chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
川中じゅくちょーの独り言 https://plaza.rakuten.co.jp/kgjtop/

できないのではなく、やり方があっていないのです。その子に合った伸びていく勉強をさせてあげたい。

デット
フォロー
住所
大田区
出身
大田区
ブログ村参加

2010/03/17

arrow_drop_down
  • ■ 夏になって、急に勉強のスタイルは変わらないから・・・ ■

    大事な夏の勉強。 ここで、少しでも理解し直して、記憶すべきことを記憶していきたいものです。 普段の勉強から、きちんと理解しよう、きとんと覚えようと勉強している子は、夏の勉強も同じようにできるでしょう。

  • ■ 勉強のアドバイスをもらっても、結局何も変わらない ■

    家庭学習がうまくいかず、どうしたらよいのかを塾に相談。 アドバイスをもらっても、その場では解決したような感じになっても、結局何もできないままということは多いのかもしれない。 アドバイスだけではなく、具

  • ■ 子どもの理解力や記憶力を客観的にみてあげないと ■

    成長の差はどうしてもあります。 また、理解力や記憶力の差もあります。 理解力や記憶力の差は、興味があるかないかでも違ってきます。 算数にどうしても興味が持てない場合、やはり理解する気持ちはなかなか高く

  • ■ 今の勉強の進み方で夏も進むから ■

    夏になって、急に勉強のペースが上がっていくということはあまりないように思います。 今のペースで進んでいくことが多いと思います。 夏だけ特別ということはないのです。 夏が大事だと言うことは、言葉として分

  • ■ 繰り返し、自分で練習しないと ■

    できない問題を1つずつ自分で解けるようにしていくのが受験勉強。 できないことは悪いことではない。 できないことを、出来るようになるまで繰り返すかどうかだと思います。 コツコツ繰り返し練習していけば、出

  • ■ 抽象度が高くなると理解できない ■

    中学受験塾のカリキュラムは、小学生の成長度はあまり考えていません。 成長度の早い子が退屈にならないことが優先です。 そのため、成長度の差によって、その項目を勉強すること自体に無理があり場合も出てきます

  • ■ 「夏にがんばりましょう。」と言われても・・・ ■

    この時期の塾の面談では「夏に頑張りましょう」と言われることが多いかもしれません。 夏は大事です。 でも、夏だけ特別に独立した時間ではありませんし、夏だけの勉強で急に成績が上がるということでもありません

  • ■ コツコツ繰り返すことから始めたい ■

    理解できていないのに、先にどんどん進むのは、実にムダな勉強になってしまっていると思います。 理解できていないから、どこかでもう一度やる必要があります。 塾に通っていると、普段はやり直す時を取ることは難

  • ■ 情報処理の能力も大事 ■

    中学受験塾では、1回の授業で新しい知識がどんどん出てきます。 それを理解していかなくてはなりません。 また、テスト直しのときの解説文も、かなりの量です。知識がてんこ盛りです。 一度に処理しなければいけ

  • ■ 国語の長文練習は、普段は自分が比較的解きやすいレベルで練習 ■

    力をつけるためには、難しい問題を練習しなければいけない場合もあります。 普段は、自分が解きやすいレベルの問題をどんどん解くことによって、前向きに勉強に取り組むので、脳の働きが良くなるように感じます。

  • ■ 情報の処理能力が追いつかないから、何をしていいのか分からない ■

    中学受験塾の多くは、難関校合格者数増加を目標にしています。 そのために、教材やテストなどは、どうしても難関校を意識した作りになります。 全員が難関校受験をするわけではないことは塾側も分かっていますので

  • ■ 子ども自身がじっくりとていねいに考えることが大事 ■

    受験勉強は、量をこなすことも大事です。 でも、理解するには、まずじっくりと考えることが大事だと考えます。 そして、1問1問をていねいに解くことが大事だと考えます。 じっくり考え、ていねいに解くことによ

  • ■ 低学年のうちに、計算力を高めておく ■

    算数ができる子は、計算がはやい子の割合は多いと思います。 計算がはやい子は、算数が好き、得意と自分では思っているでしょう。 好き、得意な場合は、気持ちも前向きになります。 積極的に理解しようと自然と思

  • ■ その子の理解できる範囲で進めていく ■

    どうしても、理解できない事柄は出てきます。 何とか分からせようとしてもどうしても分からないことはあります。 これは、仕方がないことです。 ただし、諦めるということではありません。 もう少しで分かりそう

  • ■ 明らかに塾の授業内容が理解できていないのに ■

    明らかに塾の授業の内容が理解できていないのがはっきり分かっているのに、そのまま通い続けることに意味があるのでしょうか。 塾に相談して、塾が具体的にフォローをしてくれるのであれば、しばらく様子を見てもい

  • ■ 早く中学受験塾に入れるよりも、計算力、漢字力、文章を読む練習などをしっかりやる ■

    中学受験塾に早く入れる方が、受験にとっては有利なのでしょうか。 有利な子もいれば、そうではない子もいます。 勉強の基本的な能力が高い子は、早く通い始めてもついていけるし、そのまま順調に勉強が進んでいく

  • ■ 国語の記述問題は、文章を自分で考えなくていい ■

    国語の記述式の問題で「・・・について40字以内で書きなさい。」と言う問題があると、答えの文章を自分の言葉で書こうとすると、なかなか書けないと思います。 自分の言葉で書く必要はありません。 答えの部分に

  • ■ 受験生の学力層が広がっているけど、カリキュラムは、上位層のため ■

    中学受験塾の授業の進め方や難易度は、その塾が目指す方向で決まってくると思います。 多くの中学受験塾は、難関校合格を狙っています。 カリキュラムも、難関校を目指す理解力記憶力がいい子ががんばってついてい

  • ■ じっくり勉強することで理解が進む子は、先取りをあまり考えない ■

    受験勉強は、学習した内容の理解の蓄積が大事です。 理解できない勉強をしても、時間のムダになってしまいますし、子供にムダな時間を強制的に押し付けているようなものだと思います。 進み方が遅いということは、

  • ■ 明らかに理解できていないのに、今のままでは・・・ ■

    子供に宿題を聞かれて、教えていたけど、どうも分かっていないようなので、「授業は分かるの?」と聞くと「分からない」と言う返答。 明らかに塾の授業が理解できていないとなると、塾に行く意味がないのでは。 塾

  • ■ 理解できないときは、その子のレベルに合わせないと ■

    小学生の場合、具体的な内容が多かったのにだんだん抽象的な事柄が増えていくと、理解できなくなってくることが多いです。 これは、脳の成長度の差になります。 抽象的な事柄の理解がまだ早い段階では、無理に教え

  • ■ そのうち出来るようになるということはない ■

    そのうち出来るようになりますよ、と言う塾の先生がいます。 出来るようになるために工夫された指導が行われているということであれば、出来るようになる可能性はあると思います。 でも、普段の授業内容があまり理

  • ■ 基本ができていないのに、基本が練習できないままでは、まずい ■

    週末のテストや模擬試験などで、基本問題ができないために、点数がまずい状態になっていることが、明らかなのに、基本的な問題を徹底的に練習する時間が取れていない。もしくはできない状況。 これでは、この先にテ

  • ■ 先に進むより、理解することが優先だと思うのですが ■

    多くの塾のカリキュラムは、小学校の進み方と比べると、相当早いです。 ですので、ついていけない子も多いのです。 何とかついていこうとしても、限界はあります。 塾のカリキュラムが、すべての子にとって正しい

  • ■ 塾の先生は、夏の大事さを話すが、本当は今が大事 ■

    夏の大事さを塾の先生はよく話すと思います。 夏も大事ですが、やはり今が大事なのです。」 今やっている勉強を身につけることが今できているか、もしくは数日以内に身につく勉強ができているかどうかです。 今や

  • ■ 分かるから、勉強への気持ちが前向きになる ■

    分からないと面白くない。やる気がだんだん無くなっていくのは自然なことだと思います。 分からないから分かるようになるために頑張れ、というのは、子供にとっては過酷でしょう。 小学生の年齢の子は、まだまだ大

  • ■ 子供に私立中学に行く意味を普段から話しておくことはとても大事だと思います ■

    中学受験は、ともすると合格だけ考えてしまうことがあります。 もちろん合格は大事ですが、私立に行く意味を普段から子供に話しておくことは大事だと思います。 本当の勉強は、合格後に始まります。 中学高校と、

  • ■ 夏期講習のオプションは拒否したほうがいいのかも ■

    夏期講習に設定されている項目だけでもしっかりやろうとすると、それなりに時間は必要です。 そこにオプションを追加したら、もう大変です。 普段の授業で余裕がある子は、追加をしてもいいと思います。 でも、余

  • ■ なかなか覚えられない ■

    社会に出てくる言葉の中でも、法律関係や条約などはなかなか覚えられません。 理科の薬品名や化学反応がどうなるかなども、覚えにくいと思います。 覚えられないということを前提に勉強を進めていくことが必要だと

  • ■ 分からないところは、じっくりやればいいけど・・・ ■

    小学生の年齢くらいだと、日本語のり理解自体が弱いのです。 だから、大人からすると何でもない言葉の言い回しでも、子供には分からないことはよくあることです。 分からない場合は、大人が想像できないことで分か

  • ■ 計算が弱いと計算でもたもたしてしまうので、進まない。 ■

    計算力は、かなり重要だと思います。 式ができても、計算でもたもたしたり、計算ミスの連発でなかなか先に進まないという現実があります。 計算力は、暗算である程度の処理ができればいいのです。 例えば26✕5

  • ■ 算数の文章題は、文章からイメージがわかない子も多い ■

    文章題ができないと、国語力が弱いからだと思ってしまうこともありますが、国語力はあまり関係ないように思います。 文章に書いてある、条件と求めることがきちんと整理できていないことと、どのように解くのがいい

  • ■ 要領よく計算するやり方を教えないと ■

    塾の算数の授業では、要領よく計算する方法を教えてくれると思うのです。 要領よく計算すると、早く解けたり、計算ミスを防いでくれるのですが、子供には、それがなかなか伝わらないことがあります。 何度か教えて

  • ■ 成長の差があるから、今どうしても分からないことに時間をかけすぎない ■

    小学生の場合、抽象的な事柄の理解にどうしても成長の差があります。 今の時点では、どうしても理解できないことがあってもおかしくないのです。 中学受験の算数は、かなり前倒しされているので特にそうです。 理

  • ■ 分からないことが続けば、やる気が起こることはないでしょう ■

    勉強は、解けることによって楽しさを感じるものだと思います。 分かるから楽しくなってきます。 最初は分からなくても、きちんと練習すれば出来るようになる体験を積んでいけば、分からなくても練習すればいいと、

  • ■ 小学生の勉強は、受験勉強でも楽しさを感じて欲しい。 ■

    受験勉強は苦しいもの、というのは本当でしょうか。 思うように進まないときに、苦しさを感じるかもしれません。 小学生の場合は、子ども自身が受験勉強が思うように進まないと感じることは少ないように思うのです

  • ■ 国語の読解問題苦手な子は、半分できたら次に行く ■

    読解問題が苦手な子が、全問解こうとすることに無理があると思います。 まずは、半分できたら次の問題に進みます。 苦手な子が、分からない問題を考え続ける事はなかなかできません。 本文の意味がよくわかってい

  • ■ すぐに理解できなくてもいいから ■

    新しく学習した事柄が、すぐに理解できればいいのですがなかなかそうはいかない場合も多いです。 すぐに理解できなくても、数日間連続(短時間でいい)して練習すれば、だんだんと分かってきます。 このだんだんと

  • ■ たくさんやらせても、消化不良では意味ない ■

    受験勉強は、量をこなすことが大事だということで、たくさん勉強させようとする場合があるかもしれません。 受験勉強の目的は、まずは、勉強した項目を理解し、習得することです。 理解し、習得することを忘れて、

  • ■ 英語で受験する子も、算数の計算と基本はしっかり勉強したほうがいい ■

    最近、英語での受験が増えてきています。 算数か英語の選択の学校もあれば、英検3級以上だと国語1科目の受験でいい学校もあります。 英語を受験科目に取ると、算数をやらなくて済むようになってしまいます。 算

  • ■ 分かった、解けた、という経験を積み重ねていかないと ■

    勉強の成果がなかなかみえない1つの理由は、子供に自信がなくなっているからだと思います。 「どうせ解けない」ということが先に来てしまっているのです。 これでは、子供がかわいそう。 「分かった」「解けた」

  • ■ 算数の文章題に書いてある数字をてきとうに計算している■

    小学校の算数の文章題のテストなどは、式が1つか2つで解ける問題がほとんどだと思います。 しかし、中学受験の算数では、筋道を考えて解き進める問題がほとんどです。 問題文の数字以外に使う数字を自分で求めな

  • ■ 押しつけ勉強は、どこかで破綻する可能性が・・・ ■

    親御さんとしては、何とか志望校に合格させたいので、いろいろ考えて勉強をさせようと思うでしょう。 その結果、勉強を押し付けるようにどんどんやらせてしまうことがあるかもしれません。 いい子ほど、親御さんか

  • ■ 国語の読解問題の問いが何を聞いているのか、よく分からずに解いている ■

    読解問題が苦手な子は、問いの意味がよく分からないまま解いている場合が多いかもしれません。 問いが何を聞いているのかが分からないまま、何となくそれらしい答えを思いつくままに答えているのかもしれません。

  • ■ あっという間に忘れてしまうことはよくあること ■

    1週間前には、スラスラ答えられたのに、今日やってみるとすっかり忘れてしまっているということは、よくあることだと思います。 人間は、使わないことはどんどん忘れていきます。 忘れてしまうということを前提で

  • ■ 暗記させないと ■

    社会は、覚えることがたくさんあります。 いくら思考力が大事だとはいえ、知識がないのに考えることはできないと思います。 社会や理解は、暗記することが大事だと思います。 問題練習の中で暗記するのは難しいと

  • ■ 分かるまで繰り返し練習させてあげる ■

    分からないところをそのままにしておく事は、勉強を進めていくうえでできるだけ避けたいことです。 やはり、分かるまで練習させてあげることが大事だと思うのです。 1日で分からせようとしなくてもいいのです。

  • ■ 不得意な科目は無理をさせない ■

    不得意な科目を何とか得意科目にしようと考える場合があるかもしれません。 ただ、不得意科目は、嫌いな科目でもあるので、子供はやりたくありません。 やりたくない科目は、無理にやらそうとしても気が向いていな

  • ■ コツコツと積み重ねていくことを考えてもいい ■

    中学受験のための勉強のやり方は、個人差があるのが普通だと思うのです。 成長の差があるのですから、それに合わせた勉強をしていくことが大事だと思います。 中堅校を目指しているのに、難関校志望者に合わせる必

  • ■ 頑張ってきたのに、急にやる気ダウンの場合 ■

    頑張り続けると、精神的に疲れが溜まってくる場合もあります。 今までの頑張りが見られなくなったときは、少し休ませて上げることが必要だと思います。 勉強の時間を減らして、子どもの自由に使える時間を増やして

  • ■ 成長を待ってあげないといけないから ■

    成長の差は大きいです。 大人のような考え方をする子もいれば、まだまだ幼い子も多いです。 成長の度合いに合わせた勉強をしていかないと、せっかくの中学受験なのに、勉強嫌いを育ててしまう場合もあります。 具

  • ■ やる気は、楽しさを感じてからやってくる ■

    勉強の効果を出すには、本人の気持ちの問題が一番だと思います。 勉強に対して、気持ちが前向きかどうかです。 簡単に言ってしまえば、やる気があるかないか。 やる気を出してもらおうとしても、なかなか思うよう

  • ■ じっくり練習する時間が必要だけど ■

    中学受験の勉強は、どんどん先に進むのが当然のように思われているようです。 どんどん先に進んでも、理解や記憶ができないのであれば、意味がないばかりか、マイナスだと思うのです。 大事なのは、学習した事柄を

  • ■ 分からないところをずっと考えさせても効率が悪いかも ■

    考える力が大事です、という説明を塾から聞いたことがあるかもしれません。 でも、考える力が大事だからと、分からない問題を子供に考えさせるのは、意味がない場合もあります。 算数がものすごく好きで、何として

  • ■ 「このくらいの事は、分かるだろう」とは思わないほうがいい ■

    大人からみると当たり前のことでも、子供にとっては何のこと?という場合は、結構あると思います。 生活上では、大人は子供が分からないだろうということをきちんと先読みして指示を出していると思うのですが、勉強

  • ■ 計算問題は、途中経過をきちんと書く ■

    中学入試の計算問題は、それなりにボリュームがあります。 きちんと解く手順を考えていく必要があります。 計算問題を解くときも、途中の経過をきちんと書くことが大事です。 見直すためのものでもありますし、計

  • ■ 抽象的なことの理解の差はかなり大きい ■

    中学受験の算数の問題は、抽象的な事柄が多いです。 大人にとっては、何でもないことでも、子供にとっては全く理解できないことがあるのは普通です。 どうしても理解できないことでも、子どもの普段の生活に見られ

  • ■ 国語の読解問題は、苦手な子は問題を選んでもいい ■

    国語の読解問題の苦手な子は、問いを全部やるのではなく、7割位の問題を選んで、それをじっくりと考えるのも1つのやり方です。 読解問題が苦手な子は、文章から理解することがちょっと難しい場合があると思います

  • ■ 幼さをどのようにコントロールしていくか ■

    中学受験が大変なのは、問題の難しさよりも、子どもの精神的な幼さをどのようにコントロールしていくかだと思うのです。 子供が幼い考え方をするのは当然です。あまい考え方をしてしまうのも当然です。 精神的な成

  • ■ 抽象的な事柄の理解は、小学生にとって難しい ■

    抽象的な事柄の理解は、小学生にとっては難しいのです。 脳の成長の差もあるので、個人差がでてしまいます。 理解できないから悪いということではなく、仕方がないのです。 でも、仕方がないでは、先に進めません

  • ■ 繰り返す時間があるのが当たり前だと思うのですが ■

    子供が、教わったことをどんどん吸収していければいいのですが、なかなかそうはいきません。 1日の塾の授業で、初めて聞く言葉や考え方が次から次へと出てきます。 それを、短時間で理解習得する事ができるのは、

  • ■ 理解できなくて一番つらいのは子供だから ■

    大人にとっては何でもないことでも、子供にとっては、全く理解できないことはたくさんあります。 理解できなくて、一番つらいのは子供です。 分かろうとしても、どうして分からないのです。 理解できないことは悪

  • ■ 暗算力が欲しい ■

    中学受験の算数の計算力のアップは、必須条件だと思います。 受験する学校によっても違いますが、中堅校といえどもなかなかのレベルの計算問題が出題されています。 計算力アップのカギは暗算力です。 ものすごい

  • ■ 本当に理解するまでには、1回や2回の練習や暗記では無理なのに ■

    初めて習う事柄を、子供に本当に理解してもらうには、1回や2回の練習や暗記では無理だということは、多くの人が分かっていると思います。 分かっているけど、塾の進み具合に合わせると、1回しか練習できないとい

  • ■ 強制的な勉強になってしまうと、勉強嫌いが強く出てしまう場合も ■

    受験勉強は、ある程度の強制力は必要かもしれません。 子どもの負荷の感じ方も違うので、どの程度が強制的にやらされていると感じるかは、個人差が大きいです。 ただ、子供が、本当にしんどいくらいの強制的な勉強

  • ■ 理解力、記憶力の個人差は大きい ■

    中学受験塾の受験に対する家庭のフォローは、理想的なものだと思います。 でも、現実は厳しいものがあります。 勉強への気持ちは、個人差は大きいです。 そして、理解力、記憶力の差もかなり大きいです。 そこを

  • ■ 暗記の時間 ■

    歴史の用語、人物名、事件や法律の名前。 子供に取っては非常に言葉が難しい。したがって、記憶に残らない。 暗記の時間は必要だと思います。 思考力重視と言っても、知識がないと勝負になりません。

  • ■ 自分の理解できるペースが大事 ■

    入試は、試験日が決まっているので、その逆算から進み具合が決まってくると思います。 ただ、それも多くの塾は難関校基準です。 無理な進む具合になってしまう子も多いのです。 まずは、自分の理解できるペースで

  • ■ 塾に通い始めて、背伸びしすぎる勉強になっていたら ■

    中学受験の勉強は大変だと聞いていても、実際にはじめてみないとよく分からないものです。 大手塾に通い始める場合が多いと思います。 通い始めて3ヶ月くらいすると、塾の勉強を子供がどのくらい理解しているかだ

  • ■ 成長を待つことが大事かも ■

    5年生のときには、国語の問題を解くときに本文をあまり読まないで、いい加減な答えを書いていた子が、6年生になると、きちんと考えるようになっていく子もいます。 4,5年生のときは算数があまり好きではないの

  • ■ 塾の授業内容が理解できないのは、進み方が早いから ■

    理解力はそんなに悪くないと思うのに、塾の内容が理解できないのはどうしてなのか、悩んでいる親御さんは多いと思います。 多くの原因が、進み方が早いからです。 早く進むために、新しい項目の導入部に掛ける時間

  • 量をやらせることに無理な子もいる

    中学受験塾の多くの先生は、量を重視しているようです。 たくさん問題を解けば、できるようになると考えるからでしょう。 テキパキと量をこなす子は、いいのですが、そうでない子もいます。 勉強を始めるまでに時

  • ■ 解けるようになるまで、時間がかかってもいいから ■

    初めて勉強する事柄がなかなか理解できないことはよくあることだと思います。 理解できないことは、全く悪いことではありません。 理解できないことをそのままにして、ただ先に進むことだけになってしまっているこ

  • ■ 分かるまで考え続けるのは、効率が悪い ■

    初めて習うことは、なかなか理解できない場合も結構あると思います。 子供に理解させようと分からない問題をずっと考えさせる場合もあるかもしれませんが、効率が悪いかもしれません。 少し時間をあけて、できれば

  • ■ じっくり勉強することが大事だと思うのだけど ■

    塾の宿題を終わらせようと思うと、テキパキと進めていく必要があります。 分からない問題をじっくり考えたり、繰り返し練習している時間が取れないの現状でしょう。 家庭での受験勉強は、宿題が中心の場合が多いと

  • ■ 中堅校が目標なら、基本だけの勉強がいいかも・・・ ■

    基本と言っても、子供にとっては易しい問題ではありません。 その項目の理屈を理解し、用語を覚えていくことが必要です。 用語も小学生に取っては普段の生活とかけ離れた言葉が連発してくるので、覚えるのも容易で

  • ■ 自宅学習がうまくいかないことのほうが多いのかも・・・ ■

    塾で3時間前後の授業を受けてきて、更にその日に家庭学習をまとまった時間やることって、結構大変なことだと思います。 塾の3時間前後の授業時間の中で、理解習得が進むことが本来求められることだと思います。

  • ■ 算数の過去問の後ろの方の問題は、無視してもいいかも ■

    算数の入試問題は、最初の▢の1の計算と▢の2の一行問題が大事。 ここで得点すれば、半分は取れます。 あと10〜15点は、▢の3以降の(1)(2)で得点。 過去問の問題の配列をよくみておきたいものです。

  • ■ 成長度に合わせて勉強していく ■

    小学生の成長度の差は大きいものです。 体の大きさは見えるのでわかりやすいですが、精神的な成長度は見えないので判断が難しいと思います。 今の勉強の理解度や勉強の進め方などを見ながら判断していくことになる

  • ■ 成長の差をみてあげないと、無理な勉強になってしまっては・・・ ■

    中学受験塾の多くは、難関校合格を目標にしています。 難関校合格を表に出していなくても、予習シリーズや中学受験新演習を使用していれば、カリキュラムは難関校向けです。 そのカリキュラムに合わせて勉強しよう

  • ■ 家庭に丸投げ? ■

    多くの中学受験塾の授業では、解き方や考え方を教えてくれます。 問題を解く時間もありますが、2,3問ということろでしょうか。 次の授業では、新しい単元になります。 今日勉強したことろは、各自練習というこ

  • ■ 中学受験のために家庭の雰囲気が悪くなるのであれば ■

    受験は、中学受験だろうが、高校受験だろうが、大学受験だろうが、資格取得の受験だろうが、みんな大変です。 中学受験が、他の受験と比べて大変なのは、年齢だと思います。幼いのです。 受験ということ自体が分か

  • ■ 個別を追加するのなら、一斉授業はいらないのかも ■

    普段の授業が分からないから個別を追加するのであれば、最初から個別だけではだめなのでしょうか? もしくは、授業のレベルが合っていないのか、その塾の進み方が子供に合っていないのかを、よくよく考えて見る必要

  • ■ 自分で繰り返し練習する時間次第 ■

    人から教わることによって理解できても、それを自分一人で解けるようになるには、繰り返し練習する時間が必要だと思うのです。 できないから教わるという考えでは、ずっとできないままのように思うのです。 2つ3

  • ■ 分からないところは、一旦保留 ■

    算数を勉強して、なかなか理解できない場合は、一旦保留するほうがいいと思います。 分からないことを考え続けることが小学生に取っては難しいと思います。 時間だけが過ぎていくことになると思います。 翌日やっ

  • ■ 図をかかないのではなく、かけない。 ■

    算数の文章題を解くときに、図をかくことによって解くことができる場合が多いです。 図をかかないと解けない問題も多いです。 子供に何回も図をかきなさい、と言ってもかかない子は多いと思います。 かかないので

  • ■ 受験勉強はキリがないから ■

    受験勉強は、やろうと思えばいくらでもやることはあります。 キリがないのです。 塾からも、次から次へと追加の講座の案内がくることもあるでしょう。 全部受けることは、意味がないと思います。 まずは、普段の

  • ■ 覚えていないからできない ■

    受験勉強期間中に行われるテストや模試は、知識を見るものがほとんどです。 知識ということは、知っているかどうかです。学習してきた内容を覚えているかどうかということです。 覚えていないから、テストで点数が

  • ■ 宿題をやるときに、終わらせることが目的になってしまっては ■

    宿題の量が多いということは、いいことなのでしょうか? その子によって違うのでしょう。 塾の授業中にほとんど理解できていて、テキパキとこなすことができる子にとっては、処理することができるでしょう。 塾の

  • ■ 大手塾は家庭学習がうまくできる前提だから ■

    大手塾の多くは、難関校合格者数を増やすことが目標になっている場合が多いです。 それは、塾の方針なので、入る側の判断となるでしょう。 塾の授業で考え方や解き方を教わるので、そこでだいたい理解できるでしょ

  • ■ 子供の理解度を客観的に見てあげないと ■

    成長度の差は、どうしてもあります。 できないからだめだということではないのです。 もう少し待ってあげたほうが、理解が進むことも結構あるのです。 5年生のときは理解できなかったことが、6年生になると分か

  • ■ その子にあった受験勉強をしていく■

    中学受験勉強の進め方は、難関校合格を目標にした内容が標準だと思われているようです。 でも、中堅校やもう少しやさしめの学校の受験を考えているのであれば、勉強の進め方を大きく変える必要があると思います。

  • ■ コツコツと考える、コツコツと覚える子は強い ■

    1つ1つ問題をじっくり考えて、覚えるべきことは覚えようと暗記をしていく子は、進み方は遅いけど、理解習得暗記がきちんとできています。 受験勉強として、きちんと成立しています。 どんどん進まなければいけな

  • ■ 学力を急に伸ばそうとするのは、小学生の場合は難しい ■

    中学受験の場合、偏差値40を20伸ばして60というのは、かなり難しいと思います。 ちゅうがくじゅけn中学受験をする母集団は、学力上位層が中心です。 上位の中の偏差値60というのは、基本がしっかりしてい

  • ■ 中学受験塾が子供が理解できないから何とかしてくれるのか? ■

    理解できないところを理解させてくれるのが、塾の役目だと思いますが、中学受験塾の大手になると、そこは違うようです。 中学受験塾の大手は、塾というより予備校と言ったほうがいいと思います。 講義を聞いて、自

  • ■ 自分で問題を解くという時間が必要 ■

    自分で問題を問題を解くというのは、ただ問題に解答すればいいということではありません。 スラッとできた問題は、答え合わせをして◯をつけて終わりでいいのですが、間違った問題、分からなかった問題をどうするか

  • ■ 問題文を読んでいないことが多いのかもしれません ■

    普段の生活で、子供は、大人が思ってもしないことをしますね。 勉強でも同じです。 大人が思ってもいないことを、子供はやっている場合があります。 問題文を読んでいないというのもその1つです。 問題に書いて

  • ■ 忘れることは仕方がありません。覚えていたことをほめてあげたい。 ■

    塾では、毎回新しい事柄をたくさん勉強します。 量は多いし、難しいし、忘れてしますのも仕方がありません。 忘れたことに何らかの小言をいうよりも、覚えていたことに対してちゃんとほめてあげたり、認めてあげる

  • ■ 理解できる勉強をしていきたいですね ■

    中学受験の勉強は、特殊だと思われているようです。 中学受験塾は、大手塾の寡占状態です。 多くの大手塾の目標は、難関校に何人合格させるかということです。 そのためのカリキュラムになっています。 ついてい

  • ■ きちんと問題文を理解していないで解いているのかも ■

    問題を解くときに、問題文の意味をきちんと理解してから解くのが当たり前だと大人は思っています。 でも、子供は、そうは思っていませんし、意味の取り違えも多いです。 そこを教える側は、分かってあげることが大

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、デットさんをフォローしませんか?

ハンドル名
デットさん
ブログタイトル
川中じゅくちょーの独り言
フォロー
川中じゅくちょーの独り言

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用