ハンドル名
shizukataさん
ブログタイトル
夫婦で楽しむナチュラルスローライフ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/shizukata1922
ブログ紹介文
定年退職後の夫婦二人の生活。日々の生活等感じたことを気ままに綴っていきます
自由文
MOTTAINAIをモットーにジャム作り、燻製作り、薪ストーブなど古くて新しい生活を楽しんでいます。のんびりとスローに生きていきたい。
更新頻度(1年)

220回 / 132日(平均11.7回/週)

ブログ村参加:2009/11/20

shizukataさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 04/25 04/24 04/23 04/22 04/21 04/20 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 957,766サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 10 10 60 50 40 10 190/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 42,324サイト
海外旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,543サイト
料理ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 33,471サイト
男の料理 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 986サイト
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 66,748サイト
薪ストーブ暮らし 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 377サイト
今日 04/25 04/24 04/23 04/22 04/21 04/20 全参加数
総合ランキング(OUT) 30,491位 32,765位 31,066位 31,027位 31,924位 31,101位 34,190位 957,766サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 10 10 60 50 40 10 190/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 1,804位 1,932位 1,838位 1,840位 1,857位 1,833位 1,947位 42,324サイト
海外旅行 99位 109位 101位 102位 101位 98位 106位 3,543サイト
料理ブログ 941位 1,012位 962位 966位 998位 976位 1,051位 33,471サイト
男の料理 20位 20位 22位 20位 19位 21位 24位 986サイト
ライフスタイルブログ 3,408位 3,600位 3,499位 3,498位 3,516位 3,507位 3,687位 66,748サイト
薪ストーブ暮らし 67位 70位 68位 67位 64位 61位 67位 377サイト
今日 04/25 04/24 04/23 04/22 04/21 04/20 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 957,766サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 10 10 60 50 40 10 190/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 42,324サイト
海外旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,543サイト
料理ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 33,471サイト
男の料理 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 986サイト
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 66,748サイト
薪ストーブ暮らし 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 377サイト

shizukataさんのブログ記事

  • モズクの天ぷらを食べる

    先日、学童保育で面倒を見た?Aiちゃんのお母さんから沖縄から送ってきたというモズクをたくさんいただいた。実を言うと、私はAiちゃんを学童保育で面倒を見ませんでした。私が4月から他の学童に移動となり、その後Aiちゃんが入ってきたので、直接面倒を見ることはありませんでした。が、学童のお母さんたちとはその後ずっとお付き合いが続き、Aiちゃんのお母さんもそのお仲間に入っていた。私が学童保育指導員を退職して15年になりますが今でも仲良くお付き合いが続いている。嬉しいことです。「生のモズクだからよく洗って食べてね天ぷらも美味しいよ」とAiちゃんのおかあさんが言った。モズクは父ちゃんも私も大好きですが天ぷらで食べたことはない。「天ぷらって、どうやるの?」「モズクに天ぷら粉を振りかけてよく混ぜて揚げるるだけパリパリして美味しい...モズクの天ぷらを食べる

  • 医者に行って、兄の様子を聞いてきた

    今日は糖尿病の定期検診と薬を貰いに行きました。「血糖値は130とまあまあですね。蜂に刺されたところはどうですか?」と先生。「きれいに治りました」「腫れが引くまでどれくらいかかりましたか」「元に戻るまで一週間くらい」「それは良かった。(糖尿病の)薬は今まで通りで良いでしょう」「ところで先生、腰が痛むのですが湿布薬だしていただけますか?」「良いですよ、白いのと肌色の湿布薬がありますがどちらが良い?」「効能は変わるんですか?」「変わりません」「それじゃ、肌色の方でお願いします」という訳で診察終了。薬局で薬と湿布薬4パックいただいてきた。湿布薬は医者に処方してもらうと市販されている湿布薬よりずっと安く買える。帰りに兄の家に寄ってみた。兄は未だ退院していなかった。義姉がいたので兄の様子を聞いた。歩行リハビリも、あまり熱心...医者に行って、兄の様子を聞いてきた

  • ドラマに大量新人を使う「やすらぎの刻」

    新聞のコラムに「ドラマに大量新人その思い」テレビ朝日系で4月から倉本聰脚本の連続ドラマ「やすらぎの刻〜道」が始まった。シニア層を主なターゲットに、平日の昼に放送される帯ドラマの第4弾。初回作品「やすらぎの郷」の続編だが、随所に実験的な試みが見られる。とある。倉本聰が嘆いたように、今のテレビドラマはかわいいだけで演技が下手な若手女優や、イケメンが早口でギャーギャー喚くドラマばかりで、ばあさんが落ち着いて見られるドラマが少ない。その点「やすらぎの刻〜道」ではシニア層の俳優が上手い演技で盛り立てる。おまけに若手の俳優はオーディションで選ばれた新人ばかりということで、俳優を育てるという意図があると書いてある。「やすらぎの刻〜道」は随所に倉本聰の思いも込められていてなかなか面白いドラマです。やすらぎの郷に平均年齢74歳超...ドラマに大量新人を使う「やすらぎの刻」

  • チェコビーズでラリエットを作る

    昔、よく作ったビーズアクセサリー、まだまだたくさん残っている。昨日から今日にかけて残り物のビーズを使ってラリエットを作ってみた。3ミリのチェコビーズ(ファイヤ^ポリッシュ)と丸小ビーズを使い編んでいきます。歳とると目が効かなくなり細かい仕事がやりづらく、時間もかかるので一番単純な編み込みにしました。今回はラリエットなので、柔らかさを出すためテグスではなく糸を使いました。長さ約80cmのラリエットが出来上がり↓チェコビーズでラリエットを作る

  • 選挙が終わって静かになった

    昨日は選挙(市長、市議会議員)があり先週は毎日のように「お願いします」と選挙カーが回ってきて賑やかでしたが、それも終わり今日は急に静かになりました。お隣の大ちゃんのお父さんはは仕事の合間に我が家の軒のペンキ塗りをしてくれています。父ちゃんは薪になる木片を割って箸置き作り。私は残り物ビーズを使ってアクセサリー作り。夕方みんなでお茶を飲みながら一休みしていたら市議会議員に立候補して、めでたく当選したIYさんがご夫婦で挨拶に来た。「当選おめでとう。よかったね」とみんな。「今回はちょっと大変でしたが、お陰さまで当選できました」とIYさん。「お茶でもいかが?」といったら「これから未だ挨拶回りしなきゃならないので」とお茶も飲まずに嬉しそうに帰って行きました。「我が家も凄いね〜、議員さんは挨拶に来るし、公民館の館長さんも小学...選挙が終わって静かになった

  • プランタージャガイモの収穫

    昨年秋口に小さなジャガイモの欠片をプランターに植えておいたら、冬越しして暖かくなり葉っぱが枯れてきた。ジャガイモもお終いか?と思い引き抜いて掘り返してみたら、小さいながらも新ジャガがドンブリ一杯採れた。今日はそれを茹でてマッシュにしてキュウリパプリカを入れたマッシュポテトでいただいた。肥料もやらず、放りっぱなしだったのに大きい小さいはアルものの、ちゃんとジャガイモが生っていた。偉いものです。プランタージャガイモの収穫

  • 金目鯛を頂く

    先日、ご近所のOsさんから大きな金目鯛を頂きました。銚子から送られてきた新鮮な金目鯛です。父ちゃんが上手くさばいて昨日はお刺身に、アラ(頭や中骨)は甘辛く炊いて食べました。アラ炊きの美味しい煮汁が残っていたので今日は父ちゃんがそれを使って大根を炊いてみた。大根はレンジで5分ほどチンしてアラ炊きの汁の中へ入れ、ゴボウも入れて煮込みました。大根に味が染み込んで美味しい。こちらは我が家で採れたセリをおひたしにして食べました。買ってきた根付きのセリを植えておくと芽が出てきます。春の香りがします。金目鯛を頂く

  • 市の芸術祭を見に行く

    篆刻勉強会の後、市の芸術展を見に行ってみた。会場入ってすぐの所にに和紙ちぎり絵作家尾曽律葉さんの絵(3.11星空にのぼったんだ)が架かっていた。写真ボケボケ作品の一部分↓「ランドセルの唄」の続きです。↓絵画や書道の焼き物(陶器)作品を見て回り書道の部にこのような物が掛けてありました。習志野高校、野球部ユニフォームの文字です。書道家吉原聚堂氏が「習志野」の文字をお書きになったそうです。吉原聚堂氏の書↑他に生花などを見て、帰りに市長、市議会議員の選挙の投票所に寄り帰って来ました。市の芸術祭を見に行く

  • 篆刻(てんこく)勉強会に行く

    今日は篆刻サークル「石門印会」の勉強会でした。3月の月例競刻の詳しい講評を先生から受ける。その後、Ntさんが大作(約10cm角)の印を作るという事で、マジック転写の方法を拝見。朱墨を塗った石に印稿のコピーを貼り付け四隅をセロテープで貼り付け黄色いマジックを塗ります。マジックを全体によく塗ったら転写が綺麗にいくように擦ります。紙をはがして筆で補筆今回は転写が「あまり上手くいかなかった」とNtさん。大体の字形がわかるので補筆しました。今回は「令話」の年号出典の万葉集を「刻してみようと思った」とNtさん。初春の令月にして気淑く風和ぎ梅は鏡前の粉を披き蘭は珮後の香を薫す私はこんな大きな印は刻した事がない。大きな石に細かい文字を刻すのには鏡を使って写すよりマジック転写が便利です。篆刻(てんこく)勉強会に行く

  • 父ちゃんに寄り添う猫のギズモ

    我が家の猫のギズモは上手く棲み分けている。1階では父ちゃんにべったりです。新聞を読む父ちゃんに寄り添うギズモ。1階では私には絶対に寄り付かないのに夜寝る時は私のベッドにべったりで父ちゃんのベッドに置くと早々に逃げ出し、私の方にやってきます。一体これはどういうこっちゃです。父ちゃんに寄り添う猫のギズモ

  • 美味しい昼食を頂く

    昨日、ご近所の尾曽さんから「お教室の皆さんと遅い昼食いかが?」とお招きを受けました。午後2時過ぎに伺いました。絵画教室のお稽古の日は、いつも尾曽さんのおもてなし手料理が振舞われるそうで、絵画教室もさる事ながら、季節季節に応じたお料理も皆さん楽しみにしているようです。今回は私もご相伴にあずかりました。皆さんが絵を描いている間にテーブルのセッティングがされます。今日のメニューは筍と蕗、高野豆腐の炊き合わせ、栗カボチャのマヨネーズ和え、おからの炊いたもの、筍ご飯本鮪のお刺身、うどんの揚げ野菜添え。香の物フルーツ、甘みは牡丹餅。超豪華な昼食です。女性6人で食卓を囲みました。モズクのスープと筍ご飯は食べきれずお持たせになりました。「ご主人にはいつもお世話になっていてありがたい」と尾曽さん。本当は父ちゃんも呼びたかったけど...美味しい昼食を頂く

  • 尾曽律葉さんの絵画教室を見学

    昨日、ご近所の尾曽さんから「教室の生徒さんと昼食一緒に食べませんか」と電話がありました。昼食といっても2時ごろになるという事で私は父ちゃんと軽い昼食をとってからお宅に伺いました。尾曽律葉さんは和紙ちぎり絵教室を開いている。が、今日の生徒さんたちは「ちぎり絵はもう卒業しました。今は絵画を習っています」という。長いお付き合いなので、和紙ちぎり絵は卒業して今はサロンのような絵画教室となっている。皆さん午後からの集まりです。顔彩や水彩絵の具を使って下絵に色を塗ります。こちらはアマリリスの写生↓先生(尾曽さん)が手直しします。先生の作画を見て描きます。細かい作業です。面相筆で彩色している間は皆さん真剣なので声をかけるのも憚ります。絵画を描いている合間に尾曽さんが昼食を作ります。その間私は室内の五月飾りを拝見。床の間の飾り...尾曽律葉さんの絵画教室を見学

  • ブログの更新ができない

    昨日は、パソコン(Mac)でブログアップしようとしたら「接続できません」と出た。お昼に開いたときは接続できたのに夜になったら何度やっても接続できず、ブログの更新ができなかった。今朝方も接続試みたがダメでした。父ちゃんのパソコン(Windows)ではブログが開けるのに「なんでだろ?」で、夜試しにMacで再度開いたら、「あら不思議(ってことないか)開けたじゃない」これはMacが悪かったのではなく、ブログのサーバーセキュリティがおかしかったのかもしれない。まずは良かった、という事です。「ブログに接続できない」とネット検索すると結構接続出来ない方がいるらしく「時間が経てば接続できる」と出ていたので放っておいたら今日の夜接続出来たと言う事でした。でも一体何だったんだろう?ブログの更新ができない

  • 牡丹桜とダイダイを 頂く

    昨日、サークル仲間のTさんから「牡丹桜(八重桜)要るんだったら採りに来ませんか?」とメールが入っていた。Tさん宅は広いお屋敷で大きな牡丹桜がある。で、昨日貰いに行きました。牡丹桜の塩漬けを作ります。「このところの暖かさでだいぶ花が開いてしまった」とTさん。父ちゃんが梯子を使って採りましたが。下の方はほぼ満開になり5分咲きはあまり採れませんでしたが、塩漬けにできるくらいの綺麗な牡丹桜を頂いてきました。洗って水を切り塩に漬け込みます。お庭の広いTさん宅にはブルーベルも沢山咲いていた。「ブルーベルきれいね」といったら「欲しかったら持っていっていいよ」との事で数株頂いてきました。「橙(ダイダイ)も持っていかない?あとは、捨てちゃうだけだから」とTさん。「ありがとう」とこれも頂いてきました。ダイダイは実がなかなか落ちず、...牡丹桜とダイダイを頂く

  • 余り物のコットンパールでネックレスを作る

    暇なときに沢山あるビーズでアクセサリー作りです。今日は余り物のコットンパールを使ってネックレスとブレスレットを作ってみた。コットンパールはカラーも大きさもいろいろランダムにつなげて輪にしました。年寄りは細かい留め具が上手く使えない。留め具を使わない被り式のネックレスにしてみた。残り物のバロックパールとパール(本物)はネックレスを作るのには足りないのでブレスレットとイヤリングにしてみた。出来上がったものの、これを着けて出かけるところがない。どなたか欲しい方にでも差し上げますか。まだまだ残り物で作ります。余り物のコットンパールでネックレスを作る

  • 春の味覚が届く

    夕方、四街道のおじいちゃんおばあちゃんが来て筍を持ってきてくれた。春の味が今年も届きました。が、おじいちゃん曰く「今年は筍が不作なんですよ。竹林にあまり生えてきていない」と云う。毎朝二人で散歩しながら、あちこちの竹林を見て歩くも、どこも筍が出ていないそうで「どうしてなのか、わからない」とおじいちゃん。それでも大きな筍を届けてくれた。嬉しいことです。大ちゃんのお母さんが全部茹でて届けてくれました。新鮮なのでえぐ味も少ない。暖かいうちに切って麺つゆと鰹節をかけてシンプルに食べました。美味しい。もう一つ美味しいもののお届けがありました。学童保育時代からのお付き合いのある愛ちゃんのお母さんから電話あり「今からモズクをお持ちします」と云ってきた。届けてくれた沖縄県産の生モズクです。「生なのでよく洗って食べてください天ぷら...春の味覚が届く

  • パリは燃えているか?ノートルダム(パリ)が燃えてしまった。

    今朝のTVニュースを見て驚いた。パリのノートルダム寺院が燃えている。それもかなり激しく燃えている。南と北のバラ窓には直接の放水を避けているようです。それにしてもこんなに激しく燃えるものか?と驚きでした。パリのノートルダム大聖堂と言えば石造りのどっしりした寺院と思っていましたが屋根や高い尖塔は木(木造)と知ってビックリでした。私がパリへ旅して初めてノートルダム寺院を見たのは今から30年ほど前になる。一人旅でした。海外旅行などしたこともなく、45歳で初めての海外旅行でした。昔勤めていた香料会社のYさんがパリ駐在していた。「パリに来るなら今のうちだよ。6月には日本に帰るから」と言われ、チャンス到来!と思い、父ちゃんにはほぼほぼ事後承諾の一人旅でした。パリではYさんが手の空いているときはパリ市内を案内してくれましたが、...パリは燃えているか?ノートルダム(パリ)が燃えてしまった。

  • 篆刻(てんこく)4月の課題を刻す

    今日は父ちゃんもいなかったので、午後から篆刻、月例競刻の課題を刻しました。4月の課題は「願」一文字朱文と白文を刻しました。やれやれ出来上がった。間違いはないか?ともう一度篆書字典↓で調べてみたらぎょえ〜〜間違っている。印稿のの段階で間違っていた。刻し直しです。石(巴林石)をヤスリで削り、再度刻し直しです。注意力散漫が慢性化してきた。が、なんとか出来上がり石の大きさ八分印(約2、5cm)朱文↓白文↓篆刻(てんこく)4月の課題を刻す

  • 栴檀(センダン)の実を拾ってきた

    今日、父ちゃんは選挙の期日前投票の立会人を申し受け、朝8時から夜の8時まで、市役所の選挙立会会場に出かけた。ご苦労さんです。お天気も良くなり、私はふれあい公園近くの街路樹にあるセンダンの実↓を拾いに行きました。ぶらぶら歩いて5分ほどのふれあい公園の桜も盛りが過ぎて公園には誰もいない。昨夜降った雨の水溜りに桜の花が沢山浮かんでいる。市長選挙と市議会議員選挙の投票日が21日にあります。選挙ポスターが賑やかです。拾ってきたセンダンの実は皮をむいて干し乾燥させて色をつけアクセサリーを作ってみようと思っています。お金をかけないアクセサリー作りです。栴檀(センダン)の実を拾ってきた

  • 絹の反物で作った洋服を着た素敵な人

    いつも素敵なファッションを楽しんでいるOsさん今回はポーズを取ってもらいました。白いコートが素敵です。「このコートは染める前の反物(絹織物)を頂いたのでそれを使って作ってもらったの」とOsさん。生成りの白い色が素敵です。帽子もおしゃれです。絹の反物で作った洋服を着た素敵な人

  • 東京駅舎プチ探検

    昨日、正派若柳流定期公演を見て国立劇場からバスで東京駅に出て「東京駅から帰りましょう」となりました。夜の東京駅舎↓東京駅に来たのだから2階の回廊を廻っていこう。吹き抜けの丸天井(ドーム)も素敵です。2階の回廊から見下ろす。夜の8時過ぎなので人が少ない。回廊には昔の東京駅の写真が展示してあります。100年も前の東京は空が広かった。というより高いビルがない。戦災で焼けた東京駅ここには東京ステーションホテルがあります。私たちは復元された東京駅のおしゃれな回廊で写真を写すだけ。ホテルに続くモザイク模様の床。回廊の床は大理石張りです。トイレに行った父ちゃん出できて「ここのトイレは凄いぞ、鏡張りだ」という。女4人が「じゃあ、行って見なきゃ」ということでみんなでトイレにGOです。トイレには誰も人がいなかった。本当に鏡の間でし...東京駅舎プチ探検

  • 正派若柳流 定期公演を見に行く

    ご近所のOsさんから舞踊(正派若柳流)の案内状を頂いたので父ちゃんと出かけました。場所は国立劇場大ホール。午後の部(4時開演)を見ました。演技中は撮影禁止なので休憩中に緞帳を写す。絢爛(けんらん)な新緞帳(どんちょう)「四季草花図」は江戸時代の琳派(りんぱ)の画家・鈴木其一の筆による屏風を取材したものという。住江織物社製ネットよりチケットを頂いた、若柳吉芳鏡さんの出番の前にお弁当を頂く。児雷也の天むす弁当吉芳鏡さんの出し物は清元「峠の万歳」解説扇を持って舞う太夫、鼓を打つ才蔵の二人が、江戸の町から町へお祝いの芸を披露して回り歩く正月の風物。ふだん太夫と才蔵は決まった相手がいるわけではなく、暮れにやって来た太夫は相方の才蔵を見付けて束の間のコンビを組んで稼ぎます。やがて松もとれ、春まだ遠い峠で二人は別れの時を迎え...正派若柳流定期公演を見に行く

  • 桜の花咲く中ダンスレッスンに行く

    毎週土曜日はダンスレッスンの日。コミュニティーセンターまでチャリを走らせました。途中、桜の花吹雪の中を走ります。習志野高校のフェンスにはセンバツ高校野球準優勝の横断幕がかかっていました。窓越しに桜を見ながらのダンスレッスン先生がまだ療養中なので自主レッスンです。先生がいなくても皆さんレッスンに通ってきます。シニアのダンスレッスンは運動みたいなものなので皆さん身体を動かしに頑張ってきます。今日は次の予定があったので、私は早めにレッスン終了、お茶もしないで帰って来ました。次に行く所は国立劇場です。桜の花咲く中ダンスレッスンに行く

  • 尾曽律葉「和紙ちぎり絵」の本

    先月届いた尾曽律葉さんの「和紙ちぎり絵」の本を再度じっくり拝見。尾曽律葉さんの作品は一見水彩画のように見えますが、和紙を染め手でちぎり糊で貼り付ける。とても繊細な手仕事です。以前その作業を見せていただきましたがそれらの作品作りの集大成として「和紙ちぎり絵」の本を出版しました。日本の原風景である故郷絶滅が心配される動物たち宇宙をテーマにした作品。作品の制作工程も載っています。尾曽さんの故郷は仙台、東日本弾震災ではかなりの被害をうけました。あの大川小学校に残された泥に汚れたランドセルを思い「ランドセルの歌」という作品にして発表しました子供達がランドセルを背負って空に昇っていく姿を白いうさぎに擬人化して描いています。詩も尾曽さんの故郷訛りの自作です。この作品を見るといつも泣けてきます。「この作品集は東日本大震災を忘れ...尾曽律葉「和紙ちぎり絵」の本

  • いろいろな花が咲き始めた

    昨日は寒い雨の一日でしたが、今日は朝から青空庭先にはいろいろ花が咲き始めました。ドウダンツツジヒメウツギニホンサクラソウカモミールルッコラ花名のわからない黄色い花↓名前のわからない黄色い花は種から爆発的に増えます。私は蘭の手入れです。お天気がいいので猫のギズモも外に出てきました。いろいろな花が咲き始めた

  • 小学校の入学式

    今日は小学校の入学式でした。風は少々冷たいがお天気も上々、白い雪を冠った富士山もよく見えました。桜もまだ咲いています。校門で記念写真を写すために新入生と親御さんたちが並ぶ今年も夫婦での参加が多く、おじいちゃんおばあちゃんもいるように感じます。父ちゃんは入学式の来賓として式に参加するため9時半過ぎに出かけて行きました。11時過ぎに帰ってきた父ちゃん。新入生の名簿と桜まんじゅうをもらってきました。お饅頭は半分づつ頂きました。新入生130人余、4クラスありました。「今年はだいぶまともな(キラキラネームじゃない)名前が多くなってきた」と父ちゃん。それでも男か女か判らない名前がたくさんある。凛來紗央琉玖心優優凪蕾弥來依空杜渚彩心望他にはない、なかなかいい名前をつけたのでしょうがパソコンでの一発変換ができない。それにしても...小学校の入学式

  • ケーシー高峰さんが亡くなった

    ケーシー高峰さんが亡くなった、と新聞に出ていた。俳優としても出ていましたが、医療用の白衣を着て黒板に文字を書き面白おかしく話す漫談が上手かった。さすが、医者を目指していただけあって、専門知識を笑いに変える上手さは抜群でした。最近は面白さも何にもない若者お笑い芸人が多く、このような笑わせる芸人がいなくなり、残念85歳冥福を祈ります。ケーシー高峰さんが亡くなった

  • 寒い日は手仕事、手作りをする。

    今日は関東北部の山沿いでは雪になったようで千葉県も一日中雨降りで寒い日でした。そんな時は手仕事です。父ちゃんはストーブ用の薪を使って箸置き作り。今日はカイヅカイブキの木を使います。カイヅカイブキは木の中心がなかなか綺麗なのでそれを使って箸置きを作って見ました。細く裂いて箸置きの長さに切り、ヤスリで磨いたら出来上がり。仕上げにニスを塗ります。私は使い残しのチェコビーズの3mmファイアポリッシュがたくさんあるので、それを使ってブレスレット作りです。ビーズを編んでいきますが、目が効かなくなり糸通しが少々大変でしたが、なんとか出来上がりました。まだまだ、作ります。寒い日は手仕事、手作りをする。

  • 8050と言う数字

    先日、TVのワイドショーでやっていた番組8050問題って何?と思って見たら「80代の高齢の親と50代の無職の子供が同居」とある。中高年のひきこもりが増えてきて問題になっていると云っていた。「ひきこもり」は若者が多いと聞いていましたが今ではそれが高齢化して中高年が多くなってきて。高齢化した親が頭を悩ませている。とのこと。家族も声をあげたくないということが多くひきこもり人数はもっと多い、と聞く。近所の人や親戚に、我が子が「ひきこもり」と言いたくないし、聞かれる事も嫌がる。親は子どもが「ひきこもり」になると自分が責められているような感じを受けるので他の人には知られたくないし、言いたくない。「ひきこもり」についてのカウンセリングも受けたくない。という事で、孤立してしまうという。我が家の子どもは「ひきこもり」にはならない...8050と言う数字

  • 大ちゃんの巣立ち

    今日はお隣の大ちゃんの入校式でした。大ちゃんは高校卒業後大学進学はせず専門学校の道を選びました。今日はその入校式とあって、専門学校の制服(背広上下のスーツ)を着て入校式に出かけました。「大が出かけるからスーツ姿見に来て」と大ちゃんのお母さん。「早くスーツ着てみたかったみたいよ」と少々照れくさそうでしたがスーツ姿がよく似合う。「ブログには顔を出したくない」ということで出かけていく後ろ姿を写しました。入校式は東京芸術劇場だそうで「いってらっしゃ〜い」と見送りました。今日から新しい世界に入っていく大ちゃんです。庭のコブシの木は若葉が出揃いました。10年も経つと大ちゃんも大きくなりました。こちらも歳とるはずです。大ちゃんの巣立ち