searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
デジカメコレクション デジカメ大好き
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/photoocean0630
ブログ紹介文
デジカメをいろいろとご紹介 腕が悪いくせにカメラのせいにして買ったカメラが100台超えました
更新頻度(1年)

360回 / 365日(平均6.9回/週)

ブログ村参加:2015/01/22

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、デジカメコレクション デジカメ大好きさんをフォローしませんか?

ハンドル名
デジカメコレクション デジカメ大好きさん
ブログタイトル
デジカメコレクション デジカメ大好き
更新頻度
360回 / 365日(平均6.9回/週)
フォロー
デジカメコレクション デジカメ大好き

デジカメコレクション デジカメ大好きさんの新着記事

1件〜30件

  • 夢の島

    新木場に降り立ってすぐ向かったのは駅の北側、14号埋立地、通称「夢の島」です。私の年代で夢の島と聞くとまず思い出すのは山のように積み上げられたゴミの島。テレビでしか見たことないけど、東京中のゴミを積んだ清掃車が集まるところみたいなイメージが強く、頭に浮かぶ言葉は東京ゴミ戦争にハエ騒動・・・。前回の東京オリンピックのときはゴミの島だったけど、あれから50年、みごとに緑の島に変貌を遂げ、今度はオリンピックの会場としてその姿を現しました。今日は目の前に迫った東京オリンピック2020の準備に追われる夢の島の写真です。カメラはEOSM6とG7X、キヤノン兄弟で撮りました。今でも清掃工場は残るけど今ではクリーンな焼却炉タイプ新江東清掃工場に続く道沿いにはアナベルの花そして公園の入り口はTOKYO2020一色熱帯性の植物や緑...夢の島

  • フィルムとの決別

    カメラ博物館で多くのフィルムカメラが並んでいるのを見て、悲しい過去を思い出していました。デジタルから写真を始めた・・・の触れ込みでこのブログを書いている私も一度だけフィルムカメラを買ったことがありまして。独身時代、動画派だった私はスキー、ドライブ、旅行などのときは、SONYのV8でムービーを撮っていたのですが、新婚旅行で欧州に行くことになり、その頃は充電とか、テープの現地調達に不安があった時代、奮発してそこそこ高いコンパクトカメラを買って持っていくことにしました。そしてオーストリア、イタリア、フランスと回って、向こうでフィルムも買い足して、たくさん写真を撮りました。その頃の手荷物検査場はフィルムを感光してしまうと言われていたので、強力なX線防止袋も買って封入したのですが、ダメでした、12本全部が見事に真っ白、旅...フィルムとの決別

  • カメラ博物館

    今日は先日行った日本カメラ博物館の話。平河町で仕事を終えた私は少し寄り道をして帰ることにしました。寄り道の理由はフジヤカメラでもらった1枚のパンフレット。アナログカメラに興味の薄い私には関心の低い日本カメラ博物館。でもそこで「デジタルカメラ進化と発展の40年」なる特別展示をやっているらしい。フォトエキスポも2年続けて中止だったし、面白そうだから行ってみることにしました。でも天気が良かったので寄り道前の寄り道三宅坂方面へ桜田門が見える風も爽やかだからお堀端でも歩こうか半蔵門には本物のおまわりさんがもしかして捕り物中?コロナ禍だからかあまり手入れされてないような半蔵門に着きましたこのビルの地下1階実は期間終了ギリギリでしたここの階段を降りるのか森山欽司氏すみません知らない次の特別展はオリンピックにちなんで「カメラと...カメラ博物館

  • 知足庵

    高幡不動あじさい祭りをひととおり見終え、最後にいちばん奥の大日堂を目指しました。そしてその隣の茶室、知足庵も・・・。何度も行っている私も知らなかったのですが、ここに茶室があったんですね。しかもあじさい祭り期間中しか開いていないらしい。これはぜひ見に行かねば。五輪塔を過ぎ大観音像を崇め山門をくぐるとそこは大日堂・・・だけど鳴き龍もお休みなのでほぼ素通り初めてみる茶室に一目散そしてそれはすぐ隣初めてみる茶室知足庵おーなかなか立派な茶室だもちろん茶会はやってませんけど室内は見られるようになっていましたところでこの掛け軸の文字はなんて読むのでしょう、茶室だから禅語なんだろうけど。パッと見て「電卓?」と思ったけどよく見たら違う、まあそんなわけないですけどね。左の字がわからない、気になる、雨冠?知足庵に知が足りないと言われ...知足庵

  • ヤマアジサイ

    今日は高幡不動尊裏山に自生するヤマアジサイの写真。ご存知の通りアジサイの原産は日本、このヤマアジサイは古来より日本の山々に自生していたようです。それが海を渡りシルクロードを通って欧州に伝わり、時を経てハイドランジア、アナベルなどゴージャスな姿になって帰国したということでしょう。のぼり始めは木々に覆われ昼なお暗い道が続くガクアジサイってピントはどっちに合わせたらいいのでしょういつも迷います中腹を過ぎると日が漏れてきて美しい姿を現します頂上付近はまだ花が幼い麓が近づくにつれさらに品種は多様化しいったい何種類あるのでしょうようやく出口が見えてきましたネットで紫陽花図鑑と検索すると、花の手帖というページに319種類のアジサイが出ていました。しかもひとつひとつに名前が付いている。でも照らし合わせて調べる根気は、私にはあり...ヤマアジサイ

  • 紫陽花の散歩道

    今日は高幡不動の境内を散策した写真。でも本堂は改装中。拝観料はとらないお寺なので、お布施やお賽銭は見込めない中、規模縮小とはいえ「あじさい祭り」を開催してくれたことに感謝。来ていた人たちもみな喜んで、紫陽花を眺めていました。というのも都の公園は緊急事態宣言中すべて休業。2年続けていちばんいい季節に入れませんでした。率先して手本を示したつもりでしょうが、あまりにも安直な手本だなあと。万全な感染対策を施して開園するっていう手本の示し方は思いつかなかったのかな。オリンピックはどうなるんでしょう五重塔の裏手の階段を上がると山裾沿いに満開のアジサイ山吹は紫陽花にない色を担いさらに紫陽花の生け垣は続く・・・切れ目に山への入り口が降り注いでいた日差しも山道進むほどに暗くなり山あじさい園入り口に到着明日は山あじさいの写真です紫陽花の散歩道

  • 変わり種

    高幡不動尊金剛寺に咲いているアジサイは7500株、200種類以上、その種類の多さに驚きます。そもそも200種類のアジサイって何?そんなに品種改良されたのかな。例年なら品種改良されたアジサイは、社務所内の一輪差しに飾られて、それぞれの名札が付けられているのですが、今年は規模縮小、屋内展示はしていないそうです。となると自生している変わり種を探すしかありません。今日はそんなアジサイらしからぬ紫陽花の写真を選んでみました。まずは青、紫系次は赤というよりピンク系もはやアジサイには見えない続いて薄緑系四葉のクローバーに見える最後は白、ホワイト系これは分類不能、普通のアジサイとガクアジサイの合いの子かな?花がぶら下ってるのはどちらに似たのでしょうか。これだけの品種改良をするのには、多くの人の手が掛り、長い年月を費やしているは...変わり種

  • 朱が交われば

    梅雨入りはどこへ行ったやら、このところ連日の真夏日。去年は中止だったけど、今年は規模を縮小して開催というので、行ってきました高幡不動尊あじさい祭り。境内は2年ぶりということもあって、参拝客よりあじさい目当ての人がカメラ片手に右往左往、負けじとたくさん撮ってきました。カメラは久しぶりのGRです。初日の今日はお寺ならではのあじさい写真。あじさいの名所というとお寺や神社が多いのですが、白山神社しかり、長谷寺しかり。ここ高幡不動尊でひと際目立つ色が朱色、紫陽花というとその字の如く寒色系の花ですが、背景に朱色を入れると紫は引き立ち、緑は映える。そんなところを意識して撮った写真を選んでみました。まずは弁天池周辺紫陽花もきれいだけどもみじも美しい橋も朱色芭蕉の句碑と次はシンボル五重塔とアングルを変えてお地蔵さんも朱色でした朱が交われば

  • よみうりV通り

    昨日歩いた丘の上の道は、かの読売新聞社社主、読売巨人軍初代オーナー正力松太郎氏のコレクションを集めた聖地公園に沿った道。だからと言ってこのネーミングはどうかと思う。「よみうり通り」か「正力通り」でよかったんじゃないかな。「V」はプレッシャーだよね・・・。優勝に向かって一直線と思いきや・・・曲がりくねって険しくて立ちはだかるは阪神か道端のツツジも巨人カラー応援のメガホンに見えるそんなこと考えながら歩いているとジャイアンツ球場が見えてきました午前中だからか誰もいないグラウンド整備には余念がないきびしい視線イースタンの試合があるのか相手はベイスターズ見たかったなあそこに一番乗りの選手がと思ったらベイスターズ出身金城コーチでした長嶋茂雄筆の「巨人への道」こっちの名の方がかっこいいなあふもとからの坂道が「巨人への道」、険...よみうりV通り

  • 丘の上から

    緊急事態宣言で都内のスーパー銭湯は5月いっぱい臨時休館、スパ銭好きの私は苦悶の日々を過ごしていました。ようやく今月になって緩和され、平日の20時まで営業再開。でも20時までってなんか中途半端、いつもは空いてる深夜に行っていたのですが、プロ野球観たいから夜は行けないし、日中行くしかないのか、どうせ日中行くならハイキングを兼ねて「よみうりランド丘の湯」に行くことにしました。カメラは望遠SH-1です。丘を登り切ったところからキティちゃんの電車が来たゴンドラといっしょに遠くの白い屋根は西武ドームかなよみうりランドのシンボルも近づくとただの鉄塔頭上にゴンドラがゴンドラに沿って進むと去年OPENしたHANA・BIYORI無料送迎バスも走ってるまだ入ったことはないけどコツメカワウソもいるらしい聖地公園の頃からある城壁今日は真...丘の上から

  • アクアテラリウム

    今日はある百貨店のアクアリウム売り場で撮らせてもらった写真。最近は水槽の中には魚は不在、ただ水草が揺れるだけみたいなものも多く、緑色はヒーリング効果があるから見ているだけで心が癒されます。さらにLEDで効果的に照明をあてたり、細かな気泡を出す装置もあって、室内に水の中の森が再現されています。光の屈折かガラス越しだからかピントがうまく合わないけど合わない方が幻想的かも気泡なのか、丸ボケなのか中には水の無いものもあってアクアテラリウムというらしいこうなると形を変えた盆栽かそのとき根元から霧が発生水槽の下半分が霧に包まれます水の替わりに霧か神秘的上から覗くと周囲に滞留してるこれはこれで見てて飽きない水槽もなかなか進歩してるんですね。気象まで水槽の中で再現するなんて。でも魚は飼えそうにない、カタツムリかカエルあたりなら...アクアテラリウム

  • マンモスフラワー

    それはグリーンライブセンターからの帰り道、バラや紫陽花に満足した私は、来たときとは違う近道をして駐車場に向かいました。まさかその近道で、カメラバックにしまったEOSM6をもう一度出すことになるほどの出会いがあるとは思ってもいませんでした。遠目に見てもすぐわかるなんだあの巨大な花は直径30cmはあろうかと空の雲が小さく見える花びら1枚1枚がスープボウルこの花にマクロレンズは不要先日NHKでみたウルトラQ4Kリストア版の「マンモスフラワー」を思い出しちゃいました。なんていう花だろう、花の名前に興味のない私でもこの花の名は気になります。でもそれはスマホで容易に検索、巨大な花と入れると一発で出てきましたから。おそらくモクレン科の泰山木、背が高くならないと花が咲かない、しかも上の方にしか咲かなくて、普段あまりお目にかかれ...マンモスフラワー

  • マクロレンズでスナップ

    今日もグリーンライブセンター周辺で撮った花のスナップ。タムキュー1本しか持っていかなかったので、そのまま中望遠レンズで、背景ボケボケがたまりません。でもその分どこにピント合わせるかで、出来栄えはいろいろ。思うようにいかずなかなか難しいものですね。多摩市のマンホールはキティちゃんいつもつい撮っちゃいます新緑眩しく釣鐘草でしたっけ葉っぱも絵になる花壇に着きました相変わらず花の名前はわかりませんこのあたりは日陰いまひとつ思う絵にならない光が欲しい日の当たるところに移りました少しイメージと合ってきたやはり花は日に当たると輝きます最後はうさぎみたいな花の写真。花にピントを合わせたのですが、ボケた方がうさぎっぽく見えるので、あえて後ろの蕾に合わせて撮り直し。やはりマクロレンズでは手軽にスナップというわけにはいきません。でも...マクロレンズでスナップ

  • 紫陽花 咲き始め

    今日もグリーンライブセンターの写真です。バラは終わりかけでしたが、6月代表紫陽花は咲き始め、いろいろな段階の花があったので、生い立ち風に撮ってみました。まずは緑の粒々がキャベツ色に開き出し徐々に赤味がさしてくるこのくらいがいちばん綺麗やがて赤が多くなり形も毬状になってきたそしてポン完成ガクアジサイも色付きますせっかくのマクロレンズなので接写も1枚アナベルの薄緑も美しい葱坊主かと思いました機会があれば高幡不動尊か白山神社に行きたいな紫陽花咲き始め

  • 6月の春バラ

    思いがけない夕焼けを見て、明日は必ず晴れると確信した私はEOSMにTAMRON90mmマクロを準備しました。お目当ては春バラ、他の方のブログで拝見して、撮りに行きたいな、モタモタしてると終わっちゃうかもとか思っていたところでして。ところでどこに撮りに行こう、この辺では神代植物公園が有名ですが未だ休館中。そうだ多摩市のグリーンライブセンターなら咲いてるかもしれない。ネットで調べるとバラも咲いてるみたいだし、少し制限はあるものの営業中。でもなんで有料のところは休館で無料のところはやってるんだろう、広さは有料の方が広いのに。腑に落ちないけどまあ開いてるなら行ってみようか。まずはミニバラからもう日付は6月、若干終わりかけのもありますが、なんとか間に合ったみたい。マクロレンズだけど今回はあまり近寄らず全容を、バラは近づく...6月の春バラ

  • 思いがけない夕焼け

    このところ毎日ポケットにカメラは入れているのですが、なかなか撮影機会に出会えない。その日も終日空は曇り空、時折雨が落ちてくる、また持ってきたカメラは無駄だったかと諦めかけた帰り道。なにやら西の空が明るい、おお久しぶりに夕焼けが拝めるかもしれない、もう場所を選んでる時間はない、いちばん近い井の頭公園に行ってみることにしました。公園入口期待高まる池面も紅く染まってるそして七井橋の上から思いがけぬこの夕焼けそこに群れからはぐれたカルガモの雛が一羽母親を探す背中に夕闇が迫る泳ぎ疲れて諦めたのかここで一度振り返るけど草の先に蜻蛉が揺れるだけあたりはさらに暗くなる池中央には子供を探す親鳥の声が既に子ガモは藻の上で熟睡明日の朝には逢えるでしょう思いがけない夕焼け

  • 牛太

    いよいよ載せるべく写真もなく、HDD内を漁っていたら、数か月前に行ったしゃぶしゃぶ店の写真が出てきました。その店の名は「牛太」最近流行りのすき焼き・しゃぶしゃぶ食べ放題のお店です。ただこの歳になって食べ放題にチャレンジする勇気もなく、いつも肉は盛り切200g、他の具材は食べ放題のコースです。しゃぶしゃぶ用の肉なので200gでもそこそこ充分な枚数はありますから。ALLYOUCANEATいい言葉鶏肉、豚肉も選べますその日は牛・豚の合い盛をチョイス野菜はしめじと白菜好物の油揚げと青ネギもお湯も沸騰してきたのでさっそく肉を投入湯気でレンズも曇りますあっという間に出来上がりタレは辛口ごまだれに柚子胡椒食べ放題店のいいところは好きなだけ食べられるだけではありません。好きなように自分の好みにアレンジできるのもいいところ。仲居...牛太

  • 発見!ふし穴

    新芽を撮り終えて何か他に撮るものはないかと辺りを見回しました。目についたのが木の節穴、撮るもの無い症候群もいよいよ末期症状に近づいてきたようです。でもマクロレンズを通してみると、案外いけるかも、そして穴の中にはっていうのが、今日の写真です。枝の切り口が徐々に朽ちてきて表皮を残して中はまるで鍾乳洞穴はさらに深くなり終には貫通思ったより面白そうだから穴という穴を覗いてみました。なんか住んでいる穴はないのかな。リスはいないだろうけど、蛇とかトカゲくらいはいるかもしれない。蜘蛛の巣が張ってあるだけど蜘蛛はいません中から何かがこっちを見てる気がする・・・そのときファインダー越しに何やら白い玉を発見・・・。卵か!直径は5mm程度、虫の卵にしては大きい。もしかして爬虫類の卵かも?それならこれは大発見!現場は俄然色めきだってき...発見!ふし穴

  • 若葉もゆ

    etegami010様こそばゆいコメントありがとうございます。緊急事態宣言下、撮りに行く機会も範囲も制限のある中、多少重くてもいい機材を持っていきたくなりますからね。その日もせっかくタムキュー持ち出したんだから、そのまま帰るには惜しい。博物館は休館中とはわかっていたけど、府中郷土の森に向かってみました。隣接する大賀ハスで有名な郷土の森公園がお目当てで、なんか咲いていないかと。でもその目論見はもろくも外れ、花と名の付くものは何もありませんでした。ここにたくさん咲いていると有料の博物館に入らなくなっちゃうからかな。仕方なく1枚目は池の鯉でかっこのモフモフは花?葉?蝋梅の実がありました花を諦め。急遽意識を方向転換、葉っぱしかないなら葉っぱを撮るしかないじゃないか、ちょうど若葉が芽吹いてる、タムキューで新芽を選んで撮る...若葉もゆ

  • 様々な花たち

    花壇なんて遠目に見ればいろいろな花のアンサンブル、それはそれで美しいのですが、マクロレンズを持って近づくとそれぞれの花の個性が見えてきます。近づかないと気付かない変わり者も多くて。まずはこの双子のオットセイみたいな花、形も面白いけど、色のバリエーションも不思議。ノーマル全身白胴体が赤いのもあります学校の上履きにも見えてくるそして頭が赤いのも徐々に赤くなるのかなでも全身赤はありません右側のはウルトラセブンみたいだな次はいかにも固そうな花しべは花びらに閉ざされて真上から見ると幾何学的回転したら切れ味よさそう横から見ると花びらが互い違いになっているのがわかるこれは実ですか花ですか開きそうな気配はある家紋のような整った花もあればアイロンかけたくなるような花もある蕾時代に折り畳まれてたんでしょう虫より小さい花もあり折畳傘...様々な花たち

  • 集まる虫たち

    今日はタムロン90mmマクロ恒例の昆虫写真。秋と違って初夏は見るに堪えない虫も多いので、苦手な方は飛ばし見して頂いた方がよろしいかと。まずは美しいアナベルにもこんな虫が・・・。蠅ですかねこんなのもバッタ?カメレオンみたいドクダミにも蠅?ホバリング中薔薇の花にはハナムグリこの花にもいました頭隠して尻隠さずハナグモかなこいつはなんだ?よくわからんようやく蝶がやってきた羽を広げて一休みいつも思うのですが、花と虫はどちらが先に生まれたのでしょう。虫がいないと花は受粉できないし、花が無いと虫は餌がない。人間以外で受粉作業できるのは虫だけ?いや花に集まる鳥もいる。もしかして最初に花粉をばらまいたのは風かも知れませんね。。集まる虫たち

  • 吹く風に揺れて

    昨日の続き、タムキューを持ってそのまま市の公園に行ってみました。市の公園なら入場制限とかもありませんから。ここ1年くらい1度カメラを持って出かけると、今まで以上にたくさん写真を撮るようになった気がします。やはり場所、回数が限られるとお腹いっぱいまで食べちゃうんでしょうね。その余波で同じような写真が続くことが多いけど、ご了承くださいね。こんな花壇ですあまり手入れはされてない一面に咲くピンクの花青いのも混ざっていました次はポピーそのとき一陣の風が狙った花さえブレてなきゃ背景がブレても構わない最後は常連ヤグルマギク風で背景が揺れると・・・風が収まるのを待ってパープル系とブルー系先ほどのピンクの花を背景に入れてみましたタムキューの写真はまだまだ続きます吹く風に揺れて

  • 道端に咲く花

    このところのブログをご覧頂いてご推察頂けるとは思いますが、明らかに写真が枯渇、撮りに行けておりません。それというのも緊急事態宣言、埼玉や神奈川では都民お断りのところも少なくないし、じゃあ都内はというと、国営、都営の公園など、映えるところは殆どが臨時休業。シャッターチャンスは日常に有りとも言いますが、仕事場との行き来だけではいい光景に出会う確率はかなり低い。冒頭から愚痴が多くてすみません。でもさらに20日延長されるのかと思うと梅雨空のように憂鬱。解除される頃には暑い夏が待っている、2年続けていちばんいいシーズンを奪われたような気がしてなりません。さて今日からは束の間の晴れ間を狙って、タムキュー散歩した写真、道端に咲く花を撮ってきました。植物園の花が写真に撮られることを意識してるとするならば、そんなこと微塵にも思っ...道端に咲く花

  • 中央線ラーメンはしご

    本当は今日は「月出帯食」というタイトルで皆既月食をブログに載せようと、18時半ごろからベランダに三脚を用意して待ち構えてはいたのですが、残念、厚い雲に覆われて全く見えませんでした。それでも10分おきぐらいにチェックして、8時頃には雲も薄くなってきたのですが、雲に隠れてるのか月食中かもよくわからない。せっかくのスーパームーン皆既月食だったのに実に残念。急遽差し替えたが、先日食べに行ったラーメン屋の写真。味噌ラーメンも食べたいけど家系ラーメンも捨て難い。迷った挙句、少し時間を空けて両方行くことにしました。まずは高円寺濃厚豚骨味噌「じゃぐら」連れは黒麻油味玉のせ私はネギ辛味油チーズのせ味噌ラーメンは乳製品とよく合いますテイクアウトの箱はあのジャグラーとコラボ2件目、家系で選んだ店は高円寺から中央線で4駅、吉祥寺にある...中央線ラーメンはしご

  • 見どころ満載

    ここ成子天神社は単なる天神さまだけではありません。もともと大神宮のあったところに、道真公の死の報せで天神社が建てられたとのことで、その分見どころも満載です。参道には建替前の名残も昔は鳴子だったんだこの灯篭も年季入ってるそして七福神大黒天毘沙門天境内には夫婦大銀杏弁財天大鳥神社大神宮鳴子稲荷神社もちろん千年祭の碑も力石また七福神福禄寿寿老人マンションとの間には富士塚もあるそうです。北参道側は駅から離れちゃうのでまたの機会に。帰り道の参道では結婚式?の撮影をやってました。今結婚しても披露宴も新婚旅行もできなくて、ちょっとかわいそうですね。見どころ満載

  • ピンクの神社

    昨日のブログでは仕事を済ませてそそくさと帰ったように書きましたが実はちょっとだけ寄り道。そこは青梅街道沿いの成子天神社、損保ジャパンビルからは徒歩10分くらいのところです。この天神様、2013年に建て替えられて、カラフルな神社に生まれ変わりました。ビルと住宅地の間の参道昔よく行った定食屋と老舗のうどん屋鳥居は赤いのだけど山門は少しピンクがかり門を守る風神雷神はカラフル風邪薬を思い出す本堂が見えてきたその前に陳列されたお神輿へ豪華絢爛なお神輿ですね猫の目を持つなで牛絵馬はもちろん合格祈願そしてショッキングピンクの鮮やかな本堂井戸を守る鳥居や昔の鳥居は朱色なのに昔は普通の神社でしたこの画像はトリップアドバイザー様にお借りしました成子天神社(トリップアドバイザー提供)ピンクの神社

  • 新宿駅西口

    今日は久しぶりに降り立った新宿駅西口、やはりコロナの影響で余程の用がない限り行かなくなっちゃいましたね。と言っても数か月ぶりなんですが、しょっちゅう来ていたところだけに久しぶり感が増幅されてるんでしょう。変化の激しい街だけに、まずは四方を見渡して。カメラはSH-1です。明治安田生命ビルは改修中HALC側京王・小田急HALCのテラスから見下ろすと送風口に蔦がビッシリ大ガード交差点も人は少なそう地下に降りてみましたセブンイレブンができてるでもやっぱり人はいない大ガードの景色は変わらない仕事で向かったのは損保ジャパンビルいつの間にかできていたSOMPO美術館寄り道はせずに西口へこの丸いところはどうなってるんだろう伝説の宝くじ売り場も行列無し新宿駅西口

  • BAY QUARTER

    今日は久しぶりに訪れた横浜の風景。コロナ騒ぎが無ければ毎年フォトエキスポに行くのですが、去年、今年と中止だったのでほぼ2年以上ぶりの横浜。本当はロープウェイのできたみなとみらいに行ってみたかったけど、限られた時間の中、横浜駅から近いBAYQUARTERの夜景を撮ることにしました。お気づきのとおり、E-PM2のイラストモードで撮りました。理由は洒落た景色に合う、写り込んだ他人に気兼ねなくブログに掲載できる、そしてなにより中途半端な時間帯の手振れが誤魔化せるから、そんなわけでこのモードを選びました。よく見るとブレてるのもあるので、よく見ないでください。ROLEXのショーウィンドウゲート広場に来ましたSEASIDECINEMAの案内デッキを通って向かいましたメイン広場おっここだここだ映画を見る時間はありませんけっこう...BAYQUARTER

  • 美人画

    デジタル顕微鏡モード第3弾は予告通り切手、積み重ねられた本の中から掘り出しましたストックブック、どの切手を拡大してやろうかと吟味しているうちに懐かしさが込み上げてきました。私が趣味で切手を集めていたのは小学校の高学年、なけなしの小遣いをはたいて高価な切手を買ったり、親戚の叔父にたくさん分けてもらったり、記念切手の発売日に母に郵便局に並んでもらったりして集めた大切なコレクション。国立公園、国定公園、国宝などのシリーズは、学校以上に私に地理、歴史を教えてくれました。選定より郷愁に時間を取られ、ようやく選んだのは毎年4月に1枚発行される「切手趣味週間」シリーズ。古典、浮世絵、近代画など様々な図柄があり、女性が描かれた絵が多い人気シリーズです。今日はその中から1960年代後半から70年代に発行された近代美人画を選びまし...美人画

  • 硬貨拡大

    やっぱりという声が聞こえてきそうですが、ご推察通り、紙幣の次は硬貨を顕微鏡モードで撮ってみました。ただ根本的に違うのは紙幣は印刷ですが、硬貨は彫り。しかも単色だから、拡大したところで見えてくるものがあるのかながちょっと心配。手持ちの中からなるべくきれいなものを選んで撮ってみました。まずは1円玉表は若葉需要が減って生産数が減少し新しい年の方が珍しいそうです次は5円玉稲穂を拡大楷書体は見なくなりましたね10円玉の鳳凰堂これは彫りが細かい屋根の鳳凰まで描かれてたのに驚き次は50円玉曲面が多くなってきた経年のテカりも美しく見える立体感のある百円玉やけにきれいだなと思ったら今年のでしたラストは500円玉黄金に輝く黄銅貨表は桐の花雑に見えるけど拡大すると細かい点描があったり平らなところにも絵があるように見える・・・気がして...硬貨拡大

カテゴリー一覧
商用