searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

レスポール&ストラトの部屋さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
レスポール&ストラトの部屋
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/cubase5555
ブログ紹介文
RolandのGT-100をメインにDAW制作を楽しんでいるよ(^O^)/
更新頻度(1年)

610回 / 365日(平均11.7回/週)

ブログ村参加:2015/08/12

参加カテゴリ

音楽ブログ / ギター

※ランキングに参加していません

読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、レスポール&ストラトの部屋さんの読者になりませんか?

ハンドル名
レスポール&ストラトの部屋さん
ブログタイトル
レスポール&ストラトの部屋
更新頻度
610回 / 365日(平均11.7回/週)
読者になる
レスポール&ストラトの部屋

レスポール&ストラトの部屋さんの新着記事

1件〜30件

  • ピグノーズアンプに戻るんだよね

    ここ最近はアンプに戻っているのだアンプが奏でる音に癒やされているのだ私の愛用アンプはピグノーズの迷彩柄そこそこレアなモデルだと思う今でも普通に買えるが茶色い合皮一種類だと思う最初期のモデルは本当にブタの皮を使っていたのだコストや動物保護団体などの抗議で生産終了になったようだ真相は良く分からないクラプトンが使っていたことは超有名な話実はお友達であるジミーペイジも使っていたのだ遊びではなく、本格的にレコーディングで使用したのだ少し調べてみれば、色々と面白いエピソードが出てくるもう1人のお友達であるジェフベックもお城(自宅)で愛用しているそうだアンプには色々な用途と立ち位置がある真空管の大型アンプにもメリットとデメリットがある繰り返しになるが・・弾き手(使い手)が何を求めているか?手軽に持ち運びたい大きな音で鳴らせな...ピグノーズアンプに戻るんだよね

  • ジミヘンのリトルウイングは名曲だと思う

    読者の皆さん、お久しぶりなのだ一週間ぶりの投稿なのだ今月初の投稿になる無投稿にも関わらず、連日2,000人近い読者の方にご訪問いただいていたようだ嬉しくも心苦しい日々を送っていたのだ帰宅後にブログをチェックするも投稿にはいたらなかったここ最近は再びジミヘンにハマっているのだジミヘンの曲を片っ端から弾き倒しているのだストラトを抱えるとジミヘンが弾きたくなってくるブリッジは良い感じなのだ本当にこの仕様はフェンダーの出荷時のデフォルトにした方が良いブリッジミュート時のチクチクした感じが私は気になる演奏に集中できないのだ弦に関しては、まだアーニーボールを張ったままなのだ残りの1セットを使い切りghsに切り替えていく予定なのだ耐久性や弾き心地などチェックしていく予定読者の皆さんはジミヘンの『リトルウイング』という曲をご存...ジミヘンのリトルウイングは名曲だと思う

  • 久しぶりにブログを更新した

    読者の皆さん、お久しぶりなのだ先週の月曜日の投稿を最後にブログの投稿を停止していたのだ実は諸事情で公私ともにバタバタしていたのだまぁ、長い人生には色々とあるのだ正直な話、ギターを弾く時間もないほどだった就寝前にパソコンはチェックしていたのだ有り難いことに無投稿にも関わらず、連日2,000人以上の読者の方々にご訪問いただいていたのだ足繁く通ってくださる読者の皆さんに感謝!!本音を言うと少しだけ諦めていたのだ「こんなに間を開けたら飽きちゃうんじゃないかな?」ネットとは厳しくもそういう世界なのだ常に新鮮なネタを提供している第一線のYouTuberには頭が下がる「だって、それが商売だろ?」という人も多いと思うが・・・発信者である私は何となく気持ちが理解できるのだ当ブログは何だかんだで10年近く続けているのだ時間の流れは...久しぶりにブログを更新した

  • ブログ訪問者数2,714人

    毎度お馴染みの集計結果のご報告訪問者数2,714人(2,930,430人中73位)閲覧回数7,603回という結果だった足繁く通ってくださる読者の皆さんに感謝!!昨日は当ブログの最終話でストラトの弦が頻繁に切れるという現状をリポートした弦が切れる原因として思い当たる部分があるのだこのギターはロックペグを搭載している病みつきレベルの便利ツールなのだ可能ならばテレキャスにも取り付けたいと思っているほどこのペグの性能を最大限に引き出す為には幾つかのお約束があるひとつはペグポストに弦を巻き付けないことポストに巻き付けた弦が抵抗になっているという考え方特にアームを多用するギターの場合、少なからず影響するような気がするアームレスのギターでも音程差の大きいチョーキングでは同じような動作を感じる問題はプレーン弦なのだ巻き付ける派...ブログ訪問者数2,714人

  • アーニーボールの1弦が切れた

    実は迷っているのだここ最近、アーニーボール弦が連続で切れてしまった切れるのは決まって1弦のペグポストの穴の付近これで三回連続なのだ今回切れた弦は数日前に張った弦なのだちなみにレスポールとテレキャスではまだ弦が切れていないそれだけに原因が特定し難いのだまぁ、ブリッジのネジ交換などストラトを手にする機会が多いのも事実演奏中に切れたことはないのだ決まってチューニングしている時に切れる乱暴に扱った記憶はないのだ1弦以外の弦は特に問題を感じないghs弦からの乗り換えで弾き心地など気に入っていた面倒臭いので他の弦もまとめて交換しているのだ数日というのはさすがに不経済だと思う若い頃には演奏中に良く弦を切った1弦と2弦のストックを必ず数本はストックしていたアーニーボールを使い続けるならば予備の弦が必要になりそうそれとも、あまり...アーニーボールの1弦が切れた

  • レスポールデラックスが入荷した?

    行きつけの楽器店も本格的に営業を再開したようだ「営業してますよ~」とお店を開いているだけでお客さんが来店するほど甘くないお客さんは意外に自分都合なのだ「あれ?せっかく来たのに・・・」「お店閉まってるの?残念だな」事前に調べれば分かることだが・・・”小売店は開いている・・・”は我々に刷り込まれた固定概念昨今の騒動で小売店の体系や概念も変わりつつある予期せぬ改革を迫られたのだ最近は巣ごもりブームで生活も変わった家で何をしていますか?第一位は掃除ということらしいギターにもそれっぽいムーブメントが起こっているギター人口は年々高齢化しているそんな流れに断捨離ブームも加わっているのだ不用なギターを処分して良いギターに一本化するそもそもギターをリタイヤするという二つの流れが主流になりつつあるようだ手持ちのギターを維持したまま...レスポールデラックスが入荷した?

  • フェンダーストラトは改造で弾き易くなる

    ということでサドル改造後のストラトで弾いてみたギターで重要な部分は演奏性見た目がカッコいいギターでも弾き難いのではどうにもならない逆の言い方をするならば、弾き易いギターには気軽に手が伸びるということ他の人がどのように感じるかは知らないが・・・私はそんな信念のもと、ギターのメンテを行っているのだボディの形状や重量など、物理的にどうにもならない部分もあるそれは購入前に良く検討してみるべきだと思う私のエピフォンレスポールのような悲劇?を招くちなみに最近はレスポールやテレキャスのような角張ったボディもOK私自身が成長したのだあれじゃダメ、これじゃダメでは弾くギターが無くなってしまう自身の裾野を拡げることもギター選びの選択肢を増やす手の長さ、指の長さ、肌の強さ、体力etc・・・千差万別、万人向けのギターなど存在しない自分...フェンダーストラトは改造で弾き易くなる

  • フェンダーストラトのブリッジサドル改造完了!!

    注文したサドル用のイモネジが届いたのだ同じ長さのネジが12本入り素材はアルミ交換前のサドルの状態を再度撮影しておくのだもう一枚・・・この飛び出したネジの頭がチクチクするのだ新しいネジは6㎜ちょいデフォルトの短いネジとほぼ同じ長さ新しいネジの方が若干短いような気もするデフォルトのセットは短い組み合わせが二組長い組み合わせが四組なのだとりあえず仮組みしてみたネジにはインチとミリ規格があるのだ意外に見落としてしまうことも多い注意が必要なのだザックリと弦高を合わせてみたネジの頭が飛び出しているサドルはないのだ参考までにゴトー製のブリッジサドルもご覧いただきたいやはり、ネジ頭が突き出ていない日本製の製品に学ぶべき点は多い日本製は音色と共に常に快適性も念頭に設計しているのだ注文が多い日本という市場で培われた技術であり経験だ...フェンダーストラトのブリッジサドル改造完了!!

  • レスポールVSストラト

    読者の皆さんはどちらがお好きだろうか?当ブログの読者の皆さんはレスポール派が多いような気がするちなみに私はどちらも好きなのだ究極の選択を迫られればストラトを選ぶと思うあくまでも音楽を作るツールとしての選択弦を交換して磨いて眺めるならばレスポールを選ぶ”ギターに何を求めるのか?”で選択肢も変わるのだ今回も既出の曲だが・・・レスポールとストラトの個性が感じられる曲をセレクトしてみたcubaseboy·RockAndRollcubaseboy·Vai'SOrchestraレスポールVSストラト

  • ブログ訪問者数2,688人

    毎度お馴染みの集計結果のご報告訪問者数2,688人(2,930,287人中75位)閲覧回数7,117回という結果だった足繁く通ってくださる読者の皆さんに感謝!!今週は月曜日から金曜日まで訪問者数が2,200人を超えていたここ最近は平日でも訪問者数が2,000人を超えることが多くなった非常に安定しているように感じられるのだ突発的な数値に一喜一憂しても意味がないと感じているのだ幸いにも当ブログは投稿するネタに困ったことがない常に何かしらを発信したくてウズウズしているのだ近々ではストラトのブリッジサドルのイモネジ交換本日、ネジが到着する予定になっているのだモダンストラトのデフォルトになるべく仕上げたいどうでも良いような細かい部分に徹底して拘りたい改造後は『大きな画像』を使ってリポートする予定なのだ😉ブログ訪問者数2,688人

  • フェンダージャズベースとDAW

    今回の主役はフェンダージャズベース指弾きで弾いてみたBlackstarのベースアンプを鳴らしてみた設定はこんな感じ録り音にDAW側でエフェクト処理もはや、電池駆動の小型アンプとは思えないベースはフロント10リア5トーン4という設定cubaseboy·BassフェンダージャズベースとDAW

  • ジェフベックとフェンダーストラトキャスター

    読者の皆さんはストラトというと誰をイメージするだろうか?やはり、私はジミヘン、クラプトン、ジェフベックなのだギター的に影響を受けたのはジミヘンとジェフベック特にジェフベックは独特のアームの使い方に衝撃を受けたクラプトンとジェフベックは元々はギブソン派だったレスポールをメインギターにしていた時期がある2人がストラトに持ち替えたのはジミヘンの影響らしい単なる真似事にならないところが天才たる所以クラプトンの愛用のストラトはブースター付きブリッジはベタ付きは有名なスペッククラプトンモデルにはブリッジ後ろに木片が挟まっているジェフベックはかなり自分好みの注文をフェンダーに投げかけたそれまでの古典的なストラトとはかなりスペックが異なるジェフベックモデルで検索してみていただきたいストラトにロックペグを取り付けたのはジェフベッ...ジェフベックとフェンダーストラトキャスター

  • ギターをもっと好きになるための改造

    読者の皆さんはどんなギターをお使いだろうか?仮に点数を付けるならば何点くらいだろうか?先程、ヤスリでサドルのイモネジを加工したのだが・・微妙に気に入らない妥協できない部分は弦高イモネジを頭を引っ込める為にサドルの高さを上げることは本末転倒だといえる1弦と6弦は良い感じだが・・・その他のサドルのネジが気になる画像ではわかり難いと思うが・・・かなりチクチクするのだ2弦のネジを手作業で丸めるも微妙な感じ塗装が剥げてしまったしかもチクチクは思うほど軽減されていない加えて、何度も回しているうちにネジ山が摩耗してしまったレンチが滑るのだサドルを交換する方法もあるが・・ネジの長さが確認できない私の調べによると1弦と6弦は短く2から5弦のネジは長いタイプを採用しているようだ確認の為に5弦のネジを計ってみた0.79㎜ということな...ギターをもっと好きになるための改造

  • アメデラストラトのブリッジサドルのイモネジ研磨

    長いタイトルになってしまった・・まぁ、そういうことなのだ乗りかかった船ということで徹底的に細部に拘りたい6弦に付いていたイモネジを2弦に移植した6弦側のイモネジがサドルから飛び出していたことは以前から気になっていた手が触れるたびにチクチクしていたのだストラトの場合、構造上ブリッジミュートするということは少ないしかしながら、色々な場面で手刀の部分がサドルに触れることは多い気になると徹底して気になるのだこれが移植前・・そして移植後・・・指板のカーブに合わせると5弦よりも6弦が下がるのだもっとも触れる部分は6弦サドルなのだこの一工夫でかなり快適度が増すのだイモネジにも色々あるようで長い短いなど種類があるインチとミリでも区別されているのだ意外に気になるのが2弦サドルそんなこんなで研磨したのだ飛び出し量を最小限に抑えるこ...アメデラストラトのブリッジサドルのイモネジ研磨

  • フェンダーストラトのサドルを研磨した

    昨日のサドル研磨の続きなのだやはり、弦を張ったままでは完璧な作業ができないとういうことで昨日張ったばかりの弦を外した出っ張ったイモネジの頭を引っ込めるこれで万遍なく研磨できる悪くないと思う横方向の小傷を消す為に縦方向に研磨したあえて600番のヤスリを使用した指板のカーブに合わせてサドルの高さを調整フローティングも良い感じ010~046でバランスがとれるのだいつもの用に弦高センサー?で最終チェック何だかんだで残りは1セットギターはちょっとしたことで好きにも嫌いにもなる次の弦交換まで中途半端なサドルにモヤモヤするくらならば一気にしあげてしまうのも良いと思うちなみにこのサドルは初期のモデルは艶消し仕様だったある年代からピカピカ仕様に変更になったのだまぁ、好みだと思う私は艶消しの方が似合うと感じているのだまた、ストラト...フェンダーストラトのサドルを研磨した

  • フェンダーストラトキャスターとアーニーボール弦

    ストラトのチューニングを調整中に1弦が切れたのだ演奏中に弦が切れることはほとんどないが・・・チューニングの最中に切れることは度々あるということで弦を張り替えた読者の中にも愛用されている方が多いような気がする正直な話、私を含む素人などこのくらいの価格の弦で十分だと思うテンションも緩めで弾き易い弦交換はメンテの良い機会ローズ指板のお楽しみ?ブリッジの後ろ側にゴム板を挟む弦を外しても穴の位置がずれない一気に弦通しロック式ペグのお約束とにかく楽なのだチューニングを合わせて完了サドルの小傷が目立っていたので流れでバフがけ弦を張った後で気づいたので完璧に仕上げられなかった機会があれば、サドルのイモネジを取り外して仕上げたいいやらしいピカピカな感じが無くなったギターに手を入れることでさらに愛着が増すのだ完璧に仕上げた際には画...フェンダーストラトキャスターとアーニーボール弦

  • フェンダージャズベースとzoomMS-60B

    テレワークの合間に息抜きでサクサクッと作ってみた新品のベース弦が劣化する前に音をお届けしておきたい弦は生物なのだ開封と同時に劣化するベースの場合には劣化も良い味になることもあるしかしながら、今回の音源のようなスラップ系の音はブライトな音が大事使用機材はzoomMS-60Bスラップ向きのドンシャリな音を作ってみたDAWを立ち上げて一手間加えてみたこの一手間が楽曲のクオリティを向上させるのだベース以外の音は鍵盤で弾いてみたベースも楽し😉フェンダージャズベースとzoomMS-60B

  • フェンダーストラトのピックアップ調整

    本日は久しぶりにストラトを調整してみたネックの状態とブリッジに関しては自分の中で確立している各弦をバラバラに調整するだけに奥深い賛否両論意見が分かれるところ巻き弦側を高く設定する人、指板のカーブに合わせる人メーカーの推奨設定があるようだが・・・正解はないと思うピックアップに関してはいまだに試行錯誤しているのだ特に三基のピックアップを持つストラトはいまだに正解を探しているのだ弦は中央部分の弦振動が大きいそれ故にフロントは低く、リアに向かって高く調整する同じく巻き弦は振動が大きく、プレーン弦は振動が小さいそれ故に巻き弦側を低く、プレーン側を高く調整する特に意図的な狙いがない場合にはこれに準じるべきだといえるピックアップが二基のレスポールやテレキャスも概ね同じ傾向なのだピックアップと弦の距離はギター弾きの永遠のテーマ...フェンダーストラトのピックアップ調整

  • フェンダージャズベースの弦交換

    毎度お馴染みの集計結果のご報告訪問者数2,274人(2929442人中109位)閲覧回数4,485回という結果だった足繁く通ってくださる読者の皆さんに感謝!!ということで本題に入ろう久しぶりにベースの弦交換をしたのだ前回交換したのは約半年前今回選んだ弦はコレなんの変哲も無いニッケル素材の弦をチョイスUSAのフェンダーが出荷時に採用しているデフォルト弦ということいままで使っていた弦は『ピュアニッケル』という素材値段は今回の弦よりも高いのだつまり今回の弦はグレードダウンということになる500円くらいの値段差がある音色や弾き心地、弦の寿命など自分なりに比較してみたかったのだ差が少ないならば、値段が安い弦が良い気がするとりあえず、チェックということで1セットのみの購入にしたのだ交換前の弦はこんな感じ目で見てわかるほど劣...フェンダージャズベースの弦交換

  • ブログ訪問者数2,338人

    毎度お馴染みの集計結果のご報告訪問者数2,338人(2,929,263人中109位)閲覧回数4,613回という結果だった足繁く通ってくださる読者の皆さんに感謝!!『大きい画像』は如何だろうか?昨日は当ブログ内の検索ランキングのトップ10をレスポール関連の記事が独占したのだレスポール強し!!ちなみに私の中ではどのギターも平等の扱いなのだこの三本があれば、とりあえず事足りる余談だが・・久しぶりに新しいベースの弦を買ったのだフェンダーが出荷時に張っているデフォルト弦なのだ新規ベースか?古参ベースか?どちらに張るか?迷っているのだ余談だが・・また、スラップの練習を再開したのだ劣化した弦でもカッコ良く聞こえる音作りを研究しているのだ頭の中には楽曲のイメージが湧き上がっているのだ😉ブログ訪問者数2,338人

  • ブログ訪問者数2,619人

    毎度お馴染みの集計結果のご報告訪問者数2,619人(2,929,102人中80位)閲覧回数5,500回という結果だった足繁く通ってくださる読者の皆さんに感謝!!昨日は訪問者数は一昨日と比較して微減だが順位は上げている緊急事態宣言の解除などで外出する人も多かったようだ巷の流れや暦の動きが如実に表れるのがブログの楽しいところ昨日は久しぶりにアコースティックな楽器を弄ったのだ点検を兼ねての音出しテストという感じウクレレのナイロン弦はボチボチといった感じだが・・・アコギの鉄弦はかなり痛んでいたアコギの美味しい音域がスポイルされているのだむしろ、ブルースにはこんな劣化した弦が似合うさらにダウンチューニングなどにすればさらに雰囲気が高まるしかしながら、それ以外のジャンルにおいては劣化した弦のメリットはない指弾きでも極端に滑...ブログ訪問者数2,619人

  • 日本製のウクレレは安心感があるよ

    久しぶりにウクレレを弄っていた数ヶ月ぶりだが・・ほとんどチューニングが狂っていない完全に伸びきっているのだと思うナイロン弦は交換のタイミングが難しい以前は時間(期間)で交換していたが・・現在は切れるまで使う主義に変わったのだその前に飽きるということもあるが・・・生産完了品なのだ非常に気にいっているのだフロロカーボンという素材なのだ弦の種類でまったく弾き心地や音が変わるウクレレはお気楽に映るが・・楽器として向き合うとかなりシビアなのだ弦が切れた際には楽器店に相談してみたい何かお勧めの弦を入手しているかも?生音も良い感じだが・・・マイクを通した音に萌えるリバーブを深くかけた音に癒やされる実はアコギとのセッション曲を作ったのだが・・ボツにしたのだ何かが違うのだサンプル音源とはいえ、耳が肥えた読者の皆さんに中途半端な音...日本製のウクレレは安心感があるよ

  • zoom MS-60B&BOSS GT-001

    今回も『大きな画像』でお届けしたい本日もベースの練習を兼ねて軽く一曲作ってみたループで繰り返せば延々と弾き続けられるDAWは良い練習相手になってくれるそんなこんなでベースの音作りはzoomMS-60Bプリアンプはサンズアンプ実機は結構値段が高いのだゴリゴリした音が得意だが・・設定しだいでは指弾きもスラップもOKという万能プリアンプなのだ常時Onという使い方をするプロも多いようだ場合によると二連ということもあるようだギターでも同じエフェクターを連結する使い方をする人もいるエフェクターの使い方に正解や決まりはないということこの変換プラグは便利なのだ通常はGT-001に接続しているのだ今回はギターはストラトを使用したピックアップはフロントを使用したS-1スイッチをOnこのスイッチはエリートシリーズになっても引き継がれ...zoomMS-60B&BOSSGT-001

  • 人は何故ギターを弾くのか?

    読者の皆さんは実際にギターを弾く人だろうか?当ブログでは読者の皆さんもギター弾きという体で話を進めているのだこれからギターを始める人も広義の意味でその中に含まれる考えてみれば、ギターに興味が無い人がギターブログの検索などするはずもない私も興味ないことなど知ろうともしないましてや調べるはずもないそう考えれば、人間は多くの知らない事を抱えて人生を終える何かの縁でギターを好きになったならば、徹底して極めるべき勉強や仕事が嫌いな人もギターならば頑張れると思う私の知り合いに何事にも無気力なおじさんがいるのだ良くも悪くも無難な生活なのだ日本人は正円のような人生を好む過度な幸せも過度な不幸も嫌う横の人と同じ自分を求めるのだ面白いことにこの性質は趣味の世界でも同じ一見すると個性的に見える人もその実は無個性だったりする私は多くの...人は何故ギターを弾くのか?

  • レスポールデラックスについて思う

    どのメーカーにも不遇のギターがあるメーカー側にすれば、すべてのギターが売れることが願いであり真意だと思う物の販売はそんなに簡単なものではないと思う並べておいて売れるような時代は終わっているのだ”価値ある物を低価格で・・”というある種の無理難題にメーカーは挑んでいるのだ努力なき先に栄光はないということ人気モデルの影に隠れて不遇の時を過ごすギターも少なくない単純に販売実績という数字だけを見ればパッとしないが・・・どんなギターにもそれなりにニーズがあることも事実すべての人が端正な物に惹かれるということはない足が短く、顔面がおブスな犬を愛おしいと感じる人も多い我が家の近所にもそんなお宅がある「何で?どうして?」という疑問を抱かないように努めているのだ考えてみれば、私の趣味や行動、好みも他人から見れば奇異に思えるかもしれ...レスポールデラックスについて思う

  • ブログ訪問者数2,684人

    毎度お馴染みの集計結果のご報告訪問者数2,684人(2,928,978人中82位)閲覧回数5,308回という結果だった足繁く通ってくださる読者の皆さんに感謝!!昨日は画像の表示の仕方を色々と試していたのだブログにとって画像の存在は非常に重要だと思う拙い文章100回よりも1枚の画像の方が伝わるという・・まさにそのとおりだと思う何でもかんでも大きく表示すれば良いのか?この辺りは臨機応変であり、さじ加減が必要だと思う今回は過去画像も含めてランダムに貼り付けてみた容量がある画像はフレキシブルに大きさを変化させられることも知った私はブログ用に使い古したデジカメを使用しているのだ買った頃はドライブや旅行などに大活躍していた現在は役目を終えたのだ役目を終えた機材もアイディアひとつで現役に復帰できるブログへのアップロードという...ブログ訪問者数2,684人

  • 大きな画像でギターを表示してみる

    既出の画像だが・・画像表示のテストを兼ねて貼ってみた今後は細部などを説明する際にも分かり易くなると思う大きな画像でギターを表示してみる

  • zoomにはお世話になった

    ブログの設定を見直していたのだ「もっと画像を大きく表示できないかな?」ということで・・画像のテストを兼ねて投稿してみた画像を古い年代から表示させてみた約3,200日前だという・・・良くも飽きずに続けてきたと思う私の音楽制作の傍らにはいつもzoomがあったのだこれはベース用のマルチ非常に筐体がしっかりしているコストがかかっていることが分かるギター用のマルチも使っていた行きつけの楽器店の店員さんの持論ではこのモデルから劇的に音が良くなったという私も同感なのだこの頃はエフェクト順番の入れ替えなどは出来なかったこんな感じで作曲していたのだこれは以前に使っていたDAWの画面この頃に大活躍していたアリア懐かしい・・・zoomのMTRも使っていた音楽作りの基礎を学んだギターを録るという楽しさを教えてくれたマシンなのだこんなマ...zoomにはお世話になった

  • スクワイヤーテレキャスターとフェンダージャパンジャズベース

    今回はテレキャスターも弾いてみたこんな組み合わせなのだベースがリフを刻むというスタイルで作ってみた後期のレッチリがこの手法を好んで使っていたフリーが歪んだベースでリフを刻みジョン・フルシアンテがクリーン系のカッティングを重ねる初期のレッチリは意外にもハードロック色が強かったジョン・フルシアンテもフロイド付きのロック系ギターを使っていた歪んだギターがグイグイとリフを刻む王道スタイルだった速弾き系のソロプレイも多かった数回の加入&脱退を繰り返すうちに音がクリーンになってきた楽曲はテンポが速くかなりロックでもジョンのギターは歪んでいないこの音作りに私も影響を受けたのだロック系の曲を作る時の一つのアイディアとして活用しているのだ「何でベースに歪みが必要なの?」数年前まで私にはそんな疑問があったのだ固定観念を取り払うこと...スクワイヤーテレキャスターとフェンダージャパンジャズベース

  • フェンダージャズベースとzoomB1FOUR

    フェンダージャズベースでアシッドな曲を作ってみた機材はこれ!練習を兼ねてDAWを積極的に活用しているのだ使っている過程で分からない事は専門書で調べる音楽制作など地味な作業の連続なのだ今回はベースのラインがギリギリアウトのラインで行ったり来たりするスリリングな感じをお楽しみいただきたい楽器を抱えると私の脳は壊れるのだ今回の音作りはMXRのライバル『サンズアンプ』ゲインを抑えたクリーンチャンネル実は歪んでいるのだフェンダージャズベースとzoomB1FOUR

カテゴリー一覧
商用