プロフィールPROFILE

robotic-personさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

本blogの記事に関連してデジタルカメラ、デジスコ、スマートフォン、PC、AV機器、折り畳み自転車などの使いこなしに関するフリーの電子書籍も提供しています。

ブログタイトル
ロボット人間の散歩道
ブログURL
https://robotic-person.blog.ss-blog.jp/
ブログ紹介文
科学技術やカメラ、スマートフォン、PC、折畳み自転車等の道具の使いこなし等に関するblogです
更新頻度(1年)

465回 / 365日(平均8.9回/週)

ブログ村参加:2009/12/05

読者になる

robotic-personさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/12 12/11 12/10 12/09 12/08 12/07 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,478サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 20 10 0 10 20 10 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32,933サイト
カメラ・レンズ・撮影機材 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 309サイト
スマホ・携帯ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,464サイト
スマートフォン 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 711サイト
自転車ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,631サイト
ミニベロ・折りたたみ自転車 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 466サイト
今日 12/12 12/11 12/10 12/09 12/08 12/07 全参加数
総合ランキング(OUT) 42,826位 44,704位 47,470位 50,760位 44,769位 42,426位 47,902位 980,478サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 20 10 0 10 20 10 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 1,067位 1,112位 1,220位 1,332位 1,125位 1,089位 1,209位 32,933サイト
カメラ・レンズ・撮影機材 6位 6位 7位 7位 5位 5位 5位 309サイト
スマホ・携帯ブログ 108位 112位 122位 129位 113位 112位 118位 4,464サイト
スマートフォン 9位 11位 11位 12位 11位 11位 13位 711サイト
自転車ブログ 794位 812位 846位 900位 825位 812位 839位 9,631サイト
ミニベロ・折りたたみ自転車 33位 35位 38位 41位 38位 38位 40位 466サイト
今日 12/12 12/11 12/10 12/09 12/08 12/07 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,478サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 20 10 0 10 20 10 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32,933サイト
カメラ・レンズ・撮影機材 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 309サイト
スマホ・携帯ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,464サイト
スマートフォン 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 711サイト
自転車ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,631サイト
ミニベロ・折りたたみ自転車 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 466サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、robotic-personさんの読者になりませんか?

ハンドル名
robotic-personさん
ブログタイトル
ロボット人間の散歩道
更新頻度
465回 / 365日(平均8.9回/週)
読者になる
ロボット人間の散歩道

robotic-personさんの新着記事

1件〜30件

  • セイコードリームスクエア

     先のblogのようにNISSAN CROSSINGで展示車両を見て楽しんだ後、ワンパターンの行動ですが、銀座・和光へ行き、ウィンドウディスプレイを見てJR有楽町駅に向かおうとしたところ、その近くの建物のガラスドア越しに大きな時計の機構の展示とSEIKO DREAM SQUAREの文字が目に入ってきました(オープンは2018年12月20日で「今頃、気づいたのね」です (^_^;)。  営業時間の午後7時を過ぎていたため、中には入れませんでしたが、 「セイコーのシンボルでもある和光の時計塔の内部をイメージした空間や、ブランドの歴史とテクノロジーに触れる展示や体験型のコンテンツを備えるほか、セイコーの人気ブランドである「プロスペックス」、「ルキア」、「プレザージュ」、「アストロン」をご購入いただける複合施設です。」とのことで「今度、立ち寄ろう!」です。

  • ニッサンR380(A-II型)とFORMULA E(NISSAN CROSSING)

     11月30日、先のblogのように資生堂ギャラリーとギンザ・グラフィック・ギャラリーの企画展を楽しんだ後、NISSAN CROSSINGへ行きました。そしてニッサンR380(A-II型)(11月30日〜12月11日の展示)とFORMULA E(11月19日からの展示で「都合により12月3日〜12月11日は展示せず」とのこと)の展示を楽しみました (^_^)

  • 3年ぶりにサイエンス・スクエアつくば

     先のblogで産業技術総合研究所の地質標本館へいった事を書きました。地質標本館は午後4時30分の閉館ですが、お隣のサイエンス・スクエアつくばは午後5時の閉館から「久し振りにサイエンス・スクエアつくばも見よう」になりました(blogより、前回来たのは約3年前)。  女の子がロボットの姿を見ていて、「実際のロボットの姿を見て育っている今日の子供たち、ロボットに対してどのような感覚をいだいているのかな?」と考えさせられました。

  • 特別展「日本初!日本列島大分析 元素で見る『地球化学図』」(2019年10月8日~2020年1月5日、地質標本館)

     国土地理院「地図と測量の科学館」で開催の企画展「大転換!平成の測量」(2019年11月6日~12月20日)へいった事を11月のblogで書きましたが、その入口のチラシのラックから地質標本館で特別展「日本初!日本列島大分析 元素で見る『地球化学図』」(2019年10月8日~2020年1月5日)が開催されているのを知りました。地質標本館へ前回行ったのは特別展示「首都をささえる大地のしくみ」(2016年11月8日~2017年1月15日)が開催されていた約3年前のことになり、午後4時30分の閉館から「今から行けば30分位、特別展示が見られるな」で移動しました。  展示の地球化学図は地下を掘削して得られた土壌などを分析したものでなく、地表面にある露出しているものを分析したことなど、特別展示を解説される方から説明を聞くことができ、勉強になりました。また、海と陸の地球化学図のWebサイトがあ..

  • 企画展「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション―メトロポリタン美術館所蔵」(2019年9月13日~12月8日、東京国立近代美術館工芸館)

     「東京国立近代美術館工芸館で12月8日まで開催の企画展「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション―メトロポリタン美術館所蔵」へ行きたいなあ」となったことを11月のblogで書きました。12月2日に「令和元年秋季皇居乾通り一般公開」と「大嘗宮一般参観」を楽しんだことをblogで書き、新宿歴史博物館で特別展 近代測量150年記念「測量×地図 測り・描き・守り・伝える」へいったことをblogで書きましたが、その途中、東京国立近代美術館工芸館へ行って企画展を見、竹細工の繊細さを知ることができました。  なお、東京国立近代美術館で開催の企画展「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(2019年11月1日~2020年2月2日)と企画展「鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開」(11月1日~12月15日)を見ることは「新宿歴史博物館で開催の特別展を見なければ!」で今回は諦めました。

  • 雨の中、「令和元年秋季皇居乾通り一般公開」と「大嘗宮一般参観」へ

     12月2日(月)は雨。先のblogで「東京国立近代美術館が大嘗宮一般参観(11月21日~12月8日)及び令和元年秋季皇居乾通り一般公開(11月30日~12月8日)に合わせて、本館と工芸館ともに臨時に開館」ということを書きました。ふと気になってWebサイトで大嘗宮一般参観の待ち行列を確認したら、すぐ、入場できるとのことで原稿書きに詰まっていたこともあり、「気分転換に行こう!」になり、二重橋前駅に12:30頃に到着しました (^_^;  そして人混みの苦痛を感じることなく、乾通りの紅葉と大嘗宮の見学を楽しみました。  「雨なんか大したことない!」です (^_^;

  • 特別展 近代測量150年記念「測量×地図 測り・描き・守り・伝える」(2019年9月22日~12月8日、新宿歴史博物館)

     国土地理院「地図と測量の科学館」で開催の企画展「大転換!平成の測量」(11月6日~12月20日)へ行き、新宿歴史博物館で特別展 近代測量150年記念「測量×地図 測り・描き・守り・伝える」(9月22日~12月8日)が開催されているのを知りました。そこで12月2日(月)、午後4時30分頃に入館しました。日本の測量の歴史がコンパクトにまとめられていてとても勉強になりました。

  • カシミヤ100%に惹かれて入手したジャケット・・

     上の写真のカシミヤ100%に惹かれて下の黒のジャケット(BUSINESS EXPERT)を入手したのは何年前だったでしょうか。「カシミヤの特徴・お手入れ」(LeCENT)のWebサイトを見つけ、「手入れがちゃんとできていないなあ」と反省させられています。  一方、アニマルライツセンターのWebサイトで「カシミヤは恐怖と苦痛の産物」(Vegan Fashion)というものがあり、・・  「カシミヤヤギのことを考えてこのジャケットを大切に着ることが私のできることかな・・」と考えさせられています。

  • ギンザ・グラフィック・ギャラリー第377回企画展「動きの中の思索―カール・ゲルストナー」(2019年11月28日~2020年1月18日)

    Design: Kijuro Yahagi  ギンザ・グラフィック・ギャラリーは好きなアート関係の展示施設で前回、来たのはblogより第374回企画展「田名網敬一の観光」で今も思い出す中身の濃い企画展でした。先のblogのように資生堂ギャラリーを楽しんだ後、ギンザ・グラフィック・ギャラリー第377回企画展「動きの中の思索―カール・ゲルストナー」(2019年11月28日~2020年1月18日)へ行きました。カール・ゲルストナーは、スイスのタイポグラフィとグラフィックデザインに大きな影響を与えた方とのことです。国際タイポグラフィー様式(スイス・スタイル)やHelveticaという書体名、どこで知ったかは記憶の彼方ですが、何か、懐かしい気持ちになりました。

  • 「Surface and Custom ジェイ・チュン&キュウ・タケキ・マエダ、サーラ・ドゥラート、ピエール・ルギヨン、クララ・リーデン、カリッサ・ロドリゲス、竹岡雄二」展(2019年10月18日~12月22日、資生堂ギャラリー)

     先のblogのように科学未来館、青海コンテナふ頭へ行った後、「久しぶりに資生堂ギャラリーとギンザ・グラフィック・ギャラリーへ行こうかな」となりました。そしてスマホでどちらも企画展が開催されているのを確認し、ゆりかもめの東京国際クルーズターミナル駅(「船の科学館駅」から3月16日に改称)で乗車し、新橋駅へ行き、そこから急ぎ足で資生堂ギャラリーへ向かいました。  資生堂ギャラリーでは「Surface and Custom ジェイ・チュン&キュウ・タケキ・マエダ、サーラ・ドゥラート、ピエール・ルギヨン、クララ・リーデン、カリッサ・ロドリゲス、竹岡雄二」展(2019年10月18日~12月22日)が開催されていました。資生堂ギャラリーはいつも今日のアートに触れるよい機会を提供してくれます (^_^)  約4年前のblogで資生堂掛川工場の敷地内の資生堂企業資料館と資生堂アートハウスを見..

  • 青海コンテナ埠頭

     東京臨海部広報展示室 ”TOKYO ミナトリエ" で夕暮れ時の富士山を楽しんだことを先のblogで書きました。そして上の写真の青海コンテナ埠頭の夕暮れ時の景色も見ていて「ガントリークレーンやコンテナヤードを近くで見てみよう!」になりました。

  • 「G空間EXPO 2019」へ行き、「TOKYOミナトリエ」で夕暮れ時の富士山を楽しむ

     先のblogで「地図と測量の科学館」で開催の企画展「大転換!平成の測量」(11月6日~12月20日)を見た事、そして「G空間EXPO 2019」が日本科学未来館で11月28~30日開催について書きました。本blogより前回、G空間EXPOへ行ったのは「G空間EXPO 2015」だったことから「また、行こう!」になりました。そしてテレコムセンター駅で降りて科学未来館へいく途中、青海フロンティアビルの脇に表示された「TOKYOミナトリエ」の案内を見て、6年近く前のblogで東京臨海部広報展示室「東京みなと館」のことを書いたこと、改修工事のために休館となったことをニュースで知った事などを思い出し、「科学未来館の後、2017年4月28日のリニューアルオープンで「TOKYOミナトリエ」に名称変更された東京臨海部広報展示室 (火~木曜日・日曜日 10時~18時, 金・土曜日・祝前日 10時~..

  • ミューファンの尾州の生地のジャケット

     先のblogで無くしたボタンが見つかって復活したAquascutumのジャケットのことを書きましたが、衣類のブランドは以前ほど、気にしなくなりました(昔、マーケティングの勉強でブランドロイヤリティを学びましたが、個人的にはそれは薄れています)。イトーヨーカドー流山店の衣料品売り場を歩いていて売り場の女性に「日本の生地ですよ。大幅に割引いてますよ」とPLAYBOYブランドのジャケット(ベトナム製)を勧められました。濃紺と黒の生地のもの、そして下の写真のグレイと黒の生地のものがあり、「濃紺と黒は重い感じ・・、買うんだったらグレイと黒かな」と手にしてその重さに「軽い」となり、生地の「表地:ポリエステル100%、裏地:ポリエステル100%」を見て「成程」となりました。  上の「尾州」(BISHU Premium Quality) のマークがついていて「尾州産地で作られる糸」とのことです..

  • 企画展「大転換!平成の測量」(2019年11月6日~12月20日、国土地理院「地図と測量の科学館」)

     地図と測量の科学館(国土地理院)へ前回、行ったのはblogより、企画展『「東日本大震災から1年」~今後の地震・災害に備えて~』を見た2012年6月でそれから約7.5年が経ってしまいました。NHKの地域ニュースから地図と測量の科学館で企画展「大転換!平成の測量」が開催されているのを知り、測量も関心分野のため、所用を片づけた後、地図と測量の科学館へ向かってしまいました (^_^;  測量と地図に関する技術情報を時々、読んでいて、平成の時代、従来の測量方法からGPSなどの人工衛星を利用した測量との組合せになったことが大きな技術変革と認識していましたが、断片的なことは否めませんでした*。それがこの特別展を見ることで体系的に理解できたように思えました。また、ドローンDJI S900に搭載のデジタルカメラがLUMIX DMC-GH4(Panasonic)で、組合せのレンズがM.ZUIKO ..

  • 東芝未来科学館 他

     東芝未来科学館に前回来たのはblogより、「東芝自動化機器の歩み「社会を支える東芝自動化機器、半世紀の歩み」展」が開催されていた2014年11月のことでした。その後、東芝は原子力事業の巨額減損により事業を縮小していきました。そのような中で「東芝未来科学館は?」と気になっていました。同館のWebサイトを見ればちゃんと運営されているのはわかるのですが、パシフィコ横浜で開催の「MWE 2019」(11月27~29日)を見に行った帰り、JR川崎駅で途中下車し、閉館時間の午後5時過ぎとなりましたが、東芝未来科学館の前に行き、少し安心しました。

  • IKEAで「本物のモミの木」を見てクリスマスシーズンの到来を感じる 他

     先日、IKEA三郷店へ気分転換に行きました。そして建物外で「本物のモミの木」としてクリスマスツリーが販売されているのが目にはいりました。Marunouchi Bright Christmas 2019やThe Landmark Christmas 2019ではクリスマス商戦に入ったことを感じましたが、モミの木の販売は実際にクリスマスシーズンに入ったことを感じさせます。

  • 東京国立近代美術館の前を通って

     東京国立近代美術館で開催中の企画展「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(2019年11月1日~2020年2月2日)のひとつの展示として屋外に設置された上の作品が、先のblogで11月14日にいったことを書いた科学技術館で開催の「光とレーザーの科学技術フェア2019」(11月12~14日)への道中で気になりました。  「工芸館で12月8日まで開催の企画展「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション―メトロポリタン美術館所蔵」、そして美術館で開催の企画展「鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開」(11月1日~12月15日)とあわせて会期中に行きたいなあ」になっています。  12月2日(月)は「大嘗宮一般参観(11月21日~12月8日)及び令和元年秋季皇居乾通り一般公開(11月30日~12月8日)に合わせて、本館と工芸館ともに臨時に開館いたします。」とのことです。

  • カーナビから自動運転の実現はまだ先であることを実感

    名古屋高速道路路線図  カーナビのない時代、目的地までのルートを地図で覚え、地図は途中での確認程度の使用で目的地へ到着できました。これに対して現在の私はカーナビなしでは・・ (T_T)  先のblogで愛知県公文書館展示室のある愛知県自治センター(リンク先はpdfファイル)から名古屋市港防災センター(名古屋市港区役所隣)へ行ったことを書きました。名古屋市は広く、道路もわからないため、カーナビ(7月のblogで導入を書いたMapFanの地図データを用いるMDV-S706 (Kenwood) )の案内を頼りに移動しましたが、その際、以下の「?」という道案内をされました。  今日、自動車の自動運転が注目されていますが、その実現に不可欠なカーナビ機能が100%の信頼を置けるものでなく、自動運転の実現にはまだ長い道のりがあること、一方、「既知のルート以外、走行しない」という条件付きであ..

  • 「写真で見るあいちの地震・台風 - 伊勢湾台風60年 -」(愛知県公文書館展示室)と「伊勢湾台風」60年企画展(名古屋市港防災センター)へ

    愛知県公文書館展示室  先月のblogで名古屋市博物館で開催の伊勢湾台風60年事業「特別展 治水・震災・伊勢湾台風」(2019年9月21日~11月4日)と名古屋大学減災連携研究センター 減災館で開催の第28回特別企画展「伊勢湾台風から60年~あのときの被害・避難・復興の実態に迫る~」(2019年9月25日~2020年1月17日)を見たことを書きました。そして愛知県公文書館展示室と名古屋市港防災センターでも伊勢湾台風60年関係の展示を行われているのを知り、「次に愛知県に来た時に行こう」となりました。そして再び、愛知県に来て所用を終えて「時間的に両展示をぎりぎり見られるかな」で自動車で移動開始しました。 ■ 「写真で見るあいちの地震・台風 - 伊勢湾台風60年 -」(9月17日~11月22日、愛知県公文書館展示室)  愛知県公文書館展示室は愛知県自治センターの7、8階にあり、..

  • Marunouchi Bright Christmas 2019 STAR WARS FAN’S GALLERY(2019年11月7日~12月25日、行幸地下ギャラリー)他

     STAR WARS “Precious for you” ~Marunouchi Bright Christmas 2019~の中の一つのイベントのFAN'S GALLERY を見るために行幸地下ギャラリーへいき、「タリタクム」リサ・クリスティン写真展(2019年11月22日~12月20日)が開催されていたことからローマ教皇の23日の来日もあって、その写真展を先にblogとしてアップしました。  FAN'S GALLERY は「日本有数のスター・ウォーズファンが所有する貴重なグッズやこの冬新たに登場する最新グッズまでが集結。様々な世代が思い出とともにスター・ウォーズを語り合う空間が登場します。」とする展示で、私自身はスター・ウォーズファンではありませんが*、機械モノが好きでミレニアム・ファルコン号の断面モデルに「こんな構造の設定なんだ」等と楽しい時間を過ごすことができました。「..

  • 2019年11月下旬の金星と木星の大接近

     2019年11月下旬、金星と木星が大接近ということで11月21日、出先で太陽が沈んだ西の空を見たら金星と木星が見えました(上の写真では金星が夜空の光る点となっていますが、部分拡大すると次の写真のように木星も光る点として見えます)。  11月24日が金星と木星の最も近づいた姿が見られるとのことですが、私の住む辺りの天気、台風27号の影響で11月22日は強い雨に見舞われ、天気予報から来週末にならないと星空は望めないようです (T_T)

  • 「タリタクム」リサ・クリスティン写真展(2019年11月22日~12月20日;行幸地下ギャラリー、三菱一号館美術館 歴史資料室)

     11月10日にMarunouchi Bright Christmas 2019を開催する各ビルを見て回ったこと、そしてFAN'S GALLERY を開催の行幸地下ギャラリーを見るのを忘れたため、「今度・・」となったことを先のblogで書きました。東京ビッグサイトで開催のHOSPEX Japan 2019 とアグロ・イノベーション 2019へ11月22日に行った後、「FAN'S GALLERYを見に・・」で都バスで東京駅丸の内南口へ行きました。  そして行幸地下ギャラリーでFAN'S GALLERYを見、「皇居寄りの展示は」と見たところ、ローマ法王関係の写真展示がされていました。そこでWeb検索して「タリタクム」リサ・クリスティン写真展(11月22日~12月20日)で「ローマ法王の38年ぶりの来日*を記念し開催。TEDスピーチ「現代奴隷の目撃写真」で世界中に衝撃を与えたアメリカ出..

  • ボタンを見つけ、Aquascutumの6ボタンのダブルジャケットが復活 (^_^)

     MADE IN ENGLANDとするAquascutumの6ボタンのダブルジャケットが洋服ダンスに入っています(曖昧な記憶ですが、2001年のリニューアルグランドオープン前の時代の松屋銀座のバーゲンで入手したような・・)。そして少し改まった場所にいく場合、着用してきました。  昨年12月、親族の家から、ある会合にこのジャケットを着て参加したのですが、帰ってからボタンの1つが無くなっているのに気づきました。ボタンホールに掛けるボタンのような力はかからない飾りボタンですが、ボタンを留める糸が切れていました。そして他のボタンの糸も劣化していました。会合の会場に「ボタンの落とし物の届けはありませんか」と連絡しましたが、届けはないとのことでした。住処に帰ってボタン類を入れているケースを調べましたが、予備ボタンはなく、同じボタンを入手する術もなさそうで「どうしよう・・」とハンガーに掛けたま..

  • 御即位記念特別展「正倉院の世界―皇室がまもり伝えた美―」(2019年10月14日~11月24日、東京国立博物館)他

     11月16日、旧博物館動物園駅 駅舎、国際子ども図書館、東京藝術大学と展示を楽しんだ後、東京国立博物館は金・土曜日に午後9時まで開館していることから御即位記念特別展「正倉院の世界―皇室がまもり伝えた美―」(前期展示:10月14日~11月4日、後期展示:11月6~24日)を見るために午後5時頃に入館しました。特別展「正倉院の世界」の待ち行列は約20分と伝えられましたが、「閉館まで十分時間がある」で待ちました。そしてふと、「奈良で「正倉院展」を見たのはいつだったかな」になりました(住処に帰って本blogを検索し、平城遷都1300年祭もあって2010年に何度か奈良へいったことはわかりましたが、当時は最近のblogのように詳しくは書いていないため、「以前、撮影した画像と集めた資料から調べるしかないかな」で調べるのは諦めました (^_^; )  「正倉院の世界」で個人的に楽しめたのは琵琶..

  • 「絵本に見るアートの100年―ダダからニュー・ペインティングまで」(2019年10月1日~2020年1月19日、国際こども図書館)と黒田記念館

     国際こども図書館に前回、入館したのはblogより5年前のこととなりました。「想起の力で未来を:メタル・サイレンス 2019」(10月18~11月17日)を開催の旧博物館動物園駅 駅舎へいった後、「久し振りに国際こども図書館の前へ行ってみようかな」で東京藝術大学へ行く前、建物の前にいったところ、「絵本に見るアートの100年―ダダからニュー・ペインティングまで」(2019年10月1日~2020年1月19日)のポスターがありました。そこで3階の本のミュージアムへ行き、展示を楽しみました。なお、前期と後期で展示は構成され、前期は11月17日まで、後期は11月19日からで「「また、観にきてね」という意味かな」になりました。

  • 東京藝術大学正門再生プロジェクトの現状

     東京藝術大学のWebサイトを通して「東京藝術大学正門再生プロジェクト」を知ったことを先のblogで書きました。そしてそして東京藝術大学大学美術館で開催の「呼吸する彫刻」退任記念 北郷 悟 展などを見るのとあわせて、正門の現況を見ました(詳細は東京藝術大学正門再生プロジェクトのWebサイト参照)。  東京藝術大学のオリジナルの正門及びその周辺はレンガをモルタルで結合したレンガ積の構造です。そしてモルタルは排気ガスなどの影響で中性化し、強度が低下します。この再生プロジェクトでは門柱の中心に鉄筋コンクリート製の柱を構築し、その周囲に以前の正門で使用されていたレンガを取り付け、強度と歴史的外観を両立させようとするものです。正門部分は既に再生されていましたが、その周辺のレンガの柱はモルタルが欠損し、レンガも欠けている状況で両端の柱は応急措置の鉄製の補強材が取り付けられていました。美術学部..

  • 「「呼吸する彫刻」退任記念 北郷 悟 展」(2019年11月7~17日、東京藝術大学大学美術館)他

     先のblogのように旧博物館動物園駅 駅舎で開催のUENOYES 2019(10月18日〜11月17日)を観た後、約2年ぶりに東京藝術大学へ行きました(前回は「シルクロード特別企画展「素心伝心」クローン文化財 失われた刻の再生 」の開催時)。そして東京藝術大学大学美術館で「呼吸する彫刻」退任記念 北郷 悟 展、「内包された温度」展、「コミテコルベール アワード 2019 -令和:新しい時代-」展、正木記念館で「平櫛田中記念室 コレクション展示 2019」を楽しみました (^_^)

  • UENOYES 2019(10月18日〜11月17日、旧博物館動物園駅 駅舎)で爆撃の現実を

     「「想起の力で未来を:メタル・サイレンス 2019」(10月18~11月17日)を開催の旧博物館動物園駅 駅舎の内部を見たい」となったことを先のblogで書きました。そして11月16日、ボランティア活動で総勢39名を引率して守谷の「鳥のみち」を楽しんだ後、上野の旧博物館動物園駅 駅舎へ行きました。  2014年に見た時の旧博物館動物園駅 駅舎の入口の単純な鉄の扉は、趣のあるものに変わっていました。そしてその中に入ると1階の部分にフェルナンド・サンチェス・カスティーリョの作品名 "Tutor" が展示されていました。階段を下りてその踊り場にクリスティーナ・ルカスの作品の "Unending Lightning"が展示されていました。この作品は3面のスクリーンを使って「左面はどこの爆撃で何名の市民が犠牲になったか、中央はその地域の地図がクローズアップされ、爆撃の規模がドットで示され..

  • "Fame" のDVD

     先日、出先で買い物にいった大規模店舗の店頭の催し物でCDやDVDが特売されていました。つい気になってその平置き台を見たところ、"Fame" のDVDがあり、VHSのものを持っていますが、懐かしくなって売値500円(税込)もあって購入しました(東京駅の八重洲口の近くにあった名画座の八重洲スター座(1989年8月31日閉館)でよく映画を観ていた時代があり、"Fame" もそこで初めて観たような気が・・)。  本blogを始めて余り経たない頃の記事に18, 19歳の頃、バイトで着ぐるみに入っていて一緒に働いていた劇団のメンバーに影響を受けたこと、2013年のblogの作曲の思い出、先月のblogのカセットテープの音源から楽譜を書いたこと等、同じ時代のことでした。当時、「就職するのを止めてこれを続けていくのは」と考えたり、ボヘミアン(Bohemian)にあこがれていました(ボヘミアンの..

  • The Landmark Christmas 2019(2019年11月14日~12月25日、横浜ランドマークタワー)

     「光とレーザーの科学技術フェア2019」が科学技術館で11月12~14日開催、第21回図書館総合展とアートミュージアム・アンヌアーレ2019がパシフィコ横浜で11月12~14日開催から11月14日、科学技術館の後にパシフィコ横浜へ行きました。  第21回図書館総合展は18:00までの開催でその帰り、チラシを受け取って19:15からランドマークプラザ1階 サカタのタネガーデンスクエアでThe Landmark Christmas 2019の点灯式があることを知り、くまざわ書店 ランドマーク店で本を眺めて時間調整してから点灯式を見にいきました。  点灯式にはラグビーW杯2019の日本代表メンバーからトンプソン ルーク氏が出席され、ラグビーに取り組む少年から花束を受け取った後、クリスマスツリーを点灯されました。その後、イルミネーションの変化と高さ30mの吹き抜けから舞い降りる雪を楽..

カテゴリー一覧
商用