chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • 木曾海道六十九次 酔ケ井

    「酔ケ井」近江路は伊吹山麓の南をかすめて、間もなく琵琶湖畔に向かう。山又山の路をたどった中仙道の旅人は、平らな街路を軽やかに歩み進めていく。琵琶湖は次の宿場を過ぎたころ、ようやく見えてくる。醒ケ井は古くから旅人の渇を癒した処でもあった。木曾海道六十九次酔ケ井

  • 一年前のブログ

    木曽道中岩村田「岩村田」岩村田は現在の長野県佐久市に成る。シリーズ随一の異色作で盲人の喧嘩場を描き、英泉の体臭を最も発散させている作品である。七人の顔は百面相を見る様で、仁王のようなご......>続きを読む一年前のブログ

  • 木曾海道六十九次 柏原

    「柏原」江戸を発って近江路はじめての宿場柏原の名産は、伊吹もぐさである。昔から灸に使われる「艾」のことで、原料はヨモギの葉である。亀屋は、現当主五十三代によって健在である。店の右端に福助像、中央に伊吹山の盆景、左端に金太郎像があり、奥底を見させての「酒さかな」「金時もちや」を営業させ、当時の繁栄ぶりを忠実に描いている。木曾海道六十九次柏原

  • 一年前のブログ

    木曽海道六十九次小田井「小田井」追分宿のはずれ、北国街道といわれる小諸・上田経由で善光寺へと通ずる、広々とした原野がつづく小田井宿。遠く浅間を望み、すすきの生い茂る無人の荒野を「本堂造立」の旗......>続きを読む一年前のブログ

  • 木曾海道六十九次 今須

    「今須」関ケ原から一里で今須宿に至る。さらに柏原の方へ行くとこの絵の長久寺の集落に出る。「江濃両国境」「寝物語由来」「不破之関屋」などの字が見え、此処が近江と美濃の国境であることがわかる。不破の関は越前の愛発、伊勢の鈴鹿とともに日本三関の一つといわれ、近江と美濃の国境地点に近く、古代、近江朝廷を守る中仙道上の要地であった。木曾海道六十九次今須

  • 一年前のブログ

    木曽街道追分「追分」追分宿は中仙道と善光寺道の分かれる所で、中仙道で最も高い地点にある宿駅である。上信国境に裾を広く拡げた美しい山をもつ浅間山は、三重式活火山で那須火山帯に属す。標高......>続きを読む一年前のブログ

  • 木曾海道六十九次 関ケ原

    「関ケ原」「名ぶつさとうもち」「そぼきり」「うんどん」と書いた提灯や看板が見える茶店は、内に草鞋や傘などもぶらさげている。蕎麦切りと云う言葉は慶長ごろから使われ、後に「そばは江戸、うどんは上方」と云われたが、此の様に一緒に売り出すようになった。関ケ原宿は北に伊吹、南から鈴鹿の山が迫り、平地の最もくびれたところで、昔は中仙道きっての大宿であった。関ケ原は石田三成(豊臣方)と徳川家康が戦い、徳川家が天下を取る契機となった古戦場である。木曾海道六十九次関ケ原

  • 木曾海道六十九次 垂井

    「垂井」松並木を通り大名行列が垂井宿に入る処だ。入り口の両側には土塁が築かれている。先導する蓑笠の二人は問屋場の下役達で、傘をさし手を出しているのは宿役人であろう。「お休み処」「御ちや漬」などの看板をあげる二軒の茶屋には、美人画や風景画の版画が飾られている。日中軽い雨が降っている。垂井宿には天保十四年(1843)家数が三百十五軒だった。木曾海道六十九次垂井

  • 一年前のブログ

    木曽海道六十九次軽井沢「軽井沢」軽井沢宿の風景で浅間山を背景に、馬上の客と馬子が煙草の火を付けあっている。腰を屈めて焚火から煙管の火を取る旅人の姿には、侘しさが漂う。小田原提灯や焚火の灯りが光......>続きを読む一年前のブログ

  • 木曾海道六十九次赤坂

    「赤坂」赤坂と垂井の間にある青墓の里は、遠江の池田、駿河の手越と共に日本の三大遊郭に数えられ、平治の乱に敗れた義朝父子が身を寄せたのも此処であった。揖斐川を渡って赤坂に入ると、東側に杭瀬川が流れる。此の絵はその川を描いた物で、橋のたもとには宿名や里程を標す長い角材の表示杭が立っている。木曾海道六十九次赤坂

  • 一年前のブログ

    木曽海道坂本「坂本」刎石山を借景に坂本宿を俯瞰して旅人達で賑わう街道と、その北側の家並みを描いている。この宿場内の街道の長さは392間あり、道の中央には往来する馬の飲み水や防火用に4......>続きを読む一年前のブログ

  • 木曾海道六十九次 みえじ

    「みえじ」この宿場の名は美江寺観音に由来するものである。美江寺という名は、「美しき長江のごとくあれ」と祈念されて美江寺という寺院が建てられた。美江寺宿の近くの小高い堤防へ登る坂道で、旅人が地元の人に道を尋ねていて、通りがかった行商人が話を立ち聞きしている。日没間近になって地平線の上空を赤く染めはしめたころであろうか。高くのびた竹藪がゆれ動き、それに伴って雀が飛び交い、囀る声が静寂に響く。右辺の椿の花の色がことさら美しさを添えている。木曾海道六十九次みえじ

  • 一年前のブログ

    木曽海道松井田「松井田」大きな松を中心に、緩やかに曲がる坂道を描く。往き来する人もまばらで、荷を積んだ馬ものんびりと歩む、道の傍らに小さな祠があり、それにふさわしい小さな幟が二つ立ち、......>続きを読む一年前のブログ

  • 一年前のブログ

    木曽海道六十九次安中「安中」両側に迫る丘の間に緩やかな坂が伸びる。路の先は下り坂のようだ。蓆(むしろ)を広げて何か仕事をしている老女らしき農家の人に、杖を突き、笠をかぶった旅人が話しかけてい......>続きを読む一年前のブログ

  • 木曾海道六十九次 河渡 

    「河渡」河渡(ごうど)は長良川を越す渡し場の宿であるが、京に上る旅人はすでに路銀も少なくなり、この宿は足早に立ち去る人が多かった。此処ではそのような宿場とは関係なく、長良川の鵜飼の有様を描く。鵜匠が鵜を使うのは鎌倉時代から行われたが、徳川時代になり隆盛になった。使う鵜は海鵜で、一人で十二羽まで操作して、魚を捕えた鵜の姿がシルエットで描かれ、手に檜縄を握る鵜匠、船中には鵜籠があって、当時の風俗を窺わせている。木曾海道六十九次河渡

  • 木曾海道六十九次 加納

    「加納」遠景に加納城が見られる、この城は一名沓井城といい、文安二年(1445),土岐氏の家臣斎藤帯刀左衛門利永によって築かれたが、天文(1555)頃廃城となっていた。しかし家康は、岐阜城を廃し、代りに南方を通る中山道沿いの加納宿を設けるとともに、加納城を築き,女婿の奥平信昌に10万石を与えて城主に据え、街道の管理掌握に当らせた。衣服や調度などを納めた長方形の挟箱を担いだ二人を先頭に、槍先の鞘に白毛の飾りをつけた毛槍を振る二人、続々と続く一行は参勤交代の大名行列である。木曾海道六十九次加納

  • 一年前のブログ

    渓斎英泉木曽海道板鼻「板鼻」板鼻宿は英泉が描いた物だが、広重が一貫して用いていた「木曽海道」が此処では使われている、不思議な作品である。板鼻宿本陣跡は板鼻公民館近くにある。現在もやや幅の広い用水路......>続きを読む一年前のブログ

  • 木曾海道六十九次 鵜沼

    「鵜沼」木曽川の河畔の小山の頂に建つ犬山城は松本城、彦根城、姫路城、松江城と並ぶ国宝五天守の一つで、築かれた年代は信長時代の最古(1537年)という天守である。木曽川を隔てた対岸に鵜沼宿の家並みが見える,中山道の鵜沼宿は濃尾平野北端の交通の要衝に位置していた。犬山城は愛知県で木曽川を渡ると岐阜県の鵜沼に至る。木曾海道六十九次鵜沼

  • 一年前のブログ

    木曽海道高崎「高崎」高崎宿から三国街道が分岐しており、その起点の宿場である。現在の群馬県高崎市にあたる。中山道と三国街道の分岐点にあたり、幕府の佐渡金山からの人馬車など多くの旅人が横行して......>続きを読む一年前のブログ

  • 木曾海道六十九次 太田

    太田「太田の渡し」は、中山道の難所中の難所であった。この川を流れて行く筏は、尾張藩領の木曽山中で伐採した檜などの木材を尾張の熱田湊まで運んで行く筏である。客を乗せた渡し舟では、流れに押し流されないようにと船頭が舟の舳先を懸命に川上に向けて漕いでいる。手前の堤防では、首から頭陀袋をかけた巡礼の親娘が、これから渡る木曽川と対岸の太田宿を眺めやっている。石に腰を下ろした旅人二人と、さらに堤防の下の川岸には旅人三人が、渡し舟の到着を待っている。大正二年に太田から犬山まで舟で下った地理学者志賀重昴は、その間の景観を讃え「日本ライン」と命名した。木曾海道六十九次太田

  • 一年前のブログ

    英泉木曽街道倉賀野宿烏川之図倉賀野(群馬県高崎市)烏川は利根川の上流で江戸との間に舟運が開けていた。倉賀野宿は商人ばかりでなく河川で働く船頭や、荷役、船大工、街道筋で働く牛方、馬方で賑わっていた。川縁に......>続きを読む一年前のブログ

  • 木曾海道六十九次 伏見

    「伏見宿」木曽川の流れの変化などにより、渡し場が上流へ移動された。土田宿は廃宿となり、(1694年)上流に位置する伏見宿が誕生した。台傘・立傘を担ぐ奴二人を前に、杉の大樹の木陰で昼寝をする者、食を取る者等、極めて庶民的な感覚を満喫している。右側には三人の瞽女が描く。彼女達は全国の農村や漁村を数人でまとまって廻るのが常で、語り物や流行り歌・民謡等を、三味線を弾きながら昼は門付し、夜は宿で唄って物品や銭を稼いだ。左からは医者が近づいてくる等、登場人物も多彩である。木曾海道六十九次伏見

  • 一年前のブログ

    木曽海道新町「新町」新町宿の背景に富士山にも似た上州の赤城山が描かれており、伸び伸びとした広大な自然が広がってる。新町の温井川に架かる弁天橋を渡る荷を背負う二人を描く。此れから間もなく山......>続きを読む一年前のブログ

  • 木曾海道六十九次 御岳

    「御岳宿」障子には「きちん宿みたけじゆく」とあり、御嶽山の御神灯を軒に吊るしている。木賃宿は自炊をして木賃すなわち燃料代だけで泊まれる所との意で、普通の宿屋より安く泊まれた。大きな茶釜をかけた囲炉裏をかこんでいるが、笈摺姿の女巡礼も見える。御嶽山は富士山や白山などと並び古くから信仰の対象とされ、北は野麦峠を経て乗鞍岳に、西の裾野は高山盆地まで延び、日本三大美林に数えられ、藩政時代には特に林政に力が入れられた処である。木曾海道六十九次御岳

  • 一年前のブログ

    (木曽街道)支蘓路ノ驛本庄宿神流川渡場「本庄宿」神流川渡場神流川は武蔵と上野の国境をなし、武州側より対岸の新町を望むところを描く。両岸に立つ、常夜燈は3代目戸谷半兵衛こと光寿が寄進したもので、夜に川を渡る人のため......>続きを読む一年前のブログ

  • 木曾海道六十九次 細久手

    「細久手」細久手宿は大久手と御嶽の間が長かったため、間の宿として創られた当初から天保頃まで戸数が殆ど変わらなかった寒村である。細久手宿への入り口付近の坂の上から描いたものである。人物描写に動きがなく、人形のように描かれているが、背負木を負う男や鎌を持つ男女の土地の者に加え、荷を振り分けて坂を登ってくる者と、細長い筒を肩にする者との二人の旅人を配するなど広重らしい。木曾海道六十九次細久手

  • 木曾海道六十九次 大久手

    「大久手」大久手は大湫とも書く。この宿を過ぎると平坦な道が続き、左側には母衣岩・烏帽子岩など露出した岩石が数か所見える。美濃平野の平坦な野に松が、か細く立ち広々と感じさせる。柴を背負う夫婦の姿が中央に描かれ侘しさを出している。木曾海道六十九次大久手

  • 一年前のブログ

    岐阻街道深谷「深谷」深谷宿は、木曽街道六十九次のうち、江戸から数えて九番目の宿場。現在の埼玉県深谷市にあたる。深谷宿は中山道で最大規模の宿場で、本陣1、脇本陣4、旅籠80余有り。商人が多......>続きを読む一年前のブログ

  • 一年前のブログ

    栄泉岐阻道中熊谷宿「熊谷宿」木曽街道9番目の宿画面右側の杭に「右おしげうだ」(忍行田道)「左深谷二里廿丁」と刻まれている熊谷宿に入る手前の別れ路を描いている。吹上を過ぎると此の絵のように、くね......>続きを読む一年前のブログ

  • 木曾海道六十九次 大井

    「大井」雨や雪を表情豊かに描き分ける事では広重に勝るものはいない。大井宿では、山間にしんしんと降り積もり、冠雪した松樹の合間を人馬がうつむいて歩む表情のため、古風な印象を受けがちだが、その画面構成には明確に近代的な造形を感じる。木曾海道六十九次大井

  • 木曾海道六十九次 中津川

    中津川(晴)重畳たる山間を縫う木曽路に別れを告げて、明るく開けた美濃路に入り、二番目の宿驛が中津川である。折り重なる木曽の山々や恵那山を背景に、平坦な野を描く。篠懸をつけた山伏、頬被りに天秤棒で荷物を運ぶ土地の者、長持ちを担ぐ人夫など美濃路の旅の、のどけさが描かれている。木曾海道六十九次中津川

  • 一年前のブログ

    岐岨街道鴻巣吹上富士遠望英泉「鴻巣」人家が途絶えた寂しい道は、鴻巣宿近辺ではなく、さらに先の吹上辺りの風景である。旅路の目印とな榎が植えられている原野を、荷物を担った旅の商人や虚無僧が行き交い、背景では雪......>続きを読む一年前のブログ

  • 木曾海道六十九次 中津川(雨)

    中津川中津川の作品は、晴雨の両景二種類ある。中津川宿の遠方には晴れ間が次第に見えてきたのであろうが、まだここでは雨が重く冷たく降りしきり、雨合羽に身を包んだ旅人は、容赦なく降り注ぐ雨をじっと身に受けて、ただ先を急いで歩んで行く。白鷺がこの重苫しい雰囲気に、わずかながらの飛翔の動きをみせている。間断なく降る雨足を表し、木曾路の雨の旅情を感じさせる。木曾海道六十九次中津川(雨)

  • 一年前のブログ

    木曽街道桶川曠原之景「桶川宿」曠原之景雀の囀る、簡素な家の庭先で、石臼を使い脱穀している農婦に、振り分け荷物を背にした、旅人が氷川天満神社(加納天神)への道を尋ねている。主人は一服つけるため囲炉......>続きを読む一年前のブログ

  • 木曾海道六十九次 落合

    「落合」木曽路の嶮しい山道を難儀しながら歩いてきた旅人達は、馬籠宿の先の急な坂道を下り、前面に開けた平地の中に落合宿を見付けると、我が家に帰った気分になったという。恵那山に水源をもつ二つの川がここで落ち合ったために宿場の名前になった。大名の行列が坂を下ってくる、行列の後にやっと一般の旅人が見える。遠く雲の上に一際高く見える山は恵那山である。木曾海道六十九次落合

  • 一年前のブログ

    木曽街道上尾宿加茂之社「上尾宿」実りの季節を迎えた神域と農民の働きぶり、そして旅路である。上尾宿と江戸方に一つ手前の宿場である大宮宿との間に位置する加茂神社の秋祭りが近いであろうか、社には何本もの加......>続きを読む一年前のブログ

  • 木曾海道六十九次 馬籠

    「馬籠」妻籠を出て蘭川を渡る手前、左へ行けば清内路越で飯田へ、右に妻籠橋を渡れば中仙道、京都へ道が江戸からの道程より三十四里(136km)も近くなっている。これから最後の峠、馬籠峠を経て馬籠宿に入る。遠くに恵那山が見える此の図は、下方に馬籠宿が見えてきたこの山路で、落石を止める柵の下を牛に乗った人、空駕籠を担ぐ人などが行く。木曾海道六十九次馬籠

  • 一年前のブログ

    渓斎英泉木曽街道大宮宿冨士遠景「大宮宿」大宮宿に入る浦和寄りの付近は大宮原と呼ばれた。大宮原と野原の間三十町許あり、中ほどに立場の茶屋あった。此の付近を六国見と云い、此処から富士山、浅間、甲斐、武蔵、下野......>続きを読む一年前のブログ

  • 木曾海道六十九次 妻籠

    「妻籠」山また山の険しい木曽路。右上の道と中央の道は、道が幾度も曲折している事を示している。又路面の凸凹もかなりあった様子が波線で表現している。現在の妻籠は隣の馬籠と共に木曽の代名詞になっている。木曾海道六十九次妻籠

  • 一年前のブログ

    渓斎英泉支蘓路ノ驛浦和宿浅間山遠望「浦和宿」中央に描かれている橋は、浦和を過ぎ大宮に近い場所にあった、遠景の多くの小さな家並みは大宮宿である。左側噴煙が出ている山は信州の浅間山で、この絵のが、描かれた頃より約......>続きを読む一年前のブログ

  • 木曾海道六十九次 三度野

    「三度野」山里の三留野は春が来ることも遅い旧暦の三月頃恵那山脈の雪も解け始める頃となると人の往来も多くなる。一人の旅人と、段丘の畑には煙草をくわえて働く百姓や、頭の昼飯をしつらえた桶を乗せ、子供の手を引く女を描く。木曽路にも長い冬が終わり慌ただしい頃となる。木曾海道六十九次三度野

  • 一年前のブログ

    木曽街道蕨之驛「蕨之驛」渓斎英泉板橋と蕨の間を流れる戸田川は川幅五十五間(100m)あり満水時には1里(4km)にも広がり渡船は不可能になる。戸田の渡しと呼んで対岸に見える葦張りの小屋があ......>続きを読む一年前のブログ

  • 木曾海道六十九次 野尻

    「野尻」野尻宿の伊奈川を横切る伊奈川橋を描く。尾張藩が直々に修理にあたった木曽三大橋のひとつである。下方から見上げる橋は水量の激しさと桟の高さを表現している。木曾海道六十九次野尻

  • 一年前のブログ

    溪斎英泉木曾街道板橋之駅「板橋之駅」日本橋から二里半の板橋宿は、中仙道一番目の宿場で、街道の両脇に長々と家が建ち並び、南北十五町(約3km)にも及んだ。飯盛女郎も多く、宿揚は賑わっていた。この絵では繁......>続きを読む一年前のブログ

  • 木曽海道六十九次 須原

    「須原」上松から三里半の道程で須原宿に入る。宿の外れ野尻寄りに木曽義仲の菩提所、浄戒山定勝寺がある。。図の太い杉の木は定勝寺の境内のものだろう。激しい横なぐりの夕立に虚無僧や三人の男達が雨宿りをしているのは御堂の様である。一人が柱に落書きをしている。雨の中を走る人馬と俵を被った人のシルエットが、雨の旅情を感じさせる木曽海道六十九次須原

  • 一年前のブログ 木曽海道六十九次 旅立ち

    木曽街道日本橋雪之曙英泉木曽街道六十九次は渓斎英泉と歌川広重により描かれた。表記には前者.英泉は「岐阻街道、岐岨街道、支蘓路ノ驛、木曾道中、木曽路驛、岐阻路ノ驛」,等を使い、後者広重は「木曽海道」の題名......>続きを読む一年前のブログ木曽海道六十九次旅立ち

  • 木曽海道六十九次 上松

    「上松」上松宿に至る橋上の人物、落下する滝に向かって突き出た岩崖その上に小祠がある。小野の滝は木曽の名瀑で、元は木曽川に垂直に落下していた。木曽海道六十九次上松

  • 一年前のブログ

    行書版東海道五十三次之内日本橋曙旅立の図行書版東海道日本橋保永堂版五十三次では大名行列の出立を描いたが、此処では庶民の旅立ちを描いている。「行書」といった気軽さがそのまま絵に出ている。「曙旅立の図」とあるように......>続きを読む一年前のブログ

  • 木曽海道六十九次 福し満

    「福し満」中山道は藪原を過ぎ福島宿に入る。江戸と京のほぼ中間に位置する福島は木曽谷十一宿の最も農作物の豊かな地であった。全国五十余か所あった関所中、碓氷、新居、箱根の関と並んで天下四大関所の一つだったが明治二年に廃関になった。木曽海道六十九次福し満

  • 木曽海道六十九次 宮の腰

    「宮の腰」木曽山中の、宮の腰には「谷中狭きゆえに、田畑まれにして村里少なし、寒気激しきゆえ土壁無く、みな板壁なり、竹と茶に木まれなり寒甚だしきゆえ栽ふれど枯る」気候寒冷に加えて貧困の中に生活する人が多かった。霧深くうるんだ月影に親子五人家族の夜道を歩む姿が描かれている。この木曽谷には、明治時代に野麦峠を越えた「糸引き女工」物語もある。木曽海道六十九次宮の腰

  • 一年前のブログ

    東海道五十三次大津「大津」東海道最後の宿駅大津は、北国街道と出合い、琵琶湖南端にあって、陸上・水上交通の要地で在った。矢橋から湖水を船で行く水路もあり東海道の中でも最も栄えた大きな宿場だった。......>続きを読む一年前のブログ

  • 木曽海道六十九次 藪原

    「藪原」英泉藪原は木曽路最大の難所ともいわれた。頂上からの眺めは最高。西に御嶽山、南に駒ケ岳、そして眼下に木曽川の清流。柴を刈り里へ下る女人二人、これから難所を越えてやすらぎの宿場向かう旅人。鳥居峠周辺の風景を一つにまとめて描いている。現状は明治頃まではこの絵と殆ど変らなかった。木曽海道六十九次藪原

  • 一年前のブログ

    東海道五十三次草津「草津」石破の宿場に続き、土地の名物を食べさせる休憩どころ矢倉の立場の風景である。店の前では大きな荷物を運ぶ飛脚、早駕篭にのっている旅人と、店内にも多くの客が描かれていて、人の......>続きを読む一年前のブログ

  • 木曽海道六十九次 奈良井

    「奈良井」英泉木曽の御岳を遠方の望んだ奈良井宿の「名物お六櫛」と看板をさげた店先である。奈良井の名物は曲物や塗り物で、蕎麦屋が使用する蒸篭や湯桶などが売られていた。「お六櫛」は頭痛持ちの、お六と云う娘が御岳山のお告げで柘植の櫛をさしたところ全快したとの事で名物土産になった。木曽海道六十九次奈良井

  • 一年前のブログ

    東海道五十三次石部「石部」街道沿いにあった立場(たてば)という、茶屋よりも規模の大きい休憩処の風景である。目川ノ里(栗東市)の名物は茶飯と田楽豆腐だった。京都から東へ9里半(約40km)の石部宿......>続きを読む一年前のブログ

  • 木曽海道六十九次 贄川

    「贄川」贄川宿の路に面した玄関先を描き、馬から荷駄を降ろす馬子、上がり框で煙管をくわえる駕籠舁、土間で草鞋を脱いで足を濯いでいる客、客に挨拶する番頭、茶を運び食事を二階へ運ぶ仲居、二階から外を眺める客、外には帳面を持つ帳付きなど、宿場風俗が描かれている。木曽海道六十九次贄川

  • 一年前のブログ

    東海道五十三次水口「水口」名物干瓢当時どこにでもあったような風景の中に,夕顔の皮をむく女、それを干す女の手仕事のなかに、夏の佇まいを描く事で広重は水口宿らしさを表現した。自然と人間との係わり合......>続きを読む一年前のブログ

  • 一年前のブログ

    東海道五十三次土山「土山」土山は京に向かう最後の難所で八百八谷といわれた鈴鹿峠を越えた所に在る。宿場の東側を流れる田村川沿いを、雨の中大名行列が通っている。田村川は鈴鹿山脈に続く細く急な川である......>続きを読む一年前のブログ

  • 木曽海道六十九次 本山

    「本山」本山宿から奈良井にかかる、これより南は木曽路に入る、路はますます山深くなる。路を横切る大木は意表を突く。焚火の煙と大木を支える杭が、それに交互して画面を構成している。木曽海道六十九次本山

  • 一年前のブログ

    東海道五十三次坂之下「坂之下」日本画の巨匠・狩野元信が、この場所を通りかかった時、山並みの美しさを描こうとしたが、納得のいく画にならず筆を捨ててしまったことから筆捨山(現在は岩根山)と呼ばれるよう......>続きを読む一年前のブログ

  • 木曽海道六十九次 洗馬

    「洗馬」洗馬(せば)宿の西にある太田の清水は今でも湧き出している、この水は犀川より千曲川に流れてゆくが、此の辺りは奈良井と呼ばれ、塩尻から.一里三十町、木曾路の山が一層深くなるところである。柳にかかる月は落莫とした原野や柴舟を淡く照らし、芦の葉も黒色を交えた藍の空に寂しさをこもらせる。木曽海道六十九次洗馬

  • 木曽海道六十九次 塩尻

    「塩尻」塩尻峠は塩尻宿と諏訪湖の中間にあって海抜1,000m峠の頂上では眼下に岡谷と下諏訪の町が見える。二つの町の間に楕円形の諏訪湖がある。北アルプスの連峰を始め南には中央・南アルプス、東に八ヶ岳・富士山と見事な装いを見せてくれる。天竜川の源である諏訪湖は冬には凍結して御神渡りの神事が有名である。図のように人馬も通行した。彼方の高島城は中洲と呼ばれた湖畔の高島村の小島に盛り土して築かれている。木曽海道六十九次塩尻

  • 一年前のブログ

    東海道五十三次関「関」宿場町には大名が宿泊する本陣が必ず設置して在った。玄関口から裃を着て出発する大名行列の模様が見られる。本陣となる場所は、土地の有力者の家となっていることも多かった。右側の......>続きを読む一年前のブログ

  • 木曽海道六十九次 下諏訪

    「下諏訪」中山道と甲州街道の合流点で繁華な宿場であった。下諏訪は、信濃国一の宮の諏訪大社の門前町としても栄えた。当時の旅籠では例外なく沸かし湯で、温泉は野外の浴場へ行った。左奥に見える湯に入る様子見える。手拭いが掛けてある部屋で食事をしている様子が当時の旅籠風俗が分かる。木曽海道六十九次下諏訪

  • 一年前のブログ

    東海道五十三次亀山「亀山」亀山宿の亀山城は織田信長に命により明智光秀によって作られた城である。江戸時代はこの本丸に徳川家康、秀忠、家光が宿泊することがあり、城主は二の丸に居た。明治時代まで五層......>続きを読む一年前のブログ

  • 木曽海道六十九次 和田

    「和田」和田宿を過ぎると間もなく上和田で、かつては牛宿が在ったいう荒井を過ぎると和田峠が近い。坂が長く、上り九十町で、峠を上りつめると御岳遥拝所があった。冬季は積雪三米に及び、諏訪・上田両藩で雪を踏み固める「雪割人夫」を出していた。図でも見られる様に、雪を踏み固め段々になった様子が窺える。木曽海道六十九次和田

  • 一年前のブログ

    東海道五十三次庄野「庄野」旅人が庄野宿へ入る道で雨に降られてしまい、急ぐ様子がとらえられている。駕篭は雨に濡れないように上から合羽がかけられている。合羽は江戸時代の旅とともに発達し初めは蓑だった......>続きを読む一年前のブログ

  • 木曽海道六十九次 長久保

    「長久保」笠取峠を超えるとあとはなだらかな下り坂が続き、やがて長久保宿に入る。夕暮れ時の依田川に架かる和田橋を中心に描かれたものだ。馬上の客は首を深くうなだれ、長い旅路の疲れを見せている。両掛けの男も馬子もシルエットで描かれ木曽路の侘しさを訴えている。木曽海道六十九次長久保

  • 一年前のブログ

    東海道五十三次石薬師「石薬師」石薬師宿の名は石薬師寺にちなんで宿場名が付けられた。規模の小さい宿場で農化を営む人も多く、休憩をする旅人の多い所だった。一休禅師が「名も高き誓いも重き石薬師、瑠璃の光......>続きを読む一年前のブログ

  • 木曽海道六十九次 あし田

    「あし田」芦田宿の近辺になると、突起の激しい地形に成り、此処から長久保宿に至る街道は、笠取峠を越さなければ成らない。右辺の頂にある出茶屋と、左下の出茶屋の二つ在った事は明らかで実際を描かれたものだ。駕籠が二つ描かれ前方を行くのは供の者が杖を突いて従うのに対して後方の山駕籠は茣蓙が垂れて無く、道中風俗に変化を付けている。木曽海道六十九次あし田

  • 一年前のブログ

    東海道五十三次四日市「四日市」四日市宿には伊勢神宮へと向かう追分街道があり、伊勢へ行く人と東海道を進む人と両方の旅客で賑わっていた。宿の近くを流れる三重川(三滝川)のあたりの様子で、二人の旅人や柳......>続きを読む一年前のブログ

  • 木曽海道六十九次 望月

    「望月」望月宿から東へ向かい中山道の瓜生坂から松並木越に浅間山を描いている。この宿場の東北にある御牧ヶ原は馬の飼育が盛んで,8月15日満月の日に優良な馬が朝廷に献上されていた。望月の地名はこれより起こったという。月明かりに照らし出された夜道を進む人馬。樹齢を重ねて樹幹を太らせた松並木は奥行き感させ、街道がひたすら続いていく。木曽海道六十九次望月

  • 一年前のブログ

    東海道五十三次桑名「桑名」桑名は揖斐川の河口の港町として発展しており、港の入口には浮き城のように見える桑名城があった。木曽三川の河口の重要な港であった様子が、大型船の描写に偲ばれる。城下は、18......>続きを読む一年前のブログ

  • 木曽海道六十九次 八幡

    「八幡」千曲川を間にはさんだ塩名田と此の八幡の両宿は、中仙道のなかでも最も距離が短い。約3kmの道程で、歩いても50分程度である。描かれている場所は八幡から望月へ行く途中の百沢付近と言われ、現在は灌漑用水の流れに成っていると云う。幕末の調査によると、八幡宿は143健の戸数で男372人、女347人で田より畑が多く、男は藁細工に励み女は主に木綿織を副業としていた。大きな籠を背負う子供や、鍬を持つ農夫を家路につく、のどかな侘しさが漂う。木曽海道六十九次八幡

  • 一年前のブログ

    東海道五十三次宮「宮」名古屋熱田神宮の門前町という事から、「宮」と云う地名になったと云われている。伊勢参りの旅人も集ったので、大変賑わい、東海道の中で最大の宿駅であった。馬には神が降臨されて......>続きを読む一年前のブログ

  • 木曽海道六十九次 塩なた

    「塩なた」秩父山地に源を発して、浅間山麓を囲繞し、小諸を中心とする佐久盆地と上田盆地を経て、長野盆地で犀川と合流する千曲川の河畔にひらけた塩名田宿の渡し場を描く。渇水期の河原には、往時の渡し舟をつないだ石が今でも見える。裸や菰で身を包む船頭たちの姿態も面白いが、客のいない渡し場の風景は、寂しそうで、静けさのなかに哀れな風情さえ感じさせる。閑散とした茶店の描写と、一本の太い樹木が調和をとり、信濃路の旅情を感じる。木曽海道六十九次塩なた

  • 一年前のブログ

    東海道五十三次鳴海「鳴海」鳴海は鳴海絞り・有松絞りの産地として全国に名をはせていた。図は鳴海より約一里東に在る木綿に絞り染めをした浴衣の生地等を販売している有松の店を描いたもので、建物や樹木を暗......>続きを読む一年前のブログ

  • 木曽道中 岩村田

    「岩村田」岩村田は現在の長野県佐久市に成る。シリーズ随一の異色作で盲人の喧嘩場を描き、英泉の体臭を最も発散させている作品である。七人の顔は百面相を見る様で、仁王のようなごつい顔もあれば、喧嘩を止める方にはやさし気な顔もある。座頭の官位が江戸時代にはあり、これらの官位の無い盲人も多くいて、三弦、箏、琵琶を弾く遊芸人の他には灸や按摩をする者が殆どであり、杖を頼りに笛を吹き客の求めに応じた。木曽道中岩村田

  • 一年前のブログ

    東海道五十三次池鯉鮒「池鯉鮒」現在は「知立」と書きますが、知立神社の池には明神の使いの鯉と鮒が多く住んでいるところから「池鯉鮒」となったと言われている。街道に沿った細長い宿駅で、毎年4月末から5月......>続きを読む一年前のブログ

  • 木曽海道六十九次 小田井

    「小田井」追分宿のはずれ、北国街道といわれる小諸・上田経由で善光寺へと通ずる、広々とした原野がつづく小田井宿。遠く浅間を望み、すすきの生い茂る無人の荒野を「本堂造立」の旗を持つ勧進憎と三人連れの巡礼の人々が淋しく孤独な旅路を続ける風情を、追分原の風景に溶け込ませている。木曽海道六十九次小田井

  • 一年前のブログ

    東海道五十三次岡崎「岡崎」岡崎の矢作川に架かる橋の名は矢矧之橋と云い、東海道中で一番長い橋で、208間(378m)ある。画面は曲線を用いて長さを強調している。大名行列が橋を渡っているところであり......>続きを読む一年前のブログ

  • 一年前のブログ

    東海道五十三次藤川「藤川」棒鼻ノ図地方役人たちが土下座している。御弊をたてた駒と一緒に御馬献進の一行がゆく。幕府は毎年8月に朝廷に馬を献上することになっており、広重は天保3年にこの行列に参加し......>続きを読む一年前のブログ

  • 木曽街道 追分

    「追分」追分宿は中仙道と善光寺道の分かれる所で、中仙道で最も高い地点にある宿駅である。上信国境に裾を広く拡げた美しい山をもつ浅間山は、三重式活火山で那須火山帯に属す。標高2,542m富士山と同じく成層火山で、火口は小さく、山麓ほど緩やかな傾斜をもつ。北側に溶岩流の鬼押出がある。画面の最上辺にとどくほどに浅間山を描き、その麓を歩む人々を添え、信濃路最大の象徴を示している。木曽街道追分

  • 木曽海道六十九次 沓掛

    「沓掛」軽井沢・沓掛・追分は浅間三宿と云われ現在は軽井沢が最も都会化している。寒風吹き荒ぶ沓掛宿の入口辺りの風景かと思われる。浅間山の南麓一帯が寒気の浅間おろしが厳しい原野であるという。近景に描かれるのは、この辺りを行き交う旅人や荷物を運ぶ牛を引く人の姿で、風は雨を含み、かっぱの袖がはためき、旅人は笠を押さえて歩む、樹も大揺れ雨足の激しさを感じる。木曽海道六十九次沓掛

  • 一年前のブログ

    東海道五十三次赤坂「赤坂」〈夏の月御油より出でて赤坂や〉赤坂宿は西の藤川宿から約9km、東へ行けばわずか約2kmで御油宿に着く。赤坂宿と御油宿間は東海道五十三次で最も宿駅間が短く、夏に月......>続きを読む一年前のブログ

  • 木曽海道六十九次 軽井沢

    「軽井沢」軽井沢宿の風景で浅間山を背景に、馬上の客と馬子が煙草の火を付けあっている。腰を屈めて焚火から煙管の火を取る旅人の姿には、侘しさが漂う。小田原提灯や焚火の灯りが光源となって、樹木や馬上の旅客を照らし出している。木曽海道六十九次軽井沢

  • 木曽海道六十九次 軽井沢

    軽井沢木曽海道六十九次軽井沢

  • 一年前のブログ 保永堂版東海道

    東海道五十三次御油「御油旅人留女」御油は、浜名湖の北岸を迂回する姫街道の分岐点にも当たる交通の要地だった。次の宿場である赤阪の間が東海道中で最も距離が近く(1.7km)宿屋の客引が非常に強引で......>続きを読む一年前のブログ保永堂版東海道

  • 木曽海道 坂本

    「坂本」刎石山を借景に坂本宿を俯瞰して旅人達で賑わう街道と、その北側の家並みを描いている。この宿場内の街道の長さは392間あり、道の中央には往来する馬の飲み水や防火用に4尺幅の用水が通っていた。用水には17の石橋が架かり、用水の両側との往来がし易くなっていた。さらに家庭用の用水が家並みの裏を通っていた。宿場の家は川の両側で161軒であった。この中で南側の家々は道路と平行して建てると裏鬼門に向いて縁起が悪いというので、各家とも少しずつ北へずらして建ててあった。木曽海道坂本

  • 一年前のブログ 保永堂版東海道

    東海道五十三次吉田「吉田」吉田宿はかつて「今橋」と呼ばれた。画面の左側に大きく描かれている吉田大橋は、豊川に架かっている橋で、江戸から京都までの間にある四橋の1つである。豊川から伊勢へ行く早船が......>続きを読む一年前のブログ保永堂版東海道

  • 木曽海道 松井田

    「松井田」大きな松を中心に、緩やかに曲がる坂道を描く。往き来する人もまばらで、荷を積んだ馬ものんびりと歩む、道の傍らに小さな祠があり、それにふさわしい小さな幟が二つ立ち、その傍らには高札と棒鼻が立っている。松井田宿は奇峰天に聳える絶壁でなりたつ山容の妙義山を正面に見える所にあるが、その山塊には一顧もせず、ただ平々凡々たる旅路のひとこまを描く。木曽海道松井田

  • 一年前のブログ 保永堂版東海道

    東海道五十三次二川猿ケ馬場「二川」猿ケ馬場二川宿は東海道五十三次三十三番目の宿場町で此れより三河に至る、江戸日本橋より72里余、宿場としては小規模で、町並の長さ東西12町26間、天保14年に家数328......>続きを読む一年前のブログ保永堂版東海道

  • 木曽海道六十九次 安中

    「安中」両側に迫る丘の間に緩やかな坂が伸びる。路の先は下り坂のようだ。蓆(むしろ)を広げて何か仕事をしている老女らしき農家の人に、杖を突き、笠をかぶった旅人が話しかけている。大名行列の先の方だけを描いた下方の人々にも、安中を旅をする道中の有様が滲み出ている。木曽海道六十九次安中

  • 一年前のブログ 隷書版 東海道

    東海道五十三次隷書版川崎隷書版「川崎」隷書東海道揃物の一つ川崎。六郷川の中程で大勢の旅人を乗せた渡し船がすれ違うところで、河口からは米や味噌などの生活物資を載せ、川上の山村からは薪炭や鮎などの産物を運......>続きを読む一年前のブログ隷書版東海道

  • 渓斎英泉 木曽海道 板鼻

    「板鼻」板鼻宿は英泉が描いた物だが、広重が一貫して用いていた「木曽海道」が此処では使われている、不思議な作品である。板鼻宿本陣跡は板鼻公民館近くにある。現在もやや幅の広い用水路が綺麗な水を流している。野も樹も家も白銀に装われ、静寂そのもの世界を描出している。渓斎英泉木曽海道板鼻

  • 一年前のブログ 保永堂版東海道

    東海道五十三次白須賀「白須賀」白須賀という地名の由来は、「白い砂州の上に開けた集落」であった為である。峠の上から遠州灘を一望できる潮見坂は、富士山が見える西方の限界といわれた場所で、反対に京都から......>続きを読む一年前のブログ保永堂版東海道

  • 木曽海道 高崎

    「高崎」高崎宿から三国街道が分岐しており、その起点の宿場である。現在の群馬県高崎市にあたる。中山道と三国街道の分岐点にあたり、幕府の佐渡金山からの人馬車など多くの旅人が横行していたが、当時はあまり大きな宿場ではなかった。旅人に物乞いする男を描いており、今では観ることのない光景を表現している。国定忠治や大前田栄五郎が活躍したのは此の辺りである。次回は板鼻宿木曽海道高崎

  • 一年前のブログ

    東海道五十三次新居「新居」舞坂の今切の渡しから新居に向かう。遠くに見える向こう岸には箱根と並んで厳しい取締りが行なわれる新居関所が有る。ふき流しをはためかせ、二本の毛槍を高々と飾り立てた船は参勤......>続きを読む一年前のブログ

  • 英泉 木曽街道 倉賀野 宿烏川之図

    倉賀野(群馬県高崎市)烏川は利根川の上流で江戸との間に舟運が開けていた。倉賀野宿は商人ばかりでなく河川で働く船頭や、荷役、船大工、街道筋で働く牛方、馬方で賑わっていた。川縁に建つ茶屋が描かれている。小川に張り出した桟で女が束子で釜を洗っている。小川に流れ込む用水で子供が網で魚を捕ったり、亀を捕まえたり,水門に上がり遊びに夢中である。茶屋では菅笠と杖を脇に置いて休んでいる旅の女が子供たちの遊んでいる様子に見入っている。英泉木曽街道倉賀野宿烏川之図

  • 一年前のブログ 東海道 舞阪

    東海道五十三次舞阪「舞阪」舞坂から次の荒井までは舟渡しで、海上一里を行く。今までの徒歩での陸路の旅とは異なり、束の間の憩いの一時でもあった。明応七年(1498)の大地震で、浜名湖と海を隔てていた......>続きを読む一年前のブログ東海道舞阪

ブログリーダー」を活用して、切り絵 浮世絵さんをフォローしませんか?

ハンドル名
切り絵 浮世絵さん
ブログタイトル
切り絵
フォロー
切り絵

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用