摩湖でつまんで口にしてみたら、酸っぱい、苦い、渋い。大人のマナーの禁。判っているのに、つい、湖上にペッ、ペッぺ!コロナで所属の事務所に入りびたりだった昨日まで、今日はアパートから見た、山梨県方面の山並みを見て、行かないと決めました。梅雨空の青い空、午後からは降るようですが、それまで近場、立川市の公園で、リフレッシュ!花の写真でも撮りに行こうと、腰が浮いている状態です。👇万葉集に詠われていた、植物暗記したのに、すっかり忘れてる!ヒョンナ時、ありありと思い出すので、気にしない!染井吉野の実。

  • 東京の水瓶、奥多摩湖! 水の階段。

    鎌の刃先に、少しの風、雑草に混じった、にらの香りが、雨上がりの午前、摘む手に心地よく、ハンドルを握って奥多摩湖まで。駐車中は満杯、何時もなら3時頃には、空くのに、日暮れまで、沢山の人が帰りませんでした。東京の水瓶、多摩川の上流です。2000年春、人口の半分以上が被災した、アフガニスタンの大干ばつ。400万人が飢餓状態で、100万人が、餓死の線上に。餓死者の多くが幼児。空腹で無くなるのではなく、食べ物不足に、栄養失調になり、抵抗力を失い、汚水のを口にして、下痢症を起こし、簡単に命を落としてしまう。何日もかけて診療所をめざし、たどり着いても、外来の診療所でわが子が、胸の中で死亡。途方にくれる母の姿に、涙が出る。「もう診療どころではない」人は食べ物と水があれば、防げるものだ。「100の診療所より一本の用水路を!」医師...東京の水瓶、奥多摩湖!水の階段。

  • もう少し、もう少し投稿を自粛します。

    ブログを自粛して、昼の外出も、夜のベランダ、街の灯を眺めていれば、病室で眠り続けている、知人の姿が浮かんできます。脳卒中、いびきは無かったといい、・・・・・生きられます。素人判断に、のしかかったのは、左半身の不随の生活は免れないという、残酷な情報で・・。まだ、面会できない状況ですが、失意の狼狽を見せた家族が、今後の生活を淡々と語り始めたのが、救いでしょうか。もう少し投稿は自粛しますが、今は、それでいいのだ・・・・と。気遣い下さったみなさまに、改めて、お礼申し上げます。もう少し、もう少し投稿を自粛します。

  • 投稿を自粛いたします。

    仕事で沢山の助言を頂いて、パートナーとして、忌憚のない発言に、こころを揺るがす、仕事を離れて、友人と呼べる55歳の知人が、昨日コンビニで倒れ、搬送されて入院し、当初情報では日射病ではないかと、言われましたが、対応の言語が正常に発せられない症状になったと。本人には会えない状況で、詳しいことが、わかりません。救いは、生死にかかわる重症でないとのこと。生きてさえいれば・・・・。私事、恐縮ですが数日の間、投稿を自粛いたします。投稿を自粛いたします。

  • ささやかな願い、シラビソの原生林を抜けて・・。

    都庁の窓の灯りが、レインボーブリッチが赤くならないように、願い乍ら八王子、草むしりが済んだところにまた草が・・・。ぱっと生活委縮が晴れた今日、植物の生命力はここで休んでもらって、草刈りを半日ばかり・・・。昨年、大雨、雷雨注意報で、途中で断念した山登り、今年は、決行出来たらと、ファイルを覗いて、朝日岳シラビソの原生林を抜け、金峰山の五丈岩の先端まで行ってみたい。私のささやかな、今年後半、叶えたい願いです。👇オオシラビソ朝日岳シラビソの原生林♪MeOlvideDeVivir👇2019.9.10ささやかな願い、シラビソの原生林を抜けて・・。

  • 足かせ鎖をちぎって、奥多摩湖一周の散歩。

    都内が少し解放される。盆の窪、孫の手で、ポン・・2度叩いて、思い付き、奥多摩湖まで。どこの公営駐車場も闖入者をふさぐ、鉄壁の守り。ツーリングの爆音が山あいのあちこちから聞こえ、白バイは、切符切りで、取り締まりどころか、事務員に早変わり。太陽に涼しい風に吹かれ、白バイの餌食になって、うな垂れ現場を見たのが4ヶ所。昼は蕎麦と決めて・・・甘かった。飲食店はどこも休業で、客用駐車場には、ビールケースが積まれ、トイレさえままならない。男一人旅?でよかった!結局、ただ車に乗りっぱなし。👇奥多摩湖、浮橋の向こうの三頭山。👆湖を一周し、三頭山まで登り、檜原村に抜けていきます。👇下り途中の神社で、お参りし、👇数馬の里まで。ここは武田信玄さんの娘さんが、いとこの幼い子2人を連れて、敵の目を欺くために、今の松姫峠から少し遠回りして立...足かせ鎖をちぎって、奥多摩湖一周の散歩。

  • 伊豆高原ステンドグラス美術館・馬あぶ

    髪が伸びた、定例会見の小池首長さんの、規制緩和の3段階のステップを聞いて、なんとなく納得してしまいましたが、順調にいっても、コロナ退治の勝利乾杯は、まだ先・・・と・・・。でも不思議、日本は人が歩いていても、感染者がべらぼうに増えなかったのが。無鉄砲なガキ大将が、こんだけおとなしく、世間のマナーを守っていることに、もう駄目だ、ガキ大将の肩書は、そろそろ捨てなくてはならない。ベラルーシでは、まだ900人以上の患者が以上毎日、出ているというのに!👆👇引っ張り出した投稿記事の花は、鎌倉建長寺の芍薬で、今は役割を終えていることでしょう!夏目漱石が、友人正岡子規に対抗して作った俳句、「鐘つけば銀杏散るなり建長寺」ウン、鐘はやはり柿が似合う。静岡県伊東市川奈の、伊豆高原ステンドグラス美術館、1800年代のステンドグラスが、約...伊豆高原ステンドグラス美術館・馬あぶ

  • 静かな水の物語、ターシャ・テューダー。

    牙をむき、槍を持って、襲つた、犠牲者が、今日も出なかつたとはいえ、街灯に照らされる、まばらな人影に、元の街が戻るのだろうか、と・・。写真を撮るのも、知人宅の庭が限度、だけど、今は、それでいい!明日、あさっては、雨模様です。目覚まし時計、明日も鳴らない!~TashaTudor~ターシャ・テューダ1915.8.28-2008.6.18子育てを終えた絵本作家が、56歳、アメリカ北部の広大な土地に、美しい花の庭をつくり、花に{忙しくて心が迷子になってない?}と、お茶を飲みながら、語り掛ける。ドキュメンタリー映画監督、松谷光絵さんの、10年間の記録、♪ターシャ・テューダーの静かな水の物語♬ターシャ92年の軌跡。静かな水の物語、ターシャ・テューダー。

  • 予期せぬ出来事 / アルハンブラの思い出

    3月27日からの自粛、人は刺激がなければ、時間があっという間に過ぎてしまう、と、能学者が示すように、50日余の長い間、何をしてたかの記憶が、とんと浮かんできません。その反動でしょうか、昨日。知人宅を訪れた後、八王子の駅に着いたとたん、何を間違えたか、書店に入ってしまい・・・大変です。爆買い。半分以上は完読はしない書籍、ひょっとすると、埃のまま積み重ねられかもしれません。この行動が、小雨の今夜の八王子、微妙にこびりつき、脳を刺激しています。塚越慎子さん村治佳織さん山宮るり子さん世界を架け続ける、三人の奏者が、奏でる~アルハンブラ思い出~フランシスコ・タレガ作曲イスラム教徒に支配されていたスペイン、国土回復に対抗したキリスト教徒が、各地にあったイスラム王朝を、国外に追放した最後のスペイン・グラナダの宮殿。アルファン...予期せぬ出来事/アルハンブラの思い出

  • 苧環の、向こうに私の花?

    紫の苧環、紫に限らず好きな花です。花に注目をする前、素通りしていたころから、苧環の花を見ると、名も知らなかった、この花の前で、つッと、足を停め眺めていた、記憶がつと、よぎります。5月14日、紫の苧環が誕生花と知ったのは、ごく最近。「あなたの花ですよ」と・・・。足を止めた記憶を紐解き、相槌は返さなかった。私の花は・・・?ビジョン・フリーゼの樹里と、マルチーズのももと17年余、空に見え隠れする、一本足の👇だと思ってたけど・・・!ウン!・・・う~ん?コロナ騒ぎ、土曜日の八王子は、自家用車が、途切れなくなって、明日は、いい天気。7月までは、気は緩めないと都内の規制ですが、少しだけ、ほんの少しだけ・・・、黄色い西洋オダマキを撮る機会を・・。日本原産、ミヤマオダマキ。苧環の、向こうに私の花?

  • 出羽三山神社・一億の祈り、にブルーポピー、コマクサ。

    都内はスティー・ホーム。ヒマラヤの青いケシも、コマクサも、海蘭も、厳しい環境で、美しく、可憐に、陽を浴びてる。村治佳織さん、2011年、右手後骨間神経麻痺2013年、舌腫瘍に罹患し、谷川公子(koko)さんは、2008年乳癌を発症し、食事療法で、克服した、ピアニストで作曲家。共に苦境から、東洋的な感性を透明感で、表現し、村治さんとユニットを組み、東日本大震災の被害者の方の鎮魂と、復興に「一億の祈り」を作曲し、村治さんがギターを弾いた。出羽三山神社、一億の祈り・村治佳織さん2019.9.1出羽三山神社・一億の祈り、にブルーポピー、コマクサ。

  • 腿に清流の聖滝、奥多摩川苔山。

    新聞地方版の小さい記事、八王子の、飲食店の店主たちが道の駅に下す、農家の食材を使って、自粛で疲弊した人たちの舌を喜ばせているという。それぞれ個人の店での創意工夫のニュースは見るのですが、店主たちが集まって、というところがいいですね!奥多摩、日原街道の登山口から、川苔山の沢登りをしなければ、見られない聖滝、昔、戦いに敗れた落人が敵の目に映らないように、選ぶのは川登り。落人ではないけど、沢の清流が、身を引き締める、を感じると、落ち武者の、男の意気に燃えてきます。沢の景色が変わり始め、白妙・・石灰岩の岩肌が周りをめぐらします。2018年、5月初め、下半身ずぶぬれに、歯と歯がカチカチ。川苔山、山頂はまだまだ先も、聖滝、この日の目標地はここでした。👇川苔山、山登り腿まで水に浸らなければ、見ることが出来ない一枚。だから、登...腿に清流の聖滝、奥多摩川苔山。

  • 寶登山神社。巨犬が大和武尊を救った。

    散歩するにも、運動するにも、仲間と会食するにも、爽やかに晴れている八王子です。日毎少なくなる都内の感染者ですが、すんなり喜んでいいか、コロナの性質を肝に命じなさい、と、諭されると、じくじたる思い、眉に立皺、口はへの字になります、が、頭のてっぺんでは、やたらあちこちの景色が、やんわりと浮かんで来てるわけです。2018年、埼玉県長瀞渓谷にある、宝登山に登り神社を見物していました。平成21年極彩色に塗り替えられ、彫物師の鑿裁きは、塗料の迫力に押されました。不思議です、きれいになると、歴史の重さが、チョット薄れる。秩父神社、三峰神社に並ぶ、秩父社で、いづれも、極彩色に装飾を施し、観光客を楽しませています。社殿創建の歴史は、1847年で、熊谷の飯田仙之助さんの息子、飯田岩次郎さんが手掛けた彫刻。右下の墨書は、額を彫ってい...寶登山神社。巨犬が大和武尊を救った。

  • トムがネズミ取り必勝法の本を買った。

    自粛で住んでいる集合住宅、かつてないゴミが収拾プレハブにあふれています。朝、整理中の管理のおばさんが、ぼやく。『ネズミが喜びま〜す』思わずごみ袋、背に回して車で、近くの、眼科医院まで同乗させてしまった。34年前、1986年ウクライナの原子力発電所事故で、放射性物質が流出し、今は完全に人のいない町になったチョルノーブイリ。国境まで30キロ余り、隣国、報道されないベラルーシでは7日1日で913人が、コロナ感染者が出て、すでに2万人が被害に遭っているという。しかも、消費者心理が委縮しているのに、国は、集客をし、利益を上げ、税金を通常以上に計上せよと、自粛規制などしかないのだという。ロシアのアーテイストはベラルーシの、コロナ感染の動画をおもしろく、おかしく、配信し始めているという。そのロシアも、一日1万人を超える感染者...トムがネズミ取り必勝法の本を買った。

  • イタリア・日暮れの医療戦士に!

    伏せた目に心を奪われ、手を取り走る日もあった。手が離れて、寡黙の日々を送ったこともあった。言葉の知らない私にも、判る何かが、あるとすれば、9か月の時を経て、苦難の日々を送る人たちへの、画像をページにした指先、夕の6時、教会の塔が見える、世界に発信した、ビルの屋上からテントで治療する医師たちへの、メロディーが👇https://blog.goo.ne.jp/y21h31i51/e/6905131de4b9724a926e0e02d506d6e8無断で私のページを埋めること、きっと、許して下さるだろう・・・と。イタリア・日暮れの医療戦士に!

  • 登山者の消えた高尾山・輪島キリコ。

    群れから離れた、小象が、17時間爆睡した、昨日、今日は不思議、寝起きのふらつきが、眼の奥の頭痛が、しっかり消えた。八王子のコロナ感染は昨日(4日)で42人。退院した方が24人と、少しは明るい数字なのに、規制項目の、テレビを睨んだり、チャンネル変えたり、日が昇る丘陵、雨雲を呼ぶ、風に回る物干しハンガー、眼はあっちに、こっちに!~登山者の消えた高尾山~👇2020・4・29(特別に許可を得て一部、小型無人機で撮影)【時事通信映像センター】高尾山に人々が戻るまで、今日は昨年4月のファイルに再び、陽を当てさせていただきます。地元の方たちが、こんな風は初めてだ、と、語るほどの強風、朝市出店の皆さん早々とテントをたたみ、半島の裏、七尾まで、車を走らせるかを迷わせた日でした。奥能登には800本が保存されている。輪島キリコ。18...登山者の消えた高尾山・輪島キリコ。

  • ランプに灯が点るなら。妻篭宿木曽路。

    明日の,制限緩和が出る地域が、さらに緩和されて、町の空気を喫えるなら、5月末まで伸びた特定警戒地域の八王子に住む、私たち、自宅に籠るのも、あとわずかと、国の発信の心に巣くった疑心暗鬼のひとかけら、消えていたランプに、摺ったマッチの炎がゆらゆら・・・と・・。マッチがただ、燃え尽きませんように・・!👇1700年代のドイツ張りの建物を、明治百年記念事業で、解体修復された、妻篭宿。江戸後期、東海道の河川の氾濫を避けて通れる利便も、険しい山道、冬は厳しく、雪の中、通行困難な木曽路、31軒の旅籠に400名近くが住でいた。見学2020.3.25でした。ランプに灯が点るなら。妻篭宿木曽路。

  • Wanted こんな、いとこ。

    八王子で軽感染者が宿泊するホテルで、ロボットが対応する。気落ちした患者の救いは、不安の表情表現で声をかけてくれる、一言。ベットに看護師の白衣が、揺れる様子が、カーテンを開ける手の動きが、巡回の懐中電灯の明かりが、患者の心をときめかすのに・・・。私がコロナに感染したら、橋の欄干にしがみついて、橋の下にテントを張って、ここでいい〜。👇給油スタンドから、遠回り、久しぶりにシャッターを押した、ハナミズキの小川。かいか~ン!こんな👇いとこの助っ人が欲しい100人いたらコロナが星屑になる~トムとジェリー~ごきげんな、いとこWantedこんな、いとこ。

カテゴリー一覧
商用