chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • 「むべ」の実

    やっと国会が始まりました。岸田首相が所信表明で、コロナ対応について、「行動制限を行わずに今年の夏を乗り切れた」とのべ、郊外でのマスク着用は不要とコロナが終わったような発言です。「第7波」で1万3千人を超える犠牲者を出しています。冬に向けて、医療提供体制の抜本的強化が急務ではないでしょうか。今日は、決算特別委員会3日目です。私は、午後一番ぐらいに登壇予定です。写真は、「むべ」です。鶏卵より大きい楕円形の実が熟してきました。むべを割ると半透明の粘りのあるゼリー状の果肉と種が詰まっていてます。「とろ~っとした」ほんのり甘く素朴な味が楽しめます。甘いものがなかった幼少の頃は山に出かけたものです。長寿を祝う贈り物にもいいそうです。理由は、「むべ」の実は開くことはありません。そのために実に虫がつかないので喜ばれます。...「むべ」の実

  • 陳謝

    昨日は、決算特別委員会初日でした。冒頭、峰市長は、消防職員の飲酒運転での検挙を受けて「市民の生命財を守るべき消防職員にあってはならない事」と陳謝しました。峰市長が、頭を下げると、幹部職員も起立して一同に頭を下げました。幹部職員は、峰市長が自席に着席するまで立っているかと思ったら、一部の幹部職員は、頭を下げたら、峰市長より早く着席。形だけの幹部職員の態度に「本気度」が疑われる瞬間でした。ヤクルトの村上宗隆内野手が3日、待望の56号本塁打を放ち、1964年に王貞治選手が記録した日本選手シーズン最多本塁打55本を58年ぶりに塗り替えました。しかも22歳という若さです。王選手が55号のホームランを放ったのは33歳の時です。しかも四冠王(ホームラン・打率・打点・出塁率)です。当初、56号を放ったら「1億円の家を贈呈...陳謝

  • 「赤獅子」総修復の完成披露

    昨日は、唐津一番曳山「赤獅子」の総修復完成を祝う式典に参加しました。唐津シーサイドで式典には、約100人が参加しました。赤獅子の修復は33年ぶり7回目ので、小西美術工藝社(東京)が担当しました。小西美術工藝社の社長は、「伝統芸術や伝統技術を継承するためには、こういった仕事をさせて頂くことが大切」と話されました。修復された「赤獅子」を見ることはできませんでしたが、曳山にかける思いが伝わる式典でした。「赤獅子」総修復の完成披露

  • 朝起きは三文の徳

    朝晩は、寒さを感じるようになりました。今朝の散歩コースでは、コスモスが満開で、ススキも頭を垂れていました。地上には、栗が落ちていました。「早起きは三文の徳」です。朝起きは三文の徳

  • 孫の寝顔

    海外にいる息子から誕生したばかりの孫の写真が届きました。とても幸せそうに寝ている姿をみると癒やされます。100人近い方からお祝いのメッセージを頂き感謝しています。安らかな生長を見守ってまいりたいと思います。孫の寝顔

  • 鶏頭の花

    秋真っ最中です。鶏頭の花が盛りを見せています。鶏頭の花

  • 3男に女子誕生

    今朝、目が覚めてスマホを開くと海外に住む3男から「無事生まれました」と母子の写真が届いていました。一週間ほど早く生まれました。3男夫婦にとっては、初めての子どもです。私たちにとっては、6人目の孫になります。女の子です。何日も前から、子ども用のベットも用意して準備万端でした。朝から幸せな気分です。3男に女子誕生

  • サップⅡ

    先日サップをした写真を追加します。サップⅡ

  • キウイフルーツ初収穫

    キウイフルーツを裏山に植えて3年目で実を付けました。昨年は、3個でしたが、今年は数えきれません。昨日、大きいのから試しに収穫しました。ビニール袋にバナナと一緒に暫くすると柔らかくなって美味しくなります。キウイフルーツ初収穫

  • 最後まで「国葬反対」

    昨日は、安倍元首相の国葬が2時から行われました。唐津では、12時から市民30人が集まり「国葬反対」のアピールをしました。世論が「国葬反対」が「賛成」を上まわっています。「決まったことだから」「今さら反対しても」という声もありますが、「ダメなものはダメ」の声を上げるのが民主主義です。県内多くの市町が「自主的に半旗」を掲げるなか、唐津市は、「半旗や黙祷の要請はしない」と9月議会の私の一般質問で濱口総務部長は答弁しました。私はマイクで「唐津市の決定は、市民運動の現れ」と表明しました。集会後の参加者で、歩道の除草作業を行いました。最後まで「国葬反対」

  • 志位委員長から唐津市にお見舞いの電報

    昨日は、9月議会最終日でした。控え室でホッとしていると、峰達郎市長が入ってこられ「志位委員長からお見舞いの電報を頂きありがとうございました」とお礼を言われました。志位委員長が、台風14号の被災地に「お見舞いの電報」を送っていたことは承知していましたが、唐津市に送っていたとは知りませんでした。写真は、唐津市長に送られた電報です。志位委員長から唐津市にお見舞いの電報

  • 朝の挨拶に井上県議が合流

    昨日は、県議会が終わったばかりの「井上ゆうすけ県議」が、朝の挨拶に合流してくれました。参加者が多いほど元気がでます。昨日の朝は、県議に立候補が報じられた市議が、我が控え室に挨拶に来て頂きました。そんな話しを他会派の議員と話していたら、自民党のK市議も「朝の街宣」を続けているということでした。「臨場戦場」の感がヒシヒシと伝わってきます。今日は、安倍元首相の「国葬」です。国葬反対のアピール行動を裁判所前周辺でこないます。雨天決行だそうです。朝の挨拶に井上県議が合流

  • 玉鷲関の最年長優勝

    昨日の大相撲で、37歳10ヶ月の玉鷲関が二度目の優勝をしました。一敗の差で挑戦する高安関を気迫の相撲で土俵外へ一気に押出ての優勝です。大相撲の世界は入れ替わりが激しく、37歳という年齢は最長です。最年長優勝には感動しました。しかも、今場所中に通算連続出場歴代3位となった鉄人です。玉鷲関には、40代まで土俵にのぼり、「やればできる」姿を見たいものです。今日は、9月議会最終日ですが、引き続き「決算議会」が10月14日まで続きます。写真は、海岸通りに(唐津港湾合同庁舎前)に新西唐津公民館ができつつあります。玉鷲関の最年長優勝

  • 散歩を再開しました

    散歩を涼しくなったので再開しました。朝焼けが輝いていました。道路には、ど根性鶏頭の花が満開です。農道には、台風で野栗が落下、折れた枝が散乱していました。玄海原発からの「避難道路」の工事が進んでいます。今日は、決算議案の質疑項目の精査にかかります。孫達は、今朝帰るそうです。短時間の賑やかさでした。散歩を再開しました

  • 初めての「サップ」体験

    生まれて初めて「サップ」に乗りました。昨日、孫たちが「サップ」をするということで、ついて行きました。少し波があってて、素人には無理でした。それでも挑戦しましたが、あえなく「沈没」浜辺で、孫達がスイスイ波に乗って沖にこいでいる姿を羨ましく見物して満足でした。とても良い経験をさせてもらいました。初めての「サップ」体験

  • 窓辺の風景

    私の仕事場の窓辺から見える風景です。彼岸花が咲いています。窓辺の風景

  • 秋分の日

    昨日は、「秋分の日」でした。暑さ寒さも彼岸までといわれますが、朝は20度を下回るようになりました。午後から「彼岸ごもり」が地域の氏神様(田島神社)で執り行われました。私は神事の後に、「市政報告」の時間を頂き、「新市民会館」の話しをしました。今朝の新聞は、「長崎新幹線開業」を伝えています。私が気になったのは、東京五輪で「贈収賄がマスコット販売」まで広がっていることです。スポーツの祭典を、私腹を肥やす祭典になっています。秋分の日

  • 大浦地区

    天気が良かったので、大浦地区に車を約一時間走らせました。展望台から眺める、広大な棚田の山頂には風力発電が電気をつくっています。海辺には、真珠養殖のイカダが浮かび、レジャーボートが係留されています。遠くには名村造船所が見えます。こんな大浦地区の風景が私は好きです。大浦地区

  • サルが出没

    昨日、防災メールで我が地区に「サル目撃情報」が流れました。「ついに、我が地区にもサルが押し寄せてくるのでは」と不安がよぎりました。サルは、現在のところ「一頭」ということですが、「納屋に寝ていた」「昼間、道を堂々と歩いていた」という情報が次々に寄せられました。猟友会の人もでて、探索に当たっておられます。我が地区に、イノシシが出現してから「爆発的に増え」被害が増え、電気牧柵やワイヤーメッシュでの囲い対策をしても、被害が減りません。😂収穫前の作物に悪さをしますから、農家にとっては致命的になります。我が地区には、畑やミカンなどの耕作があるため、「残さ」が彼らの食料として豊富にあることが、増える原因の一つとされています。地域一帯となって「追い払い対策」が必要になってきます。サルが出没

  • 新庁舎の地下

    先日、新庁舎の地下がどうなっているか気になったので、職員さんにお願いして見せてもらいました。新庁舎は地震に備えて、「耐震」か「免震」かでかなり議論がありました。当初は、「耐震」の方向でしたが、価格は高くなりますが「免震構造」に決まりました。免震構造は、建物と地盤の間に免震層として「免震装置」を設置し、地震エネルギーを免震層で集中的に吸収することで免震層より上部の建物への地震エネルギーの伝達を遮断し、建物の揺れを大幅に低減します。大地震でも建物被害はほとんどなく、建物内部の被害(家具の転倒、収容物の損傷)を最小限に留めることができます。日赤唐津病院も「免震構造」が採用されています。地下には、基礎の柱部に大人2人で手を繋ぐくらいの大きい「丸いゴム製」柱の下に取り付けられていました。それが無数に設置されていまし...新庁舎の地下

  • 現地視察

    昨日は、産業経済委員会で「現地視察」でした。予算計上された中で、どんな状況かを見るものです。地滑りで法面が下がり、民家に当たっていました。住んでいる方にとっては、とても心配のことでしょう。一日も早い復旧が必要な事態でした。現地視察

  • 国葬とは

    昨日は、エリザベス女王の国葬を生中継で観ました。日本からも天皇、皇后両陛下も訪れ、ウエストミンスター寺院に入る姿があり、その後にブータン国王夫妻が続いていました。各国首脳が参列し、最後のお別れをしました。女王に最後の別れを告げようと、数十万人が沿道を埋めたそうです。この映像を見ながら、賛否が交差する日本の「国葬」が頭に浮かびます。必要な説明や手続きを省き、政府の拙速な決定は、政治不信に際立っています。「国葬」は、エリザベス女王のようにとまではいいませんが、国民がこぞってお別れができるものでなければと、映像を見ながら思ったのは、私だけでしょうか。今日の天気は、台風一過、晴天です。気温も18度を示しています。今日も、「朝の挨拶」からスタートします。国葬とは

  • 国民の声を聞いて欲しい

    毎日新聞の全国世論調査の結果を公表しています。(9月18日)それによると、岸田内閣の支持率は29%で、8月20、21日の前回調査の36%から7ポイント下落。内閣支持率が30%を切るのは、2021年10月の政権発足以降初めて。前回調査でも前々回比で16ポイント減少しており、下落傾向が続いている。不支持率は64%で、前回(54%)より10ポイント増加です。また、自民党の支持率も前回(29%)から6ポイント低下し23%。内閣支持率や自民党支持率の低下は、旧統一教会の問題や安倍晋三元首相の国葬の開催が影響しているようだ。と毎日新聞は報じています。岸田首相の「聞く耳」と「丁寧な説明」は何処へいったのでしょうか。「異常な円安による物価高」に打つ手は、非課税世帯に「5万円のバラ撒き」だけでしょうか。「年金の引き上げ」「...国民の声を聞いて欲しい

  • 台風14号通過中

    台風14号が夜中に接近し、次第に唐津から離れて行っています。しかし、雨風は相変わらず強く吹いています。大きな被害は発生していません。今朝は、新幹線や地下鉄、高速道路などあらゆる交通機関が止まっています。何時も早朝に届く新聞もお休みです。今日は、「敬老の日」の休日で助かった人も多いと思います。時々、短時間の「停電」が起きています。もう暫くは、外出を控え「我慢の一日」となりそうです。写真は、今朝のわが家の前です。台風14号通過中

  • 台風14号接近中

    大型で猛烈な台風14号が接近中です。皆さん防災の準備はお済みでしょうか。わが家は、庭の鉢植え類を屋内に引っ越しました。外は、嵐の前の静けさで風も雨も降っていません。お昼前から少しづつ影響が出るのではと思っています。被害が最小限に収まることを願うばかりです。不要不急の外出は控えるようにとのことなので、今日明日は、「テレワーク」9月議会報告づくりに専念しようと思っています。写真は、先日有田に伺ったときの写真です。ザクロが鈴なりにビックリで、思わずパチリ。台風14号接近中

  • 党創立100周年

    昨日は、日本共産党「党創立100周年記念講演」をインターネットで視聴しました。志位和夫委員長が「日本共産党100年の歴史と綱領を語る」と題して語りました。日本のなかで、同じ名前で100年間続いているのは日本共産党だけです。戦前の1922年7月15日に産声を上げました。当時の政党の党員になれるのは、「男性のみ」でしたが、党は、女性も党員に迎えていました。日本共産党は、100年前から「男女平等」を貫いてきた政党です。100年間の歴史は、支配勢力から激しい攻撃の連続の歴史でした。その事は、「革命政党」の歴史でもあります。どんな困難にも負けない政党です。これからの100年を見据えた「野党外交」として、日本同じ、発達した資本主義国であるヨーロッパの進歩的政党との交流を深めることを明言しました。ヨーロッパの進歩的政党...党創立100周年

  • 大型の台風接近

    大型で非常に強い台風14号が、18~19日にかけて九州にかなり接近し、上陸する恐れが出ています。19日にかけて、九州北部や太平洋側を中心に記録的な大雨や暴風になる恐れがありそうっです。みなさん、不要不急の外出は控えましょう。私も、庭の植木を今から納屋に緊急避難しさせます。大型の台風接近

  • 「新市民会館」説明

    一般質問が終わった、昨日午後から「全員協議会」が開かれました。協議内容は、「新市民会館建設について」です。説明では、総工事費を62億円から65億円というものです。「身の丈に合った建物」との趣旨からすれば、あまりにも大きな金額です。新庁舎に96億円もかけて建設したばかりなのに、短期間に158億円もの建設費につぎ込む事になります。昨日の佐賀新聞によると、唐津市の実質公債費率は、11.7と江北町の次に悪い指数です。将来負担比率は、115.2と県内で最も悪い数字で、増えています。「財政運営に問題はない」との説明ですが、頼りは、ボートレース収益金とふるさと納税です。「そんな予算があれば、もっと他の事業に回して欲しい」と言う声はたくさんあります。小中学校の特別教室のエアコン設置は4年後です。私が発言したもう一つは、「...「新市民会館」説明

  • 黄色い彼岸花

    車を走らせていると、「黄色い彼岸花」を見つけました。思わず、降りて携帯でパチリ。ホッとする時間です。黄色い彼岸花

  • 今も2人の先生不足

    昨日、一般質問が終わりました。時間配分がうまくいかず、時間が足りませんでした。①安倍元首相の国葬については、「自主的に半旗を掲げたり黙祷を強制することはしない」と総務部長が答弁しました。②教員不足については、現在でも2人が不足している事を教育長が答弁しました。③学校規模のあり方では、小規模校の3地域で協議が進んでいる事と、「特別教室のエアコン設置は、来年度から事業計画に入り、供用開始を令和8年9年となる見込み」であることを教育部長が答弁しました。教育委員会は、県内最低の設置率に子ども達に恥ずかしいとは思わないのでしょうか。④コロナ禍における原発事故の避難所運営については、一避難所が300人を超す所もあるのに「3人一組」を基本に対応」と、答弁しました。足りない場合は、「佐賀県からの応援」と県頼みの答弁でした...今も2人の先生不足

  • 一般質問

    プロ野球ヤクルトの村上選手が今季55号のホームランを樹立しました。1964年に王選手がつくった記録に並びます。米国では、大谷選手が「二刀流」で活躍しています。これからどれくらい、記録を伸ばせるか楽しみです。今日は、一般質問3日目です。私は、3番目に登壇します。11時半前後になるのではと思われます。有線テレビとインターネットで視聴できます。視聴できなかった人は、3営業日以降にインターネットでは何時でも遡って視聴が可能です。質問項目と、質問趣旨を紹介します。1)安倍元首相の国葬について趣旨】法律の定めがないもとで、「国葬」をおこなうのは、「立憲民主主義」の理念に反するとの批判もある。国民に「弔意」を求めることになれば、憲法19条の「思想・良心の自由」の問題になる。市や教育委員会の対応を問う。2)教員不足につい...一般質問

  • 一般質問二日目

    昨日は、月一の「休刊日」でした。早朝の情報収集時間が手持ち無沙汰になり、インターネットに目を走らせます。それでも、物足りない。ヤッパリ「紙」がなじみます。今日の新聞には、一面に「唐津くんち通常開催」「沖縄知事に玉城氏再選」スポーツでは、ゴルフの日本女子プロ選手権で「19歳の川崎大会最年少V」相撲では、「翔猿が照ノ富士撃破」と伝えています。社会面は、「五輪汚職」関連記事。毎朝早く自宅に届けてくれる配達員さんに感謝をしながらページをめくり、最後は「おくやみ」の欄は欠かせません。今日は、一般質問二日目でです。黒木はじめ議員が登壇します。私は、明日3番目の予定です。1)安倍元首相の国葬について2)教員不足について3)学校規模のありかたについて4)コロナ禍における原発事故避難所運営について以上の4項目を予定していま...一般質問二日目

  • 今日から「一般質問」

    昨日おこなわれた、沖縄知事選で玉城デニー現職が再選を果たしました。米軍普天間基地の移設の是非を最大の争点とする沖縄県知事選挙で、名護市辺野古への移設反対を掲げての勝利です。玉城知事は、「自分の信念は1ミリも変わらない」と語っています。沖縄の選挙方式は、「オール沖縄」と云われ、「米軍基地移設」を大きな目標に、保守層を含めた「統一選挙」対「自民・公明」の構図で争われました。国内でも「オール沖縄方式」を広めて、自公政治に終わりを告げる世論が必要です。今日から4日間は、「一般質問」がおこなわれます。「一般質問」は市政全般について、市民の要望や意見を議場で、執行部にぶっつけることができる議員だけの役割があります。定例議会毎に、一問一答方式で70分間フルに使っておこなうことができます。明日が、黒木はじめ議員。明後日が...今日から「一般質問」

  • アトリエまりゑ

    昨日は、有田の棚田の帰りに知人が「窯元を開いている」ということで伊万里市黒川町畑川内へ車を走らせました。田園が広がる農村の一角に「アトリエまりゑ」というギャラリーはありました。農家の納屋を改造した建物です。圧倒されたのは、一筆一筆丁寧に描かれた作品の数々です。ギャラリーから望む四季折々の水田風景と作品がとてもマッチしていました。また、訪ねたい場所です。詳しくは、facebookhttps://ja-jp.facebook.com/atelier.von.marieBloghttp://ameblo.jp/atelier-von-marie/を開設されて、通信販売もしてあります。アトリエまりゑ

  • 有田の棚田

    昨日は、午後3時頃から気分転換に、「棚田撮影」へ出かけました。目的地は、「有田の棚田」です。岳地区の棚田は「日本の棚田百選」に選ばれたほどの絶景地です。景色は、遠くは伊万里市市街も見渡せる展望です。都市部との交流の拠点「棚田の里」は、休館でした。耕作放棄地も多くなって、残念でなりません。有田の棚田

  • 基本中の基本

    また、バスに子どもが置き去りにより、熱中症で女児がなくなりました。福岡の教訓が生かされないのは本当に残念でなりません。牧之原市の認定こども園「川崎幼稚園」の記者会見をテレビで見たいました。園長の感情の伴わない謝罪に「子どもを預かる施設を運営する資格あるのだろうか」と思いました。加えて、バスの中には、空っぽの水筒と脱いだ服があったといいます。女児の気持ちは「早く迎えにきて」と叫んでいたと思います。ご両親においては、悔やんでも悔やみきれない心情を思うとやり切れません。なぜ、園児が下車した後に「忘れ物がないか」車内を確認しなかったのか、基本的な行いがされていれば助かったとにと悔やまれます。主に、バス車内の確認だけでないく、登園時の確認、朝の会、給食時の人数確認、登園情報の確認、保護者への確認など、チェックできる...基本中の基本

  • まともに答えない岸田首相

    岸田首相は昨日、安倍元首相の国葬について、国会で答弁しているのをテレビで見ました。両院それぞれ1時間半という短時間の審議時間で、議員の質問にまともに答弁しない態度に終始しました。「法的根拠」について、「国葬は行政権の範囲」と言い放ちました。そうなれば、時の政権の恣意で「国葬」がおこなわれることになるではありませんか。「統一教会と安倍元首相」の関係を聞かれても、まともに答えませんでした。自民党は、「統一教会と関係を絶つ」しながら、教団と最も深い関係の安倍氏を国葬の対象にするのは「矛盾している」と指摘されても意図的に答弁をしませんでした。今朝の新聞には「従来の内容を繰り返し、疑問解消遠のく」との見出しが載っていました。自民党は、所属議員の約半数が統一教会と何らかの関係があることを発表しました。今日は、「救急の...まともに答えない岸田首相

  • 国会審議、衆院で1時間半

    安倍元首相の「国葬」をめぐる国会の閉会中審査が今日午後に開かれます。審議には、岸田文雄首相が出席し、国葬とする意義や費用などについて説明します。しかし、問題なのは「審議時間は衆参併せて3時間」と短いものです。安倍氏の国葬に対する世論の批判などを受け、首相は8月31日の記者会見で「丁寧に説明する」と表明していましたが、「衆院で1時間半」ではあまりにも短すぎます。報道によると、自民党側は「全体で1時間程度」を求めたと云います。「丁寧な説明」とはとても言えません。国葬だけでなく、コロナ対策、物価高、円安、経済対策など課題は山積しています。「臨時国会」が必要です。立憲民主党、共産党など野党5党は8月18日、憲法53条に基づき、早急に臨時国会を召集するよう岸田首相に要求書を提出していますが、国会開催の意思がないよう...国会審議、衆院で1時間半

  • 「古代の森会館」来年3月で閉館

    9月議会の条例に「古代の森会館」(鏡公民館に隣接)が来年3月末で閉館する条例が提案されています。理由は、来館者の減少です。この会館は、1984年(昭和59年)に4億2500万円をかけて、旧石器時代から縄文・彌生、古墳、古代・中世・近世の唐津・東松浦で出土した品物を展示しています。以前も何度か訪問しましたが、確認のために昨日再訪問しました。伺ったのは10時過ぎ(開館は9時)なのに、会館内の照明がついていませんでした。理由は、入館者が少ないため。公民館で入場券(100円)を買って入館。中には、唐津・東松浦での出土品が展示してあり、歴史を感じさせるものでした。閉館するにしても、これらの展示品を「眠らせるのはもったいない」何処かでは展示しないと、歴史が忘れられるのではと思ってしまいました。「古代の森会館」来年3月で閉館

  • 「国葬反対」7割

    安倍元首相の「国葬」について、昨日のRKBラジオで、視聴者アンケートで3割が「賛成」7割が「反対」という結果を聞きました。「国葬」の概算「約16億円」と岸田首相が示した事を受けての、アンケート結果です。「そんなお金があれば、別の使い道があるのでは」という意見が大半です。夏休みしていた「朝の挨拶」を再開しました。神田の「めぐみの里」の隣の歩道です。「国葬反対」7割

  • 映画「にあんちゃん」

    昨日は、竹木場老人クラブ主催の映画「にあんちゃん」を観賞しました。10才の少女の日記を映画化したもので、貧しさに負けず、明るく逞しく生きる兄弟愛を描いた感動の物語です。今村昌平監督を中心に、長門裕之、二谷英明さんなどが参加しています。物語は、1953年(昭和28年)炭鉱が斜陽産業となる肥前町大鶴炭鉱を舞台としています。この映画は、何度も見ましたが、逞しく生きようとする兄弟の絆に涙する場面もあります。映画「にあんちゃん」

  • 台風一過

    夜中から早朝まで強い台風が雨風を伴い通過しました。現在は、雨は降っていますが、風は緩んでいます。対策をしていましたので、大きな被害はありませんでした。庭のキュウリやなすびなどが傷んでいます。台風一過

  • コロナ情報が届かない

    3日から、「唐津市の新型コロナ感染者数」がmailで届かなくなりました。陽性者の把握に保健所や医療現場の負担軽減が目的だそうです。新聞でも、県内の発生者数、入院数と重症、病症使用率、ホテル療養数のみです。年齢別、自宅療養者数、市職員の感染数がmailで届いていました。mailが届かなくなって、「新型コロナ」が収束したような気がします。本当にこれでいいのでしょうか。「自己責任」でマスク着用、外出の自粛が何時まで続くのか、情報が入ってこなくなって余計に心配になります。写真は、台風に備えて庭の植木などを納屋と玄関に引っ越ししました。今夜にも直撃しそうです。コロナ情報が届かない

  • 後期高齢者医療保険

    政府は、75歳以上が加入する「後期高齢者医療保険」の保険料を大幅に引き上げの検討に入ったことを今朝の新聞で読みました。理由は、高齢者が増え、それを支える若年層が減ったためとしています。そもそも、75歳以上を対象に「保険制度」としてひとくくりにすることに問題があります。若いときは、何年も病院に行ったことのない人でも、加齢に伴う病気は必然です。民間保険は「相互扶助」で成り立っています。公的保険は「公的支援と相互扶助」で成り立っています。事故を起こしやすい人を強制的に「保険制度」に押しもみ、「事故が多い」と保険料を上げるのは、そもそも無理があります。これまでのように「全世代加入の保険制度」に戻すべきです。政治的に、「年代間の争い」をつくり出すものです。同じ記事で、介護保険の負担を増やす方向も載っていました。社会...後期高齢者医療保険

  • 円安は、国借金のツケ

    円安が急速に進行し「24年ぶりの140円更新」との今朝の新聞報道です。米国などが、自国のインフレ抑制を目的に「利上げ」に動いている中で、日本だけが「ゼロ金利」を続けているところに原因があります。結果として、「円を売って米ドルを買う」動きが加速しています。食料など、原材料を輸入に頼る日本にとっては、「コスト高」となり、あらゆる製品が値上げとなり「物価高」で、国民は悲鳴を上げていまあす。「物価高」になっても、「賃金の引き上げ」があればバランスがとれるのですが、反対に賃金は下がり、年金も引き下げ、75歳からの医療費は10月から2倍の2割負担になります。岸田政権は、このような「円安」「物価高」に何一つ打つ手を見せていません。「聞く耳」はどうしたのでしょうか。一つだけハッキリしているのは、日本が利上げに消極的なのは...円安は、国借金のツケ

  • 「国葬」へのコメント

    昨日から9月議会がはじまりました。今回から、新しい議場での開催となります。9月議会は、「決算特別委員会」もあり、10月中旬まで続きます。昨日、「国葬」を書きましたら、多くの方からご意見を頂きました。「経費がどれくらいかかるのか予算も立てずに家計をやり繰りするようなものだ」「参列者は、香典は誰の懐に入るのでしょうか」「外国からの要人は、参列後すぐに帰国せず国内旅行に日本から護衛がつくとは」「国葬は税金です。税金は国民のために使って欲しい」「国葬は、やりたい人がお金を出し合ってすれば良いのでは」多くのご意見や「つぶやき」を頂きありがとうございます。今後とも、ご意見や「つぶやき」をお寄せ下さい。「国葬」へのコメント

  • 「右へ倣え」の動き

    安倍元首相の「国葬」は、世論が二分し、どの世論調査でも「反対」が「賛成」を上まわっています。岸田首相は昨日、記者会見で、葬儀委員長名で「各府省における弔意表明については、弔旗を掲揚するとともに、葬儀中の一定時刻に黙とうをするよう」指示したと語りました。大阪府の吉村知事は、「国葬としてやる以上、大阪府も国の一部の自治体なので、当然自治体の長として参加します。知事部局の本庁舎などの施設において弔意を表するために半旗の掲揚を行います」と右へ倣えの対応を表明しています。この動きは、加速すると思われます。岸田政権は、「弔意を強制しない」としながらも、「葬儀委員長名」という形を変え地方に圧力を加えています。今こそ、「地方自治」の力量が試されるときではないでしょうか。「右へ倣え」の動き

  • ハウステンボス売却

    「ハウステンボスが売却」が今朝の新聞が伝えています。総額1000億円で香港の会社に売却されることになりました。ハウステンボスは、オランダの風車とチューリップを売りに。リゾート施設の草分けとして40年。何度も訪ねて所です。日本だけでなく外国からも観光客が訪れる施設として賑わっていました。コロナ禍で一時は経営も大変なようでした、持ち直していると聞いています。経営一新で新しいハウステンボスを楽しみにしています。極めて強い台風が接近しています。台風に今から備えましょう。朝焼けは、天気の下りがけの現象だ云われています。ハウステンボス売却

  • 朝の雫

    安倍元首相の国葬に反対、撤回を求めて東京、神奈川県、群馬、京都、兵庫県の5弁護士会が27日までに、会長声明を発表しています。声明では、「国葬」を行ううえで、法的根拠となる規定は存しない等として、いずれも反対を表明しています。群馬弁護士会は、戦前の「国葬令」が1947年に失効した点に言及し、「国葬令の廃止を判断した歴史的経緯がある」としています。また、国葬を強行すれば「財政民主主義の原則」(憲法83条)、「沈黙の自由」も含む「思想信条の自由」(同19条)に反すると警告しています。地方自治体で、公共施設や学校などで「弔意の強制」があるのではとの意見があります。政府は、「弔意の強制はしない」というのであれば、その趣旨を地方自治体に通知すべきではないでしょうか。朝の雫

  • 大浦地区がテレビで紹介

    昨日は、「タビ好き」という番組で、唐津市肥前町大浦地区が紹介されました。毎週日曜日の12時から前川清さんが、各地を訪ねる番組です。大浦地区は、私の住んでいる近くで、「議会報告」を毎回届ける地域です。「こんな田舎に」と驚きと感動が伝わる番組で、私も楽しみにしている番組の一つです。今週からいよいよ9月議会が始まります。決算特別委員会も開かれるので、10月中旬までかかります。取り上げて欲しものがありましたらご連絡下さい。大浦地区がテレビで紹介

  • ウクライナ紛争の解決策は

    昨日は、佐賀県保険医協会主催の「紛争解決学によるウクライナ情勢の出口戦略」について、大奥さんと公聴へいってきました。「紛争解決策」とは、自分なりに納得できたお話しでした。講演は、足立力也氏(一般社団法人コスタリカ社会科学研究所代表理事)です。コスタリカは、中南米に位置し、「軍隊を持たない国」として有名です。紛争は、小さくは子どものおやつを巡る争いから、町内会、会社から、大きくは、ロシアとウクライナの領土を争う紛争などがありますが、解決方法は「科学的原則」があるといいます。ウクライナ情勢の解決には、「国連憲章に基づく非武装中立化」が必要と説明し、そのための「説得役」にバチカン皇帝を一つの例として挙げられました。ウクライナに一日も早い平和が訪れるよう「国連憲章」に基づく解決の実現を願うばかりです。ウクライナ紛争の解決策は

  • どがんなっとうと展

    昨日は、所用で佐賀市に出かけましたので「どがんなっとうと展」へ出かけてきました。佐賀県立美術館は、興味津々の親子で賑わっていました。鏡に映った映像が□なのに実際は○。車の絵が絵が描かれているのに、離れてみると猫が描かれています。階段が反対や鳥が下にいるのに、鏡では上に写っています。目の錯覚でしょうか、それともトリックなのでしょうか。興味のある方は、9月4日までです。どがんなっとうと展

  • 20度を割りました

    今朝は、昨日より冷え込み、20度を割る爽やかな朝を迎えました。この調子で、秋を迎えて欲しいものです。20度を割りました

  • 同和問題講演会

    昨日は、「同和問題講演会」に相知交流文化センター「サライ」へ出かけてきました。はじめに、人権標語・ポスターの優秀作品が表彰されました。講演は、「差別をなくす社会システムについて」をテーマに北口末広氏(近畿大学人権問題研究主任教授)でした。科学技術の進歩は、「IT革命で人権問題はより高度に複雑で重大な問題になっている」としたうえで、個人データーがあらゆる手段で集積されています。ネット検索で利用者の思想・信条・偏見が集積されていることをリアルに話されました。知っていたとはいえ、怖いような気がしました。会場には、「ほぼ、公務員」が会場を埋めていました。このような話しは、「一般市民」を対象にした方が意味があるように感じました。人を集めるには、「公務員」が手軽なのでしょうか。同和問題講演会

  • 爽やかな朝

    朝7時、外気温22度と爽やかな朝を迎えました。猛暑のような蒸し暑さではなく、秋がそこまで来たような感じです。爽やかな朝

  • 今だけ、金だけ、自分だけ

    岸田首相は、原発の新増設へ方針転換表明しました。福島では大事故がなお続き、多くの方々が故郷を追われ苦しい避難生活を強いられているのにです。福島原発事故の教訓を忘れたのでしょうか?再エネの大規模普及に障害になっているのが原発です。原発優先のため、九電をはじめ電力会社は、太陽光がつくった電力を「受け入れ制限」にして無駄にしている現状の対応策はとろうとしていません。原発の最大の弱点は、「使用済み核燃料の最終処分」が決まっていないことです。企業活動で発生した「後処理」に無責任な企業は、一人前の企業とはいえません。「今だけ、金だけ、自分だけ」の考えが原発推進の本質です。原発推進は、資本主義の神髄を表していると私は思います。写真は、私の「仕事場」のカウンターにサギ草を飾りました。今だけ、金だけ、自分だけ

  • 唐津も使用済み核燃の「文献調査」をしては

    昨日は、からつ風力発電議員連盟主催の「寿都町における風力発電の取り組み」の講演会がありました。講演したのは、片岡春雄町長と町の係長です。北海道寿都町は、どこかで聞いた名前だと思っていたら、使用済み核燃料の最終処分地の「文献調査」を引き受けた町だと分かりました。寿都町は、人口2700人の小さな漁業を中心にした町です。そこでは、片岡町長(6期)のもと町が風力発電11基を擁し年間7~8億円を町財政に繰り入れているとのことでした。片岡町長は、講演の最後に、なぜ原発の使用済み核燃料の「文献調査に手を挙げたか」について語りました。「原発により電気の恩恵を受けながら、使用済み核燃料の最終処分問題という都合の悪い事を先送りすることは良くない」と理由を語り、「唐津市でも勉強会をしてはどうか」と多くの自治体が手を挙げるよう呼...唐津も使用済み核燃の「文献調査」をしては

  • 新型コロナウイルス感染拡大で要請

    昨日は、新型コロナ感染拡大から市民の健康を守ることを求めて峰達郎唐津市長に4項目について要請しました。対応した田中保健福祉部長は、「感染拡大が続く原因は良く分からない」と説明し、「学校がはじまれば子どもの感染が増えるのでは」と危機感をあらわにしました。新規感染者が増えることは、「濃厚接触者」が感染者の数倍になり、「5日間の自宅待機における不安解消」について、聞きましたが「国の指針で、5日目に発病する事例もある」と、感染拡大予防のためには「自宅待機」が必要とのことでした。田中保健福祉部長は、濃厚接触者の不安解消として、県は、「陽性者登録センター(仮称)を8月中に発足できれば、病院を経由せず認定作業ができるようになる」となどと説明しました。昨日の唐津市の新型コロナウイルス感染者は、470人と過去最高を記録しま...新型コロナウイルス感染拡大で要請

  • 新型コロナウイルス感染で市長へ要請

    新型コロナウイルス感染拡大が止まりません。8月17日は、過去最大の456人の新規感染者が発表され、その後も高水準が続き、深刻な状況が続いています。この事態を受けて今日、党市議団は、峰達郎市長に要望と対応策を求め懇談をします。市長への要請は、今回で3回目になります。感染者が多くなったことで「濃厚接触者」が増えていますが、その対応策が示されず、濃厚接触者は、「不安を感じながら待機期間」を過ごさなければなりません。無症状の方は、無料でPCR検査を受けることができますが、濃厚接触者にはありません。濃厚接触者へのケアを求めます。その他にも、高齢者施設や保育園、学校などへPCR検査や抗原検査キットの常備と活用などを求めます。結果は、明日報告します。※今回は、緊急の要請になったため、保健福祉部長対応になります。昨日おこ...新型コロナウイルス感染で市長へ要請

  • 新聞の「読者欄」で思うこと

    「読書欄」がどこの新聞にもあります。気になるのは、どこの新聞も高齢者の掲載が多いことです。内容は、それぞれ真剣に人生を歩み、意見を述べていることは、読む者にとって楽しみの一つです。そんななか、佐賀新聞の「読者欄」には、別枠で「わかもの」というコーナーがあって、中学生などの投稿が載っています。最近の投稿の見出しを紹介すると、「戦争に反対、SNSで連帯」「戦争を繰り返すな」「ふるさとの未来のために」など、世相を真剣に考えている若者の文章に接すると熱くなるものは私だけでしょうか。今日は、全国高校野球の決勝戦です。頂点を極めるのは、仙台育英か下関国際か、実力伯仲で楽しみです。私的には、準々決勝で優勝候補本命の大阪桐蔭を、準決勝で選抜準優勝の近江を破り、試合を重ねるごとに着実に成長してきた下関国際を応援したい。新聞の「読者欄」で思うこと

  • 全国高校野球決勝戦が楽しみ

    今年のように全国高校野球の試合をテレビで見たことはありませんでした。その理由は二つです。一つは、猛暑で外出がままならないことです。もう一つは、全力でプレーする姿に感動するからです。試合に負けて、泣き崩れる選手の姿に、青春を練習に費やした姿を想像して、「次は一回り成長」を願うものです。その全国高校野球も明日は決勝戦となります。下関国際と仙台育英の試合が楽しみです。写真は、綿の花です。一輪だけ咲きました。全国高校野球決勝戦が楽しみ

  • 国葬に反対

    安倍元首相の襲撃事件により死亡しました。無法な行為は許されるものではありませんし、法治国家としてあってはならないことです。私は、無法な手段で命を亡くされた安倍元首相に哀悼の意を示します。安倍元首相の功罪は、国民の世論が分かれるところです。しかし、どのマスコミの調査でも「国葬反対」が「賛成」を上回っていることは事実です。森友・加計学園・桜を見る会に見られる「政治の私物化」だけでなく、憲法に反して「安保法制」(戦争法)を多数で強行し、日本が米国と戦争できる仕組みや、秘密保護法、共謀罪など集会の自由や内心の自由を縛る法律をつくりました。国会議員には、「憲法擁護義務」(99条)があるのにも拘わらず、平然と踏みにじる政治を強行してきたのも事実です。「国葬」の法律はなく、「閣議決定」という脱法行為で実施しようとしてい...国葬に反対

  • 新しい議員控え室

    今日は、新しくなった「議員控え室」を紹介します。最上階の議事棟に面しています。西側に位置ししています。広さは、若干狭くなりました。市民に役立つ議員活動に気分一新で頑張ります。市民の窓口は、一階にたくさん用意されています。奥の方に、「キッズコーナー」もあります。新しい議員控え室

  • 「国葬」反対の市民集会

    安倍元首相の国葬で教育現場がどうなるのかと思い、教育委員会の幹部に直接お聞きしました。結論は、「今のところ何も決まっていない」ということです。しかし、「国葬となれば、何らかの指示があり無視はできないだろう」というものです。「国民の黙祷」を検討中の政府に「強制するな」と教育現場で拒否できるか疑問です。弔意の強制は、思想信条を定めた「憲法違反」となります。絶対にやってはならないことです。「国葬」はそれを行うこと自体が、弔意の強制につながります。唐津で、「国葬」を中止すること求める市民集会が今日開かれます。唐津裁判所前周辺で、午後5時からです。思い思いのプラカードなどを持参して下さい。「国葬」反対の市民集会

  • 新型コロナ対策を要望します

    佐賀県が、17日の唐津市の新型コロナウイルス感染者が456人と発表しました。東京都の人口と比較すると唐津市は約5万人に匹敵します。東京の新規感染者は約3万人ですから、「東京超え」という異常な感染状況です。それでも、「行動制限はしない」「全数把握を見直し(やらない)」と岸田首相は後ろ向きです。「死亡者は減っている」と政府はいいますが、285人(全国)と増加傾向は止まりません。国民に「自己責任」「自己防衛」を求める政治でいいのでしょうか。党唐津市議団では、来週初めに峰達郎市長に唐津市としての対策を求めて要望書を出すようにしています。皆さんにおいて、何か要望があれば「代弁」します。お寄せ下さい。携帯電話090-3320-0600(浦田)です。写真は、30年ほど使った私の仕事場のエアコンを取り替えました。新型コロナ対策を要望します

  • 国葬反対

    8月8日付の「WEB女性自身」では、安倍元首相の国葬費用を「総額37億円」と試算しています。安倍元首相の国葬は9月27日、日本武道館でとりおこなわれる予定ですが、海外からの参列も含めて政府は6000人と想定し、準備を進めていますもっとも費用がかかるのが海外からの要人らの「警備体制」だとされています。「大喪の礼」では24億円とされ、安倍元首相が銃弾に倒れた経緯から、警備費用は35億円ほどかかる可能性もあると報じている。報道を受け、ネット上では国葬に反対する声が増えています。「亡くなった人に使えるお金は、コロナや災害で困窮してる方に使った方がよっぽど有益だ」「国葬じゃなくて自民葬にしか思えない」「納得のいく説明をしていただきたい」など最新のJNN世論調査では、国葬の反対が45%、賛成が42%と、反対派が賛成派...国葬反対

  • 「コペピの式辞」

    「首相式辞前政権と8割超同じ」という見出しを朝日新聞(8/16)で見つけました。全国戦没者追悼式で岸田首相が述べた「式辞」が、全体の8割超が昨年の菅前首相の表現と一言一句が同じだというものです。残りも、安倍前首相の「積極的平和主義」に触れ「岸田カラー」が見えないというものです。約660字の式辞のうち文節の8割以上が「コペピ」で、加害責任に触れない「役目すまし」「安倍・菅政権のかいらい」と、いいわれても仕方がありません。「コペピの式辞」

  • サギ草が満開

    昨年頂いた、「サギ草」を株分けし育てていましたが「満開」を迎えました。日陰で育てていたために「伸びすぎ」となりましたが、白い花は綺麗に咲きました。来年は、もっと良い花を咲かせたいと研究してままいります。サギ草が満開

  • わが家の晩餐

    お盆の最終日の15日の「晩餐会」の写真です。メインは、森山畜産(小城市)の馬刺しです。白豆腐の揚げ、冷やしそうめんでした。わが家の晩餐

  • 戦争は人間を粗末にする

    今日は、77回目の終戦記念日です。日本は、1941年12月7日、真珠湾の米艦隊に対し奇襲攻撃を仕掛て世界を相手に戦争に突入するまで、日本本土が「戦場」になることはありませんでした。戦場は、中国大陸や朝鮮半島でした。しかし、政府の無謀な戦争によって、広島長崎への原爆投下や東京など多くの都市が焼きの原になり、沖縄は日本の「捨て石」とされ、国民に苦難を強いられました。また、アジアの多くの人々を犠牲にしてきました。「人間爆弾」として、片道突撃隊として、飛行機や魚雷によって多くの若者が犠牲になりました。戦争は、「人間を粗末にする」非人道的な行いです。77年前の教訓から「日本憲法」が発足しました。その憲法の前文だけでも読み返す日になればと思います。ウクライナでのロシア軍の一日も早い撤退と世界から戦争がなくなることを願...戦争は人間を粗末にする

  • 唐津は、東京超え

    唐津市での新型コロナウイルス感染者数は、374人と過去最高になりました。唐津市の人口は、約12万人弱。東京は、約1400万人です。その差、117倍。唐津市の感染者東京都に置き換えると約4万4000人となります。東京の陽性者数は、2万3773人ですから、唐津市での新規陽性者数は、東京都を遙かに超えた感染者数となります。加えて気になるのは、「死亡者数の増加」です。1日の死者数が過去最多に近づいています。厚生労働省の発表によると、新型コロナウイルス感染者の9日の死者は250人でした。1日の死者の過去最多は第6波のときの277人(2月22日)で、これに迫る深刻な状況です。最近の傾向として、10代を中心に若年層で感染が減少に転じていますが、重症化リスクの高い高齢者を含む50代以上で増加が継続していることです。しかも...唐津は、東京超え

  • 模範解答

    今朝の新聞に、新副大臣や政務次官に就任記者会に当たっての「冒頭発言メモ」がA4の一枚が内閣府から渡されていたことを報じています。内容は、「当該団体について認識を欠き、申し訳なく存じます」「今後は一切関係を持たないとお約束をしたい」とする例文が記載されたといいます。子どもに、先生が「模範解答」を教えているようなものです。裏を返せば、「旧統一教会との関係をもたない議員だけでは内閣を組めないほど、自民党議員の癒着は深刻」さを表しているのです。古川康議員も、日韓トンネル推進佐賀県会議などに出席や祝電を送ったことを認めたうえで「認識が甘かった」「今後は、関わる団体の社会性を慎重に調べたい」とのべています。模範解答

  • 恵みの雨

    昨日は、久しぶりに「恵みの雨」となりました。庭の野菜や草花、植木などへの水やりが「日課」でしたが、少しは楽になるかとホッとしています。この雨で少し涼しくなった気がします。昨日は、高校野球を観戦しながら「9月議会準備」で過ごしました。今日は、旧盆の日です。今日は、すぐうえの兄の初盆で大川市までいってきます。近所の初盆参りは明日にします。長崎の海星高校は、強豪天理を破っての三回戦進出はすごい。要所で要所でファインプレーの堅い守りがよかった。次は、今日一回戦の有田工の健闘に期待しています。恵みの雨

  • 自民党政治の堕落

    岸田首相は内閣改造を行いました。改造に当たっては、岸田首相は会見で、旧統一教会について「関係を点検し、見直すことを厳命し、それを了承した者のみを任命した」と説明し、旧統一協会と関係ある人を閣内から一掃しようとしました。しかし実態は「統一協会隠し失敗内閣」(小池晃書記局長)で、多くの大臣が統一協会との関係を持っていることが明らかになりました。朝日新聞は、入閣した6人の議員に「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」側との接点が確認されと報じています。無法集団と自民党の多くの議員が関係を持ち、関係ない議員をのぞいては組閣もできない。これが自民党政治の実態です。統一協会の会長は、自民党の政治家とは「反共」で結びついていると記者会見で述べました。反共ならどのような集団でも受け入れる自民党の政治の堕落以外の何者でもあり...自民党政治の堕落

  • 政府、「介護自己負担増」をもくろむ

    外は、久しぶりに小雨が降っています。東北地方のように豪雨は要りませんが、せめて「恵みの雨」になって欲しいと、畑の野菜や草花の声が聞こえてきそうです。朝晩、水道料金を気にしながらの散水作業に汗を流す毎日です。今朝の新聞に、「介護自己負担2割対象拡大」との見出しに、心が折れそうになりました。厚労省は、3年に一度の介護保険制度の見直しをおこなっています。財務省は、「自己負担増」を主張しています。現在は、原則1割負担ですが、2015年から年収280以上(単身で年金収入)は2割負担になりました。2018年から「3割負担」へ引き上げました。年収280万円が「現役並所得」と言えるでしょうか。せめて、年収800万円以上というならば別ですが、一方で、来年から自衛隊の予算は「青天井」にしようと岸田政権は計画しています。少し違...政府、「介護自己負担増」をもくろむ

  • 日韓トンネル講演会に県職員を派遣

    日韓トンネルについて、県議会のHP議事録で調べて見ました。2000年9月定例会で、井本知事が、留守議員の質問にはじめて答えています。2004年03月08日に岸本英雄県議が、2010年03月05日に桃崎峰人議員が、2017年06月21日にも桃崎峰人議員が質問し、山口知事は、「海底トンネルでつなぐ構想があることは承知している」としたうえで、「毎年、福岡市で開催されております日韓トンネル構想を研究している団体の講演会には担当者を派遣いたしまして、情報を収集しているところであります」と日韓トンネルの情報収集に職員を派遣していることを認める答弁をしています。日韓トンネル講演会に県職員を派遣

  • 旧統一教会との関係ある衆院議員が佐賀県にも

    インターネットで「旧統一教会」を調べていると、佐賀県に関係ある衆院議員の名前が出てきました。それは、平成28年6月吉日に関係者に配られた「第三回日韓トンネル推進唐津フォーラム」の案内状です。開催日は、平成28年7月31日(日)会場は、唐津市商工会議所5F大会議室となっています。主催は、日韓トンネル推進佐賀県民会議会長は、元県議です。(当時は現職)内容は、講演1、「日本とアジアの平和と繁栄を拓く日韓トンネル」講師は、一般財団法人・国際ハイウエイ財団参与大塚正尚氏講演2,「日韓トンネルに期待する」講師は、衆院議員会費が1000円(資料代を含む)後援として、唐津観光協会、唐津東商工会、唐津上場商工会の名前が挙がっています。後援に、唐津商工会議所でなく「唐津観光協会」なのかも疑問が残ります。県民会議の会長であった...旧統一教会との関係ある衆院議員が佐賀県にも

  • ビフォーアフター

    昨日は、お盆の準備ということで、庭の大掃除をしました。比較的涼しい早朝から9時頃までの作業です。汗びっしょり。それでも、作業場の片付けなどは、これからです。作業後は、お風呂に入り、歯医者さんに、半年の定期検診。午後から、特定健診の半年指導を受けに、相知のサライへ。その間、11時2分。長崎の方向に向かって黙祷。今日は、4回目の新型コロナのワクチン接種です。みなさん。猛暑は避けて暮らしましょう。ビフォーアフター

  • 有言実行を願う

    岸田首相は、就任に当たって「自分の特技は人の話を聞くことだ」と国民の前で公言しました。しかし、それが守られているでしょうか。国会質疑を通じて国民の不安や疑問の声に耳を傾け、その解消を図ろうとする真摯な姿勢が感じられません。3日に招集された臨時国会は3日間で、実質審議はおこなわれませんでした。新型コロナウイルス感染は過去最大を更新し続けています。ロシアのウクライナな侵攻の長期化は、世界経済に深刻な影響をもたらしています。日本では、記録的な「円安」が重なり、物価高騰に歯止めがかかっていません。いずれも、国民の「命と暮らし」に直結する問題です。これらの問題を、国会で徹底した論議が欠かせないのではないでしょうか。安倍元首相の「国葬」は、法律に基づかないやり方で強行しようとしています。共同通信の世論調査では、安倍元...有言実行を願う

  • 新聞休刊日に思うこと

    今日は、「新聞休刊日」です。月一の「休刊日」には、毎朝届く新聞の有り難さを感じます。新聞には、テレビには無い魅力があります。昭和の人間は「文字の時代」です。前日の出来事を「文字を読む」ことが習慣になっています。テレビは、一方的な「受動的な情報」ですが、新聞は「取捨選択」ができるのも有り難いものです。東北地方には、記録的な大雨で大きな被害が出ています。今後、北海道にも週前半だけで200mm以上の大雨の所も予想されています。一方で、私たちの九州は「雨不足」の猛暑が続いています。気候変動なのでしょうか、神様は平等にはして下さらないようですね。写真は、議会報告を配布中に見た風景です。新聞休刊日に思うこと

  • 原爆投下から77年

    昨日は、アメリカによる広島へ原爆投下から77回目の「原爆の日」を迎えました。市の「防災無線」では、投下時刻に「黙祷」の呼びかけに、「黙祷」をし、亡くなられた方や後遺症で苦しんでおられる方へ思いを馳せました。広島市の平和記念公園では、「平和記念式典」が開かれました。広島市の松井一実市長は平和宣言で、ロシアのウクライナ侵攻をきっかけに核抑止論が勢いを増していることに懸念を表明し、核保有国のリーダーに対して、「被爆地を訪れ、核兵器を使用した際の結末を直視すべきだ」と呼びかけた。一方、広島選出の首相として初めて参列した岸田首相は、非核三原則を堅持する考えを示しましたが、核兵器の開発・製造・保有を禁じる「核兵器禁止条約」には一言も触れませんでした。国連トップとして12年ぶりにグテレス事務総長が出席し、あいさつで「広...原爆投下から77年

  • 引っ越しの裏側

    市役所は、引っ越しの最中です。一部は、7月19日から新庁舎で窓口をひらいていますが、多くがこれからです。市民の方が座る椅子も破けていました。職員が執務する椅子もボロボロです。新庁舎では、気分一新、これまで以上に、市民に役立つ仕事をして欲しいものです。引っ越しの裏側

  • 県民アンケートに応えて

    県民アンケート」が続々と返送されてきています。その中には、切実な声や要望が寄せられいます。その中の一つで、「市道の要望」が寄せられましたので、早速、担当の「道路維持」係へいって、計画などを伺いました。要望カ所は、「年次的に改修予定で、年内にはできるのでは」とのことでした。その事をアンケートを寄せられた方に電話で報告すると、とても喜んで頂きました。アンケートが届きましたら、ご協力お願いします。県民アンケートに応えて

  • お盆の準備

    昨日は、お盆の準備で「墓所の掃除」へ出かけました。朝涼しい時間帯にと思い、早めに出かけました。短時間に「汗の洪水」です。まだまだ猛暑日が続きそうです。お盆の準備

  • 猛暑日が続く

    8月になって、異常な暑さが続いています。昨日も、午前中の会議を終えて車を走らせていると「36度」との表示にビックリ。日中は、自宅で待機し9月議会に備えて、「調査」などをしています。議会報告を配布中に気になったことは、「エアコンの無い家庭」がかなりあることと、あっても使われていない家庭があることがわかりました。皆さんも、熱中症にならない要注意しましょう。猛暑日が続く

  • 玄海原発の協議会に疑問

    昨日は、第94回の佐賀県原子力環境安全連絡協議会の傍聴へ玄海町民会館へ黒木はじめ議員と行ってきました。この協議会は、年二回の開催で、玄海原発の周辺地域における環境放射能等の実態を把握すると共に原子力に関する知識の普及を図ることを目的に佐賀県知事が会長で、副会長に玄海町長が就いて実施されています。会では県職員が進行し、①環境放射能及び温排水の測定結果②原子力設置の運転・管理の状況③その他が報告と質問が行われます。昨日は、玄海原発の運転状況を県原子力安全対策課が、環境放射能調査を環境センターが、温排水影響調査を玄海水産センターが、玄海原発の検査状況を玄海原子力規制事務所が、玄海原発の工事状況について九電からそれぞれ、報告がありました。協議会メンバーは、佐賀県から知事と県民環境部長と議長と文教厚生常任委員長の4...玄海原発の協議会に疑問

  • 地元の資本スパーが倒産

    地元資本のスーパー「たなか」が7月31日に姿を消すことになりました。2014年に「近松ストアー」に次ぐものです。地元資本で残るのは「まいづる百貨店」です。地元のスパーが懸命に営業努力していたものの、大手スーパーやドラッグストアが資本にものをいわせて、相次ぐ出店で影響をうけたものと見られます。近所の「お店」はとっくに姿を消してしまいました。新資本主義の「弱肉強食」の姿を見ているような気がします。残念でなりません。地元の資本スパーが倒産

  • 専業農家の嘆き

    6月議会報告を、一昨日と昨日で、800枚を地域に配布しました。その中で、気になる話しが相次ぎました。専業農家から「農業が続けられない」「受け継いだ家が維持できなくなる」「後継者には助成があるが、今農業をやっている人にこそ助成を」というものです。その原因が、資材高騰で専業農家の経営を直撃しています。肥料や農薬、飼料や燃油、ビニールなどの資材が2倍近く値上がりしている一方で農産物価格は低迷しています。懸命に農業を続けている農家ほど経営を圧迫しているのです。岸田政権は、安倍元首相の「国葬」を強行しようとしていますが、半数以上が「国葬反対」との世論調査があります。コロナ感染拡大に、「行動制限はしない」「悉皆検査は見直す」と、国民の感情と反対の政治に、国民は不満を募らせています。写真は、「肥前町満越の棚田」です。稲...専業農家の嘆き

  • 核兵器廃絶へ

    昨日は、午後から唐津市役所で、唐松原水協主催の「平和集会」があり、参加しました。ロシアのプーチン大統領はウクライナで、核兵器の使用を示唆する動きがある中での集会となりました。一方で、国連では、「核兵器禁止条約」が発効しました。核を「抑止力」として使おうとする動きと「核兵器廃絶」への動きとの激しいせめぎ合いがはじまっています。共産党からは、井上ゆうすけ県議が代表で連帯の挨拶をしました。集会には、峰達郎市長からのメッセージも紹介されました。今から、昨日に続き「6月議会報告」を配布に出かけます。核兵器廃絶へ

  • 党創立100周年記念集会

    昨日は、唐津で「党創立100周年記念」集会を開きました。集会には、先の参院選で当選したばかりの「仁比そうへい参院議員」が駆けつけてくれました。佐賀選挙区で戦ったかみむら泰稔県書記長もお話しをして頂きました。首魁では、戦後の「党の歩み」をパワーポイントで紹介しました。北部地区委員会の事務所は「栄町」からスタート。「朝日町」へ移転し、今は「町田」に事務所を構えています。多くの人が、地方選挙に挑戦してきました。新たな、101年へのスタートを祝う集会となりました。党創立100周年記念集会

  • メロンの収穫

    玄関前の「グリーンカーテン」にメロンが実り、収穫しました。早速試食しましたが、とても美味しく、我ながら満足しています。来年も挑戦しようと思います。メロンの収穫

  • 視察から帰ってきました

    27~28日と産業経済委員会で、滋賀県の守山市と東近江市へ視察にいってきました。守山市では「起業家の集まるまちづくり」について。東近江市では「高収益農業」についてです。詳しくは、「唐津民報」でお知らせします。簡単に紹介しますと、守山市では、起業しようとする方を「民間主導で、それを行政は徹底して支援する」スタイルをとっている事でした。東近江市の「高収益農業」は、JAを中心とした「共同販売」と産直の「小口販売」の中間の農産物を「地域商社」をつくり、地元の販売店などへ「域内自給率向上」を目指しているものでした。どちらも、示唆に富んだ内容で唐津ではどんな形態が良いのか、検討したいと思います。視察から帰ってきました

  • スポーツとスポンサー

    今朝の新聞には、東京オリンピック・パラリンピックのスポンサー契約に絡んで、捜査のメスが入ったことを伝えています。今や、スポーツが「商業化」されています。どんな小さな大会にもスポンサーがつきます。大会組織委員会の高橋治之元理事は大手広告会社「電通」出身で、五輪招致を巡っても疑惑が取り沙汰されていました。電通の捜索から、スポンサー選定を巡る実態解明が待たれます。今日から明日まで、産業経済委員会で視察に言ってきます。目的地は滋賀県守山市と東近江市です。詳しいことは、後日「視察報告」します。明日のブログはお休みします。スポーツとスポンサー

  • 小玉スイカ

    今日も猛暑日になりそうです。昨朝は、グリーンカーテンに仕立てた「スイカ」を頂きました。約20㌢の小玉スイカです。身がいっぱい詰まった、甘さが少し足りない感はありましたが美味しく頂きました。もうすぐ、メロンも食べ頃を迎えます。小玉スイカ

  • 私の必需品

    今日は、月一の新聞「休館日」です。手もと無沙汰で、早めにパソコンに向かっています。パソコンは、私の「智恵袋」です。どんな判らないことでもお教えてくれます。情報のやりとりも、自宅に居ながら瞬時にできます。パソコンは、私の必需品です。写真は、近所の「ヒマワリ園」です。私の必需品

  • 旧統一教会と自民党

    安倍元首相の銃撃事件から、今、旧統一教会への関心が高まっています。旧統一協会は霊感商法や集団結婚などで被害をもたらしている反社会的団体です。政治家の中には、選挙などでの支援の見返りに同教会を美化すする集会に祝電を送るなどが報じられています。自民党の重鎮として官房長官などの要職を務めた細田博之衆院議長が2019年、旧統一協会(世界平和統一家庭連合)の韓鶴子総裁を迎えて名古屋市で開かれた行事にゲストとして出席していたことが明らかになりました。細田氏は、どの様に説明するのでしょうか。自民党の中には、同教会との深い関係が取りだたされている議員もいます。自らの言葉で、事実を明らかにして欲しいものです。写真は、竹木場公民館主催の「パークゴルフ大会」(後川内)での模様です。私は、10位で商品を頂きました。古川代議士が激...旧統一教会と自民党

  • 新資本主義の実態

    今朝のヤフーニュースを見て「格差の広がり」を感じました。それは、2022年3月期決算「役員報酬1億円以上開示企業」調査で、上場企業の1億円以上の役員報酬を開示したのは287社、人数は663人で過去最高になったということです。前年の253社から34社増、人数も前年の544人から119人増。役員報酬額トップは、Zホールディングスの慎ジュンホ取締役の43億3500万円。開示制度が始まった2010年3月期から13年連続で開示されたのは46人(構成比6.9%)で、今回開示された663人の1割に満たなかったものが大幅に増えています。役員報酬と従業員の平均給与との格差も広がっています。格差が最大だったのは、トヨタ自動車のジェームス・カフナー取締役。報酬額9億600万円で、従業員の平均給与857万1000円と105.7倍...新資本主義の実態

  • 議員冥利

    参院選挙で遅れていた「6月議会報告」ができあがりました。来週、「井上ゆうすけ県議会報告」と併せて配布をはじめます。今回の特徴は、一面に「敬老祝い金削減」に共産党以外の賛成で可決したこと。その削減効果は100万円。一方、新庁舎には96億円。二面は、黒木議員の努力で、「使えない遊具が改善されている」ことと、東部給食センターの稼働(来年9月)に伴い、自校式の給食センターの配膳が「エレベーターが小さく、手作業でしなければならない」課題を指摘しました。もう一つは、特別教室のエアコン設置が「具体的計画なされていない」ことを載せています。三面には、「自宅などで4・5の介護されている方へ、障害者手当」が支給申請が増えていることをお知らせしています。もう一つは、「高齢に伴う補聴器に助成を求める請願」が否決されたことをお知ら...議員冥利

  • 感染拡大が止まりません

    昨日は、国内で新たに確認された新型コロナウイルスの感染者は15万2452人でした。一日あたりの最多を更新し、「第7波」の急拡大が止まらない状況です。唐津でも連日100人超え。昨日は、185人と過去最高の感染者数です。それでも「行動制限はしない」と岸田政権。「重症化」しないからいいのでしょうか。今後が心配です。感染拡大が止まりません

  • 新たな羽生選手を期待

    フィギュアスケート男子で五輪2連覇した羽生結弦選手が昨日、記者会見をし、今後は競技会には出場せず、プロアスリートに転向することを発表しました。フィギュアスケートは、「氷上の芸術」と言われるように、見て楽しいものです。しかも、ジャンプによる転倒などもあり、ドキドキしながらテレビを見ています。プロのスリーととして、新たな羽生選手を期待したものです。新たな羽生選手を期待

ブログリーダー」を活用して、浦田関夫ですさんをフォローしませんか?

ハンドル名
浦田関夫ですさん
ブログタイトル
こんにちは浦田関夫です
フォロー
こんにちは浦田関夫です

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用