語られる言葉の河へ
住所
米子市
出身
鳥取市
ハンドル名
風紋さん
ブログタイトル
語られる言葉の河へ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/humon007
ブログ紹介文
 1月29日開設  大岡昇平+震災・原発・社会問題・読書
自由文
大岡昇平ノートと社会保障が柱。
更新頻度(1年)

111回 / 295日(平均2.6回/週)

ブログ村参加:2010/01/25

風紋さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,357サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 2 0 0 0 0 0 2/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,513サイト
書評・レビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,274サイト
今日 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 全参加数
総合ランキング(OUT) 111,066位 113,101位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,357サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 2 0 0 0 0 0 2/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 781位 798位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,513サイト
書評・レビュー 185位 187位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,274サイト
今日 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,357サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 2 0 0 0 0 0 2/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,513サイト
書評・レビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,274サイト

風紋さんのブログ記事

  • 【佐藤優】30代で35年ローンを組む異常

    ①朝日新聞取材班『負動産時代マイナス価格となる家と土地』(朝日新書810円)②宇野みどり『はじめはここからスワヒリ語』(第三文明社1,500円)③スティーヴン・ホーキング(青木薫・訳)『ビッグ・クエスチョン<人間の難問>に答えよう』(NHK出版1,500円)(1)朝日新聞取材班『負動産時代』は、日本の不動産ビジネスが抱える問題を構造的に解明した優れたノンフィクションだ。<さまざまな「負動産」問題の根っこにあるのは、「新築主義」とも言うべきゆがんだ住宅政策と、焼き畑農業のような土地政策である。「土地神話」時代の政策の骨格をひきずったまま、噴出するさまざまな問題に対して場当たり的に対応しているように映る>との指摘はその通りだ。特に持ち家政策に諸悪の根源があるように思えてならない。サラリーパーソンが35歳で支払期間3...【佐藤優】30代で35年ローンを組む異常

  • 【佐藤優】安定してさえいればいい  ~官僚の掟(15)~

    改めて「安倍政権は事実上の超然内閣だ」と私が考える要素をまとめてみます。安倍政権は、国会運営において議席数の優位から、その気になれば数の力でかなりのことができます。そんな安倍政権の強引さや政策の矛盾を国民にうまく伝え、政権交代を狙える力量のある野党もなければ、自民党内に安倍首相の求心力に対抗できる有力議員もいませんから、メディアや世論の非難は一時的なダメージにしかならないのです。小選挙区制も安倍政権に有利に作用しています。2017年の衆院選小選挙区での自民党の得票率は48%なのに、75%もの議席を獲得できたのです。つまり、安倍政権は、野党や自民党との関係において摩擦係数が「ほとんど0」という状況にあると言えます。そして世論は、政治への関心が薄く、混乱を望んでいませんから、他の選択肢に比べて、安定をもたらしてくれ...【佐藤優】安定してさえいればいい~官僚の掟(15)~

  • 【佐藤優】混乱にはうんざり ~官僚の掟(14)~

    この構図を日本に移すと次のように描けます。日本経済は、戦後の混乱を経て朝鮮戦争の特需で立ち直ることができました。続く高度経済成長の過程で、分厚い中産階級が形成されていきました。一方で、東西冷戦という勢力均衡のもと、自民党政権がさまざまな腐敗を抱えながらも政権を維持し続けました。日本経済がピークを迎える1990年まで、国民生活は比較的安定していたと思います。しかし、冷戦構造が壊れ、バブルが崩壊し、景気が低迷。新自由主義改革とデフレ、さらにリーマン・ショックによって国民生活は不安定になりました。とどめは民主党政権の失敗です。国民はこうした混乱にうんざりして、不満はあっても他の選択肢よりマシに思える安倍政権を消極的に支持している。この現象は、日本において近代的な市民社会が完成していることの証なのかもしれません。内閣府...【佐藤優】混乱にはうんざり~官僚の掟(14)~

  • 【佐藤優】ロシアと似た無関心  ~官僚の掟(13)~

    自国のことは第三者的に冷静な目で捉えづらいのです。2018年3月に行われたロシア大統領選挙の結果が、安倍内閣と世論の関係に共通する部分が多く、我々にとっても参考になると思います。ロシアでは、プーチン大統領は国民から好かれていません。それでも7割以上の得票率で大統領に当選しました。プーチンの政策のポイントは、ロシアに中産階級を作り出すことにあります。90年代、ソ連崩壊に伴って、急激なインフレが起きました。国有財産の民営化が進められる過程で貧富の差が極度に拡大し、社会が大混乱に陥りました。この混乱から脱却するには、分厚い中産階級を形成する必要がありました。プーチンはその政策を推し進め、中産階級の形成に成功した結果、人気を失ったのです。なぜならば、中産階級とは本質的に非政治的な存在だからです。これは代議制民主主義の根...【佐藤優】ロシアと似た無関心~官僚の掟(13)~

  • 【佐藤優】安倍政権は事実上の超然内閣 ~官僚の掟(12)~

    今の安倍政権の姿がよく見えてくる話を、この章の締めくくりとしてみましょう。安倍政権は、どれだけ筋が通っていることでも、自分にとって好ましくなければ「超然」とした態度をとることができるのです。1889年、大日本帝国憲法公布の翌日、首相の黒田清隆は、集まった地方長官を前に「超然政党の外に立ち」不偏不党の立場で政治にあたれと演説をしました。これがおそらく皆さんも社会科の授業で習った「超然主義」あるいは「超然内閣」の由来となるエピソードです。大日本帝国憲法には、首相や閣僚は国会議員から選ぶという決まりはありませんでした。ですから政党に左右されず「超然」として政策を実行できる超然内閣が成り立ちました。いまの安倍政権は事実上の超然内閣だと思います。その根幹にあるのが、反知性主義だと思いますが、反知性主義だけでは、現在の議院...【佐藤優】安倍政権は事実上の超然内閣~官僚の掟(12)~

  • 【佐藤優】中国を支配する秘密結社

    ①楊海英『独裁の中国現代史毛沢東から習近平まで』(文春新書850円)②井上ユリ『姉・米原万里』(文春文庫700円)③ケネス・ルオフ(木村剛久・訳)『天皇と日本人ハーバード大学講義でみる「平成」と改元』(朝日新書810円)(1)①は、中国について知るための必読書だ。<中国共産党を、西洋や日本の政党(ポリティカルパーティー)と同じものだと考えては、大きく誤ります。その本質は、社会のほとんどすべての領域で、国を支配する最高権力組織であり、体質的には監視と密告によって結束を維持する秘密結社なのです>と楊氏は指摘する。もっとも中国共産党員の数は約9,000万人なので、秘密結社としては空前の大きさと思う。中国共産党の機能を正確に理解することが、あの国の現在を分析し、将来を予測する際の鍵になる。(2)②は、作家でロシア語会議...【佐藤優】中国を支配する秘密結社

  • 【佐藤優】安倍政権の反知性主義  ~官僚の掟(11)~

    安倍総理は、2014年11月と2017年9月の2回、衆議院を解散し、その後行われた選挙で圧勝しました。現在は第4次安倍内閣となっています。安倍総理は、長く続くデフレ、円高で輸出企業の業績は上がらず、株価は低迷という、停滞していた経済を成長軌道に乗せることを目的に、アベノミクスと呼ばれる経済対策を目玉として打ち出しました。安倍政権発足とほぼ時を同じくして日本銀行総裁に就任した黒田東彦(はるひこ)さんは、デフレ脱却のため消費者物価を2年で2%上昇させることを目標に異次元緩和を行うと大見得を切りました。株価は上がり、失業率も改善されましたが、庶民に景気回復の実感は乏しいと言われています。「2年で2%」は、いまだ達成されることはなく、異次元の金融緩和の出口戦略を立てることもできず、副作用が心配され、いよいよ行き詰まりが...【佐藤優】安倍政権の反知性主義~官僚の掟(11)~

  • 【保健】大腸内視鏡検査の間隔 ~陰性だったら次は10年後~

    (1)受けたくない検査の一つに大腸内視鏡検査がある。事前の食事制限や下剤の服用のほか、検査時に鎮静剤を使うので、検査後の自動車運転が禁じられるなどわずらわしい。さらに、頻度はまれだが検査に伴う“偶発症”として、出血や腸管穿孔(腸に穴が開くこと)、激しい腹痛などのリスクのほか、検査時の投薬による死亡例も報告されている。早期発見のためとはいえ、偶発症リスクに何度も曝されるのは勘弁してほしいものだ。どの程度の間隔で大腸内視鏡検査を受けるべきなのだろう。(2)先日、米国の保健維持組織の一つ「KPNC」から、この疑問に答える調査の結果が報告された。同調査は、1998~2015年の利用者のうち、平均的大腸がんリスクを有する50~75歳の1,251,318人(男女比は1対1、平均年齢55.6歳)が対象。大腸内視鏡検査で陰性と...【保健】大腸内視鏡検査の間隔~陰性だったら次は10年後~

  • 【佐藤優】首相機関説で動く官邸ポリスが生み出された意図とは

    ★幕蓮『官邸ポリス総理を支配する闇の集団』(講談社、2018)(1)最近、複数の政治部記者や編集者から「佐藤さん、『官邸ポリス』についてどう思うか」と尋ねられたので、読んでみた。小説としての完成度については見方が分かれる。ただし、「嘘のようなほんとうの話」と「ほんとうのような嘘の話」を適宜ブレンドした謀略的意図をもった著作であることは間違いない。文部科学事務次官の風俗店通い、大阪の市立小学校への国有地払い下げ問題など、登場人物が誰をモデルにしているかも、すぐわかる構成になっている。小説と言うよりも、怪文書に近いノンフィクションと性格づけた方がいい。(2)日本国家を実質的に運営するのは有象無象の国民によって選ばれた政治家ではなく、難しい採用試験に合格した頭脳明晰でかつしっかりした国家観を持つ警察官僚が行うべきだと...【佐藤優】首相機関説で動く官邸ポリスが生み出された意図とは

  • 【南雲つぐみ】薬を減らす工夫

    必要な薬はきちんと使うべきだが、特に高齢者の中には本来は使わなくても済む薬を含め、毎日何種類もの薬を飲んでしまっている人もいるようだ。こうした、不要または重複した薬の投与は、「ポリファーマシー」という医療の問題として注目が集まっている。東京大学医学部付属病院老年病科の秋下雅弘医師の調査では、5割以上の薬を投与されている人は、転倒する発生頻度が高かったという。多くの薬を飲んでいるせいで、だるさやしびれ、便秘などの副作用が起きたことが一因。さらに、その不調に対して新たな薬が処方されているケースもあったという。とはいえ、処方薬を勝手に中断するのは危険だ。秋下氏は「まずは、薬を減らしたいという意思を、かかりつけ医や薬剤師に伝えてほしい」という。また「お薬手帳」を1冊にまとめることも大切。病院ごと、薬局ごとに何冊もあると...【南雲つぐみ】薬を減らす工夫

  • 【言葉】政治家・知識人vs.大衆

    心すべきは、一般大衆と、一般大衆の代表者ないし代弁者をもって任ずる人とを、不用意に同一視しないように、ということだ。この両者は多くの点でちがった行動を、いや、正反対の行動をさえとるのだから。□G・W・F・ヘーゲル(長谷川宏訳)『精神現象学』(作品社、1998)から引用【言葉】政治家・知識人vs.大衆

  • 【保健】孤独を感じる遺伝子 ~肥満との関連も示唆~

    (1)2018年初め、孤独担当大臣を新設した英国から孤独と遺伝子に関する知見が報告された。英国では、人口の1割以上にあたる900万人が日常的に孤独を感じ、その3分の2が生きづらさを抱えているという。英ケンブリッジ大学の研究チームは、「英国バイオバンク研究」に登録されている48万7,647人分の遺伝子情報と、被験者へのアンケート調査から遺伝子変異と孤独感との関連を解析。(2)アンケートでは、「どれくらい友人、家族を訪ねているか」「身近な人に悩みを相談できるか」などの質問で孤独感を評価している。アンケートの回答から、孤独と分類された人の遺伝子を解析した結果、感情や行動をコントロールする脳の領域にある15の遺伝子座の変異が、孤独感と強く関連することが示された。この遺伝子変異は神経症的な傾向や抑うつ状態、肥満とも関係し...【保健】孤独を感じる遺伝子~肥満との関連も示唆~

  • 【花】木瓜咲くや漱石拙を守るべく

    ↑クリックすると拡大「先生、先生」と二声(ふたこえ)掛けた。これはしたり、いつ目付(めっ)かったろう。「何です」と余は木瓜(ぼけ)の上へ顔を出す。帽子は草原へ落ちた。「何をそんな所でしていらっしゃる」「詩を作って寝(ね)ていました」「うそをおっしゃい。今のを御覧でしょう」「今の?今の、あれですか。ええ。少々拝見しました」「ホホホホ少々でなくても、たくさん御覧なさればいいのに」「実のところはたくさん拝見しました」「それ御覧なさい。まあちょっと、こっちへ出ていらっしゃい。木瓜の中から出ていらっしゃい」余は唯々(いい)として木瓜の中から出て行く。「まだ木瓜の中に御用があるんですか」「もう無いんです。帰ろうかとも思うんです」「それじゃごいっしょに参りましょうか」「ええ」余は再び唯々として、木瓜の中に退(しりぞ)いて、帽...【花】木瓜咲くや漱石拙を守るべく

  • 【佐藤優】内閣支持率42%の心理的根拠  ~官僚の掟(10)~

    ドイツの社会学者ニクラス・ルーマンの著書『信頼』(大庭健、正村俊之訳、勁草書房)によれば、多くの人から信頼を集めている人や団体に不信を招く言動があった場合、しばらくの間はその人や団体を信じようとします。信頼した対象からすぐ離れてしまうと、信用した自分がみじめに思えるからです。しかし不信を招く言動が重なり、ある閾値を超えると、とたんに人々の信頼を失い、信頼は回復することはない、といったことが書かれています。信じていた人に何度も裏切られたら、「いい加減、もう、あなたのことは信じられない」となるのが人間の心理というものでしょう。民主党から枝分かれした現在の野党各党は、民主党政権の失敗のため、すでに信頼に足る閾値を外れています。現在の野党の体たらくが、それを証明しています。つまり、42%という内閣支持率は、野党が国民か...【佐藤優】内閣支持率42%の心理的根拠~官僚の掟(10)~

  • 【佐藤優】世論と信頼  ~官僚の掟(9)~

    総理が、国会で森友・加計問題をめぐって曖昧な答弁を繰り返し、麻生太郎財務大臣の「セクハラ罪という罪はない」などの暴言・失言が止まらなくても、なぜ内閣支持率が、あるところまで下がっては上昇するのか。象徴的だったのが、2018年3月27日、森友学園の国有地売却問題をめぐり、衆参両院で行われた佐川前長官の証人喚問を受けての世論調査の結果です。佐川氏の説明に納得できた人はあまりいなかったと思います。それでも佐川氏の証言が野党の追及により、一枚も二枚も上手だったということもあってか、内閣支持率はどん底にまでは落ちませんでした。読売新聞が4月2日に発表した世論調査では、前回より6ポイント落ちて42%。共同通信が4月1日に発表した世論調査では、前回より3.7ポイント上昇して42.4%でした。読売と共同では前回調査の日付が異な...【佐藤優】世論と信頼~官僚の掟(9)~

  • 【言葉】感情を殺した表情

    私は、企業との交渉などで、つねに人々の怒りを鎮める効果があるように思える、完全に感情を殺した表情で彼を見ていた。□ディック・フランシス(菊池光・訳)『骨折BONECRACK』(ハヤカワ・ミステリ文庫、1978)から引用【言葉】感情を殺した表情

  • 【言葉】年齢と時間意識

    齢(とし)のせいか、ボヤっとしているうちに時が過ぎていく速度が早くなってきたような気がしてならない。□宮脇俊三『旅は自由席』(新潮社、1991/のちに新潮文庫、1995)の「大前という終着駅」から引用【言葉】年齢と時間意識

  • 【佐藤優】短期的利益にしか関心がない人

    ①ヤニス・バルファキス(関美和・訳)『父が娘に語る美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。』(ダイヤモンド社1,500円)②竹中平蔵『平成の教訓改革と愚策の30年』(PHP新書900円)③黒川伊保子『ヒトは7年で脱皮する近未来を予測する脳科学』(朝日新書750円)(1)①は、ギリシャで財務大臣を務めたことがある著者が現代経済について分かりやすく解説した好著だ。<古代ギリシャでは、公共の利益を考えられない人、つまり自分のことしか考えられない人は「イディオテス」と呼ばれた。「節度のある者は詩人になり、節度のない者はイディオテスになる」という古代アテネのことわざがある。古代ギリシャの文章を研究した18世紀のイギリス人学者は、ギリシャ語「イディオテス」を「愚か者」と訳した。市場社会は人間をそのような節度...【佐藤優】短期的利益にしか関心がない人

  • 【保健】3月15日は世界睡眠デー ~大人もゆりかごが良いらしい~

    (1)毎年、春分の日の前週の金曜日は、世界睡眠会議が定めた「世界睡眠デー」だ。良質の睡眠が心身の健康に必要なことはもう常識。ところが、日本の一般成人の5人に1人は不眠に悩み、およそ15%が日中に過剰な眠気を感じているという(厚生労働省調査)。経済協力開発機構(OECD)の2014年調査でも、日本人の平均睡眠時間は7時間43分と調査対象29カ国中の28位。それでも、この結果をみて「7時間以上眠れているなら、マシじゃないか」と思う人は少なくないだろう。(2)実際、同じく厚生労働省の国民健康・栄養調査(15年)では、ここ数年間で平均睡眠時間が6時間未満の人が増え、5時間未満の人も1割近いことが明らかになった。睡眠不足の理由は、仕事や家事、育児など生活上で避けられないことや健康状態など。シフト勤務や深夜残業、あるいは「...【保健】3月15日は世界睡眠デー~大人もゆりかごが良いらしい~

  • 【南雲つぐみ】牛乳豆腐

    500ミリリットルの牛乳から茶碗半分ほどの牛乳豆腐ができる。作り方は、まず牛乳を鍋に入れ、沸騰しないよう温める。60度ぐらいになったらごく弱火にして、かきまぜながら酢、またはレモン汁を大さじ2杯半、少しずつ回し入れる。水分と乳成分が分離して塊ができ始めたら、火を止める。ザルにあけて、よく水分をこしたらできあがり。わさびじょうゆで食べてもいいし、カッテージチーズとしてサラダに入れてもいい。ジャムを乗せてデザートにしてもおいしい。牛乳豆腐はもともと酪農家が、牛乳造りに使わない初乳(分娩後数日間に分泌される乳汁)を使って作っているものだ。初乳は子牛にとって重要な免疫物質やビタミン類などを含み、それ以降の乳とは濃度も成分も異なる。食品衛生法では、分娩後5日間以内の乳の出荷を禁じている。子牛がたっぷり飲んだ後の初乳を搾り...【南雲つぐみ】牛乳豆腐

  • 【佐藤優】司馬遼太郎作品に見る対人諜報活動の極意

    ★司馬遼太郎『梟の城』(新潮社文庫、1965)『梟の城』は、産経新聞記者時代の司馬遼太郎が宗教専門新聞『中外日報』に1958年4月から’59年2月まで連載した小説だ。連載時は「梟のいる都城」というタイトルだったが、’59年に講談社から書籍化された際に現代のタイトルに改められた。’59年下半期の第42回直木賞を受賞した。織田信長による1579(天正9)年の侵攻(伊賀の乱)によって、壊滅的打撃を受けた伊賀忍者は、各大名に雇われ、諜報や攪乱工作に従事していた。伊賀の乱から10年経った1591(天正19)年、伊賀忍者の葛籠(つづら)重蔵は、師匠の下柘植(しもつげ)次郎左衛門から太閤秀吉を暗殺せよとの指令を受ける。この動きを甲賀忍者が阻止しようとする。徳川家康が伊賀忍者を、豊臣方の石田三成が甲賀忍者を運営し、代理戦争が展...【佐藤優】司馬遼太郎作品に見る対人諜報活動の極意

  • 【佐藤優】「劣位」の元キャリアの特徴  ~官僚の掟(8)~

    総合職の場合、国家公務員試験の成績結果は、府省に入るときには大きな意味を持ちますが、いったん入れば、その成績が直接的に出世に影響することはありません。こうした「ハンモックナンバー」(海軍兵学校の卒業年次)を使う役所はまずないと思います。だれの部下になったかという「上司のライン」が出世の決め手になるから、その意味において、日本の官僚組織は、陸軍の伝統を引いていると言えます。海軍の卒業成績は一生ついてくるけれど、陸軍の場合は関係ありません。「キャリア」「ノンキャリア」の身分差を強調する「元官僚」を売りにしている書籍をときどき見かけますが、私から言わせると、仕事のできない「劣位」なキャリアが自分を大きくみせようとして言っているか、あるいは、よほど組織に恨みをもって辞めたノンキャリアが言っていると見て間違いありません。...【佐藤優】「劣位」の元キャリアの特徴~官僚の掟(8)~

  • 【佐藤優】どの上司に評価されたか  ~官僚の掟(7)~

    とはいえ、同じ年次に入省した人同士の競い合いはあります。でもそれが起きるのは、10年から15年後ぐらいのことです。最初の10年、15年ぐらいは、横並びで差がつきません。課長補佐ぐらいまではほぼ横並びです。しかも、その競い合いに参加できるのは、年次の中でもさらに少数にしぼられた一部の人に限定されます。要するに、役所の外側に対しては団結して、ある時期までは年次とともに「みんな一緒」の穏やかな世界。それがある時期から激しい競争が始まります。そこでの勝ち負けについては、同期が一歩先に行ったらみんな喜んで退く、という文化があります。その「細い道」を通れた人、つまり、晴れて課長になった人は、さらなる上に昇っていくための熾烈な本格レースが始まります。なぜなら、課長になってようやく政治家との関係が出てくるからです。そこから急に...【佐藤優】どの上司に評価されたか~官僚の掟(7)~

  • 【佐藤優】「影の総理」の生涯

    ★菊池正史『「影の総理」と呼ばれた男野中広務権力闘争の論理』(講談社現代新書、2018)小淵恵三政権で内閣官房長官、森喜朗政権で自民党幹事長をつとめ、政界に強い影響力をもった野中広務氏(1925~2018年)に関する優れた評伝だ。野中氏は保守政治家であるが、本気で平和を希求した人物だった。(中略)日本が戦争に巻き込まれることがあってはならないという信念から、野中氏は北方領土問題に関しても、四島一括返還にこだわるべきでなく、柔軟に対処したほうがいいと考えていた。野中氏が官房長官、自民党幹事長をつとめていた時期に、評者は2~3ヵ月に1回、非公式に会見していた。当時、野中氏は高輪の衆議院議員宿舎に住んでいた。宿舎に戻り「今日はもう部屋から出ない」と言って、SP(警護官)を帰した後、高輪プリンスホテルのレストランにやっ...【佐藤優】「影の総理」の生涯

  • 【佐藤優】官僚は年次がすべて  ~官僚の掟(6)~

    なぜ、官僚の世界はそれほどまでに「競争なき世界」なのでしょうか。答えを先に言ってしまうと、官僚にとっては年次がすべてになるからです。とくにキャリアは入省が一年違えば、天国と地獄と言われます。体育会の先輩後輩どころの差ではなく、まさに軍隊における将校と兵隊ほどの階級差にも匹敵します。それはノンキャリにも当てはまることで、若いころは先輩から仕事を教わることばかりで、その結びつきはきわめて強い。年次がすべてという理由は、エリート集団の中で激しい競争でもされたりしたら、人材の潰し合いになって、組織としての機能不全を起こしかねないからです。府省への入り口で難関試験を突破した後に指標となるのは、まさに年次のみです。それは進学校の中における「棲み分けの論理」と似ているように思います。たとえば、灘とか私立武蔵とか県立浦和では基...【佐藤優】官僚は年次がすべて~官僚の掟(6)~

  • 【佐藤優】官僚に「落選」はない  ~官僚の掟(5)~

    さて、2017年度の日本の一般職の国家公務員は、約28.5万人です。30万人にも満たない極めて狭い世界です。このほか国家公務員法が適用されない特別職が約29.9万人、その中では自衛官が24.7万人ぐらいいます。一方、地方公務員は約273.9万人。窓口業務などで直接、市民や社会と接する機会が圧倒的に多いからこのボリュームです。それと比べても、国家公務員はひとにぎりの特殊な世界の住民です。さらに医師と比べてみると、その少なさは一目瞭然です。医師国家試験は約1万人が受験し、約9千人が合格しているから合格率は9割です(2018年3月)。するとこの9千人が、職業として医師を50年ぐらい務めるとすれば、ざっと40数万人の医師がいると考えられます。それに対して、外交官なら毎年約70人が試験に合格して、35年勤務するとして、在...【佐藤優】官僚に「落選」はない~官僚の掟(5)~

  • 【佐藤優】安倍長期政権を維持する鍵

    ①瀧澤弘和『現代経済学ゲーム理論・行動経済学・制度論』(中公新書880円)②池田浩士『ドイツ革命帝国の崩壊からヒトラーの登場まで』(現代書館3,000円)③田中秀明『官僚たちの冬霞が関復活の処方箋』(小学館新書800円)(1)①は、現下の経済学の潮流を分かりやすく解説した好著だ。<現在では、科学研究の本質は法則探求にあるのではなく、むしろメカニズムの解明にあると考える哲学者が登場してきている。実際、本書でこれまで述べてきたことからも明らかなように、経済学においても、普遍的法則と明確に呼べるものはほとんどないことがわかるだろう>と瀧澤氏は指摘する。経済学は、人間を対象とする社会科学の一分野だ。従って、法則を定立するよりも、個性を記述することの方が重要になる。このアプローチは、19世紀末から20世紀初頭にかけてアカ...【佐藤優】安倍長期政権を維持する鍵

  • 【佐藤優】ソ連官僚の鉄のモラル   ~官僚の掟(4)~

    官僚社会では、身分保障がしっかりしています。ぬるま湯で、コップの中の嵐はしょっちゅうあるけれど、総じて守られている世界です。あのソ連が1991年に崩壊するまで持ちこたえられたのもまさに官僚制によって支えられていたからです。どういうことかというと、ソ連の官僚はモラルが高くて、あの共産主義体制を実現することが、人生の目的だと本気で考えている人が多かったのです。それだから、給与はぜんぜん上がらなくても、出世できなくても、「エリートというものは人民や社会のために働かないといけない」と鉄のようなモラルがあり、それが強かったのです。その意味においては、聖書の中の「使徒言行録」20章35節にある「受けるより与える方が幸いである」というイエスの言葉をまさに地で行く人たちが多かった。言い方を変えれば、共産主義というのは、世俗化さ...【佐藤優】ソ連官僚の鉄のモラル~官僚の掟(4)~

  • 【佐藤優】競争の土俵に上がらない  ~官僚の掟(3)~

    小泉改革以来、新自由主義の浸透した我々の社会には、成果主義と競争原理が持ちこまれ、富裕層と貧困層の格差が広がり、能力主義による実力の差が可視化されるようになりました。東日本大震災以来、「絆」や「人とのつながり」ということが強調されるのは、そう言わなければならないほどに、人間関係のギスギスした社会が出来してしまったからと見ることができるかもしれません。ところがそんな社会の中に、ほんの一部だけに張られた。ある種の「結界」のような聖域が残されている。それが官僚の世界なのではないか、とひとまず考えてみます。その中にいれば、絶対に脅かされることのない安全な場所、競争にさらされることもなく、ひとたびそこに入ってしまえば自分を守ってくれる「あたたかい世界」であること。第三者的に見れば、官僚というのは、常にモラルも金銭感覚も、...【佐藤優】競争の土俵に上がらない~官僚の掟(3)~

  • 【佐藤優】自殺の大蔵、汚職の通産、不倫の外務

    キャリア、ノンキャリア(一般職、専門職)ともに、いったん採用されると、重大な刑事事件でも起こさない限り、安泰な役人生活を送ることができます。役所は居心地の良い場所なのです。その意味についてはすぐ後で説明します。いずれにしても、必然的に役所内の流動性は低くなります。流動性が低くなると、そこにいる人たちの共通の価値観を反映したローカル・ルールが生まれます。そうしたルールを土台にして、長い年月を経て「官僚独自の文化」ができあがっていきます。明治時代から続く官僚階級には、すでに独自の文化が形成されていると言えます。たとえば「自殺の大蔵(財務省)、汚職の通産(経産省)、不倫の外務」という言い方があります。この慣用句からは、この三省がそれぞれ、どこに神経をとがらせているかが分かります。大蔵省はメンタルが弱いことに関しては寛...【佐藤優】自殺の大蔵、汚職の通産、不倫の外務