こんにちは浦田関夫です
住所
唐津市
出身
唐津市
ハンドル名
浦田関夫ですさん
ブログタイトル
こんにちは浦田関夫です
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kmjcp/
ブログ紹介文
浦田関夫です
自由文
地域の情報を自由に発信しています。
更新頻度(1年)

231回 / 177日(平均9.1回/週)

ブログ村参加:2009/12/19

浦田関夫ですさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(IN) 28,659位 27,717位 29,974位 24,611位 26,996位 26,893位 26,835位 969,466サイト
INポイント 0 10 0 10 10 10 10 50/週
OUTポイント 0 0 0 10 10 0 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 1,569位 1,576位 1,597位 1,531位 1,558位 1,556位 1,560位 32,829サイト
山・森林写真 9位 8位 9位 8位 9位 8位 9位 153サイト
政治ブログ 281位 277位 285位 260位 279位 275位 283位 4,532サイト
政治家(市区町村) 31位 31位 30位 28位 28位 29位 30位 474サイト
地域生活(街) 九州ブログ 135位 126位 136位 111位 123位 122位 122位 8,741サイト
唐津情報 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 49サイト
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 65,486位 68,450位 61,615位 56,193位 60,968位 67,953位 67,800位 969,466サイト
INポイント 0 10 0 10 10 10 10 50/週
OUTポイント 0 0 0 10 10 0 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 2,712位 2,823位 2,722位 2,571位 2,714位 2,792位 2,788位 32,829サイト
山・森林写真 12位 13位 13位 14位 14位 15位 15位 153サイト
政治ブログ 507位 522位 464位 403位 456位 502位 510位 4,532サイト
政治家(市区町村) 52位 55位 44位 38位 43位 51位 52位 474サイト
地域生活(街) 九州ブログ 402位 428位 367位 305位 352位 397位 405位 8,741サイト
唐津情報 2位 2位 2位 1位 1位 2位 3位 49サイト
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,466サイト
INポイント 0 10 0 10 10 10 10 50/週
OUTポイント 0 0 0 10 10 0 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32,829サイト
山・森林写真 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 153サイト
政治ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,532サイト
政治家(市区町村) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 474サイト
地域生活(街) 九州ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,741サイト
唐津情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 49サイト

浦田関夫ですさんのブログ記事

  • 誠実な答えになっていない

    神集島をよくする会の皆さんが「補助金事業の在り方」について、昨日、峰達郎市長から回答書が会の代表に農林水産部長から手渡されました。一言でいえば、実績報告書を優先し、市がおこなったアンケート調査は「不正があったとの証拠とすることは難しい」とアンケート調査を無視するものです。アンケート調査をした目的は、事業が適正に行われたかどうかの「事実確認」のためでした。それを「回答された方の記憶がさだかではなかった」と無視していますが、清掃作業で「日当を受け取っていない」と回答が72%にも及んでいる事実をみれば、アンケート調査を無視するのは無理があります。そうであれば、アンケート調査に税金を使うことは「無駄遣い」をしたことになり、そのことへの言及はあっていません。もう一つは、受領印としての「印鑑の使いまわし」の件です。市は、ま...誠実な答えになっていない

  • ひまわりの種まき

    昨日は、休耕田に「ひまわり」の種まきをしました。午前中、佐賀で全県議員団会議を終えて、唐津の事務所でお仕事。少しは早めの5時に帰宅して農作業スタイルに。今播くと、唐津くんちごろ(11月中旬)に、写真のような開花が楽しめる予定です。秋の「ひまわり」を演出したいと思っています。それにしても、農作業は疲れます。帰って、お風呂に入り「缶ビール」一杯。その後は(^o^)ノ<おやすみー。ひまわりの種まき

  • 昭和天皇の反省

    昭和天皇が戦後、戦争への後悔や退位の可能性を繰り返し言及していたことが、今朝の佐賀新聞に載っています。初代宮内庁長官の故田島道治氏による昭和天皇との詳細なやりとりを記した資料が公開されたからです。昭和天皇が、自己弁護を重ねつつも、戦争への「反省」を表明しようとして、吉田茂首相(当時)らから「止められた」ことなどが書かれています。この時に「反省」の表明があれば、今日の「戦争賛美」はなかったのではないかと思われます。昭和天皇の反省

  • 「人形浄瑠璃」講演会

    昨日は、11時から唐津人形浄瑠璃保存会の定期後援会に海浜館(虹の松原)へ行ってきました。主催者である竹本鳴子さんは、九州では唯一の浄瑠璃指導者であります。今年は、昨年に続いてニューヨーク公演をなさっています。今年になって、1年桁山幸太さん(久留米大2年)が。母娘の切ない出会いを描いた人情話「傾城阿波鳴門(けいせいあわのなると)を4月のデビューした時よりも、親と名乗ることができない母親の葛藤を感情豊かに演じていました。お昼は、海浜館で昼食です。昼からは、地域の共同作業で、草払いをしました。夕方からは、近所の「親睦会」と忙しい一日でした。「人形浄瑠璃」講演会

  • 肥前長野駅

    梨の生産で有名な伊万里市大川野へ行ってきました。そこに、古い駅舎を見かけました。JR筑肥線「肥前長野駅」です。開通1935年(昭和10年)といいますから84年が経過す木造の趣の建物です。地域の皆さんが丹念に管理されていて、当時の面影を感じることができました。肥前長野駅

  • 警告が現実に

    私が、先日「旨い話には注意を」と書きましたが、昨日の佐賀新聞に「約50万円だまされた」と記事が載っていました。みなさん「そんなに旨い話はありません」だまされないようにしましょう。その方は、「3億円が当選者様となられました。お受け取りください」というメールが配信に、「振り込みには保証金2000円が必要」と2000円を振り込まれると、次に「保証金・延滞金」名目で約50万円を振り込んだというものです。それでもお金の請求がきたので警察に相談したところ詐欺が発覚したというものです。私ににもその後、別のアカウントからメール約200通が送りつけられましたので「ブロック」をかけました。警告が現実に

  • お盆も終わり

    怒涛のような三日間のお盆も終わりました。13日は、早朝から「初盆参り」と夜は、近所の方の「お通や」に参列。14日は、その葬式。15日は、台風接近と知人のお葬式。台風10号は、各地に大きな被害を及ぼしていましたが、私の住んでいる唐津地区には大きな被害は発生していません。終日、雨は降りましたが風は吹きませんでした。今日から仕事。気分転換に何処かにでかけたい気分です。お盆も終わり

  • 74回目「終戦の日」

    今日は、先の太平洋戦争に日本が敗れた74回目の終戦日です。アジアと日本に多大な犠牲を押し付けた戦争でした。戦争は、どんなことがあっても繰り返してはならない、何時までも「戦後」であって欲しいと願い、その実現に努力することを誓うものです。戦後の痛恨の歴史から「日本国憲法」が生まれ、日本は、「武力による国際紛争する手段としてこれを放棄する」(9条1)「前項を達成するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」(9条2)と世界に宣言したのです。先の参院選挙の結果は、改憲発議勢力は3分の2に達しませんでした。「終戦日」というこの日に、今一度平和について考えては如何でしょうか。台風10号は、唐津地方はどうにか避けて通り過ぎそうです。74回目「終戦の日」

  • 大浦棚田では稲刈り

    大浦の棚田ではコシヒカリの稲刈りが最盛期を迎えています。4月末に植えた稲がたわわに実り、台風前に終えようとお盆返上で猛暑のなか稲刈り作業が続いています。超大型の台風10号は15日に唐津地方に来そうです。大きな被害が発生しないよう願うばかりです。大浦棚田では稲刈り

  • 初盆参り

    今年も「お盆」を迎えました。昨年から今年にかけて多くの大切な方がお亡くなり「初盆」を迎えられます。今日は、そのような方の仏壇に手を合わせます。台風の動きも気になりますが、今日も猛暑が続きそうです。初盆参り

  • 3億円当選のお知らせ

    昨日、「AUからとおもわせるメール」がありました。「3億円が当選者様となられました。お受け取りください」というものです。「あんな旨い話があるわけがない」と思いつつ、「どんな手口なのですか」と興味がわき、指示に従って進むと「振り込みには保証金2000円が必要」というものです。それは、「全額返金保証」と念の入った事です。無視していると「期限までに対応しないと当選の権利の放棄だけでなく、あなた様と家族様を含めてブラックリストに記載される」と脅してきています。振り込む期限のカウントダウンまで表示されています。みなさん。うまい話はありません。こんな手に騙されないようにしましょう。3億円当選のお知らせ

  • 25年ぶりの出会い

    先日、気分転換に県立名護屋城博物館に珍しい「トイレ」をテーマにした特別展があっているというので出かけました。迎えてくれた受付の女性の方が「あら浦田さん」と突然声をかけてもらいました。この方とは、以前勤めていた安田火災肩でした。実に25年ぶりの再会でした。出かけることは出会いをつくることですね。以下は、博物館の概要説明文です。人の生活に欠かせないものの一つに「トイレ」があります。ヒトは、生きていくうえで飲食が必要不可欠であると同時に、排泄もまた欠かせない行為の一つです。古くは、排泄の場として川などが選ばれていましたが、次第に厠や雪隠、トイレといった排泄のための施設が整備されていきます。人類の歴史は、まさにトイレとともにあったといっても過言ではないでしょう。しかし、全国に数多くある遺跡の中で、「トイレ」が発見される...25年ぶりの出会い

  • 原水禁大会へ

    昨日は、核兵器廃絶を求めて長崎市民会館体育館へ「原水爆禁止2019年世界大会・長崎閉会大会」へ唐津から16人がマイクロバスで参加しました。会場には、海外からも多くの政府NPO代表などとともに、北は北海道、東北、東京、大阪、中国地方からも沖縄からも集まって5000人の集会となりました。「核廃絶」運動を広げることを誓い合いました。来年は、「原水爆禁止世界大会」をニューヨークで初めて開催することが決まっています。核兵器廃絶の運動が世界へ大きく広がっていることを実感した大会となりました。集会後、「長崎原爆資料館」へ久し振りに見学しました。外国の方や若者を中心に多くの入場者で、熱心に展示物を見ておられました。私も、微力ですが無力ではありません。「平和の種を播く人」になりたいと思います。原水禁大会へ

  •  核廃絶を求めて

    今日は、74回目の長崎原爆投下の日です。世界から核廃絶を求める世界大会が長崎で開かれます。毎年のように参加しています。鎮魂と平和の願いを祈りましょう。今朝の佐賀新聞によると、「唐津原爆被爆者の会」が8月末をもって解散すると報じています。61年の語り部活動に終止符が打たれます。高齢化と後継者不足だそうです。被爆者の医療や福祉の支援、核廃絶への運動にも積極的に参加されていました。会の意思を引き継ぐためにも私たちが頑張らなければと思います。写真は、近所の休耕田で満開を迎えたひまわり畑です。核廃絶を求めて

  • バラと蛙

    バラの花にカエルが遊びに来ました。バラと蛙

  • 真の「橋渡し役」を果たして欲しい

    広島は昨日、74回目の原爆の日を迎えました。広島市の平和記念公園では、市主催の「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」が開かれ、被爆者や遺族ら約5万人が参列しました。松井一実市長は平和宣言で、日本政府に対し「唯一の戦争被爆国として、核兵器禁止条約への署名・批准を求める被爆者の思いを受け止めて」と訴えました。しかし安倍首相は広島での記者会見で、「現実の安全保障の観点を踏まえていない」と、署名・批准に否定的な考えを示し、トランプ大統領の「米ロの中距離弾道弾廃棄条約」失効に関しても理解を示したといいます。安倍首相は、「核廃絶に向けて、唯一の被爆国として核保有国として橋渡しをする」としていますが、米国側に立ての「橋渡し役」では世界の理解は得られないのは明白です。日本は、唯一の被爆国の優位さを活かして、世界の視点に立った真の「橋...真の「橋渡し役」を果たして欲しい

  • 今日8月6日は何の日

    今日は、8月6日です。広島に原爆が投下され74年となります。核廃絶の世界的な世論が広がる一方で、核兵器へこだわる国も多くあります。日本も世界で唯一「被爆国」ながら、アメリカの「核の傘」の道を歩いています。アメリカで、「銃乱射事件」が後を絶ちません。銃によって守られる「安全」は本当の「安全」と云えるのでしょうか。核兵器で守られる「平和」は、危険との背中合わせです。核廃絶へ一歩一歩進めたいものです。最近のマスコミは、平和の記事が少なくなったような気がするのは私だけでしょうか。一昨日の日曜日には、唐津子どもクラブ主催の「ドッチビー」(男子)と「ミニバレー」(女子)の試合を鏡小学校と鏡中学校にお邪魔しました。いずれも体育館でのゲームでしたが、元気に試合をしていました。最近は、子どもはいても「子どもクラブ」がないところも...今日8月6日は何の日

  • 住民団体が「質問書」

    昨日は、神集島住民の方が峰達郎市長に「質問書」を提出されたので同行しました。離島漁業再生支援事業の交付金の実績報告書と市が昨年2月に行った「市民アンケート調査」にかい離があることについて7項目の質問をされています。回答期限日を20日としています。質問書を受け取った、吉村農林水産部長は「真摯に受け止めて回答したい」とのべました。今、6時ですが外は薄暗く風も穏やかです。台風前の静けさでしょうか。大きな被害が出ないことを祈っています。住民団体が「質問書」

  • お墓掃除

    お盆前に、浦田家の墓掃除に出かけました。浦田家は、私で4代目です。そのご先祖様が眠っているお墓掃除です。草払い機で除草し、箒かけをします。カマキリが私の作業をジッと見つめていました。長さ1㍍以上も長い蛇の抜け殻も迎えてくれました。蛇の抜け殻は毎年見かけます。ここに住んでいるのでしょうか。30分ほどの作業に汗びっしょりでした。それでも清々しい気分になりました。お墓掃除

  • 暮らしに役立つ赤旗「日曜版」

    広島・長崎へ原爆が投下され74年。核兵器廃絶を求める声は世界中に広がっています。その運動を支える内容が赤旗「日曜版」(8月4日)のトップを飾っています。36ページもある紙面では、政治経済だけでなく暮らしに役立つ内容や子供から高齢者まで楽しめるページが満載です。「家族そろって読める」と新聞です。広告がほとんどない新聞ですから、内容がぎっしりと詰まっています。しかも「国民の目線」で書かれています。あなたも一度読んでみませんか。週一回お届けして、930円(月)です。「見本祇」が欲しい方は無料でお届けします。ご連絡ください。お待ちしています。暮らしに役立つ赤旗「日曜版」

  • 冷静な対応を求めます

    安倍政権が行った対韓輸出規制拡大の閣議決定は、負の連鎖がまっています。民間の交流事業の中止、日本製品の不買運動も報じられています。冷静話し合いを求めるものです。日本の過去の「徴用工問題」という政治的紛争の解決の手段として貿易問題を使うことはすべきではないと考えます。「足を踏まれた人は一生忘れないが、踏んだ人間はその痛みを感じない」というたとえがあります。安倍政権は、冷静な対応を改めて求めるものです。冷静な対応を求めます

  • 多様性の社会へ

    今朝の新聞では、参院選後初の臨時国会が1日に開かれ、れいわ新選組から初当選した、重度の身体障害のある参議院議員2人が車いすで初登院したことが写真入りで報じられています。筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者で、れいわ新選組から当選した舩後靖彦議員と脳性まひを患う木村英子議員は、新しい一歩を国会の場に踏み出しました。障害を持つ方々の希望の代表として期待すると同時に私たちも応援できることは応援したいものです。多様性の社会は、民主主義の発展に欠かせません。多様性の社会へ

  • 今日から8月

    今日は8月1日です。何気なく新聞(佐賀)を開くと何時もと違う感覚。「あなた、『赤旗』読んでいるのでは」と妻から声をかけられました。しんぶん赤旗日曜版は、以前から「タブロイド判」(普通の半分)でした。今日の佐賀新聞が「タブロイド判」でした。何時もより小さい新聞に新鮮な感じがしました。一方で、読みなれた紙面と違いに戸惑いもあります。赤旗日曜版が小さくなった時も戸惑いがありました。一方で、文章がコンパクトにまとまって読みやすくずーっと愛読しています。何時もの佐賀新聞は、「右開き」なのに、なぜか「左開き」です。なれれば、タブロイド判がいいと思います。発刊130年。チャレンジする佐賀新聞に期待します。今日から8月

  • 夏休み宣言

    週2日、神田と産業道路で「朝の挨拶」(スタンデング)をしています。外気温が30度を超すようになり、来週から当分「夏休み」をします。多くの方からのご支援に感謝申し上げ、涼しくなったら再開します。それまで、静かに暑さに耐えてまいります。夏休み宣言

  • 近代図書館で「忙中感」

    私は月1回、近代図書館に行くのが楽しみです。ここでは、色々な催しがされているからです。昨日は、書の大家「中林梧竹」展を見ることができました。私は、書をたしなんではいませんが、書は何かを訴えるものを感じます。「鎮國之山」は梧竹さんが70歳で富士登山をされ、その時頂上に記念碑を建てられたものだそうです。チラシの文字は「海外飛香」と書いてあるそうです。意味は、梅の香りが海外まで届くように」との思いで書かれたそうです。(私の解釈)この「海」の下に「水」を書かれています。ここにも、梧竹さんの意思が表れているのではないかと思いました。そのほかにも、感動する「書」に出会うことができました。学芸員さんの説明を受け今度は、小城市の「中林梧竹記念館」へ行ってみたくなりました。8月4日までです。200円で「お値段以上心の豊かさ」を感...近代図書館で「忙中感」

  • 安全対策か景観優先か

    唐津市の国特別名勝「虹の松原」を走る県道で、7月20日軽乗用車が折れた松に衝突して男児(11)が死亡する事故が起きました。この事故を受けて唐津土木事務所は、交通事故発生直後から道路を封鎖しました。土木事務所は、条件付きで26日、通行止めを解除しました。土木事務所は約280本の松が「通行に支障となる可能性がある松がある」とし伐採を計画しています。(道路沿線の松にピンクのテープで巻かれているのが対象木です)虹の松原の樹木伐採は、国から権限委譲を受け文化財保護法に基づき市教育委員会の許可が必要です。一方、県道は土木事務所が管理しており、「道路上に落下する障害物があれば危険」として安全対策の観点から伐採を求めています。市教委は「虹の松原は市民が400年守り続けた貴重な景観」として伐採を認めてこなかった経緯があります。死...安全対策か景観優先か

  • 映画「新聞記者」

    昨日は、午後から映画「新聞記者」を見に佐賀大和イオンシネマへ出かけました。多くの映画ファンが色々なジャンルの映画を見に来られていました。私たちは、55歳以上1100円で観ることができました。「新聞記者」は東京新聞の望月記者をモデルにしたものですが、獣医学科の大学設立に絡んだものです。新聞社は内閣府の圧力と正義のはざまで揺れ動き、内閣府の職員は、政府のロボットとして動いています。「自殺」という手段で抵抗する職員はももみ消され、その部下の一人が疑問を持ち立ち上がりますが・・・。一緒に見た妻は「物足りなかった」と云っていましたが、何回か見ると映画が伝えかかった事が判ってくるのではないかと思います。何時もですと、最後のシーンが終われば、視聴者はゾロゾロと退席するのですが、この最後のシーンが終わって、出演者やスタッフの名...映画「新聞記者」

  • 完全オフ?

    今日は、昨年11月からはじまった知事選、3月の県議選、4月の伊万里市議選、7月の参院選と9か月間に選挙を4回こなしてきました。暫くは「休める」と思っても次から次に課題が出てきます。今度の日曜こそ「完全オフ」と思っていましたが、田んぼなどの草払い作業が待っていました。朝7時から9時まで炎天下に3時間、草払い機での重労働にクタクタになりました。(体力の衰えを実感)30分ほど「死体」のように転がって、やっとのことでお風呂に入り、冷たい「イチゴ牛乳ジュース」を頂き、パソコンの前に座っています。昼からは、映画「事件記者」を見に佐賀大和へ出かけようと思っています。完全オフ?

  • 北波多の夏祭り

    昨夜は北波多の夏祭りがおこなわれた北波多中学校運動場にお邪魔しました。合併前の40年も続く「夏まつり」だそうです。入り口で団扇を配布していた人に聞くと「2000枚用意したけれどなくなった」とおっしゃっていました。色々な出店と出し物が夜9時までおこなわれ、600発の花火が夜空を彩りました。私は、妻の親戚のお家で恒例のBBでした。北波多の夏祭り

  • 監督の采配

    夏の甲子園での高校野球選手権大会県代表が各地で次々と決まっています。佐賀県では、佐賀北が鳥栖を4-1で下して5年ぶり5回目の甲子園出場を決めましました。佐賀北の監督である久保監督さんは、自らも2007年に甲子園に出場し優勝しています。今度は、監督として甲子園出場は感慨もひとしおだと思われます。活躍を期待します。一方で、岩手県大船渡の国保監督さんは、選手の故障の防止を理由に全国注目の佐々木投手を出場させず試合は、花巻東に2-12で、甲子園出場の夢は叶いませんでした。佐々木投手が投げれば甲子園出場ができたかもしれません。佐々木投手の体調を気遣っての起用とのことでした。「甲子園出場か選手の将来か」と監督さんとしての葛藤があったものと思われます。高校野球では、投手の出来不出来で勝敗に大きく左右するといわれ、「連投」が問...監督の采配