searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

話の散歩道さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
話の散歩道
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/masatoshi-blog
ブログ紹介文
時々の話題の中に趣味の花の写真などを飾り日記風に綴ってみたいと思います。
ブログ村参加
2015/01/29
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、話の散歩道さんをフォローしませんか?

ハンドル名
話の散歩道さん
ブログタイトル
話の散歩道
フォロー
話の散歩道

話の散歩道さんの新着記事

1件〜30件

  • 天白公園(2021年12月2日)野鳥観察

    12月に入り令和3年もあと1ケ月足らずになりました。コロナに明けコロナで暮れる1年になりました。今は感染者も少なく終息したようにも感じますが、また新たな変異株が出現し予断を許しません。今までどおり感染予防対策を続けていくことが大切かと思います。名古屋市天白区にある天白公園に古くからの友人と野鳥観察に行ってきました。この公園には池があり池の周りに遊歩道があるのでぐるっと池を巡りながら池にいる野鳥を観察できます。今はカイツブリ、カルガモ、バン、オオバン、カワウなどが見られます。時にはカワセミが姿を見せることもあります。天気の良い日に散歩も兼ねて野鳥観察も楽しいものです。またいつもの拙い写真ですがご笑覧いただければ幸いです。カイツブリダイサギオオバンバンアオサギカイツブリ天白公園(2021年12月2日)野鳥観察

  • 庄内緑地公園(2021年11月29日)野鳥観察

    OB会の帰りに庄内緑地公園に行ってきました。良い天気で風もなく野鳥観察日和になり、このところ気温も下がってきたので野鳥も戻ってきたのではと思い期待して行きました。ピラカンサが赤い実を付けて野鳥を誘っているようで、メジロやシジュウカラなどが群れになって来ていました。他にはジョウビタキやツグミ、マガモなどを見かけました。同好の士も10人近く見かけました。これからシロハラ、オオシマツグミ、クロツグミ、トラツグミ、ルリビタキなどの到来が待たれます。またいつもの拙い写真ですがご笑覧いただければ幸いです。シジュウカラ同上同上メジロ同上同上同上同上ツグミマガモ庄内緑地公園(2021年11月29日)野鳥観察

  • 養老の滝(2021年11月24日)紅葉

    急に寒くなった陽気にどうしょうか迷ったのですが、予定に入れていたので11月24日に養老の滝の付近のを紅葉を観に行ってきました。朝の8時半頃に現地の駐車場に到着したのですが、山のふもとでもあり天気は雲が多く時雨のような雨が降っていました。まずいなと思いながら防寒着に身を固め傘と杖をを持ち背中はリックサックを背負いカメラを首にぶら下げて滝までの坂道を歩き始めました。足に自信がないのでゆっくりゆっくり歩きです。滝から流れる川の両側に遊歩道があり桜やモミジなどが植えられていて、春は桜、秋は紅葉と観光客を楽しませてくれます。今はモミジの紅葉が盛りで真っ赤に色づいた樹々を写真に撮りながら滝まで歩きました。雨も途中から上がり傘と杖を両手にもってスキーのストックよろしく坂道を歩くのに少し楽をさせてもらいました。滝までは普通に歩...養老の滝(2021年11月24日)紅葉

  • 部分月食(2021年11月19日)

    今日の午後6時前から部分月食が見られました。皆既月食に近いということでしたが、私が見たのはそれが終わって徐々に月が丸く戻って来る時でした。下から戻ってくるようで下から明るくなってくる様子です。またいつもの拙い写真ですがご笑覧いただければ幸いです。部分月食(2021年11月19日)

  • 徳川園(2021年11月17日)紅葉

    11月も中旬になりあちこちから紅葉の便りが聞かれる頃となりました。そこでちょっと早いかなと思いましたが名古屋市内の紅葉の名所の一つ徳川園に行ってきました。結論から言いますと思ったとおり紅葉には少し早く一部のモミジのまた一部の枝が赤くまた黄色に染まっている程度で残念でした。ここの紅葉祭はいただいたパンフレットによると11月20日から12月5日までで、期間中ライトアップも行われるようです。赤く染まったモミジのライトアップも美しいと思います。まだ早かった紅葉の写真、いつもの拙い写真ですがご笑覧いただければ幸いです。虎仙橋から舟の上屋観仙楼を望む西湖提を望むツワブキサザンカ同上徳川園(2021年11月17日)紅葉

  • 散歩道の花々(2021年11月16日)皇帝ダリア

    晩秋の散歩道はどんな花が見られるか、楽しみながら今日は6000歩程歩きました。コンデジ片手にのんびりときょろきょろしながらの散歩です。真っ白なサザンカ、黄色のツワブキそして薄紫の皇帝ダリア、ピンクのツバキ、黄色のヒマワリに似た花、垂れさがったケイトウ、熟した柿などを見かけました。コンデジに納めたものを早速パソコンに取り込みました。またいつもの拙い写真ですがご笑覧いただければ幸いです。サザンカ同上ツワブキ皇帝ダリア同上同上ケイトウキク同上柿ヒマワリに似た花?ツバキ散歩道の花々(2021年11月16日)皇帝ダリア

  • 天白公園(2021年11月11日)バンなど

    名古屋市天白区にある天白公園に野鳥観察に出かけてきました。小さな池ですので腰を痛めた体でも何とか一回りできました。良い天気で風もほとんどなく観察日和でしたが、見かけた野鳥はバン、オオバン、カイツブリ、ヒドリガモ、マガモ、カワウなどでした。カワセミも居るようですので次回楽しみに行きたいと思います。またいつもの拙い写真ですがご笑覧いただければ幸いです。バンオオバンヒドリガモマガモ(雌雄)カワウ(翼干し)天白公園(2021年11月11日)バンなど

  • 庄内緑地公園(2021年11月6日)アオサギ

    庄内緑地公園も木を伐採したり枝を剪定したりして野鳥の隠れ家が少なくなって野鳥がやって来るかどうか少し心配です。例年1月から3月にかけていろいろな野鳥が見られるのでまだこれからですがやって来ることを願っています。今日は土曜日で散歩やジョギング、犬の散歩などをする人が多く、また野鳥が集まると思われるピラカンサの木のある周りを落ち葉の掃除が行われていて落ち葉を吹き飛ばす機械の音が騒がしくとても静かに野鳥観察という雰囲気ではありませんでした。そこで池の方に行ってみるとマガモ、バン、アオサギが見られました。いつもいる野鳥ですので珍しくもありませんがまたいつもの拙い写真ですがご笑覧いただければ幸いです。アオサギの飛来アオサギ同上同上マガモバン同上赤く実ったピラカンサ庄内緑地公園(2021年11月6日)アオサギ

  • 藤前干潟(2021年11月4日)野鳥観察

    大潮で干潮が午前中の潮時を狙って藤前干潟に野鳥観察に行ってきました。今日は風も強くなく天気は晴れでまあまあの観察日和でした。カモ類、シギ類、カンムリカイツブリなどを見かけましたが、数はまだ少なくもう少し冷え込まないと飛来も望めないかもしれません。同好の士も見かけず、釣り人が数名岸壁の上から竿を出しており、バケツを覗くとハゼが一匹泳いでいました。またいつもの拙い写真ですがご笑覧いただければ幸いです。ダイサギコサギカンムリカイツブリ同上同上同上ヒドリガモ同上シギ同上同上シギの飛翔同上同上コサギイソシギ同上藤前干潟(2021年11月4日)野鳥観察

  • 秋色の路傍(2021年10月30日)

    秋の深まりと共に散歩道の路傍に咲く花も季節に応じたものとなり、また実りの秋を迎えて柿やみかんなどが色づいてきました。爽やかな気候の中、散歩道をコンデジ片手に歩いてきました。今が盛りとキンモクセイがあちこちで甘い香りを漂わせていました。ハナミズキの葉が赤茶色に色づいて青空によく映え、ツワブキが黄色の可愛い花を咲かせて人目を惹いていました。稲刈りの終わった田んぼの稲わらを見ていると秋の季節を実感します。またいつもの拙い写真ですがご笑覧いただければ幸いです。キンモクセイ同上同上同上セイヨウフウチョウソウ(別名:クレオメ)同上ハナミズキの紅葉ツワブキ同上同上同上柿同上キュウイミカン刈り入れの後の稲わら秋の空秋色の路傍(2021年10月30日)

  • 野鳥観察(天白公園・荒池・庄内緑地公園 2021年10月21日)

    今日は友人と天白区の天白公園と荒池、そして一人で庄内緑地公園へ野鳥観察に出かけました。天白公園の池ではカイツブリ、セキレイ、カルガモを見かけ、荒池ではオシドリを見かけました。庄内緑地公園ではアオサギ、マガモ、ヒヨドリを見かけました。1日で3か所も回ったのは初めてで、さすがに足が痛くなりました。野鳥が遠くに居るのもあって画像の悪いのもあり、いつもの拙い写真ですがご笑覧いただければ幸いです。カイツブリカルガモハクセキレイ同上オシドリ同上アオサギヒヨドリ野鳥観察(天白公園・荒池・庄内緑地公園2021年10月21日)

  • 満月(2021年10月20日)

    今日(10月20日)は満月です。仲秋の名月が天気が悪く見られませんでしたので今日の満月を撮影しました。アメリカでは10月の満月をハンターズムーンと呼ばれています。ネイティブアメリカンが10月の満月の頃が狩猟に最適の時期ということからそう呼ばれているようです。今日は晴天に恵まれてきれいな月が見られました。いつもの拙い写真ですがご笑覧いただければ幸いです。満月(2021年10月20日)

  • バラ(庄内緑地公園 2021年10月18日)

    急に寒くなった10月18日に野鳥観察に出かけたのですが、それらしい野鳥には出会えずじまいでした。ついでにバラ園をのぞいてみたら色とりどりのバラが見頃を迎えていました。野鳥変じてバラになるということで本日はバラの花をご覧いただきたいと思います。いつもの拙い写真ですがご笑覧いただければ幸いです。水鳥の池に「バン」がいましたバラ(庄内緑地公園2021年10月18日)

  • 庄内緑地公園(2021年10月11日)

    朝から秋とも思われない暑い日でしたが、毎週月曜日のOB会の集まりの帰りに庄内緑地公園に寄ってみました。ピラカンサの実が大分色づいてきていましたのでそれを目当てにいろいろな野鳥がやってくるのが楽しみです。その直下の水溜まりでカワラヒワが水を飲んでいました。キンモクセイの中にメジロとムシクイがいましたがムシクイは動きが早くまた葉陰になって写真はうまく撮れませんでした。水鳥の池にはカルガモ(年中います)と混じってマガモを見かけました。何処からか早くも渡って来たものと思われます。今日の野鳥観察は以上です。またいつもの拙い写真ですがご笑覧いただければ幸いです。カワラヒワメジロマガモ庄内緑地公園(2021年10月11日)

  • コスモス・木曾三川公園センター(2021年10月9日)

    10月に入り秋の訪れを感じる頃ですが、残暑とも言えない時期の暑さに見舞われています。日中は30度近くまで気温が上がり半袖で十分過ごせますし、ランニングシャツで歩いている人も見かけました。仕舞った半袖シャツをまた出す始末になりました。日中の暑さを引きずって秋の夜長もイマイチ冴えません。秋の花の代表の一つにコスモスがありますが、その群落が見られる木曽三川公園センターへ行ってきました。予想はしていましたが、丁度見頃を迎えていて、土曜日のこととて大勢の見物客で賑わっていました。赤、白、ピンクなどの一般のコスモスの他に今年は黄色のコスモスが見事な群落を作っていてなかなか綺麗でした。またいつもの拙い写真ですがご笑覧いただければ幸いです。黄色のコスモス同上同上コスモスとウロコ雲同上キバナコスモス同上コスモス・木曾三川公園センター(2021年10月9日)

  • キンモクセイ(2021年10月3日)

    10月に入り秋も深まりつつありますが、このところ日中は30度近くまで気温が上がり残暑を思わせる陽気になっています。ただ朝方は気温が下がるので体調管理に気を使います。この頃になりますと道を歩いていて何処からか甘い香りが漂ってきてふと振り返ると黄色の花を咲かせたキンモクセイに気が付くことがあります。散歩を楽しませてくれる木ですね。キンモクセイは中国が原産で日本には江戸時代に渡来し、挿し木で北海道と沖縄を除いて日本中に増やされました。花は芳香を放ち濃厚で甘い香りで夕方などにそれが強く感じられます。秋の季語になっています。これからしばらくその甘い香りを楽しみたいと思います。またいつもの拙い写真ですがご笑覧いただければ幸いです。キンモクセイ(以下同じススキキンモクセイ(2021年10月3日)

  • 庄内緑地公園(2021年9月30日)バラ

    コロナの感染者が減少に傾き、政府は今日で出されていた緊急事態宣言やまん延防止等重点措置を解除することに決定しました。国内でのコロナの感染に関する縛りはなくなりましたが、各自治体では独自に宣言等を出して第6波が来ないよう警戒を怠らないようにしているようです。自分も解放感はありますが全く自由に振舞ってよいとは思わず、しばらくは今までどうりマスク(不織布)の着用や大勢での飲食防止、密集を避けるなどの感染防止に努めていきたいと思っています。今日は庄内緑地公園へ野鳥観察に出かけましたが、野鳥は全く見かけず、秋のバラがチラホラと咲いていたのでそれを写真に撮って代替えとしました。野鳥は次回の楽しみにとっておきます。またいつもの拙い写真ですがご笑覧いただければ幸いです。庄内緑地公園(2021年9月30日)バラ

  • 散歩道の花(2021年9月19日)

    秋の気配がしてきました。朝晩の涼しさや吹く風の爽やかさに秋の到来を感じます。そこで町内の花の景色を見ようと自転車をかって回ってきました。一番はヒガンバナが盛りで、フヨウ、モミジアオイ、ハギなどが咲いていました。町内のあちこちにあるキンモクセイはまだ時期尚早のようでした。あの甘い香りはもう少しお預けです。またいつもの拙い写真ですがご笑覧いただければ幸いです。ヒガンバナ同上同上フヨウモミジアオイハイビスカスハギユウゼンギク(?)散歩道の花(2021年9月19日)

  • 庄内緑地公園(2021年9月20日)

    今日は日曜日とあって入園者が多く探鳥には不向きかと思いました。家族連れやカップルが園内を自転車で走り回っておしゃべりしては野鳥も近寄りませんね。帰り際にコゲラを見つけて写真を撮りましたが逆光線でピントも木にじゃまされてきれいには撮れませんでした。これからいろいろな野鳥がやってくるので楽しみにしています。いつもの拙い写真ですがご笑覧いただければ幸いです。コゲラ同上シジュウカラヒガンバナ(今が盛り)同上ハス(まだ咲いていました)同上ムクゲガマスイフヨウ庄内緑地公園(2021年9月20日)

  • 木曽三川公園センター(2021年9月16日)

    涼しい風が爽やかで秋の訪れを感じさせるこの頃ですが、世間では暑さ寒さも彼岸までなどと言いますが、1週間後にそのお彼岸がやってきます。第5波のコロナ感染の波もピークを過ぎて減少傾向が続いていますが、このまま収束に向かえばうれしいですがどうでしょうか。専門家は第6波は必ず来ると言っていますが・・・。そんな中ですが、コスモスの様子を見がてら久し振りに木曾三川公園センターに行ってきました。駐車場がガラガラの状態を見てやはりまだ早かったかと思いつつ北園へのトンネルを抜けていきました。大花壇のコスモスはチラホラ咲きで見頃は今月末から来月にかけてではなかろうかと感じました。キバナコスモスが見頃でした。またいつもの拙い写真ですがご笑覧いただければ幸いです。キバナコスモス同上同上黄色のコスモス同上大花壇のチラホラ咲きのコスモスコ...木曽三川公園センター(2021年9月16日)

  • 庄内緑地公園の今(2021年9月6日)

    少しずつ秋の気配が感じられるようになってきました。朝晩も涼しさを通りこして少し寒さも感じられることもあり、体調管理に気を付けたいと思います。そんな中、久し振りに庄内緑地公園に行ってきました。花や野鳥に会えるのを楽しみに行きましたが、すでに同好の士が数人カメラを構えているのを見てこれは何か居るぞと感じ、そっと近づいてカメラの先を見ると何か動いています。早速自分のカメラをそこに向けてみると野鳥がいました。キビタキの雌のようですが、何枚か写真を撮ってその場を離れました。その他の野鳥は、桜の木の間を飛び回っているシジュウカラを数羽見かけました。バラ園では、早咲きのバラがところどころに咲いていたのを見ましたが、見頃になるにはまだ1ケ月以上先ではないかと思われます。これから秋の深まりと共に野鳥もその数や種類も増えるので、出...庄内緑地公園の今(2021年9月6日)

  • 藤前干潟の今日(2021年9月4日)

    久し振りに藤前干潟に行ってきました。野鳥観察に出かけたのも久し振りです。まだ時期には早くあまり期待はしていませんでしたが、シギが数羽、カルガモ、カワウ、遠くにミサゴなどを見かけました。同好の士も数名来ていました。名古屋市野鳥観察館で観察されている野鳥の名前が黒板に記載されていますので、観察の参考になります。カメラの届く範囲で写真を撮りました。いつもの拙い写真ですがご笑覧いただければ幸いです。キアシシギ同上イソシギ同上カモメカルガモダイサギ同上カワウ干潟のカニアーチ橋(干潟から見える景色)ゴミ焼却場(干潟から見える景色)藤前干潟の今日(2021年9月4日)

  • コロナの爆発的感染と連日の雨

    報道ではコロナの感染者が連日のように過去最多を記録しています。東京、神奈川、千葉、埼玉等首都圏をはじめ大阪、兵庫、京都などの関西圏そして愛知、岐阜、三重などの東海圏、さらには福岡を中心とする九州北部、それに沖縄など、もう全国的に感染拡大の一途をたどっています。あのインドで発生したデルタ株が8~9割を占めているようです。政府をはじめ各自治体及び関係機関がいろいろ対策講じているようですが、あまり効果がないようです。緊急事態宣言とか蔓延防止措置とかを発令しても、人々(一部かも知れませんが)は又かといった受け取り方で右から左へ抜けていくようです。実際に発令の効果を疑問視する医療関係の専門家もいるようです。こういう事態に恐怖を感じます。我々老人はじっと自宅で我慢の子ですが、若い人は活動的でじっとしておれないようです。ワク...コロナの爆発的感染と連日の雨

  • 散歩道の花(2021年8月9日)

    日の猛暑にいささか参っているのに、それにコロナの爆発的感染拡大が追い打ちをかけ、行き場を失った感じでじっと我慢の自宅での自粛生活を余儀なくされています。9日は台風の影響で雨が降ったり止んだり、南の風が強く吹き、雨の止み間に久し振りに散歩に出かけました。道々、路傍に咲いている花を写真に撮ったりしながら6000歩近く歩きました。おかげで晩酌のビールが旨かったし夜はよく眠れました。またいつもの拙い写真ですがご笑覧いただければ幸いです。テッポウユリ同上同上コエビソウフヨウサルスベリ同上ススキ(秋近し?)ザクロアブラゼミ散歩道の花(2021年8月9日)

  • 我が家の庭(2021年7月30日)

    暑中お見舞い申し上げます毎日暑い日が続いております。コロナ禍に加え暑さが身体に堪えます。コロナの感染者が昨日は全国で1万人を超えました。特に東京都は3800人超の感染者を出し、5000人はもう目の前です。過去最多を更新していく中で打つ手はないのでしょうか。医療崩壊寸前の状態で為政者の手腕が問われています。我が家の猫の額より小さい庭に家内が世話をしている草花が少し咲いています。マツバボタン、ニチニチソウ、ランタナ、アサガオなどです。この暑さとコロナ禍で外出を控えてるため紹介するものがなく、大変失礼とは思いますがどうぞご容赦下さい。いつものとおり拙い写真ですがご笑覧いただければ幸いです。アサガオ同上ニチニチソウ同上マツバボタン同上同上ランタナ同上同上我が家の庭(2021年7月30日)

  • ヒマワリ(2021年7月6日)

    散歩道のあちらこちらにヒマワリの花が咲いています。暑い日差しと青い空がよく似合うヒマワリですが今日はあいにくの曇天で残念でしたが、それでも太陽のような花を見ると元気づけられるます。夏の代表的な花であるヒマワリですが、古代インカでは太陽神の象徴として神殿に彫刻され、巫女たちはヒマワリを形どった装身具をつけました。ヨーロッパに伝わったのは15世紀の中ごろのようです。花言葉は「私はあなただけを見つめる」です。いつも太陽の方を向く花とされ、情熱的な花言葉がつきましたが、実際のところはそれほどではなくいつも太陽に向かうとは限らないようです。またいつもの拙い写真ですがご笑覧いただければ幸いです。ヒマワリ(2021年7月6日)

  • 森川花ハス田(2021年6月30日)

    愛知県愛西市立田の道の駅「ふれあいの里立田」の西隣に森川花ハス田があります。毎年今頃になると赤、白、ピンクのハスの花が咲いて見物客を楽しませてくれます。今年は赤のハスの開花が遅れているのか、白は満開に近い咲き方ですが赤はぽつりぽつりと咲いていました。ハスの花を堪能した後、道の駅に寄って今日採れたての季節の野菜を買って帰りました。またいつもの拙い写真ですがご笑覧いただければ幸いです。森川花ハス田(2021年6月30日)

  • 散歩道の花(2021年6月28日)

    コロナ禍と天候の影響で外出も思うに任せず悶々として日々を過ごしていますが、今日も散歩の途中で花を見つけては写真を撮ってきました。少しは気晴らしになろうかと思いやっています。ヒマワリの輝き、アベリア、クチナシの香りなどを味わいつつご近所を回りました。5000歩ほどの散歩でした。またいつもの拙い写真ですがご笑覧いただければ幸いです。ヒマワリ同上オクラクチナシ同上アベリアアガパンサスカンナヤブカンゾウムクゲギボウシ?散歩道の花(2021年6月28日)

  • 散歩道の花(2021年6月18日)

    5月半ばに梅雨入りしてから1ケ月程過ぎましたが、余り雨の降らない梅雨のように感じます。晴れると日差しがだんだん強くなってきたので散歩も暑さを避けるため早朝か夕方になりますが、今日は曇っていたので3時過ぎから散歩に出ました。道々咲いている花を見つけるとコンデジで写真を撮りながらゆっくりとした散歩をしました。アガパンサス、ノーゼンカズラなどが咲いていました。またいつもの拙い写真ですがご笑覧いただければ幸いです。アサガオヒマワリテッセンノーゼンカズラ同上アガパンサスアジサイナツズイセン稲田散歩道の花(2021年6月18日)

  • 花しょうぶ(庄内緑地公園 2021年6月9日)

    梅雨の晴れ間というか梅雨が何処かに行ってしまったかのようなよい天気がこのところ続いています。庄内緑地公園にはあまり広くはありませんが花しょうぶ園があります。その時期にはきれいな花しょうぶが咲き、見物客を楽しませてくれます。今日も花しょうぶはまだ咲いているだろうかと少し不安はありましたが行ってみるとまだ咲いていました。と、数人の作業員の方が来て花しょうぶの花の摘花作業を始めました。こちらはあわてて写真を撮らなくちゃと思い急いでシャッターを切っていると、どうも全部の花を摘み取るのではなく、しおれたり弱っている花のみを摘み取っている様子です。それからこちらも安心して写真を撮ることができました。またいつもの拙い写真ですがご笑覧いただければ幸いです。花しょうぶ(庄内緑地公園2021年6月9日)

カテゴリー一覧
商用