searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

怪しい隣人さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
怪しい隣人 〜ウルトラ怪獣ソフビ〜
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/tac_zaras
ブログ紹介文
バンダイ ウルトラマン怪獣ソフビを中心にご紹介するブログ!
更新頻度(1年)

8回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2014/10/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、怪しい隣人さんの読者になりませんか?

ハンドル名
怪しい隣人さん
ブログタイトル
怪しい隣人 〜ウルトラ怪獣ソフビ〜
更新頻度
8回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
怪しい隣人 〜ウルトラ怪獣ソフビ〜

怪しい隣人さんの新着記事

1件〜30件

  • ホワイト成型版 

    今回ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは、売っているところは全く見なかったです、白成型、ホワイト成型版です。持ってる白成型版集合写真。全部で28体あるようですが、ようやく半分が超えて15種類持っています。この白成型版を全部集めるのは、無理だなぁ・・・と思っています。色を塗られているソフビより高いのが気に食わない・・・、ホント希少性ですね。この白いソフビを売っているのは、当時見たことがありません。ウルトラマンご出演の白成型ソフビ集合写真。レッドキング、ゴモラ、ベムラー、バルタン星人、アントラー、バニラ、ヒドラの7種類持っていますが、ネロンガ、ゼットン、メフィラス星人、アボラス、テレスドン、ギャンゴ、グビラ、ドラコ、キーラは持っていません。4種写真。保存状態が悪いと、アイボリー色になるのか、バニラとアントラーは白ではない...ホワイト成型版

  • テストショット版

    今回ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは、どういう経緯で手に入るの??出所がよく分からない??未塗装のサンプル品、テストショット版です。うちにあるテストショット・ソフビ集合写真。6体中3体、キングジョー、ヒドラ、ボーグ星人はすでに、このブログでご紹介済みです。新たに紹介するのはタッコング、ヒッポリト星人、ナースの3種類、計6種類を所有しています。この手の業界の人に知り合いはいませんので、こつこつオークションサイトなどで集めました。タッコング写真。好きな怪獣、好きな造形ソフビの1つを手に入れれて、嬉しいです。集合タグ版の造形で、好きなタッコング、キングジョー、ヒドラを持てたことはラッキーでした。このような未塗装ソフビに関し、私の全知識は、ブックマークで紹介しています“怪獣帝国”さんHPの紹介文のみです。タッコング横から...テストショット版

  • サンダーキラー type-A

    今回ご紹介するのは、エレキングとエースキラーが融合した“ベリアル融合獣サンダーキラー”です。サンダーキラー写真。薄紫色の成型色に、金色の頭、手や肩、そしてアンテナ部分に緑色のワンポイントが素敵です。さて、マガバッサーの時に紹介しましたが、これは本家?分家?、さぁ、どちらでしょうか?サンダーキラー集合写真。左から日本で売られた“本家”、中国で売られた“分家”です。実は、分家だったんです。ピンっときましたか?並べてもピンときません。単体での紹介なら、普通にタグが外れているサンダーキラーって思いますよね?並べると中国で売られていた分家の方が一回り小さいのがわかると思います。そして、最大の違いは太腿のエレキング特有の黒模様に、分家ではオレンジ縁どりがないくらいです。前から写真。金色の色合いなんかも全く同じですし、左手の...サンダーキラーtype-A

  • ギラドラス type-A

    本日ご紹介するのは、前回に続きウルトラ大怪獣シリーズ5000第1弾、昨日の朝、ドンっと震度2の地震があったのは、こいつのせい!?“核怪獣ギラドラス”です。ギラドラス写真。変わった姿ですよねー、特に下半身・・・。江戸時代の拷問、後ろ手に緊縛されて行われた“石抱(石責)”を想像してしまいます。スーツアクターさんは、まさにそんな感じだったのかも・・・。ちょっと斜め上から写真。胴体部分が、けっこうヤセ気味な体型なんですね。タグ写真にも使われている雪中の前から写真と、ブルマァクのソフビのイメージしか頭になかったので、少々違和感を感じました。頭部写真。ネコがシャーーっと怒っている感じの顔つきをしています。よく見ると小さな鼻の下に、猫にある”ひげ袋”のような膨らみがー!ω←これです!ギラドラスのモデルは、すまん寝をしているネ...ギラドラスtype-A

  • ビーコン type-A

    今回ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは、遅らせならばのご紹介、ウルトラ大怪獣シリーズ5000の第1弾、“電波怪獣ビーコン”です。ビーコン写真。今更の紹介で申し訳ありません。集合タグの11倍の値段するだけあって、良い造形、満足のデキです!この怪獣、好きなんです!高いエクスプラスのソフビで、持っている2体のうちの1体です。顔が可愛く、全体的なフォルム、色合いも愛らしいです。顔のアップ写真。昆虫のような赤い複眼、真ん中の鼻にあたる部分の作りは同じですが、一回り大きくなっています。まるで信号のような発光器官ですが、赤黄赤の配色が良いですね。そして、ちょこんと出た2本の内向きな歯、ぽけぇーっとしてる表情、あんにゅいな雰囲気を醸しだしています。エピソード名“怪獣チャンネル”もインパクトがありました。今、世の中は電波だらけ・・・...ビーコンtype-A

  • ペガッサ星人 type-A

    今回ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは、シュモクザメのような顔つきがCuteな“放浪宇宙人ペガッサ星人”です。ペガッサ星人集合写真。バンダイ製のうちにいるペガッサ星人ソフビです。大きく分類すると、2種類に分けることができます。以下、2つに分けて紹介します。プラタグ、集合、49set、袋版写真。左からからプラタグ版(白)、集合タグ版(シール有)、集合タグ版(シール無)49setタグ版、袋版(赤シール)です。ブーツやパンツ部分の水色が特徴的な、このグループに属します。やはりプラタグ版は、他より身長が高く、また水色より白色が目立つ塗装になっています。目立つ胸の色は、すべて同じブラッディ―オレンジ色です。集合タグ~袋版。特に色の違いは見られませんが、49set版のみ眼柄がはっきりとした水色塗装が施されています。シール無版で...ペガッサ星人type-A

  • マガバッサー type-A

    本日紹介するウルトラ怪獣ソフビは,ウルトラマンオーブの第1話怪獣、リトラやメルバの流れを継ぐ鳥型怪獣の“風ノ魔王獣マガバッサー”です。マガバッサー写真。なかなか素敵な鳥型の怪獣です。全身の羽がしっかり造形されており、手足の鱗模様もしっかり刻まれています。手は3本指であり、足は前向きに3本、鶏のように足の後ろの若干高い位置に蹴爪があります。成型色は青色で、胸元や手足に黄土色塗装が、翼の内側には銀色塗装が施されています。マガバッサー写真。成型色は水色で、胸元や手足にエメラルドグリーン塗装と全く色合いが異なります。しかも翼は内側だけでなく外側にもエメラルドグリーンから光沢のある桃橙色のグラデーション塗装が施されています。はたして、こいつは何者なのか??マガバッサー集合写真。完全超図鑑には、漢字で”禍翼”と書かれていま...マガバッサーtype-A

  • ギャンゴ type-A

    今回ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,赤タグ版以降、久しくソフビ化がされていない“脳波怪獣ギャンゴ”です。ギャンゴ集合写真前列左から赤タグ・番号あり版(軟質・小文字あり)、49set版×2、プラタグ版、後列左から赤タグ版・番号なし版(硬質)、タグなし?版(硬質)、タグなし?版(硬質)、集合タグ(シールなし)版、一番後ろは、袋版(青シールつき)です。大きく2つに分類されます。プラタグ版~集合タグ版大きさは、たいていプラタグ版は一回り大きいのですが、集合タグは微妙に小さく感じますが、変わらないかとと思います。単品で見ると分かりにくいのですが、どれも成型色は茶色で、同じ色です。色合いは、プラタグ版で色が少々明るく、股間付近の茶色はミルクチョコレート色、赤系は朱色です。それ以外では、ビターチョコ色で、赤系も赤色です。集合...ギャンゴtype-A

  • エレキング type-A

    今回ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,お腹の模様が,かなりのVer.あり・・・。分類が混迷・・・。ピット星人のペットでもありボディーガードでもある”宇宙怪獣エレキング”です。我が家のエレキングtype-A集合写真。このtype-A,全くよくわからない・・・。塗り手によって,彩色が全く異なっているわ。おそらくプラタグ版。アンテナの間の頭頂部が黒っぽいのがプラタグ版かと・・・。胸の塗装も濃い黒色です。また成型色が,少々白っぽい感じ・・・。全く不確かな解説デス。この法則で言うと,右の点々模様はプラタグ版ではないかな?左2体のみプラタグ青色がついています。上の後姿写真。右の斑点模様のソフビは,背中も斑点模様です。上の横向き写真。1体1体,ほんと個体差があり,この模様がこれ!とは言いにくいソフビです。白成型との比較写真。エ...エレキングtype-A

  • イルタン イルカファミリー 改

    今回ご紹介するソフビは,令和になって初めての投稿,記念すべきはやっぱりこのソフビ,わが顔になっているExpo’75沖縄海洋博覧会のマスコットイルタンです。我が家のイルタン・イルカファミリー集合写真。この写真では,紹介しきれていないものがありますが,下の方で紹介しています。前回の紹介より9年経ちましたが,全種は集めきれていません。なので,まだ途中経過になります。ソフビペンダント“パトラ”写真。ネックレス部分に価格シールが付いています。お値段200円。たまにヤフオクなどで見られています。前回はデマを書いたようで・・・,顔は1種類ですかね。黄色帽子イルタン写真。これも比較的ヤフオクで見られるソフビですね。帽子と一体型になっており,ネッカチーフは見られません。後ろ姿写真。ヘッダータグは,前後の絵で異なっています。赤帽子...イルタンイルカファミリー改

  • ウインダム type-B

    今回ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,type-Aを独立させましたので,残りましたtype-Bです。今回はウルトラマンメビウス第11話にて初登場マケット怪獣ウインダムをご紹介します。うちのウインダムtype-B集合写真。全てタグ付きですが,大怪獣タグ版の1体は,バトルカードが外されたものです。結構好きなソフビで,プレミアがついてからちょこちょこ購入しました。吻端の塗装がハゲやすいようですので,そこに注目して購入した方が良いと思います。type-B全種写真。左から,ファイヤーウインダム,メビウスタグ版,大怪獣タグ版です。胸の陰から,大怪獣タグ版の方が重塗装かと思っていましたが,逆でしたね。ウインダム比較写真。メビウス版は,首から腰にかけて銀色一色と少々のっぺりしています。しかし脚や腕はメビウスタグ版の方で,胴体の塗...ウインダムtype-B

  • ウインダム type-A

    今回ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,引き続き,今回もウルトラセブン第1話にご出演されたカプセル怪獣ウィンダムをご紹介します。うちにあるウィンダムtype-A集合写真。タグ付きは,青プラタグ版1体,袋版1体,49set版2体,集合タグ版(シールあり)1体,(シールなし)1体,赤タグ版(番号なし)2体,赤タグ版(番号あり・軟質)1体です。右にウルトラフィギュアコレクション桑田版のウィンダムも合わせて紹介しています。プラタグ版,白成型写真。プラタグ版は,体の緑色塗装が異なり,左で艶あり,右は艶がありません。顔のアップ写真。また顔の塗装が異なりますねー。左はばっちりお化粧,右は薄化粧となっています。袋版,49setタグ版,集合タグ版。左から袋版,49set版,49set版,集合タグ(シールあり)版,集合タグ(シールなし...ウインダムtype-A

  • レッドキング type-B

    今回ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,type-Aを独立させましたので,残り組をご紹介!赤くないウルトラマン登場の王様怪獣”どくろ怪獣レッドキング”です。我が家のレッドキングtype-B集合写真。type-Aと打って変わって素晴らしい出来栄えです!青緑色の成型色に,全面砂色の塗装が施されています。色合い的には,type-Aが2代目よりなのに対し,type-Bは初代版ですね。うちには2つ折りタグ付きが3体,大怪獣タグ付きが2体ありました。3種写真。左から2つ折りタグ版,レスザンヒューマン版,大怪獣タグ版です。顔のアップ写真。真ん中のLess版は目と胸の文字のみ塗装されています。両側2種の見分けの1つである,2つ折り版では顔は全塗装,大怪獣タグ版では,成型色が残っています。2種比較写真。あとは成型色が2つ折り版で青緑...レッドキングtype-B

  • レッドキング type-A

    今回ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,gvsgさんがご希望なさいましたソフビ紹介,約10年ぶりに改訂!赤くないウルトラマン登場の王様怪獣”どくろ怪獣レッドキング”です。レッドキング集合写真。家にあった,とりあえずの17体。まだあるような・・・。大きく分けると4種ですね。塗装の美しいプラタグ版,黄土色成型の袋~集合タグ版,水色の赤タグ版,成型色が初めに戻った白タグ版の4種です。プラタグ版。ウルトラソフビ超図鑑とは、なんか彩色が異なっています。このソフビ、造形があまり好きでないので、そそらず乱雑に扱ってました・・・。黄土色成型写真。左から49setタグ版,集合タグ(シールあり)版,袋版,集合タグ(シールなし)版です。この差は、良くわからない。超図鑑には、ごにょごにょ書いてますが、私には差が見えません。黄土色成型横写真...レッドキングtype-A

  • バルタン星人 type-A (茶色系)改

    今回ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,ここ最近追い求めていたのは、キングジョー、ヒドラ、そしてこの茶色バルタン星人なのです。私にとっての3種の神器?茶色成型の”宇宙忍者バルタン星人茶色系”です。バルタン星人type-A茶色系集合写真。13体ありますが,タグなしのものが多く,袋版4体,49setタグ版1体,集合タグ版(版権シールなし)1体のみ由来がわかります。前回紹介した茶色バルタンは,大阪に置きっぱなしですので,今回の集合写真には含まれておりません。おそらくここに写っていないもので,残り4体はあります。大きく分けると3種類でしょうか?それぞれご紹介します。青色塗装多めの集合タグ版。右端のみ,集合タグ(版権シールなし)版です。後期型の青色成型のバルタン星人ではタグ付きは散見されますが,茶色のものはなかなか出現しない...バルタン星人type-A(茶色系)改

  • キングジョー type-A 改

    本日ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは、一番お気に入りのバンダイ製ソフビ、神戸港で死闘を繰り広げた宇宙ロボットキングジョーです。うちにあるtype-Aのキングジョー集合写真。全部で24体あり、タグのついていないもの、上アンテナの折れているもの、胸や頭部のシールが剥がれているものもありますが、耳に当たる部分の折れはありません。各種タグソフビ。左から前後ジグザグに、プラタグ版、49setタグ版、集合タグ版、番号なしタグ版、番号なしタグ版、番号ありタグ版(硬質)、番号ありタグ版(軟質)、白成型版、未塗装版です。そして一番後ろの列は、袋版3種です。両側プラタグ版、真中番号なし版プラタグ版は、はだ色成型に銀っぽい金色の粉が表面に吹かれている感じになっており、赤タグ版とは成型色も、色合いも異なります。両側集合タグ版、真中49s...キングジョーtype-A改

  • よーやくの2体!

    ご無沙汰しております。全く更新もしていないのに、毎日たくさんの方にご覧いただき誠にありがとうございます。このセリフ、前にも書きましたなぁ・・・・。今年に入り、ヤフオクで念願のヒドラ(集合タグ版)を手に入れることが出来ました。取引の際に、ずーっと探していたんです、めちゃくちゃ嬉しいですとお伝えしたら、もしかして怪しい隣人さんですか?と尋ねられました。ブログを更新していないにもかかわらず、私が書いたヒドラ熱望記事を覚えていて下さり、譲っていただいたことと共に、覚えていただいていたことが、嬉しかったですねー。そーしてお知り合いになり、またもや念願の金色キングジョーを譲っていただきました。残念ながら、額のキラキラがありませんが、お気に入りの1品です。〇〇さま、本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いいたし...よーやくの2体!

  • 2017年酉年

    遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。今年の年賀状写真に使用しました。バードンやギエロン星獣などの鳥型怪獣で作った方が良かったのかな・・・?本ブログ,長く更新を怠っていて申し訳ありません。更新をしていないのにも関わらず,毎日200~400人,2000hitくらいしていただき嬉しい限りです。未収集のタグ付きバンダイ製ウルトラ怪獣ソフビは,おかげさまで残すところ少なくなりました。市販されたソフビはたいていあるのですが,タグ付き(&袋入り)で我が家に無いのは,プラタグ1体,袋版9体,49セットタグ版9体,集合タグ3体,白成型版19体となり,白成型以外のソフビは,ようやく残り1ケタになりました。白成型版は,着色されていないのに高く,積極的な収集の対象にしていません。ヤフオクで送料込みで3000円くらいま...2017年酉年

  • ケンタウルス星人 type-S

    今回ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,変身したら牛人・・・,美人だったのに・・・,”宇宙牛人ケンタウルス星人“です。ケンタウルス星人写真。2011年のマーミット製の3期で,本物に近い色合いです。ソフビ化はこれだけかな?手首や足首,そして頭から連なる首周りに赤毛を蓄えています。お話は岸田隊員との恋物語でしたが,人間体はキレイなお人なのに,えぇ~!って子供ながらに思いました。顔のアップ写真。剛毛の感じが良く再現されていますが,本物より釣り目気味からか少し印象が異なりますねぇ。黄色く塗られている部分は,パーフェクトファイルで実物を確認すると,目は白色,口は黒色かな?横向き写真。尾が少々長めで,立ち姿が前のめりになっています。しかし立派な尻尾があったんですねー。写真では角度によって尾が見えなかったので,ソフビが手元に来て...ケンタウルス星人type-S

  • ベムラー type-B

    今回ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,50年前の本日ウルトラマンが初登場!,翌週のウルトラ作戦第一号登場”宇宙怪獣ベムラー“です。ベムラーtype-B集合写真。ウルトラ怪獣シリーズソフビで,左から白タグ版,2つ折タグ版,大怪獣タグ版,原点回帰セット版です。左3体でパッと見,違いが分かりにくいですが,後半になればなるほどキチンと塗られています。Bestは、つや消しの色合いになった大怪獣タグ版でしょうか?旧シリーズの進化の痕跡が見てとれます。2話のバルタン星人に隠れ,地味な感じの怪獣ですが,いやいやどうしてなかなかの造形です。ベムラーtype-Bもう一枚。なかなか躍動感のある造形で,やっぱり旧サイズのソフビが素敵ですよね。顔のアップ写真。横長の鼻孔,また口の周りには鱗が細かく配置され,いかにも爬虫類といった感じの造形...ベムラーtype-B

  • ケムール人 type-A

    今回ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,あと4年で2020年,ケムール人からの挑戦がやってくる!”誘拐怪人ケムール人”です。ケムール人type-A集合写真。バンダイ製ウルトラ怪獣ソフビで,左から白タグ版No.139,2つ折タグ版No.69,大怪獣タグ版No.EXです。2000年,フィギュア誌の人気投票の関係でシリーズ入りし,以後3期もソフビ化されました。細身で,しかも平成っ子には知られていない怪獣(宇宙人)でしたので,よく売れ残っていました。左2種は白黒画像の影響か,シックな味わいですが,大怪獣タグ版では青色の体色に橙色と色が付きました。この色合いは,最近バンダイプレミアムから発売されたHGのヤプールみたいですねー。顔のアップ写真。左から白タグ版,2つ折タグ版,大怪獣タグ版です。左2つの違いは目の両側にあるシワ。墨...ケムール人type-A

  • カイザードビシ type-A

    今回ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,昔からウルトラマンを倒すには無数の虫が有効と思ってましたドビシの集合体”破滅魔虫カイザードビシ”です。カイザードビシtype-A写真。ウルトラ怪獣シリーズソフビで,左から2つ折タグ版No.63,No.50,大怪獣タグ版No.EXです。2つ折りタグ版は,ウルトラマンガイア終了から3年を経て,新発売された珍しいパターンでした。2つ折りタグ版に彩色などの違いは見られませんが,EX版では腹部の口や爪先など彩色個所が減り,また金色→銅色や,顔,口や腹部などの色合いが異なっています。顔のアップ写真。2つ折りタグ版は同じものですので,比較は2者でおこないます。モノアイに笑ったような口が印象的ですが,実際の口は少し見えているお腹部分の白いトコです。目は両膝にもあるため,3つ目なのかな。横向き...カイザードビシtype-A

  • ガルベロス type-A

    今回ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,ウルトラ怪獣にしては珍しく3つもの頭を持つ”フィンディッシュタイプビーストガルベロス”です。ガルベロス写真。バンダイ製ウルトラ怪獣シリーズソフビで,左からネクサスタグ版,大怪獣タグ版No.EXです。ネクサスの怪獣は,どれもオドロオドロシイ顔つきをしていますね。紹介写真をひとまわり大きくしてみました,どうですかね?ダメなら,もう一度写真を貼り直します。顔のアップ写真。両肩にあたる部分に犬のような顔があり,腹部分にもエイリアン的な頭部をそなえ,合計3つの頭があります。犬顔と犬顔のあいだの部分に,サナギマンのようなトコがあります。演じておられる方の頭があるトコですね・・・。横向き写真。2種では色合いが異なり,右のEXもんは単品で見ると,色が少なく貧弱に見えますが,並べてみると,迫力...ガルベロスtype-A

  • ヒドラ type-A

    本日ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,久しぶりの改定記事,タグ付きソフビに一番縁がない怪獣・・・,”高原竜ヒドラ“です。ヒドラ集合写真。左の列3体はプラタグ版,真ん中の薄紫色3体は,おそらく奥から袋版,49set版,集合タグ版,右の青成型4体は奥から番号なしタグ版(硬質),番号ありタグ版(軟質),一回り小さい版(硬質),そして右手前は無彩色テストショット版だと思います。好きな造形の怪獣なのですが,袋版や集合タグ版の2つの完品を持っておらず,一番集めれていません。どなたか袋版や集合タグ版を2体お持ちでしたら,是非お譲りくださいませ。もしくは手持ちのダブリソフビと交換いただけないでしょうか?よいですよ~という心優しい方は,とりあえずコメントに一報くださいませ,よろしくお願い致します。プラタグ版集合写真。ウルトラソフビ...ヒドラtype-A

  • アギラ type-s

    本日ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,お気に入りタイショーソフビのカラーリングに似てて買っちゃいました,”カプセル怪獣アギラ“です。アギラ写真。2004年やまなや製のソフビで,ピンクの成型色に赤・黄・青・緑の水玉模様が散りばめられています。このソフビは3種類発売されており,1期・3期はウルトラファイト出演怪獣に属しているのに対し,この2期は“チビラくん”に出演時のカラーリングで,赤ちゃんぽい感じに仕上がっていますよねー。顔のアップ写真。アギラは眠たいかんじの三白眼ですよねー。ウルトラセブン出演時より,頭部のヒレが小さいのがファイト版の特徴です。横向き写真。ファイト版のアギラは,頭部が小さく,お腹がぷっくらしてて,横向きもかなり印象が異なります。このソフビ,肩ではなく,ひじの部分が可動するように作られており,ポージ...アギラtype-s

カテゴリー一覧
商用