searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

すずめさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
キリスト・イエスにお会いする旅へ
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/suzume1206/
ブログ紹介文
長年のいちじくの葉のおおいを脱ぎ捨て、皮の衣路線に軌道修正中です。
ブログ村参加
2014/07/29
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、すずめさんをフォローしませんか?

ハンドル名
すずめさん
ブログタイトル
キリスト・イエスにお会いする旅へ
フォロー
キリスト・イエスにお会いする旅へ

すずめさんの新着記事

1件〜30件

  • (2)信仰の継承と神の選び

    40年ほど前は、今から思えば穏やかな時代だったが、それでも子育ての不安など、その時代なりの悩みがあった。子供たちにも神さまのことを伝えたい一心で、教会学校に連れ出した。とにかく神を恐れることと神は頼れるお方であることを知ってほしかった。今ふと思ったのだが~

  • 神の選びゆえに…希望がある

    ~朝ごとに~より【「この町には、わたしの民がたくさんいる……。」使徒18:10 これは伝道上大きな励ましを与えるみことばである。神は最も堕落した者、最も汚れた者、酒に身を持ち崩した者たちの中にも、救われなければならない選びの民をもっておられるからである。神があ

  • 信仰の継承と神の選び

    かつて家族の顔色を伺いながら、なんとか教会に行くことが定着し出した頃、次は自分のことより、「子供たちを教会学校に連れていきたい」との思いが強くなった。しばらくの間、日曜日はそのことが一番の目標となっていた。その後もずっと、教会学校にさえ行っていれば大丈夫

  • 聖霊によらなければ…

    主から遠くなったり、主に近づけられたり、信仰には波がある・・それを繰り返しながら、主への信頼が強められていく。聖霊の助けによって。~「朝ごとに」より抜粋~【「枝がぶどうの木についていなければ、枝だけでは実を結ぶことができません。」(ヨハネ15:4)ーー前 中略ー

  • 主を置き去りにしてしまった

    ふとしたことから、少しでも健康体で死んでいきたい…という願いを持つようになった。食糧事情の悪い戦後なのに..子供の頃は超肥満児だった。体を動かすことは苦手、何か努力することもなく~この年齢まで大きな病もなく来られたのも、すべては天来の恵みだったことを思う

  • 古くて新しい願い

    ~神の招き~♪「おんめぐみとおんひかりの」(1)おんめぐみとおんひかりのあふれておる神のいえたずねてみよ あなたがたは聞くであろう 神の声友だちよ行かないか 神はそこに待っている友だちよ聞かないか 招いておる神の声(2)勤労者も商売人も 芸術家も教員も胸の奥の

  • 主の来臨を待ち望む思い…

    テレビを消したくなる話題が多くなった。大体わかってきたことがある。ある問題について、賛成意見と反対意見が示される。真面目な意見の一方で、無責任でかなり極端なものもある…しかし、よくよく考えると、いつもAかB、右か左かで結論づけようとしているように思う。(視聴

  • 求めるべきは 聖霊

    思い悩みは、世のことが多い。仮に、事が良い方向に向かったとしても…そこにはまた別の問題が生じる=神を頼らないという問題。苦しむとき神を求め、そうでないときは神を離れる・・旧約に常に出てくる人間の姿はどこまでも続く。なんでこんなに思い煩いが多いのか…自分自

  • 「求めよ、さらば与えられん」聖歌253

    親として、クリスチャンとして、正直…日々何かしら思い煩っている。ふと口ずさんだ歌詞に慰め支えられる。信仰によって祈り求めること..いつも信仰の原点に戻るようにと。1)めぐみあふるる 神のみまえに求めよさらば 与えらるべしたといあめつち 崩れ去るとも主のみこ

  • 芝桜の苗を植えた

    玄関脇の植え込みの中に、春になると咲く芝桜が年々少なくなった。雑草と一緒に、夫に引き抜かれたことは否めない。(^^;たまたま農協で苗を見つけたので買っておいたのを、ぼうぼうに生えていた雑草を取ったばかりの所に植えることができた。今年はコスモスの種も蒔かず、ち

  • 祈ると神が動かれる

    「考えると自分が動き 祈ると神が動かれます」前回の説教の中の この言葉がずっと心に残っている。確かに、自分の考えに従って動きながら、それを神に祈るということをしがちだが、それは信仰とは言えない。あくまで神のお考え(みこころ)によって、神が与えてくださることが

  • ハ・ヨンジョ牧師のメッセージ

    「信仰が生まれるまで」 神がくださるものだけが確かなのです。考える代わりに祈るべきです。問題が起きたら 考えるのではなく祈ってください。考えると自分が動き 祈ると神が動かれるのです。ビジョンの地を求めて祈る理由がここにあります。もう考えるのをやめて神の御前

  • 「義であるものが一つもない」ことを知る

    「もし、そのツァラアトが彼のからだ全体をおおっているなら、祭司はその患者をきよいと宣言する。すべてが白く変わったので、彼はきよい。」レビ13:13ここを初めて読んだとき、「ん?」と思ったのを覚えている。今は、これこそがなくてはならないもの、「 罪を認めてキリス

  • 救い主イェスの手にある身は安し

    しみじみと、キリストのうちにあって守られ、生きて来られた恵みを思いながら聖歌472を歌った。1)人生の海のあらしに もまれきしこの身もふしぎなる神の手により いのち拾いしぬ2)悲しみと罪のなかより 救われしこの身にいざないの声も たましい ゆすぶること得じ3)すさ

  • 中秋の名月その後

    「満月で中秋の名月」の当日は、思いがけず雲がかかって月はなかなか現れなかった。しかも、あのイブに物干しの正面から照らされたのは真夜中の3時前だったから、考えてみれば…同じ時刻でないと同じような位置で見られない…(苦笑)ゆうべ以上に今夜は雲の切れ間がない。数日

  • 中秋の名月 イブ

    夜型生活をなかなか改善できなくて、洗濯物を夜中に干すことがよくある。あまりに遅いので、誰も見ていないとは思うが、なるべく電気を点けないように・・(^^;今夜もそっと物干しに出たら、真向かいからライトで照らされたかのように明るくて、なにこれ?と思った。そうか、

  • その人は悪い知らせを恐れず…

    (「朝ごとに」9月15日より)【「その人は悪い知らせを恐れず……」詩篇112:7 クリスチャンよ。悪い知らせを恐れてはならない。もしあなたが悪い知らせに悩むとすれば、未信者よりも劣るからである。彼らは、あなたのように逃れることのできる神をもたない。またあなたのよう

  • わがより頼む主

    近ごろ 何となく口ずさんでいる歌がある。よく味わってみると、今の自分の神への思いにとても合っていて、神の恵みに感謝を新たにする。♪ なにゆえみ神は1) なにゆえみ神は かかる身をも神の子とせしか 知るを得ねど~わがより頼む主は ゆだねたる身とたまを守り得たも

  • 「主はねたみ、復讐する神。」

    「朝ごとに」9月12日より【「主はねたみ、復讐する神。」(ナホム1:2) おお、信者よ。あなたの主はあなたの愛について、非常にねたみ深くあられる。主はあなたを選ばれた。主は、あなたが他の者を選ぶのに耐えられない。主はあなたを血潮をもって買われたのではないか。あな

  • 祝福することの幸い

    誰かのために祈っても、祝福することはあまりなかったが、最近「○○さんを祝福してください」「主の御名によって祝福します」と、祝福を願うようにしている。そうすると、ただ祈るより関心も増す。具体的な祈りができなくても、神はきっとその人にふさわしい祝福を与えてく

  • 全能の神の作品…

    完熟梨のお裾分けをいただいた。甘味は強いが、あまり日持ちがしないとのこと。この梨はお見舞いとして送られてきたそうだが、皮肉なことに糖分を控えなければならないらしく、他の果物も食べないのだという。果物にはなんの罪もないけれど…。ちょっと考えさせられた。季節

  • 「朝ごとに」より

    【「燈油……」(出エジプト25-6)   「ともしび用の油……」(新改訳2017) 私のたましいよ。どんなにかおまえはこの燈油を必要としていることであろう。なぜなら、これがなくては、おまえのともしびが長く燃え続けることは不可能だからである。もし光が失われたり、油が切

  • 祈りが神への信頼に変えられて

    ここ数日…祈り倒した。引っ越し準備さ中、次男の嫁が、乳ガン検診で再検査の知らせがきたという。高齢出産で孫はまだ1歳半になったところ。しばらく経ち 落ち着いて思った。人間て、なんという思い込みの強いモンかと。(私だけでなく)がん?という言葉を聞くとすぐに死に結

  • 神のやさしさ・・

    用事や買い物で駐車場に車を止める時、出入り口から遠いと、少し歩く方が体に良いから…と思えばそれも感謝である。(雨の日は…なるべく近い方がいいなと思ったり^^;)ある時 とても疲れていて、「あー神さま、今日はいろいろ上手くできなくて疲れました~」と、つぶやきなが

  • 力強くされたみことば

    人を勇気づけようとしたみことばに、自分が勇気づけられた。「人を恐れると罠にかかる。しかし、主に信頼する者は高い所にかくまわれる。」箴言29-25「民よ どんなときにも神に信頼せよ。あなたがたの心を 神の御前に注ぎ出せ。神はわれらの避け所である。」詩篇62-8アーメ

  • 再臨への備えは?

    ♪たずさえあげられ 主イェスにいだかるその日のよろこび いかばかりぞ備えは終われり いざ来たりたまえはなむこなる主よ 救い主よ (聖歌623 5節)近頃、再臨のメッセージをよく聞くようになった。再臨の賛美もよく歌う。かつてはあまり知ろうとしなかったが、今は無関

  • まず神の前に

    世に目を向け始めると切りがなく、問題は大きくなるばかり。これからの時代を生きていく息子たちや若い人たちのことを考えると、祈りながらも、心は思い煩いに囚われてしまう。明らかに悪魔の思うツボ。わかっていながら嵌まる悲しさ。せっかく生かされている今なのに、もっ

  • 不法占拠から買い戻すための…黙示録

    この世界を悪魔の支配から取り戻す時が近づいているようだ。この地を、買い戻す権利を持っておられるのは元の所有者である神、主しかおられない。主はその代価を血によって支払われたのだ。「彼らは、あたらしい歌を歌って言った。『あなたは、巻物を受け取って、その封印を

  • キリストの血がなければ

    ♪力ある主イェスの血 受けよ 受けよ~罪重荷をのぞくは 血の力 主の血は悪魔のわざをこぼつ くしき力なり肉の欲をのぞくは 血の力 主の血は罪汚れをきよむる くしき力なり雪より白くするは 血の力 主の血は罪のしみを抜き去る くしき力なり主にまことを尽くすに

  • 誰も教えてくれない大事なこと

     いつの時代でも人が生きていく上で、中村哲氏のこの言葉を心して覚えておくべきだと思った。目で見たこと、耳で聞いたことが必ずしも真実とは限らない。何度も同じことを教え込まれれば、いつの間にかその一つの情報が正しいのだと簡単に信じてしまう。思考停止になるのは

カテゴリー一覧
商用