プロフィールPROFILE

今日のドン言さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
今日のドン言
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/donbu707
ブログ紹介文
競馬を違和感感知カメラでとらえ、独自のスケールで分析します。すべてが紙一重。それが実は大きい。
更新頻度(1年)

207回 / 364日(平均4.0回/週)

ブログ村参加:2014/10/17

今日のドン言さんのプロフィール
読者になる

今日のドン言さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(IN) 30,002位 30,523位 30,583位 27,885位 30,489位 30,553位 28,017位 980,088サイト
INポイント 10 10 0 10 0 0 10 40/週
OUTポイント 20 10 10 50 0 0 30 120/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
競馬ブログ 205位 212位 214位 190位 210位 212位 189位 8,825サイト
競馬コラム 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 414サイト
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(OUT) 33,717位 33,313位 30,998位 26,084位 30,184位 30,281位 29,448位 980,088サイト
INポイント 10 10 0 10 0 0 10 40/週
OUTポイント 20 10 10 50 0 0 30 120/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
競馬ブログ 257位 247位 234位 178位 225位 222位 212位 8,825サイト
競馬コラム 3位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 414サイト
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,088サイト
INポイント 10 10 0 10 0 0 10 40/週
OUTポイント 20 10 10 50 0 0 30 120/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
競馬ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,825サイト
競馬コラム 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 414サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、今日のドン言さんの読者になりませんか?

ハンドル名
今日のドン言さん
ブログタイトル
今日のドン言
更新頻度
207回 / 364日(平均4.0回/週)
読者になる
今日のドン言

今日のドン言さんの新着記事

1件〜30件

  • 阪神JF&香港デー。

    今日はJRA36Rに香港4Rと合計40R見られる。多し(笑)。阪神JFは日に日に台頭馬のアピールもあって、かなりワクワク感はあるね。週初めは5頭立てと云ったが、レシステンシアとクリスティを入れ替えての5頭立てとした。本命はウーマンズハート。デザートストームの妹になるが、新潟連勝からのJFでも調整はうまく行った感じ。体重は少し増えてるが、今日の発表がプラス10k程度なら許容範囲かと思う。香港デーの中でビュイックが渾身の騎乗を見せよう。リアアメリアも当然勝機充分。前走は休養明けで前半クビを上げながらの快勝。ポテンシャルは疑いない。リアが勝ったら勝ったで、サンクテュエールを応援する身としては悪くない(笑)。馬券的にはクリスティが面白いか。3戦消化して、こなれ感は一歩リードで、福永が去年のように流れに乗せられれば食い込...阪神JF&香港デー。

  • 今日は3場、明日は4場(笑)。

    一句、姉想い羽生が負けたネーサンに。お粗末。てか競馬もテンコ盛りで忙しいよ。脇見はやめましょう(笑)。その名も師走S。船橋は少し降ってるみたいだけど、まあ馬場に影響はないと思ってしまおう。長期明けの3頭が気になる。中でクラシックメタルを抜擢したい。リステッドクラスなら充分戦える馬だし、調教量は間に合った感じか。出遅れは勘弁だが、ここは先物買いと行く。ラビットラン、マイネルユキツバキに初Dのエアアンセムへ。あとはメイショウワザシ、ローズプリンスダム、マリームーンにナムラカメタローまで。アクアライン。ここは今日の勝負という体でベルクリア◎。西が10頭とバカに多い。初中山の馬も結構いるが、ベルクリアは使う脚は長くなくてもそれなりの鋭さ。中山は意外に合うと強引な解釈。ノリも初騎乗だが、53kなら一発あっても驚けない。ア...今日は3場、明日は4場(笑)。

  • 阪神JF・一騎打ちではない…。

    毎年のこととはいえ、阪神JFと香港国際で落ち着かないな。特に今年は豪華な外人トップジョッキーが来日して、それの大部分が中途で香港にも参戦する。落ち着かないな(笑)。阪神JF。今週は栗東の坂路が時計速い感じかな。特にラストが軒並み好時計だね。当初ウーマンズハートVSリアアメリアという感触だったのが、割って入る存在がアピールしてきている。レシステンシアは52.1-11.9と申し分なし。クラヴァシュドールは53.0-12.1で余裕充分。先週結構やったので、状態面は文句なしか。穴っぽい所ではロータスランドの好気合いと、美浦のマルターズディオサがいいかな。手塚厩舎はオータムレッドと2頭出し。まあ中内田のリアアメリア、クラヴァシュドールの2頭出しは凄いけどな。杉山、梅田も2頭出しだね。香港はマイルが注目か。王者ビューティー...阪神JF・一騎打ちではない…。

  • 白熱チャンピオンズ、JF&香港へ。

    チャンピオンズCは白熱したレースになった。中京は断然前が有利の流れだったので、当然各ジョッキーも念頭にはあった筈で、そういう意図した素振りの馬もいた。しかしレースだからね。すべてが横並びにはなれない。ちょっとしたタイミングや馬の資質で展開されて行くわけだ。勝ったクリソベリルは前半うまく脚をためられたが、直線強豪古馬に中を割っての勝利。これまでは楽勝が多かったので、スピリットはどうかという危惧も少しあったけど、見事なまでのスピリットであった。信じた人は会心のレースとなったね。ゴールドドリームも思ったよりスムーズに運べたし、あとひとハロンでは勝ったというシーン。理想的なレースをして負けた。仕方なし。インティも思い通りのレースだったろうし、好調武ちゃんも勝つつもりの形。チュウワは1.2着馬の後ろから。勝負どころで少し...白熱チャンピオンズ、JF&香港へ。

  • チャンピオンズC・なぜかこの馬に。

    寒い時期は当たらないと余計寒いな。バドミントンにゴルフと注目競技あるけど、まずは競馬だ。チャンピオンズC。もうお好きに、という感じのレース。3才クリソベリルで堅い、という人も多いし、4才オメガとチュウワ、5才のインティに6才のゴールドドリームと世代間が尚更ダート絵巻を盛り上げている。当初はウェスタールンドと思っていたが、サトノティターンという自分でも「エッ、なんで」という結論になった。自信はない。さすがのムーアも、フランキーやスミヨン、マーフィー、ビュイックと揃えば、そんなにアピールはできないか。それでも衰えるのは早い。ここは一発ムーア魂に賭けてみたい。シンクリ産駒は総じて大型馬が多いけど、この馬は母方も相まって骨格が凄いことになっている。今日は何キロで登場してくるか。逆に云えばこの超巨漢を思う存分追いこなせる...チャンピオンズC・なぜかこの馬に。

  • 競馬のマラソンは寒い時期だよ。

    今日から開催替り。年末の風情もあるが、世界のトップジョッキーの参戦で、妙な感覚でもある。ステイヤーズS。オジュウチョウサンにミルコが乗って更なる興味はあるね。ベイビーステップを行かせてのレースになりそうだが、切れでは劣るだけに、どういった手綱になるかな。ヴァントシルム◎で行きたい。勝負が遅いタイプの馬だけど、中山は何気にいいし、田辺もこの年末は稼ぎたい筈だ。道中インで脚をためての直線勝負だね。5連続2着のサンシロウ、叩いて一変あるかのリッジマン、そろそろ一発あってものメイショウテンゲンへ。あとはモンドインテロ、アルバートの実績かな。オジュウチョウサンも昨年の有馬を考えればソコソコ応戦はできるか。鹿島。一転D千二だ。結構先行きつい感じかな。クーリュの巻き返しに期待。前走はスムーズに走れなかったから着順は気にしない...競馬のマラソンは寒い時期だよ。

  • チャンピオンズC・インティ逃げるか。

    チャンピオンズCは枠順も決まって眺めてみると、改めていいメンバーだよな。例の豪華外人参戦でより想像が膨らむ。ロンドンタウンが外枠にいったので、行きたいと云ってるインティのハナもあるかな。ミルコのワイドファラオが無理目に行かない限りは、インティの能力が発揮される舞台にはみえる。クリソベリルの5連勝は凄いけど、インティは7連勝だったか。武ちゃんに戻って他陣営も警戒はするだろうけどね。やはりフランキーが乗るオメガパフュームが注目になる。前年同様にJBC2着からのエントリー。去年はやや平凡な内容だったけど、そこはフランキーだからな。ゴールドドリームは常に好戦する能力は疑いなし。去年は出なかったけど、前々回のチャンピオン。ルメールも女王、マイル、JCと上位なしなので、ここは存在感を見せたいところだね。チュウワは仕掛け処ひ...チャンピオンズC・インティ逃げるか。

  • チャンピオンズC以外の話。

    今週は中京でチャンピオンズCだけど、ビュイック以外の外人ジョッキーは騎乗予定だ。そして土曜はマーフィー、ビュイック、ミルコが中山。デットーリ、スミヨン、ムーア、ルメールが阪神の見込み。ステイヤーズSはオジュウチョウサンがスタミナ頼りに一発を狙う。おそらく好位~中位から、途中で早目に仕掛ける作戦に出るんじゃないかな。ミルコ起用もその色合いが強い。マーフィーは勢いに乗ってアルバート騎乗だ。チャレンジCはデットーリがギベオン、ムーアがブレステイキングと、興味津々のカップリング。スミヨンのブラックスピネルも面白い。勝つのはルメのロードマイウェイかもだが(笑)。ディアスティマが予定変更で出ない葉牡丹賞は、やはりダーリントンホールが注目か。TスポのT石は、自社東スポ杯(アルファベットにした意味がない)に出ても本命にする予定...チャンピオンズC以外の話。

  • マーフィーのサクセスロード。

    若き天才と誰が云ったか。美味しん・マーフィーはその屈託のない騎乗ぶりで、次々とサクセスロードを邁進している。マイルのペルシアンといい、今回のスワーヴといい、能力はあるけど、チョイ難しさがあって、という馬をサラッと普通に乗りこなしてしまう。だから天才ということか。今でもマーフィーを最初に見た時のザワザワッとした感覚は覚えている。およそ28年ぐらい前に、初めてフランキーを見た時に次ぐぐらいの思いだった。その後D・レーンの騎乗を見るにつけ、世界は広いぞ、大きいぞ、と思った次第。スワーヴリチャードは二四戦が3回目。3才のダービー、4才のJC、そして今回のJCだ。ダービーは四位で少しバランスを崩すシーンもあったけど、最後まで食い下がっての2着。去年のJCはアーモンドの衝撃レースにそれでも3着と健闘。今年のレベルなら最右翼...マーフィーのサクセスロード。

  • ジャパンC・歴史の中で…。

    府中の馬場はかなり悪いね。天気自体は回復傾向にあるが、どこまで乾くか。さて外国馬なしのJC。その上日本馬も、アーモンドアイに凱旋門挑戦組も出ないわけだから、決してオールジャパンではない。3億円の賞金でも、ここは緩いG1という感触でいい。本命を考えたのは、内からスワーヴリチャード、ユーキャンスマイル、レイデオロ、ルックトゥワイス、エタリオウ。何度も気持ちが揺れた末、ルックトゥワイスにした。神様仏様、というヤツだ。馬が地味なら当然何が目立つかという話。フランキー様に神がかりを期待する。馬も目黒記念はチョイと凄かったし、ARも先着した馬は斤量面で軽い馬だけ。何よりフランキーで0.4ぐらいのアドバンテージを見込んでいる。ユーキャンスマイル、レイデオロ、スワーヴリチャードは有力圏内で、穴っぽいエタリオウ、シュヴァルグラン...ジャパンC・歴史の中で…。

  • 関東寒い。馬場も…。

    関東は今日は雨で寒い。冬。フランキーもヤル気そがれるかな。京都はいい天気のよう。肝心の明日だが、午後は回復する見込み。とりあえずJCは普通に観戦できそうだ。京都は逆に日曜は崩れてくるようだね。ややこしいな(笑)。キャピタルS。そういうわけで府中は馬場状態が最悪。まあ無理することもないかな。ならば応援という観点でプロディガルサン。JCのカレンブーケと併せて、状態は上昇気配。府中なら見せ場なしということもないだろう。今や一発屋的なミルコの「一発」サトノアーサー、フランキーのソーグリッタリング、ムーアのレッドヴェイロンが有力で、ブレスジャーニー、ドーヴァー、ケイデンスコールにサトノキングダム。銀嶺。デビューから1122と4戦連対したヴァイトブリック。その後は尻すぼみだけど、千四がカンフル効果を生めば穴馬になる。ブルベ...関東寒い。馬場も…。

  • 来た! 馬に愛された男。

    場所がどこでも、相手が何でも、最高のレース、最高のパフォーマンスを見せる。それが馬に愛された男フランキー。遂にやってきたよ。ノリも喜んでいることだろう(笑)。ランフランコ・デットーリが8年ぶりに日本で騎乗する。そして今週は4度目のJC制覇を目指してルックトゥワイスで挑む。ステイゴールドXアルザオ。小柄でも内包しているシステムは精度が高い。6才の今年初重賞を飾ったように、血統通りの後傾タイプ。好敵手ムイトオブリガードにはルメール。楽しみだよなァ。といいつつ、私の本命は他の馬の予定(笑)。昨日ふれた競輪祭の話。今日のN紙で天下の中野浩一も云ってる。「勝てるようにお膳立てした平原が半周持たずに3着に沈んでは、お客さんもたまらない」極限に不均等な番組を作ったのに、平原は圧倒的人気で勝てなかった、というお話。暮れのグラン...来た!馬に愛された男。

  • ジャパンC・アッという間の39年。

    ジャパンC再考がボチボチ話題になってるね。39年目か。勿論全部見ている。てか第1回は府中で生観戦。一昨日もふれたが、メアジードーツという「出てたか?」と新聞を見返すような馬の優勝にア然とした思いが。キャッシュ・アスムッセンの存在感にも目を見張ったな。さすがキャッシュだけに稼いで行ったな、とつまらぬ結びの帰り道だったっけ。今まで生きてきて、あんな衝撃を受けた日もない。これまでのレースで印象に残っているのは、第4回の日本馬(カツラギエース)初勝利。まあ正直第1回を見た時点では、10年ぐらい勝てそうもなかったけどね。そして翌年はルドルフが期待通りのV。ロッキータイガー桑島の気骨もあった。ホーリックスVSオグリキャップは誰でも上げるだろうから、私はほどほど(笑)。ゴールデンフェザントも結構印象ある。ゲイリー・スティーヴ...ジャパンC・アッという間の39年。

  • マイルCSからの最終西陣!!

    マイルCSは意外に淡白なレースになったかな。代打池添の真骨頂というところ。シルクの馬だからね。ブラストワンピースの一件を越えての起用で、双方とも感慨深いだろう。馬も完成期に入って、操縦性も高くなっていた。ダノンプレミアムは自分の一番いい競馬をして勝てなかった。秋天激走の影響がなくはなかったかな、という気はするが。本命に抜擢したペルシアンナイト。スタートダッシュが鈍かったのは残念だが、その後のマーフィーの騎乗は素晴らしかった。終ってみれば2着プレミアムにクビ差まで迫る健闘。この馬を狙ったこと自体は間違いではなかったね。キングリーは評価を少し下げたのだが、前走ああいうインパクトある勝ち方をすると、得てして次はそうでもない、ということがままある。ペルシアンの健闘も嬉しかったが、勝負レースにした最終の西陣。8番人気のハ...マイルCSからの最終西陣!!

  • マイルCS・本邦VS外人、団体戦か。

    晴れのマイルCS。いいレースになりそうだ。これだけのトップ外人ジョッキーがいるのに、上位人気3頭には本邦の騎手が乗る。これも面白い。内から外まで狙いはご自由にという感じだが、私はペルシアンナイトの復活に期待した。昨年の2着以降は6戦して馬券内はなし。一昨年は優勝なので、3年連続は?という気もするが、先週クロコスミアを見たばかり。後追いという誹りは覚悟でマーフィーに賭ける。彼ならJRAジョッキーになっても何の違和感もないが、向うで大活躍だからな。どの距離でもそれなりにこなす印象のペルシアンだけど、2年連続でこのレース来ている点では、基本プラス要素とみていい。ミルコからマーフィーへのチェンジで、ここは新生面も見たい。ムーアの乗るアルアインも面白い。やはり先週のスミヨン同様に、ムーアもメリハリの利かせ方は追随を許さな...マイルCS・本邦VS外人、団体戦か。

  • 競馬か、競人か。いい天気。

    いい天気で何より。まずは東スポ杯2才S。頭数は少ないが素質馬が揃っている。ただ全8頭440kから460k台の体重でコンパクトな馬の集まりだね。その中では大物感のあるアルジャンナでいいかと思ったり、コントレイルの上昇度を買うかとも思ったり、結局はリグージェで好配当狙いをすることにした。自信はあまりない。デビュー戦はさほど評判でもなかったが、ゴール前の伸び脚は強烈だった。私の「応援馬」アドマイヤミモザとの写真判定だったが、内容はあったと思う。元々母系は筋通っているし、マーフィーの一発に期待したい。前記のアルジャンナ、コントレイルは当然チャンス充分で、一応三つ巴の買い方で行きたい。ラインベックは血統超一流での連勝馬。普通に期待されるところ。ただ内容的には高い評価はどうか。持ってる馬なのはたしかだが、まだ盲信するレベル...競馬か、競人か。いい天気。

  • 熾烈で苛烈な戦いが始まる。

    今週から騎乗するムーアとビュイックは、正式に12月23日までと発表された。スミヨン、マーフィーも含め長く参戦するわけだ。またお騒がせデットーリも2週間だけ来日する模様。ということはJCの週とチャンピオンズCの週は、大物トップジョッキーが5人揃い踏みとなる。すでにJCは、ムーア・ジナンボー、スミヨン・シュヴァルグラン、マーフィー・スワーヴリチャード、デットーリ・ルックトゥワイス、ビュイック・レイデオロに、デムーロ・タイセイトレイル、ルメール・ムイトオブリガードと、出走予定の半数が外人ジョッキーとなる。もう外人をキープしないと、それだけで凹み感あるよな。また香港国際デーへの出走宣言も相次いでいる。ディアドラはマーフィーとのコンビ継続でヴァーズに参戦する。ノームコアはルメールでマイルに出走する。その週は阪神JFもある...熾烈で苛烈な戦いが始まる。

  • 女王杯&オーロC、共に◎V激勝!!

    この秋のJRA競馬は特徴的。その象徴としてのスミヨンG1制覇。石橋→スミヨンは別馬を生んだ。前発表通り(笑)。正直ラッキーライラックはかなり自信あった。たしか本予想の前段階で「女王杯は決めている」と云った筈だが、石橋の固い騎乗からスミヨンなら、何馬身違うことか。メリハリなんだよな。道中は柔らかく馬に負担を掛けない。そして追い出したら別人のように、阿修羅の騎乗。日本で20位に入るかどうか、というジョッキーと、ヨーロッパを代表するレベルのジョッキーでは、これくらいの差があるということだ。別に石橋を個人攻撃しているわけではないが。クロコスミアは3年連続があるかな、と思って△しか付けられなかった。あのスローペースなら粘れる馬だろう。これもポイントとしていた戸崎からの馬である。私が発表していた「読み」はバッチリだったのだ...女王杯&オーロC、共に◎V激勝!!

  • 女王杯・今の流れを無視しては…。

    JCは外国馬の参加がゼロとなった。アーモンドアイも出ない。盛り上がるかな。武蔵野はワンダーリーデル。9番人気なんだね。私は対抗。戸崎の馬にノリの配置は…と云ったよね。三鷹も戸崎が乗ってたブレイブメジャーだった。やはり戸崎、デットーリ、ムーアらが乗る予定だった馬の動向も無視はできないという感じ。福永がアウトになった。戸崎に続いて尚更外人ジョッキーへの傾斜がありそう。来週はムーア、ビュイックが参戦の予定。女王杯。折しもスポーツイベントが花盛り。祝賀御列の儀もあるが、明日は新聞休刊日らしい。いいのかね。本命はラッキーライラック。外人ジョッキーの織り成す図式を無視してJRA競馬は語れない。石橋との腕の差をスミヨンが見せつけるという図だ。馬場の内がどのくらい荒れてるかは多少気になるが、スミヨンに賭けたい。一応クロノジェネ...女王杯・今の流れを無視しては…。

  • フランキー・ムーア・戸崎、穴埋めがポイント…。

    デットーリはどうしちゃったのかね。今年は成績あげて気持ち良く久しぶりの日本かと思っていたが。マーフィーは初日から障害を除く全レース騎乗。スミヨンも今日は9鞍かな、まあレースを見る視野は広がる感じ。武蔵野S。嗚呼クロフネ(笑)。実はクロフネって10戦しかしてない。6勝で一番負けたのがダービーの5着。話が逸れた。ここはデュープロセスで攻めよう。前走は物足りない内容だったが、今回は仕上げが違う感じ。ルメを配して巻き返しは難しくないか。戸崎が乗ってた馬にどういう配置をするかも今週のプチ注目。ノリを乗せてきたワンダーリーデルは軽視できない。人気のエアアルマス、久しぶりに外へ行ったカフジテイク、逆に最内スミヨンのグルーヴィットと差はないか。あとはサンライズノヴァとドリームキラリ、スウィングビート。三鷹。ブレイブメジャーは堅...フランキー・ムーア・戸崎、穴埋めがポイント…。

  • ムーアも今週キャンセル。

    世の中の空気は一筋縄では行かないね。デットーリに続いてムーアも今週はキャンセルとなった。メルボルンに出走したマジックワンドが、連闘でマッキノンSに出走するためという。契約の問題もあるから、これは我々では窺い知れない。日本からもスズカデヴィアスがクルーガーと共に出走予定のレースだ。アーモンドアイはJCではなく香港Cになった。まあ仕方ない(笑)。ただレース間隔を一義としたらしいが、馬の負担ということなら、海外のレースはいわば出張。香港は2週間の余裕はあるものの、どちらが馬にとって楽なのかは云いきれまい。前文でマジックワンドの連闘にふれたばかりだしね。決まった以上は受け入れよう。JC盛り上がるかなァ。女王杯。注目のラヴズオンリーユー。最終追い、結構軽かったね。オークス以来でG1戦となると、仕上がりが気になる。まあ先週...ムーアも今週キャンセル。

  • 外人ジョッキーの奪い合い激化!

    JBCから1日たった浦和は入場者2千997人と10分の1。まあ普通なんだが。女性ジョッキー中島良美がデビュー日に初勝利を挙げた。昨日のメルボルンC。メールドグラースの敗退で小さな記事になってしまったな。メールドはせっかくいいスタート切ったのに、ジリ下がりの感じで、中盤では13番手。周囲がバラけない状況が続き、レーンも仕掛け処を作れなかった。直線は片鱗をみせたものの消化不良のレースになった。昨日も云ったが、そうそううまくはね。私はデットーリのマスターがかなり斜行したので「これはヤバいか」と思ったが、放送席ではあまりふれてなかったので、ギリギリセーフなのかとも思ったが、やはり降着となってしまった。これで今週の騎乗はなし。それでもムーアとマーフィーが登場してくる。ルメール、ミルコに、スミヨン、シュタルケ、ムーア、マー...外人ジョッキーの奪い合い激化!

  • JBC浦和に3万人!菜七子ともうひとり…。

    JBC無事終って良かった。入場者2万9千人。売上58億円の新記録。う、浦和かァー。レディスクラシックはヤマニンアンプリメが好調ぶりをストレートに表現して戴冠。勿論オーバルを叩いた効果もあったのだろう。武チャンは働き者だなァ。スプリントは競馬場全体が菜七子の初G1制覇が見られると、直線は大歓声。そこに無粋で変わり者がひとりいた。御神本。彼のジョッキー人生は本になって、更に続編ができるほどの行状ぶり。あえて口にはしないが、波乱万丈の男だ。空気読んでないな、という声が多かったが、多分読めないんだと思うよ。まあブルドックボスは人気なさ過ぎだったよね。私は一応印は付けたけど、前走の東京盃だって、菜七子キッキングだけに耳目が集中したけど、ゴール前のブルドック御神本の鋭伸は凄かった。正に鬼脚という感じ。今回も浦和の4角手前で...JBC浦和に3万人!菜七子ともうひとり…。

  • 爆勝!大荒れみやこS、普通の馬連でもダブ万!的の中!!

    いやぁー大勝の翌日はゆっくりしたかったけどな(笑)。今日もなんかあるらしい。アルゼンチンも私の◎ムイトオブリガードが勝ったけど、なんといっても京都。重賞みやこSは、7人気-10人気-6人気という荒れた決着。普通の馬連でも19880円というほぼダブ万。3連複が62920円、3連単は473050円と重賞としては大荒れ。私の印は、◎-△-☆と立派な予想(笑)。昨日は府中9Rの勝負馬キングリッドも5人気で勝つし、退屈しなかったな。さてJBC。まず浦和の無事を祈りたい(笑)。皆さん大井のようなつもりで来ないように。レディスクラシック。無難に行くならファッショニスタになるが、川田の運気がチト心配も。もうリーディングは遠くなりにけり。去年のこのレース以来ダートを走るレッツゴードンキ。もう熟女といった風情だが、母のマルトクもD...爆勝!大荒れみやこS、普通の馬連でもダブ万!的の中!!

  • AR共和国杯・南アフリカにルメで…。

    昨日の2才Sはどちらも結構インパクトあった。京王杯は予想通りタイセイビジョンの完勝。前半はリズムを崩したがそれでも、折り合ってからは抜群の手応え。追い出しを待つ余裕で、マイペースのビアンフェを突き放した。母方の懐というか反発力も感じるので、今後も活躍できそうだ。一方ファンタジーのレシステンシアも強かった。初戦の内容を吟味すれば、そして追い切りの素晴らしさを加味すれば、この結果も導き出せたかもしれない。△しか付けられなかったのは反省だな。さてアルゼンチン。1番人気はアフリカンゴールド。ルメの騎乗が上乗せとなっているね。ましてラグビーW杯で南アフリカが優勝。もう止まらない(笑)。私はムイトオブリガードに◎。長期明けにはなるけど、昨年の2着を持ち出すまでもなく、この条件はプラスだ。中間もしっかり乗って仕上がりは良さそ...AR共和国杯・南アフリカにルメで…。

  • 京王杯&ファンタジー。

    今日のFNS27時間テレビは、スポーツがテーマのよう。来年の五輪を見ているのは勿論、ラグビーW杯やバスケット八村など、日本のスポーツも多角的になってきたという証拠なのかもしれない。京王杯2才S。なんとか二桁になったな。まだキャリア浅い時期だが、ここの馬たちは戦っている方だね。タイセイビジョン◎。函館2才は絶望的なレースになったけど、直線馬群を割るように追い込んだ。血統的にも千二は短い感じ。府中千四なら普通に台頭してきそうだね。マイネルグリット、ビアンフェの格上と、穴っぽいカイトレッドへ。あとはグレイトホーンとヴァルナまでかな。ノベンバーS。もうノベンバーなんだ(笑)。とにかく府中の3特別の合計頭数が25頭と寂しい。少頭数はむしろ穴になるケースも目立つ。ここはレッドラフェスタから好配当狙い。出遅れは仕方ない馬なん...京王杯&ファンタジー。

  • JBCから怒涛のG1連戦と外人ジョッキー!

    ハロウィーンとやらも終了。終り終り!あんなとこに真実はない。真実は…探し中。秋華賞、菊花賞、天皇賞と続いて、来週からはG1レースが今年いっぱい続く。で、今週は狭間、小休止、へっこみ、ディンプル…、なんてことを。JBCがあるではないか。スプリントはコパノキッキング、ミスターメロディらJRA勢が圧倒か。まあ地方勢も元JRA馬が多いわけで、自然と序列もついてしまうな。ノブワイルドにいちるの望みだけどなァ。クラシックも同じようにJRA勢の争い。こちらも地方勢は懐かしい顔ぶれだ。レディスクラシックはスプリントと同じ浦和のド定番千四戦。JRA勢やはりコース形態に対する不安はあるようだ。それにしてもG1戦3つの内、2つが同じ千四戦とは、浦和開催の是非も問われるよなァ。11月4日・浦和。競馬場がパンクしないことを祈る。アルゼン...JBCから怒涛のG1連戦と外人ジョッキー!

  • アーモンド圧勝と4回転ジャンパー。

    アーモンドアイ圧勝!昔と違って休養明けでスーパーG1勝ったって驚きはしないけど、完勝すぎるよな(笑)。何度も云ったように今回は枠順のアドバンテージもあった。レースだから安田記念のようなSアクシもあるけど、普通に出れば楽に好位で進められる。府中の二千は結構アレだからね。ルメがレース後云っていたように、サートゥルをすぐ前に見て、早くから優位性を保っていた。あとは直線で進路を探すだけで、やむなく最内へ突っ込んだが、そこまで全く負荷が掛かってないので、伸びる伸びる。このレベルの馬たちにアッという間に3馬身。放送席で「次走はジャパンCですかね」「そんなレースでいいんですかね。アッ、勿論ジャパンCも凄いレースですけど」なんか笑える。ダノンは安田の汚名を晴らすという強い意志を感じた。あれだけの大敗を喫しながら、あえてこの超豪...アーモンド圧勝と4回転ジャンパー。

  • 秋天・2強に割って入る…。

    アルテミスは大体予想したようなレースになったが、リアアメリアもステッキ何発も飛んだし、強さの中にもそこまで怪物感はなかったかな。とはいえ長期明けだったし、阪神JFの有力馬なのは間違いない。サンクテュエールはデビュー戦のリピートという感じだった。追い出してからスッと反応できない。アレだめなのかな、と思うとゴール間際になって脚を使う。今回は強いのがいたので2着だったが、こういうタイプは距離延長が味方になる可能性はあるね。桜花賞も出てほしいが、オークスの方がチャンスはありそう。さすがスミヨン。スワンSは大激戦となり、ダイアトニックが勝ったが、正直スミヨンでなかったら…。ゴール板での追い方、馬の首を前へ出す技法は日本人騎手にはなかなか。さて天皇賞。アーモンドもサートゥルも強い。リスグラシューも(笑)。どっちを本命にした...秋天・2強に割って入る…。

  • アルテミス・天才少女魅せるか。

    大雨となったけど、馬場は基本回復に向かう方向にはあるね。今日はどこまでか。アルテミスS。これまでの2才牝馬では一番インパクトのあったリアアメリアの登場。2連勝馬が2頭いて、頭数は少なくてもそれなりのメンバー。ま、賞金が2900万と低いので、充分な顔ぶれか。ここは素直にリアアメリア本命だな。子供っぽいとか、久々での長距離輸送競馬とか、不安点もなくはないが、他の馬だって多かれ少なかれ突っ込みどころはある。リアは早熟というか早目勝負の馬かもしれないが、尚更年内は稼ぎ処だろう。ラインオブダンスは3戦目の勝ち上がりになったが、血統や末脚の確かさからは段々良くなる…という存在か。サンクテュエールは馬場がどうかな。きれいな脚捌きで、キャリアからもはぐる可能性は否定できない。ただ資質は相当と思うが。あとは穴でオムニプレゼンス。...アルテミス・天才少女魅せるか。

カテゴリー一覧
商用