searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

今日のドン言さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
今日のドン言
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/donbu707
ブログ紹介文
競馬を違和感感知カメラでとらえ、独自のスケールで分析します。すべてが紙一重。それが実は大きい。
更新頻度(1年)

247回 / 365日(平均4.7回/週)

ブログ村参加:2014/10/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、今日のドン言さんの読者になりませんか?

ハンドル名
今日のドン言さん
ブログタイトル
今日のドン言
更新頻度
247回 / 365日(平均4.7回/週)
読者になる
今日のドン言

今日のドン言さんの新着記事

1件〜30件

  • JCロスから有馬へ。

    やっぱりJCロスはあるよね。今日は追い切り日で、順次枠順が決定したりと、また競馬日常になるのだが。昨日キセキとカレンブーケドールが正式に有馬参戦を決めた。すでにクロノジェネシス、ラッキーライラック、フィエールマン、ラヴズオンリーユー、ブラストワンピースが表明しているが、JCで見せ場充分のキセキ、カレンの参戦は楽しみだ。今後の調整次第では、サートゥルナーリア、グローリーヴェイズ、ワールドプレミア、ミッキースワローに、オーソリティも可能性はある。仮にこれらすべてが揃ったら結構花盛りな有馬になるね。種牡馬タピザー(米)の導入が決定した。勿論タピット産駒なのだが、本来バニシングポイント(藤沢和)が旋風を巻き起こして、その流れでのタピザー輸入という見込みだった筈。嗚呼、バニシングよ何処へ。今日はショートで失礼する。JCロスから有馬へ。

  • 有終の美! 絶品アーモンド!! 

    アーモンドアイの目が凄かったね。まるで最後の舞台というのを知っているかのよう。目に強い意志が宿り、そして崇高なものにさえ感じられた。馬体も張りといい筋肉の動きも完璧なモーション。初めて本気になった、今まで感じたことのないオーラの相手を目にして、完全にスイッチが入った。これが本当のアーモンドアイだったのだ。牡とか牝とか全く関係なし。競走馬として、生き物として、ほぼ神的存在。それくらい昨日のアーモンドアイは神々しかった。コントレイルは始め少し圧迫あったが、すぐに1頭だけポツンの位置でリラックスして走れた。流れを考えれば豪快に差し切ってもおかしくなかったが、別格の「神」には…。デアリングタクトは思ったより前目に付けられたし、正味の戦いを挑んだ。さすがにこれまでとメンバーが違うので、楽に上がることは出来ず、早目に手も動...有終の美!絶品アーモンド!!

  • JC・考えてもなァ。現実なのか夢舞台。

    いよいよだね。気が遠くなるほど競馬を見ている私でも、さすがにこれだけのビッグマッチは…ね。天気もいいし、馬場は多少タフでも好レースが期待される。私はカレンブーケドールで行きたい。堂々の3着狙い(笑)。この馬に重い印を付けた覚えはあまりないが、まさかこんな高い舞台でとはね。まず好発を切って、トーラスが来たらうまく折り合いつけての2-3番手が理想か。有力馬が近所の枠なのは辛いところだけど、直線はツムツム粘れっ!と一声でも上げられれば。コントレイルは不安説もあったが、そんなに悪くは見えない。矢作麗ちゃんも結婚したらしいし(笑)。アーモンドアイは詰めたローテで嫌う人もチラホラは。ただこの枠で普通に出れば、下手なレースをするとも思えないよな。デアリングタクトは一番マイナス点が少ない存在だが、あとは能力関係だけ。ただスピリ...JC・考えてもなァ。現実なのか夢舞台。

  • JC前日、心上の空でも参加する以上は…。

    注目のオッズは今の時点でアーモンド、コント、デアリングの順で、3頭の3連複は朝で3.5倍。信じるか…微妙か(笑)。キャピタルS。内からミラアイ、モズの先手争いにサトノが絡んで行く形か。カテドラル◎。昨秋の富士S→マイルCSの内容は、ここなら充分主役級。ここへきて復調気配も窺えるし、ルメを配するのも頷ける。トライン、ピースワンパラディにウーリリが相手。一応ロードマイウェイとソーグリッタリングが押さえ。銀嶺。千四戦にしては先行が手薄な印象。ならばスパーダ本来の快足が見られそうだ。前走は芝スタートを嫌ったという話だが、話半分としても、今回は強引に行く馬がいないので、ハナ取れる確率は高そう。木幡巧でも一心不乱の逃げで押し切りたい。相手だがマイウェイアムール、デピュティプライム、ペイシャネガノでいいか。あまり手は広げたく...JC前日、心上の空でも参加する以上は…。

  • ジャパンC・枠順エグイな。

    JCは枠順が何ともね。意識し合えと云ってるようなもんだな。それにしても15頭とは出たもんだ。サートゥルが回避してのだからね。サートゥルは万全を期してグランプリへ、という若干の逃げ感か。有馬までちょうどひと月。大した不安ではないのは見て取れる。それとヨシオ(笑)。どういう経緯なのか。生産、馬主、調教師と個性的ではあるが。国枝厩舎のカレンとアーモンドが1番2番。とりあえずカレンはうまく出て主導権の構え。それをトーラスが飛ばしてのハナという感じ。アーモンドはスタート次第だが、この枠なら4-5番手で1コーナーを回りたいところか。当然コントレイル福永はギンギンマークの形。もしアーモンドが後手踏めば自ら好位置キープもある。あとキセキだよな。これも出っぱ次第。トーラスが大逃げのケースもあるけど、2番手のペースとしてはどう考え...ジャパンC・枠順エグイな。

  • グラン圧倒! まだまだ成長してるゾ!!

    ルメールは涼しい顔してマイルを走らせた。前走の離れ業っぽい勝ち方もいいけれど、あくまで自然流で馬の邪魔をしないのが一義。直線で進路が見えない瞬間もあったが、馬もジョッキーも余裕がハンパないので、慌てることもなくグイッと抜け出しての完勝。インディチャンプとアドマイヤマーズもよく差を詰めてはきたが、マイル最強クラスの牡馬でも、レースを盛り上げる一助の役割だった。母タピッツフライ(タピット)の繁殖馬としてのレベルの高さ。グランアレグリアの下にたった1頭を生んだのみで逝ってしまった。そしてその1頭も新馬戦では、出遅れ→ノーステッキ→圧勝という、姉に劣らぬ驚嘆のデビューぶり。しかし、圧勝デビューのたった17日後に急死。何たる暗転。あくまで牧場関係者の伝聞だが、タピッツフライはすぐ下の男馬の方が走りそうだよ。グランアレグリ...グラン圧倒!まだまだ成長してるゾ!!

  • マイルCS・至極の戦い。やはりあの馬か。

    好メンバーのG1戦を前にしても、尚その先のドリームレースに心半分持ってかれてるね。明日も開催があるので、いつもより短い1週間、正にアッという間にJCがやってくるぞ。これまでの蹄跡を辿ってもほんとに強いグランアレグリア、そしてサリオス。この2頭をとりあえず嫌う確かな理由はない、よね。タラレバは甚だ卑怯な論理だが、コントレイルさえいなければサリオスは2冠馬。しかも二四を克服してのだ。先週のサラキアをみても距離融通はあるにしても、サリオスは巨漢馬だけにマイル適性が勝っているのは普通の見方かと思う。ミルコだけに出遅れとかも心配ではあるが、余程大きな不利でなければ、能力の絶対値で何とかなるか。グランアレグリアはこの2戦、いや宮記念を含めてもポテンシャルの底が見えないほど。今は亡き母と弟のためにも応援したい。願わくば直線半...マイルCS・至極の戦い。やはりあの馬か。

  • 3日間開催、皆さんご自愛のほど。

    3日間とはいえ、2場開催は落ち着くね。ジョッキーは乗り馬の確保や移動で大変かもだが。さて奥多摩は魔女S(古い)。府中はCコースでどう影響するかな。ここはカルリーノで行く。前走は休み明けもあったし、馬場も多少はね。叩いて好枠を活かしたい。ブレイブメジャーとビッククインバイオを相手に、ミュージアムヒル、アーデンフォレスト、ショウナンアオゾラが圏内。穴はアンブロジオに最内のハーフバック。伊勢佐木。もう随分行ってないな。ここは行く可能性のある馬は結構いる。ヴィアメントの決め手を上位に考えたい。不安定な面のある馬なんだけど、そろそろ気性面の成長もね。戸崎で直線外から追い込む。キタノヴィジョン、バンクオブクラウズが強敵で、ウインダークローズと穴のエイシンヨッシーまでに絞る。西湖。前掛りは必至の組み合わせ。穴狙いでホウオウク...3日間開催、皆さんご自愛のほど。

  • またまたまた、ルメール…。今週、来週ヘイ。

    正直ね、ルメールには勝ってほしくなかったな。逆にラッキーライラックにはあらぬ思いで不当な評価(4番手)をして申し訳ないと云っておきたい。去年はスミヨンで3番人気だったが、私期待満々だったっけ。もう懐かしい。11月になって、天皇賞・京王杯2才S・アルゼンチン共和国杯・エリザベス女王杯。半月で4重賞制覇のルメール。今週はグランアレグリア、来週はアーモンドアイ。どうするよ(笑)。それにしてもグランアレグリアの馬柱で「初仔」とある。悲しいね。ほんとならひとつ下のブルトガングもガンガン活躍していた筈。おっと、また始まったゾ(笑)。さてラッキーライラックは大外だけに無理せず前半を過ごす。このあたり午前中のサトノスカイターフ(同じく大外枠で、掛かって一気に先頭まで突っ走ってしまい失速)のテツを踏むまいという確固たる意志か。ま...またまたまた、ルメール…。今週、来週ヘイ。

  • エ女王杯・G1は応援のスタンスで。

    G1レース開催なのに、何となくJCへのカウントダウンを意識してしまう。ま、これはこれ好レースを期待しませう。ノームコア本命。宮記念まで出たことを考えれば、当然2200mがポイントにはなるか。ただクロノジェネシスのレースぶりを思うとね。勿論姉妹とはいえ個性は違うし、クロノよりは距離融通はなさそう。ノリの腕込み、というか好みで本命。クロノロジストは大した母だよな。クロフネだし応援するだけだ。前走負けそうと思っていたラヴズオンリーユーの巻き返しに、センテリュオの充実ぶりが相手。ラッキーライラックは大外とさすがにルメも、という穿った見方。とはいえ争覇圏は間違いない。あとは前走優秀なソフトフルート、サラキア。一発はサトノガーネットだが。オータムリーフS。ここも応援込めて団野のヒラソールに期待した。除外明けの前走は初の左も...エ女王杯・G1は応援のスタンスで。

  • G1へ向けベルオーブ発進!

    JCの話題が勝ってる今日この頃。女王杯もマイルCSも面白そうなレースだけどな。まずはクロフネ…じゃない武蔵野S。初ダートで重賞というとクロフネを思い出すね。ここは1頭だけいるな。エメラルファイト…父クロフネ(笑)。ここはデュードヴァン本命。ケンシンコウと3才は2頭だけ。メンバー的にそんな柔いレースにはなりそうもなく、ユニコーンであの位置から追い上げた脚力は55kなら通用してもね。サンライズノヴァ、ワンダーリーデル相手なら好配当。勿論タイムフライヤーは切れないし、エアスピネルに大穴はフィードバック、スマートダンディーか。モズアスコットは一応遠慮してもらったが。ユートピアS。結構前掛かりになるかな。軸候補が3頭いたが、攻めてローズテソーロ。スランプ気味の今年だけど、前走は最速で上がって復調気配。大幅増を叩いたわけだ...G1へ向けベルオーブ発進!

  • 女王杯・追い切りも花盛り。

    今週は盛り沢山な番組となっている。ただでさえ3場開催でジョッキーのやり繰りも苦心のよう。女王杯は追い切りも花盛りという感じ。栗東坂路では勢いに乗るサラキアが依然快調。北村友の手綱でかなりのプラスアルファなのかも。センテリュオ、ミスニューヨークはいい動きで、サトノガーネットは攻めた感じ。ラヴズオンリーユーは軽めも先週で結構仕上がってるよう。CW組は終い重視の感じだが、やはりラッキーライラックがいい動き。ウラヌスチャーム、サムシングジャスト、シャドウディーヴァ、ソフトフルート、リュヌルージュと終いは伸びて順調。美浦ではウインマリリン、ノームコア、ロサグラウカと余裕残しで調整を終えた。人気の1頭ラッキーライラックは今回ルメールで臨む。今月すでに3重賞制覇と極上だが、いくらなんでも…。悩ましいね(笑)。ロジータ記念はル...女王杯・追い切りも花盛り。

  • ルメばかりのインタビューでっせ…。

    これから7週間で8コのG1レース開催だ。こんな年だけど怒涛のレースシーンとなるね。オーソリティ復活のアルゼンチン。これで6戦4勝だけど、ホープフルは不利あってコントレイルに4馬身半の5着。弥生賞は馬場悪かったしヒューイットソンで3着。あとは勝っている。それにしてもルメールばかりの勝利騎手インタビューだよな。毎度!もなんかなァ。オーソリティは母ロザリンドだから、云うまでもなくシーザリオの血。サートゥルナーリアのJCも楽しみだ。オヌールはデビュー勝ちしたが、なんか予想したレースぶりとは違ったなァ。武チャンも結構スタートから気合い入れてのレース。もっと前半は流して行くかと思った。その分切れ味というほどの脚は見せなかった。調教の映像を見ても併せ馬と大きさが結構違ったので、私は428kぐらいと予測したが、更に10k軽い4...ルメばかりのインタビューでっせ…。

  • アルゼンチン共和国杯・18頭だし何が…。

    やはり今の時期の2才重賞は素直さも必要だね。スケベだからツラいわ。アルゼンチン共和国杯。ここもフルゲート18頭だよ。スケベ心が疼いてしょうがないな。ま、個性だから、と強引に納得させて◎アイスバブル!正直自信はないが、目黒記念の印象が強いね。何しろ同じ府中の二五戦だ。そんな単純なもんでもないが、追い切りは結構渋太かったし、横山ファミリー揃ってヨコタケも目立ちたいところ。あくまで3着狙いの本命だね。好きなサンレイポケットは遂に人気馬となってしまった。謹んで対抗。穴っぽいオセアグレイト、サンアップルトンに、当然ユーキャンスマイルは圏内だし、オーソリティ、ラストドラフト、メイショウテンゲン、バレリオと続く。錦秋。ププッピドゥが行くだろうが、かなりモツれそうな予感。叩いて普通に良化のバンブトンハートで好配当狙い。ほとんど...アルゼンチン共和国杯・18頭だし何が…。

  • 京王杯2才S・何が出るかな、何が出るかな。

    なんか29日のJCへ半分気持ちが行ってる感じかな。今日は狙いどころ満載の京王杯2才S。迷って当たり前のレースだけど、ストライプで好配当と行きたい。大きな馬だから2度使って状態は確実にアップ。前走の内容もいいし、あとは斎藤の手綱だな。アメリカンファラオXタピットというスンゴイ血統のリフレイム。色々あっても連勝だ。ブルーシンフォニーは激戦の新潟2才で底力みせた。レガトゥスは半信半疑も一応圏内。モントライゼ、ユングヴィにリンゴアメ。大穴はファルヴォーレか。ノベンバーS。素質馬多いが、クロノメーターの伸長力に賭けたい。芦ノ湖ではサトノフウジンに負けたが、クロノが1番人気だった。初の千八がポイントも底は割れてない。フィニフティ、サトノフウジン、サトノウィザードが強敵で、オメガラヴィサン、サトノエルドール、ヴァンランディが...京王杯2才S・何が出るかな、何が出るかな。

  • レッドベルオーブとオヌール雑記。

    コントレイルのJC出走が正式に決まった。数日前から「出そうだ」という噂は聞いていたが、デアリングタクトとの夢対決が実現するわけだね。あとサートゥルナーリアもいるしな。とにかく29日は大変な日になるね。私マンションの総会があるし(役員)、ご贔屓のレストランが閉店するはで、29日は気忙しいぞ。今週は2才重賞の京王杯2才S、ファンタジーSがある。特に京王杯はフルゲート18頭立てだ。函館王者に新潟と小倉の2着馬が揃う。2連勝のリフレイムに良血レガトゥスと話題も豊富だ。ところが来週のデイリー杯はどうも少頭数になりそう。今週の2つは同じ千四だし、なんか割り切れねぇな(笑)。来週のデイリー杯にはレッドベルオーブが登場。多分勝つだろう。私は痛恨。随分前にも云ったと思うが、レッドベルオーブとジェネシスの上下査定で迷いに迷って。当...レッドベルオーブとオヌール雑記。

  • 今日はJBC・参銭はしないけど、一応舐めておく(笑)。

    今日はJBC。夕方からだと、出かけた後でも見れる人が多いね。私は昼から夜まで出かけてしまうので、生では見られない。クラシックはクリソベリルの登場だ。仕上がり次第なんだろうけど、枠もいいしね。オメガパフューム、ロードレガリス、サクラアリュール、チュウワウィザードの5才勢が打倒を目指す。10才サウンドトゥルーの走りも楽しみだね。JRAに唯一別次元で迫れる森泰斗。スプリントは激戦必至という感じ。内にヒロシゲ、モズといるので、サッとスピードアップしそうな気配。ハンパなレースにはならないね。東京盃のジャスティン、ブルドッグボス、コパノキッキングは当然圏内だけど、ミスターメロディがどういうレースをするか。大外がうまく作用すれば一発の可能性もありそう。レディスクラシック。前走があまりに強かったマルシュロレーヌ。芝でも牝馬重賞...今日はJBC・参銭はしないけど、一応舐めておく(笑)。

  • 8冠に泣いたルメール。2着3着もスゲェー脚!!

    ルメールにとっても8冠というのは特別だったんだな。勝った後のウイニングラン?でも泣いていたし、インタビューでも「話せない…」と下を向いた。レースはほぼ完璧だったかな。スタートも出たし、G1としてはスローな流れでの4番手は理想だろう。形として追い出しを待った割には、2頭に詰め寄られた印象だけど、一緒にいた馬たちは置き去りにしているし、あの2頭の走りが凄かったというところ。まずは完勝だ。今後どうするかね。今年クラシックで牡牝共に三冠馬誕生だが、ルメールが絡まないという現象。ジョッキーは被らないが、まあそんなにゲームのように簡単にはね。一応香港もあるにはある。2着はフィエールマン。それにしても凄い脚だったな。ゴール前100mでの飛ぶようなフットワークは圧巻だった。スタート後に挟まれたのも痛かったろうが、二千あれば能力...8冠に泣いたルメール。2着3着もスゲェー脚!!

  • 天皇賞・手頃な頭数、言い訳なしの10ハロン!

    アルテミスはソダシに脱帽しとく。まあ楽なレースではあったけど、3連勝はなかなかね。サトノレイナスの方が強いような気はするが…。ククナとテンハッピーローズが普通にレベルの走りかと思う。期待したクールキャットも将来性は感じた。スワンSはカツジがリステッド9着からのG2Vとなった。千二を使ったことで馬がピリッとした感。勝っちゃった、という岩田父の顔も良かったな。さて天皇賞。アーモンドアイは映像を見る限り状態いい感じ。二千は負けてないということで適距離と云われている。まあ勝つ確率は高いとは思うが、攻めの姿勢ならダノンキングリー。ノリが乗ってた時は新生面も発揮したが、やはり戸崎にとって愛すべき馬。元々精度の高い馬なので、休み明けも気にならない。むしろ馬体重があまり減らないで、という感じかな。強気な競馬で好勝負を期待したい...天皇賞・手頃な頭数、言い訳なしの10ハロン!

  • 秋、真っ盛り! 府中はツムツムで一発狙い!!

    久しぶりに3場良馬場。正に秋真っ盛りという佳き日だ。アルテミスS。リアアメリア・シェーングランツ・ラッキーライラック・リスグラシューとレベルの高さは賞金2900万をオーバーしている。今年はどうかな。チト地味目に映ったりするのだが。私は来週デビューの大物牝馬候補オヌールで心は一杯(笑)。今日の京都マイル新馬で人気になっているピエトロサンタに、今週の追い切りで先着した。1週前の馬なのにだ。全姉はデゼル。日本の三冠馬DIに仏の二冠牝馬という日仏血の結晶。武チャンが乗るらしいが、やはり堂々とルメールでクラシックへ行きたい。おっとデビューは来週だ。鎮めて…。大幅に話が逸れた。ここはクールキャットを先物買いで。そのルメールが乗らないのは不満もあるが、ツムツムだってやる時はやる…筈。先行好位タイプが多くて雁行状態か。クールキ...秋、真っ盛り!府中はツムツムで一発狙い!!

  • 日高線大半廃線。青雲の思いよ。

    秋の天皇賞。色々と難儀な令和だからこそ好レースを期待したいね。府中の二千といえば、メジロマックイーンを持ち出すまでもなく、ゲートからが結構な関門。まあ12頭立ては少しだけ落ち着いて見れるのかな。1番枠はブラストワンピース。アーモンドアイは9番、キセキはその内8番、更にその内7番がクロノジェネシス、更に更にその内の6番がフィエールマンとなった。カデナやスカーレットカラーも含めて、スタート次第という馬が多いね。手頃な頭数で展開からもクギ付けでアッという間のレースになりそう。この私がなんと、5日間も酒を入れてない(!)熱は途中からずっと36台なのだが、ノドの痛みと咳は残っている。元々扁桃腺炎、気管支炎の「ケ」はあるのだが、なんか細菌をもらった感じで、今回はチト厳しいものがあったぜよ。日高線の大半となる鵡川-様似間が廃...日高線大半廃線。青雲の思いよ。

  • 菊花賞・距離もプレスも克服、三冠馬誕生!

    コントレイルは一見うまくレースしたようで、実は結構力んでた雰囲気だった。それでも二千とかなら性能の差で快勝だったろうが、三千でリラックスできないと辛いわな。ピッタリ外からマークするアリストテレス、いやルメール。さすがに福永も「まずい」と思ったらしい。直線は共に相手を窺う瞬間を提示しながらのマッチレース。熟練の手綱だけに派手というより、ゴールまで逆算して息を計りながらの戦いだった。そしてコントレイルは勝った。素晴らしい。1年前の東スポ杯の時、ムーアがもう勝ち決まりなのに追いまくったことに論議も上がったが、あれが生きたような気もするぞ(笑)。これからは上の世代との対決。JCへ行くというアナウンスは出なかったが、何もこわいものはないだろう。穴で期待したロバートソンキーは9番人気で6着。伊藤を鞍上にケレンミないレースだ...菊花賞・距離もプレスも克服、三冠馬誕生!

  • 菊花賞・私が熱発…。

    いやァーまいった。風邪気味だと思ってたらひどくなってしまい、熱も38.2と出て、苦しいこと甚だしい。せっかく大好きな菊花賞だというのにね。コントレイルが負けるというのはギャンブルとして成立するけど、これまでのパフォーマンスからしてやはり失礼なことかと思う。頭が痛くて細かな言葉は出せない。ヴェルトライゼンデ、ロバートソンキー、ダノングロワールの3頭を相手に。ギンギンに勝負するレースでもなかろう。観戦料というところ。とにかく体調不良で申し訳ない。寝ることにします。菊花賞・私が熱発…。

  • 富士S・勢いは馬か人か。

    今日は用事があったり忙しいのだが、なんと風邪をひいてしまった。馬場はまだ多少渋ってるようだ。乾いてくるとは思うが。富士S。今日はルメールの騎乗が質量共に凄いね。何勝するかな。ここは様々なローテからの参戦。先週も大健闘した大野のペルシアンナイトから。終わったとみられていた馬が反攻の狼煙だ。ヴァンドギャルド、サトノアーサー、ラウダシオンと実績馬へ。タイセイビジョン、シーズンズギフト、ワーケアと続く。まあスマイルカナも一応。赤富士S。展開がチト微妙かな。叩いて府中ならネオブレイブの食い込みも。徐々に身が入ってきた印象で、調教は走らないけど流れひとつ。リフトトゥヘヴン、タガノボンバー、キャンディスイートを相手に、トワイライトタイム、ラージヒル、ウインフォルティスまで。アイビーS。ワンダフルタウンが回避して、まあ普通に見...富士S・勢いは馬か人か。

  • あらためてコントレイル…。

    抽選で落ちた2頭はアンティシペイトとココロノトウダイだった。先週落とされたルメールのアリストテレスは滑り込んだ。落ちた2頭は共に先行もできる馬だったからね。これでバビット以外でハナへ行く可能性のある馬はキメラヴェリテだけという感じだな。それも17番枠と厳しい。まあ普通にバビット内田の逃げになりそう。2枠3番と内に入ったコントレイル。最初のコーナーが比較的すぐなので、ある程度は出して行くのかな。コーナーは4-5番手で、1周目の直線では余裕もって7-8番手というところか。内が悪い場合はずっとインはどうかと思うが、三千だからコース取りのチャンスはあるだろうしね。何よりスッと動ける馬だから、そんな心配すら失礼ってもんか。距離自体は必ずしも適性ではなくても、同一世代相手だし、二四戦圧勝してるわけで、不安は極端に少ない感じ...あらためてコントレイル…。

  • 嶋田功死去。

    菊花賞はコントレイルが真正なDIの後継馬として歴史に名を刻む一戦となるわけだが、競馬だからね。何があるかは…。それは別として抽選組にルメールの名がある。この既視感(笑)。先週の秋華賞はレイパパレで抽選落ちだったね。今回はなんとアリストテレスだ。府中のメインがリステッドというのもあるからなァ。ここの抽選組もココロノトウダイ以外はそんなにバカにできないか。来年度の日程が発表になった。何といっても京都の改修工事分がポイント。そして京都のG1開催5レースはすべて阪神となった。施行距離を順守するため、春天は1週目外回り、2週目は内回りとなる。そして遂に東スポ杯2才SがG2へ格上げとなるのだ。チューリップが格上げされてから取り残されていたが、ようやくだね。これで2才の秋の大一番が紛れもなく東スポ杯になるわけだ。そこがひとつ...嶋田功死去。

  • 三冠秋華→三冠菊花へ。

    デアリングタクト。三冠牝馬は堂々抜け出した。かなり早い段階で鞍上との呼吸も完璧だったし、外目へ出しての安全策。特に絡まれることもなく、まあ横綱相撲という感じか。パドックから馬場では結構テンション高かったけど、レースへ行って余計なことはしない。完勝といっておこう。松山もアルアインの頃からすれば、完全にトップジョッキーになったね。マジックキャッスルは10番人気か。オークスでもデアリングに次ぐぐらいの脚は使ってたけどな。大野ということもあって盲点となった雰囲気。どこぞの48にいるアイドルがマジックを本命にしての本線的中。そのうえ3着ソフトも4番目に抜擢しての3連単的中だと。どこぞの48のアイドルがね(笑)。そのソフトフルートは惜しかったね。完全に出遅れて最後方から。前走の圧勝が本物だったということ。これは抽選通った馬...三冠秋華→三冠菊花へ。

  • 秋華賞・三冠当然もあえては…。

    昨日の雨は予報より長引いた感じで、京都は重スタートだ。ある程度回復するとは思うが。牝馬三冠達成の瞬間見たさで盛り上がることは間違いないが、ぶっつけの京都二千は気持ち不安はあるかな。ただ帰厩してからの動きはさすがのひと言。少なくとも能力を出せる状態にはありそうだ。私はクラヴァシュドールに賭けてみる。昨日、土曜の結果を見てから、と云ったのは府中牝馬Sにミルコが騎乗していたからだ。ラヴズオンリーユーは5着敗退。心置きなくクラヴァシュから行ってみよう。サリオスに1頭だけ迫ったサウジアラビア。以降も阪神JF、チューリップと馬券内で、桜花賞は4着。しかしあの馬場で内を走っての健闘はかなり評価できると思う。オークスは行き過ぎ感で大敗だが、今回は二千と一応の許容範囲。勿論距離は懸念材料のひとつにはなるが、あとは当日のテンション...秋華賞・三冠当然もあえては…。

  • 雨なので控え目で穴狙い(笑)。

    今日は何といっても雨がね。特に府中は結構な雨量になりそう。皆さんお控え目に。寛仁親王牌はドームだからメイチ行けますよ(笑)。さて8頭立ての府中牝馬S。G2なのに、と突っ込みたいところだが、顔ぶれはまずまずか。ラヴズオンリーユーが勝って当然だろうが、フェアリーポルカで攻める。和田はシゲルでなくこっちに乗るね。再調整の雰囲気だけど、千八で渋った馬場も大丈夫そう。あとは府中コースだけかな。トロワゼトワルはハナ有力で、何しろノリだからね。ラヴズを単穴として、ダノン、サムシングが続く。シゲルは厳しそうだが、好きなんで小さい△。白秋。叩いたアプルーヴァルで穴狙い。前走でうまくガス抜き出来た感じで、追い切りも絶好。得意の左回りで重馬場も悪くはなさそう。ザイツィンガー、カルリーノ、ビッククインバイオへ行って、フレッチア、ミュー...雨なので控え目で穴狙い(笑)。

  • 秋華賞枠順決定と、あるオコている問題。

    秋華賞の枠順が決まった。大本命のデアリングタクトは13番とやや微妙か。オークスではリアアメリアと近所だったが、今回リアは1枠2番を引いた。たしかにオークス時のデアリングは不利が大きく、あれで勝っちゃうのか、というレースではあったけど、リアの本格化に対し、デアリングはぶっけ。ま、逆転があっても驚けないか。それと逃げ馬が皆無の雰囲気。内にリアとマルターズディオサ、大外にウインマリリンとアブレイズという感じ。一応内のマルターズがハナ切りそうだけど、まあハイペースにはとてもね。スタート次第では18番から藤井が強引に行く可能性も少しあるかな。何にせよ道中は雁行気配で、ちょっとしたコース取りや仕掛けで着順が変わるようなレースになりそうだ。さて昨日云った平塚の競輪GPの話だが、1日経って結構各所から憤懣が吹き上がってきた。折...秋華賞枠順決定と、あるオコている問題。

カテゴリー一覧
商用