住所
大阪府
出身
大阪府
ハンドル名
Sun・ポスキ−さん
ブログタイトル
「ちょこすな散歩写真」です。
ブログURL
http://jigusoupazuru.blog103.fc2.com/
ブログ紹介文
simple!cheep!interesting!3拍子揃った散歩写真です。
自由文
写真歴の長さが何の自慢にもならないことに、やっと気づいたアマチュアカメラオヤジです。写真のおもしろさを見つけていきたいと思います。
更新頻度(1年)

63回 / 70日(平均6.3回/週)

ブログ村参加:2008/11/30

Sun・ポスキ−さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/23 02/22 02/21 02/20 02/19 02/18 全参加数
総合ランキング(IN) 5809 5907 5651 5777 5908 5773 6150 949834サイト
INポイント 0 30 60 70 60 80 50 350/週
OUTポイント 0 40 30 30 40 20 30 190/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 150 156 149 144 157 149 164 33097サイト
スナップ写真 16 14 13 14 15 15 15 1317サイト
散歩写真 16 17 16 16 16 16 16 1237サイト
写真講座・教室 4 4 3 3 3 3 3 160サイト
今日 02/23 02/22 02/21 02/20 02/19 02/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 29350 29395 31881 31077 31050 31062 30166 949834サイト
INポイント 0 30 60 70 60 80 50 350/週
OUTポイント 0 40 30 30 40 20 30 190/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 365 363 438 409 404 411 389 33097サイト
スナップ写真 31 31 32 27 30 30 29 1317サイト
散歩写真 26 26 26 24 24 26 21 1237サイト
写真講座・教室 7 7 8 7 7 8 8 160サイト
今日 02/23 02/22 02/21 02/20 02/19 02/18 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 949834サイト
INポイント 0 30 60 70 60 80 50 350/週
OUTポイント 0 40 30 30 40 20 30 190/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 0 0 0 0 0 0 0 33097サイト
スナップ写真 0 0 0 0 0 0 0 1317サイト
散歩写真 0 0 0 0 0 0 0 1237サイト
写真講座・教室 0 0 0 0 0 0 0 160サイト

Sun・ポスキ−さんのブログ記事

?
  • ちょこすな散歩・初撮りにヨロシク 23

    写真は「今」を写すと言いますが、写したつもりの「今」は次の瞬間には過去の世界に行ってしまいます。写真に写っているのはすべて「過去」なのですから写真には「未来」どころか「現在」も・・・ないのです。写真は振り返ることしかできないアートなのだと思えて来ます。...

  • ちょこすな散歩・初撮りにヨロシク 22

    撮りたいものを画面の真ん中に大きくドーン!写真の基本です。撮影のスタートです。配置やボケはそれから考えればいいと思います。...

  • ちょこすな散歩・初撮りにヨロシク 21

    花が咲いています。思わず、ニッコリしてしまいます。それだけでいいのです。でも・・・人間は・・・「この花、綺麗だね」と言葉にしてしまうのです。それは花にとって悲しいことなのかもしれません。...

  • 写真の場合、「綺麗」と「美しい」は別に考えたほうがいい?2

    前回の続きです。「綺麗」の反対は「汚い」です。そして「綺麗」「汚い」はたいていの場合、ほとんど誰もが同じ感じ方、分け方をしますよね?汚い川を見て「綺麗な川やな」という人がいたらその人のそばから離れるのが賢明です。いっぽう「美しい」の反対は「醜い」なのですが「綺麗」「汚い」のようにはハッキリした境目がないように思います。「美しい」「醜い」には好き嫌いや育った環境などの個人的事情がとても大きく影響して...

  • 写真の場合、「綺麗」と「美しい」は別に考えたほうがいい?

    写真の場合、「綺麗」と「美しい」は別に考えたいです。綺麗だけど美しくない写真があるような気がするのは「綺麗」=「客観」、「美しい」=「主観」だからだと思います。「美しい」というモノが一人一人違うからアートというものが成り立つのではないでしょうか?誰もが「美しい写真」と思うのは、じつは「美しい写真」ではなくて「綺麗な写真」だと思います。...

  • 「撮れなかった写真」が無限に存在することに気づいていますか?

    写真というのは自分(またはカメラ)を中心にして左右上下360度方向に撮影が可能です。理屈の上では撮影カットは無限に生み出すことが出来るのです。そう考えると気が遠くなりそうですね。たしかにベストのフレーミングというのは存在するかもしれませんがそれはあくまで条件付きです。特定のフォトコンテスト用、写真集や写真展の作品用、商品やサービスのコマーシャル用、何らかの記録用、誰かのための記念用、「いいね!」用(?)...

  • ちょこすな散歩・初撮りにヨロシク 20

    デジカメを使うようになったころ「オレ、少しは写真、上手くなったのかも」なんて喜んでいました。でも、それ、錯覚でした。ホントのところはデジカメの進歩が写真を上手くしてくれていたのです。真実を知りたくなかったです。(笑)...

  • ちょこすな散歩・初撮りにヨロシク 19

    写真家はお天道様には弱いのです。...

  • ちょこすな散歩・初撮りにヨロシク 18

    写真は写すというより写ってしまうところがあります。そこが写真の面白いところだと思います。...

  • ちょこすな散歩・初撮りにヨロシク 17

    写真は基本的には「引き算」だと思います。でも「言うは易く行うは難し」です。要るモノと要らないモノの見極め、そう簡単ではないですよね?人はモノを手に持とうとする時も、手離そうとする時もどちらにも迷いが付き物です。たいていの場合、日常生活では迷いはしんどいのですが写真について言えば「あれこれ迷うこと」は楽しいことだと思います。...

  • 2枚組写真・「丸か四角か、その比較論」

    どちらもいいと思うのだけど、どちらでもいいと思うのだけどどちらがいいかを決めたくなるのが人心、人情なんですねえ。...

  • ちょこすな散歩・初撮りにヨロシク 16

    写真することが楽しいかどうかは呼吸が楽に出来ているかで見ればいいと思います。...

  • 写真・最終的に評価されるのは・・・

    写真に限らないのかもしれませんが最終的に評価されるのはその作品そのものであり撮影やレタッチの苦労話やそれらに掛けられた時間ではないと思います。プロやベテランに技術力や機材力があるのは当たり前といえば当たり前ですからそれらは黒子のような存在として目立たないほうがいいと思います。どのような作品であるかが大切でどのようにして撮られたか、あるいはどのようにレタッチしたかはエピソードみたいなものではないでし...

  • ちょこすな散歩・初撮りにヨロシク 15

    見えるからそうだと確信するのではなくそう固く信じているから、そう見えるのかもしれません。...

  • ちょこすな散歩・初撮りにヨロシク 14

    カメラ選びでいちばん考えたいのは焦点距離だと思います。焦点距離が写真の、撮影の基本になると思います。...

  • ちょこすな散歩・初撮りにヨロシク 13

    撮影は構図法に基づいて行うよりフレーミングした結果生まれる構図に従ったほうがスムースに出来る気がします。...

  • ちょこすな散歩・初撮りにヨロシク 12

    人間の目は全体を見ることは出来ません。部分をつなぎ合わせることで脳が全体を見ているように錯覚させているのです。その人の目を見れば耳は見えないし顔を見れば足は見えません。同時に見ることは不可能なんです。その人の顔全体、あるいは全身を見ているように思うのは目が無意識に動いて見ているからなんですね。...

  • ちょこすな散歩・初撮りにヨロシク 11

    昼間の太陽サンサン下の景色より夜間にライトアップでキラキラ輝く景色のほうが美しいのです。そうだとすると「自然」と「人工」のとの境目はどこにあるのかはあまり重要ではなくなったのかもしれません。「自然」と「人間」のコラボレーションということでしょうか?...

  • ちょこすな散歩・初撮りにヨロシク 10

    私らしい写真でなくて、私にしか撮れない写真でなくて、私にも撮ることが出来る写真、私に撮れる写真でいいと思う。私らしさなんてというのはフィクションかもしれないのだから。...

  • 写真は写真家そのものを表現しているのではありません。

    写真は写真家自身を表現しているのではなくて被写体を表現したものです。被写体自身が表現しているモノが写っているのが写真です。写真家が自分を表現するにはその被写体の表現をしているモノを自分はどうとらえるかを考える必要があります。理屈だけでは写真を撮ることは出来ないにしても表現を支えるには理屈というか言葉が必要だと思います。どのような思いが軸、芯になっているかどのカットをどう選ぶかどんな言葉、つまりタイ...

  • ちょこすな散歩・初撮りにヨロシク 9

    過剰と思えるレタッチに違和感を感じないことに違和感を感じます。あくまで個人の感想ですが・・・...

  • ちょこすな散歩・初撮りにヨロシク 8

    紙媒体とモニター、いっぽうは反射光、もういっぽうは直射光、どちらがいいかは微妙なところだと思います。...

  • ちょこすな散歩・初撮りにヨロシク 7

    私がカメラ雑誌で気になるのは、記事の内容が写真の画質について重点が置かれ過ぎて書かれているように思えるところです。被写体を正確に再現することが、今も写真する人の最大の関心事でそのような記事が多くなるのかもしれませんが「再現」と「表現」は区別したほうがいいのではないでしょうか?被写体をそっくりに再現するという見た目のリアリティーと写真のリアリティーは別のモノだと思います。...

  • 写真家が自分の作品の前で気を付けたいこと

    自分の写真(作品)の前に写真家がデンと立ってしまうと写真を見てくれる人の邪魔になると思う。自分の写真(作品)の前で写真家がメガホンを持って大声で叫んでは写真を見てくれる人にはうるさすぎると思う。自分の写真(作品)の前で写真家がボソボソとしゃべり続けていては写真を見てくれる人にはうっとうしいと思う。写真を見てくれる人は写真家を見に来ているのではなく写真を見に来てくれているのであり写真を見てくれる人は...

  • ちょこすな散歩・初撮りにヨロシク 6

    自分がどんな写真を撮りたいかが分からないから写真を撮っているように思います。分からないから撮り続けることが出来るのだと思います。...

  • ちょこすな散歩・初撮りにヨロシク 5

    言いたいことがなくても写真は撮れます。撮ったあとで言いたいことを見つけてもいいと思うのです。もし見つからなくても、それはそれでいいのではないでしょうか?叫んでばかりでは疲れると思います。...

  • 単写真・「ふたりの時間」

    イヌやネコはペットではなく、家族なんですね。...

  • ちょこすな散歩・こうようきぶんで 30

    「写真家」に「カメラマン」に「フォトグラファー」、さらに最近は「フォトアーティスト」・・・果たしてその違いは何?どこ?オロオロしているのは「写真そのもの」だったりして・・・...

  • ちょこすな散歩・こうようきぶんで 29

    写真の投稿だけです。...

  • ちょこすな散歩・初撮りにヨロシク 4

    同じところで何回も撮ること・・・ただ淡々と撮り続けること・・・美化しようと力み過ぎないようにして・・・...