chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
イギリス/ストックポート日報 《England/ Daily S
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2014/11/30

1件〜100件

  • この日はラッキー、よく通る道で目撃した名物ウマのお散歩シーン、古い街並みの街なかに厩舎と古めかしい種類のウマがいる!!

    平日の午後、ストックポートのオールドタウンOldTwonをクルマで通り抜ける時に見かけた...(実を言うとあまり姿を見かけることはない)ストックポートの名物、ロビンソンズ・ブリュアリーRobinsonsBrewery(エール醸造所)のマスコットウマのお散歩、あるいは運動の最後の数歩に行き会わせました。クルマのウィンドウ・スクリーン越しに撮った写真です。工場見学とエールの試飲ができるらしいビジターセンター(写真☝の左側の建物)がオープンして以来ストックポートの観光名所でもあるロビンソンズ・ブリュアリーの向かいの付属厩舎に帰還する直前です。クルマを下りて、厩舎の駐車場についたところを追いかけて写真を撮らせてもらいましたロビンソンズのウェッブサイトを検索してみました。現在醸造所内の厩舎に常駐しているウマは3頭、...この日はラッキー、よく通る道で目撃した名物ウマのお散歩シーン、古い街並みの街なかに厩舎と古めかしい種類のウマがいる!!

  • スーパーマーケットの棚で見かける購買意欲をそそる強烈なパッケージ、次こそ買おうと思いつついつも素通り

    ひさしぶりの、「スーパーマーケットで見かけた人目をひくパッケージデザイン」です。ゴリラだかキングコングだかが咆哮する奇抜なデザインのゴミ袋、ひと巻き(10枚入り)BeastBinbags。強烈なグラフィックですが、ゴミ袋と関係があるのでしょうか。信じられないほどじょうぶだそうですが。ゴミ箱のことはイギリス英語でbinといいます。ゴミ箱に入れるゴミ袋はbinbagあるいはbinlinerといいます。次こそこれを買おうと思うのですが、お値段高めで躊躇しています。そして、これはいつもあるわけではないのですが、たまに棚にあるのを見つけるとやっぱり買おうかどうか迷います。イースター島のモアイのパッケージに入ったチリ産のワイン、アナケナ!日本にも実物やレプリカがいくつもあるというモアイですが、イースター島が南米チリの...スーパーマーケットの棚で見かける購買意欲をそそる強烈なパッケージ、次こそ買おうと思いつついつも素通り

  • 今度のネコもまた、無益な殺生!それがネコ。咲く花とネコが寝そべる夏の庭の光景

    昨日もまた晴天で暑い一日でした。日中気温は28度前後。蒸し暑くはないためでしょうか、ネコがゴロンゴロンと日の当たる場所に積極的に体を投げ出したがります。さすがにものすごく暑かった(これは月曜日の写真です)時は母子揃って日陰で丸くなっていましたが。家の中の、特に一階はどんなに外の気温が高くてもひんやり気持ちの良い涼しさです。家の中で寝ればいいのに、うちのネコ!といつも思うのですが。息子ネコのティブのほうが外で寝たがる傾向が強いようです。アウトドア派のティブは今年の夏から積極的にネコの本領を発揮しだしました。(あぁ、たぶんティブだと思うのですが)狩りの獲物が放置されるようになりました。一昨日の早朝、庭の芝生に放置され大きなハトの亡骸を見つけました。楽しみのために生き物を殺す無益の殺生、スポーツ・ハンティング、...今度のネコもまた、無益な殺生!それがネコ。咲く花とネコが寝そべる夏の庭の光景

  • 出張検査でめったに入れない秘密結社の中枢に潜入...というのはウソ。ストックポートの名物ゴシック建築とフリーメイソン

    ロンドンとイングランド北限の町カーライルを結ぶ国道A6沿いに、ゴシック風のなかなか立派な建物があります。ストックポート・メイソニック・ギルドホールStockportMasonicGuildhall。同じくA6沿いのタウンホールから徒歩10分ぐらい、タウンセンターのちょっとはずれです。和訳すれば「ストックポート石工組合」、(日本でいう)フリーメイソンのストックポート支部の集会所です。英語でフリーメイソン(組織名)は「フリーメイソンリーfreemasonry」といいます。「フリーメイソンfreemaison」は会員個人をさす言葉です。右側の側面です。明治維新の年1868年に建設されて以来60年ちょっとの間、学校だったそうです。フリーメイソンリーに買い取られた1932年以後、フリーメイソンたちの集会所として使わ...出張検査でめったに入れない秘密結社の中枢に潜入...というのはウソ。ストックポートの名物ゴシック建築とフリーメイソン

  • 一年で一番日の長い、昨日(日没は午後11時過ぎ)食卓に上った静かで優し気な笑顔

    毎度おなじみの、hOLLAND'S社の冷凍食品、チーズ&オニオン・パイのおだやかな悟りを開いたような笑顔です。一年で一番日の長い、昨日(日没は午後11時過ぎ)食卓に上った静かで優し気な笑顔

  • 大胆なずり落ちパンツ柄と後ろ脚投げ出しポーズがキマッたおなじみのスタッフィー。

    昨日はまた一転、晴天でした。気温は日中23℃前後、暑くはなく、快適でした。おなじみのストックポート・タウンセンターのオールド・タウンOldTown、景観保存地域のリトル・アンダー・バンクLittleUnderbankです。カフェもチッピー(フィッシュ&チップス・レストラン)も閉まっている月曜日の午後、人通りもなく閑散としていました。夫がグレーター・マンチェスター内をバスと電車を無料で乗り放題できる年齢になったので、パスカード申請の手続きにストックポートに来たのです。最近新装開店した、ビストロ、カフェのウィンターズWinter'sに入ってみたくてリトル・アンダーバンクまでやってきたのでした。残念、ここも休業でした。最初の写真の、古い時計がつきだしている建物が19世紀の時計工房だったウィンターズです。今日の話...大胆なずり落ちパンツ柄と後ろ脚投げ出しポーズがキマッたおなじみのスタッフィー。

  • 誰がデザインしたのだろう、ネコの柄?一見地味でも白日の下にさらされる斬新で手の込んだ意匠

    三日連続の晴天、高気温の夏日和の後の昨日、土曜日は一転、肌寒い天気でした。午後から雨まで降り出しました。袖なしのブラウスに綿のカーディガンで出かけたら...暑がりの私もけっこう寒い思いをしました。さて、話題はまたまたうちのネコ。天気のよかった木曜日に庭のパティオで撮ったゴロンと寝そべるうちの息子ネコ、ティブ。あれ、そういえば今まで気が付かなかった!神秘!胴体のほとんどの部分を覆う、グレーのブチには縦じまと斑点が混在していることに気が付きました。くっきりきれいに前半分は縦じまで後ろ半分は斑点、と別れています。反対側も同様です。ちなみに上部に見られるひとつまみの白い毛の部分も、反対側の完全に対象の位置に同じ分量だけあります。2年前に17歳で死んだタキシード・キャット(足先と胸元の三角部分が白いクロネコ)のホレ...誰がデザインしたのだろう、ネコの柄?一見地味でも白日の下にさらされる斬新で手の込んだ意匠

  • 異例の暑さが続くここ数日、その実快適、それでも紫外線をむさぼる英国人一般の無謀さ

    ここ英国では水曜日から3日連続、記録破りの暑い日が続いています。昨日金曜日のロンドンの午後3時の気温が32.7℃。ストックポートでも日中気温が30℃を超えました。ヒートウェーブheatwave(熱波)だそうです。日中、庭に出て草取りをしていたら暑さでフラフラしたので慌てて日かげに退散です。庭のパティオに出しっぱなしになっているパラソルを使うのは私だけ。私の場合、多くの日本人女性と同様に紫外線による皮膚の老化や皮膚ガンももちろん怖いのですが、ここ20年来、しばらく日に当たるといつもプツプツ湿疹が出るのです。気温のみならず湿度も高い日本の真夏日を思えば、気温が高くても湿度が低い英国の夏は天国です...!が、なぜか私のポツポツ湿疹は英国にいる時のみに起こります。晴天の冬の日にでも油断してしばらく屋外で日光に肌を...異例の暑さが続くここ数日、その実快適、それでも紫外線をむさぼる英国人一般の無謀さ

  • 天気のよい日に通りかかった放牧場で草を食む、母子家庭の母娘ウシ

    昨日は天気が良いだけではなく、久しぶりに気温が28度まで上がった夏日和でした。気温は高くても空気がカラッと乾いているので蒸し暑くはなく、快適に過ごせました。自宅からクルマで10~15分ぐらいの場所にある、住宅街の真っただ中にある牧草地の前を通ったら...ウシが3匹放牧されていました。クルマで通り過ぎた時は、道路沿いの金網のすぐ近くでかたまってのんびりと草を食んでいました。運転していた夫にたのんで、クルマをちょっと宅地の中の道に駐車してもらってクルマを降りてウシ見物!少し離れたところにクルマをとめて、私が牧草地に歩いて行った頃には3頭はバラバラ別行動になっていました。放牧場内の写真はすべてこの、トラクターを通す道路に面した鉄格子のゲート越しに撮りました。トフィーのブチのお姉ちゃんウシと、グレーのブチの妹ウシ...天気のよい日に通りかかった放牧場で草を食む、母子家庭の母娘ウシ

  • ひさしぶりのストックポート日報、話題が枯れたらやっぱりネコ!

    しばらく投稿が滞っていることにおののき、さすがに何か載せなければとスマートフォンのカメラを向けたのは...やっぱりうちのネコ。息子ネコのティブのぐにゃりと崩したなまめかしい座り姿。ティブはなぜか背筋をしゃんと伸ばした「正座」をめったにしません。あ、ネコはもともと「猫背」なので背筋をしゃんと伸ばすのは無理なのでした。ティブの座り姿はとにかく均整がとれた左右対称ではないのです。母ネコリヴィーのネコらしい猫背の正座です。身体が小さく頭の比率が大きく、脚が短いずんぐりむっくりの愛嬌あるプロポーションのリヴィーがきちんと座ってもなんだかちんまり、寸詰まりな感じがします。ああ、「手」がひとつ横に開いていますし、シッポも体に沿わせていないので「正座」とは呼べませんね。リヴィーの寝姿も愛嬌があります。うちにすっかり慣れて...ひさしぶりのストックポート日報、話題が枯れたらやっぱりネコ!

  • やっと完結、水辺の散歩道サルフォード・キィズの観光案内と個人的感想

    埠頭の再開発地域、サルフォード・キィズSalfordQuaysについて前半記事を書いてからもう2週間もたってしまいました。実家で長い週末を過ごしたあと、徒歩の距離にあるサルフォード大学の学生寮に帰る娘にくっついて私も出てきたのでした。(5月25日です)続きです。前回のサルフォード・キィズの記事のリンクです☟現代建築とユラユラつり橋、水辺の散歩コースを楽しめるサルフォード・キィズ世界的に有名なサッカーチーム、マンチェスター・ユナイテッドManUの本拠地が徒歩の距離にあるためでしょう、日本人にもよく知られたエリアだそうです。日本語で書かれた観光案内ウェッブサイトをいくつか目にしました。今回、私も「観光案内記事」をちょっぴり意識してみました。つり橋を渡り切ると運河や元船舶の停泊埠頭に囲い込まれて出島のようになっ...やっと完結、水辺の散歩道サルフォード・キィズの観光案内と個人的感想

  • 国際情勢を反映して、長年親しまれた料理の名前がかわっても、今はもう違和感が薄れる...ロシアの蛮行許すまじ

    スーパーマーケット、セインズベリーSainsburysが販売している自社製冷凍食品、チキン〈キエフ〉(4個入り)の箱2個を並べてみました。一見同じに見える、パッケージのデザインの違いがお分かりになるでしょうか。先週、セインズベリーの冷凍食品売り場で右側の箱を見かけて「あーっ」、思わず買ってしまいました。3週間ぐらい前に買った左の箱の中にはまだ2個中身が残っているにもかかわらず。英国では本当におなじみの、チキン・キエフChikenKiev。昔からなじみのある、ウクライナの首都の名を冠した冷凍食品の定番料理のスペリングがかわりました!セインズベリーでは「チキン・キーフchikenKyiv」とよぶことにしたようです。箱の裏側は、横長レイアウトです。実は2月27日の、ロシア軍によるウクライナ侵攻開始の1週間後ぐら...国際情勢を反映して、長年親しまれた料理の名前がかわっても、今はもう違和感が薄れる...ロシアの蛮行許すまじ

  • エリザベス女王の戴冠70周年記念を祝うプラチナ・ジュビリ―の飾りか、シュールなアートか、ただのイタズラか?木からのびる細くて長い美脚

    先週の木曜日、そう、プラチナ・ジュビリー当日にうちのすぐ近所で見つけた、脚!ジュビリーの雰囲気を盛り上げるための飾りか、いやたぶん違う...現代アートか、絶対に違う!たぶん誰かのイタズラでしょう。なぜこの静かな住宅地に脚が1本もげたマネキンの下半身があるのか気になります。土曜日に通りかかったら消滅していました。けっこう私の感性にピンとくるディスプレイでした。エリザベス女王の戴冠70周年記念を祝うプラチナ・ジュビリ―の飾りか、シュールなアートか、ただのイタズラか?木からのびる細くて長い美脚

  • 話題はボリス!言わずにはいられない嘘つきボリス、やめないしぶとい恥知らず。写真はかわいいイヌ尽くし

    プラチナ・ジュビリーPlatinumJubileeのお祭り騒ぎは週末とともに終わりました。国旗のバンティングなどのお祭り気分盛り上げ飾りはまだたいてい残っています。10ダウニング・ストリート(首相官邸)では昨日火曜日に取り下ろしていたようです。今日の写真はジュビリー・ウィークエンドの先週、金曜日に立ち寄った近所の屋外ジュビリー・パーティの(せっかく撮ったので、お目にかけずにはいられない)イヌ尽くし!!イヌのいる風景をただ漠然と並べてみます。カテゴリーは、迷ったのですが「イギリスの犬」!そして話題は、全く関係のないボリス・ウソつき・恥知らず・規則破り・ジョンソン首相の信任投票。浮かれ切った4日間がおわり世の中が現実に戻った週明けの月曜日のトップニュースは、首相不信任決議投票VoteofNo-Confiden...話題はボリス!言わずにはいられない嘘つきボリス、やめないしぶとい恥知らず。写真はかわいいイヌ尽くし

  • これで終わった世紀の愛国行事、いろいろ思うことアリの女王戴冠70周年、私も地元でちらっと見物

    4日間の祝祭週末、プラチナ・ジュビリー・ウィークエンドPlutinumJubileeWeekendが昨日で終わりました。金曜日に近所のクリケット・クラブで開かれた屋外ジュビリー・パーティ(入場無料)に1人で寄ってみました。木、金、土曜日は極上の晴天気。郊外の新興住宅地の真っただ中にクリケット・グラウンドと、その隣に一面のキンポウゲが咲き乱れる野原があることを知りませんでした!クリケット場の正面入り口を入ると、なぜか敷地内からとなりの野原にいったん出て、クリケット場の生垣に沿って野原を少し歩くように誘導されて、生垣の途切れ目から会場に入りました。キンポウゲの原っぱを通って近所の住宅街の住人がぞくぞくと集まってきます。ライブ音楽イベントだということでしたが私がいた1時間ちょっとの間はDJがミックスしたズンズン...これで終わった世紀の愛国行事、いろいろ思うことアリの女王戴冠70周年、私も地元でちらっと見物

  • ジュビリー休日に思うこと、英国民にとって女王とは、王室とは何ぞや

    プラチナ・ジュビリーQueenElizabethIIplatinumJubileeの当日、木曜日、そしてジュビリー・バンクホリデーズJubileebankholidays(公休日)の金曜日、ジュビリー・ウィークエンドの土曜日日曜日と4連休のお祭り騒ぎです。日本でも「プラチナ・ジュビリ―」という名称が定着していることを知り、表記を変更しました。銀行やオフィス、それに役所などの公的機関は休みですが、公共交通機関は「休日」スケジュールで運行、店も通常通り営業しています。そしてもちろんパブやレストラン、カフェなどの飲食店は、パンデミックの大赤字を挽回して余りある利益が期待できる空前絶後の大儲けチャンスなのだそうです。あ、プラチナ・ジュビリ―当日の木曜日には予定通りゴミの回収がありました!私たち家族は全くジュビリー...ジュビリー休日に思うこと、英国民にとって女王とは、王室とは何ぞや

  • エリザベス女王の戴冠70周年 記念祝祭と前日の夕焼け

    今日はエリザベス女王の戴冠70周年記念祝祭PlatinumJubileeCelebration、当日です。(昨日予告したサルフォード・キィズ;続きは先送りして)美しい夕焼け空と濃いオレンジ色の空ににじむように沈んでいく美しい夕日の写真が撮れました。サルフォードの学生寮から帰宅する娘を迎えにストックポート駅まで車で迎えに行った際、スマートフォンを自宅に置き忘れて出てきてしまいました。予定通り、夜9時過ぎに娘が到着...ほっとしました。翌日が国民の祝日とは言え、昨日はただの平日の普通の日なのに、ストックポートに到着予定の電車の便が半分以上も運行停止...。もはや検査をしていないし隔離義務も撤廃されたコーヴィッド(コロナウィルスによる感染症)とは関係がなさそうだし戴冠70周年と何か関係あるのかなぁ...い帰宅して知り...エリザベス女王の戴冠70周年記念祝祭と前日の夕焼け

  • 現代建築とユラユラつり橋、水辺の散歩コースを楽しめるサルフォード・キィズ

    サルフォード・キィズSalfordQuays。サルフォード・キィズはもともと荒廃した埠頭地域だったのです。ヨーロッパ中のお手本になっているほど成功した成功した再開発地域として知られているそうです。複雑に入り組む水路の周りに奇抜な現代建築がたちならぶ近未来都市のような街です。夏休みに入って帰宅していたものの、提出物やカウンセリングなどまだあいている大学に用事がある娘が、学生寮に帰る前にちょっと寄って映画を見ていく...というので私もいっしょについてきました。学生寮から徒歩30分ぐらいだそうです。風が強くて不機嫌な表情の娘が立っている(上の写真)、トラム(市電)のプラットフォーム続きのこの広場(のこの場所☟)にはヴァン・ゴッホの作品を映像で見せる奇抜な巡回アート・ショーの仮設会場があったのでした。そのアートショーに...現代建築とユラユラつり橋、水辺の散歩コースを楽しめるサルフォード・キィズ

  • 近所で見つけた今年初めての可憐な赤いポピーの花と戦争博物館のポピーのアート、疑問がつきない名誉の戦士感

    今日の話題はいかげんしつこいエリザベス女王の戴冠70周年記念祝祭PlatinumJubileeCelebrationではありません。...と言っても、上の写真はやっぱりユニオン・フラッグ(連合応国旗)をあしらった愛国的な戴冠70周年記念を盛り上げる飾りつけですが。金曜日に行ったマンチェスターの、セント・ピーターズ・スクエアSt.Peter'sSquareに面したオフィスビルの入り口です。ちり紙の花で飾った日本の小学校の運動会の入退場門の豪華版みたいですね。王室の紋章でもある国花のバラではなく、藤、ボタン、アスター(?)、フリージア、ストックそれにポピーの造花で飾られています。そう、ポピー。近所の集会所の、10年ほど前は花壇にぎっしりと咲きそろっていたフランダース・ポピーが抜かれたあと、場所を少し移して歩道と花壇...近所で見つけた今年初めての可憐な赤いポピーの花と戦争博物館のポピーのアート、疑問がつきない名誉の戦士感

  • まだまだ続く、エリザベス女王の戴冠70周年 記念祝祭 への期待とはしゃぎぶり、今週末が最高潮?地元商店街の飾りつけ

    週末が終わればいよいよ、待ちに待ったジュービリー・ウィークです。エリザベス女王の戴冠70周年記念祝祭PlatinumJubileeCelebrationは6月2日、木曜日です。いえ、私は全く待ち焦がれていませんが。「待ち遠しい」と本気で言っている人にも(個人的に)お目にかかったことがありません。もちろん連休がうれしい人はとてもたくさんいるでしょう。土曜日にボランティアでお手伝いをしているチャリティ・ショップ、オックスファムOxfamのある商店街、ブラモール・ビレッジBramhallVillageのお祭り盛り上げ愛国ディスプレイへの気合いの入れ込みがさらに深まっていました。比較的上品な例です。経済的にゆとりのある女性を顧客ターゲットにしたオーガニックの食品や化粧品を売る店のディスプレイです。もしかしたら多くの店の...まだまだ続く、エリザベス女王の戴冠70周年記念祝祭への期待とはしゃぎぶり、今週末が最高潮?地元商店街の飾りつけ

  • 戴冠70周年記念祝祭記念はビジネスチャンス!はしゃぐ業界についてしつこくレポートする私も実ははしゃぎすぎ?

    6月2日のエリザベス女王の戴冠70周年記念祝祭PlatinumJubileeCelebrationをひかえた英国民の、はしゃぎぶりレポート再び、です。といっても、私の周りには、「どうでもいい」という反応の人が確実に多いのですが。とりあえず、各方面でビジネスのネタになっていることは絶対に確かです。さて、私は水曜日に、サルフォードSalfordの学生寮に帰る娘と一緒に、学生寮からほど近いサルフォード・キィズSalfordQuaysに行きました。近未来都市のような奇抜な建物がかつての埠頭の周りに建ち並ぶ水辺の街を散歩して、娘が食べたいというラーメンをいっしょに食べるのも良かろうと、出てきたのです。娘は、夏休みには入ったものの提出物などがあり、いったん寮に数日帰ることにしたのです。さて、本題のエリザベス女王戴冠70周年...戴冠70周年記念祝祭記念はビジネスチャンス!はしゃぐ業界についてしつこくレポートする私も実ははしゃぎすぎ?

  • 英国に住んでいて知らんぷりを決め込むことは許されない(?)はしゃぐべき女王戴冠70周年記念行事はもうすぐ!

    自宅からクルマで10分ぐらいのところにある商店街、ブラモル・ヴィレッジの理髪店にとつぜんお目見えの女王陛下!...ちょっとギクッとしました。等身大(?)の型抜きした写真です。もともと店のロゴに王冠を使っているFAMOUSHENRYSという理髪店の窓飾りと国旗のバンティングが映えますね。ロゴ入りの風船まで用意しています!ロイヤルカラーの赤、白、青だけではなく、コーポレーション・カラー(ビジネスのイメージカラー)の緑の風船まであります。ストックポートのタウンセンターに比べるとちょっと遅れをとったかな、といった地元の商店街の個人商店ですが、6月2日のエリザベス女王の戴冠70周年記念祝祭PlatinumJubileeCelebrationを一週間前に控えた今週あたりから、お祭り気分盛り上げの飾りつけがヒートアップしてい...英国に住んでいて知らんぷりを決め込むことは許されない(?)はしゃぐべき女王戴冠70周年記念行事はもうすぐ!

  • 英国に住んでいて知らんぷりを決め込むことは許されない(?)はしゃぐべき女王戴冠70周年記念行事はもうすぐ!

    自宅からクルマで10分ぐらいのところにある商店街、ブラモル・ヴィレッジの理髪店にとつぜんお目見えの女王陛下!...ちょっとギクッとしました。等身大(?)の型抜きした写真です。もともと店のロゴに王冠を使っているFAMOUSHENRYSという理髪店の窓飾りと国旗のバンティングが映えますね。ロゴ入りの風船まで用意しています!ロイヤルカラーの赤、白、青だけではなく、コーポレーション・カラー(ビジネスのイメージカラー)の緑の風船まであります。ストックポートのタウンセンターに比べるとちょっと遅れをとったかな、といった地元の商店街の個人商店ですが、6月2日のエリザベス女王の戴冠70周年記念祝祭PlatinumJubileeCelebrationを一週間前に控えた今週あたりから、お祭り気分盛り上げの飾りつけがヒートアップしてい...英国に住んでいて知らんぷりを決め込むことは許されない(?)はしゃぐべき女王戴冠70周年記念行事はもうすぐ!

  • 2周遅れの誕生日プレゼント、やっぱりもらった日本語入りの謎のジャパニーズファッション(耳付き)

    娘の誕生日は2週間以上前でした。大学の1年間の予備コース(アート・ファウンデーション・コース)を終えて実家に戻ってきた娘を待ち受けていたもう一つのプレゼントです。もうすっかりおなじみの、娘好みの日本語グラフィックのkawaiiコンセプトのカジュアルウェア。数日前にこの家にオンラインゲーム仲間からのバースデープレゼントとして送られてきました。オンラインショッピングの品物が贈られる人の家に届く、近ごろ一般的になっているプレゼントのやり取り方法です。プレゼントの実物を見ていない送り主本人に、私が撮った上と下の写真(顔の部分をトリミングしていないバージョン)を「ありがとう」のメッセージとともに送ったようです。私が贈った、「へっぽこ柴」のフード付きティーシャツと同じようなテイストの、これはフディーhoodie(フッド付き...2周遅れの誕生日プレゼント、やっぱりもらった日本語入りの謎のジャパニーズファッション(耳付き)

  • 政治的スタンスは関係なしに国中で祝う時は祝うべし!女王陛下の戴冠70年のお祭り騒ぎ!

    6月2日のエリザベス女王の戴冠70周年記念祝祭PlatinumJubileeCelebrationまで残すところあと11日。私がボランティアでお手伝いしているチャリティ・ショップ、オックスファムOxfamのウィンドウにもついに愛国的ユニオン・フラッグのバンティングBanting飾りが登場。お祭り騒ぎと軍事パレードを見るのが好きな私が、うちの夫と同様、王室無用論者で左翼主義(TheGuardian紙を愛読)のマネージャー(60代、男性)を説得して実現しました。私は軍服を着て勲章をいっぱいつけた人がゾロゾロ出てくる国家行事をテレビで見るのが大好きですし、北朝鮮やロシアのものまでふくめて軍事パレードを見るのも好きですが、軍国主義には絶対に反対です。国旗や愛国イメージで店のウィンドウを飾ることにぐちぐち言っていたマネー...政治的スタンスは関係なしに国中で祝う時は祝うべし!女王陛下の戴冠70年のお祭り騒ぎ!

  • よく通り抜ける公園で今まで気が付かなかった!静かに地面を見下ろす吊り目の火星人と遭遇

    連日の快晴続きの後、昨日は1日中、雨が降ったりやんだりの肌寒い日でした。小学校の下校時間が終わった頃、近所の公園を通りかかって...とつぜん見つけた宇宙人の顔。ジョウゴのようなこの遊具がこの公園に設置されてから20年はたつはずです。大きく開いた上の口に放りいれたボールが三つあるどの穴から落ちてくるのかわからないところが楽しみな素朴な遊具です。あまり人気があるとも思えないし、遊んでいる子供を見かけたこともないように思うのですが、ずーっとあります。他の遊具は流行や安全基準がかわるたびに、何回か交換されているのですが。さて、宇宙人です。「エイリアン」のほうが今風な響きですね。私が子供の頃にマンガや「空想科学小説」(死語?)にでてきた宇宙人(あるいは火星人)はしもぶくれの巨大な頭部からヒモのような細くて長い脚がにゅるに...よく通り抜ける公園で今まで気が付かなかった!静かに地面を見下ろす吊り目の火星人と遭遇

  • 天気のよい日に自宅で散髪、すぐ下で寝そべり、落ちてくる切った毛を体で受け止め気にしないダレネコ

    昨日までの3日間はカラッと空気が乾いた晴天でした。再興気温は22℃、過ごしやすい適温ですが日差しが肌にヒリヒリしました。気温が高くなくても晴れた夏の日であれば、英国人はできるだけ肌を紫外線にさらそうと露出過多の「南国の休日」のようないでたち(ショーツや肩出しチューブトップなど)で屋外を闊歩します。庭のパティオで夫の髪を切りました。ティブの毛の白い部分に落ちた毛の色はブチの部分の濃いグレーと同じ色で(あーちょっと違うか)新しい柄を作り出していました(とまで言い切るのは無理がありますね)パティオの古びた敷石のシミとも同色で、フワフワ落ちた短い毛の房が床とも完全にカモフラージュしています。2020年コロナウィルス感染拡大阻止のためのロックダウンが始まってから理容院に行かずに自分で髪を切る男性が増えています。頭頂が薄く...天気のよい日に自宅で散髪、すぐ下で寝そべり、落ちてくる切った毛を体で受け止め気にしないダレネコ

  • 奇怪、不気味、毛の生えていない薄くて熱い皮膚!日本でも人気らしい純血種とは全然違うずんぐりむっくりチャイニーズ・クレステッド・ドッグ

    毎週土曜日に、ボランティアとしてお手伝いしているチャリティ・ショップ、オックスファムOxfamのあるブラモール・ビレッジBramhallVillageの商店街で見かけた...強烈な見かけのイヌ!皮膚の質感もシッポもまるで「ブタ」ですが、これはイヌ!チャイニーズ・クレステッド・ドッグChinescresteddogのヘクター、3歳です。(なぜかヘクターという名前のイヌをよく見かけます)ガサガサしてぶ厚くゴワゴワした毛がまばらに生えているブタの皮膚と違ってヘクターの皮膚は薄くてなめらか、全身つるっつるです。頭と顔の一部にホワホワした毛がまばらにはえているのと...なぜか足にもモコモコ毛が生えているところが何とも謎めいて...不気味です。クレストはニワトリなどの「トサカ」、クレステッドは「トサカの生えた」という意味で...奇怪、不気味、毛の生えていない薄くて熱い皮膚!日本でも人気らしい純血種とは全然違うずんぐりむっくりチャイニーズ・クレステッド・ドッグ

  • カウントダウン開始した一生涯に1度しかお目にかかれないらしい今後もまずないらしい君主の戴冠70周年

    今週、5月12日から、エリザベス女王の戴冠70周年記念祝祭PlatinumJubileeCelebration公式カウントダウンに入りました!6月2日の記念式典までちょうど3週間というわけですね。昨日買い物に行ったストックポートのタウンセンターでは週末の気分盛り上げ、祝祭ディスプレーがボツボツ始まっていました。おもにチャリティー・ショップですね、ウィンドウ・ドレッシングに情熱をかけていたのは。景観保存地域、リトル・アンダーバンクLittleAnderbankにある、主に身寄りのない高齢者を支援するチャリテイー・ショップ、AgeUkは特に力を入れていました!たぶんボランティア(無償)だとは思いますが、プロのウィンドウ・ドレッサーがちょうど私が通りかかった時ショーウィンドウの飾りつけをしていました。写真を撮りたいと...カウントダウン開始した一生涯に1度しかお目にかかれないらしい今後もまずないらしい君主の戴冠70周年

  • kawaii はもはや英語!検索すれば賞品がザクザク出てくる新しいキュート路線、うちの娘も実は夢中!

    先週20歳になった娘の誕生日を週末祝いました。プレゼントに私がAmazonで買ったのは…「くっぽこ柴」ではなく、たぶん「へっぽこ柴」のつもりの刺繍入りティ―シャツです。文字とイラストの部分はプリントではなく、非常に密な刺繍で表現されています。「かわいいティーシャツでも買ってあげようか」と「cute」ではなく、「kawaiiTshirt」で検索したら最初に出てきたこの思い切りファンシー(奇抜)な商品を気に入ったらしくさっそくクリックして、購入。kawaiiはわかる人にはわかる、一部の英語話者の間でグラフィック関係のコンセプトとしてすっかり英語化しています。日本風のかわいい動物キャラクターで日本語が併記されていることが多いグラフィック。動物でなければ星、ハート、キノコ、イチゴ、サクランボ、アボカドその他何でも(特に...kawaiiはもはや英語!検索すれば賞品がザクザク出てくる新しいキュート路線、うちの娘も実は夢中!

  • マンチェスターで見かけたポップ、カワイイ、社会性がありそうな、そして懐かしいモノの数々

    先週マンチェスターに行った時に撮った写真です。メキシカンレストランのロゴ、舌がトウガラシになっている図案が気に入りました。(レストランは閉まっていました)写り込んでしまった私のコートも赤トウガラシ色です。スペインの小皿料理、タパスが売り物のバー、ElGatoNegroTapas(クロネコ・タパス)のエラそうに説教を垂れながら威勢を張って歩いている(ように見える)クロネコのロゴがかわいくて気に入りました。ストリート・アートとヴァンダリズム(破壊行為)の中間に位置するいきなり社会性が高いこれは...複数の場所に同じイメージが貼れるポスターアートですね。TwoTrainsGotoWar戦争に向かう2台の列車、のキャプションはパロディか何かなのか調べようとしたのですが、行き詰りました。ご存知の方のご教示を仰ぎます。列車...マンチェスターで見かけたポップ、カワイイ、社会性がありそうな、そして懐かしいモノの数々

  • 太りネコ、お前もか!?いつのまにか体重過多が進行していた青年ネコのティブはみ出し

    おなじみの......去年の夏の終わりに収穫した青リンゴを入れていた四角いカゴです。リンゴを食べきった後しばらく、息子ネコ、ティブのお気に入りの寝床になっていました。その後、息子が留守の間に母ネコ、リヴィーが占領し母子で紛争の的になっていた四角いカゴ。そのうちネコに見向きもされなくなり、1か月近くカラのまま置きっぱなしになっていました。底にこんもりとネコの毛が積もってキッチンにおいておくのはどうかと思われるような汚らしさ、洗ってしまおうかと思っていた矢先...ティブがふっかりとはまり込んで寝ているのを見つけました。体の一部分がカゴの外にはみ出している!うちに来たばかりの時は明らかに太っていた母ネコ、リヴィーは胴長短足のずんぐりむっくりした肢体ですが体が全体的に小さく、ダイエットに成功した現在、このカゴからはみ出...太りネコ、お前もか!?いつのまにか体重過多が進行していた青年ネコのティブはみ出し

  • ウクライナの国難を思い国を追われた避難民の力になりたい善意のイベント実行中、ちょっぴり疑問アリ

    ひさしぶりにストックポートのタウンセンターに行きました。ショッピングセンター、マージーウェイMerseyShoppingCenterの広場に季節外れの白銀のクリスマスツリーがドンと置いてありました。いま一番「ホットな」ウクライナ支援の催し物のようでした。(決して茶化していいような話題ではないのですが、商業施設が何だかいかにも嬉しそうにやっているのがちょっぴり引っかかりました)その名もギビング・ツリーTheGivingTree。ストックポート日報を以前から読んでくださっている方は「あれ、聞いたことのある名前だな」と思われたかもしれません(後述)ぐうぜん横を歩いていた警官3人組の蛍光イエローにツルっとした素材のロイヤルブルーの「警察」ロゴのハイビズ・ベスト(HiVisvest=high-visibilityvest...ウクライナの国難を思い国を追われた避難民の力になりたい善意のイベント実行中、ちょっぴり疑問アリ

  • 交換の時期が来た、既成の窓を簡単に入れ替え素通しのように曇りのない新しい窓ガラスに感激

    一昨日、専門の業者がきて「窓」2面の入れ替えをしました。庭に面したキッチンと...(窓ガラスを外したところです☝)...3階の寝室の窓が取り換え時期にさしかかっていたのです。2階の踊り場を通って3階に窓ガラスを運ぶところです。「窓ガラス」というか、3センチぐらいの間隔をあけたガラス板2枚が黒い縁に入った二重ガラスの「窓パネル」です。窓パネルを外した状態です。作業員が2人来て、注文した規格サイズの窓パネルを持ってきてくれました。ポキッと古い窓パネルを外し、ペリペリッと新しい窓パネルをはめ込んで、日本の接着剤「セメダイン」のような強烈なにおいのする固定剤で固定してくれました。あっという間でした。取り外した古い窓パネルの2枚のガラスは細かく砕いて再形成して再利用するそうです。窓パネルを入れ替えた後のキッチン窓はまるで...交換の時期が来た、既成の窓を簡単に入れ替え素通しのように曇りのない新しい窓ガラスに感激

  • ひさしぶりにコロナ・ウィルス、感染してもどうやら誰も気にしない?写真はネコ!

    ひさしぶりにコーヴィッド(コロナウィルスの感染症)の検査を自宅でしました。(写真は、本文とは全く関係のないうちのネコ2匹リヴィーとティブの近況です)年末にもらった「ホームテストキット」の残りがまだあったのです。あと3回分残っています。結論から言えば検査結果は陰性でした。(ホッ)前日の午後、のどが痛くなり寒気がし始めました。夜の7時には就寝、ぐっすり眠れましたが、夜中に熱が出たような感覚があり目が覚めました。「あ~あ、コーヴィッドについにかかったか。朝起きたら検査しなくちゃ」と思いながらも結局また寝入ってしまいました。ただの風邪だったようです。12時間近くも熟睡したら朝には症状はほぼ治まっていました。2020年の春に日本から帰ってすぐにうけたPCRテストの他に、私はホームテストキットを使ったラトゥラル・フロー・テ...ひさしぶりにコロナ・ウィルス、感染してもどうやら誰も気にしない?写真はネコ!

  • 3年ぶりのマンチェスター・アート・ギャラリー、さらに個性がいや増して鑑賞しにくさも増大、画期的な展示方法

    水曜日に夫と行った、マンチェスター・アート・ギャラリーのカフェです。美術館のカフェらしく、本格的な額に入った古風な油絵の静物画や風景画が白い壁にかかっていて、とてもいい感じです。実は今回、こういう20世紀のたぶん、戦前ぐらいのヨーロッパの食卓や台所をテーマにしたような静物画が見たくなって美術館に行ったのです。美術史上大して価値があるようにも思えない...でも壁にかかっていると見る人の心が安らぐような絵画がまとまって見られる展示室が、(10年ほど前には)たしかにありました。カフェの壁にかかっているのは購入当時は(?)それなりに注目されていたであろう作家のちゃんとした収蔵作品なはずです。マンチェスター・アート・ギャラリーの外観です。実は夫も私も美術館の展示にはちょっとがっかりしました。かつては、「18世紀以前のヨー...3年ぶりのマンチェスター・アート・ギャラリー、さらに個性がいや増して鑑賞しにくさも増大、画期的な展示方法

  • 市の文化施設も個人も表明、マンチェスターは断固としてウクライナを支援する!

    マンチェスターに行きました(昨日の続きです)今日の話題はひまわり。マンチェスター・ピカディリー駅の案内キオスクです。写真に写っている、パグとラブラドール・リトリーバの混血のイヌも非常に興味深いのですが、その話はおいといて...(飼い主の女性には強い東ヨーロッパ系の訛りがありました!)ヒマワリはウクライナの国花だそうですね。タネから抽出するひまわり油を世界的に輸出しているそうです。ウクライナ支援のシンボルとして定着しつつあります。この案内キオスクの下の部分をぐるっと囲うひまわりの装飾には特に何も説明はありませんでした。そして、夫とカーテンの生地を買いに行った、布地屋(手芸用品売り場も充実しています)の外の雨どいに...かぎ針編みのヒマワリの花がぎっちりとたくさん結び付けられていました。お店がかかわっているのか、個...市の文化施設も個人も表明、マンチェスターは断固としてウクライナを支援する!

  • また行った、マンチェスター、帰りの電車で乗り合わせた笑う犬の隠し撮り...

    マンチェスターに昨日また、行きました。前回のジャックラッセルテリアの記事の時とは別です。前回、入り口ホールの写真を撮って、新館をちらっと見ただけのマンチェスター・アート・ギャラリーを夫と二人でゆっくり訪れたくなったからなのですが...かえりの電車のとなりの車両に、カップルと1席わがもの顔に占領するポメラニアンを見かけて隠し撮りです。英国ではイヌも電車に乗れます(あ、もうご存知ですね)バスに乗るイヌは何度も写真に撮ってストックポート日報に載せているのですが。約20分間ほとんどの間、私のほうをじっと見て長い舌をユラユラさせながら笑顔を向けてくれていました。私たちのおりた駅の一駅手前で、抱き上げた男性の肩越しに私を見つめながら大口を開けて笑っておりていきました。笑顔の余韻はいつまでも残りました。もちろん夫はイヌは笑わ...また行った、マンチェスター、帰りの電車で乗り合わせた笑う犬の隠し撮り...

  • 英国発祥の英国らしいイヌ!その実、今のような犬種として定着されたのは遠く離れたオーストラリア

    ジャック・ラッセル・テリアJackRusseliTerriorの写真を撮る機会がありました。(あまり良い写真でなくて残念ですが)19世紀の初めにイングランドのジョン(愛称ジャック)・ラッセル牧師がキツネ狩り用に改良したのが始まりという、れっきとした英国発祥のイヌです。狩猟犬としての能力重視で、見た目も大きさもかなりまちまち(数多くの異なるテリアを交配させて出来上がった犬種だからだそうです)の本家本元のジャック・ラッセル・テリアは、早い時期にオーストラリアにわたって大人気を博し、その地で現在のような犬種として定着した...と書かれていました。びっくり!たいていの英国人はたぶんジャック・ラッセル・テリアは生粋のイングランド犬だと思っていますよ。現在世界中でよく見るジャック・ラッセル・テリアはすべて、家庭犬版としてオ...英国発祥の英国らしいイヌ!その実、今のような犬種として定着されたのは遠く離れたオーストラリア

  • マンチェスターの画材屋の手作り感あふれる季節のウィンドウ飾り、そろそろおしまい、春の花ラッパスイセン

    マンチェスターのアート・ショップ(画材屋)の季節感あふれる「ガラス絵」です。テーマは「春の唄springgrooves」。ラジカセ(CDプレーヤーかな、そうだとしても...)がレトロですね。イースターの花、黄色いラッパスイセンdafodilはもう盛りを過ぎているはずです。今日の午後にでもおなじみ木彫りのフクロウ、ヴェーラのいる「自然保護林」に行って様子を見てくることにします。そろそろ、ブルーベルの季節です。マンチェスターの画材屋の手作り感あふれる季節のウィンドウ飾り、そろそろおしまい、春の花ラッパスイセン

  • ロシアの暴挙、許すまじ!ウクライナにはマンチェスターがついている!メッセージの正当性はともかくなんだかはしゃぎすぎのような...

    マンチェスターに行きました。多目的文化施設、ホームHOMEで自主上映系(むしろ今はアートハウス系と言うのかもしれません)のフランス映画を見てきました。その後で寄った、マンチェスター美術館ManchesterArtGalleryの入り口ホールのウクライナ支援キャンペーンが目をひきました。ブロンズ像一対の首からウクライナ国旗をダラっと垂らしただけですが。ロシアの暴挙、許せませんっ。ウクライナの独立を徹底的に支援します!だけど、これ、アート作品じゃないの?「近代彫刻の父」ロダンRodinですよ!手前は、青銅時代AgeofBronze、向こう側はイブEve。ウクライナ支援をわかりやすく表現したのはよいのですが、芸術作品がマヌケくさく見えませんか。マンチェスター中「MCR♡(loves)Ukraineマンチェスターはウク...ロシアの暴挙、許すまじ!ウクライナにはマンチェスターがついている!メッセージの正当性はともかくなんだかはしゃぎすぎのような...

  • まだあった、イースターの名残の売り切り品。半額で近所のコンビニで半額で売られていたスイス製の高級チョコレート

    イースターから一週間近くたって、近所のコンビニエンス・ストアで買ったチョコレート・バニーchocolatebunnyです。イースターのギフト用100g、半額の1ポンド25ペンス(205円)。日本でもおなじみのスイス老舗チョコレート会社のリンツLindt製、子供に食べさせるにはもったいない高級チョコレートです。他のスーパーマーケットからはとっくに姿を消していた、大きな空洞の卵型チョコレートも何種類か売れ残っていました。白いリボンのウサギはホワイトチョコレート、赤いリボンのウサギはミルクチョコレートです。ひとつは私、もう一つは娘に買ってきたのですが、今週末は忙しくて大学の寮にとどまるそうなので来週まで取っておくことにします。大きさをわかっていただくための写真です。これより小さいサイズもあったはずです。1㎏の巨大な(...まだあった、イースターの名残の売り切り品。半額で近所のコンビニで半額で売られていたスイス製の高級チョコレート

  • 少し遅れて今年も食べた、春の訪れを告げるイースターの季節のお菓子、変わった形のバージョン発見!

    以前にも記事にしたことがある、ホット・クロス・バンhotcrossbun。本来なら、イースター・サンデーEasterSunday(日曜日)の前々日のグッド・フライデーGoodFriday(金曜日)に十字架にかかったキリストの受難を思って食べるはずの干しカラント(粒の小さいブドウの一種)の入った甘い「菓子パン」です。溶いた小麦粉を流した十字の切込みが入っていなければただの「カラント・バンcurrantbun」です。だいたい新年が終わったあたりからスーパーマーケットでは売り出されるようです。「さあ、クリスマスが終わった、次はイースターのお楽しみだ!」とはしゃいでいる感じが気恥ずかしいですね。別にいつ食べてもいいみたいですが、春まで待って季節感とともに味わいたいものです。イースターが終わってから買ってきて食べました。...少し遅れて今年も食べた、春の訪れを告げるイースターの季節のお菓子、変わった形のバージョン発見!

  • 1本の木に別の花2種類が咲くナゾのフージョンツリー、若木を発見!家のそば(他、嘘つき首相の謝罪)

    私の家がある短い通りを出てすぐぶつかる、広い並木道に最近(パンデミックのさなか)植樹された、新しい花木です。先週よその家の前庭に植えられた樹齢90年ちかい(?)ナゾの大木について大さわぎした記事のリンクです☟今日は何の日?;グッド・フライデー、写真は無関係な2種類の花が咲くナゾの樹木、とにかくきれい植樹されてたぶん2年目と思われるこの若い木に今年初めて花が咲きました。実は上の記事の写真を撮った時、同じ種類の木がうちのこんなに近くにも育っているなんて気がつかなかったのです。そう同じ!まだ細い直立した幹からは濃いピンクの「ボタンザクラ」風が華やかに咲く枝と、ナシかリンゴの花のような白い花が清楚に咲く枝がどっちもわかりやすく伸びています!どちらもサクラの一種のように思えます。先週見つけた老木が特殊なわけではないようで...1本の木に別の花2種類が咲くナゾのフージョンツリー、若木を発見!家のそば(他、嘘つき首相の謝罪)

  • 花尽くし、ふたたび。重たげに丸く花をつける華美なサクラと退屈に過ごしたイースターの4連休(まだ続く)

    昨日は、英国民にとってクリスマスの次に重要な祝祭日、イースターでした。もしかしたら、信仰のあるキリスト教徒にとってはクリスマスよりもっと信仰上、重要な意義のある日だったのかもしれません。キリストの予言された最も重大な奇跡(復活!)が実現したのを世界に示す日なのですから。今日は、ただの「イースターの翌日」です。それでも法定休日、イースター・バンクホリデー・マンデ―EasterBankHolidayMondyです。さて、今日の写真は、今英国中どこに行っても目に入る花盛りの「ボタンザクラ」というのか?...濃いピンクのくす玉のように丸くかたまったサクラの花がぼったぼったと目の前にぶら下がる花木です。家の近所で先週金曜日と土曜日に撮影しました。華美で風景がパッと華やぎます。でも日本で喜ばれる、はかなげで凛としたサクラの...花尽くし、ふたたび。重たげに丸く花をつける華美なサクラと退屈に過ごしたイースターの4連休(まだ続く)

  • スイセンの咲き乱れる自然保護林でマヌケなイースター飾りを施され幸せそうに今日も立っているフクロウのヴェーラ、イースター起源説に訂正あり

    一週間前に撮った、おなじみ木彫りのフクロウ、ヴェーラのいる、住宅街の中の小さな自然保護林です。イースター時期を代表する黄色いラッパスイセンdaffodilが草地を覆いつくすこの場所に異変が起きているようです。数年前までは4分の1ぐらいの数だった白いスイセンが明らかに領域を広げているもよう!白、黄の割合は今のところ半々ぐらいでしょうか。金曜日、グッド・フライデーに通りかかった時に撮ったヴェーラです。頭の上に何かのせられています。ちょっと遠くて肉眼では識別できません。スマートフォンの望遠レンズ機能を使ってズームインしてみました。蛍光カラーの卵がころころぶら下がった麦わら帽子をかぶされています。帽子の上には大きさが同じの(たぶん)ウサギとヒヨコのモコモコした飾りが載っています。イースターらしい可愛らし~い演出ですが....スイセンの咲き乱れる自然保護林でマヌケなイースター飾りを施され幸せそうに今日も立っているフクロウのヴェーラ、イースター起源説に訂正あり

  • 今日は何の日?;グッド・フライデー、写真は無関係な2種類の花が咲くナゾの樹木、とにかくきれい

    今日は英国の祝日bankholiday、グッド・フライデーGoodFridayです。金曜日、土曜日(何の日でもない、ただの週末の土曜日です)日曜日(イースター・サンデーEasterSunday)、そして月曜日(イースター・バンクホリデー・マンデイEasterbankHolidayMonday)と、4連休の週末の始まりの日です。グッド・フライデーを日本風に「祝」日とよぶのは不謹慎かもしれません。キリスト教徒にとってはキリストが十字架にかけられて処刑されたまがまがしい日ということになっているのですから。それをなぜ、グッド(良い)・フライデーとよぶのか...と思う人は英国にもたくさんいるようです。「God(神の)FridayがなまってGoodになった」というわかりやすい説明が特に子供たち用に好まれているようです。正し...今日は何の日?;グッド・フライデー、写真は無関係な2種類の花が咲くナゾの樹木、とにかくきれい

  • 簡単、インスタントの調味剤ミックスで作る、英国人好みの中華で4月に祝う旧正月!英国人のご飯の食べ方考

    英国で一番よく知られた中華料理と言えば...たぶん「酢鶏sweet&sourchiken」だと思います。はじめて作ってみました。日本では町のラーメン店や高級中華料理店でも食べられる「酢豚sweet&sourpork」ほど一般的ではありませんよね。同じ甘酸っぱい(sweet&sour)とろみの付いたソースで煮込んだ鶏肉版「酢鶏」のほうが人気があるように思います。...ききなれないのでもうスイート&サワー・チキンと英語で呼びます。粉末の調味料が袋に入ったインスタントミックスを買いました。今年は2月1日だった旧正月ChineseNewYearの翌週、スーパーマーケットで半額になっていたので買ってしまいこんで、実は2か月ぐらい忘れていました。英国人はべつに旧正月を祝う習慣がありません。でも、中国系の移民文化に敬意を払っ...簡単、インスタントの調味剤ミックスで作る、英国人好みの中華で4月に祝う旧正月!英国人のご飯の食べ方考

  • 住宅街の真ん中で邂逅、足が速いのが驚きの野趣あふれる立派な姿のキジのオス!

    夕方、牛乳を買うために近所のコンビニエンスストアに行きました。家と家のすき間から、裏庭の小さめの木にぎっしりと花をつけた満開のきれいなサクラが見え足をとめました。ふと地面に目をとめると...あら~キジ!!私に気がついて奥のほうへとっとこ逃げ込みました。ごらんのように袋小路で行き場なし。すき間から出てきて何軒もの前庭をおどろくほどの速足で駆け抜けて(歩幅がひろい!)...一軒の家のあまり広くない前庭で立ち往生、ぐるぐると芝生の上やドライブ(駐車スペース)を落ち着きなく駆け回り、よその家の敷地内に入ってこないようにしている私からできるだけ距離をとろうとしています。近くで写真が撮りたかったし、本当にケンケン鳴くのかも知りたかったのですが、警戒心が強すぎます。ぜんぜんそばに来てくれません。私が一歩よれば一歩引くといった...住宅街の真ん中で邂逅、足が速いのが驚きの野趣あふれる立派な姿のキジのオス!

  • まれに見る肥満体、それでもかわいい、昔ながらの商店街の昔からあるペットショップで客に愛想を振り向くまねきネコ!

    ちょっと足をのばしてみた、エッジリーEdgelyの商店街のペットショップに立ち寄りました。雑然とした店内にはペットショップ特有の異臭がしていました。乾燥した動物性のイヌ用のガム(ブタやウシの耳、ひづめの付いた脚、腸その他おぞましい動物の屠体の部分!)やイヌネコ用のビスケットなどが大量においてあるからです。私は園芸用品を買いに来たのです。目立たない場所にべったりうつぶせに寝るまねきネコを見つけました。ローラ、12歳だそうです。あまりの肥満度に驚愕しました。付しろ脚の「膝」をまげていると後ろ脚をすっかり隠してしまう、非常に大きなプライモーディアル・ポーチ!念願の、よそのネコのプライモーディアル・ポーチに手を触れる機会がついにやってきました。撫でてもちっとも嫌がらない模範的な客引きネコです!さわってもよさそう、と判断...まれに見る肥満体、それでもかわいい、昔ながらの商店街の昔からあるペットショップで客に愛想を振り向くまねきネコ!

  • 簡単!英国家庭の定番カレーソース、話がそれてジェンダーステレオタイプ論

    前回まで、サカナの話ばっかりで、ちょっと飽き飽きしたところなのですが...英国で最も多く消費されているサカナ、コッドcod(タラの一種)を調理しました。賞味期限当日の午後に半額近くで売られていたコッドのフィレット(切り身)を買って帰ってすぐに冷凍しました。もとの値段の2切れ3ポンド90ペンス(635円)はけっこう高いですね。コッドのフィレットは、軽く小麦粉をはたいて熱くしたフライパンに溶かしたバターでジュっと焼くものすごく簡単なサカナ料理にぴったりです。刻んだパセリを散らしてレモンを添えればちょっとしたごちそうに見えます。半額落ちで冷凍2週間の落ちぶれコッドの末路は「カレーの具」、ちょっともったいないですが。「FAVORITEVWCAMPERRECIPESキャンピングカーの定番料理」というお土産レシピ本の、「C...簡単!英国家庭の定番カレーソース、話がそれてジェンダーステレオタイプ論

  • 日本人でも知らないサカナがいっぱい?!マンチェスターのフィッシュ・マーケットは(死んだサカナの)水族館!その3(最終回)

    マンチェスターのフィッシュ・マーケット正しくは、(規模の大きなサカナ売り場のある)マンチェスター(のショッピングセンター、)アーンデール・センター(の中の)マーケットManchesterArndaleMarket、昨日の続きです。(これで最後です)砕いた氷を敷き詰めた金属のカウンターに並んだたくさんの魚介類のごく一部、写真に撮ってきたものだけを3回にわたって紹介してきました。さて、海鮮小物です。奥の左から右へ1列目;piemixパイミックス(前回のストックポート日報参照)、(札がなく、遠くて写真からは判別できない細長いサカナ、アンチョビでは?)、(おそらく中華風ピリ辛味の味付けエビ?)、(同じくピリ辛でなかったら甘辛の味付けエビ?)2列目;(同じく味付けエビ)、garlicprawnニンニク味のタレに浸した(中...日本人でも知らないサカナがいっぱい?!マンチェスターのフィッシュ・マーケットは(死んだサカナの)水族館!その3(最終回)

  • 日本人でも知らないサカナがいっぱい?!マンチェスターのフィッシュ・マーケットは(死んだサカナの)水族館!その2

    マンチェスターのフィッシュ・マーケット正しくは、(規模の大きなサカナ売り場のある)マンチェスター(のショッピングセンター、)アーンデール・センター(の中の)マーケットManchesterArndaleMarket、昨日の続きです。昨日の続きです...えーっとどこまで行ったかな。日本人でも知らないサカナがいっぱい?!マンチェスターのフィッシュ・マーケットは(死んだサカナの)水族館!その1そうそう、昨日載せた写真をもう一度。☝怖い顔をした大きくて長いcongereelアナゴとそれをブツブツと輪切りにした切り身まででした。時計回りに続きます;右隣、ネットに入ったmusselsムール貝、奥に丸ごとsalmonシャケとその切り身、ネットに入ったoystersカキ、金属トレイの中には磯部に生えるsanphiregrassサ...日本人でも知らないサカナがいっぱい?!マンチェスターのフィッシュ・マーケットは(死んだサカナの)水族館!その2

  • 日本人でも知らないサカナがいっぱい?!マンチェスターのフィッシュ・マーケットは(死んだサカナの)水族館!その1

    マンチェスターの、種類が豊富なフィッシュ・マーケットManchesterArndaleMarketの話題、前回の続きです。前回の記事をもう一度読んでくださいね。マンチェスターの隠れた名所、とっても便利な町の中心にある、それでも用がなければ素通りのフィッシュ・マーケット撮った写真を拡大して、サカナの名称を一つ一つ確認しました。聞いたことのない英単語のオンパレードです。根気よく調べました。英語で検索したWikipediaで、日本語の項へ飛んで、日本で消費されている一番近そうなサカナの和名を見つけました。いずれも、日本人が見なれているサカナと同じものはほとんどないと思います。以下、和名の後に「~の一種/みたいなモノ」をつけて参照してください。まず、一番上の写真です。左から;seabassシーバス(ハタ)、gurnar...日本人でも知らないサカナがいっぱい?!マンチェスターのフィッシュ・マーケットは(死んだサカナの)水族館!その1

  • マンチェスターの隠れた名所、とっても便利な町の中心にある、それでも用がなければ素通りのフィッシュ・マーケット

    たびたびストックポート日報でも取り上げる、英国での海産物消費事情ですが...はっきり言って、あまり芳しくありません。四方を海に囲まれた海洋国の英国で食べられる魚の種類がけっこう限られていることに驚かれる方が多いと思います。ところが...マンチェスターのタウンセンターにはちょっとした規模のフィッシュ・マーケットがあるのです。マンチェスター・フィッシュ・マーケットManchesterFishMarket肉やチーズの専門カウンターもまわりにある、どこの町にもたいていある、曜日決めで開かれるインドア・マーケットのようなスペースですが、とにかくサカナをはじめ、海鮮食材の種類の多さと床面積の広さでは群を抜いています。毎日営業しています。英国で消費されているサカナの人気トップ5、を調べてみました。codタラ、haddockコ...マンチェスターの隠れた名所、とっても便利な町の中心にある、それでも用がなければ素通りのフィッシュ・マーケット

  • 信用できないこの時期の天気!初夏の気候になったと思ったら突然の真冬日!

    週末は晴天で気温が20℃を超え、まるで初夏のような暖かさでした。チューリップと、日中陽光で温まった腐りかけのデッキング(木製テラス)でぬくぬくくつろぐネコのリヴィーとチューリップの写真を撮りました。週が明けて以来天気は下り坂...昨日は日中気温が3℃から7℃という真冬の気候に逆戻りです。雨まで降って、踏んだり蹴ったりの気分です。信用できないこの時期の天気!初夏の気候になったと思ったら突然の真冬日!

  • よく見るおかしな見かけの混血犬、愛嬌のあるのはやっぱりパグまじり

    おかしな見かけのイヌについつい目をとめてしまいます。そして、確定してはいないのですがおかしな見かけの「雑種」イヌの飼い主はどちらかというと...(繰り返しますが、確定はしていません。頻度から言えば)中流階級っぽい知的な人柄である確率がたしかに高いようなのです。「雑種」イヌのほとんどはイヌの飼い主を探すドッグ・レスキューセンターやアダプション・センターから斡旋されて引き取られた「レスキュー・ドッグ」です。レスキュー・ドッグを選んで飼う人は「純血」にこだわらず、不遇なイヌを引き取って動物愛護に貢献したいという意識を持った社会意識も高いように思えます。そうそう、住宅街の中の商店街にあるパブの外席でビールを飲んでいた男性2人組の連れていたこの「雑種」イヌの見かけのヘンさはタダゴトではありません。私がそばによると親し気に...よく見るおかしな見かけの混血犬、愛嬌のあるのはやっぱりパグまじり

  • 日本人にはおなじみのタラコ、それなりの食べ方があるらしい英国では好悪のわかれる珍味!

    スーパーマーケットで、タラコcodroeの缶づめを見つけて買ってきました。200gで3ポンドちょっと、は缶づめにしてはかなり高価です。490円ぐらいですね。(夫に内緒です)圧縮したpressed文字通りcod(タラの一種)の卵はコッド・ロウ・ケーキcodroecakeとも呼ばれていて、なかなかの珍味です。底に貼り付いている小さなカギに缶表面の出っ張りをひっかけてクルクルまいてパッカンと開いた缶からでてきた...つるんとピンクのタラコ65%(その他、スターチ、植物油、塩などが混ざっています)のケーキ!1か月ほど前に、用事があって行ったマンチェスターのタウンセンターにある、知る人ぞ知る名物のフィッシュ・マーケットで実は本物の生のタラコを1本買って、タラコご飯とタラコのおにぎりを作ってひとりで食べたのです。夫は鳥肌が...日本人にはおなじみのタラコ、それなりの食べ方があるらしい英国では好悪のわかれる珍味!

  • ネコの母子の情愛溢れる、母の日の光景!本当にそうか!?

    おなじみの、去年の夏の終わりに収穫したリンゴを並べて入れておくためにおいた四角いカゴと...母ネコ、リヴィア(通称リヴィー)です。リンゴを食べ終わって以来、約半年間息子ネコ、タイベリウス(通称ティブ)のお気に入りの寝場所でした。それがここ数週間、リヴィーが正方形にぴったりおさまる正円形のポーズでぬくぬく眠る快感を知ったのか息子のお気に入りの場所を侵略してしまった次第はすでにストックポート日報でお伝えしました。現在、四角い寝床は親子の紛争の的になっています。どちらかというと、外に出歩いていることが多い息子の留守中に母が居座ってそのまま動かないパターンが多いようですね。昨日は英国の「母の日MotheringSunday」、親孝行の息子ネコ、ティブは終日母親に四角い寝床で丸く眠る権利を譲り渡していました。母の日の贈り...ネコの母子の情愛溢れる、母の日の光景!本当にそうか!?

  • 今日は何の日;母の日、そしてサマー・タイム開始の日(日付が変わるとともに1時間どこかに消失)

    春の花の話題、ふたたび。木彫りのフクロウ、ヴェーラのいる空き地のスイセンが今、花盛りです。ただでさえ不気味なヴェーラの表情が逆光で黒く潰れて見えなくなっています。レント・リリーLentlilyの別名がある黄色いスイセンdaffodilは、イースターの象徴の花です。イースターEaster(今年は4月17日です)までの40日間、(まさに今!)はレントというキリスト教の節制期間なのですが、実行している人はまわりにいませんね。私も含めた信仰のない人たちにとって、イースターはキリストの復活の日(復活祭)、というより春の始まりを祝う日、なのです。ヒヨコや卵、ウサギなどのかわいらし~いイメージが象徴するのは、「新生」。春は繁殖力がやたらに高いウサギが交尾をする季節でもありますから。そして今日は、レントの4週目の日曜日、母の日...今日は何の日;母の日、そしてサマー・タイム開始の日(日付が変わるとともに1時間どこかに消失)

  • 花尽くし、住宅の前庭で道路の脇で今花盛りの木に咲くサクラのようなピンクの花とその他の花

    もうすっかり初夏の気候です。昨日の気温は日中19℃前後、半袖、ショーツ(半ズボン)姿の人がいっぱいでした。イースターもまだなのに!!日本のサクラはまだ開花前ですよね、こちらでは2月末から花開いている先発隊が盛りを過ぎて葉をつけ始めた今、たぶん違う種類の後発隊の開花真っ盛りです。えっと...(まだ言っている)これ、サクラじゃありませんよね、似てるけど。とにかくやさしいピンクの花をつける立木です。この木の下に立つと耳鳴りでもしているかのようなウィィィィィィン...という音が四方八方から聞こえてきました。花の花粉を集めるハチが無数に飛び回っている羽音でした。英語ではbzzzzzzzzzというようですが私の耳には「ウ」で始まる振動音にしか聞こえません。脇腹からもカワイイ花が顔を出しています。以下、サクラもどきも含めて昨...花尽くし、住宅の前庭で道路の脇で今花盛りの木に咲くサクラのようなピンクの花とその他の花

  • 行方不明のナマケモノを探すポスターに潜む親心、たかがぬいぐるみと思うなかれ

    街灯の柱に貼られたA4サイズの自家製ポスターをちらっと目にして行き過ぎたあと...引き返してもう一度見なおしました。よくある「行方不明のネコLostCat、見かけたらご一報ください」ポスターではなく、行方不明なのはナマケモノのぬいぐるみLostSlothTeddyのようでした。私はナマケモノが大好きです。このぬいぐるみのナマケモノの顔は写実的でかなり私の好みです。「...とても気落ちしている小さい子がいます。/見つけたら以下の番号の番号に電話してください」と書かれています。(電話番号は私が写真に細工して読めなくしました)ひどく気落ちしている子供とそれをなだめる両親は気の毒ですが、思わずクスっと笑ってしまいました。よく見たらそのエリアの街灯1本おきぐらいに貼られています。「行方不明ナマケモノ」ポスターを作って貼り...行方不明のナマケモノを探すポスターに潜む親心、たかがぬいぐるみと思うなかれ

  • たまってきたイヌの記事を振り返ってみた;イヌにも流行り廃れがある最近の英国の人気犬種の傾向

    また、イヌです。商店街の駐車場そばの歩道にリードもなく寝そべっていたこのイヌの、離れたベンチでおしゃべりをしていた飼い主が...「おとなしいからさわってもだいじょうぶだよ...写真撮るなら1ポーズ5ポンド!ポーズを替えたら10ポンドね!...あなただったらタダでもいいよ」などと声をかけてきました。(高齢の男性でした)場所を移動して、またベタっと伏せて撫でられるがままのおとなしいイヌです。飼い主はボーダー・コリーBorderCollieだと言っていましたが、毛色以外ぜんぜん違う!第一、ボーダー・コリーはこんなに耳がピンピン立っていないはず。今回は、話題に上がった犬種についてのストックポート日報の記事のリンクを次々と貼ってみました。難民支援の活動に参加していた元気いっぱいのボーダーコリー、遠くに投げられたぬいぐるみ...たまってきたイヌの記事を振り返ってみた;イヌにも流行り廃れがある最近の英国の人気犬種の傾向

  • イヌと飼い主の相性のステレオタイプを壊す、おそらくはレスキュー・ドッグの幸せな生活

    近所の商店街の、コンビニエンスストアで買い物をする飼い主をじっと待つ賢いイヌを見かけました。(写真数枚を撮った後ですが、コンビニエンスストアから出てきた飼い主に写真を撮る許可をもらいました)スタッフォードシャー・ブルテリア(通称スタッフィー)のターイです。スタッフォードシャー・ブルテリアをはじめ、もともと闘犬系の悲しい顔をしたイヌの飼い主はなぜか労働者階級風...とステレオタイプな偏見に満ちたことを何回も書いたのですが、このターイの飼い主は全く違うタイプでした。プッシュチェアーに赤ちゃんをのせた、知的なイメージの若い女性でした。飼えなくなったイヌの貰い手を探す公的機関、ドッグ・レスキューセンター(アダプション・センターとも言います)ですすめられて飼い始めたのではないかと想像がつきました。レスキュー・センターから...イヌと飼い主の相性のステレオタイプを壊す、おそらくはレスキュー・ドッグの幸せな生活

  • 大した用事もないのに晴天のマンチェスターに行ってきた、話題は英国の防寒着考

    昨日は晴天で初夏のような天気でした。日中最高気温は17℃だったそうです。一日使えるバスのチケットを買ったのでせっかくだから遠出して、マンチェスターにフラっと行ってみました。マンチェスターの中央図書館に行ってコーヒーを飲んで2時間ほど座って過ごしました!明るい青空に映えるマンチェスターの風景をいくつか写真に撮りました。マンチェスターはパンデミック発生以前は買い物や美術館詣で、素描の会に参加したり、また人と会ったり、そうだ、仕事もしていましたししょっちゅう行っていた身近な場所だったはずなのです。バスで40分ほどかかります。ストックポートのタウンセンターまで行くために15分バスに乗るのと料金は同じ、1日乗り放題バス券をもっと利用して、頻繁に行ってもいいはずです。パンデミックは、もう終わって...はいませんが。実は2日...大した用事もないのに晴天のマンチェスターに行ってきた、話題は英国の防寒着考

  • あんがい「こだわり」はないのかもしれない、ネコそれぞれのお気に入りの寝場所

    昨日、うちの母子ネコの寝場所に異変が起こりました。朝深夜去年の夏の終わりに収穫した庭のリンゴを入れるために設置した正方形のカゴはずっと息子ネコ、ティブのお気に入りの寝場所だったのです。今朝から、母ネコリヴィーが乗っ取り占領しています。話し合い、譲り合いの取り決めがあったのか、それとも諍いののちリヴィーが勝ち取った寝場所なのか...不明です。単に早い者勝ち?あんがいネコたちにはこだわりはなく、ティブも、台所にあるやわらかいソファーでのびのびと寝るのに満足なのかもしれません。土曜日の夜に撮った、カゴで寝るティブの最後の写真です。シマシマのシッポが前脚にくるんとひと巻きして、ステキなフワフワのブレスレットになっていました。あんがい「こだわり」はないのかもしれない、ネコそれぞれのお気に入りの寝場所

  • 近所で見かけた、ややこしい毛色のネコと話とんでウクライナ避難民の受け入れ考

    うちのすぐそばで見かけたネコです。いつも前をあるいて通るこの家にこんなネコがいたなんて知りませんでした。3色混合、こういう毛色のネコを日本では「サビネコ」って言いますよね。英語ではトータスシェルtortoiseshel(べっこう)と言います。えー、でもこれ、シマシマがはっきりしている(とくに脚やシッポのあたりの)し、白い部分も多いし、「サビ」ではなくて...単に三色のトラネコではないでしょうか。ぜんぜん「べっこう」にも見えません。英語では...tri-colouredtabby?無防備にごろんちょと横になってお腹をさわらせてくれました。名前が分らないのでかってに「カメさん」とよぶことにしました。(べっこうではないけれど)うちの息子ネコ、ティブです。うっすらと黒いトラ模様が見え隠れする濃いグレーと白のネコの毛色を...近所で見かけた、ややこしい毛色のネコと話とんでウクライナ避難民の受け入れ考

  • 老犬パグの情報源である金属が劣化したゴミ箱と外国文化に興味がある知的アッピールの人のいい飼い主との短い交流

    あ、パグ。近所の商店街で見かけた、パグのオスカーです。一時大人気だった、悲し気な顔に愛嬌があるパグを近頃あまり見ない気がします。たまに見かけるのは10年近く前のブームの時に飼い始められたお年寄りイヌが多いように思います。私が声をかけたら、私と同年配の飼い主の女性はとても嬉しそうでした。通りがかりの人からの自分の飼い犬への関心がうれしいだけでなく、その通りがかりの人(私)が「中国人」らしく見えたこともとても喜ばれたみたいでした。「パグは中国のイヌだけど中国本土で今も多くの人に飼われているのか」と質問してきました。「私は中国人ではなく、日本人なので知らない」とにこやかに言ったら「あら、ごめんなさい...」以下、中国人と日本人を混同している英国人はとても多く恥ずべきことだと思っている、日本と中国は全く違う国で、歴史も...老犬パグの情報源である金属が劣化したゴミ箱と外国文化に興味がある知的アッピールの人のいい飼い主との短い交流

  • 酔っ払いと学生たちのチャレンジ精神を掻き立てる、トラフィックコーンをあらざる場所に置き去りにする定番のイタズラ行為

    ストックポート日報に、忘れた頃に時々登場する「思わぬ場所へと空間移動するトラフィック・コーンtrafficcones」。背景は国道A6沿いの、集会ホール、ストックポート・メイゾニック・ギルドホールStockportMesonicGuildhall。バス・シェルター(バス停の屋根)に載っているトラフィック・コーンはあまり珍しくありません。酔っ払いや学生によるトラフィック・コーンをあらざる場所に(たいていなかなか手が届かないところ)移動するイタズラの定番のようです。並行してよく見かけるのが銅像の頭にかぶせるパターン。あら、このおじさん、天気のよい昼間っからバス停でワインのボトルを抱えて赤い顔をしていますね。写真を見て気がつきました。続いて、閑静な高級住宅街の中の落ち着いた商店街、ブラモール・ヴィレッジBrmhall...酔っ払いと学生たちのチャレンジ精神を掻き立てる、トラフィックコーンをあらざる場所に置き去りにする定番のイタズラ行為

  • 欧州で実際に起きている市街戦!大国の侵略野望に果敢に抵抗するウクライナ支援を表明するストックポートの市庁舎、ウクライナとマンチェスターの意外なかかわり。

    国道A6沿いのストックポート市庁舎StockportTownHall(旧館)。強い風にあおられて旗竿にはためくのは...ロシア軍のウクライナ侵略への抵抗と団結のシンボルとしてすっかりおなじみになったウクライナ国旗です。通常は、これよりずうっと大きくて、風がやむと旗竿の半分ぐらいまで垂れ下がる連合国旗、ユニオン・フラッグUnionFlagが上がっています。(ちなみに...英国外でよく使われる呼称、ユニオン・ジャックUnionJackは海軍由来の俗語だとか、船舶に使われる国旗以外には使われないそうです)このウクライナ国旗、ずいぶん小さいですね。何だかパーティや運動会の飾りつけ専門店かなんかで買ってきたんじゃないかと思うようなちゃちな旗なのですが、市を挙げてウクライナの国民を支持する心意気は十分伝わっています!意外と...欧州で実際に起きている市街戦!大国の侵略野望に果敢に抵抗するウクライナ支援を表明するストックポートの市庁舎、ウクライナとマンチェスターの意外なかかわり。

  • 欧州で戦争が続行中、もう話題にも上がらない英国のコロナ!どこにも消えていない、それでも吹き飛ぶ緊張感

    ひさしぶりに、新型コロナウィルスの話題です。写真は、クロッカスが咲きそろう、おなじみ不気味な木彫りのフクロウ、ヴェーラのいる住宅街の中の自然保護林です。毎年、毎年この時期になると繰り返し撮って載せているおなじみのテーマです。クロッカスの密度が年々上がってきているように思えます。風雪にさらされたヴェーラの木肌に風合いが出て不気味度もいや増しているように思います。さて、本題の新型コロナウィルス。英国ではパンデミックはすっかり終わったかのような状況なのは以前にお伝えしたとおりです。ロシアのウクライナ侵攻以来のここ2週間はさらに(!)ニュースと言えばウクライナ、ウクライナ、天気予報とまたウクライナ!ウクライナ情勢以外のニュースはすっかり影を潜めています。新型コロナ・ウィルスはじめその他の重大事項も含めたありとあらゆる情...欧州で戦争が続行中、もう話題にも上がらない英国のコロナ!どこにも消えていない、それでも吹き飛ぶ緊張感

  • 開花が早い!英国のサクラ、いえ、たぶんサクラではなさそうなそれでも美しいピンクの花が今さかり

    2月の半ば頃から咲き始めている「サクラ(?)」の花。ちょうど今ごろ、花盛りです。そろそろ、赤紫色の小さな葉がつき始めた、ちょっぴり盛りすぎも混在です。さて、例の...私の家のある短い通りを出てすぐの場所にある、2月22日、ストーム・フランクリンという名前の暴風で半倒壊した「サクラ(?)」の木です。その時の記事のリンクです☟じじ臭い名前の暴風3兄弟一過、かろうじて倒壊はまぬがれたサクラの木写真を撮って、その翌日の記事にしたこの木はその日のうちに伐られちゃいました。いたましや。たしかに暴風もう一吹きで、あるいはちょっとした何かの衝撃でドッスンと倒壊しかねませんものね、転ばぬ先の杖、危険対策のさすが行動が早い市の仕事でしょう。反対側の角には住宅の前庭に植えられたサクラ(と、いうことにしておきます)が開花していました。...開花が早い!英国のサクラ、いえ、たぶんサクラではなさそうなそれでも美しいピンクの花が今さかり

  • またいた、イングリッシュ・ブルドッグ、ストックポートのみの現象か、近頃確実に増えているかつてはたしかに珍しかった英国の代表犬種

    ストックポートのタウンセンターで、またまた見かけたイングリッシュ・ブルドッグ!(一週間以上前の写真です)たしかに以前、何回も「イングリッシュ・ブルドッグを見かけることはめったにない」と書きました。私の大好きな、イングリッシュ・ブルドッグ、名前の通り英国を代表する犬種です。ガニガニした脚、ダルダルしたほっぺたのみならず全身の皮膚!たまりません。ここ最近までめったに見ることがなかったのは事実です。それがたぶん、パンデミックが始まってからでしょうか、あちこちにいるいる!この後にも、クルマを運転していた時に2回、歩道を歩いているイングリッシュ・ブルドッグを見かけたのです。今まではみかけるたびに大喜びで写真を撮って大張り切りでストックポート日報に載せていた私です。もうそんなに珍しくないということが分りました!それにしても...またいた、イングリッシュ・ブルドッグ、ストックポートのみの現象か、近頃確実に増えているかつてはたしかに珍しかった英国の代表犬種

  • 工事中のマージー・スクエアの近辺の、久々のストックポート観光案内...

    前回記事の、ほっぺたダルダルイヌ2匹を見かけたマージ―・スクエアMerseySquareの...半分が大規模な工事中です。上の写真の黄色い仮囲いの内側から橋(ウェリントン・ブリッジWeringtonBridge)の丸いアーチをくぐった向こう側までのストックポート・バスターミナルをピッカピカに作りかえる予定なのです。グレーター・マンチェスター内やその周辺州を行き来するたくさんのバス路線の終点、起点になっている大きな規模のバスターミナルです。ウェリントン・ブリッジの上から見下ろした、工事中部分のマージー・スクエアです。ウェリントン・ブリッジの上を走るのは、国道A6です。国道A6はロンドンと、ストックポート、マンチェスターを経てスコットランド国境の町、カーライルを結ぶ古代ローマ人が基礎を築いたという長大なイングランド...工事中のマージー・スクエアの近辺の、久々のストックポート観光案内...

  • ほっぺたダルダルイヌのダブルショット、語らいのジャマをしてしまったかもしれない飼い主と仲間とのあまりフレンドリーではなかった一瞬の交流

    ストックポートのタウンセンター、ふたたびです。タウンセンターのそのまた中心に位置するマージー・スクエアMerseySquareに集結した一団の男女と不穏な顔つきのイヌ2匹。写真を撮っていいかと聞いたら快く承諾してくれましたが、なんだかイヌについていろいろ聞ける雰囲気の集まりではなかったのです。それまではおしゃべりがはずんでいたこの人たちは私の参入で無言になりました。私が写真をそそくさととっている間、むっつり黙る決して若くない大人の集団とじーっとおとなしいイヌ2匹。私の大好きな物憂げな顔をしてほっぺたがダルダルした闘犬系のイヌが2匹いっしょです!ボクサー・ドッグboxerdog(左、純血ではなさそうです)と、現在大人気のフレンチ・ブルドッグFrenchbuldog(右)。実はこの2匹の組み合わせ、以前たしかに目撃...ほっぺたダルダルイヌのダブルショット、語らいのジャマをしてしまったかもしれない飼い主と仲間とのあまりフレンドリーではなかった一瞬の交流

  • 2月の終わりの平日の午後、通りがかった市庁舎で挙式をあげる花嫁さんを目撃、お幸せに!

    ストックポートタウンセンターのはずれにある白亜の市庁舎StockportTownHall(旧館)の周りの斜面のクロッカスの写真を撮るためにそばに寄ったら...市庁舎内の結婚登記所で結婚式を挙げる花嫁さんがクルマから下りたところに行き会わせました。宗教色抜きの合理的で簡素な結婚式ができるのが登記所結婚式registryofficeweddingです。費用を調べてみたら現在、基本が57ポンド(8801円)でした。私たちもここで18年前に式を挙げました。参列者はうちの子供2人と証人の2人だけ、の本当に簡単な式でした。私の式服は夫に買ってもらった黒の膝丈のワンピースでした(お葬式やパーティに重宝しています)。英国では、新婦の婚礼衣装を新郎が式前に見るのはすごーく縁起が悪いこととされていますが、私たちは縁起かつぎやしきた...2月の終わりの平日の午後、通りがかった市庁舎で挙式をあげる花嫁さんを目撃、お幸せに!

  • 世界の歴史の1ページを書き換える大事件、ロシアのウクライナ侵攻に際して思い浮かんだ思い出の食べ物といえば...

    先週2月24日、朝起きてテレビのニュースをつけて、唖然としました。まさかのロシアによるウクライナ侵略が夜半のうちに始まっていたのです。前日のストックポート日報に「ウクライナ/ロシアをめぐる緊張もあり、『今すぐ辞任だ』という事態にはなりにくいと思われます」なんて書いたその翌日です。当然、ロックダウン期間中に重大な規則違反を重ね、バレたとみればしらじらしい言い訳やウソを並べて辞任を迫られていたボリス(嘘つきジョンソン首相)への追及はすっかり宙に飛んでしまいました。ここヨーロッパが戦争に巻き込まれる可能性もある一大事です。政情の安定しない非民主国家でしょっちゅうおこっている、正規の軍隊ではない武装した集団が暴力で主張をとおすようなレベルの扮装とはわけが違います。EU加盟国でヨーロッパの民主国家であるウクライナに、西欧...世界の歴史の1ページを書き換える大事件、ロシアのウクライナ侵攻に際して思い浮かんだ思い出の食べ物といえば...

  •  クラフトの力!社会正義を訴える緑のハートの集まりと、たぶん何も訴えていいないかわいく無秩序な小空間。

    国道A6沿いの業務用ペンキ店の駐車場の花壇で見かけた...毛糸で編まれた緑のハートの数々。手縫いの布製も混ざっています。おなじみの、不気味な木彫りのフクロウのヴェーラがいる極小自然保護林の囲いにも...手作りの緑のハートが等間隔で下がっていました。お手製のポプリみたいなこの手芸プロジェクト、何なんだろう。ハート型の葉を三つくっつけた緑のシャムロック(カタバミ)がシンボルのセイント・パトリックス・ディ(3月17日です)とは関係ないか...聖パトリックはアイルランドの守護聖人です。あら、よく見たら説明書きがありました。地球温暖化をストップさせるのを目的に、連合王国すべてのエリアにまたがって活動している環境保護団体のキャンペーンのようです!クロッカスが咲きそろってきました。すぐそばの小さな商店街の郵便ポストには......クラフトの力!社会正義を訴える緑のハートの集まりと、たぶん何も訴えていいないかわいく無秩序な小空間。

  • 暴風が吹き荒れた後も可憐に咲くクロッカスとパンデミックが終わったことにしたいらしいボリスの画策...社会が正常に戻りつつある?

    ダドリー、ユーニス、フランクリンという、おじいさんっぽい名前の暴風3兄弟が吹き荒れた後の晴れ間に近所を散歩した時の写真です。3連続の暴風の結果の落ちたり折れてぶら下がっていたりした木の枝をたくさん見かけました。それにもかかわらず、クロッカスのつぼみは満開寸前、元気に春の訪れが近いことを注げています。近所の生きた「クリスマスツリー」の大木が生えている空き地、おなじみの不気味な木彫りのフクロウ、ヴェーラのいる極小自然保護林(盛りを過ぎたスノードロップと共生)それに「ウェディングケーキ」の愛称で親しまれている白亜のストックポート市庁舎StockportTownHall斜面のクロッカスです。コロナウィルスのパンデミックそのものはいよいよ英国では終焉か(いやそんなことはないはず)...という話題です。ここイングランドでは...暴風が吹き荒れた後も可憐に咲くクロッカスとパンデミックが終わったことにしたいらしいボリスの画策...社会が正常に戻りつつある?

  • 暴風の合間の晴れ間に見た明るい空の彗星?いやいやまさか

    日暮れ前の5時半ごろ、(日がどんどん長くなっているこの頃です)空をふと見ると、彗星!...だと一瞬思いました。そんなわけありません。けっこう長いことかかって明るい空に放射状に落ちていきました。左側には上昇する「彗星」が!(写真には撮れませんでした)そんなものあるわけがありません。天候によってごくたーまに見られる短い同じ長さを保つ飛行機雲でした。ここストックポートはマンチェスター国際空港に近いために、上空を飛ぶ飛行機がよく見えます。タウンセンターでは機体をはっきり目にすることができますが、うちの近所ではなぜか同じ方角に下降する機体が小さく見えることが多いのです。上昇(離陸後)する機体と飛行機雲はこのあたりでは本当にめったに見られません。暴風の合間の晴れ間に見た明るい空の彗星?いやいやまさか

  • じじ臭い名前の暴風3兄弟一過、かろうじて倒壊はまぬがれたサクラの木。

    ストーム・ダドリーStormDudley、ストーム・ユーニスStormEuniceに次いで、今度はストーム・フランクリンStormFranklinという(いずれもおじいさんっぽい古くさい)名前の暴風がふき荒れました。昨日、月曜日の明け方ごろ、窓の外でゴーゴー風が吹き、窓ガラスがビシビシたてる音で目が覚めました。そのまままた寝入ってしまったのですが、起きた時には雨がしとしと降っていましたが風はだいぶおさまっていましたがそれでも静かに吹き続いていました。朝のニュースでは、冠水した農地や川が氾濫してぷかぷか浮いているクルマが映りました。各地で電車が止まったり倒壊した樹木で道路がふさがれ交通遮断になったり混乱が見られるようでしたが、うちの近所では特に大きな影響はなさそうな...と思っていました。風と雨がおさまった午後早...じじ臭い名前の暴風3兄弟一過、かろうじて倒壊はまぬがれたサクラの木。

  • 箱入り娘とカゴ入り(孫)息子、正しいネコの習性をつにわが家でも観察できる喜びが二重!

    スーパーマーケットのドッグフード売り場で見つけた空き箱です。ちょうどカラになったばかりのしっかりした段ボール箱が棚に残っていたので、スタッフが潰して片付ける前にもらってきちゃいました。木目のプリントがわざとらしく、どうあがいても木箱には見えないのに商品名やイヌの絵柄、ユニオンフラッグが焼き印を押したようにプリントしてある努力が涙ぐましく...気に入りました。MEATIFULというドッグフードの肉の含有度が高いのがセールスポイントらしいネーミングがベジタリアンのうちの夫へのちょっとした嫌がらせとして効いています。キッチンドレッサー(食器戸棚)の上においたらさっそくリヴィアがいそいそと中に納まりました。箱に入るネコ!去年17歳で死んだ先住ネコのホレイシオは、箱に入るのが大嫌いでした。ずいぶん前に息子が「いろいろな大...箱入り娘とカゴ入り(孫)息子、正しいネコの習性をつにわが家でも観察できる喜びが二重!

  • またイヌ、それも雨の日のバスの中!憂いを含んだ老犬の身の上にまつわる悲話やいかに?

    まずは、またまたイヌの写真です。ストックポート日報ではすっかりおなじみ、「バスに乗るイヌ」です。近況です。ダドリーの次は「ストーム・ユーニスStormEunice」という暴風が吹き荒れて国中混乱しています。昨晩までに欧州全土で9人がなくなっています。(日本の毎年の台風被害に比べると少ないかもしれません)ボリス・嘘つき不誠実傲慢腐れ根性下劣な品性・ジョンソン首相はまだ辞任していません。欧州で開戦(ロシアのウクライナ侵略)するかもしれないという大ごとのどさくさまぎれに辞任要求をひょいひょいかわして過ごしているようです。冬季オリンピックは全くというほど盛り上がっていません。チーム・GB(連合王国チーム)が獲得したメダルは昨日までで0個...。雪が降らない、スキー場がない(スコットランドに3か所あるそうですが地元の人し...またイヌ、それも雨の日のバスの中!憂いを含んだ老犬の身の上にまつわる悲話やいかに?

  • 暴風が吹き荒れる前のマンチェスターの中華街、旧暦のお正月を祝ったなごりの華やかな赤いちょうちん

    木曜日に行ったマンチェスターの、中華街Chinatownの赤いちょうちん...ことしの2月は(日本でいう)旧暦の(太陰暦の)お正月だったのでした。元日は、新暦の2月1日でした。中国本国でも世界各国の中国人の移民コミュニティでも新暦の(太陽暦の)お正月よりこっちのほうが盛り上がるようですね。英語ではチャイニーズ・ニューイヤーChineseNewYearというぐらいです。今年の干支のトラの飾りでも見られるのでは...と期待したのですが何もありませんでした。もう2週間もたつし、下ろしちゃったのかもしれません。ロンドンの中華街に次ぐ、英国第二の規模を誇る中華街を有するマンチェスターでは旧暦のお正月もイベントとしてけっこう盛り上がります。市庁舎の周りやメインのショッピングセンターなど、中国系移民と何の関係のないエリアも毎...暴風が吹き荒れる前のマンチェスターの中華街、旧暦のお正月を祝ったなごりの華やかな赤いちょうちん

  • またまた見かけたイングリッシュ・ブルドッグ、今ではそれほど珍しくない?どっしりとした体形と憂い顔、イヌ臭さも魅力

    昨日の午前中、高級住宅街の中にある商店街、ブラモル・ヴィレッジBramhallVillageに行きました。今日の話題はイヌ!それも私のこだわりの(再び)イングリッシュ・ブルドッグEnglishbulldog!「ピンボケ」ではなくじっとしていないイヌのブレ写真多数!ご容赦ください。ちなみに、学校でvillageは「村」だと習いましたよね。田舎の集落共同体みたいなイメージがわきませんか。英国では、図書館や診療所などもある、それでも規模の小さい「商店街」のことをさすようです。人と会う用事があって行ったこの商店街でまたまた見かけた正真正銘のイングリッシュ・ブルドッグ、生後10か月のティーンエイジャー、ラルフ。前回記事にした、すらりとした肢体の混血らしい「飼い主曰くイングリッシュ・ブルドッグ」と違いコーヒーテーブルとして...またまた見かけたイングリッシュ・ブルドッグ、今ではそれほど珍しくない?どっしりとした体形と憂い顔、イヌ臭さも魅力

  • ネコの寝場所;狭いところ這い入る、通行のジャマになる場所で踏まれたり蹴り落されたりする危険に身をさらす

    またまた、うちのネコの話題です。椅子の上に布製のバッグ(ずいぶん前に私が作りました)の、口を横にしておいてしばらく席をはずして戻ってきたら...息子ネコのタイベリウスが半分中に入って寝ていました。ずい分努力をして、もぐずり込んだ形跡が見てとれます。努力に報いるために、下側の持ち手をつかんでそっと持ち上げてバッグの底に落とし込んでやりました。あまり喜ばれなかったようです。せっかく寝息を立てて熟睡していたのに起こされて不満そうでした。しばらくしたらバッグから飛び出てしまいました。ソファーに移ってまたすぐに眠りにつきました。起こされてもすぐに寝入ることができるネコ。周りをぐるっと囲まれて安心したいネコ...ネコの特性と言うか心理は神秘としか言いようがありません。ついでに母ネコ、リヴィアの寝姿です。ストックポート日報に...ネコの寝場所;狭いところ這い入る、通行のジャマになる場所で踏まれたり蹴り落されたりする危険に身をさらす

  • 今日は何の日?バレンタインデー!日本とはかなり違う英国のバレンタインデーとその起源

    ♡♡♡HappyValentaine'sDay!♡♡♡今日はバレンタインデーSaintValentine'sDayですね。上の写真は、今日朝食におりてきた時に夫にあげるプレゼントのブレイシーズbraces(ズボン吊り)とあごが落ちそうなぐらい大きなあくびをするティブです。私がボランティアでお手伝いしているチャリティ・ショップのオックスファムOxfamで買ってきました。包む前に写真を撮りました。(一般の人から寄付された不用品を売るチャリティ・ショップについては以前にも何回も書いたのですが、またもう一度改めて新しい視点で記事にするつもりです)箱がちょっと古そうですが、未使用の新品です。サープライズ・プレゼントではありません。以前から、ズボンのウエストに縫い付けたボタンをはめたループでとめるクラシックなブレイシーズが...今日は何の日?バレンタインデー!日本とはかなり違う英国のバレンタインデーとその起源

  • 私の好きな解剖学用語(ネコの)プライモーディアル・ポーチ、さわりたい気持ちをそそる魅惑のディスプレイポーズ

    息子ネコ、ティブ(タイベリウス)のおなかを覆う、腰ミノみたいなフワフワの...プライモーディアル・ポーチprimodialpouch(原始の袋)!「これは膝じゃないの、硬い骨が詰まっているのではないか?」と思われましたか。違います。膝は後ろにあります。右側は膝かもしれません。横に傾斜した座り方のためか、左に寄っているプライモーディアル・ポーチ!ティブのプライモーディアル・ポーチはたぶん他のネコのに比べても、とりわけ立派なはずです。フワフワ毛の生えたダブダブの皮膚に(嫌がるのはわかっているのですが、つい誘惑に負けて)そおっと指を這わせてみたら、やっぱりすごく怒られました。「無礼者!」と言われたと思います。かぎ爪の出た「手」でぶたれました。プライモーディアル・ポーチについて詳しく書いた以前の記事のリンクです☟どうや...私の好きな解剖学用語(ネコの)プライモーディアル・ポーチ、さわりたい気持ちをそそる魅惑のディスプレイポーズ

  • 寒い日の住宅街で見つけた春の兆し、春の訪れの先触れのスノードロップとちょっと先ばしりのこれはサクラ?

    昨日は風が冷たく寒い1日でした。久しぶりの登場です。ストックポート日報の投稿そのものが久しぶりです。今日からは連日投稿を心がけますボリス・嘘つき不誠実傲慢腐れ根性下劣な品性・ジョンソンはまだ首相の座にとどまっています。イングランドではコロナ陽性者の隔離義務まで撤廃されました。それらの話はまた別の機会に...木彫りのフクロウ、ヴェーラのいる、住宅街の中の小さな小さな自然保護区域に春の兆しを見つけました。スノードロップが花盛り。スノードロップは春の花ではなく「冬の終わりの花」なのです。スノードロップの次にお呼びがかかるのは、クロッカスです。この近辺にかたまって自生しているのは白と紫シャンペングラス型のとんがったクロッカスばかりのようです。まだすべて、つぼみ。もうちょっと近くで撮れたらいいのですが、立ち入り禁止の柵の...寒い日の住宅街で見つけた春の兆し、春の訪れの先触れのスノードロップとちょっと先ばしりのこれはサクラ?

  • やっぱり親子!うちの母子ネコの寝姿に似通うものあり、ポーズが同じ!

    うちの母子ネコ、リヴィア(母)とタイベリウス(息子)の同時・同一ポーズ集です。食パン2斤。英語でこのポーズのことをキャット・ローフcatloafと言います。マンネリ気味のストックポート日報です。以前にも同じ内容の記事をのせましたね...一番下にその時のリンクを貼りました。頭部を少し持ち上げた状態の熟睡していない状態の丸い寝姿と...しばらくたってから、ほぼ同時に開始した背中の毛づくろいシーンを同じ構図で撮りました。左側の黒白が、母ネコのリヴィー(リヴィア)、右側のチャコールグレーにかすかに見える黒の縞柄のブチが息子ネコのティブ(タイベリウス)です。子ネコだったティブとリヴィーが母子ペアでこのうちにやって来て、1年と3カ月。連れてこられた当初は母ネコから離れずにおどおどしていたティブですが、今はもう母より体が大き...やっぱり親子!うちの母子ネコの寝姿に似通うものあり、ポーズが同じ!

  • どうやら終盤に入ったらしい、コロナウィルスによる感染症のパンデミック、それでも多い感染者…写真はネコ!

    うちの青年ネコ、ティブ(タイベリウス)の最近のお気に入りのくつろぎ場所は正方形の浅いカゴの中です。自らの身体よりも小さいカゴの中に正方形の形に体を再形成しておさまる(それでも部分的に柔らかくはみ出た部分が目立つ)安定し充実した造形美を写真に撮りました。話題はコロナ・ウィルスによる感染症のパンデミック;終盤について。以前に書いたことと著しく重複するかもしれません。...どうやら、イングランドではやっぱり「パンデミック」は終わっているらしいのです。昨日、金曜日の新規感染者数は84,053人。1日の死者は、254人やはりまだ大変な数です。終わったって誰が決めたのか、と言うかこの状態でどうして終わったと言えるのか。コロナ・ウィルスの、それも感染率が極端に高いオミクロン変異株はまだ消滅していませんしそこら中にウヨウヨして...どうやら終盤に入ったらしい、コロナウィルスによる感染症のパンデミック、それでも多い感染者…写真はネコ!

  • 「パイ」の名がつくつぶしたジャガイモをかぶった素朴な家庭料理2種、英国料理の知名度考察とビッグ・ベン

    英国らしい料理の代表格、フィッシュ・パイfishpieです。マンネリ気味のストックポート日報で以前にもご紹介したことがあるのですが、忘れた頃にもう一度。日本ではなぜかあまり知られていないように思います。英国の料理といえば、フィッシュ&チップス、あるいはロースト・ビーフがずば抜けて知られているのはなぜなのか...私なりに考えてみました。フィッシュ&チップスはたしかにどこの町でも売られていて手軽に食べられます。とりわけ観光地ではフィッシュ&チップス・レストラン(チッピー)をよく見かけます。ロースト・ビーフがそれほど手軽に気軽に食べられるとは思えないのですが、「英国に行ったらやっぱりパブに行かなきゃ」と思っている日本人観光客、多いですよね。ロースト・ビーフはパブの定番料理なのでした。観光客へのアクセスが容易なこの2つ...「パイ」の名がつくつぶしたジャガイモをかぶった素朴な家庭料理2種、英国料理の知名度考察とビッグ・ベン

  • 消費落ち込みのクリスマスあとの2月、関連性は全くないスーパーマーケット希望の3行事、消費者の財布のひもはゆるむのか

    明けましておめでとうございます。今日は、旧暦のお正月だったのでした。昨日買い物に行ったスーパーマーケット、セインズベリーの中国、日本料理の材料売り場のインスタントの中華ソースのプロモーション用ディスプレイです。もちろん、旧暦のお正月便乗プロモーションです。今年はトラ年だったって、知りませんでした。春巻きやチャーシューなどパーティに便利な出来合いの中華が買える冷凍食品売り場には、金字で漢字が書かれた赤い短冊やら赤いランタン(の切り抜き写真)などもっと華やかなディスプレイがあったかもしれません。チャイニーズ・ニューイヤーChineseNewYearとして知られる旧正月は一部の英国人には格好のパーティの口実になっているようです。それより...入ってすぐにドドンと目に入ってくるのが、バレンタインデーValentine'...消費落ち込みのクリスマスあとの2月、関連性は全くないスーパーマーケット希望の3行事、消費者の財布のひもはゆるむのか

  • ご無沙汰の3日間、「英国の果樹園」ケントで立ち会った美しく心に滲みるエコなお葬式

    水曜日、木曜日そして金曜日の三日間、私たち夫婦と娘の3人でケントのオーピントンの夫の弟の家に滞在しました。上の写真は、暖炉の前で仲良く暖を取る弟の家の評判の悪い不愛想なネコのミリセントと、夫です。3年ぶりに訪ねたら一皮むけたように愛想よくなっていました。...と言っても隠れるのをやめただけで、客人にさわられるのは嫌がります。暖炉をつけると「おなかあぶり」に出てきます。ケントは、のちに「アルファ・ヴァリアント」と改名された、コロナウィルスの英国変異種(ケント・ヴァリアント)が最初に確認された南東の海岸州です。年末に高齢でなくなった夫の父のお葬式に出席してきました。「森林葬woodlandburial」と聞いていたので、もっとうっそうとした自然な森を想像していたのですが、違いました。広大な私営の「自然埋葬地natu...ご無沙汰の3日間、「英国の果樹園」ケントで立ち会った美しく心に滲みるエコなお葬式

  • デパートでショッピング!へんてこりんなサイズ見本シャツと私が最後に目撃した英国のガサツなデパート慣習の思い出

    夫が着る、礼装用の白いシャツが必要になったので買いに行きました。会社勤めの時の(いわゆる日本語で言う)ワイシャツはほとんど処分しています。冠婚葬祭用に残しておいた数枚も首回りやお腹周りがキツくなったので1着だけ買いなおしです。めったに着ないだろうし、スーパーマーケットの自社ブランドの安いモノで充分だったのですが現在のサイズがよくわからないことと、夫は背も高いのですが、オランウータンのように腕が長いので...店員が相談に乗ってくれるデパートで買うことにしました。胸囲と首回りのサイズだけではなく、身丈と袖丈まで選べるサイズが豊富なことで知られるM&S(マークス&スペンサーMarks&Spencer)の郊外の大型店に行きました。サイズが分らないというと、店員が適当に見繕って3つのサイズの白いコットンのボタンダウンシャ...デパートでショッピング!へんてこりんなサイズ見本シャツと私が最後に目撃した英国のガサツなデパート慣習の思い出

  • 再会!チューダー様式の貴族の邸宅を追われ雑居ビルの前庭で通りを睥睨する貴婦人と貴公子のカエル母子、

    高級住宅街のなかにある商店街、ブラモール・ヴィレッジBramhallVillageのすぐ手前の歩道を歩いていて何気なく一軒の家の門の中を覗いたら...おなじみ、ストックポーツ・ジャイアント・リープSTOCKPORT'SGIANTLEAPの親子カエルが前庭に鎮座していました。ストックポーツ・ジャイアント・リープは、表面にアート加工を施された21体の巨大なカエルを探してタウンセンターの名所や史跡、商業施設をめぐるストックポートの町おこし、観光・アートイベントです。パンデミック前の2019年、そして1年おいて去年の夏にこのイベントについてしつこく取り上げたストックポート日報の記事をご記憶の方もいるでしょう。エリザベス朝時代の貴婦人と幼い貴公子に扮したこの親子ガエルは、うちの近所のブラモル・パークBramhallPar...再会!チューダー様式の貴族の邸宅を追われ雑居ビルの前庭で通りを睥睨する貴婦人と貴公子のカエル母子、

  • 癪に障る嘘つき首相の進退やいかに。ウソをつき言い訳をして首相の座にしがみつく国辱ボリス・ジョンソン首相

    前回の続きです。写真は全く無関係の、マンチェスターの国際的な現代文化センター、ホームHOME周辺のモダンな建物群です。マンチェスターオックスフォード・ロード駅周辺の再開発地域です。首相とその周辺の人々が、2020年と2021年にコロナウィルスのパンデミックのさなかに数々のパーティを開いて楽しんでいたことが関係者の証言で次々と明らかになっています。首相の進退を現在最も脅かしているのが、厳格なロックダウンのただなかの、2020年5月20日に首相官邸で開かれたパーティです。「ソーシャルディスタンシング対応の飲み会」としてメディアには揶揄されているこのパーティには、100人の政府関係者、官僚などがイーメイルで招待され、30人ぐらいが出席したと言われています。招待イーメイルに「ソーシャルディスタンシング対応の飲み会Soc...癪に障る嘘つき首相の進退やいかに。ウソをつき言い訳をして首相の座にしがみつく国辱ボリス・ジョンソン首相

  • パンデミックの終焉か?まだまだ油断は禁物の感染者数が膨大な英国の、恥知らず嘘つき首相の追及は痛快

    1日遅れで、マンチェスターの話題をお届けするつもりでしたが予定変更、コロナウィルスの話題の、新展開。写真は晴天の昨日の午後、家の近所で撮った冬の木立と夕暮れの風景です。どうやら、英国ではコロナウィルスの「パンデミックpandemic」は終わりを迎えているそうです。来週から、公共の場所でのマスク着用義務を含めた感染拡大阻止のための行動規制のほとんどが撤廃されます。昨日の新規感染者は108,069人、あいかわらずすごい数ですが(多少の上下はあるものの)減少傾向に転じてきています。。数のピークは過ぎたということらしいのです。3回目のワクチン接種(ブースター・ジャブ)を終えた人が12歳以上の全国民の50%を超えた2週間ぐらい前から「長いトンネルの先に明かりが見えてきた」というおなじみの文学的な表現を耳にするようになりま...パンデミックの終焉か?まだまだ油断は禁物の感染者数が膨大な英国の、恥知らず嘘つき首相の追及は痛快

  • マンチェスターの文化を担うアートの拠点を擁する、開発が目立ってすすむボロさとモダンさを併せ持つエリア

    マンチェスターまで行って、自主上映映画を見てきました。2015年にオープンした、映画、演劇、モダンアートなどの国際的な現代文化センター、ホームHOMEに足を踏み入れたのは、実は初めてです。にぎやかなバス通り、オックスフォード・ロードOxfordRoadと...オックスフォード・ロード駅に続く急な坂道、ステーション・アプローチStationApproachの角に立つレンガ造りの背の高い建物と...ステーション・アプローチと名無しの道(B6469、少し先に行くとウィットワース・ストリートWhitworthStreetという名前がついています)の角に立つ、突き出した丸みの部分がかわいらしい...それでもこキタナイ建物は...HOMEがオープンするまでは「コーナー・ハウスCornerHouse」というわかりやすい名前の...マンチェスターの文化を担うアートの拠点を擁する、開発が目立ってすすむボロさとモダンさを併せ持つエリア

  • 発見、ネコのためのビデオ!ネコが喜び大ヒット!やはり一番喜んでいるのは、ネコの動きを見る飼い主か

    夫の弟がユーチューブの「ネコのためのビデオvidoforcats」を教えてくれました。ロンドンの西、オーピントンに住んでいる弟の家のネコは私たちが訪ねていくたびにピュッと隠れて出て来ない、愛想のないネコです。数日滞在しても、エサを食べている時しか私たちゲストの前には姿を見せません。食べている時にそばに行くと家の人でも怒られるそうなので、お食事中のお姿を遠くから拝見させていただくだけ、「ネコのいるお宅におじゃまする楽しみ」が全く味わえません。そのぶあいそうネコのミリセントが夢中になるというユーチューブのビデオをまず息子ネコ、ティブに見せました。ソファーで丸くなってスカスカ寝息を立てていたティブを無理やり抱いてテレビの前に連れてきたら不機嫌にドサッと床に降りました。ところが目の前の鮮やかな緑の草地の上でヒョコヒョコ...発見、ネコのためのビデオ!ネコが喜び大ヒット!やはり一番喜んでいるのは、ネコの動きを見る飼い主か

ブログリーダー」を活用して、イギリス/ストックポート日報 《England/ Daily Sさんをフォローしませんか?

ハンドル名
イギリス/ストックポート日報 《England/ Daily Sさん
ブログタイトル
イギリス/ストックポート日報 《England/ Daily S
フォロー
イギリス/ストックポート日報 《England/ Daily S

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用