searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

tempus fugitさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

日本企業の平凡なサラリーマンです。海外関係の部署にいたこともありますが、現在では英語は時たま必要になる程度。プライベートではペーパーバックや雑誌を読んだりネットラジオやビデオを視聴したりと肩の力を抜いて日常的に英語に接しています。英検1級、国連英検特A級保有。

ブログタイトル
上級英語への道
ブログURL
https://eigo-kobako.blog.ss-blog.jp/
ブログ紹介文
上級者をめざす中で出会った表現、辞書に載っていない単語、文化的背景などをメモしていきます。
更新頻度(1年)

74回 / 365日(平均1.4回/週)

ブログ村参加:2009/02/14

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、tempus fugitさんをフォローしませんか?

ハンドル名
tempus fugitさん
ブログタイトル
上級英語への道
更新頻度
74回 / 365日(平均1.4回/週)
フォロー
上級英語への道

tempus fugitさんの新着記事

1件〜30件

  • at the end of the day 「結局のところ」(米の体操女王バイルズ選手、五輪を棄権)

    オリンピックについて、マスコミが自国の選手を中心に伝えるのは当然のことだろうが、英語圏のウェブサイトを先日見て、あらためてそう思った。その時のCNNが(またBBCも)トップページで大きく報じていたのが、「東京五輪でアメリカの有力体操選手がまさかの棄権!」というニュースだった。

  • What you see is what you get. 「見ての通り」「ありのまま」

    前回の "It's O.K. to not be O.K." に続いて、大坂なおみ選手が TIME 誌の最近号に寄稿した英文から表現を取り上げよう。"What you see is what you get." は、「見たまんまで、何も隠していない」「ご覧の通りで、ごまかしはない」ということを表す表現だ。

  • 増える「to not 動詞」という言い方(大坂なおみ選手の "It's OK to Not Be OK.")

    きのう久しぶりに書店の洋書コーナーに立ち寄ったら、大坂なおみ選手をカバーにした TIME 誌の7月19日号が目にとまった。そこに 'It’s O.K. to Not Be O.K.' とあるのを見て、「おっ」と思った。 学校で習った不定詞の説明だと、"not to 動詞" としないとまずいはずだが、実際には、"to not 動詞" という言い方を見かけるようになっている。

  • huddle 「身を寄せ合う」「額を寄せ合って相談する」

    今回も自分の英語学習ノートにメモしていた言葉から拾うことにする。huddle はその光景が目に浮かぶような単語で、いくつかの実例を書きつけていたので、取り上げてみよう。

  • murder-suicide と「無理心中」

    このところ多忙で英語に集中できる時間が取れないので、こうした時のいつもの手段として自分の学習メモに書きつけていた表現を拾ってお茶を濁すことにする。前回引用したアーサー・ヘイリーの小説 The Evening News から、murder-suicide を取り上げよう。

  • on his say-so 「そうしろとあの人に言われたので...」

    前回と同様、手製の英語学習ノートを見返していて「命令」「指図」の類例として目にとまったのが on somebody's say-so である。これも前回のように、単語そのままで意味が浮かんできそうな表現だ。

  • 仕切るのはオレだ! ~ show who's boss, run the show

    前回取り上げた rule the roost は単語を見ただけでは意味が想像しにくい表現だと思うが、同じく「支配する」ことを示す show someone who's the boss は、逆にたやすくイメージがわく言い回しだろう。

  • rule the roost「実権を握る」「牛耳る」(カズオ・イシグロ「クララとお日さま」)

    カズオ・イシグロの最新作 Klara and the Sun (「クララとお日さま」)で拾った言葉を今回も取り上げたい。rule the roost は自分から使うイディオムとしては難度が高いだろうが、辞書を引くと「(集団を)支配する」という意味だという。

  • civil「(表面的に)礼儀正しい」(カズオ・イシグロ「クララとお日さま」

    カズオ・イシグロの最新作 Klara and the Sun(邦題「クララとお日さま」)を読んだ。少女として設定されているAIロボットによる一人称体の語りとあって、英語そのものはさほど難しくはない。この作品から、civil について取り上げてみよう。

  • dry swallow「(薬を)水なしで飲む」「空嚥下」

    前回の sleeper hit は、ごく基礎的な単語の組み合わせがおもしろい意味を生んでいるが、類例ともいえそうな dry swallow について書いてみたい。

  • sleeper hit「時間がたってからヒットした作品」

    前回はタイトルでアイキャッチとして「大ブレーク」という言葉を使ってみたが、連想で sleeper hit を取り上げたい。手持ちの英和辞典には載っていない表現だ。

  • stratospheric rise「一大飛躍」「大ブレーク」(大坂なおみが”うつ”で大会棄権)

    大坂なおみ選手をめぐる最近の記事を読んでいたら、stratospheric rise という表現が出てきた。同じ記事に出てくる別の単語とからめて、”言葉のあや”的に使ったものかと思ったが、検索したら、この形でけっこう使われている表現だとわかったので取り上げてみたい。

  • war chest「軍資金」「活動資金」

    前回の war story からの連想で、war chest について短く書いておきたい。日本語でも「軍資金」といえば、別に戦争でないことにも使えるので、人間は同じような発想をするものなのかもしれない。 ということで、団体や組織の「運動資金」「活動資金」を指す言葉である。

  • war story「波乱に満ちた体験談」「冒険譚」

    前回に続いて傑作ノンフィクション Bad Blood で実例を拾った表現を取り上げよう。war story は何の変哲もない言葉に見えるが、文字通りの「戦記」に特化したものではなく、比喩的に一般的な内容にも使うことができる。

  • fix-it man 「調整役」「お助けマン」

    このところ多忙のため日々のニュースなどの活きのいい英文を追えず、更新も滞っている。こうした時によくやっている窮余の策として、これまで読んだ本で目にした言葉を紹介したい。今回取り上げるのは fix-it man である。

  • best of bad options「ダメな中でも一番まし」

    このところ「ひどい中でもまし」であることを示す表現を続けているが、私の学習ノートには the best of bad options という言い方を使った実例がメモしてあり、これまた「まし」に相当する英語といえそうだ。

  • least worst option 「(ひどい中で)いちばんまし」

    前回の less bad からの連想で、同様に「まし」なことを意味する least worst option について書きたい。何だかヘンな表現に感じられ、英語として適切といえるのだろうかとも思うが、実際に使われているのが言葉のおもしろいところだ。

  • less bad 「(ひどい中でも)まだましな」

    前回の better the devil you know から「ましな方」という意味の連想で、less bad について書いてみたい。

  • better the devil you know「知らぬ仏よりなじみの鬼」

    少し前の英字新聞を見返していたら、ちょっとおもしろい表現が目にとまった。まとまった言い回しに違いないと思って調べるとその通りで、Better the devil you know than the devil you don't know. を変形したものだとわかった。

  • condescend ~わかりにくい英和辞典の訳語

    前回の smug から連想した condescend という単語について少し書いてみたい。英和辞典によっては、一見すると相反するような2つの意味を載せている。

  • smug face「ドヤ顔」

    前回の holier-than-thou からの連想で、smug という単語について短く触れておきたい。「ひとりよがりの」「自己満足の」「したり顔の」という意味で、smug face とすれば「”どんなもんだい”といった表情」を指し、いま風にいえば「ドヤ顔」ということになる。

  • holier-than-thou「エラそうな」「人を見下したような」

    前回の braggadocio から連想した言葉として holier-than-thou について書いておきたい。thou は you の古語だが、現代英語の表現で目にするとしたら、この言葉くらいではないかと想像する。

  • braggadocio「大言壮語」「ふんぞり返った態度」

    今回取り上げる単語も、以前読んだビリー・ジョエルの伝記から実例を紹介したい。braggadocio は brag 「自慢する」に関係があるのでは想像がつきそうだが、その通りで、「大言壮語(をする人)」「自慢屋」「ほら吹き」「横柄な態度」を指す。

  • term of endearment ~親しい人への呼びかけ("honey" など)

    前回の diminutive「愛称」からの連想だが、term of endearment という言葉がある。親しい人に対して使う honey や sweetheart、また baby や darling といった、親愛の情を込めた呼びかけなどを指す。

  • diminutive 「愛称」(ビリー・ジョエル「ピアノ・マン」)

    以前読んだビリー・ジョエルの伝記で拾った言葉をもうひとつ紹介したい。diminutive は言語の専門家でない私には無縁に見える単語だが、この本で知って「なるほど」と思ったので、取り上げてみたい。

  • ネイティブをも困らせる beg the question という表現

    前回の incognito にあげた実例に beg the question という表現が出てきた。beg は「請う、頼む」ということなので、「質問を投げかける」というような意味だろう、と考える人が多いのではないかと思う。 実はこの表現、ちょっと注意が必要である。

  • incognito「お忍びで」、incognito mode「シークレットモード」

    前回の terra incognita から連想した incognito という単語を取り上げよう。「(変装や変名を使うなどして)他人にわからない形で」「正体を隠して」ということだ。「お忍びで」という訳も辞書にあり、なるほどと思う。

  • terra incognita 「未踏の地」「未知の分野」

    前回の terra firma からの連想で、もうひとつラテン語由来の言葉 terra incognita を取り上げたい。 recognition や cognizant などの単語から「認識」に関係があると類推できるが、「知覚されていない土地」、つまり「人跡未踏の地」を指す。比喩的に「未知の領域」「未開拓の分野」の意味もある。

  • terra firma 「大地」「陸地」

    英誌 The Economist の最近号を題材にした前回からの話を続ける。この号のある記事についているイラストが、往年のSFテレビドラマに出てくる”空中空母”基地を描いたものだったので驚いたと前回書いた。

  • moonshot 「壮大なプロジェクト」(続・英誌「エコノミスト」の言葉遊びがおもしろい)

    英誌 The Economist は「おっ」と思わせる言葉遊びをすることがあるので楽しめる、と少し前のエントリに書いたが(→こちら)、いつも立ち寄る図書館に入荷していた最新号でも、そうした例を見つけることができた。

カテゴリー一覧
商用