searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

dramatic_kさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ドラマティック競馬予想
ブログURL
http://brilliantkeiba.seesaa.net/
ブログ紹介文
ドラマティックな競馬の重賞を、時にはアツく、また、時には静かに予想していきます。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2011/03/24

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、dramatic_kさんの読者になりませんか?

ハンドル名
dramatic_kさん
ブログタイトル
ドラマティック競馬予想
更新頻度
集計中
読者になる
ドラマティック競馬予想

dramatic_kさんの新着記事

1件〜30件

  • ちょっとばかり早いですが、9月30日のWIN5のそれぞれのコース形態から見た特徴を洗い出してみました

    1レース目  中山09R  芙蓉S  芝1600m 丘の頂上にある1コーナー外側のポケットからスタート。 2コーナーまでの直線距離は240m。 図のようにゆったりしたコーナーを3つ回って直線坂下までトータル5m近く下り、最後の140mで2.3m上がってゴールする独特のコース。 だいたい抑え気味に出るが、ポケットの芝の状態が良く、しか…

  • 9月30日の中山メイン「スプリンターズS」の気になる馬をピックアップしてみました。

    カレンチャン スプリンターズS、高松宮記念と国内の芝1200mのG1を連勝中という事もそうですが、過去の名スプリンターたちと比べても全く見劣らない実力馬であるという事は言うまでもないかもしれませんね。 セントウルSはいかにも叩き台という走りで0秒1差の4着となってしまいましたが、本番ではきっちり変わり身を見せ、連覇を達成する公算が高いのではと見ています。

  • 9月29日の阪神メイン「シリウスS」の気になる馬をピックアップしてみました。

    グレープブランデー 中心は骨折明け3戦目の前走・阿蘇Sで復活を遂げたという事が記憶に新しいかと思います。 20日の栗東坂路では、4F52秒4-12秒9(馬なり)と軽快な動きを見せ、好調をキープしているようですし、11年・JDダービー覇者の中央重賞初Vが見られるのではと考えています。 インバルコ この条件で2着2回の実績があり、前走の阿蘇Sも…

  • ちょっとばかり早いですが、9月23日のWIN5のそれぞれのコース形態から見た特徴を洗い出してみました

    1レース目  中山09R  外房特別  芝1600m 丘の頂上にある1コーナー外側のポケットからスタート。 2コーナーまでの直線距離は240m。 図のようにゆったりしたコーナーを3つ回って直線坂下までトータル5m近く下り、最後の140mで2.3m上がってゴールする独特のコース。 だいたい抑え気味に出るが、ポケットの芝の状態が良く、…

  • 9月23日の中山メイン「オールカマー」の気になる馬をピックアップしてみました。

    ルルーシュ 安定感のある先行力がセールスポイントで、秘める能力は間違いなく重賞級ではないかと見ています。 1週前は美浦Wで4F53秒8-12秒6をマークする等、時計は目立たないが乗り込み量は豊富で、充実ぶりは著しいといった感じがしているようです。 意外にも中山は初めてとなるのが気になるところですが、タイプ的には得意の可能性大ではないかと思います。

  • 9月23日の阪神メイン「神戸新聞杯」の気になる馬をピックアップしてみました。

    ゴールドシップ ダービーでは5着と初めて連を外してしまいましたが、着差はわずか0秒2だったみたいですね。 敗因は位置取りが後ろ過ぎたという事も明確となっているのがこれからの勝ちに繋がってくるのではと見ています。 1週前は内田騎手を背に栗東坂路で4F58秒7-13秒2をマークしたというのもそうですが、今回の菊の舞台へ向けての主役の1頭と言っても過言ではないような気もしています…

  • ちょっとばかり早いですが、9月16、17日のWIN5のそれぞれのコース形態から見た特徴を洗い出してみました

    1レース目  中山09R  白井特別  芝1800m スタンド前の上り坂の途中からスタートして、きっちりコーナー4回の内回りを1周するコース。 上りスタートで1コーナーまで200mほどしかないため最初があまり速くならずに、スローに近いミドルペースになりがち。 向う正面の下りで自然と加速し、3〜4コーナーの入り口から速くなる。 し…

  • 9月17日の中山メイン「セントライト記念」の気になる馬をピックアップしてみました。

    フェノーメノ 青葉賞を2馬身半差で快勝し、ダービーでは鼻差2着入線という事が記憶に新しいかと思いますが、世代トップの力があるのは周知の事実かもしれませんね。 1週前は蛯名を背に美浦Wで6F82秒6-12秒5をマークし、あっさりパートナーを突き放しておいるということもあるので、仕上がりは順調とも受け取れます。 血統的にも中長距離向きで、きっちり勝って菊花賞の最有力候補に名乗…

  • 9月16日の阪神メイン「ローズS」の気になる馬をピックアップしてみました。

    ジェンティルドンナ 圧倒的な強さで春2冠を制覇したという事が記憶に新しいかと思いますし、血統通りの成長力があれば秋も主役の座は揺るがない野ではと見ています。 1週前は栗東坂路で4F53秒3-11秒9をマークし、3馬身半先着し、「春以上の反応だったし、道中の行きっぷりも良かった」と主戦となる岩田騎手のの感触も上々のようですね。 前哨戦とはいえ仕上がりは万全で、勝って本番へ臨…

  • ちょっとばかり早いですが、9月9日のWIN5のそれぞれのコース形態から見た特徴を洗い出してみました

    1レース目  中山09R  鋸山特別  ダ1800m ダートコースでは日本一起伏に富んだコースで、JRAのダート中距離では最も時計が掛かる。 先行有利が明らかなので、スタートからダッシュを利かせて激しい先行争いになりやすい。 1〜2コーナーでペースが落ち着き、向う正面の下りで多少ペースが速くなる。 直線に向いてからは各馬ほと…

  • 9月9日の阪神メイン「セントウルS」の気になる馬をピックアップしてみました。

    カレンチャン スプリントG�T・3連勝へ向けて、が始動。主役はこの馬しかいないような気がします。 8月29日には栗東坂路で4F51秒1-12秒0をマークしたようですし、陣営も「ムキになるところもなく、すごくいい動きだった」と満足げだったようです。 高松宮記念以来でもスキはうかがえないといったところでしょうか。 ロードカナロア 函館スプリ…

  • 9月9日の中山メイン「京成杯オータムハンデ」の気になる馬をピックアップしてみました。

    コスモセンサー 15番人気の低評価に反発し、安田記念で3着に好走したという事が記憶に新しいかと思います。 年初のOP特別・ニューイヤーSを連覇したように、中山マイルは得意条件ではないかといったことも、今回のプラス材料になるかもしれません。 1週前追い切りでは、栗東坂路で4F54秒6-12秒9(馬なり)をマークする等、上々の動きを見せ、態勢は整っていると言えそうです また、今年…

  • ちょっとばかり早いですが、9月2日のWIN5の傾向分析をしてみました

    1レース目  小倉10R  西日本スポーツ杯  ダ1700m スタンド前からのスタートで1コーナーまでの直線距離は343m。逃げたい馬は思い切って行くため速くなり、位置取りも大体決まってしまう。 1コーナーから上りでペースは落ち、下りと共に息が入る。最後の直線はどの馬もバテているので切れ勝負にはならない。

  • 9月2日の新潟メイン「新潟記念」の気になる馬をピックアップしてみました。

    エクスペディション 小倉記念を2馬身半差勝ちという内容が記憶に新しいかと思います。 コース巧者の一言では片づけられない鮮やかな勝ちっぷりだったとも言えるでしょう。 1週前は栗東坂路で4F56秒4-13秒5をマークしたという事もそうですが、「使ってきているし、そこまでやる必要もないからね」と陣営側も好調キープを約束しているように、今回も期待できるのではないかと思います。 …

  • 9月2日の小倉メイン「小倉2歳S」の気になる馬をピックアップしてみました。

    エーシンセノーテ 初戦こそ2着だったのですが、2戦目は3馬身半、フェニックス賞は6馬身差のワンサイド勝ちといった点が魅力に感じますね。 小倉2歳S2着馬だった母譲りのスピードを存分に受け継いでいるのではと管理人は思っていますけどね・・・。 1週前は小倉ダートで5F68秒5-11秒9をマークしたようですが、ここも一気に押し切る可能性は高いと見ても良いのではないでしょうか?。 …

カテゴリー一覧
商用