searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ろいやーさんのプロフィール

住所
中央区
出身
未設定

2001年に大阪で弁護士登録し、以来、大阪弁護士会所属の弁護士として活動しています。 法律に関する情報や日々の出来事、その他私個人の経験談等を記載していきたいと思います。

ブログタイトル
弁護士湯原伸一(大阪弁護士会)の右往左往日記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/law-yuhara/
ブログ紹介文
弁護士になって感じたことを綴っていきます(注意!!本ブログは弁護士湯原の個人的見解に過ぎません)
更新頻度(1年)

81回 / 365日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2009/12/11

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ろいやーさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ろいやーさん
ブログタイトル
弁護士湯原伸一(大阪弁護士会)の右往左往日記
更新頻度
81回 / 365日(平均1.6回/週)
フォロー
弁護士湯原伸一(大阪弁護士会)の右往左往日記

ろいやーさんの新着記事

1件〜30件

  • 【記事投稿】飲食業で注意したい法務のポイントについて弁護士が解説!

    飲食業は、新型コロナという特殊事情対応が必要であることはもちろんですが、あらゆる問題が”新型コロナ”が原因であるとは言い切れないところがあります。特に従来より飲食業については、労働環境への配慮が十分に行き届いていないことに起因する慢性的な人材不足といった様々な問題を抱えていました。今回は、複数の飲食業の顧問弁護士を務めている経験を踏まえ、従前より問題視されている法務課題の指摘と、それに対する対応策について解説を行います。ご笑読ください。飲食業で注意したい法務のポイントについて弁護士が解説!弁護士湯原伸一「リーガルブレスD法律事務所」の代表弁護士。IT法務、フランチャイズ法務、労働法務、広告など販促法務、債権回収などの企業法務、顧問弁護士業務を得意とする。1999年、同志社大学大学院法学研究科私法学専攻課に在学中...【記事投稿】飲食業で注意したい法務のポイントについて弁護士が解説!

  • 【記事投稿】小売業で注意したい法務のポイントについて弁護士が解説!

    一口に小売業といっても、どのような商品を取扱うかは千差万別であり、また安値で勝負する業態もあれば、品質や信用で勝負する業態もあるなど、様々なタイプがあります。すべてをカバーすることは出来ませんが、共通して問題となりやすい法律問題につき、複数の小売事業者の顧問弁護士を務める私なりに整理してみました。ご笑読ください。小売業で注意したい法務のポイントについて弁護士が解説!弁護士湯原伸一「リーガルブレスD法律事務所」の代表弁護士。IT法務、フランチャイズ法務、労働法務、広告など販促法務、債権回収などの企業法務、顧問弁護士業務を得意とする。1999年、同志社大学大学院法学研究科私法学専攻課に在学中に司法試験に合格し、2001年大阪弁護士会に登録し、弁護士活動を開始する。中小企業の現状に対し、「法の恩恵(=LegalBle...【記事投稿】小売業で注意したい法務のポイントについて弁護士が解説!

  • 【記事投稿】会社は従業員のSNS利用を制限できるのか、弁護士が解説!

    夏になると、何だか開放的な気分になります。また、なんだかんだ言いながらオリンピックが開催されますので、やや気が緩みやすくなりがちです。こういった状況が重なるため、不適切投稿(投降者本人にとっては笑い話であっても、受け取る側は不愉快と感じる投稿)による炎上問題は、これから急激に増加する者と予想され、ある日突然、従業員の不適切投稿により企業も炎上問題に巻き込まれる可能性があります。そこで、従業員に対するSNS使用につき、企業はどこまで介入できるのかについて検討を行いました。ご笑読ください。会社は従業員のSNS利用を制限できるのか、弁護士が解説!弁護士湯原伸一「リーガルブレスD法律事務所」の代表弁護士。IT法務、フランチャイズ法務、労働法務、広告など販促法務、債権回収などの企業法務、顧問弁護士業務を得意とする。199...【記事投稿】会社は従業員のSNS利用を制限できるのか、弁護士が解説!

  • 【記事投稿】建築業で注意したい法務のポイントについて弁護士が解説!

    建築業は現場仕事であるため、リモートワーク等が実施しづらく、業務遂行の方法は従来通り行っているところが多いようです。もっとも、建築業は書面による取り交わしを行わない慣行があったため、対顧客との間では業務内容(仕事の完成)についてのトラブルが目立ってきています。また、職人さんを含む従業員との労働条件をめぐるトラブルも近時は多発しています。複数の建築事業者の顧問を務めている弁護士として、特に気を配りたいと考える法律問題について解説を行いました。ご笑読ください建築業で注意したい法務のポイントについて弁護士が解説!弁護士湯原伸一「リーガルブレスD法律事務所」の代表弁護士。IT法務、フランチャイズ法務、労働法務、広告など販促法務、債権回収などの企業法務、顧問弁護士業務を得意とする。1999年、同志社大学大学院法学研究科私...【記事投稿】建築業で注意したい法務のポイントについて弁護士が解説!

  • 【記事投稿】製造業が注意したい法務のポイントについて弁護士が解説!

    最近ではアジア各国における製造業の発展が目覚ましいですが、日本国内でもまだまだ製造業は健在であり、製造業に従事する方も多いとされています。ただ、従来のような単純に「物を作っていればよい」という時代は終焉しているのは事実であり、大企業中小企業を問わず、書く製造事業者の独自性が問われる時代になってきています。そのような時代の転換期における製造業について、留意していただきたい法務課題のポイントを整理してみました。ご笑読ください。製造業が注意したい法務のポイントについて弁護士が解説!弁護士湯原伸一「リーガルブレスD法律事務所」の代表弁護士。IT法務、フランチャイズ法務、労働法務、広告など販促法務、債権回収などの企業法務、顧問弁護士業務を得意とする。1999年、同志社大学大学院法学研究科私法学専攻課に在学中に司法試験に合...【記事投稿】製造業が注意したい法務のポイントについて弁護士が解説!

  • 【記事投稿】物流(トラック)事業者が注意したい法務のポイントについて弁護士が解説!

    新型コロナ対策で外出を控えるよう呼びかけられていることから、いわゆる巣ごもり需要が拡大し、ネット通販等はますます拡大しているようです。ただ、物の購入はネットでできても、購入した商品はネットではなく、人手を通じて届ける必要があります。このため、物流事業は社会的ニーズが高いと言えるのですが、重労働であることから近年ドライバー不足等が深刻化しており、物流事業者にとっても悩みの種となっているようです。色々と問題を抱えている物流事業ですが、物流事業を経営する上で気を付けておきたい法律事項について整理をしてみました。ご笑読ください。物流(トラック)事業者が注意したい法務のポイントについて弁護士が解説!弁護士湯原伸一「リーガルブレスD法律事務所」の代表弁護士。IT法務、フランチャイズ法務、労働法務、広告など販促法務、債権回収...【記事投稿】物流(トラック)事業者が注意したい法務のポイントについて弁護士が解説!

  • 【記事投稿】内容証明郵便の使い方について、弁護士が解説!

    内容証明郵便は日常生活を送るうえで、あまり使わない郵送方法であるためか法律相談を受けていると、色々と間違った認識を持っている方が多いような気がしています。そこで、今回は内容証明郵便に関する記事を書いてみました。ご笑読ください。内容証明郵便の使い方について、弁護士が解説!弁護士湯原伸一「リーガルブレスD法律事務所」の代表弁護士。IT法務、フランチャイズ法務、労働法務、広告など販促法務、債権回収などの企業法務、顧問弁護士業務を得意とする。1999年、同志社大学大学院法学研究科私法学専攻課に在学中に司法試験に合格し、2001年大阪弁護士会に登録し、弁護士活動を開始する。中小企業の現状に対し、「法の恩恵(=LegalBless)を直接届けたい(=Directdelivery)」という思いから、2012年リーガルブレスD...【記事投稿】内容証明郵便の使い方について、弁護士が解説!

  • セミナー開催のお知らせ

    7月と8月にセミナー講師を務めさせていただくことになりましたので、案内(宣伝)です。◆IT時代だからこそ知っておきたい法律の基礎知識セミナーのご案内(堺商工会議所主催)7月7日14時~16時で開催予定です(オンライン視聴可)IT法という法律が存在しないため、ITに関する法律問題は色々な法律を継ぎ接ぎして検討する必要があります。中小の事業者様向けに典型的な事例をあげながら、関係する法律の基本的な解説を行う予定です。ご関心がある方は、セミナータイトル部分をクリックしてご確認ください。(堺商工会議所のセミナー案内ページにとびます)◆製造物責任法(PL法)の基礎知識とリスクマネジメント(株式会社情報機構主催)8月25日12時30分~16時30分で開催予定です(オンライン視聴可)製造物責任法(PL法)が制定されてから25...セミナー開催のお知らせ

  • 【記事投稿】介護事業者が注意したい法務のポイントについて弁護士が解説!

    高齢化社会は今後の進んでいきますので、介護事業は数少ない将来性のある事業と言われています。しかし、もともとは福祉の問題として行政が行ってきた公益性の高い分野であり行政による規制と介入が大きいこと、利用者を含めた人間関係に依存するところが大きく、契約という理屈だけでは割り切れない業務であること等の理由で、新規参入が減少または既存事業者による継続が難しい厳しい業界と言われています。介護業界については、色々な問題が山積みですが、いくつかの介護事業者の顧問弁護士として活動している者として、知っておいてほしい介護事業に関する法律問題を解説してみました。ご笑読ください。介護事業者が注意したい法務のポイントについて弁護士が解説!弁護士湯原伸一「リーガルブレスD法律事務所」の代表弁護士。IT法務、フランチャイズ法務、労働法務、...【記事投稿】介護事業者が注意したい法務のポイントについて弁護士が解説!

  • 【記事投稿】資金調達の方法と留意したい法務のポイントについて弁護士が解説!

    中小企業の場合、資金調達=銀行融資という発想になってしまいがちですが、昨今の新型コロナの影響を受け、銀行融資以外の資金調達方法について、色々と考える機会が多くなってきました。そこで、弁護士視点とはなりますが、企業再生を行うに際して、どこから資金調達を行うのか、その検討の仕方につき整理してみました。ご笑読ください。資金調達の方法と留意したい法務のポイントについて弁護士が解説!弁護士湯原伸一「リーガルブレスD法律事務所」の代表弁護士。IT法務、フランチャイズ法務、労働法務、広告など販促法務、債権回収などの企業法務、顧問弁護士業務を得意とする。1999年、同志社大学大学院法学研究科私法学専攻課に在学中に司法試験に合格し、2001年大阪弁護士会に登録し、弁護士活動を開始する。中小企業の現状に対し、「法の恩恵(=Lega...【記事投稿】資金調達の方法と留意したい法務のポイントについて弁護士が解説!

  • これは噂の脅迫メールか…

    会社のシステムをハッキングした等と主張し、金銭要求してくる者がいるというのは、時々ニュースになったりしていますが、今般、私宛にもそういった内容のメールが送られてきました。ただ、迷惑メールとして当方のメールシステムがはじいていること、ざっと確認した限り、ハッキングされた形跡もないため、恐れるに足らず…と判断しているのですが、果たして。。。ちなみに、送信されてきたメール内容を以下で引用しておきます。見覚えのある方は、冷静に対処していただければと思います。なお、メールの送信者も唆そうと思ったのですが、どうも実在の事業者であり、おそらく当該事業者の知らないところでアドレスを使用されているっぽいので、送信者情報はいったん伏せておきます。【引用開始】どうも、こんにちは。まずは自己紹介をさせていただきますね。私はプロのプログ...これは噂の脅迫メールか…

  • EC(eコマース)事業者が注意したい法務のポイントについて弁護士が解説!

    新型コロナウイルス等の関係で外出を控えるよう要請される状況もあり、ネット通販等のEC事業はますます拡大しているようです。そのため、新規で参入しようとする事業者も増加しているのですが、実店舗販売と比較すると、ネット通販等のEC事業の方が規制が多いにもかかわらず、あまり事業者も認識していないことをよく見かけます。そこで、今回はネット通販等のEC事業(eコマース事業)を行うに際して、気を付けておきたい法律事項を整理してみました。ご笑読下さい。EC(eコマース)事業者が注意したい法務のポイントについて弁護士が解説!弁護士湯原伸一「リーガルブレスD法律事務所」の代表弁護士。IT法務、フランチャイズ法務、労働法務、広告など販促法務、債権回収などの企業法務、顧問弁護士業務を得意とする。1999年、同志社大学大学院法学研究科私...EC(eコマース)事業者が注意したい法務のポイントについて弁護士が解説!

  • 【記事投稿】民法改正に伴う約款(利用規約、会員規則など)の見直しポイントについて、弁護士が解説!

    民法が改正され、早1年が経過しましたが、改正内容の目玉の1つである定型約款については私が知る限り、中小企業の現場実務においてあまり浸透していないように思います。そこで、今回は利用規約や約款等を作成するに際して留意したい事項について、改正民法を意識しながら整理してみました。ご笑読ください。民法改正に伴う約款(利用規約、会員規則など)の見直しポイントについて、弁護士が解説!弁護士湯原伸一「リーガルブレスD法律事務所」の代表弁護士。IT法務、フランチャイズ法務、労働法務、広告など販促法務、債権回収などの企業法務、顧問弁護士業務を得意とする。1999年、同志社大学大学院法学研究科私法学専攻課に在学中に司法試験に合格し、2001年大阪弁護士会に登録し、弁護士活動を開始する。中小企業の現状に対し、「法の恩恵(=LegalB...【記事投稿】民法改正に伴う約款(利用規約、会員規則など)の見直しポイントについて、弁護士が解説!

  • 【マジか…】Outlookで障害が発生したらしい

    当方、事務所内にある端末はOutlookをメールソフトとして用いているのですが、この記事を書いている段階で調べた限り、全世界で障害が発生して、メール内容を確認することができない状況に陥っているらしいです(Web版は見ることが可能のようです)。今朝からメール本文が見れず、Gmailで代用しながらメール返信等を行っているのですが、GmailのUIが嫌いなので、メール作成しづらくてストレスが溜まっています(苦笑)。つい先日も、マイクロソフトのアップデートで複合機との通信障害が発生して、色々対処が大変だった(これも当方固有の問題ではなく、マイクロソフト側のアップデートプログラムにバグがありとのこと)という事件が起こったばかりなのですが、ちょっといい加減にしてもらえませんかね…弁護士湯原伸一「リーガルブレスD法律事務所」...【マジか…】Outlookで障害が発生したらしい

  • 【記事投稿】システム開発・制作事業者が知っておきたい法務ポイントについて、弁護士が解説!

    様々な業種の顧問弁護士として、日々法律相談等をお受けしていますが、業種によって特有の法律相談が生じます。そこで、今回はシステム開発・制作事業において、問題となりやすい法律問題について私なりに整理してみました。ご笑読ください。システム開発・制作事業者が知っておきたい法務ポイントについて、弁護士が解説!弁護士湯原伸一「リーガルブレスD法律事務所」の代表弁護士。IT法務、フランチャイズ法務、労働法務、広告など販促法務、債権回収などの企業法務、顧問弁護士業務を得意とする。1999年、同志社大学大学院法学研究科私法学専攻課に在学中に司法試験に合格し、2001年大阪弁護士会に登録し、弁護士活動を開始する。中小企業の現状に対し、「法の恩恵(=LegalBless)を直接届けたい(=Directdelivery)」という思いか...【記事投稿】システム開発・制作事業者が知っておきたい法務ポイントについて、弁護士が解説!

  • 【記事投稿】会社による献金(寄附)・選挙運動との関係について、弁護士が解説!

    政治とカネの問題は、ある種永遠のテーマのようなところがありますが、選挙が近づいてくると、いわゆる政治献金に関するご相談が増加する傾向があります。今年は後半に国政選挙が噂されているところ、そろそろこういったご相談も出てくるとおもわれることから情報の整理を図ってみました。ご笑読ください。会社による献金(寄附)・選挙運動との関係について、弁護士が解説!弁護士湯原伸一「リーガルブレスD法律事務所」の代表弁護士。IT法務、フランチャイズ法務、労働法務、広告など販促法務、債権回収などの企業法務、顧問弁護士業務を得意とする。1999年、同志社大学大学院法学研究科私法学専攻課に在学中に司法試験に合格し、2001年大阪弁護士会に登録し、弁護士活動を開始する。中小企業の現状に対し、「法の恩恵(=LegalBless)を直接届けたい...【記事投稿】会社による献金(寄附)・選挙運動との関係について、弁護士が解説!

  • 【記事投稿】定年退職後の高齢者雇用に関する法的注意点について、弁護士が解説!

    高齢者の増加に伴う様々な問題を解決するため、行政は一貫して、高齢者雇用の促進を行っています。これに伴い高年齢者雇用安定法は何度も法改正が行われているのですが、頻度が多いため、現場では混乱が生じていると感じることがままあります。今回は、2021年4月1日より適用される改正高年齢者雇用安定法について、解説を行います。ご笑読ください。定年退職後の高齢者雇用に関する法的注意点について、弁護士が解説!弁護士湯原伸一「リーガルブレスD法律事務所」の代表弁護士。IT法務、フランチャイズ法務、労働法務、広告など販促法務、債権回収などの企業法務、顧問弁護士業務を得意とする。1999年、同志社大学大学院法学研究科私法学専攻課に在学中に司法試験に合格し、2001年大阪弁護士会に登録し、弁護士活動を開始する。中小企業の現状に対し、「法...【記事投稿】定年退職後の高齢者雇用に関する法的注意点について、弁護士が解説!

  • まったくウキウキしない

    カレンダーを見て気が付いたのですが、来週からゴールデンウイークなんですね。正直「ゴールデンウイークどころでは…」という気持ちなのですが、そういえば去年も同じ気持ちだったように思います。しかし、去年は新たな脅威(新型コロナ)に対しる不安を原因とするものだったのですが、今年は諦め(もうどうしようもないよね…)を原因とするものであり、質が異なるように感じています。同業者含め、割と身近なところでも罹患者が発生してきていますので、いつ罹患してもおかしくないという緊張感を有しつつも、もはや緊張感を保てないという相反する気持ちが共存しています。いや、ほんと、無事乗り切れるんだろうか。。。弁護士湯原伸一「リーガルブレスD法律事務所」の代表弁護士。IT法務、フランチャイズ法務、労働法務、広告など販促法務、債権回収などの企業法務、...まったくウキウキしない

  • ドローン・ビジネスを行う上で注意したい法規制について、弁護士が解説!

    ドローンを商業利用しようとする動きは年々強まっており、世界各地で社会実験が行われていることはどこかで耳にしたことがあるかと思います。日本でも商業利用の話は持ち上がっているのですが、如何せん、法律の壁が厚いと言われており、これについては今後見直し等が必要と言われています。現時点で、日本国内でドローンを用いる場合の法的注意点について、整理を行ってみました。ご笑読ください。ドローン・ビジネスを行う上で注意したい法規制について、弁護士が解説!弁護士湯原伸一「リーガルブレスD法律事務所」の代表弁護士。IT法務、フランチャイズ法務、労働法務、広告など販促法務、債権回収などの企業法務、顧問弁護士業務を得意とする。1999年、同志社大学大学院法学研究科私法学専攻課に在学中に司法試験に合格し、2001年大阪弁護士会に登録し、弁護...ドローン・ビジネスを行う上で注意したい法規制について、弁護士が解説!

  • 取引先が倒産した場合の対処法について、弁護士が解説!

    売掛金未回収のまま取引先が倒産したという事態は、商売をやっていると必ず直面するものです。ただ、この「倒産」という言葉には色々な意味が含まれており、倒産の内容如何では、少ないとはいえ回収する手段が残されている場合もあります。今回は、取引先が倒産した場合において、倒産の内容・種類に着目しながら債権者としての対処法を開設しました。ご笑読ください。取引先が倒産した場合の対処法について、弁護士が解説!弁護士湯原伸一「リーガルブレスD法律事務所」の代表弁護士。IT法務、フランチャイズ法務、労働法務、広告など販促法務、債権回収などの企業法務、顧問弁護士業務を得意とする。1999年、同志社大学大学院法学研究科私法学専攻課に在学中に司法試験に合格し、2001年大阪弁護士会に登録し、弁護士活動を開始する。中小企業の現状に対し、「法...取引先が倒産した場合の対処法について、弁護士が解説!

  • なるようにしか。。。

    私が居住している大阪はご存知の通り、新型コロナ(の変異株?)が猛威をふるっており、同業者である弁護士の罹患情報も耳にするようになってきました。正直「防ぎようがない」と諦めモードです。嵐が過ぎ去るのを静かに待つほかないんでしょうね。弁護士湯原伸一「リーガルブレスD法律事務所」の代表弁護士。IT法務、フランチャイズ法務、労働法務、広告など販促法務、債権回収などの企業法務、顧問弁護士業務を得意とする。1999年、同志社大学大学院法学研究科私法学専攻課に在学中に司法試験に合格し、2001年大阪弁護士会に登録し、弁護士活動を開始する。中小企業の現状に対し、「法の恩恵(=LegalBless)を直接届けたい(=Directdelivery)」という思いから、2012年リーガルブレスD法律事務所を開設した。現在では、100社...なるようにしか。。。

  • 【記事投稿】HRTech利用時に留意したい法的事項につき、弁護士が解説!

    X-Techという言葉が用いられるようになって久しいですが、おそらく今後身の回りに影響を及ぼすとすればHR-Techと呼ばれる人事労務に関係するテクノロジーになるかと思われます。当然のことながら、HR-Techに関する法整備は進んでおりませんが、現行法の枠組みで押さえておきたいポイントをまとめました。ご笑読ください。HRTech利用時に留意したい法的事項につき、弁護士が解説!弁護士湯原伸一「リーガルブレスD法律事務所」の代表弁護士。IT法務、フランチャイズ法務、労働法務、広告など販促法務、債権回収などの企業法務、顧問弁護士業務を得意とする。1999年、同志社大学大学院法学研究科私法学専攻課に在学中に司法試験に合格し、2001年大阪弁護士会に登録し、弁護士活動を開始する。中小企業の現状に対し、「法の恩恵(=Leg...【記事投稿】HRTech利用時に留意したい法的事項につき、弁護士が解説!

  • マンボウ

    私が事務所を構える大阪市は、まん延防止等重点措置に基づく対象地域になっています。とはいえ、別にいつもと変わりません。私自身も対象地域になったからといって、「だから何?」というのが正直な思いです。いや、もちろん新型ウイルスに罹患なんてしたくないし、万一罹患したとしても撒き散したくもない。でも、結局何をすればいいのか分からない。危機意識うんぬんよりも、「××しなければならない!」という明確な解がないため、仕方なくいつも通りの生活を続けているだけのような気がします弁護士湯原伸一「リーガルブレスD法律事務所」の代表弁護士。IT法務、フランチャイズ法務、労働法務、広告など販促法務、債権回収などの企業法務、顧問弁護士業務を得意とする。1999年、同志社大学大学院法学研究科私法学専攻課に在学中に司法試験に合格し、2001年大...マンボウ

  • 【記事投稿】非上場会社の株主が死亡した場合の株式処理につき、弁護士が解説!

    株式市場で流通している株式であれば、金融資産として単純に遺産分割対象として協議すればよいのですが、非上場の中小企業の株式の取扱いとなると、会社経営の問題が絡んでくるため、資産価値そのものよりも支配権争いに関連して紛争が生じやすくなります。今回は、会社から見て、株主が死亡した場合の対処法につき開設を行います。ご笑読ください。非上場会社の株主が死亡した場合の株式処理につき、弁護士が解説!弁護士湯原伸一「リーガルブレスD法律事務所」の代表弁護士。IT法務、フランチャイズ法務、労働法務、広告など販促法務、債権回収などの企業法務、顧問弁護士業務を得意とする。1999年、同志社大学大学院法学研究科私法学専攻課に在学中に司法試験に合格し、2001年大阪弁護士会に登録し、弁護士活動を開始する。中小企業の現状に対し、「法の恩恵(...【記事投稿】非上場会社の株主が死亡した場合の株式処理につき、弁護士が解説!

  • 話題の「タヒね」ツイート懲戒処分の判断理由を読んでみた

    「道徳」とか「倫理」とか非常に抽象的な基準で、懲戒処分の決定を行っているな…というのが、まずもっての感想です。あくまでも私の主観にすぎませんが、この基準であれば、Twitterを利用している弁護士の半分くらいは懲戒相当なのではないでしょうか(笑…いや笑えない…)。まぁ、投稿内容それ自体は個人的には好ましくはないとは思うものの、あえて弁護士会が懲戒処分を下してまで規制するべきかは疑問です。(言い方は悪いですが、他のTwitterを利用する弁護士への警鐘、要は人柱のような印象を受けました)弁護士湯原伸一「リーガルブレスD法律事務所」の代表弁護士。IT法務、フランチャイズ法務、労働法務、広告など販促法務、債権回収などの企業法務、顧問弁護士業務を得意とする。1999年、同志社大学大学院法学研究科私法学専攻課に在学中に司...話題の「タヒね」ツイート懲戒処分の判断理由を読んでみた

  • 【記事投稿】給料前払いサービスの導入するに際しての法的注意点につき、弁護士が解説!

    最近、正社員であっても、直ぐに給料を現金化して支払ってほしいという人が増加してきているようです。そういったニーズに応える民間サービスが存在し、会社もそうった民間サービスとの提携を検討することも増えてきているのですが、一部では、こういった民間サービスの逮捕事例も存在し、現場ではやや混乱が生じています。そこで、給料前払いサービスを提供する事業者と会社が提携する場合の注意点について、解説を行いました。ご笑読ください。◆給料前払いサービスの導入するに際しての法的注意点につき、弁護士が解説!弁護士湯原伸一「リーガルブレスD法律事務所」の代表弁護士。IT法務、フランチャイズ法務、労働法務、広告など販促法務、債権回収などの企業法務、顧問弁護士業務を得意とする。1999年、同志社大学大学院法学研究科私法学専攻課に在学中に司法試...【記事投稿】給料前払いサービスの導入するに際しての法的注意点につき、弁護士が解説!

  • さてどうなるんだろう

    東京等の関東圏も21日にでいよいよ緊急事態宣言が解除されるようです。私のいる大阪は既に緊急事態宣言は解除されているのですが、今のところ目立って状況が悪化した等の報道もされていないようですので、今のところは平穏無事(?)です。春ですし、だいぶ暖かくなってきていますので、今後はおそらく多くの人が外出することになりそうですね。関東圏の緊急事態宣言解除により何が起こるのかは、4月中旬以降に答え合わせするしかなさそうですが、「なるようにしかならない」と割り切ってしまうことも、そろそろ必要なのかもと思う今日この頃です。弁護士湯原伸一「リーガルブレスD法律事務所」の代表弁護士。IT法務、フランチャイズ法務、労働法務、広告など販促法務、債権回収などの企業法務、顧問弁護士業務を得意とする。1999年、同志社大学大学院法学研究科私...さてどうなるんだろう

  • 【記事投稿】フランチャイズ加盟希望者が確認したいフランチャイズ契約書のチェックポイントとは?

    新年度を迎えるに当たり、様々な事情で新規ビジネスを立ち上げる必要性に迫られることがあります。もっとも、全くのゼロ状態から新規ビジネスを立ち上げて軌道に乗せることは至難の業です。そこで、ビジネスノウハウが確立されているパッケージ型のフランチャイズチェーンに加盟することも1つの検討事項となります。ところで、フランチャイズについては、契約内容が難しく、何がポイントか理解できないという加盟候補者の相談も多いように思います。そこで、加盟前に、加盟候補者が検討しておきたい事項を当職なりに整理してみました。ご笑読ください。フランチャイズ加盟希望者が確認したいフランチャイズ契約書のチェックポイントとは?弁護士湯原伸一「リーガルブレスD法律事務所」の代表弁護士。IT法務、フランチャイズ法務、労働法務、広告など販促法務、債権回収な...【記事投稿】フランチャイズ加盟希望者が確認したいフランチャイズ契約書のチェックポイントとは?

  • 【記事投稿】PoC(技術検証・実証実験)契約について、弁護士が解説!

    革新的な技術を有するスタートアップ等の中小企業と大手企業との業務提携話が多くなってきているようです。ところで、業務提携に至る前段階で、この革新的な技術をどうやって活用するのか、どうやって商業利用するのか事前に検討を行うことが多いのですが、従来までは中小企業が事実上無償で行っている実態がありました。しかし、結局のところは業務提携に至らず、中小企業に無駄な負担が生じたり、場合によっては革新的な技術が大手企業に盗まれてしまうといった問題も生じていました。そこで、最近では事前検証のためのルールを設定した契約を締結するという流れができつつあるのですが、その契約のことをPoC契約と呼んでいます。今回は、中小企業の視点から見たPoC契約の解説です。ご笑読ください。PoC(技術検証・実証実験)契約について、弁護士が解説!弁護士...【記事投稿】PoC(技術検証・実証実験)契約について、弁護士が解説!

  • 弁護士の「品位」って何だろう。。。

    ツイッター上でのつぶやき(=業務外での言動)でも懲戒処分されるんですね。◆死ねを意味する「タヒね」投稿、弁護士を戒告…依頼者と着手金トラブル民間企業で、従業員がこういった言動をツイッター上で行った場合、普通は懲戒処分の対象とはならない(いわゆる私生活上の言動)ように思うのですが、弁護士の場合はなってしまうようです。弁護士会に”支配”されているような感覚に陥るのは気のせいでしょうか。。。(こういった弁護士会批判の記事掲載も「品位」がないとして懲戒処分になるのかな!?)弁護士湯原伸一「リーガルブレスD法律事務所」の代表弁護士。IT法務、フランチャイズ法務、労働法務、広告など販促法務、債権回収などの企業法務、顧問弁護士業務を得意とする。1999年、同志社大学大学院法学研究科私法学専攻課に在学中に司法試験に合格し、20...弁護士の「品位」って何だろう。。。

カテゴリー一覧
商用