searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
イギリス/ストックポート日報 《England/ Daily S
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/stockport
ブログ紹介文
ストックポートから日替わりでお送りする、イギリス生活のあれこれ。ストックポートってどこ?まずは本文を
更新頻度(1年)

216回 / 365日(平均4.1回/週)

ブログ村参加:2014/11/30

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、イギリス/ストックポート日報 《England/ Daily Sさんをフォローしませんか?

ハンドル名
イギリス/ストックポート日報 《England/ Daily Sさん
ブログタイトル
イギリス/ストックポート日報 《England/ Daily S
更新頻度
216回 / 365日(平均4.1回/週)
フォロー
イギリス/ストックポート日報 《England/ Daily S

イギリス/ストックポート日報 《England/ Daily Sさんの新着記事

1件〜30件

  • 専用の隠れ家を得た、ぜんぜん隠れていないネコの安楽な日常のひとコマ

    夫がネコのティブのために「デンden(隠れ家)」を作ってくれました。ここ数週間ほど、CDプレイヤーのスピーカー2つのあいだの狭いスペースがお気に入りの寝場所になっていました。夫がもう使わないスピーカーを処分する決心をしてリビングルームの外に出してから1カ月がたちます。どこも壊れていない完ぺきな状態のスピーカーをごみとして捨てるのは抵抗があるし、もらってくれる人を探す気力もなく、何となく廊下に居場所を見つけてしまった粗大ゴミです。壁にかけることもなくしまってあった額もいっしょに廊下に出されて、これはラディエーターと並べて目立たないように壁の隅に立てかけてあります。額の裏板をスピーカーの上にわたして「デンの屋根」。3階から下りてきて曲がる時膝がぶつかってジャマです。屋根ができてからは、犬小屋におちついたイヌのように...専用の隠れ家を得た、ぜんぜん隠れていないネコの安楽な日常のひとコマ

  • イギリスの誇り、ジャガー・カー発祥の地であると同時にこのエリアの名所として名高い(?)うちの近所の開かずの踏切

    最寄り駅、ウズムアWoodsmoor駅のプラットフォームでみつけた金属看板ポスターです。地元のアーティストの作品らしく、おそろしくローカルな地元エリアばかりのレトロ調観光ポスター(のパロディ)シリーズをウェッブサイトで販売しているようです。屋根の下の掲示板にウェッブ・アドレスが書かれた宣伝チラシが貼ってありました。ジョークは「うまい!座布団1枚」評価です。AllThingsCometoThoseWhoWaitは「気長に待てばなんでも手に入る」あるいは「辛抱すれば希望がかなう」とでもいう意味でしょうか、よく聞く言い回しです。そのパロディ、「Goodthings!COMETOTHOSEWHOWAIT(ANDWAIT)IN...Woodsmoorウズムアで辛抱強く待って待って待ち続ける人にはいいことがある!」よくぞ言...イギリスの誇り、ジャガー・カー発祥の地であると同時にこのエリアの名所として名高い(?)うちの近所の開かずの踏切

  • 私たち夫婦のワクチン接種がついに完了、予想された副反応が今回はどうやらなさそうな?(写真はネコ)

    土曜日、60代で特定の疾患がある夫が2回目のワクチン接種をやっと終えました。もう、30代の人たちが受け始めているはずです。先週、私が受けたのと同じマンチェスター・ラグビークラブで、予約は正午でした。絶好のクリケット日和。併設のクリケット場で毎週末開催されているらしいクリケットの試合観戦にたくさんの人がクルマで来ていました。接種に来た人たちに割り当てられた奥の駐車場でクルマを乗り降りしていた人たちは、40代と見受ける人たちが多かったようです。今週もよく空いていました。1回目の接種後は私たち2人とも心配するには及ばない程度の、それでも一日寝込むほどの副反応が出たものですが...先週の接種後、私はなんだかだるく疲れただけで心配していた発熱はありませんでしたし、どこも痛みませんでした。(3日たった朝、起きた時に注射して...私たち夫婦のワクチン接種がついに完了、予想された副反応が今回はどうやらなさそうな?(写真はネコ)

  • 殺すのはハエだけではない!かわいい花が咲くのが待たれるハエトリソウの犠牲者はハチ!

    6カ月ぐらい前にスーパーマーケットで見つけて衝動買いした、ハエトリソウです。以前にも2回購入して、2回とも栽培に失敗、枯らしてしまった経験があります。私は植木の世話は得意な方なのですが。今度はどうやらだいじょうぶそう....か?すくすく育っている手ごたえがあります。真ん中に突き立った茎がみるみる伸びていきます。先端の丸いものは花のつぼみのようです。いつ開くか、どんなかわいらしい花が咲くか毎日みるのが楽しみです。Veeという名前を付けました。ハエトリソウは英語でVenusfrytrapと言います。.....ああ、お目にとまってしまいましたね。いやな思いをされた方、ごめんなさい。トゲトゲに縁どられたた貝殻のような葉のワナに、ミツバチの死骸が挟まったままになっています。むりに取り除いたほうがいいのか、そのままにしてお...殺すのはハエだけではない!かわいい花が咲くのが待たれるハエトリソウの犠牲者はハチ!

  • カフェで飲んだコーヒーと、セルフサービスのカフェで飲食の後テーブルを片付けるか否か、日英の文化背景論、他

    昨日、ストックポートのタウンセンターにあるカフェに行きました。夫がオプティシャン(メガネ屋)にメガネを取りに行っている間の時間つぶしです。ロックダウン解除の段階を経て、店内飲食ができるようになったカフェでエスプレッソ・マシーンで淹れたアメリカーノを飲むのはちょっぴりワクワクしました。本当は恐ろしい感染拡大ぶりのデルタ・ヴァリアント(インド型変異株)が蔓延しているストックポートなんかに出てくるべきではないのですが。週末に2回目の接種を受けた私も抗体ができるまでに最低10日かかるそうですし、感染したら重症化しやすいという疾患のある夫がまだ2回目を受けていないのです。(夫は今週末に予約が入っています。体調が悪かったため何度も予約をキャンセルしたため遅れているのです)ショッピングセンターは心配になるぐらいたくさんの人出...カフェで飲んだコーヒーと、セルフサービスのカフェで飲食の後テーブルを片付けるか否か、日英の文化背景論、他

  • 副反応、目を剥いて寝るネコ、庭仕事、ワクチン接種事情とハチの集合する生垣....他とりとめのない初夏の1日の記録

    2度目のワクチン接種から3日目の朝、目を覚ました時にベッドの中で左肩が重く感じられました。写真は庭でおなかに陽の光を浴びてひなたぼっこを楽しんだあと、涼しい台所のソファーでくつろぐうちのネコたちです。減量に成功した母ネコリヴィーは、それでも短足短躯でどっしりした安定感のある肢体で毛づくろい、息子ティブはのびのび熟睡です。母子がそろって一緒のソファーの上で過ごすのはひさしぶりです。私の肩ですが...五十肩の再来か、と思ったのですがどうやら接種の副反応だったみたいです。(三日もたって?)注射をしてもらった腕の上あたりから肩にかけてのだるさ重さは、起きてしばらくするとおさまりました。それ以後支障はありません。昨日も素晴らしい天気でした。二回洗濯しました。台所に置いている茶色のソファーにかけていた青いベッドスプレッドも...副反応、目を剥いて寝るネコ、庭仕事、ワクチン接種事情とハチの集合する生垣....他とりとめのない初夏の1日の記録

  • ワクチン接種の翌日、期待した副反応なし(ラッキー!)夏の楽しみ、花から花へブンブン飛び回るフワフワのミツバチ

    2回目のワクチン接種の翌日、昨日は意外と好調でした。接種した当日の午後と夕方はじんわりとした疲労感がありました。「うーん、効いてる効いてる、ワクチンの効果が身体に滲みわたっている」という実感があったのですが、1日暑かったために体がだるかっただけかもしれません。1回目、3月に接種した時は翌日がイギリスの「母の日」、副作用で熱が出て終日ベッドで過ごしたものですが。その次の日も注射してもらった方の腕が何となくだるくて重かったのでした。今回はそれもありません。たしかに昨日は日中少し眠かったので1時間ほど昼寝をしました。副反応かどうかはわかりません。写真は庭の花から花へ忙しく飛び回るミツバチbumblebeeです。イギリスの郊外でハチの数が激減していると言われて久しいのですが、うちの庭にはけっこうたくさん来るようです。長...ワクチン接種の翌日、期待した副反応なし(ラッキー!)夏の楽しみ、花から花へブンブン飛び回るフワフワのミツバチ

  • ワクチン接種完了!夏の気候とパンデミック収束の予感に浮かれるイギリスをジワジワむしばむインドから来た変異株

    晴天の昨日、うちの庭から見た青空です。こちらは、私が2回目の接種を受けに行ったマンチェスター・ラグビークラブの中のクリケット場の青空です。私は無事にコロナウィルスのワクチン接種を完了しました。最初の接種からほぼ3カ月後です。抗体ができるのは少なくとも10日は先ですが。私と一緒に来てくれた夫にとっては1か月半ぶりの外出でした。体調はよくなってきています。接種後30分間はクルマの運転も控えなければならないので、運転してくれる連れがいたのは好都合でした。驚いたことに、よく空いていました。前回の私が最初に接種した時の記事のリンクです。☟ついに私も受けた、コロナウィルスのワクチン接種!予約のバカバカしい不手際は別にして、いよいよ進む国民皆接種計画何台かの車といっしょに入り口を入ったら、黄色い安全ベストを着た係の女性に「注...ワクチン接種完了!夏の気候とパンデミック収束の予感に浮かれるイギリスをジワジワむしばむインドから来た変異株

  • 私も今日で接種を完了するつもり、猛威を振るうインド変異株がいよいよストックポートでも感染拡大!

    今日、(土曜日)午前中にコロナウィルスのワクチンの2度目の接種を受けに行きます。私もこれでやっと接種が完了!(写真はおなじみ、ネコ自慢と庭の花壇自慢です)私の知っている50代の人はすべて5月中に2回目の接種を終えています。ワクチン接種計画が功を奏してロックダウンの規制解除が着々と進んでいるイギリスです。そのイギリスでは現在、感染力がケント・ヴァリアント(イギリス変異株)より強いと言われているインディア・ヴァリアント(インド変異株)の感染拡大が急速に広がっています。すでに主流株はケント株からインド株に移行しています。感染爆発地、ボルトンを擁するここグレーター・マンチェスターの感染拡大ぶりは目を見張るものがあります。そして、ストックポート!先週から今週にかけての感染率は278%上昇です!天気がよかった昨日、作り直し...私も今日で接種を完了するつもり、猛威を振るうインド変異株がいよいよストックポートでも感染拡大!

  • ぐうぜん目撃、日が沈む直前の日没に燃える1日の終わりの夏の雲、この世の終わりかとも思える美しさ

    昨日の夕方、8時少し前です、2階のリビングルームから外を見ると遠い空がオレンジ色に燃えていました。ガラス越しに手もとにあったスマートフォンで写真を一枚撮って(☝)....3階の寝室に上がって上にあげて開けるガラス窓をグッとあげて窓枠のてっぺんからあいたすき間からスマートフォンを突き出して撮った写真です。まるでこの世の終わりのような妖しい美しさです。よく晴れた日のイギリスの夏の夕焼けはいつ見ても美しいのですが、昨日の空は特別でした。広がった雲が濃いオレンジ色に染まって息をのむほどの迫力です。私の家がある短い行き止まりの通りを出てすぐの場所にある広い通りの行き止まりまで行ってみました。計画が途中で止まってしまっている広大な宅地造成予定地です。視界を遮るものがない夕焼け空の広がりと奥行きに迫力がありましたが、私がなが...ぐうぜん目撃、日が沈む直前の日没に燃える1日の終わりの夏の雲、この世の終わりかとも思える美しさ

  • 一年ぶりに映画館で映画鑑賞!人気アニメの劇場版に見る日本とイギリスの子供向きアニメのアクションシーンに関する価値観考

    一年と5カ月ぶりぐらいに、映画館に行って映画を見ました!去年の3月に最初のロックダウンが始まって以来閉鎖されていた劇場、コンサート・ホール、映画館などの屋内パフォーミング施設が先月やっと再開したのです。息子の招待で見た映画は「鬼滅の刃無限列車編」DemonSlayer:KimetsunoYaibatheMovie:MugenTrain。上映回数が少ないという英語字幕付き日本語版を息子が選んでオンラインでチケットを購入してくれました。1年と6カ月ぶりに見た映画が人気アニメの映画版、というのがちょっと悲しい気がしないでもありませんが。2018年に連合王国で一番見苦しい建築物に授与される栄えあるカーバンクル杯を受賞した、ストックポートタウンセンターにある総合レジャ―施設、レッド・ロックRedRockの複合スクリーンシ...一年ぶりに映画館で映画鑑賞!人気アニメの劇場版に見る日本とイギリスの子供向きアニメのアクションシーンに関する価値観考

  • 暑い日の午後、悲しい顔で日光浴するフレンドリーではない闘犬系の雑種イヌ。

    昨日は、バンクホリデー・マンデー、BankholidayMonday公休日でした。前日、日曜日に続いて晴天で暑いバンクホリデー・ウィークエンド(3連休)でした。午前中に2回洗濯をして2回干しました。どちらも1時間ほどでパリパリに乾きました。と言っても気温は最高が25度、もっと高かったように感じたのですが。あ、今回はイヌの話題です。近所のコンビニエンスストアに珍しく大量の買い物に行って行き返りに見かけたのがこのイヌ。中国原産のシャーペイ(沙皮)SharPeiらしい悲し気な皮膚たるみ顔。いや、それにしては胴体と脚のたるみが全く見られないし、柄もヘン...コンビニエンスストアの帰りにまた通りかかった時に飼い主に声をかけて写真を撮らせてもらいました。裸がこの家のご主人です。飼い主は戸口に座っている若い男性でイヌを連れて...暑い日の午後、悲しい顔で日光浴するフレンドリーではない闘犬系の雑種イヌ。

  • ついに完成、となりの家とうちの家の庭を隔てる高い塀、ネコたちの身近な立ち回り範囲が一気に狭まる!

    先週、お隣とうちの庭のあいだの板塀工事が始まりました。板塀を2枚はめたところで中断。以前にも書きましたが、左側の塀や生垣はお隣が費用を全額負担して、もちろんお隣の所有物になります。反対側の塀は私たちが自費でたて、私たち所有の庭の備品です。上の写真のコンクリートの柱が板塀より長く、にょきっと飛び出ていて見苦しいでしょう。お隣のご主人が間違えたサイズの柱を注文したそうです。お隣のご主人は線路の保線の仕事をしています。建築関係の資材が業者にたのんで安く手に入るんだと正直に得意そうに教えてくれました。私たちが反対側の塀を注文した時は採寸も使う資材も予算以内で塀専門の業者に「全部おまかせ」にしました。たいていの家はそうするでしょうね。柱と板塀のパネルのサイズまで選んで注文するなんて考えられませんが、さすがはプロ、少しでも...ついに完成、となりの家とうちの家の庭を隔てる高い塀、ネコたちの身近な立ち回り範囲が一気に狭まる!

  • 視力矯正が必要か、モグラの図像学...都市に住み,メガネをかけて家族生活を営む憎めないモグラオヤジ

    ストックポート・タウンセンターのショッピングセンター、マージーウェイにあるオプティシャン(メガネ屋)に行きました。全国チェーンのこのオプティシャンのマスコットはモグラです。ゆるキャラでもなくマンガっぽくもないリアルなタッチのモグラがけっこう気に入っています。オプティシャンのマスコットなので当然メガネをかけています。モグラにメガネが必要なのか。...ほら、だって真っ暗な地中に住んでるんでしょ。日本で、絵本や漫画に描かれるユーモラスなモグラは盲人用の黒メガネをかけていることが多いように思います。目が見えないってことになってるんですよね。地中から出てくるのはいつも夜、生涯を真っ暗な環境で過ごすモグラは目が見えなくても不自由なさそうです。イギリスで見かけるモグラは視力矯正用の普通のメガネをかけていることが多いようです。...視力矯正が必要か、モグラの図像学...都市に住み,メガネをかけて家族生活を営む憎めないモグラオヤジ

  • ロンドン紳士御用達、ダンディ・ファッションのメッカで見かけた19世紀のファッションアイコンの数奇な生涯

    先週の金曜日にロンドンに行った時の写真です。ジェミン・ストリートJemynStreetにたつボー・ブラメルBeaubrummellの像です。ピカディリー・サーカスPccadilyCircus(有名な観光スポット、エロス像のある小さな広場のある交差点)からのびる目抜き通りのひとつ、ピカディリーPiccadilly(通りの名)を少し行ったり来たりウロウロしました。日本大使館の予約時間までの時間つぶしです。ピカディリーには日本大使館の他、ロイヤル・アカデミー美術館、フォトナム&メイソン、グリーンパーク、リッツ(ホテル)、があります。もっと先に行くとバッキンガム宮殿もあります(そういえば、イギリスに30年住んで、何度かロンドンに足を運んでいる私ですが、バッキンガム宮殿に行ったことがありません!)繁華なピカディリーの瀟洒...ロンドン紳士御用達、ダンディ・ファッションのメッカで見かけた19世紀のファッションアイコンの数奇な生涯

  • 駅へと急ぐ人々を見下ろすフクロウに学ぶ人生訓!この頃やたらに見かける切った木の木彫り動物、フクロウは一番人気

    住宅街の中にある目立たない無人駅が行き止まりにある細い路地の片側に....木彫りのフクロウ5兄弟(?)がいました。一年以上利用していなかった最寄り駅です。マンチェスターに買い物に行った先週、はじめて存在に気がつきました。ジャマになった大木を切り倒して、下のほうを残して野生動物の彫刻を施す野外アートを実にたくさん見かけます。アートのために伐採された木ももしかしたらあるのかもしれません。これだけの高さを残しておいて木がジャマだったという理由が成り立つのか、という疑問が残ります。木は死んじゃってますね。それにしても「森の賢者」フクロウは人気です。近所の商店街のはずれの小さな自然保護林にはおなじみの木彫りのフクロウ「ヴェーラ」がいます。このフクロウ5兄弟はヴェーラよりかわいく仕上がっていますね。根元のメルヘンチックな演...駅へと急ぐ人々を見下ろすフクロウに学ぶ人生訓!この頃やたらに見かける切った木の木彫り動物、フクロウは一番人気

  • ネコがいるリビングルームの風景、テレビ視聴に夢中になるあまり他人の迷惑を顧みないティーンエイジャー・ネコ

    夫の足の腫れがなかなか完治せず、階段の上り下りが少し困難になっているために、トイレがある2階のリビングルームでテレビを見て過ごすことが多くなっています。私とネコ2匹もお相伴でリビングルームにいる時間が増えました。天気のよい時には裏庭に出ていることも多いネコたちですが。息子ネコのティブがテレビ鑑賞の趣味を楽しみ始めました。キッチンにあるテレビも少し離れたテーブルに座って時々見ていたことがあったのですが、大きめのテレビ台があるリビングルームのテレビのほうがより快適に番組に集中できるようです。上の写真は午前中に主婦が見る「モーニングショー」に夢中なティブです。ハリウッドに駐在する特派員のおじさんが気に入ったようです。顔をやさしくたたいたり、なでたり親愛の情を示しながら一言も聞き漏らすまいと彼の表情を食い入るように見つ...ネコがいるリビングルームの風景、テレビ視聴に夢中になるあまり他人の迷惑を顧みないティーンエイジャー・ネコ

  • 用事があってまた行った、ロックダウンの規制緩和が進むイギリスの首都、ロンドン!観光客はいないはず活気が戻る週末の幕開け

    金曜日に撮った写真です。テムズ川にかかるロンドン名物、タワー・ブリッジTowerBridge。このパンデミックのさなか、再び日帰りで!首都、ロンドンに行って帰ってきました。タワー・ブリッジをちょっとかわった構図で撮りました。前回(先月)果たせなかった日本大使館での重要な用事を片付けるためです。前回と同じロンドン通勤圏に住む日本人の友人がわざわざ出てきて会ってくれました。日本国外で初めて見た!唯一の2020東京オリンピックポスターです。予約制で1人ずつしか入れない日本大使館の待合室にかかっていました。(向かいには2020東京パラリンピックのポスターも飾ってありました)遠距離の急を要するわけではない旅行はひかえるべきこの時期に1カ月に1度友達に会いに上京しているみたいな状況が心苦しいのですが、そう、大使館に行ったの...用事があってまた行った、ロックダウンの規制緩和が進むイギリスの首都、ロンドン!観光客はいないはず活気が戻る週末の幕開け

  • 感染力が強いらしい!インド変異株がすごい勢いで感染拡大を続けるイギリス北西部、対策はどうやら実行しているらしい。日本では?

    ここ1週間ほど、グレーター・マンチェスター、近隣のランカシャーのいくつかの地域で、インド変異種India/Indianvariantの感染拡大が大問題になっています。写真は無関係の、晴れた日の庭とおなじみネコ自慢です。感染確認が最初に確認されたのはグレーター・マンチェスター北部の古い街、ボルトンBolton。夫がチェスの試合に出場するたびに便乗して街見物、郊外の古い建築物探訪などしてきた記事をストックポート日報にたびたび載せています。ストックポートからは、シティ・オブ・マンチェスターをまんなかに挟んでけっこう距離があります。たちまち感染集中エリアは広がって、昨日までに6つの町が徹底検査とワクチン接種重点地域に指定されました。昨日、木曜日に確認されたイギリス全土のインド変異種の感染者は3,424人。17日には2,...感染力が強いらしい!インド変異株がすごい勢いで感染拡大を続けるイギリス北西部、対策はどうやら実行しているらしい。日本では?

  • 再開発が完了して久しく、ロックダウン中にさらに整った景観の真っただ中のマンチェスター;これは何?過去のあれこれ

    ひさしぶりに行ってみたマンチェスター、続きです。マンチェスターの「表玄関」ピカディリー・ガーデンズPiccadillyGardensの周辺です。前々回にお伝えしたように日本を代表する建築家、安藤忠雄デザインの打ちっぱなしのコンクリート壁がとりこわされ、スッキリ整地されたピカディリー・ガーデンズ。この辺りは、ストックポートを含む、グレーター・マンチェスター内の、おもに南の方角に向かうたくさんのバス路線の発着スポットです。バス停留所が無数に散らばっています。シティセンターの公共の場所はどこも人の行き来が少ないロックダウン中にきれいに整備されています。さて、上の写真の「広告塔」。反対側が公衆電話ボックスになっていたなんて、そういえば今まで気がつきませんでした。それにしても、今時あまりお呼びでない公衆電話が取り外されて...再開発が完了して久しく、ロックダウン中にさらに整った景観の真っただ中のマンチェスター;これは何?過去のあれこれ

  • パンデミック開始以来、初めて行ったマンチェスター、久しぶりのショッピング体験を満喫、それでもいろいろ変化があったのはたしか...

    1年と4カ月ぶりに行った、マンチェスターのシティセンターです。夫のパジャマを作るためのへんてこりんな生地探しのために、ノーザン・クオーターNorthernQuarterにある生地/洋裁材料店に行きました。この生地店は大きな端切れを重さで売ってくれるユニークな店です。....店舗の外側のメインテナンスが必要なみすぼらしさに唖然としました。まだ、パンデミックのさなかです。それでも、この月曜日は規制緩和の第3段階が開始の日でした。飲食店の屋内での飲食(と1年ぶりに映画館や劇場などの屋内娯楽施設)が解禁になった日です。街中どこも、見た目がきれいになっています。他の街と同様、ロックダウンのあいだ、ひとの行き来がとまった時期に改修工事や道路の舗装など抜かりなく終わらせていたようですね。店の営業が開始された緩和第2段階(4月...パンデミック開始以来、初めて行ったマンチェスター、久しぶりのショッピング体験を満喫、それでもいろいろ変化があったのはたしか...

  • 1年と5カ月ぶりのマンチェスター!!感無量!行けずにいたパンデミックのさなかに人知れず取りこわされていた「壁」

    昨日、マンチェスターのシティ・センターに買い物に行きました!!コロナウィルスのパンデミックが始まる少し前、2020年の1月末以来じつに1年と4カ月ぶりです!感慨無量、大した用事もないのにフラッとマンチェスターに電車で行ってしまえるほどにはパンデミックが終息に近づいているのです。ロックダウン明けの第二段階(映画、演劇などのエンターテイメントが一年ぶりに再会、飲食店の屋内飲食が可能に!)の、それでもパンデミックが終わってはいないマンチェスターのようすと、気がかりなインド変異株Indiavariantの、特にここ北西部における感染拡大に関しては次回以降、記事にします。今回の話題は....お待たせしました。「壁TheWall」。ストックポート日報では私が創刊当初からしつこくしつこく追い続けた、ピカディリー・ガーデンズP...1年と5カ月ぶりのマンチェスター!!感無量!行けずにいたパンデミックのさなかに人知れず取りこわされていた「壁」

  • うちにやってきた2種類のビートルズ、見かけによらずたちの悪さでは定評があるらしい憎いヤツ

    ビートルズbeetlesと言ってもイギリスの有名なロックバンドではなくムシの話題です。先週、夫がみつけた緑のビートル。テレビを見ようとソファーのひじ掛けにおいてあったメガネケースをあけたら、中にいたのだそうです!(どうやって入ったのかしら)私に見せるために蓋を閉じて、30分ほどそのまま閉じ込めておいて私が上がってくるのを待ったようです。なんだか日本でもよく見たある虫に似ているような....(後述)写真を撮ったあと、庭に放しました。話かわって、昨日ユリの葉にとまっているのを見つけたきれいな赤いビートル。これの正体は知っています。憎い害虫、リリー・ビートルです。検索してみたらスカーレット・リリー・ビートルscarletlilybeatleというステキな名前がついていました。10年以上前、庭の奥に埋葬したネコのお墓の...うちにやってきた2種類のビートルズ、見かけによらずたちの悪さでは定評があるらしい憎いヤツ

  • ゴミの回収日に見たよそのうちの一工夫、市が所有配給するジャマなことこの上ない車輪付きの色違いゴミ箱

    私が住むエリアは、毎週木曜日がゴミの収集日です。前日、水曜日の夕方7時ごろに撮った写真です。前日の夜に道路に出しておくと翌朝ゴミ回収車が来てなかみを持って行ってくれます。うちのゴミ箱、勢ぞろい。リサイクルを推奨するために、それぞれ入れる物が指定されている巨大な車輪付きゴミ箱(ウィーリー・ビンwheelliebin)が市から支給されています。ストックポートでは青いゴミ箱が紙類、緑が生ゴミ、食料ゴミ、庭ゴミ、茶色が再生可能な金属とプラスチック、それにガラスを入れることになっています。以上はリサイクル可能なゴミです。黒いゴミ箱がその他の、要するにガラクタゴミ用です。それぞれ、3~4週間に1度しか回収してくれません。スーパーマーケットで売られている生鮮食品が入った透明な袋や容器はこの頃の環境問題を意識する動きにあわせて...ゴミの回収日に見たよそのうちの一工夫、市が所有配給するジャマなことこの上ない車輪付きの色違いゴミ箱

  • ワクチンの効果が目に見えて収束に向かいつつある?パンデミック...油断は禁物!規制が緩めば感染者数もやっぱり増える

    5月10日月曜日までに(前日、9日までの集計)イギリスでは3千547万2千295人が少なくとも1回コロナウィルスのワクチン接種を受けました。全成人(18歳以上)の67.3%にあたります。2回目も受けてワクチン接種が完了した人は1785万6千550人、全成人の33.9%です。写真は、全く無関係の、木々とうちのネコ!です。夫のコロナウィルス感染疑惑は晴れたものの、発熱の後の足の腫れにまだ悩んでいます。コロナウィルスとは無関係の、細菌感染だそうです。それはともかく、コロナウィルスに感染した際に重症化しやすい危険度(=優先度)の4番目に属するらしい夫の2回目の接種が遅れています。と言っても、今月の初めに予約の連絡がきたのですが、指定の日は病院の予約と重なったのでキャンセルせざるを得ず、来週末に再予約が入りました。4番目...ワクチンの効果が目に見えて収束に向かいつつある?パンデミック...油断は禁物!規制が緩めば感染者数もやっぱり増える

  • 検査結果が陰性だった夫のその後、かえって心配だったナゾの腫れ....どうやら薬でなおるらしい(写真は花木)

    パンデミックで行動範囲が本当に限られている私の生活です。自宅の周りの花木を見て歩くのが他のしみなこの頃です。花盛り時期はだいぶ過ぎたものの、まだまだ花が散りきるまでの間がある新緑まじりの花の写真を撮って歩きました。歩道沿いに種類の違う樹木がどこまで歩いても途切れることなく続く景観に恵まれた住宅街に住んでいることがこんなに幸運だとは今まであまり考えたことがなかったのです。遠出が禁止になるまでは。1930年代に宅地造成開発が始まったバス通りに出れば樹齢90年以上の貫禄ある、やはり種類の違う樹木の並木が続きます。(今回写したのは、バス通りに出るまでのうちから歩いて3分以内の本当の近所の、あまり見栄えのしないハンパにモダンな住宅が並ぶ1970年代の造成地の写真です)そうそう、パンデミック下の外出と言えば...自家用車で...検査結果が陰性だった夫のその後、かえって心配だったナゾの腫れ....どうやら薬でなおるらしい(写真は花木)

  • コロナウィルスの感染疑いが晴れるまでの一家そろってのミニ自主隔離、ここ一週間の近況報告

    先週の土曜日に、夫が高熱で寝込みました。吐き気と腹痛、頭痛もありました。(無関係の、うちの庭と掘り返したとなりの庭、春の陽気に浮かれるうちのネコ....花の盛りが少し過ぎたリンゴの木の写真を載せました)それ以来、寝たり起きたりが数日続き、今はほぼ回復しています。昨日は初投票の息子と地方選挙の投票に行きました。(私はイギリス国籍がないので投票権もありません)私も息子も何の症状もなく元気です。夫はまず高熱が下がってから、コロナウィルスの感染を疑いました。高熱はコービッド19(コロナウィルスによる感染症)の典型的な症状のひとつですが、咳と呼吸困難、味覚と臭覚の減退はありませんでしたたしかに、全く症状のない人もいれば咳と呼吸困難、味覚と臭覚の減退のどれも発症しない人もいるらしいので判断が難しいのです。腹痛と吐き気も訴え...コロナウィルスの感染疑いが晴れるまでの一家そろってのミニ自主隔離、ここ一週間の近況報告

  • 海外はまだまだパンデミックのさなかの今年の夏は家にいて庭仕事!裏庭にパワーショベルの椿事!

    お隣がミニサイズのパワー・ショベルを雇って庭の大改装に踏み切りました。日本では「ショベルカー」って言うんでしたっけ?(不確かです)パワー・ショベルの作業は見ていて飽きません。子供のころから工事現場が好きでした。「5軒並んだ棟割り長屋」(3階建てのこのスタイルはタウン・ハウスtownhouseと言います)ですから、裏庭とおもての公道を結ぶ通路のような抜け道はありません。だから、パワー・ショベルのような大きな機械を裏庭に入れるのはふつう無理です。玄関から入れて家の中を通す(狭い廊下、台所の戸口は絶対通りません)わけにいきません。幸い、お隣は長屋の一番はしの家です。隣接する線路と家屋の間になんとかパワー・ショベルが通れるぐらいの通路がもともとあったはずなのですが....いえ、それもやっぱり無理!お隣はその隙間も収納の...海外はまだまだパンデミックのさなかの今年の夏は家にいて庭仕事!裏庭にパワーショベルの椿事!

  • どうやら(まだ?)無事、かわいいヒナのその後が心配だった公園の仲良しクート一家、産卵時期の巣作りロケーションに疑問アリ。

    先週の、ブラモルパークの池で見かけたクートcoot(オオバン)の親子のその後です。通りかかったら、同じ池で(たぶん)同じ親子を見かけました。10日たった成長ぶりに目を見張ります。大きさはそれほど変わらないかもしれませんが、ほわほわたんぽぽの綿毛みたいだった羽毛がかなりしっかりしてきたように見えます。赤い頭のズル剥けハゲももう目立ちません。前回の記事に、ウィッキピーデアの英語版(クートの項に日本語版はありませんでした)で読んで知った、クートの母親が攻撃的になり、弱い雛を飢え死にさせることがあるというショックな事実を書きましたが、まだ(たぶん)全員元気で親に頼り切っていました。あんがい、成長するまで大事に子育てする感心な個体の母クートだったのかもしれません。ほっとしました。クートは両親がそろって卵を温め、かえった雛...どうやら(まだ?)無事、かわいいヒナのその後が心配だった公園の仲良しクート一家、産卵時期の巣作りロケーションに疑問アリ。

  • してくれないと本当に困る、飼いネコの証のネコ首輪!野鳥保護はあきらめた、本当にごめんなさい、うちの近所の野鳥たち!

    前回の記事の続きです。野鳥保護のための「ネコに鈴」プロジェクト。寝ている母ネコリヴィーを起こしてちょっと頭をあげてもらいカチッと装着。鈴は残念、先にはずしておきました。ネコにとって鈴がどんなにイヤかよくわかっています。去年17歳で死んだ、ホレイシオも決して慣れることなくいつまでも神経過敏なそぶりを決してやめようとしないので、市販の首輪には必ずついてい来る鈴を外してつけていました。首輪そのものも嫌がっていましたっけ。音がしない、鈴を外した首輪はそのうちあきらめておとなしく受け入れていましたが。お似合い。素直に膝にのるようになった息子ネコ、ティブに昨日2回、首輪装着を決行できたのですが、首元でちゃりちゃり音がする鈴がよっぽど嫌だったらしく、家中を走り回り興奮状態でした。そしていつの間にか(私たちが見ていないところで...してくれないと本当に困る、飼いネコの証のネコ首輪!野鳥保護はあきらめた、本当にごめんなさい、うちの近所の野鳥たち!

カテゴリー一覧
商用