searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

能登の手さんのプロフィール

住所
穴水町
出身
穴水町

能登の暮らし、アート、美術絵画の話、CGやイラスト、アクリル絵画、草木染めなど創作に関する内容が多い。田舎で暮らす日々の出来事、地域活動などを書いています。 本業は染色。 http://notonote.tank.jp/

ブログタイトル
能登の手染め日記
ブログURL
https://plaza.rakuten.co.jp/notonote/
ブログ紹介文
能登半島で、オリジナルの着物を創作。ロウケツや絞りの草木染め。CG等、染とデザインを行っています。
更新頻度(1年)

242回 / 365日(平均4.6回/週)

ブログ村参加:2010/03/23

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、能登の手さんの読者になりませんか?

ハンドル名
能登の手さん
ブログタイトル
能登の手染め日記
更新頻度
242回 / 365日(平均4.6回/週)
読者になる
能登の手染め日記

能登の手さんの新着記事

1件〜30件

  • 振袖の染め まとめ(その3)

    振袖の誂えにも、依頼主の予算によって仕事の内容は変わってくる。予算はいくらでも良いから・・・というお客様は私の顧客には残念ながら、居ない(^^; 誂えの場合も初めから予算をうかがって模様や色を決めていくが

  • 振袖の染め まとめ(その2)

    誂えの着物を受注してオリジナルの中振袖を染めてきたけれど、例外として他の人が染めた模様の注文を受けたことがある。 「お婆さんの振袖を着たいけど古くなって傷んでいるので、同じ感じでできますか?」という

  • 振袖の染め まとめ

    1月15日、快晴!暖かい日!こんな日が懐かしい。 かつては成人の日で私の染めた振袖を着た成人の写真を撮影しに、賑やかな成人式会場へ出かけたものだった。今は昔の物語である(^^; 五十肩と指の痺れによって細

  • 雪解けの丘

    暖かい雨が降り、太陽が出た午後の丘。みるみる間に雪が融けていく。 40㎝ほど積もった雪が消えていく中から、聞こえてくる声、出て来るものたち。まだまだ春は遠いけど、陽の光が輝いていた(^^ アジサイの新芽

  • 藍染め手提げバッグ

    藍染め講習会用の手提げバッグを試作。親子体験用なので、小学校低学年の児童が使えるようA4サイズがゆったり入るような大きさで、肩からも掛けられるような形を探す。バッグの単価は?染めの予算は?というような

  • 圧雪

    新設は5㎝程、朝には晴れ間が出て少し雪が解けた。そして水分を含んだ雪がゴオオオォ~と屋根から落ちて、玄関の前のコンクリート面にへばりついている。圧雪!固くて重たくてスコップもダンプも動かないし、足も動

  • 今朝の雪

    富山県が100㎝を越える大雪となり、北陸地方の雪害がテレビニュースで流れている。能登の山間部も積雪は凄いことになっている。というので、我が家にも心配してくださる方から電話やメールが届いている。 困った

  • フクロウの図案を描く

    台風のような一日、横殴りの雪のカーテンが波打つように押し寄せてきた。木々の小枝が悲鳴を上げるように曲がり、虎落笛吹いた竹がしなって笹も杉の葉も家の前で塊り、つむじ風が巻き上がった。 外の積雪量は多く

  • 2021年 仕事始め

    雪を融かす晴れ間の途中に雨が降って、工房の周囲の屋根雪も無なくなってきた。しかし、明日からまた寒くなるらしい。それが普通の冬だけど、最近は雪道の走り方を忘れてしまっていたから、雪が怖い(^^; 集落の法

  • 轍(わだち)

    フリガナを付けないでも読める。というお叱りを受けるのを覚悟して書いた(笑) 能登の雪は、湿り気が多い。思ったほど気温も下がらず路面にタイヤのの跡が黒々と現れる。家の前の雪除かしが済んだのでカメラを持っ

  • 謹賀新年2021

    2021年、明けましておめでとうございます。 本年が良い一年になりますようにと、心から願います。 久しぶりの雪のお正月。隣集落の明泉寺の石造五重の塔の雪景色、アクリル水彩画F6号 今日の集落の上田寺

  • トンボは《前田家むいて進むから~》♪

    オニヤンマの暖簾を描くために、ネットの画像を見たりスケッチしたのが沢山あるのだけど、細かく丁寧に描くことはできても省略して単純化できない。昆虫を描き切れないのは、花を専門として着物の模様を描いてきたか

  • ピエールカルダンの着物

    デザイナーのピエールカルダン氏が亡くなったニュースが流れて、あぁ98歳だったんだ、と知った。40数年前、京都の勤めていた染色工房で図案部に配属になり、カルダン氏のデザインを基にした着物の図案を描いた。訪問

  • 餅つき、嘘つき、狐憑き・・・?

    夫婦二人だけのお正月を迎えるのに、餅を搗く・・・杵じゃないから搗くとは言わないかな?(^^; 少量だから買えばよさそうなのに、餅つき機が壊れるまでは家で搗こうと言う。これも、あと何年かな? と言うような

  • 能登上布暖簾オニヤンマ、納品

    雨模様の空の下、中能登町の能登上布会館へは車で1時間10分ほど。役所は明日で御用納めということらしく、切羽詰まっての納品だった(^^; 今年は無事に上布暖簾の注文を描くことができて良かった(笑) オニヤンマの

  • 能登上布暖簾にツタ模様を描く

    今日も能登上布の暖簾に墨絵で蔦模様を描いている。蔦は日本の古典模様の唐草などに縁起物として、とても多く用いられている。良く伸びている姿は生命力を表現し、一家の繁栄や長寿を意味する吉祥文様(縁起の良い模

  • 能登上布ノレンに瓢箪を描く

    年内納めの仕事は続く。ヒョウタンは千成りとか出世、厄除けなどの縁起物とされて依頼が来るけれど、自分では描くことを思いつかなかった絵の一つだった。 ただ、仕事で描く依頼では縁起ものは多く、龍とか鶴亀と

  • 上田寺の年末清掃と門松づくり

    今日は集落のお寺の年末清掃と門松づくり。今年はコロナのせいで年2回の十七夜のお参りも出来なかったけど、年末の掃除だけはしっかりと行って1年を納めたい。 ここも主無しのお寺ではあるが、集落の世話人会と婦

  • 神社の雪害

    突然の寒波の来襲で、各地に雪の被害が出てしまった。たっぷりと水分を含んだ雪の重さによって集落の神社の屋根に、何本もの竹が倒れて掛かっている。ということで動員がかかり、65歳~80歳の8人が集まった。平日の

  • 能登上布にササユリの墨描き 失敗を回避

    まだ懲りずに失敗の履歴をひけらかす(笑) このところ失敗が増えてきているのを自分でも分かるくらいなので痛いな~と。 下絵を描いて「何か変?」と思いながらの昨夜、疲れたので「明日考えよぅ~」と眠りに就い

  • 能登上布ノレンに野ぶどうを描く

    昨夜は雷鳴響いて、雪起こしの風が音を立てて窓を揺らした。今朝からミゾレと細かな雪が降っている。初雪かぁ・・・。 冬が来たので、夏物の麻暖簾を描く・・・冬が来たので描くのではなく、年内納めなので切羽埋

  • かぶら寿司を漬ける

    年内に済まさないとイケナイ事が沢山あって、順番に襲ってくるようだ。(それは殆ど私ではないが)私の頭の中は仕事以外のことが多くなって、このところボ~っとしているばかり(混乱中)とりあえず順番にアップ!

  • 失敗の連鎖?…ササユリの増殖から6ケ月

    ウルシ染めの実験を1か月近く行って、ようやく工業試験場で試験を受ける試料を届けることができた。なんか、今回も失敗が多かった(^^;)そして、作業場を片付けているとササユリの種と鱗片増殖の片付けが残っていた。

  • 失敗の修正

    久しぶりに本業の話題(笑) 実に久しぶりに仕事の話題を書くけど、新しい作品のための染色作業は継続中(^^ 今日は仕事の、しかも失敗の話。それは一昨年のこと、上布の暖簾を納品した折に、ずっと以前(10年ほど

  • 季節は冬?

    午後4時少し暗くなって裏庭から丘に上がると、生暖かい風が吹き小粒の雨が降ってきた。これは12月7日の雨だろうか? いつもなら11月末に初雪が降っているのだが、丘には椿の花が咲いて、山茶花の花が咲き残り、水

  • 『懐かしの能登線写真展』 その6 新聞記事

    今日から穴水町公民館で行われている『懐かしの能登線写真展』が、北陸中日新聞の朝刊に掲載されました。公民館に届けられた絵ハガキから企画された展示会、住民に募集した能登線の写真は70枚を超える展示になりまし

  • 『懐かしの能登線写真展』 その5 間島の橋梁

    国鉄能登線の波並と藤波駅の間にあった間島の橋梁、実は私は何気なく見ていたけれど鉄道ファンには垂涎の人気スポットだった。京都の写真好きな友人を連れてきたら嬉々として撮り続け、へぇ~と感心した私だった(^^;

  • 『懐かしの能登線写真展』 その4 夏だけの駅

    能登線には夏だけの駅が2か所あった。どちらも海水浴場が近くにあって、夏だけ乗降客が増える駅だったが、その正式な駅名は《臨時の乗降場》だった。夏だけお客さんが乗り降りするという駅だけど、実際は一年中、少

  • 『懐かしの能登線写真展』 その3 35年前

    京都で10年間着物の染め仕事を経験し、30歳で帰省した私は自宅の2階を改装し着物の図案と染めと手描き模様の仕事を続けようとした。その当時、宅配便が全国津々浦々に配送網を広げ始めた頃で、能登の田舎からでも夕

  • 『懐かしの能登線写真展』のプリント

    町立穴水公民館が能登線にゆかりのある写真展を行うというので、古いアルバムをひっくり返しパソコンのデータを探して、なんとか30枚ほどプリントした(^^)見慣れた写真と異なるものを探してみたけど、そうそうコレと

カテゴリー一覧
商用