chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
神社前2F特設祭事場 https://matsurist.officialblog.jp/

桑名宗社石取御神事を中心に各地の石取祭車、東海三県の山車、だんじりの見学記です!

桑名市周辺の祭礼、上げ馬神事、知多型山車、名古屋型山車、だんじり(地車)の見学記です!

風神雷神
フォロー
住所
桑名市
出身
桑名市
ブログ村参加

2013/09/12

arrow_drop_down
  • '22 津島市 尾張津島秋まつり(石採祭 試楽⑥)

    10/1 祭車曳き廻しの続きです!中部石採南部石採北部石採中部石採2時間ほど夕休憩を取った後、大政地区を廻ります。地区の店の駐車場で火入れをします。火入れをすると空も暗くなってきました。雰囲気がガラッとかわります。(この記事の一部画像は、石取ガチ勢くんにご提供

  • '22 津島市 尾張津島秋まつり(石採祭 試楽⑤)

    10/1 南津島神社奉納は北部石採が続きます!北部石採中部石採南部石採あれ?御幣が無い!?急に音取が祭車を曳いたため、山形係との連携が取れず引っ掛けてしまったそうです。取り替える間、後続祭車は待機です。永楽町方面に祭車は進みます。北部石採(この記事の一部画像は

  • '22 津島市 尾張津島秋まつり(石採祭 試楽④)

    10/1 西愛宕町2丁目を進む石採祭車です!昨日の話の続きの津島石採祭の歩く距離についてですが、私も過去に祭車についていって足が棒になった事がありました。津島の石採祭車は一度祭車庫を出ると道中が物凄く長く、夕方まで休憩はほぼありません。曳き廻しルート図と土地勘

  • '22 津島市 尾張津島秋まつり(石採祭 試楽③)

    10/1 橘町から愛宕町へと進みます。南部北部中部東愛宕町手前まで曳き廻します。私が山車の方(後日掲載)から着いた時には、西愛宕町に祭車がいました。道を挟んだ南側は愛西市です。ここで石取ガチ勢くんにお会いしましたが、相当疲れたご様子でした。もちろん石採の人たち

  • '22 津島市 尾張津島秋まつり(石採祭 試楽②)

    10/1 東柳原町から橘町へと向かいます!南部石採組北部石採組中部石採組(この記事の画像は、石取ガチ勢くんにご提供いただきました‌)【お願い】皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます。私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたし

  • '22 津島市 尾張津島秋まつり(石採祭 試楽①)

    10/1 快晴の下、石採祭車は曳き出します!祭車庫西側の道に並びます。3年ぶりの石採祭車曳き廻しです。今年は南部、北部、中部の順で曳かれます。最初に秋葉神社に奉納し、そこから各地へと曳き廻しを始めます。まずは、名鉄津島駅南側の今市場地区を廻ります。高架をくぐり

  • '22 津島市 尾張津島秋まつり 津島の山車 お囃子演奏会

    8/27 津島市文化会館で尾張津島秋まつりの山車囃子発表会が行われました!開会式の様子です。津島山車保存会文化委員長の開会の挨拶です。津島山車保存会長の挨拶です。津島市長が新型コロナウイルスに感染したので、津島市教育長が挨拶しました。愛知県議会議員の挨拶です。

  • 祭車紹介更新情報

    以下の各祭車の写真、内容を更新しました!更新した祭車紹介は↓blog記事は↓皆様からの画像提供もお待ちしております!【お願い】皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます。私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よ

  • 祭車紹介【東員町 山田②】

    山田の続きです!三角(彫刻無し)雲板欄間(菱組子)方立袖、方立(菱組子に胡麻組子、後部 装飾無し)額(菱組子に麻の葉組子)持送(唐草)錺金具本天幕(連続模様)水引幕(紫地に十六花弁八重表菊紋、五七桐紋の刺繍)祭車庫【お願い】皆様のクリック(応援)がランキン

  • 祭車紹介【いなべ市 大安町門前②】

    門前の続きです!雲板欄間(彫刻無し)方立袖、方立(彫刻無し)太鼓掛(松に鷹)持送(力神)破魔隠雪洞額(右 桔梗図、左 桜図 石垣彰夫画)錺金具本天幕(波に雲龍図)旧本天幕(七里の渡し図)町旗(鶯色地に門前子供会の染め抜き)祭車庫【お願い】皆様のクリック(応

  • 祭車紹介【桑名市 長島町西外面②】

    長島八幡神社獅子舞保存会祭車の続きです!方立袖、方立(彫刻無し)四本柱木鼻(唐草)太鼓掛(彫刻無し)持送(波)額(装飾無し)錺金具本天幕(黒地に鶏)幟(白地に八幡神社の文字)替幟(白地に長島町の文字)水引幕(青海波)下掛水引幕(薄水色地に五七桐紋と左三ッ

  • 祭車紹介【桑名市 長島町西外面①】

    【長島町西外面(ながしまちょうにしども)】祭車建造 昭和23年 大佐祭車形式 二段台輪水引幕型祭車祭車経歴 赤須賀宮本町→桑名今片町→員弁町石佛→長島町西外面(八幡神社獅子舞保存会)錺金具 かとう仏壇鬼板(唐草)前破魔軸受(唐草)鴟尾(彫刻無し)後破魔蓋(彫刻無し

  • '22 桑名市 赤須賀神明社石取御神事(本楽④)、小貝須本村石取祭

    8/16 蛭子町から市場町へ!市場町と、ここで市場町の方に誘われて叩かせていただきました\(^^)/ありがとうございました!開勢町祭車庫前で叩いていました。祭車に錺金具を入れようと考えられている某町の皆さんと祭車見学しました。開勢町中老会さんのご厚意でシートも捲っ

  • '22 桑名市 赤須賀神明社石取御神事(本楽③)

    8/16 蛭子町の続きです!第四番 蛭子町叩き出すところまで見ていたので、慌てて宮本町へと向かいました。第五番 宮本町奉納の時には雨が一段と強く降っていました。神明社楼門跡前で神事は行われました。再び叩き出します。宮本町から再び蛭子町へ向かいました!蛭子町町内を

  • '22 桑名市 赤須賀神明社石取御神事(本楽②)

    8/16 開勢町の次は辨天町です!第三番 辨天町雷鳴が轟いて空が明るくなった瞬間も…!シートを捲りあげて町旗を付けました。番号幣札を宮司に渡します。玉串奉奠です。化粧二階板新調記念で、記念撮影をしました。その後、叩き出したのでかなり時間が押してしまいました。第

  • '22 桑名市 赤須賀神明社石取御神事(本楽①)

    8/16 今年の赤須賀石取祭は渡祭は無く、宮司が各町に出向いて神事を行う遥拝形式となりました!第一番 市場町遥拝前に青年会が楽しそうに叩いています。宮司が到着し、祭車の前に祭壇が置かれます。祭車前に参加者が整列し神事を受けます。玉串奉奠です。神事後、改めて叩き

  • '22 四日市市 富田石取祭(本楽⑥)、桑名市 赤須賀神明社石取御神事(試楽)

    8/15 富田西町から北村町へ!西町から歩いているとまだ音が聞こえたので、読者様たちと北村町へ向かいました。十四川沿いから東海道へと出てきました。祭車庫前で叩きます。こちらも中老会が飾りを外します。山形など飾りを外して片付けていても、囃子が続けられるのが石取祭

  • '22 四日市市 富田石取祭(本楽⑤)

    8/15 西町祭車は、中央通りから東海道へ入ります!西進します。西端まで行き、Uターンして戻ります。八幡神社前で止まり、山形を向けます。祭車庫に戻ります。かなりバッテリーが弱まっていました。一人で長く叩いていたお姉さまがいらっしゃいました。詳細はYouTubeにて!私

  • '22 四日市市 富田石取祭(本楽④)

    8/15 西町の続きです!鳥出神社の手前で再び叩き出します。鳥居前で一度停止しました。先提燈と山形を後方に向けました。伊勢神宮に向けての奉納でしょうか?境内に祭車を曳き込みます。山形を北に向けました。多度大社への奉納でしょうか?山形を正面に向けて鳥出神社に奉納

  • '22 四日市市 富田石取祭(本楽③)

    8/15 曳き別れの続きです!北村町読者様も活躍されています!富田西町ここで慌てて中老さんが飛び込んできました。太鼓が破れたので慌てて表と裏をひっくり返します。太鼓の皮が破れた事は恥じる事では無く、力一杯叩いた事による勲章だと私は思います。太鼓が破れる瞬間に何

  • '22 四日市市 富田石取祭(本楽②)

    8/15 曳き別れに向けて、国土交通省北勢国道事務所前から東に祭車が動き出しました!富田西町交差点北側に着けます。茂福町交差点南側に着けます。北村町Uターンしてバックで西側に着けます。各町熨斗の付いた桴を掲げて待ち、脚立に乗った年番祭事長の赤提燈の合図で一斉に

  • '22 四日市市 富田石取祭(本楽①)

    8/15 夕方に富田へ向かいました!北村町祭車を見ようとした時にゲリラ豪雨に遭遇し、しばらく雨宿りしました。雨が上がり、中老さんが飾り付けしているところを見させていただきました。北村町祭車庫前に来たのって何十年ぶりだろう??軒下で他の飾り付けは行われましたが、

  • '22 東員町 山田(金山車盆)、員弁町石佛(中元祭)、員弁町松之木(盆祭)

    8/15 六把野から山田へ!例年なら三岐鉄道北勢線を越えて、六把野地区内を祭車が曳き廻されてる時間でしたが曳いた形跡は無く、神社には曳き廻し中止の案内がありました。ちょうど休憩時間で、石取囃子は鳴っていませんでした。猛暑だったこの日の山田は桜満開…ではなく、祭

  • '22 東員町 六把野新田(中元祭)

    8/15 今年は六把野が盆祭をやるようなので、朝から行ってみました!コミュニティセンター前には開催の告知がありました。喜び勇んで神社に上がって行くと、祭車が見えました。が、が、が、拝殿前には急遽曳き廻し中止の案内が…。この時、三重県の患者数は連日4桁が続いてい

  • '22 桑名市 赤須賀神明社石取御神事(叩出⑤)

    8/14 赤須賀神明社前の宮本町の続きです!宮本町渡祭ではないので、町の石取の仲間も叩いていました。と思ったら、氏子総代さんも引っ張られて叩いていました。以前、天幕の改修について触れましたが、今回初めて改修後の姿を見る事ができました。周りが水色に変わったんです

  • '22 桑名市 赤須賀神明社石取御神事(叩出④)

    8/14 最後になりましたが、宮本町へとやってきました!宮本町町の石取(桑名石取祭)と繋がりのある人の多い宮本町では、見に来ている町の石取の人達が拉致られ連れられて太鼓を叩く姿が見られます。読者様もそのうちの一人。その前に私も仲間入りさせてもらってますよ(笑)鉦

  • '23 新年明けましておめでとうございます!

    あけましておめでとうございます!!この記事が皆さまの目に届いているという事は、無事に新年を迎えられたという事で…よろしいでしょうか!?なんて冗談を言いつつも外国では戦争が続いており、昨年の漢字は"戦"でしたし、今年の日本は防衛費を増大させるとか物騒な話も聞

  • 令和4年 祭礼開催情報(2022/10/10更新)

    今年も各地で祭礼準備が始まりましたが、昨年より状況悪化のため、中止の報も聞こえてきました。各役所や報道機関の発表、各保存会などの発表をもとに一覧にまとめました。正式発表に至っていないものは、情報として入っていてもあえて掲載しておりません。あくまでも参考程

  • 今年もあと17時間

    今年も残り17時間となりました。(記事更新時点での話です)年末で忙しい皆々様は、朝7時ピッタリからこの記事を読んでいらっしゃらないと思うので、あと何時間で年越しとなるかわかりませんが(笑)さてさて、今年も沢山の読者様に拙い記事のこのブログをご覧いただきまして

  • '22 桑名市 赤須賀神明社石取御神事(叩出③)

    8/14 辨天町の続きです!辨天町しばらくすると、祭車を南へと下げていきました。蛭子町市場町開勢町早めに祭車庫前に戻ってきたようです。(この記事の一部画像はヤンカズくん、雷井戸くんにご提供いただきました‌)【お願い】皆様のクリック(応援)がランキングに反映

  • '22 桑名市 赤須賀神明社石取御神事(叩出②)

    8/14 蛭子町の叩き出しです!参加者の体調を記入して、コロナ対策を取ります。市場町か一唱して叩き出したのでタイムラグが生じて、午後7時を30秒ほど過ぎてから叩き出しました。全く前車の市場町が叩き出さないので不安に思ったそうですが、ちゃんと前車の音を聞いてから叩

  • '22 桑名市 赤須賀神明社石取御神事(叩出①)

    8/14 昼間に祭車の飾り付けが行われました!蛭子町と辨天町は祭車庫が隣り合っているので、準備も横で行います。7月にお知らせした、今年の赤須賀石取祭の予定記事をご覧になった上で、以降の記事をお読みいただけると理解しやすいと思います。夕方、例年ならば宮本町~港町

  • '22 四日市市 富田石取祭(試楽)

    8/14 門前から北村町へ!若宮八幡神社で叩き始めます。祭車を造った辻邦康師、マルスエ仏壇さんも叩いていました。出発したところまで見届けて、急いで赤須賀へと向かいました。(この記事の一部動画は、赤地注連縄くんにご提供いただきました‌)【お願い】皆様のク

  • '22 いなべ市 大安町門前

    8/14 いなべ市方面の盆祭開催も一部のみ行われました!情報が無かったので、現地に赤地注連縄くんと出向いて見ることに。門前は鳥取神社境内に飾り付けられていました。昭和47年、伊藤為一作の祭車です。前回見学した時とほぼ同じ内容しか書けませんが、皆さんの記憶から薄れ

  • '22 桑名市 長島中部水郷まつり

    11/6 長島まちづくり拠点で八幡神社獅子舞と長島石取祭の実演が行われました!レプリカで獅子舞が舞われました。その後、八幡神社祭車にて長島三町の石取囃子実演が行われました。今回は神社用のビニール提燈を山形に用いました。獅子舞保存会長が取り仕切ります。長島下町長

  • '22 桑名市 長島町 長島八幡神社社務所竣功祭

    8/14 焼失した長島八幡神社社務所が新築され、奉祝祭が行われました!台風が心配された8/13、何事もなく台風が通過したので祭宿で最終調整と打ち合わせを行いました。今回、幟を新調しました。山形提燈は神社用の物を転用しました。神紋は五三桐です。下掛水引幕に残る紋は八

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽49)

    8/7 第二組の続きです!京町は祭車庫前で叩き納めました。片町も祭車庫前で叩き納めます。休憩を挟みながら、午前0時前まで叩いていました。第三組 宮北は八間通りで待機していました。Uターンして、田町交差点から旧十一屋前へ移動します。三崎通も旧十一屋前に移動します

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽48)

    8/7 魚之棚通り整列の続きです!旧魚仁前に第九組福江町です。田町祭車庫付近に第六組の祭車群です。各組の祭車が揃うと帰町します。第十組は馬道以外渡祭番号が集中していたため、西榮町・西馬道・上野町・新矢田一丁目は先に帰町しました。例年ならばそのような事はしませ

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽47)

    8/7 第一組は船津屋前で曳き別れを行います!第一組 花街川口町町内に帰り、一時休憩していました。その後、山形提燈を外し、雨天幕に替えて曳き別れに参加しました。第一組 羽衣第一組 西舩馬町第八組は八間通り寺町交差点で曳き別れを行いました。魚之棚通りでは馬道組を除

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽46)

    8/7 末番馬道の続きです!第二十七番 馬道午後10時2分、赤提燈が振られ渡祭終了です。その後、祭車を横に向けしばらく叩いていました。午後10時10分、馬道祭車が春日前を抜けました。戦後の石取祭で最短の渡祭だったのではないでしょうか?渡祭後順路の上本町→江戸町は例年

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽45)

    8/7 第26番入江葭町の続きです!第二十六番 入江葭町*第二十七番 馬道この時点では鉦は4丁です。渡祭は鉦を6丁吊ります。(この記事の一部画像は石取ガチ勢くん、赤地注連縄くん、chikestさんにご提供いただきました‌)【お願い】皆様のクリック(応援)がランキングに

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽44)

    8/7 第25番宮通の続きです!第二十五番 宮通 第二十六番 入江葭町(この記事の一部動画と画像は赤地注連縄くん、石取ガチ勢くんにご提供いただきました‌)【お願い】皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます。私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽43)

    8/7 第24番壽町の続きです!第二十四番 壽町第二十五番 宮通(この記事の一部画像は、石取ガチ勢くんにご提供いただきました‌)【お願い】皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます。私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいた

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽42)

    8/7 第23番福江町の続きです!第二十三番 福江町第二十四番 壽町(この記事の一部画像と動画は石取ガチ勢くん、Yくん、赤地注連縄くんにご提供いただきました‌)【お願い】皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます。私の見学に向かう原動力ともなります

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽41)

    8/7 第22番西舩馬町の続きです!第二十二番 西舩馬町西舩馬町の渡祭中に、中継を終えた三重テレビの中継車は帰って行きました。第二十三番 福江町(この記事の一部画像は石取ガチ勢くん、Yくんにご提供いただきました‌)【お願い】皆様のクリック(応援)がランキングに反映

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽40)

    8/7 第22番西舩馬町の渡祭です!第二十二番 西舩馬町万燈側面に"コロナ退散"と書かれていました。燭台は全て和蝋燭です。前部は大きな炎に包まれています。これは樟脳を燃やしており、その煙で祭車を燻して防虫しています。白く煙のあがる姿は唯一で、特異な光景です。東太一

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽39)

    8/7 第21番傳馬町の渡祭です!第二十一番 傳馬町万燈の火が消え、山形を倒さずに上って火を入れていました。(この記事の一部画像は石取ガチ勢くん、Yくんにご提供いただきました‌)【お願い】皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます。私の見学に向かう原動

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽38)

    8/7 第20番新町の渡祭です!第二十番 新町山形係さんはスマホで記念撮影されてるのでしょうか?(この記事の一部画像は石取ガチ勢くん、Yくんにご提供いただきました‌)【お願い】皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます。私の見学に向かう原動力ともなり

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽37)

    8/7 第19番寺町の続きです!第十九番 寺町(この記事の一部画像は石取ガチ勢くん、Yくんにご提供いただきました‌)【お願い】皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます。私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!(

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽36)

    8/7 第18番今北町の続きです!第十八番 今北町第十九番 寺町(この記事の一部画像は石取ガチ勢くん、Yくんにご提供いただきました‌)【お願い】皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます。私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願い

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽35)

    8/7 第17番宮北の続きです!第十七番 宮北第十八番 今北町曳き込みの際に桃太郎は、采を激しく振っていました。(この記事の一部画像は石取ガチ勢くん、Yくんにご提供いただきました‌)【お願い】皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます。私の見学に向かう

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽34)

    8/7 第16番西矢田町の渡祭です!第十六番 西矢田町山形係は神官姿で乗ります。西矢田町も燭台は全部和蝋燭です。蘭陵王の面を外します。面を外すと左右に向けます。第十七番 宮北宮北は祭車下部が和蝋燭です。(この記事の一部画像は石取ガチ勢くん、雷井戸くん、Yくんにご

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽33)

    8/7 第14番萱町の続きです!第十四番 萱町鍜冶町の先提燈が渡祭域の中へと進んでしまい、戻されてしまうという事もありました。第十五番 鍜冶町(この記事の一部画像は石取ガチ勢くん、Yくん、雷井戸くんにご提供いただきました‌)【お願い】皆様のクリック(応援)

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽32)

    8/7 第13番新矢田一丁目の続きです!第十三番 新矢田一丁目第十四番 萱町萱町も燭台は全部和蝋燭です。祭車が楼門前に着くまで、青年会は青銅鳥居の下で待機します。祭車が定位置に着くと、役員の合図で一斉に走り出します。その距離50m!!囃子を止めずに渡祭に入るので分類

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽31)

    8/7 第12番上野町の続きです!第十二番 上野町第十三番 新矢田一丁目(この記事の一部画像は石取ガチ勢くん、Yくんにご提供いただきました‌)【お願い】皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます。私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしく

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽30)

    8/7 第11番西馬道の渡祭です!第十一番 西馬道第十二番 上野町(この記事の一部画像は、石取ガチ勢くんにご提供いただきました‌)【お願い】皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます。私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いい

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽29)

    8/7 第9番京町の続きです!第九番 京町第十番 中央通燭台は全部和蝋燭です。渡祭の音取は中老会が行います。赤提燈が振られて、かなり後ろまで祭車を下げました。(この記事の一部画像はYくん、石取ガチ勢くんにご提供いただきました‌)【お願い】皆様のクリック(

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽28)

    8/7 第8番東矢田町の渡祭です!第八番 東矢田町第九番 京町(この記事の一部画像は石取ガチ勢くん、Yくんにご提供いただきました‌)【お願い】皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます。私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願い

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽27)

    8/7 第7番花街川口町の渡祭です!第七番 花街川口町(この記事の一部画像は石取ガチ勢くん、Yくんにご提供いただきました‌)【お願い】皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます。私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたし

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽26)

    8/7 第5番羽衣の続きです!第五番 羽衣第六番 西榮町(この記事の一部画像は石取ガチ勢くん、Yくんにご提供いただきました‌)【お願い】皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます。私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたし

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽25)

    8/7 第4番片町の続きです!第四番 片町第五番 羽衣(この記事の一部画像はYくん、石取ガチ勢くんにご提供いただきました‌)【お願い】皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます。私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたしま

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽24)

    8/7 第3番三崎通の続きです!第三番 三崎通第四番 片町(この記事の一部画像はYくん、石取ガチ勢くんにご提供いただきました‌)【お願い】皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます。私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いい

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽23)

    8/7 第2番東常盤町の渡祭です!第二番 東常盤町山形係の読者様が私に気付いて、手を振ってくれました( ´∀`)/~~第三番 三崎通待機中に山形を下げたままだったのは、三崎通だけでした。(この記事の一部画像は、Yくんにご提供いただきました‌)【お願い】皆様のクリ

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽22)

    8/7 赤提燈の一張は第二番祭車へと斎火を運び、以降の祭車へと火が同様に送られます。祭車を離れている青年会は、青年連盟幹事から火をもらいます。赤提燈と言えば、この高張赤提燈にお気付きでしょうか?北桑名神社北桑名総社にあったものと同じで、渡祭区域の始まりを知ら

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽21)

    8/7 午後5時半、桑名宗社では夕御饌祭が行われ、そこで斎火をいただき渡祭始式で花車に渡されます!今年は三重テレビを経由して、BS放送で全国中継されたため、中継車が来ていました。午後5時50分、青銅鳥居へ花車の堤原が到着しました。前もって用意してあった鏡餅と献酒

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽⑳)

    8/7 曳き出しの続きです!第五番 第一組 羽衣第六番 第十組 西榮町第七番 第一組 花街川口町第八番 第九組 東矢田町第九番 第二組 京町第十番 第十一組 中央通第十一番 第十組 西馬道第十二番 第十組 上野町今年の祭車は京町を過ぎても宮通を曲がらずに、片町へと向かいます

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽⑲)

    8/7 第24番壽町の次は宮通です!第二十五番 第二組 宮通第二十六番 第五組 入江葭町こちらも服部擔風筆の幟です。本楽の山形提燈は黒字です。山形最上部の一張のみ、"ゝ"が無い提燈となっています。第二十七番 第十組 馬道午後5時半、祭車一斉曳き出しです!第一番 第八組

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽⑱)

    8/7 第二十一番からは新町を右折します。第二十一番 第六組 傳馬町第二十二番 第一組 西舩馬町祭車の後ろで音取が休憩していました。階子段脇龍双番と書かれた箱は、昇の龍彫刻を収納する箱です。第二十三番 第九組 福江町第二十四番 第十一組 壽町幟原字は服部擔風の筆です

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽⑰)

    8/7 第20番は新町です!第二十番 第六組 新町左に鉦3丁、右に1丁という不思議な4丁吊りでした。鬼木周りは唐草で意匠統一されています。後破魔蓋の並び矢紋は、町内氏神の泡洲崎八幡社の神紋です。 額絵は鈴木大麻の画です。蒔絵は西村一勇の作です。化粧板の青海波は

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽⑯)

    8/7 第16番は升形の道に入ります!第十五番 第五組 鍜冶町第十六番 第九組 西矢田町本楽の蘭陵王は腕を広げている仕様でした。試楽の腕の様子はこちら↓蘭陵王を載せた時の水引幕はこちらです。浅葱色地に並び矢紋、火炎太鼓、鳳凰、西矢田組文字の刺繍です。昔付けられてい

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽⑮)

    8/7 第七番花街川口町の次は、第八番東矢田町です!第八番 第九組 東矢田町三丁掛から吉津屋町祭車庫前を通って、整列に向かったそうです。第十番 第二組 京町第十番 第十一組 中央通第十一番 第十組 西馬道第十二番 第十組 上野町幣札を右の擬宝珠柱に掛けています。第十二

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽⑭)

    8/7 第五番羽衣の次は第六番西榮町です!第六番 第十組 西榮町蒔絵が多用されている祭車です。大きな太鼓が目立ちます!水引欄間木鼻を取り付けた近代祭車の先駆者的存在です。彫刻は小川光久の作です。本幟です。神社本庁統理 徳川宗敬の書です。替天幕も同字で金刺繍されて

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽⑬)

    8/7 各町祭車が定位置まで送り込みを行い一息つく頃、春日前では習礼が行われました!習礼は渡祭始式のリハーサルで、斎火を点した赤提燈の受け取り方、お供え物の渡し方の確認です。このリハーサルを見ている人は、少ないかと思います。京町交差点南側には、ハイエースが停

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽⑫)

    8/7 西舩馬町は中央通りから入江葭町東部へと左折します!第一組 西舩馬町新町祭車庫前を通ります。既に整列している、第21番傳馬町とすれ違います。傳馬町の後ろでUターンし、定位置に着けます。第九組 福江町西舩馬町が到着してすぐに、後ろの福江町も到着しました。第五組

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽⑪)

    8/7 宮北は中央通りから鍜冶町に入ります!第三組 宮北第一組は午後3時50分頃、江戸町を通りました。第一組 西舩馬町後ろの荷駄には、雨具を積んでいきます。第一組 羽衣片町祭車庫前を通ります。第一組 花街川口町東海道を南進します。片町、京町を進みます。前方には既に

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽⑩)

    8/7 第六組送り込みの続きです!第六組 傳馬町第二組 宮通第六組の祭車通過後に方向転換し、整列場所へと向かいました。第五組 鍜冶町旧勤労青少年ホームの駐車場で、各町祭車が通過するまで待機していました。第三組今年は第一組内を通らずに送り込みへ向かいました。三崎通

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽⑨)

    8/7 午後3時、第二組も動き始めました!第二組 片町町練りを行い、青銅鳥居前に着けます。その後、東海道を南進して送り込みへと向かいます。第二組 宮通町内北端まで町練りした後、送り込みへと向かいます。入江葭町南側の狭い道を通りました。七ッ家橋跡から東海道へ入り

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽⑧)

    8/7 夜が明けて、午後からは渡祭に向けた送り込みが行われます!今年は午後4時半までに整列完了、午後5時半一斉曳き出しという事で、各組が例年とは違う出発時間となりました。花車の整列位置も京町交差点西側、末番は新町教宗寺南側となりました。各町の立宿も基本的には

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽⑦)

    8/7 福江町祭車見学の続きです!隅腕は紅葉です。雲板欄間正面は雲、側面は龍です。方立は牡丹に唐獅子です。持送は笹竹に虎です。太鼓掛は雲に龍です。昇蒔絵は松です。縁場板は螺鈿で羽団扇紋です。亀腹は松に鶴です。幟は紫色地に福江町の文字染抜です。こちらは早瀬景雲

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽⑥)

    8/7 第九組の本楽叩き出しを見つつ、福江町の祭車を見学します!福江町祭車は昭和28年、森實により造られました。先代祭車を踏襲する高欄の青貝塗りなどの塗装は、西村勇一郎により施されました。彫刻は早瀬景雲請負で二代目彫常、岩田冬根が祭車建造時に施しています。その

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽⑤)

    8/7 第九組は西矢田町・福江町境の火の見櫓で本楽叩き出しを迎えます!掛樋交差点では送り提燈係の読者様が、一人寂しそうに早くから待機していました。(お疲れ様!)こうして送られて来た合図(矢印)を受け、脚立に乗った年番青年会長が提燈を振り、叩き出します。第九組

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽④)

    8/7 第五組は吉津屋町北端で本楽叩き出しを行います!第五組 入江葭町第五組 鍜冶町叩き出し終了後は祭車庫前に移動し、燭台を含めた全ての飾りを外します。第八組の様子です。第八組 堤原叩き出し前は、中老会の宿前に下段両端二張のみ提燈を付けて置いてありました。第八組

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽③)

    8/7 第二組の続きです!第二組 宮通第二組 京町何故か青銅鳥居をくぐって帰って行きました。第二組 片町直進して帰って行きました。第三組の様子です。第三組 宮北叩き出し前は北魚町北西端に置いてありました。叩き出しは北魚町南東端で行います。第三組 三崎通叩き出し前は

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽②)

    8/7 第二組は青銅鳥居前に整列します!第二組前日夕方と同じように整列場所へと向かいます。試楽叩き出しと違い、見学者はほぼ0。北側から片町、京町、宮通です。第二組 片町片町北端まで下がります。第二組 京町山形を曲げて鳥居をくぐろうとしましたが、止まって片町祭車

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(本楽①)

    8/7 試楽からしばしの休憩を経て、午前2時に本楽叩き出しが行われました!見学者はまばらな桑名宗社拝殿前です。第一組の人や他の組でもこれを見にこっそりやって来る事もある時間です。神楽太鼓の合図で赤提燈が振られ、叩き出すのは試楽叩き出しと同じです。それでは各組

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(試楽27)

    8/6 第十一組曳き別れの続きです!第十一組 中央通旧本天幕の京鹿子娘道成寺の友禅染です。本天幕は赤紫色地に鳳凰の刺繍です。第十一組 東常盤町替天幕は白色綾地紋織に剣花菱紋の刺繍です。Uターンして曳き別れは終了し、帰町します。第十一組 壽町第十一組 東常盤町中央通

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(試楽26)

    8/6 第五組曳き別れの続きです!第五組 鍜冶町亀腹水引幕併用型祭車です。試楽は水引幕を付けません。今年の石取祭ばやし優勝大会の子供の部で優勝しました。替天幕の牡丹に唐獅子の刺繍です。第十一組東常盤町から中央通へやってきます。何でこんな大通りに祭車がいるの?と

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(試楽25)

    8/6 上野町試楽渡祭の再び続きです!第十組 上野町この後、曳き別れはなく各町へと戻っていきました。第四組 南魚町花乃舎駐車場で叩き続けます。破魔隠しは無しだったようです。最後に魚之棚通りを南進して、町内を曳き廻しました。第五組亀久道場前で曳き別れです。北向き

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(試楽24)

    8/6 上野町試楽渡祭の続きです!第十組 上野町(この記事の一部画像は、石取ガチ勢くんにご提供いただきました‌)【お願い】皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます。私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!(有効

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(試楽23)

    8/6 新矢田一丁目試楽渡祭の続きです!第十組 新矢田一丁目叩出、試楽は替天幕の黄色地風神図印染です。第十組 上野町鳥居の内側に鬼木が入らないようにギリギリで停まります。(この記事の一部画像は、石取ガチ勢くんにご提供いただきました‌)【お願い】皆様のクリ

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(試楽22)

    8/6 馬道試楽渡祭の続きです!第十組 馬道組選出の青年連盟常任幹事、会長も叩いていました。神社の前での粘りも最近の桑名では見られなくなりました。第十組 新矢田一丁目神職のお祓いを受けます。【お願い】皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます。私の

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(試楽21)

    8/6 西馬道試楽渡祭の続きです!第十組 西馬道第十組 馬道【お願い】皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます。私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!(有効カウント1日1回のみ)↓↓↓にほんブログ村にほんブ

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(試楽⑳)

    8/6 西馬道祭車見学の続きです!額彫刻右側は葡萄、左側は瓢箪です。この日の太鼓掛は松に千疋猿で、森西鶴師によるものです。初代小川光民作の鷹を取り付ける年もありました。持送は唐獅子です。後破魔蓋は波です。破魔隠はすすきに赤蜻蛉です。昇蒔絵は朝顔に蟋蟀、蟷螂で

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(試楽⑲)

    8/6 午後9時から、第十組各町による立坂神社渡祭です!第十組 西馬道こちらも両矢田町と同じく、国道1号から東鳥居をくぐって立坂神社にやってきます。渡祭前に蝋燭を替えたりして、祭車を整えます。そんな様子を見ていたら読者様から『blog見てるよ!』と告げられ、照れく

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(試楽⑱)

    8/6 第十一組の続きです!東常盤町へ祭車が整列します。第十一組 壽町第十一組 中央通第十一組 東常盤町第二組は片町から京町へと曳いてきました。第二組 宮通第二組 京町第二組 片町そして再び春日前へと進みます。(この記事の一部画像は赤地注連縄くん、石取ガチ勢くん、

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(試楽⑰)

    8/6 今北町の続きです!今北町と言えば、造り物の桃太郎ですね。刀を携えた桃太郎のからくり人形は、昭和56年 七代目玉屋庄兵衛の作です。右手は采を振ります。左手は扇を掲げて広げます。この動きは人形方を務める、山形係が行います。第十一組は夕方に桑名駅前に並びます。

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(試楽⑯)

    8/6 三崎通祭車見学の再び続きです!二階化粧板は螺鈿雷文繋です。水引幕は正面が上り藤に三紋、側面が七里の渡し図の刺繍です。天幕は塩瀬地に雲龍図の友禅染めです。幟は絽金欄地に三崎通の文字刺繍です。錺金具は艶消金鍍金です。三崎通から第八組を見に行きました。例年

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(試楽⑮)

    8/6 三崎通祭車見学の続きです!雲板欄間は紅葉に山鵲です。太鼓裏側に彫刻はありません。方立袖は牡丹です。方立右前は菊、右後は笹竹、左前は梅、左後は水仙です。波板欄間は波です。太鼓裏側に彫刻はありません。太鼓掛は龍です。腕は雲です。持送右側は風伯神、左側は雷

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(試楽⑭)

    8/6 第三組の続きです!第三組 三崎通こちらも町内を曳き廻します。私が見に行った時には、大垣共立銀行の駐車場に停まっていました。三崎通祭車は昭和32年、谷藤四郎により造られました。彫刻は、昭和32年に五代目木澤直次良、平成2年に森哲荘師より施されました。祭車塗装

  • '22 桑名市 桑名宗社石取御神事(試楽⑬)

    8/6 第二組の続きです!第二組 京町第二組 片町第三組の様子です!第三組 宮北北魚町から三崎通東部を経て、田町交差点へと曳き廻します。その後、町内を曳き廻します。宮北は戦災を免れた宮町祭車に風呂町、北魚町が合併しています。以前は、三町より一人ずつ祭事長を選出し

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、風神雷神さんをフォローしませんか?

ハンドル名
風神雷神さん
ブログタイトル
神社前2F特設祭事場
フォロー
神社前2F特設祭事場

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用