住所
-
出身
-
ハンドル名
韓国ドラマについてさん
ブログタイトル
韓国ドラマについて
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/smap_1984
ブログ紹介文
韓国ドラマの記事やあらすじに <br>ついて
自由文
更新頻度(1年)

1309回 / 119日(平均77.0回/週)

ブログ村参加:2014/09/25

韓国ドラマについてさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/23 02/22 02/21 02/20 02/19 02/18 全参加数
総合ランキング(IN) 39115 39847 39729 0 0 0 47720 949875サイト
INポイント 0 0 20 0 0 0 0 20/週
OUTポイント 40 160 160 130 170 120 40 820/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
テレビブログ 291 300 304 0 0 0 331 6757サイト
韓国ドラマ 68 69 68 0 0 0 79 811サイト
芸能ブログ 304 310 306 0 0 0 397 15447サイト
韓国芸能人・タレント 12 13 13 0 0 0 18 818サイト
今日 02/23 02/22 02/21 02/20 02/19 02/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 12237 12438 12085 13232 14346 16571 15777 949875サイト
INポイント 0 0 20 0 0 0 0 20/週
OUTポイント 40 160 160 130 170 120 40 820/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
テレビブログ 124 128 124 136 145 178 156 6757サイト
韓国ドラマ 48 50 47 54 56 63 58 811サイト
芸能ブログ 77 80 75 87 96 106 105 15447サイト
韓国芸能人・タレント 3 2 2 2 2 2 2 818サイト
今日 02/23 02/22 02/21 02/20 02/19 02/18 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 949875サイト
INポイント 0 0 20 0 0 0 0 20/週
OUTポイント 40 160 160 130 170 120 40 820/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
テレビブログ 0 0 0 0 0 0 0 6757サイト
韓国ドラマ 0 0 0 0 0 0 0 811サイト
芸能ブログ 0 0 0 0 0 0 0 15447サイト
韓国芸能人・タレント 0 0 0 0 0 0 0 818サイト

韓国ドラマについてさんのブログ記事

?
  • 「ボーイフレンド」ソン・ヘギョの涙、ドラマタイト満たす感性演技

    ソン・ヘギョがさらに深くなった感性演技を見せている。1月17日放送されたtvN水木ドラマ「ボーイフレンド」(脚本ユ・ヨンア/演出パク・シンオ)14回では、ソン・ヘギョの感性演技がひっそり輝いた。ドラマをタイト満たしたソン・ヘギョの涙が最初から最後までお茶の間をキュンとした。この日の放送では、別れを決意するチャ・スヒョン(ソン・ヘギョ)の姿が描かれた。別れるという現実と幸せになりたい夢の間で悩むチャ・スヒョンの心が、視聴者を詰まっていた。チャ・スヒョンは自分のためにキム・ジンヒョク(パク・ボゴム)と彼の家族の日常が揺れる難しくした。キム・ジンヒョクと継続あってもか心配しながらも、素晴らしい"私は本当に別れる嫌い」と胸の内を決めて泣いた。チャ・スヒョンにキム・ジンヒョクは初めてだった。「笑う日が多くなりました。この...「ボーイフレンド」ソン・ヘギョの涙、ドラマタイト満たす感性演技

  • 「世界で一番きれいな私の娘」ユソンXキム・ソヨンXキム・ハギョン、三姉妹ラインナップ確定

    俳優ユソンとキム・ソヨン、キム・ハギョンが3人3色の姉妹ケミを示す。KBS2TV新しい週末連続ドラマ「世界で一番きれいな私の娘」(脚本調整線、演出キム・ジョンチャン、製作GアンドGプロダクション)は、戦争のような一日の中に愛憎の関係になってしまったあなたの母娘の物語を通して、この時代をかろうじて生きているすべてのママと娘たちに慰めを伝えるドラマだ。母と娘の間の話を現実的に描いて深い共感を刺激する予定だ。ユソンとキム・ソヨン、キム・ハギョンは劇中クッパ家運営するがめついママ」パク・ソンジャの三人の娘」カン・ミソン」、「カン・ミリ」、「カン・ミヒェ役にそれぞれキャスティングを確定した。個性あふれる三姉妹を演じた、これらの活躍が今から大きな期待を呼んでいる。まず、ユソンの方大きな娘カン・ミソン」は、会社と家の間を忙し...「世界で一番きれいな私の娘」ユソンXキム・ソヨンXキム・ハギョン、三姉妹ラインナップ確定

  • 「どうしてプンサンさん」ユ・ジュンサン、チョン・ヘビン入手ひざまずく... 「涙+ハードキャリー」自己最高10.2%

    「どうしてプンサンさん「俳優ユ・ジュンサンの活躍が視聴率上昇を導いた。ユ・ジュンサンはKBS2TVドラマ「どうしてプンサンさん」でイプン賞役を引き受けて熱演を広げている。「どうしてプンサンさん」は「私たちのガプスンが」「王家の家族たち」「怪しい三兄弟」「噂のチル姫」などを執筆したムン・ヨンナム作家の新作。家族の様々な話を解いて出して堅く、深みのあるアピール力に認められたムン・ヨンナム作家と信じて見て俳優ユ・ジュンサンの出会いで初放送前から関心を受けた。去る17日放送分では、尚は第三ジョンサン(チョン・ヘビン)が不倫問題で、病院で追い出されるかもしれないという事実を知っているシリアス(ソン・ジョンホ)の妻スミン(ビョン・ジョンミン)を訪ねて膝まで屈した。だけでなく、第四ファサン(イ・シヨン)が家を出て行くなど、ま...「どうしてプンサンさん」ユ・ジュンサン、チョン・ヘビン入手ひざまずく...「涙+ハードキャリー」自己最高10.2%

  • 「時限爆弾予告 "... 「皇后の品格」チャン・ナラ、シン・ソンロク・シン・ウンギョンに痛快な「サイダー逆襲」

    "悔しい私の母の死無駄にならないように、ソヒョン皇后事件、テテママ事件が明らかに出してヒョクに正しく飴のフィードだから!」SBS「皇后の品格」チャン・ナラがシン・ソンロクとシン・ウンギョンに向かって「サイダー逆襲」を放ち、お茶の間に痛快な快感をプレゼントした。去る17日放送されたSBS水木ドラマ「皇后の品格」(脚本キム・スンオク/演出チュ・ドンミン/製作小ライフデザイングループ)33、34回分は皇后オ・サニー(チャン・ナラ)が自分に愛情を示す皇帝ヒョク(シン・ソンロク)を利用して、純真な計略を広げる太后カンさん(シン・ウンギョン)に強力な「逆攻勢」を飛ばす姿が入れられた。劇中オ・サニーは皇帝イ・ヒョクの前で自分を好きだと告白したチョン・オビン(チェ・ジンヒョク)のスラップを上げ付けた後、解雇すると脅しを入れチョ...「時限爆弾予告"...「皇后の品格」チャン・ナラ、シン・ソンロク・シン・ウンギョンに痛快な「サイダー逆襲」

  • 「ボーイフレンド」ソン・ヘギョ - パク・ボゴム、異なる未来描いた「視聴率7.7%」

    ソン・ヘギョ-パク・ボゴムのジョルジョルハムが爆発した1分のクロスのエンディングがどっしりとした余韻を残した。1月17日放送されたtvN水木ドラマ「ボーイフレンド」(脚本ユ・ヨンア/演出パク・シンオ)14回はケーブル、IPTV、衛星を統合した有料のプラットフォーム世帯平均視聴率7.7%、最高8.6%を記録した。(有料プラットフォーム全国基準/ニールセンコリア提供)この日の放送では、異なる未来を考えるスヒョン(ソン・ヘギョ)とジンヒョク(パク・ボゴム)の姿が描かれた。この日スヒョンはジンヒョクと別れてほしいとジンヒョク母(ぺク・ジウォン)の言葉を振り返ってシムランハン心を隠すことができなかった。スヒョンは微塵(クァク・ソニョン)に向かって、自分がジンヒョクの家族と似合わないようだジンヒョクとの出会いのために悩みを...「ボーイフレンド」ソン・ヘギョ-パク・ボゴム、異なる未来描いた「視聴率7.7%」

  • 「皇后の品格」チャン・ナラ、皇帝シン・ソンロク心倒した」皇后の誘惑」

    '皇后の品格」チャン・ナラが皇帝シン・ソンロクの心を揺さぶる「皇后の誘惑」を起動すると、複数に向けた無欠点「二重本音熱演」で劇を圧倒した。チャン・ナラはSBS水木ドラマ「皇后の品格」(脚本キム・スンオク/演出チュ・ドンミン/製作小ライフデザイングループ)での帝国皇后席に上がった後、いろいろな種類の苦難を経験するオサニー役を演じて、自分の母親と皇帝の命が後変わった真実を向き合った後、皇室の復讐をさらに燃やす絶頂の「黒化」変身で没入度を爆発させている。去る17日放送された「皇后の品格」33、34回でオ・サニー(チャン・ナラ)は皇帝ヒョク(シン・ソンロク)前チョン・オビン(チェ・ジンヒョク)の告白を受けた後、状況を免れするためチョン・オビンの頬を殴って断固として怒鳴りチン状態。これ皇后を心の中で好きしていたイ・ヒョク...「皇后の品格」チャン・ナラ、皇帝シン・ソンロク心倒した」皇后の誘惑」

  • 「ボーイフレンド」パク・ボゴム、純愛から家族愛まで暖かい愛法

    「彼氏」のパク・ボゴムが固体純愛から深い家族愛まで、様々な感情線を描いて視聴者たちの好評を受けた。去る17日放送されたtvN水木ドラマ「ボーイフレンド」14回でパク・ボゴム(キム・ジンヒョク役)は、ソン・ヘギョ(チャ・スヒョン役)の父であるムン・ソングン(チャ・ジョンヒョン役)に会った。この日パク・ボゴムは代表様をたくさんアキプます。初めて愛するというのがどんなものか教えてくれた人です。だから、その愛を責任を持ってしたいと思い」と一抹のためらうことなく、自分の愛を表わした。この時の明確な言い方と表情で彼女に向けた堅固な信仰がうかがえるも。パク・ボゴムの愛の方法は、家族にも同じだった。彼は友人と戦って交番にある標識くん(キム・ジンミョン役)のニュースを聞いて、まっすぐそこに向かった。交番に入った彼は一人でいる表紙...「ボーイフレンド」パク・ボゴム、純愛から家族愛まで暖かい愛法

  • 「ファンプム」ソヒョン皇后父キム・ミョンス、シン・ウンギョン・シン・ソンロクに「私の娘は誰を殺した?

    キム・ミョンスが娘の敵シン・ウンギョンシン・ソンロク帽子と会った。17日放送されたSBS「皇后の品格」で変先生(キム・ミョンス)が太后(シン・ウンギョン)ヒョク(シン・ソンロク)にソヒョン皇后事件の真実を追及する場面が描かれた。イ・ヒョクによって最長がダンジョンに閉じ込められた中で太后は「この皇室は私のものよ。私が作っただろう」と怒った。その時刻ユラは追加大腸の助けを借りて精神病院の脱出を敢行した。横病室のジュスンはそのようなユラを発見し、彼女の名前を叫んでたが、ユラは気付かなかった。ユラを助けた背後には、すぐ太后であった。ユラは「節生かしてくださっただろ絶対後悔しないことでしょう。私には陛下をつかむことができる最後のカードがあるんですよ。ナ・ワンシク、その者を太后ママにささげます」と約束した。太后の疑いもユラ...「ファンプム」ソヒョン皇后父キム・ミョンス、シン・ウンギョン・シン・ソンロクに「私の娘は誰を殺した?

  • 「どうしてプンサンさん」ユ・ジュンサン、不倫女の妹チョン・ヘビンのためソン・ジョンホ妻に膝屈した

    ユ・ジュンサンがチョン・ヘビンのためにソン・ジョンホの妻に敗れた。17日放送されたKBS2水木ドラマ「どうしてプンサンさん」でイ・プンサン(ユ・ジュンサン)がイ・ジョンサン(チョン・ヘビン)の不倫の事実を知ることになった。イ・ジョンサンは病院長から病院内に奇妙な噂が回ると、病院をまとめてほしいという通知を受けた。イ・ファサン(イ・シヨン)はイ・プンサンに「ジョンサンに先輩既婚男性イラン風から妻にばれが覚めた。病院で追い出されること。面白いのが兄にだけ言わないでほしい気さくビルダーなさい。ところで兄は娘が重い物の運搬類似の望み?藤田本物"と事実を打ち明けた。その道イ・ファサンは、ジョンサンの家に向かった。イ・ファサンは「どのようにこのように一瞬にして人生を台無しに。何が不足して家庭の奴を」と頬を殴った。ジョンサン...「どうしてプンサンさん」ユ・ジュンサン、不倫女の妹チョン・ヘビンのためソン・ジョンホ妻に膝屈した

  • 「ボーイフレンド」パク・ボゴムに笑うソン・ヘギョは泣く...別れ決心

    「彼氏」ソン・ヘギョがパク・ボゴムとの別れを決意した。17日放送されたtvN「ボーイフレンド」はチャ・スヒョン父チャ・ジョンヒョン(ムン・ソングン)から「私たちスヒョンがをよろしくお願いします」は、支持を受けるキム・ジンヒョク(パク・ボゴム)の姿が描かれた。チャ・ジョンヒョンは金ジンヒョクに「(スヒョンがの)心強いフェンスになってほしい」とお願いした。キム・ジンヒョクは「代表様をたくさん惜しむ。初めて愛するというのがどんなものか教えてくれた人だ。だから、私はその愛を責任を持ってしたい」とし「代表様が一人で寂しくないように、私はいつもそばにだろう」と愛する女性の父親の前で誓った。しかしチャ・スヒョンは考えが違った。自分がキム・ジンヒョクに近づくほどキム・ジンヒョクの日常が揺れるのを目で見て感じているからだ。チャ・...「ボーイフレンド」パク・ボゴムに笑うソン・ヘギョは泣く...別れ決心

  • 「どうしてプンサンさん」チョン・ヘビン「きなこ家三女であるだけ...それが私の実体だ」

    チョン・ヘビンがユ・ジュンサンに自分自身を停止する入れ懇願した。1月17日放送されたKBS2TV水木ドラマ「どうしてプンサンさん」(脚本ムン・ヨンナム∙演出ジン・ヒョンウク)はイ・ジョンサン(チョン・ヘビン)が真剣(ソン・ジョンホ)と内燃関係事実が明らかになると、病院で追い出される危機に処した。この日プンサン(ユ・ジュンサン)は、通常のを訪れた後、平手打ちをテリョトゴ"なぜ既婚男性と会ったのか」と問い詰めた。ジョンサンは「そいつは結婚式の前日の日捨て去ったとき、彼は私の手をつかむた」と真剣に包んだ。ジョンサンは「私は勇敢てない。ただきな粉家5人兄弟の第三の娘である。「親もない、その家であなた一人だけ金脈とし。まだ借金の中でもがき挙げると。私たちの貴重な息子君が掛かる太い綱だと思ったの?」とぴったり5年前、その人...「どうしてプンサンさん」チョン・ヘビン「きなこ家三女であるだけ...それが私の実体だ」

  • 「皇后の品格」シン・ソンロク、チャン・ナラに「私を見て笑ってくれ」懇願

    「皇后の品格」でシン・ソンロクがチャン・ナラに自分を見て笑ってくれるよう懇願した。17日午後放送されたSBS水木ドラマ「皇后の品格」(脚本キム・スンオク、演出チュ・ドンミン)でイ・ヒョク(シン・ソンロク)とオ・サニー(チャン・ナラ分)が会話する場面が描かれた。この日イ・ヒョクはオ・サニーに許しを求めた。太皇太后(シン・ウンギョン)により、オ・サニーが濡れ衣を着せられ書いたからだ。イ・ヒョクは「私なら以上、じっとしていることがありません。また、遅れ皇后母の手術件私は謝罪みましょう。申し訳ありません、間違って」との言葉を詰まらせた。オ・サニーは「その時は私は少し芯ました。その時の母の代わりに陛下が山も、私はこの宮に入ってきたこともあるの運命という気がします」と述べた。イ・ヒョクはオ・サニーの手を取っ「皇后。返済た。...「皇后の品格」シン・ソンロク、チャン・ナラに「私を見て笑ってくれ」懇願

  • 「どうしてプンサンさん」チョン・ヘビン、ソン・ジョンホに別れ宣言 "日捨て」

    チョン・ヘビンがソン・ジョンホに別れを宣言した。17日放送されたKBS2TV水木ドラマ「どうしてプンサンさん「7回ではイ・ジョンサン(チョン・ヘビン)が真剣(ソン・ジョンホ)に別れを宣言する姿が描かれた。この日イ・ジョンサンはシリアスの診療室に入って、「私たちを停止しましょう。私はドロップ」と話した。前日シリアスの妻スジン(ビョン・ジョンミン)から平手打ちを右イ・ジョンサンは今や精神が聞いていた。真剣はイ・ジョンサンをそのまま送信することができなかった。真剣には診療室を出ようとはイ・ジョンサンを握って抱きしめた。イ・ジョンサンは真剣に私の打った。シリアスは妻スジンに走って行ってください自分を入れて懇願した。スジンは「私の隣で老けて死んで」と言って絶対に離婚しないとした。韓国ドラマブログランキン<divstyle...「どうしてプンサンさん」チョン・ヘビン、ソン・ジョンホに別れ宣言"日捨て」

  • 「ボーイフレンド」パク・ボゴム、ぺク・ジウォンに「ソン・ヘギョ、偶然じゃない」

    ドラマ「ボーイフレンド」でパク・ボゴムが母ベクジウォンにソン・ヘギョを向けた愛を確実にした。17日午後放送されたtvN水木ドラマ「ボーイフレンド」(脚本ユ・ヨンア、演出パク・シンオ、制作スタジオドラゴン・本ファクトリー)でキム・ジンヒョク(パク・ボゴム)は、母主演者(ぺク・ジウォン)に恋人チャ・スヒョン(ソン・ヘギョ)に向けた愛を確かに表わした。キム・ジンヒョクは「代表様(チャ・スヒョン)我が家に来たときどうだった」と尋ねた。主演者は「ゲスト来られたので、よくもてなしてくれると思った」と答えた。これキム・ジンヒョクは「ちょうど客がないじゃないか」と話した。主演者は「お前、その人との心配が先立つ。とてもチャイナの間は大変じゃないか?」と尋ねた。キム・ジンヒョクは「私は誰かをこんなに好きになるとは思わなかった。偶然...「ボーイフレンド」パク・ボゴム、ぺク・ジウォンに「ソン・ヘギョ、偶然じゃない」

  • 「皇后の品格」シン・ウンギョン、オ・リング利用チャン・ナラ窮地に「ユン・ソイ怒り」

    '皇后の品格」チャン・ナラがシン・ウンギョンの計略にも巻き込まれた。17日放送されたSBS水木ドラマ「皇后の品格」33回では、倒れたアリ(オ・リング分)の姿が描かれた。この日太后(シン・ウンギョン)はソ・ガンフイ(ユン・ソイ)にアリの心一つないつかん何したか打撲した。ソ・ガンフイは「児童虐待の疑いで皇后を告発するつもりどんな問題があるのか​​」と言ったが、太后は「アリのベドンシクがありますので、その時のくさびをパク彩たい」と述べた。太后はアリに友人を紹介した。しかし、アリは「二人とも第同行の資格がない。オマママ(チャン・ナラ)の教えとは異なる。オマママが数日前のセクション責めはご存知でしょう?虐待だというのに、多誤解だ。私が間違ってそのようなことだ」と映像を玉蜀黍みろた。親に迷惑を出す子供の姿が盛られていた。ア...「皇后の品格」シン・ウンギョン、オ・リング利用チャン・ナラ窮地に「ユン・ソイ怒り」

  • 「ボーイフレンド」パク・ボゴム母別れお願い...ソン・ヘギョ、家で涙

    ドラマ「ボーイフレンド」でソン・ヘギョが自宅で涙を流した。17日午後放送されたtvN水木ドラマ「ボーイフレンド」(脚本ユ・ヨンア、演出パク・シンオ、制作スタジオドラゴン・本ファクトリー)で息子のキム・ジンヒョク(パク・ボゴム)と別れてほしいと主演者(ぺク・ジウォン)のお願いを聞いた後チャ・スヒョン(ソン・ヘギョ)は、家で涙を流した。主演者に会った後、家に到着したチャ・スヒョンはソファに横になっていた。そしてキム・ジンヒョク母主演者言った言葉を覚えていた。主演者は「私たちの家族が静かに幸せに暮らして欲しい。このままで私たち子だけ傷つくかを見て怖がって出る。申し訳ない。私たちジンヒョクやらください別れてくれ」と言った。結局チャ・スヒョンは涙を流した。同じ時間、主演者はチャ・スヒョンにすまない残りの簡単は眠れなかった...「ボーイフレンド」パク・ボゴム母別れお願い...ソン・ヘギョ、家で涙

  • 「どうしてプンサンさん」イ・シヨン、チョン・ヘビンに「家レッカー "

    イ・シヨンがチョン・ヘビンに家レッカーと述べた。17日放送されたKBS2TV水木ドラマ「どうしてプンサンさん「7回ではイ・ファサン(イ・シヨン)がイ・ジョンサン(チョン・ヘビン)に会う姿が描かれた。この日イ・ジョンサンは先にイ・ファサンが"お前しっかりある?私はギグ私と思った?」と言った言葉を思い出しはイ・ファサンが真剣(ソン・ジョンホ)の妻と接触した事実に気づいた。イ・ジョンサンはイ・ファサンに「ナニー?」と尋ねた。イ・ファサンは"それ?何ハーディ?平手打ちでも当たった?」と興味津々な顔で話した。イ・ファサンはイ・ジョンサンに向かって「家レッカーテーマにどこだあて。モップトピックやレポートゴミ?君は生ゴミだ」と浴びせた。イ・ジョンサンは「多良い兄にだけ言わないでくれ」と初めてイ・ファサンにお願いをした。イ・フ...「どうしてプンサンさん」イ・シヨン、チョン・ヘビンに「家レッカー"

  • 「皇后の品格」チャン・ナラ、チェ・ジンヒョク頬殴って危機免れる...シン・ソンロク安心

    '皇后の品格」チャン・ナラが状況をめくりためチェ・ジンヒョクの頬を殴った。17日放送されたSBS水木ドラマ「皇后の品格」33回では、イ・ヒョク(シン・ソンロク)を引き止めるナ・ワンシク(チェ・ジンヒョク)の姿が描かれた。この日のオ・サニーは(チャン・ナラ)」君と一瞬も同じところで息も休んたくない。ヴィッキーと」とイ・ヒョクを根たが、イ・ヒョクは「私たちは夫婦だ」とオ・サニーを集めて行こうとした。ナ・ワンシクはイ・ヒョクを捕獲た「やめてください」と「その陛下の弟になると書くことができるたその願いが、今書きます。皇后ママやめ入れてください。私のお気に入りです」と告白した。イ・ヒョクが「あえてあなた皇帝の女性をノムブワ?正気なの?」とナ・ワンシクを殴ろうした。するとオ・サニーはナ・ワンシクの頬を殴って、「今日侮辱する...「皇后の品格」チャン・ナラ、チェ・ジンヒョク頬殴って危機免れる...シン・ソンロク安心

  • 「ボーイフレンド」ソン・ヘギョ "パク・ボゴムと別れる嫌い"嵐の涙

    パク・ボゴムに向けソン・ヘギョの心変わりはなかった。17日放送されたtvN水木ドラマ「ボーイフレンド」は引き続き、この人に会ってもなるか心配しているチャ・スヒョン(ソン・ヘギョ)の姿が描かれた。屋台でチャン・ミジン(クァク・ソニョン)と飲み物傾けだったチャ・スヒョンはキム・ジンヒョク(パク・ボゴム)の家族が自分のために傷つくかと思って心配した。チャン・ミジンは「あなたが知って病気である。他の人に配慮するだろ重病だ。二人良ければオブジェクト指向家族まで何気にスニャ」とチャ・スヒョンを上にしたが、チャ・スヒョンは「ジンヒョクさんは初めてでないか。私は結婚もしたし、世界の人々がある知っている、私たちが夢を見ることができるのは限界があるようだ」と熱心に涙を我慢した。これチャン・ミジンは「おい、お前も初めてじゃない。君も...「ボーイフレンド」ソン・ヘギョ"パク・ボゴムと別れる嫌い"嵐の涙

  • 「ボーイフレンド」パク・ボゴム、ムン・ソングンに「ソン・ヘギョと愛責任を持って波...いつもそばにいること」

    「彼氏」パク・ボゴムがムン・ソングンにソン・ヘギョとの愛を許した。17日午後放送されたtvN「ボーイフレンド」でチャ・スヒョン(ソン・ヘギョ)がキム・ジンヒョク(パク・ボゴム)と別れてほしいと主演者(ぺク・ジウォン)の言葉に悩みに陥った。チャ・ジョンヒョン(ムン・ソングン)はキム・ジンヒョクに夕食を食べよう提案した。チャ・ジョンヒョンは「私たちスヒョンがとはどうか」と尋ねた。キム・ジンヒョクは「代表様をたくさんアキプます。初めて愛することがどんなものか教えてくれた人です。その愛を、私は責任を持っていきたい」と堂々と話した。チャ・ジョンヒョンは「私にとって大きな課題がある。スヒョンがが単独なりそうな不安感である。その宿題をしようとし、真であるがジンヒョクさんと一緒にいてもいい。スヒョンがよろしくお願いします。心強...「ボーイフレンド」パク・ボゴム、ムン・ソングンに「ソン・ヘギョと愛責任を持って波...いつもそばにいること」

  • 「どうしてプンサンさん「毎回不織布内やはユ・ジュンサン...同時間帯1位

    「どうしてプンサンさん」が同時間帯1位を占めた。KBS2TV「どうしてプンサンさん「ユ・ジュンサンの苦労に視聴者の応援が絶えていない。これ去る16日放送された5回6.4%、6回6.5%を記録し、同時間帯ドラマの中で1位を達成した。16日に放送した5〜6回では、第二のジンサン(オ・ジホ)の歴代級事故収拾に乗り出したプンサン(ユ・ジュンサン)の「山奥」の日常が描かれた。まず、プンサンは家出した妻の間に失わ(シン・ドンミ)の空席をひしひしと感じた。彼は一つしかない娘中(キム・ジヨン)を取りまとめ者に懸命に努力したが、なろうと戻ってきたのは、友人に自分を「私たちの家で働くおじさん」と紹介する素っ気ない娘の姿だった。中には家に帰ってきても、プンサンに恥ずかしいので、学校に訪ねて来なと酷い言葉を吐き出したしプンサンは何返事...「どうしてプンサンさん「毎回不織布内やはユ・ジュンサン...同時間帯1位

  • 「熱血師弟」キム・ナムギルXキム・ソンギュンXイ・ハニ、想像だめより期待されるコミックケミ

    お茶の間を熱く受付できドラマ「熱血師弟」が来る。2月中旬初放送を控えているSBSドラマ「熱血師弟」(脚本パク・ジェボム/演出イ・ミョンウ/制作三和ネットワークス)側が台本リーディング現場を公開した。「熱血師弟」は「キム・グァジャン」、「グッドドクター」のパク・ジェボム作家と「ささやき」、「パンチ」イ・ミョンウ監督が意気投合した作品。興行メーカー製作陣とキム・ナムギル、キム・ソンギュン、イ・ハニなど独自の魅力を持った俳優たちの出会いが熱い期待を集める。「熱血師弟」は純血種カトリックの司祭とバカ刑事が殺人事件に会ったオ・ヨンブヨウン空調捜査を開始するエクストリームコミック捜査劇。明確な個性のキャラクター、迫力あふれるストーリー、爽快なカタルシスが目暇のないドラマを誕生させることが期待される。昨年10月26日SBS一...「熱血師弟」キム・ナムギルXキム・ソンギュンXイ・ハニ、想像だめより期待されるコミックケミ

  • 「ボーイフレンド」の視聴者響くソン・ヘギョ、これで涙の女王

    「ボーイフレンド」ソン・ヘギョの涙がお茶の間を鳴らした。1月16日放送されたtvN水木ドラマ「ボーイフレンド」(脚本ユ・ヨンア/演出パク・シンオ)13回中ソン・ヘギョ(チャ・スヒョン役)の涙が視聴者たちの心まで病気した。この日の放送ではチャ・スヒョンは容器内のキム・ジンヒョク(パク・ボゴム)に一歩近付いた。しかし、現実にぶつかってひたすら笑ってないチャ・スヒョンの姿は、見る人々の胸をジョリにした。長い長い一緒に生きたいというキム・ジンヒョクの告白にも、チャ・スヒョンは答えを避け、彼が与えたブーケを複雑に眺めるだけだった。その理由を言うチャ・スヒョンの目つきは悲しく痛かった。過去は過去と記憶がしきりに自分の足首をつかむこと。テギョングループとの結婚はチャ・スヒョンに苦い記憶であり、きれいな花束を持って立っているの...「ボーイフレンド」の視聴者響くソン・ヘギョ、これで涙の女王

  • 「ロマンスは別冊付録「イ・ジョンソク、なぜウェディングドレスを着たイ・ナヨンの手捕まえたのか

    「ロマンスは別冊付録「イ・ナヨンとイ・ジョンソクが新たに書いて下がるロマンチック章の最初の文が公開された。「アルハンブラ宮殿の思い出」の後続で、1月26日初放送されるtvN土日ドラマ「ロマンスは別冊付録」(演出イ・ジョンヒョ、脚本チョン・ヒョンジョン、製作グルエン図)側がぴりっとにときめいて胸ジョリに切ない本予告編を公開し爆発反応を呼び起こしている。熱い期待の中に初放送を控えた「ロマンスは別冊付録」は、出版社を背景に本を作る人々の物語を描いたロマンチックコメディだ。かつてクールコピーライターだった高スペックの「団子女」カン・ダニ(イ・ナヨン)と「文学界のアイドル「スター作家チャ・ウノ(イ・ジョンソク)。人生2幕開始するカン・ダニと特別な縁で編集さ」を知っている弟」チャ・ウノと作っていく「ロマンチック章」がときめ...「ロマンスは別冊付録「イ・ジョンソク、なぜウェディングドレスを着たイ・ナヨンの手捕まえたのか

  • 「ボーイフレンド」ソン・ヘギョ♥パク・ボゴム、感動プロポーズ→別れの危機...切なく指数最高潮

    tvN「ボーイフレンド」が絶頂に達した「感性ロマンス」で視聴者たちの胸をジョリにした。パク・ボゴムのプロポーズを承諾したソン・ヘギョに涙で別れを懇願する「パク・ボゴム母」ぺク・ジウォンの姿が描かれて切なく指数を最高潮に引き上げた。16日(水)放送されたtvN水木ドラマ「ボーイフレンド」(脚本ユ・ヨンア/演出パク・シンオ/制作スタジオドラゴン、本ファクトリー)13回では、スヒョン(ソン・ヘギョ)がジンヒョク(パク・ボゴム)と幸せな未来を約束したに続いて、ジンヒョク母(ぺク・ジウォン)がジン・ヒョクと別れてほしいと涙で訴える姿が描かれて関心を集中させた。このように、ソン・ヘギョ-パク・ボゴムの切々たるロマンスと一緒に「ボーイフレンド」13回の視聴率は、ケーブル、IPTV、衛星を統合した有料のプラットフォーム世帯平均...「ボーイフレンド」ソン・ヘギョ♥パク・ボゴム、感動プロポーズ→別れの危機...切なく指数最高潮

  • 「どうしてプンサンさん「国民兄ユ・ジュンサン、重い肩をどうしよう

    ユ・ジュンサンの目つきと感情演技が再び注目された。ユ・ジュンサンはKBS2TVドラマ「どうしてプンサンさん」でイ・プンサン役を演じ、毎回目ごとに安定した深みのある演技で視聴者たちの心をひきつけている。特に1月16日放送された5回のユ・ジュンサンは背筋ブレーカー弟を担当する兄バカプンサンはもちろん、夫、お父さんとして尚感じる複合的な感情も表現した。5回では、妻の間に失わ(シン・ドンミ)が家出をした後の状況が描かれた。娘二重が(キム・ジヨン)の登校におやつをそこまで用意してくれなかったプンサンは中の学校に直接おやつを持って訪れた。しかし、プンサンを見ているの周辺を意識しプンサン、この渡したやつを落としたし、さらに友人に尚を自宅で仕事おじさんと話すこともした。だけでなく、家に帰ってきた中では、プンサンの汚い恥だと、再...「どうしてプンサンさん「国民兄ユ・ジュンサン、重い肩をどうしよう

  • 「ボーイフレンド」パク・ボゴムは、純粋な青年でソン・ヘギョの男になった

    ケーブルチャンネルtvN水木ドラマ「ボーイフレンド」(脚本ユ・ヨンア演出パク・シンオ)の俳優パク・ボゴムが愛を通じて成長した。「ボーイフレンド」の中パク・ボゴムは、愛を通じてますます成長していくジンヒョク(パク・ボゴム)の姿をディテールに描き出してお茶の間の応援を呼んだ。劇序盤キューバで出会ったソン・ヘギョ(チャ・スヒョン役)と恋に落ちた純粋な青年で、愛のためにすべてのことを捨てる情熱いっぱいの男で、また彼女のために試練と堂々と対抗できる真のボーイフレンドで多彩な成長期を繊細に表現していること。これらの中で、16日夜放送された「ボーイフレンド」13回では、ソン・ヘギョに自分の心を告白するパク・ボゴムの姿が描かれて注目を集めた。ソン・ヘギョを見つける花束を渡した彼は、「今は想像もしないよ。スヒョンさんのない時間は...「ボーイフレンド」パク・ボゴムは、純粋な青年でソン・ヘギョの男になった

  • 「どうしてプンサンさん」ユ・ジュンサン、わっぱオ・ジホ、イ・シヨンに「一か月以内に家に私が "

    ユ・ジュンサンがわっぱ弟たちのために再び苦難を経験した。16日放送されたKBS2TV水木ドラマ「どうしてプンサンさん」(脚本ムン・ヨンナム/演出ジン・ヒョンウク/制作緑ヘビメディア)は、義弟の世話にうつ病にかかった間に失わ(シン・ドンミ)の姿が描かれた。この日の紛失はプンサンに「あなたの兄弟たちエクスポートする前にない」ときっぱりと言っ"植毛一つなく残念ディ?」と問い詰めた。プンサンは「惜しい。一度家に行こう」と紛失の手をドラッグ引っ張ら、紛失は「私うつ病以来。私は食べる薬がどのくらい知ら?」と叫び、涙を見せた。紛失は「とても難しい」とし「身も大変なのに、心まで病気だ。私はあなたと住んで一度も幸せなことがない」と鬱憤を吐いてヤクトンを床に叩きつけた。プンサンは無言紛失のヤクトンを拾って入れた。次の日、プンサンは...「どうしてプンサンさん」ユ・ジュンサン、わっぱオ・ジホ、イ・シヨンに「一か月以内に家に私が"

  • 「ボーイフレンド」ぺク・ジウォン、ソン・ヘギョ訪ね「パク・ボゴムと別れてくれ」

    ぺク・ジウォンがソン・ヘギョを訪ねパク・ボゴムと別れてくれと言った。16日夜放送されたtvN水木ドラマ「ボーイフレンド」(演出パク・シンオ/脚本ユ・ヨンア)はチャ・スヒョン(ソン・ヘギョ)を訪ね息子のキム・ジンヒョク(パク・ボゴム)と別れてもらう言う主演者(ぺク・ジウォン)の姿が描かれた。キム・ジンヒョク母主演者(ぺク・ジウォン)は、近所の住民に「私たちの息子もそのホテルに就職にしてほしい。私の話を聞いた。ジンヒョクががその代表様やら付き合っのでホテルに簡単に入ったではないか」という言葉を聞いた。この話を聞いて悩んでいた主演者ジャンミジンを通じて手紙を入れたギフトを送った。チャ・スヒョンはキム・ジンヒョク母主演者ギュルチョンを伝えました。その上にあるメッセージも確認した。メッセージには、会おうという話が含まれて...「ボーイフレンド」ぺク・ジウォン、ソン・ヘギョ訪ね「パク・ボゴムと別れてくれ」

  • 「どうしてプンサンさん」チョン・ヘビン、頬迎えた..."不倫女に生きて」

    チョン・ヘビンが屈辱を受けた。今日(16日)午後放送されたKBS2ドラマ「どうしてプンサンさん」では、頬を合わせて、通常のの姿が描かれた。この日トレイ(ソン・ジョンホ)は、妻に離婚を話した。妻は「聞こえないことで」と冷たく答えた。そして、イ・ジョンサン(チョン・ヘビン)を訪ねた。ただちに正常の頬から殴った。イ・ジョンサンに「私の夫は離婚しない。一生ブ不倫女に生きろ」と言って転じた。韓国ドラマブログランキン<divstyle="text-align:right"></d<</「どうしてプンサンさん」チョン・ヘビン、頬迎えた..."不倫女に生きて」