searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

浜松や酒販スタッフさんのプロフィール

住所
甲府市
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
お酒のブログ〜スタッフ日記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/050717
ブログ紹介文
酒屋のスタッフ達が山梨県のワイン関するお話、その他お酒に関するアレコレを書いています。
更新頻度(1年)

258回 / 365日(平均4.9回/週)

ブログ村参加:2011/03/30

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、浜松や酒販スタッフさんの読者になりませんか?

ハンドル名
浜松や酒販スタッフさん
ブログタイトル
お酒のブログ〜スタッフ日記
更新頻度
258回 / 365日(平均4.9回/週)
読者になる
お酒のブログ〜スタッフ日記

浜松や酒販スタッフさんの新着記事

1件〜30件

  • ジンロの復刻版 発売

    韓国焼酎「眞露」から、復刻版が発売です。1924年に発売されたお酒。アルコール16.9度、360ml。昨年韓国で発売され、今年日本で発売。仲間が増えました。ジンロの復刻版発売

  • バスタブ・ジンに入浴剤付き

    バスタブ・ジンに入浴剤付きです。バスタブ・ジンは、密造酒時代に、バスタブでジンを製造した事が、名前の由来。ジンは、イギリス人の魂ですね。イギリスの有名なジンで、2014年に、ワールドジンアワードのコンパウンド部門(ボタニカルを後漬けしたジン)で、第1位になっています。ボトルネックの紐の巻きや、外装紙の包装は、手作業です。入浴剤は、こんな感じ。輸入業者のウイスクイーの企画と思いますが、150本限定という事。当店には数本入荷しましたので、よろしくお願い申し上げます。ネット販売はしませんので、ご興味ある方、info@hamamatsuya.jpへ連絡下さい。バスタブ・ジンに入浴剤付き

  • sanQ、入荷です。

    福井の美川酒造場より、舞美人のsanQが入荷です。山廃純米無濾過生原酒。漢字がいっぱいです。要冷蔵。原酒なのに、アルコール14.8度。アルコールが低いのは、市販酵母を使わないからでしょうか。自家製酵母を使用。日本酒度は―18度。本来は超甘口、のはずですが、酸度が+6.2度。酸が飛びぬけて高い!甘酸っぱい、という表現でよろしいでしょうか。米は、自社田の五百万石。少数入荷です。sanQ、入荷です。

  • 王道の、新発売ワイン

    麻屋葡萄酒(勝沼)から、峡東Selectionn2019が入荷です。ほぼマスカットベイリAの赤ワイン。その他、ベリーアリカント、テンプラニーニョ、サンジョベーゼがブレンドされています。ベリーアリカントは、マスカットベイリA同様、川上善兵衛氏の改良品種。テンプラニーニュはスペイン原産、サンジョベーゼはイタリア原産の、世界的に栽培されている品種ですね。1848円(税込)。良心的な価格と思います。麻屋葡萄酒の、社長兼醸造家の雨宮一樹氏の醸造の腕は、確かなものといつも感じます。このワインも、マスカットベイリAの良さが十分出た、程良い渋さの赤ワイン。焼き鳥には、マスカットベイリAが、本当によく合います。ところで、峡東とは、県外の方には、聞きなれない呼び方です。山梨の県庁所在地甲府が峡中、峡中から東西南北に、峡東、峡西、峡...王道の、新発売ワイン

  • 金賞受賞です。

    盛田甲州ワイナリー(勝沼)の山梨/甲州が、フェミナリーズ世界ワインコンクールで、金賞受賞です。https://omotenashi-sakejo.com/news/feminalise2020_results/日本のワインが、海外のワインコンクールで賞を獲るのは、最近度々ありますが、この受賞の注目する点は、価格の安さです。1650円(税込)。国産100%のワインとしては、安い方ですね。そのワインが金賞受賞は嬉しいです。盛田甲州ワイナリーでは、柑橘系甲州とこの山梨甲州が、2枚看板的ワインで、いろいろなコンテストの入賞常連ワイン。勝沼の中心にありながら、県外資本のため、山梨での知名度は高くないですが、実力派ワイナリーとして、当店では大々的に販売しています。SONYの創業者の盛田昭夫氏の生家でもあるので、販売トークで...金賞受賞です。

  • ヌーヌーボー、入荷です。

    2020年の新酒ワインが入荷です。ドメーヌQのヌーヌーボー。1980円(税込)。基本的に酸味がしっかりある辛口ですが、甘酸っぱさもあります。以前は日本一早い新酒ワイン、と謳っていましたが、今年はどうでしょうか。ハウス栽培のデラウェアが原料なので、他社より早くワインになります。その分コストは高くなりますが、以前より、随分安くなりました。いよいよ新酒ワインの季節が始まります。HP未掲載なので、ご興味ある方は、メールでお願い致します。info@hamamatsuya.jpヌーヌーボー、入荷です。

  • 奈良醸造 初入荷

    山梨は暑いです。そろそろ梅雨明けです。奈良醸造のクラフトビールが入荷です。左の瓶が、EIGHITYEIGHT。お茶のビールですね。奈良は、弘法大使が唐から運んだ大和茶が有名らしい。知らなかったです。375ml瓶、アルコール6%。375ml瓶は輸入瓶ですね。クラフトビールでは少数派。右は、奈良醸造2周年記念ビール。PERSPECTIVE。展望、という意味。アメリカンIPA。よろしくお願い致します。奈良醸造初入荷

  • もらえない方のために。

    サントリープレミアムモルツの夏限定のギフトです。ギフト専用ビールです。頂くか、自分の為に購入しないと、飲めません。そこで、バラシて、販売中。どこの酒屋もやっているかと思いますが。http://hamamatsuya.jp/もらえない方のために。

  • ゴッドのビール、入荷です。

    富士桜高原麦酒の限定ビール、サマーヴァイツェンが入荷です。御存知「ゴッド」宮下天通氏が作るビールですね。左の、オレンジのマスクの方です。富士桜高原麦酒の親会社、富士観光開発での前職は、中央道谷村PAで、そばを茹でていたそうです。県内のクラフトビールなので、送料がかからない!安く(メーカーと同じ価格)販売できるのが、嬉しいです。ヴァイツェンビールは、小麦が50%以上使われています。通常の大麦麦芽との違いは、苦みが控えめとフルーティー、という点ですね。さらにアルコール度数を4.5%にすることで、夏にゴクゴク飲めるようになっています。ラベルが富士山に花火。今年は、富士五湖の花火大会が無いので、このラベルで、来年の花火を楽しみにしましょう。ゴッドのビール、入荷です。

  • 空気を冷やしていましたが・・・。

    4連休の3日目に売切れて以来、空気を冷やしていました。山梨県高根町にあるクラフトビール、うちゅうブルーイングの売り場です。滅多に売切れにならないのですが、年末、年始など、たまに売り切れになります。今回も4連休の3日目の午前中に、売切れました。連休明けに、往復2時間、入荷です。ホワイトホールとセンセイ。そしてループ。入荷です。金曜日には、マスターが入荷します。空気を冷やしていましたが・・・。

  • どむろくが入荷です。

    長野県須坂市の遠藤酒造場のどむろくが入荷です。どぶろくではありません。どむろくです。独特な呼び方です。もろみが、瓶全体にある、濃いにごり酒です。活性しているため、取扱注意です。要冷蔵商品です。よろしくお願い致します。どむろくが入荷です。

  • 交換か?微妙な汚れが・・・

    このラベル、どうでしょうか?うーん、ちょっと汚れが目立ちますね。昨日入荷したワインだけど、交換かな?贈答品のお客様もいらっしゃるので。中身は大変良いワインです。蒼龍葡萄酒(勝沼)の勝沼の甲州。1760円。http://hamamatsuya.jp/wine-list3.htm#soryu勝沼ワイナリーズクラブの認証ボトルに入っています。このボトルを使うには、ワインの品質審査を通過しなければなりません。また、「勝沼の~」と地名が付くには、勝沼で収穫された葡萄を使います。勝沼はブランドなので、勝沼限定葡萄となると、葡萄のコストが高くなります。そのような理由で、このワインは、もう少し価格が高くなっても不思議ではないのですが、価格が抑えられたワインになっています。一方で、こちらのワインのラベルは、デザインです。汚れでは...交換か?微妙な汚れが・・・

  • 北斗の拳 全盛期だったけど

    揃いました。北斗の拳は、全盛期がドンピシャの世代ですが、見ていませんでした。コラボ商品が出てきて、語れないのが残念です。中身の芋焼酎は、同じかなあ。北斗の拳全盛期だったけど

  • 怪しい男が作る、素晴らしいジュース

    先日、奥野田葡萄酒(塩山)の中村社長が、アードベッグ5年を買いに来られた時の写真に中村社長がもう1本持っているのは、奥野田葡萄酒の葡萄ジュースです。ただし、その辺のジュースとは全然違う、葡萄ジュースです。ジュ・ド・レザン・メルロー。2700円(税込)です。どこが違うのか。メルローのジュースです。奥野田葡萄酒が育てたフランス原産のメルローを搾った、ストレート果汁です。自社畑のメルローは、ワインにすると、高価ですが、原料の同じジュースも、コストは変わらないので、当然高価になりますね。国産メルローのストレート果汁のジュースは、おそらくこの商品のみ、と思われます。よって、国内のハイソなホテルや飲食店で、採用されています。山梨のワイナリーやお土産処で、葡萄ジュースを購入されて場合、よくラベルを見てください。濃縮還元と書か...怪しい男が作る、素晴らしいジュース

  • 不審な男とアードベッグ5年

    不審な男が、予約されたアードベッグを買いに来られました。この写真では、商品は判りますが、不審者は不審のままです。この写真では、不審者が誰かお判りでしょうか。判るあなたは、相当な山梨ワインの愛飲者ですね。奥野田葡萄酒(塩山)の中村社長です。中村社長が持っている、アードベッグ5年は、すでに品切れです。発売は今月ですが、すでに輸入業者のモエ・ヘネシー・ディアジオ社には無いはずです。当店も6本注文して、2本しか入荷しませんでした。2本入荷して、1本が中村社長の予約分、1本は入荷直後に売れました。その後、何人ものお客様に問い合わせされたウイスキーです。しかし、中村社長から、事前に問い合わせが無ければ、恥ずかしながら、当店では気が付かなかった商品でもあります。よって中村社長の予約は、優先されます。中村社長は、大のウイスキー...不審な男とアードベッグ5年

  • 奇跡の2時間

    発注のメールをしてから、2時間でビールが届きました。ここは、山梨です。東京ではありません。急がしたわけでもありません。「こちらに来られるついでにお願いします。急ぎません。」としっかり書いたメールを出したところ、山梨県北都留郡小菅村4341-1のファーイースト源流醸造所から、甲府市朝気3-18-29の酒のディアーズまで、2時間でビールが届きました。後日のつもりだったのですが。先程ネットでどれくらいかかるか調べたところ、1時間29分でした。甲州ぶどうを使った、小菅村のビールです。8月には、桃のビールも発売されます。宮嵜様は、私のブログの写真出演最多の4回目です。ついでに、ビールも買って行かれました。奇跡の2時間

  • 瞬時に売切れ!再入荷

    京都醸造のビールが再入荷です。再入荷といっても、今回も少数です。前回、初めての京都醸造の入荷は、瞬時に売り切れてしまいました。発注の仕方にまだ慣れていません。発注の仕方に慣れると、もう少し多く入荷できると思います。連休前に、クラフトビールは色々入荷します。明日、ウエストコーストブリューイングから2種類。奈良醸造からも、2種類。さらに明日、志賀高原麦酒と、箕面ビールの発注があります。こちらは戦いですね。油断していると、発注できません。夏本番を迎えつつあります。http://hamamatsuya.jp/uchu-1.html瞬時に売切れ!再入荷

  • サッポロラガー缶、大好評!

    サッポロラガーの缶が発売になりました。通称「赤星」。瓶は、通年販売ですが、缶は限定発売。7/18(土)に入荷。当店のビールの売上の第1位は、アサヒスーパードライの中瓶。第2位以下は、うちゅうブルーイングのビール(宇宙ビール)が続きます。宇宙ビールは、アイテムが多いので、2位から8位くらいまで独占します。その後、ウエストコーストブリューイングやバテレなど国内クラフトビールが続き、国産ビールはその下です。しかし、この週末、サッポロラガーの缶は売切れました。7/19(日)だけのビール単品売り上げでは、第1位。びっくりです。サッポロラガー缶、大好評!

  • ブナハーブンです。

    ブナハーブンが入荷です。ボトラーズのダンカンテイラーの製品です。ボトルキャップに、カスクストレングス-シングルカスクとシールが貼ってあります。アルコール54.8度、5年熟成です。5000円ちょっと。ブナハーブンは、アイラ島で、最もライトな風味なので、注目度も低いですが、こちらはピーティーでスモーキーです。スモーキーでピーティーなアイラ風ブナハーブンを是非、お楽しみください。そういえば、アードベッグ5年と似ていますね。アードベッグ5年は、注目度も高いし、あっという間に売り切れたしまいましたが。ブナハーブンです。

  • 1万円ワインギフト

    お客様より、1万円のワインギフトを依頼されました。山梨のワインで、というご要望です。相手の方は、ワイン好き、よく赤ワインを召し上がる、ということです。左から、旭洋酒(山梨市)ヒグモルージュ(シラー&メルロー)。ダイヤモンド酒造(勝沼町)ますかっとベーリーAのYカレキューブのK。右が、フジッコワイナリー(勝沼町)のシャルドネ樽熟成。赤ワイン好きということですが、この時期白ワインも美味しいので、1本入れさせていただきました。山梨を代表するワイン。酒屋だから出来る、ワインマイスター自信のセレクトです。http://hamamatsuya.jp/1万円ワインギフト

  • 危ない。忘れるところでした

    昨日、書き忘れたことがありまして。今日も、三養醸造(牧丘)の話ですが、窪平の新ワインが発売です。美味しくなった、とお客様からご要望が入り、今回の一連の三養醸造の入荷は、これがメインでした。左が新しいKUBODAIRA、右が旧ワインの窪平。新ワインは、美味しくなって、さらに値下げ。では、旧ワインはどうすればよいのか。http://hamamatsuya.jp/wine-list2.htm#sanyo危ない。忘れるところでした

  • 山田社長は、たったこれだけのために

    三養醸造(牧丘町)の醸造家兼社長の山田さんが、「暴走シール」を持って来てくれました。ワインは、三養醸造のマスカットベイリAのスパークリング。1745円(税別)。先日、三養醸造のワインの納品時に、冷蔵庫にある、売れていない自社ワインを、山田社長が発見。山田社長曰はく「このワイン、売れるんだけどなあ」ワイナリーではよく売れるそうです。酒のディアーズでは売れない。このワインの特徴は、開栓時、ワインが勢いよく出ること。しかし、ボトルにはそのことが書かれていません。そこで、山田社長が暴発シールを作って来てくれました。「暴発」が決まるまで、「暴走」「暴走山田」などの案も出ましたが、暴発に落ち着きました。要冷蔵のワインで、開栓時には、台所のシンク内で、脇にグラスを置き、開栓したら、すぐにグラスに注ぐように、との事です。開栓か...山田社長は、たったこれだけのために

  • どうなんですか、アードベッグ5年

    アードバッグ「ウィー・ビースティー5年」が入荷しました。もっとたくさん発注したのに、2本のみの入荷。人気なのですね。アルコール47.4度。微妙なアルコール度数です。5100円(税別)。おーと、10年より高い。ウィー・ビースティは、スコットランド語で、「小さいながらも、獰猛で、手のつけられないリトルモンスター」とあります。アードベッグのファンならば、購入したい一品ですね。しかし、10年より高い。5年と10年では、歳月が倍。そういえば、16年しか無かった近くのウイスキーは、最近16年を待っていられない。ウイスキーブームが去る前に、高い価格で売りたいかもしれないが、長い目で見て、自分の首を絞めていないだろうか。どうなんですか、アードベッグ5年

  • 禁断の一升瓶ワイン

    三養醸造から、一升瓶ワインが入荷です。三養醸造の社長兼醸造家の山田さんは、一升瓶ワインが嫌いです。理由は2つ。1つは、妥協したワインを詰める気がする点。ワイン作りに妥協は無い。常に進歩するワインを作るのみ。という考えから、一升瓶に詰めるワインは無い、と考えているようです。2つ目は、儲からない。720mlで売れるなら、利益率の低い一升瓶は必要無い。以上2つの理由は、山田さんが直接話したことでなく、私の推測です。山田さんが一升瓶ワインを止めてから、1年以上経ちますが、その間、お客様には何回も「一升瓶ワインないの?」と尋ねられたと思います。止めて判る、存在の大きさ。遂に、巨峰ワインの一升瓶が、復活です。牧丘町特産巨峰ワイン、辛口。本人は、複雑な気持ちです。禁断の一升瓶ワイン

  • 期待の娘婿、二人!

    北野呂醸造(笛吹市一宮町)と日川中央葡萄酒(一宮町)のワインの納品が、一緒になりました。右が、北野呂醸造の斎藤様、中央が日川中央葡萄酒の菊谷様です。それぞれ自慢のワインを持っていただきました。北野呂さんと日川さんは、現社長夫妻のご子息がどちらも三姉妹で、それぞれ娘婿さんがワイナリーに入りました。ワイナリーの場所が近くで、ワイナリーに入った時期も同じ時期で、親しく付き合っているらしいです。今後の山梨のワイナリー業界を引っ張っていく2人です。http://hamamatsuya.jp/wine-list2.htm#kitanorohttp://hamamatsuya.jp/wine-list4.htm#hikawa期待の娘婿、二人!

  • 在宅検定

    昨日届いたウイスキーガロアに入っていた、ウイスキー検定の案内です。よく見ると、なんと、在宅試験です。「モラルを守って正しく受験しましょう!」仕方無いですね。勉強をして来た方にとっては、試験があるだけでも、良しではないでしょうか。山梨に住んでいると、全国的な試験は、必ず東京会場です。知らない場所を事前に調べ、当日は無事着けるか、試験とは別の緊張感が有ります。試験会場会場では、いつの時代も変わらない、独特の雰囲気。そういうことを経験しない試験。うーん、ちょっと残念ですね。在宅検定

  • ウイスキーガロア 届く

    年6回発行される、ウイスキーガロアが届く。ウイスキー専門誌では、国内唯一の雑誌。ウイスキー評論家の第1人者、土屋守氏のウイスキー文化研究所が発行。今回は、スコットランドのアイランズ特集。アイランズと言えば、私の好きなハイランドパークも。やはり1番に掲載。勉強も兼ね、熟読しよう。さらに、東京ウイスキー&コンペテイションの結果発表。こちらは宣伝に使えるので、要チェック。酒屋のための雑誌等には、他に酒販ニュース。酒販ニュースは、月2回の発行。こちらは、総合誌。どちらも、専門誌として、勉強させてもらっています。ウイスキーガロア届く

  • 赤ワインランキング 一升瓶ワイン 令和2年6月

    令和2年6月、一升瓶ワイン売れ行きランキング、赤です。右から1位です。第1位麻屋葡萄酒(勝沼)サンデーワイン1188円。強いですね。毎月、1位また2位です。第2位麻屋葡萄酒スペシャルワイン1609円県産ぶどう100%の、最もお得な一升瓶。麻屋葡萄酒が1位、2位独占です。第3位ルミエール(一宮町)プチルミエール2141円山梨のワイナリーの中で、確固たるブランドの一つ。外国産がブレンドされていても、しっかりした味わいが支持されています。第4位日川中央葡萄酒(一宮町)リエゾン2037円品切れのため、写真がロゼになってしまいました。県産のマスカットベイリA85%と、甲斐ノワールのブレンドが支持されています。第5位北野呂醸造(一宮町)ウインワイン2063円県産のマスカットベイリA70%と、自社畑のメルロー30%のブレンド...赤ワインランキング一升瓶ワイン令和2年6月

  • 2020年6月 白ワインベスト5 一升瓶ワイン

    令和2年6月の一升瓶ワイン売上、白ベスト5です。右から1番です。第1位蒼龍葡萄酒(勝沼)契約ワイン1815円。甲州種の辛口。限定発売。そろそろ発売終わりか、と冷や冷やしていますが、在庫は常にたっぷり。第2位笛吹ワイン(笛吹市)オレンジワイン2090円。甲州種の皮も一緒に醸した、オレンジ色のワイン。オレンジワイン唯一の一升瓶。前月4位からランクアップ。第3位北野呂醸造(笛吹市)黒ラベル1200円。県産デラウェア100%の奇跡のコスパ。一般のお客様から飲食店様まで、幅広いお客様から支持。前月と同じ3位。第4位麻屋葡萄酒(勝沼)サンデーワイン白辛口。1188円。外国産とのブレンドながら、味が評価され、常に上位。先月の5位から、ランクアップ。第5位機山洋酒(塩山)キザンワイン1500㎖1885円。5つ星ワイナリーのお得...2020年6月白ワインベスト5一升瓶ワイン

  • ダイヤモンド酒造です。

    ダイヤモンド酒造(勝沼)のワインが入荷です。全8種類。ラベルが似たものもありますが、全部違うワインです。ダイヤモンドさんが現在発売している、すべての種類です。http://www.hamamatsuya.jp/wine-list3.htm#diaよろしくお願い致します。ダイヤモンド酒造です。

カテゴリー一覧
商用