プロフィールPROFILE

vncatさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
書くことで。
ブログURL
http://vnvat.blog78.fc2.com/
ブログ紹介文
人生にこんな事はあり得ないって、思っていた
更新頻度(1年)

63回 / 365日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2015/09/23

vncatさんのプロフィール
読者になる

※ランキングに参加するとカテゴリ順位・ポイントが表示されます。

今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数

新機能の「ブログリーダー」を活用して、vncatさんの読者になりませんか?

ハンドル名
vncatさん
ブログタイトル
書くことで。
更新頻度
63回 / 365日(平均1.2回/週)
読者になる
書くことで。

vncatさんの新着記事

1件〜30件

  • 歩いている

    歩いている。 散歩?ウォーキング? ウォーキング、というには 目的意識がないし、散歩というには 気分的にセワシイ。毎日歩くようになった友人がに 歩きなさい、と言われてから そうねぇ。。と曖昧に返事して、とりあえず、2kmぐらい歩こうかな、と思い歩き始めた。3週間続いている。 友人に毎日、報告している、という事も継続の要因になっている。今は4km歩いている。山口から 時折実家に帰ってくる友人に誘われて8...

  • 今日は朝から涙が出る

    何なんだろう? 割と平気で過ごしていたこの頃だったのに朝起きてから  何を見ても涙が出てくるすべて夫がいないことに起因してる涙。何があった、というわけでもないのにこういう 気持ちの波は なにか体内の周期みたいなのに 支配されているのだろうか。...

  • 歌の上手い人

    夫の転勤先の離島は小さな町だったのに 飲み屋さんがたくさんあった。船の重要な寄港地だから 人口の割には 飲み屋さんが多いんだ と夫が言っていた。夫も職場の人たちと良く呑みに行っていた。その地では キュートヘアの友人ほか 2,3人良く行き来していた友人(おかあさん)仲間がいた。あるとき、夜、飲みに行こうか、という話になった。何処に行ったらいいのか、わからなかったのでそれぞれの夫達の行きつけの店を教えて...

  • もじゃもじゃ頭の友人

    夫の転勤先で 知り合った人の一人なんだけど 決して変な髪って言うわけではなく、全体にパーマを当ててて風に吹かれて もじゃもじゃって広がって キュートな感じでもう彼女にはこの髪型しかないというぐらい似合っていた。今日その彼女に よく似た人を見た。市内の小学校音楽会に孫が出るので コンサートホールへ行き,開場を待っていたら私の前に もじゃもじゃ頭の 私ぐらいの人と その娘さんというぐらいの人が 座って...

  • http://vnvat.blog78.fc2.com/blog-entry-730.html

    ケヤキの幹に穴があいてた。台風による塩害でケヤキの葉が 枯れてチリチリとなった。木が大きくなりすぎてもいたので 幹を少し切ることにした。鋸をいれたら 水がたらたら流れてきた。  そのまま切り続けたら 幹にいくつかの穴があいていて 蟻が大慌てで出てきた。蟻みたいだけど、シロアリだったらどうしよう、と気味悪くなり そのまま放りっぱなしで ネットで調べてみることにした。 どうやら、シロアリが生木を食べて...

  • 繋ぐ人

    時折 不安定な気持ちになるのだが今日は不安定度数が高い。夫の実家の古い写真の整理していたら写真からたくさんの過去の時間が押し寄せて自分はどこへ行くのか、何者なのか、ちっぽけな存在の自分をより強く感じたのかもしれない。たくさんの古い写真 誰なのか、どこなのか、ほとんどわからないのだが、 夫が育った町の古い写真をその町の資料館へ届けたいと思って仕分けしている。義父は写真が趣味だったから 古い写真がいっ...

  • QUEEN

    QUEEN,映画 ボヘミアンラプソディ を見るまでは全く知らなかった。NHKの番組でドーモ君が口ひげつけて出てきて 映画の紹介をしてた。口ひげなんでつけてるんだろう?って思ったほどだから。紹介内容に惹かれて これ見よう、と決めた。映画館に足を運ぶことがほとんどないから 「決心して」映画館に行った。 (面白そうだな、と、思っても行くのが面倒だったりするから)映画を見る前に QUEENってどんな人達だろう、何人?ぐ...

  • ある老夫婦

    車で数分のスーパ― そこは古くからの店で 現金払いのみ。夫の実家の近くで お姑さんの日常の買い物はそこだった。地元の野菜を安く買えるので 今日はそこに寄った。レジが終わり 袋詰めしていると 隣で 腰の曲がった80ぐらいのおばあさんが 袋詰めしていた。そこに同じく腰の曲がった おじいさんが タイミングよく表れて 袋をとり 出口へと向かって行った。二人とも現役で働いているのかな、農家の人かなあ、、野良着...

  • 箱にしまい込んであった香典袋と弔電

    階段下の物入れをどうにかしなければと すべて引っ張りだしてみたら子供たちの作品の箱だとばかり思っていた箱に香典袋と弔電が入っていた。子供達がエクセルで整理してくれた後 捨てた、と思い込んでいたのでちょっとした衝撃を覚えた。フラッシュバックというやつなんだろうか、これも。お通夜、お葬式、まだ現役だったので多くの人が来てくださった。ほとんどが知らない方達で こんなに多くの人とかかわって仕事していたのだ...

  • 涙が出ない過去の遺物

    夫と知り合ってからの思い出の物は平静に見始めたのに どうしても涙が出てしまう。where are you ?このブログ、ずっと読ませていただいているのだけどポーランドの記事がアップされていて、  「そう言えば、私、高校時代、ポーランドの人と文通しているのを思い出しました」と コメントしたら なんという町の方? 当時はポーランドは社会主義だったのですよね、という返事をもらい、なんという町だったけかな?そんな昔の手...

  • 捨てるを続行中だけど、

    2世帯で暮らし始め、一階に私(私達)のものをすべて移した。今まで一階には ダイニングルームと和室、ピアノの部屋、と物はほとんど置いてなかったのだが今 洋服ダンス、チェスト 鏡台、本棚(3)CD棚、を置くようになり、狭くなった。私一人が暮らしている空間だから 何にも問題はない。でも、物があるとうるさい。物置小屋を作り そこになんでも押し込もうか、とも考えたけどとりあえず目につくところがすっきりするだけ...

  • パリの散歩道

    一人の散歩をブログにアップした後散歩繋がりで羽生結弦君(さん)のパリの散歩道を、一昨日見て興奮したことを思い出した。夫はスポーツ番組は、個人種目が好きで マラソンとかよく見てた。フィギュアスケートも 二人でよく見ていた。見てるとき、熱い声援を送るわけではなく、、 その演技にただただ、見入っていただけだったが。 でも、淡々とじゃなく 息止めてしっかり応援してた。友人の一人に羽生結弦君(さん)の大ファ...

  • 一人の散歩

    いつの間にか季節が進み ひんやりとする朝もある。散歩するのにいい季節になった。昨日友人と話していたら 彼女は毎日歩くようにしてるらしく私にも 少しでもいいから歩きなさい、と。昨夕、早速歩いた。4歳の孫を誘ったが 断られた。2,3歳の頃は私の散歩に付き合ってくれてて目に入る景色一つ一つに涙してても 小さい子だから 気づく事もなく 私も涙が出るに任せて 孫の手をつなぎ 散歩していた。時折、しーちゃんも一...

  • 会いたいなあ~

    夫と同じ年位の人を見るとあ、生きてる、あの人、生きてる、、、っていつもそう呟いている。会いたいな~どんな会話をしていただろう。どんな日々だったのだろう、...

  • どうやら 平穏な気持ちになれそうだ

    ちょっと、いや、すごく大変だった事が どうやら解決した。夫だったら どうやって考え対処していったのだろう仕方ない、あれこれ考えても どうしようもない、だったら シンプルに考え 事を終わられた方がいいと、言うだろう。私はあれも、これもと色々な感情をないまぜにし、取り込み悩まなくてもいい事まで 悩んでしまう。だからと言って 足踏みはいやだから突っ走ってしまう事、多々ありで くよくよしつつ 突っ走り 早...

  • さすが、思った通りの立ち直り

    心配していたブログ主さん、 凹まずに 立ち直っていた。しかも論点ずれる事なく 自分をさらにしっかり見てた。私にはない 素晴らしい考え、身のこなし、どよ~~~~んと 暗い穴の底に張り付いて そのままの状態の時に 彼女のブログの言葉が ばね付きの靴を履いたみたいに ピョ~~~と 穴から飛び出せることがある。極端な話 道を歩いていて 向こう側の歩道にいた人が転んだ時もしかしたら 私が原因?なんてそんな風に...

  • 毎日のように見ているブログ

    その方は 私の子供世代の方。 実家に帰っているとき 突然に夫の死を知らされたという状況が似ててそのブログが始まった時から、ほぼ見ている。 ほぼ毎日のようにアップされてるし読んでて励まされることも多いから。でも、昨日のブログを見ると 珍しく凹んでいた。どうしたのだろうと思い普段はコメントまでは読まないのだが、その問題になった記事のコメントを読んでみた。ある日の一コマ、子供とのかかわりを綴っていた。そ...

  • 寿命という概念

    寿命とは命がある間の長さのことであり、生まれてから死ぬまでの時間のこと とあった。夫は66歳で死んでしまった。今の私は夫より5か月も長生きしている。夫が生きられなかった時間をこれから生きていかなければならない。今日ネットサーフィンしてたら「寿命の研究 それは最初から決まっているのです。」という 見出しが目に入った。2015年2月の週間現代の記事でまさかその半年後に夫が死ぬなんて考えてもなく毎日をありがたい...

  • 7年越しの思いを果たせた

    2012年9月に 夫は自分のブログで 庭のストロベリーガバを紹介していた。その記事を読んだ方から、家のガバは黄色い実なんですよ。と書き込みがあった事を 夫は教えてくれた。夫はその方に、赤い実のなるガバ、ストロベリーガバをあげたいと 実生で育てた。一年後、ガバは 庭に植え替えてもいいぐらいに成長した。その書き込みしてくださった方は 先日、薪能があった町の方で私の友人の家からも近かった。ガバが大きくなった...

  • 薪能

    薪能 前日の雨の為 当日は天気が良かったのだけど 会場は外ではなくて ホールになっていた。演目は 融 (とおる)源融の霊が 若い頃のあでやかな姿で現れ舞うのを見ながら霊の存在、信じる、信じないでなく 霊は存在して当たり前 生きている人が存在するのと同様にと霊と人との境目などない不思議な感じで それが心地よかった。能は でも 素養がないから、ちっとやそっとでは 楽しむ、まではいかないなあ。。その夜は...

  • 薪能

    私のベストフレンドと 今日は薪能を見に行く予定です。彼女とは違うところも多いけど似たところも多い。彼女と居て居心地いいなと、おもうのは彼女は人の悪口を言わない、人を悪意にとらえない。私もそう。夫もそうだった。職場の愚痴、ほとんど聞いた事がなかった。就職したての頃、 私は上司のいい加減さが嫌でたまらず夫に愚痴った。 夫は どの職場でもあること と話を聞いてくれなかった。聞いてくれるだけでいいのに、と...

  • 夫宛てに書く。

    ウィンドウズ98を夫が買ったので それで遊びたいと思って HPを作ってみた。普通の人でも簡単に作れるようになっていたHPだったが、まだまだ面倒だったように思う。使っていたプロバイダが ブログサービスを始めたというのでやってみることにした。気軽に発信できて コメントも簡単にやり取りできた。やがて、無料で作れるブログというのを見つけ その中の一つ、FCブログで どんなものか、ブログを作ることにした。2009年5月...

  • 自然災害

    今年の台風でも多くの人が亡くなり多くの被害がでた。命を守りましょう と テレビでも 命を強く 呼びかけていたのに今朝も インタビューを受けていた家族が 亡くなった時の様子を話していた。父は責任感のある、明るい人でした、と過去形で(死を認めた言葉で)話していて一見、死を悲しんでいないかのようにも感じるのだが、決してそうではなく死の直後は 死んだ事実にしっかり向き合えてなく 感情より事実を淡々と話して...

  • お日様より先に起きてしまう

    宵っ張りで朝が弱かったのに、朝、5時とか6時に目が覚めてしまう。今朝は目が覚めた途端 夫の事を思ったわけでもないのに一人、たった一人、 もう夫はいない と突然 声をあげて泣いてしまっていた。時間についていけない半分の自分が 突然表に出てしまったようでいない、に、慣れてきたかも、と思っていたのに半分の私が恋しがっているのか夫が私を思ってくれているのか。。...

  • へこんでばかりはおられないので

    とにかく体を動かすこと、何かをし続ける事(まるで回遊魚か、、と、突っ込みたくなるけど)考えられるだけの事を実行した後は もう いくら考えても同じ。でも、ついつい 考え込んでしまう。だからシンプルな作業をして 気持ちをそらす。台風の塩害で植木がみじめになってしまった。葉がチリチリになり 毎日 ハラハラ、、じゃなく バサバサ落ちてきてて木を見上げたら 大きくなりすぎていると感じたので幹、枝を のこで切...

  • 品位を失わないように。

    ある出来事が起こり 連絡しあわなければならないと思い連絡を入れた。言葉の一つ一つに誤解を生じないように 気を遣い自分の立場だけを主張しないように 客観的な視点に立ち やり取りをしてきた。 でも、突然 意図しなかった方へ事態がいってしまった。相手方が 私をなじるような 勘ぐるような メールが来た。今までだったら 心の痛みだけで終わっていただろうに体が反応してしまった。動悸が激しくなり、手が震えてきた...

  • 生きるって大変だなあ、、

    瀬戸内寂聴さんが こんなことを言っているのを見た。私たちはこの世での苦労に不平不満を吐いたりします。しかし、この世の苦労は来世でよりよい生活をするための修行だと思えば、耐えることができるはずです。このことは 来世がある、という事、 魂は生き続けるという事になる。この世で終わりだとしたら この世の苦労は ただ自分を痛めつけるだけに過ぎないのだが魂をより高くするための修行と考えると 言われると 苦労も...

  • 私一人に押しつけて さっさと逝っちゃったなー

    気が付くと 心配事 色々あってどこの家でもそうだろうけど、、残された私は どう、問題に対処していったらいいの!と悲しみも、寂しさも、心の穴も、一時、どこかへ吹っ飛び恨めしく思う。こういう事には 静観する人だった。私みたいに どうしよう、どうしたらいいのだ、と 頭がいっぱいになって ハムスターみたいに 回し車を ぐるぐる回るような事はせず、 私がどうしたらいい?と 責め口調でいうとどうにもならない、...

カテゴリー一覧
商用