プロフィールPROFILE

ミチバさんのプロフィール

住所
浅口市
出身
中央区

1.実のところ環境・職業性疾患の記事は少なく、医学一般の記事の方が多いと思います。これは、環境・職業性疾患をきちんと診断するためには、一般的な疾患と鑑別ができないといけないという考えからです。 2.ブログは主には二部構成で、最初に医学記事を書いて、その後「以下日記」として、私の日常生活やいろんな思いを書いております。

ブログタイトル
新臨床医学に環境・労働の観点を
ブログURL
https://newoem.blog.ss-blog.jp/
ブログ紹介文
職業や環境によって起こる疾患についていろいろ書いています。
更新頻度(1年)

178回 / 365日(平均3.4回/週)

ブログ村参加:2015/03/31

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ミチバさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ミチバさん
ブログタイトル
新臨床医学に環境・労働の観点を
更新頻度
178回 / 365日(平均3.4回/週)
読者になる
新臨床医学に環境・労働の観点を

ミチバさんの新着記事

1件〜30件

  • ちょっと気になるeditorial「医師の過重労働」/61歳での初体験

    ・J-STAGEで「心臓」という雑誌の目次を眺めていたら、「医師の過重労働」という文章があったので、ちょっと読んでみました↓(ちょっと古いけど)   「医師の過重労働」     心臓 50巻(2018)9号 https://www.jstage.jst.go.jp/article/shinzo/50/9/50_969/_article/-char/ja ・こういう学術雑誌に医師の過重労働の論説が載ることはとても良いことですが、ちょっと読んでみて私はひっかかるところがありました。また、過重労働とは関係ないですが、インフォームドコンセントの言葉の使い方が、ちょっと変。(意味が通らないこともないですが)皆様は、どう思われますか?私としては、30~50代くらいの現場でバリバリ自分が働いているDr.達の意見も載せて欲しいですね。 以下日記 ・1/14(火)は、6時半起床。朝..

  • 8月のパラグライダーで凍傷/草は抜けずに髪抜ける

    ・久々にLancetのsiteをみていたら↓のようなレポートがありました。8月にパラグライダーをしていた人が、凍傷で救急外来に受診したという話。(著者らはオーストリアーオーストラリアではないーの大学ですね。だから、8月と言えば夏)何で、パラグライダーで凍傷?と思ってしまいますが、こういうこともあるんですね。(標題もLancetらしく、ちょっとシャレがありますね。) Frostbite of the hands after paragliding: a chilling experience Lancet. 2020 Dec 21;394(10216):2282 https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(19)32960-5/fulltext#section-3d6acba1-acea-4..

  • TAVR(or TAVI)による腋窩動脈閉塞/左門豊作的%安心

    ・医学の進歩(すくなくともテクノロジー)はめざましく、各種最先端のことにはついていけません。最初TAVIってなに?TAVRという言葉もあるけど、同じもの?違うもの?と、悩んでおりました。それは、同じものなのですが、おなじものを違う言葉で言わないでと言いたい。その説明はいろんな病院がされておりますが、いつもお世話になっております天下の倉敷中央病院様のsiteの説明↓ https://www.kchnet.or.jp/hdc/cardiovascular/disease/treat/TAVI.html ・東の覇者?の慶応大学のサイト↓ http://www.keio-minicv.com/treatment/tavi-tavr で、今週のNEJMのIMAGES IN CLINICAL MEDICINEに↓のようなレポートがありました。 Axillary A..

  • 非反回下喉頭神経/有給とるのも楽じゃない

    ・反回神経とは『医学書院医学大辞典第2版』によると↓ 反回神経 recurrent 〔laryngeal〕 nerve迷走神経の枝。迷走神経から分かれると,右では鎖骨下動脈,左では大動脈弓と動脈管索の下を後ろに回って上方へ反転する。気管と食道の両側に沿って上行しながら下頸心臓枝,食道枝,気管枝を出した後,下喉頭神経となり,輪状甲状筋以外の喉頭筋群と声帯ヒダより下方の喉頭粘膜に分布する。 ・↑の説明で、声帯に分布するのは下喉頭神経となっておりますが、「反回」しない下喉頭神経というのがあって、標題になる「非反回下喉頭神経」というのだそうです。↓に、関連した文献をリンクさせておきます。 非反回下喉頭神経の術前診断 ―CTおよび超音波検査の有用性― https://www.jstage.jst.go.jp/article/jibiinkoka/116/7/116_79..

  • 軽い運動でも横紋筋融解症/声帯麻痺になったことをメタ認知で楽しもう

    ・標題の横紋筋融解症とは、『医学書院医学大辞典第2版』によると↓ 横紋筋融解症 rhabdomyolysis種々の原因により骨格筋細胞が急激に破壊されて,筋肉の細胞成分が血液中に流入する病態。原因は外傷性と非外傷性に分けられ,外傷性では横紋筋の挫滅により発生する挫滅症候群(crush syndrome)や,過激な運動がある。非外傷性ではフィブラート系やスタチン系の高脂血症治療薬,向精神薬などの薬剤,アルコール過飲,糖尿病性ケトアシドーシスなどの代謝性疾患,感染症,炎症性筋疾患などがある。筋成分のうち,大量のミオグロビン(Mb)が血液中に流入すると腎尿細管を閉塞して高率に急性腎不全を惹起し,臨床上問題となる。血中・尿中Mbやクレアチンホスホキナーゼ(CPK)やアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST),アルドラーゼなどの筋逸脱酵素の上昇により診断する。尿は暗赤色を呈し,潜血反応は..

  • 反回神経麻痺と声帯麻痺/エンディングノート書かないと

    ・標題にある二つの言葉の『医学書院医学大辞典第2版』による説明↓ 反回神経麻痺 recurrent nerve paralysis迷走神経の分枝である反回神経は声帯の運動を支配する。核は延髄の疑核に存在し,左側は右側に比べ長く麻痺の頻度も高い。一側反回神経麻痺により嗄声〈させい〉を来し,両側麻痺では呼吸困難を起こす。反回神経麻痺の原因として,①腫瘍性疾患の圧迫,浸潤:甲状腺癌,食道癌,肺癌,縦隔腫瘍,大動脈瘤,②甲状腺手術のような頸部手術の操作によるもの,心臓手術,胸部手術,頸部外傷,気管挿管による神経損傷,頸部過伸展,③ウイルス性神経炎,多発性神経炎,重金属中毒,④原因不明の特発性麻痺がある。反回神経麻痺は,関節喉頭鏡や喉頭ファイバースコープで声帯の可動性が失われ固定していることで診断される。治療は原因疾患の治療が優先される。可逆性のものであればステロイドホルモン,ビタミンB剤の投..

  • マイ手帳大賞:患者には、医師とは違って、患者になるためのトレーニングはない/自主的に病院へ行って心の安寧をえる

    ・昨日のブログで書きましたように↓の本を読み出しました。 Diagnosis: Interpreting the Shadows (English Edition) 出版社/メーカー: CRC Press 発売日: 2017/09/19 ・昨日は第1章を読み終え、今日は、「キセルして」第17章のWhat Is the Patient's Role in Diagnosisというのを読み終えました。この17章の中にWhat Patietns Need to Knowというのがありまして、その冒頭にUnlike doctors, there is no training for being a patient.と書かれていまして、ちょっとクスッとわらってしまいました。それをほんのちょっとだけ改変して載っけたのは本日の標題です。しか..

  • 今年前半は診断についてかんがえる/寝正月ではありません。

    ・診断という言葉は、普通に使われていますが、結構曖昧、いや、奥が深いものです。goo辞書によると診断とは、「1 医者が患者を診察して、健康状態、病気の種類や病状などを判断すること。「診断を下す」「インフルエンザと診断する」「健康診断」」とのことです。広辞苑第七版には、「医師が患者を診察してびょうじょうを判断すること。」とあります。まあ、一般の方はこれで納得されるかも知れませんが、『医学書院医学大辞典第2版』では、↓のように詳しく説明されています。 診断 diagnosis面接・診察・検査などによって得られる所見に基づいてなされる疾病・病勢・予後などに関する医学的結論。診断で観察・判断するべき事柄は,病名ばかりではなく,病人の生活環境,病気の背景にある外面的・内面的要因,疾病の原因,経過や予後に影響しそうな要因,検査や治療に関係した事項など多種多様なものを含んでいる。実際には,一定..

  • セフトリアキソン(ロセフィン)による偽胆石/同志に差し入れ

    ・多分、以前も書いたと思うのですが、ロセフィンで(偽)胆石の副作用があるというお話です。よくあるのは小児ですが、高齢者にもあるので注意してねという論文がありました↓(これは抄録だけで、残念ながらfreeではよめません) セフトリアキソン(CTRX)投与が原因と考えられる胆石性膵炎を発症した高齢者の2例 https://www.jstage.jst.go.jp/article/tando/33/5/33_862/_article/-char/ja 【抄録】 セフトリアキソン(CTRX)の投与に伴い偽胆石と呼ばれる胆石様沈殿物が形成される事が知られており,小児例で報告が多いが,近年高齢者の報告が増加している.今回我々はCTRX投与が原因と考えられる胆石性膵炎を発症した高齢者の2例を経験した.胆石性膵炎を発症する前に1例目の80歳代,女性は気管支炎に対しCTRXを3日間,..

  • 梅毒による口内炎+α/カミさんに叱られた

    ・私は内科医ですが、口内炎の患者さんも時々来られます。その時、何かの全身疾患の一部分症ではないかという思考はするのですが、口内炎を起こす全身疾患を全て経験したわけではないので、診断は難しいです。で、最近日本で梅毒が増えていると言うことで、自分のところにそのような患者さんが来ないかドキドキですが、↓のようなレポートがありました。口内炎をみたら梅毒を思い浮かべないといけませんね。 口内炎を契機に診断された第二期梅毒の1例 日本口腔内科学会雑誌 25巻(2019年)1号 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsom/25/1/25_16/_article/-char/ja 【抄録】 口内炎を契機に診断された第二期梅毒の1例を経験した。患者は24歳女性。口内炎の治癒不全を主訴に当科を受診した。舌・口蓋に潰瘍と口峡炎の所見を認めた。TP..

  • 閉鎖孔ヘルニアって、膀胱もあるのね/念願の散髪

    ・閉鎖孔ヘルニアとは、『医学書院医学大辞典第2版』によると↓ 閉鎖孔ヘルニア obturator hernia閉鎖孔から脱出するヘルニア。閉鎖孔は坐骨,上恥骨枝,下恥骨枝からなる大きな孔で,大部分は強固な結合組織である閉鎖膜に覆われているが,恥骨上枝寄りの閉鎖動静脈・神経の通る部位は通常脂肪組織などで閉鎖されているため比較的脆弱で,この狭い孔(管)から脱出するヘルニアである。高齢の女性に多い。腸閉塞症状で発生する例が多く,術前診断は困難だが,CTが有用である。 ・上の説明では、ヘルニアの内容が書かれていませんが、基本的には腸管ですね。しかし膀胱の場合もあるそうです。↓のような症例報告がありました。 ヘルニア内容が膀胱であった閉鎖孔ヘルニアに対して腹腔鏡下ヘルニア修復術を施行した1例 日本消化器外科学会雑誌.2019;52(2):125-131 https://..

  • シップでも胃潰瘍になるのよ/未来から来た年賀状

    ・外来で時々背中や下肢に4枚くらいシップを張っている患者さんがいます。痛み止めの飲み薬で胃が悪くなるということは多くの患者さんが知っているでしょうが、シップでも胃が悪くなる、ついでに言うと座薬でも胃が悪くなると言うことは、多分ほとんどの患者さんが知らないでしょう。ひょっとして、看護師さんもしらないかも...↓のようなレポートがありました。 NSAIDs経皮製剤(湿布)が原因と考えられた胃潰瘍の1例 日本プライマリ・ケア連合学会誌2019, vol. 42, no. 3, p. 158-161 https://www.jstage.jst.go.jp/article/generalist/42/3/42_158/_article/-char/ja 【抄録】日常診療において,非ステロイド性消炎鎮痛薬(以下NSAIDs)経皮製剤(湿布)による消化管粘膜障害などの有害事..

  • 月経時の「血尿」は子宮内膜症も考える/また、2年倉敷市公害健康被害認定審査会委員

    ・今週のNEJMに膀胱子宮内膜症のレポートがありました↓ Bladder Endometriosis NEJM December 26, 2019  Vol. 381 No. 26 https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMicm1815447 ・このレポートの最後にBladder endometriosis may be asymptomatic or associated with urinary urgency or frequency, dysuria, or cyclical gross hematuria.と書かれていますが、月経周期との関係はどうなのかなと疑問に思いました。で、ちょっと調べるとUpTpDateにHematuria is rare, but when present, typically co..

  • 肺血栓塞栓症の鑑別に肺動脈内腫瘍/響はやはりうまいっ!

    ・典型的な症状、画像でも必ず鑑別診断を挙げること。それが浮かばなければ、少なくとも合併症をあげること。これは自分に課せた課題、かつ、研修医(ほとんど研修に来ないけど)に言っていることです。肺血栓塞栓症関連で↓のようなレポートがありました。 Pulmonary Artery Intimal Sarcoma Mimicking a Pulmonary Thromboembolism Intern Med 58: 3599-3600, 2019 https://www.jstage.jst.go.jp/article/internalmedicine/58/24/58_3246-19/_article/-char/ja ・少なくとも血栓塞栓症の鑑別には、何らかの腫瘍性変化を考えないといけませんね。↓のようなレポートもありました。 FDG-PET が肺動脈腫瘍と肺動脈..

  • レミエール症候群/やっぱ、コントより漫才が好き

    ・遠い昔、レミエール症候群について書いたことがあるとおもいますが、何回も書くことによって記憶を強化したいと思います。そもそも、レミエール症候群とは何か?今私の手元にある『医学書院医学大辞典第2版』にも『南山堂医学大辞典第19版』にも、レミエール症候群という項目はありません。↓のサイトの説明がわかりやすいと思います。 https://qq8oji.com/pg-report/4294 で、↓のようなレポートがありました。 A Case of Lemierre Syndrome Complicated with Empyema Intern Med 58: 3485-3486, 2019 https://www.jstage.jst.go.jp/article/internalmedicine/58/23/58_3332-19/_article/-char/ja ..

  • 骨サルコイドーシス/SWを観る

    ・サルコイドーシスとは、『医学書院医学大辞典第2版』によると↓ サルコイドーシス sarcoidosis[同義語]ベック病 Boeck disease,ベック類肉腫 Boeck sarcoid,ベニエ-ベック-シャウマン病 Besnier-Boeck-Schaumann disease[1]壊死を伴わない類上皮細胞肉芽腫病変形成を主徴とする原因不明の全身性疾患。副腎以外のあらゆる臓器に病変が出現するが,主なる病変部位は,肺(縦隔・肺門リンパ節,肺)95%以上,眼(ぶどう膜,網膜,硝子体)30~40%,皮膚5~10%である。その他,表在リンパ節腫脹のみられることがあり,時に心臓病変がみられる。臨床症状は,①形成された肉芽腫病変による圧迫症状,②肉芽腫形成部位における機能不全,③後遺症としての瘢痕,線維化病変によるもの,である。加えて,発病初期にみられる眼病変,結節性紅斑にみられるような..

  • 食道裂孔ヘルニアで息切れ、呼吸困難/初体験:しゃべりすぎてめまい

    ・食道裂孔ヘルニアとは、『医学書院医学大辞典第2版』によると↓ 食道裂孔ヘルニア hiatal hernia[同義語]食道胃裂孔ヘルニア,裂孔ヘルニア横隔膜ヘルニアの中で最も頻度が高く,食道裂孔をヘルニア門とし胃の一部ないし全部が縦隔内に脱出した状態。下部食道から胃噴門部の固定不全のような先天的素因に肥満,努責による腹圧上昇,加齢による横隔食道膜の弛緩,食道裂孔の開大が加わって起こり,40~50歳代以上の女性に多い。滑脱型,傍食道型,混合型に分類される。合併する逆流性食道炎が問題であり,食事量を少なく頻回に取るようにしたり,摂食後の横臥をやめ,H2受容体拮抗薬,プロトンポンプ阻害薬(PPI),粘膜保護薬,腸蠕動促進薬を投与する保存的治療が第一選択である。難治性のものや瘢痕性食道狭窄を合併したものは,ニッセン法やヒル法などの手術を要する。傍食道型は手術が第一選択の治療法となる ・上の..

  • 望遠鏡の指、もしくは、オペラグラスの手/入力した文字がすぐ音声になるソフトがほしい

    ・NEJMのIMAGES IN CLINICAL MEDICINEに下のようなレポートがありましたが、最初何で望遠鏡の指なのか理解できませんでした。動画を見たらなるほどと思いました。 Telescoping Fingers in Rheumatoid Arthritis N Engl J Med 2019; 381:e41 December 12, 2019 https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMicm1905982 ・望遠鏡は何段にもなって伸び縮みできるもので、指もそうなっているんですね。ちょっと調べると同様な言葉としてopera glass handというのがありました↓ Opera glass hands (la main en lorgnette) https://radiopaedia.org/ca..

  • 下痢と聴力障害、その関係は?/無言で忘年会参加

    ・鑑別診断を考える場合、必ずiatrogenic、特に薬の副作用を考えないといけないと思います。患者さんによっては他の医療機関を受診して投薬を受けているのに、そのことを話されない方がいるので、こちらから積極的に訊きに行かないといけません。↓のようなレポートがありました。 Sudden hearing loss subsequent to diarrhea: what is the missing link? Daru. 2014 Jan 8;22(1):15. doi: 10.1186/2008-2231-22-15. Sudden sensorineural hearing loss (SSNHL) is a debilitating condition with an incidence of nearly 20 per 100,000 in populations. M..

  • レプトスピラ症と職業歴/朝起きたら虫にはなっていなかったけれど

    ・そもそもこのブログの主旨は、臨床医学において職業・環境性疾患がきちんと診断されていないという問題意識のもと書きはじめたものです。その第一テーゼは、職業歴を訊くべしです。第二テーゼは、職業歴とは、その作業内容と作業環境を訊くべし。第三テーゼは、職業歴はのど自慢的であってはいけないです・・・・この三つのテーゼという形式は、今、思いついて深い考慮も無く書いておりますが、言っている内容は、過去書いてきたものです。 ・前振りはおいておいて、以下のようなレポートがありました↓ 発熱,肝障害,血小板減少を伴い急性腎障害をきたしたレプトスピラ症の1例 日内会誌 107:2147~2153,2018 https://www.jstage.jst.go.jp/article/naika/107/10/107_2147/_article/-char/ja 抄録   50歳,男..

  • 外来の診療で大切なこと、コツ、私がやっていること/あまりにも衝撃

    ・私がメインで勤めている病院へ、たまーーーーに研修医が「地域医療研修」ということで2ヶ月間こられます。そこで、私は4つばかり=外来の仕方、論文の読み方、胸部レントゲン読影、呼吸管理について講義をしてきました。明日も講義の予定ですが、そのレジュメをアップします。読まれた皆様で何かご意見、ご批判、感想があれば教えてください。 外来の診療で大切なこと、コツ、私がやっていること ver.1.1 1.心得 ・患者さんは、要望と不安をもってくる   要望がはっきりしないこともある・・・診療の中で明確にする   「主訴」と真の受診動機は異なることがある   →最後に二つの門をあける:注文と質問・・・ドアノブ・コメントを避ける ・誠実に・・・この対応は果たして誠実か?と自問する ・患者さんの受診目的と医師の診療の目的が食い違うことがある   目標の明確化・共有      ..

  • 以前はどう読むかわからなかったFitz-Hugh–Curtis Syndrome/青空にちょっと感傷的になる

    ・標題にかいた Fitz-Hugh–Curtis Syndromeとは、『医学書院医学大辞典第2版』によると↓ フィッツ=ヒュー-カーティス症候群 上腹部に慢性の疼痛を訴え,手術や腹腔鏡でみると肝臓と横隔膜の間にバイオリンの弦のような索状の癒着を認める疾患。症状から胆嚢炎と誤られることがある。患者の大部分が骨盤内にクラミジアの感染があること,また血中のクラミジア抗体が高いことがほとんどであることから原因はクラミジアであろうと考えられている。しかし,理由は不明だが,癒着の病変からクラミジアの抗原が検出されることは稀である。(Thomas Fitz-Hugh,Jr,1894-1963,医師,米。Arthur H. Curtis,1881-1955,婦人科,米) Fitz-Hugh T Jr: Acute gonococcic peritonitis of the right upp..

  • FYI: JANISデータを読み解くために必要な微生物学的知識/10時間労働はつかれるぞ

    ・私は、年に4回おこなわれる「感染防止対策加算」のためのカンファレンスに、大体出席しております。で、その会議の中で、JANISという言葉が出てくるわけですが、それは何ぞや?、ということで、↓の様な論文があったのでご紹介。 JANISデータを読み解くために必要な微生物学的知識 環境感染誌Vol. 34 no. 3, 2019 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsei/34/3/34_129/_article/-char/ja ・標題の通り基本的な病原微生物に対する事項がかかれており、感染症が専門でないものにとっては、参考になります。 あっという間に以下日記 ・本日11/27(水)は、6時19分起床。夜がなかなか寝付けず、そのため早起きできません。なんとかほんの少しだけ朝勉して出勤。午前外来、午後回診とカンファレンス..

  • SSP: ACP推進に関する提言/実質得していけど、ものすごく損した感じ

    ・今年の6月に日本老年医学会が「ACP推進に関する提言」を公表していたので、シェアします。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/geriatrics/56/4/56_56.411/_article/-char/ja https://www.jstage.jst.go.jp/article/geriatrics/56/4/56_56.411/_pdf/-char/ja ・この中で、私が大事だなと思ったのは、「本人が意思決定能力を有すると判断された場合でも, 本人が言語化したことは「気持ちの何らかの表現」であ り,本人の意向そのものではないことも多い.医療・ケ ア従事者は,本人が言語化した「意向」の背景に思いを 致すことも大切である.  これは日本の歴史・文化によるところが大きいと思わ れる.高齢者の発言に限ったことではないが,日本人が ..

  • モンドール病/秋は好きだけど何故か鬱

    ・モンドー病とは、『医学書院医学大辞典第2版』によると↓ モンドール病 Mondor disease[同義語]胸部血管性静脈炎 sclerosing periphlebitis of chest wall 皮下に硬い索状物を生ずる疾患で,主として前胸,腹部にみられる。軽度の疼痛を伴うが,皮膚表面の発赤はほとんどみられず,自然に消失することがある良性の疾患である。静脈周囲炎,血栓性静脈炎であろうとされているが,発症機序については不明である。モンドールにより詳細な病理学的な報告(1939)が行われて以来モンドール病の名称が使われる。(Henri Mondor,1885-1962,外科,仏) また、『今日の皮膚疾患治療指針 第4版』によると↓ Mondor病,非性病性硬化性リンパ管炎Mondor's disease, Non-venereal sclerosing lym..

  • マイ手帳大賞:おまえが元気そうでうれしい

    ・久々のブログも私の日記のようなものです。 ・本日11/17(日)は、日直。9時から17時半まで病院で働いておりました。で、電気設備の点検のため2時間ばかり停電。当然最低限の電力は確保しているわけですが、それに何かトラブルがあったらどうしようと恐れておりました。一番困るのは人工呼吸器ですね。ただ、最近のものはバックアップのバッテリーがついているので、すぐには困らないはずですが...で、とりあえず何事もありませんでした。日直後は病院近くの公園を3kmくらいウォーキングして18時半過ぎに帰宅。お風呂入って、録画した『孤独のグルメ』をみながらキムチ鍋。ここで、チャミスルなんか飲みたい衝動に駆られるわけですが、ノンアルコールビールで我慢。で、現在お腹いっぱい状態で、このブログを書いております。 ・昨日11/16(土)は、午後から明石駅近くのホテルで小・中学校の同窓会でした。家を9時くらいにでて..

  • BMJの恐るべき論文:パラシュートをつけてとびおりた場合とつけなかった場合の外傷のランダム化比較試験/最近は寝ながらKindleでゴルゴ13読んでます

    ・標題にあるランダム化比較試験(RCT)についてのがん情報センターの説明が↓ https://ganjoho.jp/public/qa_links/dictionary/dic01/randomized_controlled_trial.html ・で、BMJに恐るべき論文が載っておりました:パラシュートをつけて飛行機から飛び降りた場合とパラシュートをつけなかった場合の死亡・外傷の比較研究です。 Parachute use to prevent death and major trauma when jumping from aircraft: randomized controlled trial. https://www.bmj.com/content/363/bmj.k5094.long BMJ. 2018 Dec 13;363:k5094. doi: ..

  • 胃カメラでIgA血管炎の診断/本のわんこそば状態

    ・本日は、「ヘーッ」という症例報告↓ 特徴的な内視鏡像から早期診断に至ったIgA血管炎の1例 日内会誌 2018 年 107 巻 7 号 p. 1350-1356 【抄録】 22歳女性.従妹にIgA血管炎の家族歴あり.食事摂取困難な心窩部痛を主訴に受けた上部消化管内視鏡検査(esophagogastroduodenoscopy:EGD)で十二指腸に血豆様発赤を認め,入院となった.第5病日には腹痛増強と消化管出血をきたし,内視鏡像の増悪を認め,血管炎によるものと判断し,ステロイド加療を開始した.ステロイド投与により症状は速やかに軽快し,第13病日に両下腿に皮診が出現するも,症状の増悪はきたさなかった.腹部症状の先行したIgA血管炎は診断に難渋することも多いが,血豆様所見はIgA血管炎に特徴的な内視鏡像と考えられており,早期診断と治療の一助となる可能性がある. ・↑とい..

  • ヒェーッ、Xファイルじゃっ!かんてつ/Mindless eating

    ・NEJMのIMAGES IN CLINICAL MEDICINEはいろいろ興味深い写真を見せてくれますが、時々動画も載っています。で、今週の動画は肝蛭がうつってますが、なかなかショッキング(気の弱い人は観ないでください) Liver Fluke N Engl J Med 2019; 381:e34 Nov. 7, 2019 https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMicm1903220 ・肝蛭とは、『医学書院医学大辞典第2版』によると↓ 肝蛭 カンテツ Distoma hepaticumヒツジ,ウシなどの草食獣の肝臓に寄生する大型の吸虫。成虫は長さ30~50mm,幅10~15mmで前方部分に口吸盤と腹吸盤をもち,雌雄同体で,扁平な木の葉のような形をしている。虫卵は蓋をもち,長径130~150μmで寄生虫卵としては大型であ..

  • 自分の死に目に子供にあう/映画は貧困な想像力を補ってくれる。

    ・11/3(火)の健康祭りで、『死ぬときくらい好きにさえて」もらえるかな?~ACP、人生会議、心づもりの話~』という演題で講演をしました。今後、何回かこれに関係することを書いてみたいと思います。 ・この講演で、親の死に目に会いたいですかと言うような質問をしました。直接その質問の答えの話ではなく、講演が終わって家に帰って考えたこと。「親の死に目にあえない」という言葉は、子供の方からの視点ですね。親からいうと「死に目に子供に会えない」ということになります。もう、意識がなくなっている場合は、もうそのようなことは関係ない(かな?)でしょうが、意識があって、「ああ、俺は、もうしんでいくんだな」という場合、やっぱり子供に会いたいのではないか?少なくとも、私はそうです。家族に見守られて、最後に「ありがとう」と言って死んでいければ最高でしょうね。でも、なかなかそうはならないでしょうね。 ・ところで、ち..

カテゴリー一覧
商用