searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE
ブログタイトル
今日の視点 (伊皿子坂社会経済研究所)
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/mkitajima6071
ブログ紹介文
 伊皿子坂社会経済研究所のファイリングサイトにようこそ。
更新頻度(1年)

246回 / 365日(平均4.7回/週)

ブログ村参加:2014/09/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、今日の視点 (伊皿子坂社会経済研究所)さんの読者になりませんか?

ハンドル名
今日の視点 (伊皿子坂社会経済研究所)さん
ブログタイトル
今日の視点 (伊皿子坂社会経済研究所)
更新頻度
246回 / 365日(平均4.7回/週)
読者になる
今日の視点 (伊皿子坂社会経済研究所)

今日の視点 (伊皿子坂社会経済研究所)さんの新着記事

1件〜30件

  • ♯1551 少子化への政策論

    昨年の暮れ、国内で生まれた日本人の数は明治32年(1899年)に統計が取られ始めて以降の120年間で初めて90万人を割ることが厚生労働省の推計で分かったと、多くのメディアが報じました。少子化の最大の要因に新生児の母親となる若い女性の減少があることは、(それぞれコメントを寄せている)多くの識者が指摘しているところです。人口が比較的集中している団塊ジュニア世代がいよいよ40代後半になり、出産期を外れようとしています。一方、25~30歳の女性については毎年約20万人規模で減少しているという現実があり、現在の出生数の減少が長期化するのは避けられない状況と言えるでしょう。さらに憂慮されているのは、政府の想定よりも出生数の落ち込みが激しいことです。国立社会保障・人口問題研究所は、出生数が86万人台になるのは2023年と推計...♯1551少子化への政策論

  • ♯1550 高輪ゲートウェイ駅と品川開発プロジェクト

    山手線の新駅としては(西日暮里駅に次いで)実に46年ぶり、京浜東北線では(さいたま新都心駅以来の)19年ぶりとなるJR東日本の新駅「高輪ゲートウェイ駅」が3月14日に開業します。新駅には、構内ロボットの導入や駅ナカに無人店舗を設けるなど未来の駅を予想させるような試験的な仕組みが導入されると伝えられており、建築物としての斬新なデザインとも相まってメディアも注目しているようです。もともと「品川新駅」などと呼ばれていたこの駅は、そのネーミングをどうするかという経過を巡って一躍全国に知られるようになりました。駅名の「ゲートウェイ」は、かつて江戸の玄関口「高輪大木戸」があったなどに因んだものとされています。しかし、2018年6月にJR東日本が駅名を公募した際には、1位は高輪、2位が芝浦、3位が芝浜とゲートウェイの「ゲ」の...♯1550高輪ゲートウェイ駅と品川開発プロジェクト

  • ♯1549 易姓革命と新型肺炎

    古代中国の思想家である孟子は、青年時代に孔子の孫である子思(しし)の弟子から学び儒教の礎を築いた儒家の1人です。高校の教科書などにも記されているように、孟子の代表的な思想に「易姓革命」というものがあります。そして、この思想の基本には、天上の神である「天」を最上のものとし、地平を統べる王(皇帝)は天の命じるところ(つまり「天命」)により国を治めているという考え方があるとされています。天がそれに相応しい人格者に「お前が王となって国を治めよ」と命じる。天から王にそうした資格を与えられることによって、(天に代わって)国は安らかに治まると孟子は考えました。しかし、その王朝の子孫が暗愚で民衆が苦しむような政治を続けるようになったとき、天は愚かな王に警告を与えるようになる。それは飢饉であったり、河川の氾濫であったり、あるいは...♯1549易姓革命と新型肺炎

  • ♯1548 新型ウィルス対策は次のフェーズへ

    厚生労働省は2月13日、中国湖南省の武漢市を中心に世界規模で拡大している「新型コロナウィルス」への感染がもたらす肺炎によって、神奈川県在住の80代の日本人女性が亡くなったと発表しました。新型コロナウィルス感染者の国内における死亡例は今回が初めてであり、女性には中国への渡航歴はないことから、国内の各地において(実は)二次感染が起こっている可能性が(いよいよ)否定できない事態となっています。加藤勝信厚労相は記者会見において、「国内で感染した可能性をふまえながら、疫学調査を実施したい」と述べていますが、我が国における新型コロナウィルス対策が(中国からの帰国者を対象とした)「水際対策」から次のフェーズ(局面)に入ったことはどうやら紛れのない事実のようです。同日のニュースサイトの「Yahoonews」では、ジャーナリスト...♯1548新型ウィルス対策は次のフェーズへ

  • ♯1547 就職氷河期世代ですが、何か?

    昨年、『フォーブスジャパン』が発表した「日本長者番付2019」において、2016年以来のトップに返り咲いたのは、衣料品の『ユニクロ』を手がけるファーストリテイリングの創業社の柳井正会長(70才)でした。保有資産は249億ドル(2兆7670億円)で、前年から56億ドル増加しこの1年で大幅に資産を伸ばしたということです。2位に入ったのは(やはり…と言うべきか)ソフトバンクグループの孫正義社長(62才)で、前年から21億ドル増加の240億ドル(2兆6670億円)で続いています。1000億ドル規模と言われるソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)を使ったベンチャービジネスへの多額の投資で、昨年も世界的に注目されました。そして3位に入は、工場用ロボットのセンサーなどで急進中の計測器メーカー「キーエンス」の創業者である滝...♯1547就職氷河期世代ですが、何か?

  • ♯1546 ミレニアム世代

    学生時代からインターネットやパソコンのある生活環境の中で育ってきた1970年代後半以降に生まれた世代を、「デジタルネイティブ(digitalnative)」と呼ぶそうです。さらに、物心ついた頃から学生時代にかけて、携帯電話やホームページ、インターネットによる検索サービスに触れてきた世代を「デジタル・ネイティブ第1世代」とし、ブログやSNS、動画共有サイトのようなソーシャル・メディアやクラウドコンピューティングを使いこなし青年期を過ごした世代を「デジタル・ネイティブ第2世代」と称する細かな分類もあるようです。なぜ、こんな話を(急に)しだしたかと言うと、「働き方改革」をいかに進めるかという行政の検討作業の一環として、IT関連のベンチャー企業のオフィスの状況をいくつか続けて目にする機会を得たからです。訪れた先々の職場...♯1546ミレニアム世代

  • ♯1545 インターネットの普及と社会の分断

    昨年暮れに出版された新刊書「ネットは社会を分断しない」(田中辰雄・浜屋敏著、角川新書)が話題になっているということです。著者の田中辰雄慶應義塾大学教授(計量経済学)らは、インターネットと社会の分断との関係を確認するため(延べ約17万人を対象とする)大規模なアンケート調査を実施したとされています。そして、調査の結果から、「ネットが社会を分断する」というこれまでの定説とは大きく矛盾する事実が判明したということです。しかし、近年の世界的な傾向とも言える社会的分断の拡大とインターネットとの関係性を否定するのは(それはそれで)無理があるような気もします。作家の橘玲氏は田中氏らのこうした研究の成果を踏まえ、1月2日の自身のブログ「橘玲の日々刻々」に「ネットによって社会の分断が起きたのでなく、ネットメディアを使う人に政治的に...♯1545インターネットの普及と社会の分断

  • ♯1544 マスクパニック

    新型コロナウィルスへの感染の不安が広がる中、駅や電車の中、デパートなどの人が集まる場所ばかりでなく、気が付けば通りを歩くほとんどの人がマスクを着用している状況を目にするようになりました。新型ウィルスの国内での人から人への感染例はまだないとされています。また、中国から帰国した感染者の症状を見る限り重症化している例は少なく、それほど恐れる必要はないとする専門家も多いようです。しかし、(震災後の放射能騒ぎの時もそうでしたが)「目に見えないリスク」への恐怖というのは人々から冷静な判断力を失わせる力があるようで、薬局やコンビニの棚からいつの間にかマスクが無くなり、「入荷予定は未定です」の札が空しくぶら下がっている状況に不安を掻き立てられている人も多いのではないでしょうか。確かにマスクは(しないよりも)した方が、感染の(特...♯1544マスクパニック

  • ♯1543 少子化と婚外子

    数年前まで(特に若い女性に)絶大な人気を誇っていた歌手の浜崎あゆみさんが独身のままシングルマザーとして第一子を出産していたことが、年頭の芸能界を騒がす大きな話題となりました。芸能界やスポーツ界では(浜崎さんのほかにも)華原朋美さんや安藤美姫さん、紅蘭さんなど未婚のまま子育てをしている母親が増えているようです。勿論、彼女たちに(ひとりの働く女性として)経済力があることも理由の一つでしょうが、さらに、若い女性の間で「結婚と出産は別のもの」という考え方が次第に違和感なく受け止められるようになっていることが、彼女たちの背中を押しているのかもしれません。2018年の厚労省のデータによると、1990年に55万1977世帯だった母子世帯は、2015年には75万4724世帯へと25年間で約1.5倍に増えています。離婚率が200...♯1543少子化と婚外子

  • ♯1542 日本経済に元気が出ないわけ

    12月21日の日本経済新聞(2019年12月12日付)に掲載された「年収1400万円は低所得」という記事が話題となっています。記事によれば、米住宅都市開発省の調査において「低所得者」に分類されるのは、サンフランシスコで世帯年収1400万円以下、ニューヨークでは935万円以下、ロサンゼルスでも915万円以下(いずれも4人家族)だということです。一方、日本の厚生労働白書(2017年)では300万円未満を低所得者としており、世帯年収の平均は約550万円で、1000万円を超える世帯は10%強に過ぎません。サンフランシスコには世界的IT企業がシリコンバレーに集積していることから、高所得の住民が集まり所得や物価を押し上げているという事情がありますが、それにしても太平洋を挟んだ日本との所得格差はここまで開いているという現実に...♯1542日本経済に元気が出ないわけ

  • ♯1541 少子化が進んでいるワケ

    厚生労働省の推計では、2019年1年間に日本で生まれた子どもの数が86万4千人と前年よりも約6万人減少し、戦後初めて90万人を割ることが判ったと新聞各紙が伝えています。死亡者数から出生数を差し引いた人口の自然減も51万2千人と、こちらも初めて50万人の大台を超えており、わずか1年で鳥取県1県が消滅するほどの人口が日本から失われた計算です。推計では今後人口の減少は加速度的に進み、2020年代以降毎年50万人規模で、2040年代以降は毎年100万人規模で人口が減っていくとされています。安倍政権は平成27(2015)年、少子高齢化に歯止めをかけ50年後も1億人の人口を維持するという目標を掲げ「1億総活躍社会」を目指すとしています。しかし、依然少子化が加速している現状を鑑みれば、その前途にはなかなか厳しいものがありそう...♯1541少子化が進んでいるワケ

  • ♯1540 資本主義は何処へ行く(その2)

    日本経済新聞が2020年という新しい年を記念して連載を始めた「逆境の資本主義」と題する、インタビューを中心とした新企画。内外の多くの識者が、今後の資本主義の在り方について興味深い見通しを語っています。1月6日の電子版の紙面では、1987年から2006年までFRB議長を務め「物価のマエストロ(巨匠)」と評されるアラン・グリーンスパン(AlanGreenspan)氏への単独インタビューの一問一答を掲載しています。記事においてグリーンスパン氏は、「資本主義自体が機能不全に陥っているように見える中、現代産業資本主義が今なお最も効果的な経済システムだと考えているか?」との質問に対し、「その答えは『イエス』だ」と明確に答えています。資本主義に問題がないわけではないが、歴史的にみれば人類の全体の生活水準を引き上げ平均余命その...♯1540資本主義は何処へ行く(その2)

  • ♯1539 資本主義は何処へ行く(その1)

    各国で広がるポピュリズムの台頭や主要国における自国主義やの高まり、米中の経済対立やEU加盟国のきしみなどいよいよ不透明感を増す社会経済環境の下、日本経済新聞では2020年の新企画として「逆境の資本主義」と題する連載を開始しています。その皮切りとなる1月1日元旦の紙面では、国際基督教大学特別招聘教授の岩井克人氏が「倫理と公共性、なお不十分」とのタイトルで、20世紀末の東西冷戦の終結に端を発し次第に振幅を増してきた資本主義と民主主義の「揺らぎ」について論じています。岩井氏はこの論考において、資本主義の現状を「大きな危機にあることは確かだ」と厳しく断じています。1989年のベルリンの壁崩壊や91年のソ連崩壊で社会主義は(全面的にではないものの)没落し、資本主義一本やりになったと氏は説明しています。そして、そこには当時...♯1539資本主義は何処へ行く(その1)

  • ♯1538 適正な医療費の自己負担率とは?

    政府は昨年暮れにまとめた社会保障制度改革の中間報告において、75歳以上の後期高齢者の医療費窓口負担を見直し、「一定以上の所得」がある人は現在の原則1割を2割に引き上げる方針を明記しました。75歳以上の窓口負担は、現在でも「現役並み所得」(単身世帯で年収380万円以上)がある人は3割負担とされていますが、実際その割合は全体の1割に満たず、9割以上の後期高齢者が(その資産の多寡にかかわらず)一割負担となっています。今回の制度改正における「一定の所得」の線引きは未定ですが、団塊の世代が75歳になり始める2022年度までの一律適用に向け、2020年中に改革法案の国会提出を目指して与野党間で調整を進めるということです。今後議論を呼びそうな今回の政府の決定に関し、久留米大学商学部教授の塚崎公義氏が1月10日のDIAMOND...♯1538適正な医療費の自己負担率とは?

  • ♯1537 ゴルフのハードルが高い件

    最近の女子ゴルフ界は、昨年の全英女子オープンで渋野日向子選手が20歳という若さで優勝し、その後も1998年生まれの「黄金世代」が国内ツアーや全米女子ツアーで活躍するなど、2000年代初頭に巻き起こった宮里藍ブーム以来の華やかさを見せています。しかし、そうは言っても、少子化・高齢化の進展とともに、日本のゴルフ人口が年々減少していることは広く知られています。ゴルフ愛好家の数はピーク時の実に2分の1以下にまで落ち込んでいるというデータもあり、(年間1回は「ゴルフをやった」という)「参加率」はわずか5.5%と、一昨年から昨年にかけて2.0ポイント減ったとされています。特に、個人的な趣味としてゴルフを楽しむ世代の高齢化は、ゴルフ産業に携わる関係者の間でも強く懸念されているようです。実際、ゴルフ人口の年代別の構成比は60~...♯1537ゴルフのハードルが高い件

  • ♯1536 がん検診と過剰診断

    人間ドックのオプションに記されているがん検診は、実はいろいろなものをやればやるほど良いというものでもないと、消化器外科専門医の山本健人氏が12月12日のYahoonewsに綴っています。(「がん検診の本当の目的とは?知っておくべき過剰診断という弱点」)それでは、(最近の報道にあった「血液一滴で全てのがんの有無が判る」というような)最新のがん検診はどう位置付ければよいのでしょうか。一般に、人間ドックのような任意型検診は、任意で自費で受ける検査で、そこには死亡率の低下が(現時点では)証明されていない検査も多く含まれているというのがこの論考における山本氏の見解です。検診でがんが判っても、それ自体が余命の延長に繋がるとは限らない。ましてや過剰診断により見つけても仕方のないがんまで見つけてしまって、心身に負担をかけること...♯1536がん検診と過剰診断

  • ♯1535 がん検診の目指すもの

    東芝が、感染症検査用などで販売している遺伝子検査チップをもとに、血液1滴から13種類のがんを発見できる検査キットの開発に成功したと新聞各紙が報じています。キットに血液一滴を垂らすだけでがんに罹患しているかどうかを2時間以内に判定できるというこの技術。2020年にがん患者を対象に実証試験を始め、その後1~2年で人間ドックの血液検査などでの実用化を目指し、費用も2万円以下で検査できるようにするということです。人間の体内のどこかにがん細胞ができると、血液中の「マイクロRNA」という物質が増えることが知られています。検査では、血液中のこの「マイクロRNA」を検出することでがん細胞の有無を確認するということですが、がん患者の血液で精度を検証したところでは、大腸がんや肺がん、膵臓がんなど13種類のがんについて99%の精度で...♯1535がん検診の目指すもの

  • ♯1534 非正規拡大の実像

    国税庁の民間給与実態統計調査によれば、民間企業で働く会社員やパート従業員が2018年の1年間に得た平均給与は前年比2.0%増の440万7000円で、折からの雇用環境の改善などを受け6年連続で増加しているということです。金額だけを捉えれば約10年の歳月をかけて(ようやく)2008年9月のリーマン・ショック前の水準にまで戻した格好になりますが、それでもピークを打った1997年の467万3000円にはまだまだ及ばない数字と言うこともできるでしょう。これを男女別に見ると、男女では男性は545万円なのに対し、女性は293万1000円と男性の約6割の水準に過ぎません。雇用形態別では、役員を除く正規社員が503万5000円である一方非正規雇用者ではおよそ179万円にとどまり、両者の格差は一貫して広がっていることがわかります。...♯1534非正規拡大の実像

  • ♯1533 働き方改革は誰のもの?

    大企業の残業時間の上限が法律で規制される中、政府の進める「働き方改革」によって減った残業代(2019年4~6月期)を約半数の企業が社員に還元していないことが判ったと12月30日の日本経済新聞が伝えています。国内主要企業を対象に同紙が調査を実施したところ、回答のあった145社のうち残業時間が減ったと答えたのは全体の3割で、このうち従業員に何らかの形で還元している企業は7社(14.0%)に過ぎず、11社(22.0%)は検討中で、還元していない企業が25社(50.0%)を占めたということです。従業員への還元を実施中か検討中と答えた企業の具体策(複数回答)は「ボーナスへの上乗せ」が22.2%で最も多く、「基本給への上乗せ」「各種手当の支給」がともに16.7%で続いたと記事はしています。多くの企業において、残業を減らしな...♯1533働き方改革は誰のもの?

  • ♯1532 政治家の育休を考える

    小泉純一郎元総理大臣を父に持ち、本人で4代目とされる政治家の家系に育った小泉進次郎環境大臣。「セクシー発言」や「ポエム発言」などの大臣としての活動に関してばかりでなく、フリーアナウンサーの滝川クリステル氏との結婚に加え、独身時代の女性関係や政治資金に関して週刊誌に報じられるなどプライベートでも話題に事欠きません。「自民党のプリンス」も環境相としての初入閣から4カ月が過ぎ、「将来の首相候補」「ポスト安倍」として世間からはなお高い人気を維持しているものの、与党内では「まずは閣僚としての経験と実績を積むのが先」との声が高まっているという指摘もあるようです。そうした小泉氏が、(そういう意味では久しぶりに)好意的なスポットライト浴びたのが長男誕生のニュースだと言えるでしょう。報道によれば、出産に立ち会った小泉氏は、1月1...♯1532政治家の育休を考える

  • ♯1531 子供を自立させる仕組み

    農林水産省の元事務次官が、東京都内の自宅で長男(当時44歳)を刺殺したとして殺人罪に問われた事件で、東京地方裁判所は12月16日に懲役6年(求刑懲役8年)の実刑判決を言い渡しました。さらに、その4日後の12月20日には東京高裁が保釈を認める異例の決定を下し、殺人罪で実刑判決を受けた被告が保釈されるという極めて異例な取り扱いとなったことが話題を呼びました。今回の事件を、ひきこもりの子供の家庭内暴力に苦しんだエリート官僚の父親による凶行と断じてしまうのは簡単です。しかし、その後の裁判では発達障害と診断された息子に献身的に寄り添う被告の姿や、自死を覚悟の犯行であったことなどが明らかにされるにつれ、いわゆる8050問題の社会問題としての根深さが、その量刑とともに改めて注目されることになったのも事実です。際限なく暴力を振...♯1531子供を自立させる仕組み

  • ♯1530 リスクと責任を負う覚悟

    12月3日の日経ビジネス(電子版)において、IT企業の役員を勤める傍ら自らピン芸人としても活躍するアメリカ人「厚切りジェイソン」ことジェイソン・デイヴィッド・ダニエルソン氏が、日本の社会にあふれる「謝罪文化」にコメントを寄せています。(「不思議な日本の謝罪会見厚切りジェイソンが斬る」)日本の謝罪会見では、テレビカメラに向けて偉い人が並んで頭を下げている印象がある。しかし、実際に被害を受けたわけではない人を前に謝罪して何の意味が分からないと、ジェイソン氏は同誌のインタビューに答えています。彼らが誰に対して何を謝っているのかわらない。形を大事にするあまり誠意を感じない。謝罪が様式化、形式化しているのではないかということです。氏は、そもそも「謝罪会見」はアメリカにはない文化だと説明しています。加害者が被害者に対して直...♯1530リスクと責任を負う覚悟

  • ♯1529 なぜ給料が上がらないのか問題

    日本の賃金上昇の推移を見ると、平成の30年の間、ほとんど賃金が上がっていないことにまず驚かされます。国税庁の「民間給与実態統計調査」によると、(バブル経済の崩壊間際の)1990年の平均給与は年間425万2000円でした。実は1990年以降も平均給与はしばらく上昇し続け1997年に467万3000円でピークを打ちます。しかし、その後日本人の賃金はずるずると下がり続け、2017年には432万2000円と35万円以上下落し、1990年からの27年間で見ても、わずか7万円しか増えていないことが判ります。こうした日本の実質賃金の推移を国際的に比較すると、1997年=100とした「実質賃金指数」で見た場合、以降の20年間でオーストラリアが131.8、フランスが126.4、イギリス(製造業)が125.3、ドイツが116.3、...♯1529なぜ給料が上がらないのか問題

  • ♯1528 なぜ日本は韓国人旅行者に人気があったのか

    昨年12月18日のNHKのWebnewsによると、11月に日本を訪れた韓国人旅行者は約20万5000人で、前年同月と比べ65.1%減少したということです。日本を訪れる韓国人旅行者は年々増加し、2018年の1年間はおよそ753万人と、10年前の3倍までに増えていました(政府観光局調べ)。実際、韓国人訪日客は日本を訪れる外国人旅行者のおよそ4分の1を占め、昨年は中国人に次いで2番目に多かったということです。しかし、昨年の夏以降、大阪北部地震や西日本豪雨などの災害の影響などにより韓国からの旅行者は前年を下回る傾向を見せはじめ、さらに日本政府が韓国向けの輸出管理を厳しくしたことで8月以降はほぼ半減しています。距離が近くフェリーで1日、飛行機であれば2時間足らずで行ける手軽な旅行先として韓国人旅行者の人気を博していた日本...♯1528なぜ日本は韓国人旅行者に人気があったのか

  • ♯1527 サラリーマンと出世至上主義

    前回(♯1526「『窓際族』がいた時代」)に引き続き」12月5日のYahoonewsに掲載されていたHCアセットマネジメント代表取締役社長の森本紀行氏による「出世しなくて何が悪い」と題する論考を追っていきます。森本氏はこの論考において、昭和の日本企業の年功主義を支えていたのは従業員の「出世至上主義」にあったのではないかと指摘しています。昭和のサラリーマン達は、なぜそれほどまでに「出世」を目指してきたのか。「窓際族」の存在が示すように、出世してもしなくても経済的処遇に大きな格差がないとすれば、出世へのモチベーションとしては、少なくとも経済的な誘因は少なかったはずだと氏は言います。そこからもたらされる推測は、当時「出世を目指すこと」と「働くこと」はほぼ同義だったということ。「なぜ出世を目指すのか」という問いは、「な...♯1527サラリーマンと出世至上主義

  • ♯1526 「窓際族」がいた時代

    人材サービスを手掛けるパーソルグループ傘下の「パーソル総合研究所」が今年3月にアジア・オセアニア地域の主要14か国のビジネスパーソンを対象に行ったアンケート調査の結果を見ると、日本人のサラリーマンの上昇志向が他国と比べて際立って低いことが判ります。「会社で出世したいか」という質問に5段階で回答してもらったところ、日本は平均で「2.7」と、ワースト2位のニュージーランド・韓国の「3.7」に大差をつけての最下位。「管理職になりたいか」という質問でも、「そう思う」「ややそう思う」と回答した割合は日本では(5人に1人の)21.4%と、やはり断トツの最下位でした。因みに、仕事選びで重視する点として、日本では(1)希望する年収が得られること、(2)職場の人間関係が良いこと、(3)休みやすいこと、などが上位に挙げられています...♯1526「窓際族」がいた時代

  • ♯1525 健康に生きる秘訣

    TPCマーケティングリサーチが今年10月発表した「2019年健康食品の通販事業戦略調査」によると、2018年度の通販健康食品市場は前年度比1.7%増の5134億円となり、市場規模は10年間で約1.3倍に拡大しているということです。とりわけ通販による通販健康食品市場が年々拡大しており、2007年度以降で成長率がマイナスだったのは2014年度のみだったとされています。因みに、商品分野別の売り上げを見ると、「サプリメント」が3925億円で構成比は76.5%、「青汁」が514億円で10.0%、「飲料」が458億円で同8.9%)、「食品」は意外に少なく236億円4.6%を占めています。確かに、平日昼間のテレビ番組を見ていると、地上波・衛星放送に限らずこうした健康食品や(磁気ネックレスからバランスボール、ぶら下がり健康器に...♯1525健康に生きる秘訣

  • ♯1524 なぜ今「キャッシュレス化」なのか?

    居酒屋で職場のメンバーとの飲み会が楽しく終わり、課長が1万円札をポンと出して「後は皆んなで割ってね」と先に帰って行く。そこで、「じゃ、ひとり3千円ね」と幹事が千円札を集めて回るのは、サラリーマンの世界ではよくある光景かもしれません。クレジットカードや電子マネーが浸透したとはいっても、現金はやはり決済手段としては非常に重宝です。しかし、こうした「現金決済」を支えるために、年間2兆円ものコストがかかっていることを知る人はあまり多くないかもしれません。国内にある銀行のATMは、信用金庫やセブン銀行、イオン銀行などを含めると全国で約20万台。ボストン・コンサルティング・グループの推計によると、このATMの維持管理費に、現金の運搬にかかる人件費などを加えると、年間2兆円にのぼるということです。日本人は大の「現金好き」と言...♯1524なぜ今「キャッシュレス化」なのか?

  • ♯1523 「竹内まりや」という存在

    昨年の暮れ、何かの拍子にテレビを付けたところ、NHKの特集番組として女性シンガーソングライターの竹内まりやさん(以下、敬称略)の40年間の活動の軌跡をたどるドキュメンタリー番組の再放送が始まったところでした。恐らくは、大晦日の紅白歌合戦の特別ゲストとして彼女が出演するので、話題を盛り上げるために編成されたものなのでしょう。しかし、見るともなく見始めたら止まらなくなり、結局1時間半余りの時間を最期までテレビの前から離れることができなくなってしまいました。白状すれば、それ今まで「竹内まりや」という人のミュージシャンとしての活動について、そんなに注目したことはありませんでした。しかし、確かに世代が近いこともあって、番組中に流れたデビュー曲から他の歌手に提供した曲まで、私自身ほとんどすべての楽曲を知っていることに今さら...♯1523「竹内まりや」という存在

  • ♯1522 正答がない時代

    西田幾多郎(にしだ・きたろう)と言えば、明治から大正、昭和の時代を生きた日本を代表する哲学者として知られています。日本の哲学を一から切り開いたパイオニアで、東洋的な宗教観に根差したその思想は「京都学派」に受け継がれ海外からも高く評価されています。wikipediaによれば「西田哲学」と呼ばれる彼の思索は、禅の経験と近代哲学を基礎に、仏教思想、西洋哲学をより根本的な地点から融合させようとしたものだということです。その哲学体系は禅仏教の「無の境地」を哲学論理化した「純粋経験論」から、その純粋経験を自覚する事によって自己発展していく「自覚論」へと展開され、さらに意識の存在する場としての場の「論理論」から最終的にはその「場」が宗教的・道徳的に統合される「絶対矛盾的自己同一論」に帰結していったとされています。西田は187...♯1522正答がない時代

カテゴリー一覧
商用