searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

もくすけさんのプロフィール

住所
白石区
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ファイターズ魂
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/fighters_d/
ブログ紹介文
北海道日本ハムファイターズを熱烈応援! 札幌ドームでの野球観戦は最高です!
更新頻度(1年)

176回 / 365日(平均3.4回/週)

ブログ村参加:2011/06/27

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、もくすけさんの読者になりませんか?

ハンドル名
もくすけさん
ブログタイトル
ファイターズ魂
更新頻度
176回 / 365日(平均3.4回/週)
読者になる
ファイターズ魂

もくすけさんの新着記事

1件〜30件

  • 残塁祭りの翌日は、よんたまフェス(?_?)

    結果だけなら12対4の快勝!4番が2本塁打6打点の大活躍!となるが、実際はまったく違っていた。その原因を作ったのは先発・加藤をはじめとする投手陣のよんたまフェス。ロッテ打線の7安打を上回る10個の四球はいただけない。7投手リレーで四球がなかったのは玉井だけ

  • そらミスしたら負ける

    なんとも単純な敗戦。8安打対3安打。ヒット数で上回りながら、ここ1本が出ないファイターズ打線。さらに渡邊の2つのバントミスが致命傷となった。渡邊は3回ノーアウト2塁、1塁でバントミス。1アウト満塁から中田の犠牲フライで辛うじて1点は先制したが、バントが決

  • 西武戦を振り返ってみると・・・

    8月に入り6勝1敗のファイターズ。好調の要因は、先発陣と先制点にある。8/1   1対3勝利 ハム6回先制、勝ち投手バーヘイゲン8/4   4対11勝利 ハム1回先制、勝ち投手上沢8/5  7対2敗戦 ハム2回先制、負け投手マルティネス8/6  3対5勝利 ハム1回先制、勝

  • 満塁本塁打が今季急増(?_?)

    という見出しが目についた。ここまで各球団は36~39試合を消化している。その中で「満塁本塁打」は驚異的なペースで生まれているらしい。セ・リーグでは今季既に13本で、2015年の12本をあっさり抜き去った。一方のパ・リーグも9本。楽天の内田は今季2本も満塁弾を放っている

  • エースの称号が軽過ぎる。。。。。

    テレビ中継などを見ていて最近、思うこと。それは「エース」の称号が軽くなったことだ。いや、厳密に言えば、「エース」でもない先発投手に対してマスコミが飾り立てているだけのこと。きっと有原をエースと呼ぶことにイラついているからだと思う(笑)去年15勝で最多勝を1

  • 今季初の3連勝もノドに小骨が。。。。

    ファイターズがようやく今季初の3連勝。中田、近藤、大田と主軸が日替わりの活躍。そして杉浦が8回途中1失点の好投と、ここまではいい流れ。しかし、9回のマウンドには連投の金子。1対7の場面で? 連投で? なんで西村とかじゃないの?と「?」のオンパレード。その

  • 701試合目の登板をしっかり抑えること

    昨日の試合は、先頭バッターがやたらと出塁するゲームだった。しかし、さすがファイターズ。中盤までは2得点しか奪えない。ノーアウト満塁で1点、ノーアウト3塁で0点とは、采配や作戦以前の問題だ。7回、8回にそれぞれ2点を追加して、ようやく逃げ切った。先発のマル

  • クオリティスタートってなんだ?

    上沢が413日ぶりに勝利した! 途中あやうい展開もあったが要所を締めて7回1失点。上沢の好投に、4番中田が2本の祝砲をあげた。先発投手はやはり7回くらいまで投げてほしいもの。アメリカが持ち込んだ6回3失点なんて、全然クオリティなんかじゃない。防御率で計算したら4.50

  • 三度目の上沢と頭にくる清宮

    今日から最下位脱出シリーズ第2弾。今回は5戦なので、開幕以来のカード勝ち越しをしてじょしいところ。先発は三度目の正直、上沢。オリは前回軽くひねられたアルバース。同じ投手に何度もやられるハム打線なので、果たして今日はどうだろう。。。。。上沢は、頼りないファイ

  • 1試合3併設では勝てる訳がない。。。。

    6連戦初のカード勝ち越しはまたもお預けとなった。ヒットの数はソフバ10本、ハム8本。点数は6対1。これってやっぱり併殺が効いているのだ。2回は同点に追いついた直後、ノーアウト2塁、1塁でバッターは宇佐美。バスターで併殺。2塁走者が清宮だとしてもバスターよりバント

  • 田中豊樹、背番号「19」の驚き

    元ハムの田中豊樹が、育成から支配下登録をなった。即1軍登録くらいでは驚かないが、なんと背番号「19」には驚いた。雑草魂の上原、上原の後を継いだ菅野(メジャーから復帰した上原に背番号19を後に譲った)が背負った背番号を、育成から這い上がった田中が背負うのである

  • 6点差大逆転の翌日

    昨日は、年に一度か二度しかないであろう大逆転劇で勝利を収めた。これで、今カード3勝2敗。今季初の(遅すぎるだろ!)6連戦の勝ち越しを懸ける。6対0からの大逆転は、2018年に2度記録しているいるらしい。8月1日のロッテ戦(帯広)は現地観戦して、外野スタンドで

  • 天敵・千賀をなんとか攻略して、初めて初戦に白星が付いた!

    18年8月10日から6連敗中だった天敵の千賀。こちらは投げてみないとわからない杉浦なので、ほぼ負けを確信していた。が、なんと7回に逆転!辛くも2対1で逃げ切った。先発の千賀は、走者を背負いながらも6回まで無失点。「Full-Count」の記事によれば「ただ球数が99球に達

  • ロッテ6連戦を振り返れば、結局は先発なんだと思ってしまう

    本拠地・札幌ドームにロッテを迎えての6連戦は、負けたり勝ったりの繰り返しで3勝3敗のタイでなんとか終わることができた。1週間に3勝もできるなんて!と、ここは喜ぶべきか哀しむべきか。いや、そうは言っても、底だった打線もやや上向いている気がする。が、打線は水も

  • 模倣野球の限界

    ファイターズは開幕の西武3連戦以降、カード勝ち越しがない(6連戦で2つに区切っても)。それはチーム打率最下位、チーム失策最多など、いろんな要素はあるが、ベンチの采配も大きく関係している。それが昨日の試合は顕著だった。5回表2アウトランナー無しからの逆転負

  • 初戦に勝てない。。。。。

    あ、またいつもの敗戦。それも初回にミスしてる。あっという間にノーアウト3塁だもの。これが本拠地ゲームとは開いた口がふさがらない。途中ベンチに追いやられた清水は泣いていたらしい。この前も三塁ランナーを刺そうとして暴投で、敗戦の原因を作っている。そしてまだ、

  • 最弱王に俺はなる!!!!!

    と、栗山監督が言っているわけではないが、オリックスとの最弱王決定戦第1ラウンドは、1勝4敗1分で終わった。まだシーズン序盤とは言え、最下位に沈むのは気持ちのいいものではない。開幕ダッシュの大失敗である。その要因はいろいろある。まず打てない。チーム打率は最

  • ミスに関しては俺が悪い? それだけ?

    昨日は勝てる試合を落とした。結果的にそれもたったひとつの清水のミスで。だが、栗山監督はそれを責めたりしない。「ミスに関しては俺が悪い。一生懸命に野球をやっていて、野球には何度も言うようにミスがつきもの。それで、どうのこうのは関係ない」それはまあ言いでしょ

  • 清宮の初盗塁と大田の走塁が

    昨日は10対4と、数字上は快勝! 下位の宇佐美、中島が共にマルチを放つ活躍で勝利した。やぱり下位打線が打つと、上位にまわり大量得点につながるのだ。2回の7得点もそう。中田、清宮の四球も、2アウト2塁1塁でバッターは宇佐美。昨日までのグズグズ試合なら簡単にアウ

  • あ、あ、あ、野村が骨折なんて

    昨日の試合、清宮はスタメン落ち。さらに野村に4回の守備で、右手小指に打球を当てて途中交代。精密検査の結果は、なんと「右第5指基節骨の骨折」と診断された。ここで怪我をしちゃうのは最悪な展開。せっかくの成長が止まってしまう。平沼がブレイクしかけた時も、巨人・山

  • 日本ハム上位浮上には清宮の力が必要?

    日刊スポーツの記事。「日本ハム上位浮上には清宮の力が必要/田中賢介」を読んだ。《記事抜粋》打率0割8分、1本塁打。つらい日々だろう。今は自分自身がどういう方向へ向かっているのか、見失っているのかもしれない。だがこれは誰もが通る成長の過程。技術的なことはコーチ

  • ソフトバンク戦を振り返れば、光明は野村だけ?

    本拠地・札幌ドームで迎えたソフトバンクとの6連戦。2勝3敗1分ではあったが、数字以上に今季の厳しさが伝わってきた。相変わらずの先発不足6試合で5回まで投げきったのは上沢(5回1失点)、マルティネス(6回2失点)、有原(8回4失点)の3投手で、先発に勝ち星が

  • 野村のサヨナラ打で劇的勝利!

    中田の2ラン、野村ソロ、清宮2ランの計5得点でも勝てないのか・・・・と、9回表が始まるまで思っていた。相手は抑えの森。近藤が出て、中田のサヨナラ2ランを都合よく考えていたら、近藤四球、中田ヒットでノーアウト1塁、2塁。ここで打席には5番の渡邊。5番と言ってもバン

  • 三振してもいい選手と、三振してはいけない選手

    昨日は早くも今季3度目の完封負け。完封負けなので、ファイターズにいいところは何もなし。唯一の見せ場は、清宮、野村の連続ヒットくらい。宇佐美のモヤモヤプレー(一概に凡ミスとも言い切れないので・・・)で先制点を奪われると、マルティネスが6回につかまり2失点。

  • 約1年ぶりの1軍マウンドを札幌ドームで迎える

    上沢の心境は、どんなものだろう。さすが、栗山監督である、ちゃんと野球の神様が用意したように舞台を整える。もっとも野球の神様は栗山監督の言いなりだが(笑)。これはいつもの栗山監督の賭けだ。うまく行けば、ソフトバンク相手に勝ち越しも見えてくるが、上沢でコケた

  • 同一カード6連戦を2勝4敗で。。。。

    昨日の勝利でなんとか体裁を整えたファイターズ。そうは言っても大きな負け越しだ。もっともオリックスは早々に0勝6敗の大型連敗。それに比べたら、かなりマシだ(苦笑)。明日からは本拠地・札幌ドームでの6連戦。最低5割(3勝)はキープしたいところ。何故なら先発陣営がや

  • やられたら、やり返すしかない?

    そんな事言ってる間に、あっという間にBクラスが定位置になってしまうぞ!と危機感を抱かせる敗戦。これで楽天とは1勝4敗。通常なら2カード連続負け越しだ。今日負けたら楽天とは4ゲーム差がつくことになる、これは負けられない。しかし、楽天との戦い方が劣っているのは

  • 10代最後の猛打賞と20代最初のホームラン?

    昨日の試合はプロ2年目の野村がひと際輝いた。3回にプロ入り初ヒットを放つと、6回にプロ初打点(初2ベース)。さらに8回には初3ベース。3安打3打点の大活躍。タイムリーを放った場面で中田と大田の喜ぶ姿が映し出されて、やっぱり若手の躍進はベンチが盛り上がる!それに比

  • 走塁の意識高い系?

    昨日の試合。ルーキー河野は、あと1アウト、あと1ストライクが取れずに敗戦投手になった。道スポの見出しには「収穫1敗」と書いてあったが、それがわかるのは次回登板以降となる。5回の河野。太田をセンターフライに仕留め、続く辰巳に四球。結果的にこれが逆転の布石と

  • 苦手投手は今年は克服できず?

    開幕4試合目で早くも2試合完封負け。西武・ニール、楽天・弓削とも去年もニガ手意識があったように思う。いくら小笠原ヘッドが加わったとしても、そう簡単に苦手投手は克服できないものなのか。いや、他球団ではそうでもない投手なのに・・・という場合もあり、このあたり

カテゴリー一覧
商用