searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

takaさんのプロフィール

住所
伊達市
出身
室蘭市

将棋ニュースのほか、将棋初心者、中級者の方の参考になる記事も書ければと思っています。

ブログタイトル
伊達の将棋愛好家
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/taka11281/
ブログ紹介文
北海道伊達地区の情報を中心に将棋関係の情報などをお伝えします。
更新頻度(1年)

301回 / 365日(平均5.8回/週)

ブログ村参加:2013/09/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、takaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
takaさん
ブログタイトル
伊達の将棋愛好家
更新頻度
301回 / 365日(平均5.8回/週)
読者になる
伊達の将棋愛好家

takaさんの新着記事

1件〜30件

  • △中飛車対▲左美濃3七銀~第33期竜王戦4組、大橋六段対谷川九段戦

     1図は第33期竜王戦4組、大橋貴洸六段対谷川浩司九段戦(2020.5.28)の序盤の局面です。 ここから先手の大橋六段は▲3六歩~▲3七銀と右銀を進め、△5二飛を見てから玉形の整備に入りました。 少し進んで2図となりました。 2図から▲3八飛と寄りました。△8三銀

  • 実戦の詰将棋(640)

     上の図は、実戦に現れた局面を基にした詰将棋です。 答えを白文字で記入しました。  答え ⇒ ▲8一銀成△同玉▲8二金までの3手詰将棋ランキングにほんブログ村

  • こども将棋教室(2020.5.30)の結果

     今年18回目の教室には午前の部に1名、午後の部に3名、計4名の参加がありました。 午前の部では最初に詰将棋3手詰を2問勉強しました、その後、駒落ち戦(二枚落ち)と平手戦(生徒さんが四間飛車、講師が右四間飛車)を一局ずつ勉強しました。 午後の部は詰将棋3手

  • 実戦の次の一手(166)

     1図は第92期棋聖戦一次予選、浦野真彦八段対小林裕士七段戦(2020.5.29)の終盤で、先手が▲6七金引きと6七の垂れ歩を取ったところです。 ここで、後手の小林七段が指した次の一手をお考えください。     正解は  ……  ……  …… △6八歩(2図)でした

  • 実戦の詰将棋(639)

     上の図は、実戦に現れた局面を基にした詰将棋です。 答えを白文字で記入しました。  答え ⇒ ▲8二銀成△同玉▲8一金△9二玉▲9一金△8二玉▲8一飛成までの7手詰将棋ランキングにほんブログ村

  • △3三角から速攻~第68期王座戦、佐々木七段対丸山九段戦

     第68期王座戦決勝トーナメント、佐々木慎七段対丸山忠久九段戦(2020.5.19)は先手佐々木七段の四間飛車対後手丸山九段の居飛車の対抗となりました。 1図は丸山九段が2二角を△3三角と上がったところです。続いて玉を左美濃か穴熊に囲うのだと思いましたが、その後、

  • 実戦の詰将棋(638)

     上の図は、テレビドラマに現れた局面を基にした詰将棋です。 答えを白文字で記入しました。  答え ⇒ ▲2二銀△同玉▲3一飛成△1一玉▲4四馬までの5手詰 基になったのは、テレビドラマ「Nのために」(原作:湊かなえ、2014年にTBSで放送)に現れた局面(1図で

  • 前に指した手の趣旨を通す~米長邦雄の将棋3より

     1図は、第27回NHK杯争奪戦本戦、米長邦雄八段対宮坂幸雄七段戦(1977.11.14)の中終盤の局面です。 ここで、後手の宮坂七段の次の手は△2四角でした。 その手に対して「米長の将棋3」(昭和55年、平凡社)で「動揺したのか、△2四角も変調。将棋は前に指した手の趣旨

  • 実戦の詰将棋(637)

     上の図は、実戦を基に作成した詰将棋です。 答えを白文字で記入しました。  答え ⇒ ▲4一金△同玉▲5一飛△4二玉▲5二馬(5三金)までの5手詰将棋ランキングにほんブログ村

  • なるべく自分の駒が働くように指し手を考える~米長の将棋3より

     1図は、第27回NHK杯争奪戦本戦、米長邦雄八段対宮坂幸雄七段戦(1977.11.14)の中盤の局面です。 ここで、後手の宮坂七段の次の手は△8六歩でした。 その手に対して「米長の将棋3」(昭和55年、平凡社)で「少考後、宮坂七段は△8六歩ときた。私もこう指されると思っ

  • こども将棋教室(2020.5.23)の結果

     4月11日の教室を最後に長らく休講していましたが、本日から再開しました。 今年17回目の教室には午前の部に1名、午後の部に3名、計4名の参加がありました。 なお、今日から洞爺湖町のN君が入会しました。 午前の部の生徒さんは新入会のN君でした。 最初に詰将棋

  • 実戦の詰将棋(636)

     上の図は、実戦を基に作成した詰将棋です。 答えを白文字で記入しました。  答え ⇒ ▲3六桂△同歩▲3五金までの3手詰将棋ランキングにほんブログ村

  • ▲矢倉対△6四銀急戦~第46期棋王戦予選、及川六段対千葉七段戦

     第46期棋王戦予選、及川拓馬六段対千葉幸生七段戦(2020.5.13)は先手及川六段の矢倉に後手千葉七段が6四銀、8五歩から仕掛ける将棋となりました。 上図から後手が△7五歩と仕掛け、▲同歩△同銀▲7九角△8六歩▲4六角~と進みました。 少し進んで1図となりました

  • 実戦の詰将棋(635)

     上の図は、実戦を基に作成した詰将棋です。 答えを白文字で記入しました。  答え ⇒ ▲6二龍までの1手詰将棋ランキングにほんブログ村

  • 実戦の詰将棋(634)

     上の図は、実戦を基に作成した詰将棋です。 答えを白文字で記入しました。  答え ⇒ ▲2四金△同金▲3一馬△2三玉▲2二馬までの5手詰 基になったのは第70期王将戦一次予選、伊藤真吾五段対中川大輔八段戦(2020.5.14)の投了一手前の局面(1図)です。将棋ラン

  • 実戦の詰将棋(633)

     上の図は、実戦を基に作成した詰将棋です。 答えを白文字で記入しました。  答え ⇒ ▲4二香成△同玉▲4三銀△3一玉▲3二金までの5手詰将棋ランキングにほんブログ村

  • 実戦の次の一手(165)

     1図は第14期名人戦七番勝負第6局、大山康晴名人対高島一隠代八段戦(1955.6.14~15)の終盤の局面で後手の高島八段が▲8六歩に△8五飛と角取りに引いたところです。 ここで、先手の大山名人が指した次の一手をお考えください。     正解は  ……  ……  …

  • 実戦の詰将棋(632)

     上の図は、実戦を基に作成した詰将棋です。 答えを白文字で記入しました。  答え ⇒ ▲2三金△1一玉▲3三角成までの3手詰 基になったのは第28期A級順位戦、丸田祐三九段対米長邦雄八段戦(1973.12.10)の投了一手前(1図)の局面です。将棋ランキングにほんブロ

  • 実戦の次の一手(164)

     1図は第14期名人戦七番勝負第6局、大山康晴名人対高島一隠代八段戦(1955.6.14~15)の中盤の局面で後手の高島八段が△8五飛と銀を取ったところです。 ここで、先手の大山名人が指した次の一手をお考えください。     正解は  ……  ……  …… ▲7七金(

  • 実戦の詰将棋(631)

     上の図は、実戦を基に作成した詰将棋です。 答えを白文字で記入しました。  答え ⇒ ▲8三角成△同飛▲5二金打までの3手詰将棋ランキングにほんブログ村

  • 実戦の詰将棋(630)

     上の図は、実戦を基に作成した詰将棋です。 答えを白文字で記入しました。  答え ⇒ ▲4三歩△同角▲4一金△5二玉▲5一金△4二玉▲4一角成までの7手詰将棋ランキングにほんブログ村

  • 加部流の戦い~第13期マイナビ女子オープン五番勝負第3局、加藤女流三段対西山女王戦

     第13期マイナビ女子オープン五番勝負第3局が5月12日に東京将棋会館で行われました。 1図は後手西山朋佳女王の三間飛車に先手の加藤桃子女流三段がわずか12手目で仕掛けました。 解説によりますと、この仕掛けはアマの加部康弘さんが指したことから加部流の名で呼ばれて

  • 実戦の詰将棋(629)

     上の図は、実戦を基に作成した詰将棋です。 答えを白文字で記入しました。  答え ⇒ ▲3一飛成△3二合駒▲2二銀までの3手詰 1図は第33期竜王戦2組ランキング戦、松尾歩八段対佐々木勇気七段戦(2020.4.30)の中終盤の局面です。 1図は先手の手番ですが、仮に

  • 第70期王将戦一次予選、石田五段対中村七段戦の序中盤

     第70期王将戦一次予選、石田直裕五段対中村太地七段戦は先手石田五段の矢倉に後手中村七段が△6四銀から速攻を仕掛ける戦いで始まりました。 1図は後手が4一玉と居玉を解消してから△6四銀、△8五歩の後、△7五と突き捨て▲同歩に△同銀と進んだところです。 1図

  • 実戦の次の一手(163)

     1図は第33期竜王戦ランキング戦2組、松尾歩八段対佐々木勇気七段戦(2020.4.30)の終盤の局面です。 ここで、後手の佐々木七段が指した次の一手をお考えください。     正解は  ……  ……  …… △6七金(2図)でした。 これを▲同金左は△8八銀、また

  • 実戦の詰将棋(628)

     上の図は、実戦を基に作成した詰将棋です。 答えを白文字で記入しました。  答え ⇒ ▲5六角△同玉▲2六飛△4五玉▲4六金までの5手詰 基になったのは第33期竜王戦2組ランキング戦、松尾歩八段対佐々木勇気七段戦(2020.4.30)の投了3手前の局面(1図)です。

  • 実戦の詰将棋(627)

     上の図は、実戦を基に作成した詰将棋です。 答えを白文字で記入しました。  答え ⇒ ▲4一飛△同玉▲5二成銀△3一玉▲4二成銀△3三玉▲4三金までの7手詰 基になったのは第46期棋王戦予選、大橋貴洸六段対船江恒平六段戦(2020.4.30)の投了1手前の局面(1図

  • 第33期竜王戦2組ランキング戦、松尾八段対佐々木七段戦

     第33期竜王戦2組ランキング戦、松尾歩八段対佐々木勇気七段戦(2020.4.30)(4/17対局の千日手指し直し局)は角換わり腰掛け銀の戦いとなりました。 千日手指し直し局は通常はその日のうちに行いますが、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言下での状況に鑑み、

  • 実戦の詰将棋(626)

     上の図は、実戦を基に作成した詰将棋です。 答えを白文字で記入しました。  答え ⇒ ▲8三飛△同玉▲6一馬△9三玉▲9四歩△8四玉▲8二龍△9五玉▲8六龍までの9手詰 基になったのは第51期新人王戦トーナメント、池永天志四段対古賀悠聖三段戦(千日手指し直

  • 実戦の詰将棋(625)

     上の図は、実戦を基に作成した詰将棋です。 答えを白文字で記入しました。  答え ⇒ ▲6三龍△同玉▲7五桂△同歩▲7四銀△6四玉▲7三龍までの7手詰将棋ランキングにほんブログ村

カテゴリー一覧
商用