プロフィールPROFILE

kotobuki1946さんのプロフィール

住所
神奈川県
出身
白井市

 アメリカでの単身赴任生活8年でアメリカの良さ,日本の良さ,故郷の良さも再認識。 2009年5月から「癌日記」も追加。 イチオシ記事 (イチオシがミッツ? サンオシか!) http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2008-01-07 http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2007-06-29 http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2011-09-06

ブログタイトル
旧車 (クラシックカー) の レストア日記
ブログURL
https://hisashi1946.blog.ss-blog.jp/
ブログ紹介文
定年後の余暇にと始めたジャガーEタイプのレストア経過や 東海道五十三次を歩いておりその経過等も紹介。
更新頻度(1年)

50回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2008/11/16

読者になる

kotobuki1946さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/10 12/09 12/08 12/07 12/06 12/05 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,322サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,475サイト
街道・古道 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 76サイト
車ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,463サイト
名車・クラシックカー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 141サイト
今日 12/10 12/09 12/08 12/07 12/06 12/05 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,322サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,475サイト
街道・古道 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 76サイト
車ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,463サイト
名車・クラシックカー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 141サイト
今日 12/10 12/09 12/08 12/07 12/06 12/05 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,322サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,475サイト
街道・古道 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 76サイト
車ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,463サイト
名車・クラシックカー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 141サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、kotobuki1946さんの読者になりませんか?

ハンドル名
kotobuki1946さん
ブログタイトル
旧車 (クラシックカー) の レストア日記
更新頻度
50回 / 365日(平均1.0回/週)
読者になる
旧車 (クラシックカー) の レストア日記

kotobuki1946さんの新着記事

1件〜30件

  • お城や芭蕉の生家等々, 伊賀市上野のサイクリングツアー その2

        10月初め、東海道五十三次の関宿から坂下宿まで歩き、翌日は鈴鹿峠越えをと思っていましたが、天気予報では鈴鹿峠付近は雨との事。 やむおえず東海道歩きを断念!  鈴鹿峠が雨の場合にはと事前に準備しておいた伊賀市の上野地区を観光する事にし、前回のブログの様に伊賀上野城や松尾芭蕉の生家等を見学しました。 今回は自転車で回った「伊賀国分寺跡」や「仇討の鍵屋辻」・「旧小田小学校本館」等を見学、レポートします。  松尾芭蕉の生家から南東方向に自転車をこぎ約3km、「伊賀国分寺」入り口に到着。  国分寺は、8世紀の奈良時代に国家安泰や疫病の退散を願って、律令体制下の各国に建てられた寺院で、国分僧寺(金光明四天王護国之寺)と国分尼寺(法華滅罪之寺)の2寺を指します。  伊賀国分寺は伊賀国に建てられた寺で、東西220m,南北240mの土塁状遺構に囲まれ、中心伽藍である中門・金..

  • お城や芭蕉の生家等々 伊賀市上野のサイクリングツアー その1

          10月初めの事、東海道五十三次の関宿から坂下宿まで歩き、翌日は鈴鹿峠を越えて「土山宿」と思っていましたが、当日朝迄の天気予報では坂下宿や土山宿付近の昼間は雨との事。  やむおえず東海道歩きを断念、雨の場合にはと事前に準備していた伊賀市の上野地区を観光する事にしました。  朝8時3分に亀山駅から関西本線で伊賀上野駅まで行き、伊賀上野駅から伊賀線に乗り上野市駅に9時2分到着。 亀山からの距離の割に時間がかかった。 しかも電車の本数が少ないので乗り遅れると確実に予定変更を迫られる。  とは言え当初計画の通りに上野市駅に到着、駅前の地面は濡れていた物の雨は降っておらず、駅前の「石井サイクル」により電動アシストのレンタル自転車を予約しました。  石田サイクルさんのホームページ http://ishidacycle.com/index.php?Front..

  • ジャガーEタイプで、八王子のクラシックカー パレードに参加して来ました。

       11月17日、早朝家を出て圏央道から八王子に入り、早目の到着だった為国道20号線でパチリと! (もっと大きな立派な銀杏の下で、画素数の多いポジションで写真を撮ればよかった。) 8時前に会場入り。 指定位置に駐車し、受付を済ませました。  この日は「八王子いちょう祭り」でもあり、10時過ぎには会場入り口前広場で地元の方が「笛や太鼓で祭囃子」を演奏し、クラシックカーショーを盛り上げていました。  年に一度このショーにしか会えない方々に挨拶をしながら、素敵な車を見て歩き、  そして、あっという間に12時近くになり開会式等を行い、国道20号線の銀杏並木をクラシックカー250台がパレードします。    毎年の事ながら20号線のパレードは渋滞でノロノロ運転になり、カメラやスマホをかまえる沿道の観客にとっては好都合。 で、私も沿道のお..

  • 東海道五十三次 坂下宿から土山宿 その2 滋賀県歩き始め

       10月27日の日曜日、東海道53次の内亀山市の坂下宿から鈴鹿峠を越えて滋賀県甲賀市の土山宿迄を歩いて来ました。  その時の「鈴鹿峠越え」の様子は下記のブログを参照ください。    https://hisashi1946.blog.ss-blog.jp/2019-11-02 (クラシックカーショー等があり、レポートが遅れました。)  今回は、上記ブログの最後にレポートしました「万人講常夜燈」からレポートを始めます。 (万人講常夜燈は金毘羅参りの道中の安全を祈願して、江戸時代に中山,坂下,甲賀谷の人達が 建立した常夜燈です。) 万人講常夜燈を過ぎると国道1号線に合流し、暫く国道沿いを緩やかに下って行き、万人講常夜燈から400mで初めて民家に到達しました。 10月末、山中川の渓谷は紅葉も始まり甲賀の里にも秋が近づいていました。  万人講常..

  • ジャガー Eタイプで横浜赤レンガ倉庫のヒストリックカーディに参加。

        11月9日、横浜ヒストリックカーディに参加して来ました。 このクラシックカーショーは8回目を迎えましたが、私は現在皆勤賞!!!  11月9日も朝早めに出発し、道がすいていた事も有り会場近くには7時30分頃に到着。 で、会場近くを周回し、写真を取ったりして時間をつぶしました。 横浜税関前  8時10分頃に会場入りし、指定位置に駐車し展示開始です。 横浜赤レンガ倉庫前催し物広場が会場です。 既に多くの参加車が到着していました。 西側にはランドマークタワーも見え、 東側には大桟橋。 青地に白の"X"マークは大型客船で、大桟橋ビルも見えます。 ほぼ10時から開会式、 10時の開会から閉会の4時迄大変な人出でした。 1・2万人だそうです。 で、私の車も結構な人気でした。 一般来場者の人気投票でトッ..

  • ジャガー Eタイプで「The 銀座 RUN」に参加して来ました。

       11月4日の「The 銀座 RUN]」は東京中央区のお祭り「中央区まるごとミュージアム」のイベントとのコラボで行われました。  4日朝、同行の友人が予想以上に早く我が家に来られましたので、予定より早めに出発と思い、出発前の点検をしたところブレーキランプの点灯が異常でした。  ブレーキを踏みと右ランプが左に比べ暗い(テールランプの点灯か?),ヘッドランプ等のランプ類を点灯した時はブレーキとテールのランプが点かない。   で、テール&ブレーキランプの何処かのアース不良と推定。 室内のランプカバーを外し配線を確認したが異常なし。 次にリアーランプのレンズを外し、電球を外し再度組み付けて点灯チェックすると問題なく点灯。 テール&ブレーキの電球のアース不良でした。  ちょっと時間を費やしましたが、気を取り直して丁度7時に出発です。  で、集合場所の東京中央区の築..

  • 東海道五十三次,坂下宿から土山宿 その1:鈴鹿峠越え

       連日雨が降ったり止んだりの中、先日、東海道五十三次の内の西の難所と言われていた 「鈴鹿峠越え」の亀山市の坂下宿から滋賀県甲賀市の土山宿迄を歩いて来ました。  鈴鹿峠がどの位きついのか、峠越えの後次の集落迄どの位時間がかかるのか分からない為、 峠超えには十分な時間を確保しようと、前日関駅近くのホテルに宿泊し翌日早めに出発。  今回は天候の具合から出発日を変更し日曜日になってしまった為、タクシーで前回の終点「坂下宿の岩屋十一面観世音菩薩」前に9時頃到着。 (坂下迄行く公共交通はコミニティバスのみで、日曜日はバスがお休みなのです。)  鈴鹿峠は、 伊勢の国(三重県)と近江の国(滋賀県)の国境で、標高378mの峠です。 都が奈良盆地に有った頃は伊勢から加太峠を通り伊賀へ抜けるのが東海道だった。 仁和2年(886)伊勢から鈴鹿峠を通って近江に入る「阿須波道(あすは..

  • 東海道五十三次 関宿から坂下宿 その2 

     先日、東海道五十三次の内「関宿」から「坂下宿」を歩いて来ました。  前回のブログで、関宿の地蔵院から坂下郵便局迄をレポートしました。  今回は「鈴鹿馬子唄会館」や「鈴鹿峠自然の家」等のある公園地区から坂下宿本陣や法安寺迄をレポートします。  坂下郵便局から400m程歩くと、小さ目ではあるが本格的な形をした「天文台」が見えてきた。 ここは亀山市の「市立の天文台 童夢(ドーム)」で「鈴鹿峠自然の家」や「鈴鹿馬子唄会館」等のある公園です。 天文台の下がY字路になっており、右側の道路には下写真の様に木柱が立っており東海道五十三次の宿場名が京都まで書かれていました。   で、Y字路の右側に入って行くとドーム型の「鈴鹿馬子唄会館」が有り、立ち寄り内部を見学させて頂くと共にお水を頂きました。 「私の記憶では、「関の地蔵院」から「坂下宿終点の前田商店」迄飲..

  • 東海道五十三次,関宿から坂下宿 (その1:鈴鹿川の橋は丸太橋だった)

        先日、東海道五十三次の内「関宿」から「坂下宿」を歩いて来ました。  関宿は下記ULRで今年5月末と6月初めにレポートした様に静かで江戸時代を思わせる歴史的な景観地区です。 古い街並みに興味のある方は必見です。  https://hisashi1946.blog.ss-blog.jp/2019-05-29  https://hisashi1946.blog.ss-blog.jp/2019-06-04  で、今回も早朝6時20分に家を出て名古屋経由で亀山市の関駅には11時20分に到着。 途中新幹線を使っても5時間もかった。 ずいぶん(♬思えば)遠くへ来たもんだ !  で、前回の終点「関地蔵院」から旧東海道を歩き始めます。  (関地蔵院は、国内最古の地蔵菩薩で 741年、奈良東大寺の僧行基が、流行していた天然痘から人々を救うため、この関の地に地蔵菩薩を安置..

  • ジャガーEタイプ, ワイパーブレードのゴム交換

       私のジャガーEタイプはレストアが完了してもうまる8年。  先日レポートをした「ボールジョイントのダストカバー」もそうですが、樹脂部品やゴム部品等の経年劣化が進んでおり、ワイパーのゴムも同様に劣化して切れてしまいました。 黄緑矢印の先の隙間が切れてしまった部分  ワイパーブレードのゴム部分のみを交換出来ればと思い、東京のジャガーの部品屋さんに確認した所ブレードアッセンブリーの販売となり、ゴムのみの販売はしていないとの事。  近くの自動車用品店を確認した所、ゴム部品のみ,ゴムに裏板をセットした部品 及びブレードアッセンブリーの3段階の組み立て状態で販売されていました。   で、ワイパーブレードの端末についているストッパーを外して、分解・組み立て手順や形状を確認してみた。  私のジャガーに付いていたブレードのゴムは下写真の様な断..

  • ジャガーEタイプ シートの左右入れ替え

        ジャガー Eタイプも車検を取って8年。 ドライバー側(左側)のシートの本革表皮は使用感が出て、新品の感覚が無くなってきた。  そこで、使用頻度の少ない右側アシスタント用のシートをドライバー側に移して片側だけが劣化していくのを防ごうと考えた。  この車は左右共用設計のはず? 日本製だったら外して左右を入れ替えてねじを締めるだけだろう。 が、現実にはこの車はイギリス製、多少の追加工は覚悟していた。  左の椅子を右のシートレール上においてみると5~20mmも穴位置が違っている様にみえた。 右の椅子も左に置くと同じように違っていた。  で、ハンドドリルとヤスリで取付け穴を加工した所予想よりはるかに大変で、全ての穴を 20~25mmの長孔に加工してやっと左右とも入れ替える事が出来た。  やれやれと思いドライバー席に座って運転操..

  • ジャガーEタイプ, フロント サスペンション,アッパーボールジョイントのダストカバー破れ

       先日来秋以降のクラシックカーショーやドライブに備えて ジャガー Eタイプのメンテナンスや清掃を行っています。  その一環で、前回のブログの様にワイヤーホイールも清掃致しました。  で、フロント右のホイールの清掃を行おうと車から外した所、右ボールジョイントのダストカバーが破れているのを見つけてしまいました。 更に左側も点検すると、同様にダストカバーが破れていました。 尚、ロアーボールジョイントは左右共に無事でした。  ダストカバーのスペアー在庫を確認すると、2014年5月に購入したウレタン系統(?)の透明な物2個と 2008年7月に購入品したゴム製2個が見つかりました。 しかも黒いゴム製はジャガーの純正品だった!!!   更に 過去の組み付けや修理経過 を見て見ると、  アッパーとロアーのボールジョイントはレストア時の2008..

  • 千葉県白井市の梨

       一昨日、田舎の兄から多分今年最後の梨が送られてきた。  今年は天候に恵まれず、7月は雨続きの日照不足で育ちが遅れ、8月に入ると高温で日照りが続きで雨不足。 そんな中で梨も育ちが遅れたりした様です。  更に先日は、台風15号が千葉県・神奈川県東部を襲い大きな被害が出て、今だ復旧の為多くの方々・多くの会社が頑張っておられます。  そんな中、田舎の白井市は幸い停電も無く被害は小さかった様です。  梨の方も作付けが「幸水」や「豊水」が主体であった為殆どが出荷済みで、残っていた「あきずき」や「かおり」等の晩生が少し落ちたり、傷ついたりの様でした。  (被害が少なかった理由の一つに、梨畑全体を覆っていた雹(ヒョウ)除けネットが風の被害を少なくしてのでしょう。)  8個入り「あきずき」 1個 630g程度です。  5個入り「かおり」  1個ほぼ1..

  • ジャガー Eタイプ, ワイヤーホイールの清掃

        秋以降のクラシックカーショーやドライブに備え、先日来ジャガーEタイプのメンテナンスを行っています。  で、先月はエンジンのロングライフクーラントやファンベルトの交換を行いました。 今月はワイヤーホイールの清掃をしながら、下回りの点検です。    ワイヤーホイールはほぼ毎年一回車から外して、 クリンビューのノータッチUVでタイヤの清掃をし、 タイヤとホイールを車のボディ用洗剤で洗い、 (ノータッチのワックス分はタイヤが油っぽく光り、ゴムの自然な色合いではなくなり私好みでは無い為、ワックス分は洗剤でおとす様にしています。) 最後に液体ワックスでホイールのワイヤー部分を一つひとつ磨いていきます。 で、清掃完了!  今年も何処かのクラシックカーショーで、「車の写真を取らず、ワイヤーホイールだけを "パチリ"..

  • ジャガー Eタイプ, ファンベルト欠け、交換

       秋以降のクラシックカーショーやドライブに備え、先日来ジャガーEタイプのメンテナンスを行っています。  で、エンジンのロングライフクーラントの交換を行い、エンジンを回して冷却系のエアー抜きを行っていた所、ファンベルトの振れが大き目である事を発見。 エンジンを止めて点検しました。  結果、下写真の様にベルト内径にほぼ全周にわたりクラックが入っており、内径側の一部に小さな欠けもありました。 ベルト内径側のクラック ベルト内径側の欠け  で、この状況は 2016年に発生した 「鉄パイプをハンマーで叩いた様なけたたましい異音を伴ったベルト欠損」の初期段階の様に思われます。 2016年時のベルト欠損 詳細は下記のブログを参照願います。   https://hisashi1946.blog.so-net.ne..

  • ジャガー Eタイプ, ロングライフ クーラント交換

       エンジンにエンジン スリンガーを組み付ける為にエンジン冷却水を抜きました。  そのついでにエンジンの冷却水のロングライフ クーラントを交換しました。  購入したクーラントは下写真、オートバックスの4年保証と言われるものです。  Eタイプ 3.8リットル車の冷却水容量は整備マニュアルによると18リットルと凄い量 !  しかし、私の車はラジエーターを変更しており、エンジンから実際に抜けた量は12~13リットルでした。  ラジエーターを替えたとは言えマニュアルとの差が大きすぎます。  と言う事は、冷却水のドレーンコックから抜けなかった分が相当量あると考え、ロングライフクーラントは8リットル(2リットル✕4袋)分購入し、約7リットル分使用しました。  冷却水に対するロングライフクーラントの割合は40~55%位ですので問題ないでしょう! ..

  • ジャガー Eタイプ,エンジンスリンガー組み付け

       先日、エンジンにエンジンスリンガー2個を組み付けました。  Eタイプのエンジンスリンガーは3.8リットル車には設定がなく、4.2リットル6気筒車には設定されていました。  Eタイプのレストアが終った後何となく手持無沙汰となり、お飾りとしてスリンガーを付けて見ようかと思い、7年位前に横浜の磯子でジャガーの整備を行っていた方(故人)にお願いし中古品を譲って頂きました。 スリンガーの厚み分長いシリンダーヘッドボルトも購入した物の長い間部品保管箱に入れ眠らせてしまいました。  で、今回、何とか日の目を見させ様と、シリンダーヘッドボルトに防錆の為黒色カチオン塗装を行い、       (写真は6本ありますが、使用するのは4本です。)      従来の標準のシリンダーヘッド ボルトにダブルナットを掛けて、ボルトを抜きます。 (エンジンに冷却..

  • 熱海の花火

          何時も遅れ遅れのブログですが、8月5・6日に熱海の花火を見に行って来ました。  熱海の花火は年間を通じて行われていますが、夏は特に多く、下記の様にまだ見る事が出来ます。  花火の打ち上げ時間は全て 20:20~20:50 です。    8/18(日)・8/23(金)・8/30(金)  詳細は左記のページを参照願います ; https://www.ataminews.gr.jp/event/8/ で、今回も8時頃に熱海のサンビーチに到着  (エアークッション等も提供される親水公園の有料観覧席もありますが、私は砂浜で波の音を聞きながら花火の打ち上げを待つ時間が好きなんです!)  到着すると既に多くの観客が来られていましたが、他地域の花火大会と違い「花火を見る所がごったがえす」事はありません。 で、定刻通り打ち上げ開始です。 ..

  • 栃木県宇都宮市の大谷地区を観光 その3 大谷資料館 と 宇都宮グランドホテル

       少し前のJRの雑誌「大人の休日倶楽部」で「宇都宮市の大谷地区や大谷石」について取り上げられており、見学に行って来ました。  最初に「カトリック松が峰教会」を見学し、「宇都宮聖ヨハネ教会」横を通り、「株式会社 屛風岩」の前を通って「大谷寺」に行き、その後「大谷資料館」を回ってきました。  で、前回のブログで 「㈱屏風岩」や「大谷寺」をレポート、前々回は「カトリック松が峰教会」と「宇都宮聖ヨハネ教会」をレポートしました。 今回は「大谷資料館」と宿泊した「宇都宮グランドホテル」さんをレポートします。  大谷寺を出て、約500mの「大谷資料館」に向かいました。 (日曜日だったこともあり、「大谷資料館」の駐車場は広かった物の私達が帰る頃には満車状態でした。)  駐車場から資料館迄は綺麗に整備された木立の下を約200m歩き、資料館前の広場に到着。 ..

  • 栃木県宇都宮市の大谷地区を観光 その2

     少し前にJRの「大人の休日倶楽部」の雑誌に宇都宮市の大谷地区について取り上げられており、「ちょっと遠いよなァ~」と思っていましたが、先日見学に行って来ました。  見学は、まず、「カトリック松が峰教会」を見学し、「宇都宮聖ヨハネ教会」横を通り、「株式会社 屛風岩」の前を通って「大谷寺」に行き、その後「大谷石資料館」を回ってきました。  で、前回のブログで「カトリック松が峰教会」と「宇都宮聖ヨハネ教会」をレポートしましたので、今回は「株式会社 屛風岩」と「大谷寺」をレポートします。 「株式会社 屛風岩」は大谷寺に行く途中にありますが、一般の民間会社ですので中に入っての見学は出来ず、道路からのエントランスで大谷石造りの重厚な蔵を拝見させて頂きました。  株式会社 屛風岩さんから5分弱で大谷寺に着きます。 門前には駐車場もありました。 ..

  • 栃木県宇都宮市の大谷地区を観光

     少し前にJRの「大人の休日倶楽部」の雑誌に宇都宮市の大谷地区について取り上げられていました。  最近の塀等はコンクリートブロックが殆どで、大谷石の需要は少なくなり、石切り場跡はコンサートが行われたりと観光地化している事は承知していました。 が、改めて雑誌に取り上げられた事で「ちょっと遠いよなァ~」と思うネガティブより、今回見て見たいと言う好奇心が上回った様です。  で、見学の前日昼過ぎに車で出発し、宇都宮駅近くに宿泊。  翌日、まず「カトリック松が峰教会」を見学し、「宇都宮聖ヨハネ教会」横を通り、「株式会社 屛風岩」の前を通って「大谷寺」に行き、その後「大谷石資料館」を見学してきました。 「カトリック松が峰教会」    「カトリック松が峰教会」は、現存する日本一大きな大谷石の建物で、  明治21年 パリ外国宣教会のカジャック神父によっ..

  • 静岡県 函南町の「かんなみ仏の里美術館」

       先日函南町の「かんなみ仏(ほとけ)の里美術館」を見に行ってきました。  私にとっては函南町はなじみのない町でしたが、東海道五十三次の箱根峠、そして五十三次で静岡県やそれ以西に行くたびには必ず通る丹那トンネル,新丹那トンネルのある町と思ったら急に近親感がわき、興味を持ち観光地などを調べる様になり、今回「仏の里美術館」を見学しに行って来ました。  函南町の桑原地区の人達は、平安時代の「薬師如来像」や鎌倉時代の「阿弥陀如来三尊像」等二十四体の仏像郡を守ってきました。  これら仏像郡の散逸を防ぎ後世に残していく施設として、明治30年代後半に桑原の有志によって長願寺の裏山に「桑原薬師堂」を建て安置してきました。  平成20年3月、桑原地区はこれらの仏像郡を函南町に寄付し、函南町の財産として保存すると共に多くの人々が鑑賞できる様にと「かんなみ仏の里美術館」を設置,展示公開し..

  • 熱海の起雲閣

        先日熱海市の起雲閣に行って来ました。 起雲閣は熱海の岩崎別荘,今は無き住友別荘と並び熱海の三大別荘と賞賛された名邸です。  起雲閣は大正7年(1918)、大正・昭和期の政治家で海運王と呼ばれた実業家の内田信也氏(茨城出身)が建設、翌年 内田別邸として竣工「麒麟・大鳳の棟、孔雀の棟」を完成。 更に大正9年(1920)隣りの土地を入手し敷地を拡大、主に実母の静養の場所とした。  大正14年(1925) 根津嘉一郎氏(山梨出身)が内田信也氏より取得し根津別邸となる。 根津嘉一郎氏は明治から昭和期の政治家で東武鉄道社長等につき鉄道王と呼ばれた実業家。 昭和4年(1929)に 金剛・ローマ風浴室の棟を完成、昭和7年(1932) 玉姫・玉渓を完成。  昭和22年(1947)年 、大正・昭和の政治家、実業家の桜井兵五郎氏(石川出身)が取得し、旅館「起雲閣」として..

  • 東海道五十三次 亀山宿 から 関宿 その2(関宿の街並み)

       先々月石薬師宿から関宿迄を歩き、「東海道五十三次 亀山宿 から 関宿 その1」等のブログで関宿の入り口迄をレポートしました。 今回は関宿の歴史ある街並みをレポートします。  4月17日は井田川駅から歩き始め、亀山宿を出た時には雨になり、「関宿東の追分」に着いたのが午後3時半を回っていました。 で、この日は関の街並みをほぼ1/3の所迄(百五銀行を過ぎた所)歩き亀山駅近くのホテルに戻りました。 翌18日には関宿の街並みを散策し、「関の地蔵尊」を少し過ぎた所で東海道歩きを中断、帰宅しました。  で、関宿の東の追分を過ぎた所からレポートします。  歴史ある建物が次々と!、延々と! 続きます。   一の鳥居から450m、御馳走場に着きました。 (カメらを構えた所に軽トラックが来て目の前に駐車、全体を取る事が出来ませんでした。)   御馳走..

  • 東海道五十三次 亀山宿 から 関宿 その1

     先月石薬師宿から関宿迄を歩き、「石薬師宿から庄野宿」や「東海道五十三次 庄野宿 から 亀山宿 その1」・「その2」のブログで亀山宿迄をレポートしました。 今回は亀山宿から関宿迄をレポートします。  4月17日は井田川駅から歩き始め、亀山宿の京口坂橋に着いた時には午後1時を回っており、しかも霧雨が降ったりやんだりの非常に不安定な天気でした。 それでも亀山駅近くのホテルに戻らず関迄歩く事にしました。  京口坂橋から約150m歩いた所で、軽食の「一休処骨董カフェ」を見つけ昼食替わりに何か食べようと入って見ました。 中には骨董品を買いに来られた人達もいました。 で、私は昼食替わりにと「ぜんざい」を頂きました。 尚、ここは下右写真の様に国の有形文化財だそうです。                     写真をクリックする大きく表示します。  ぜん..

  • 千葉県佐倉市の 佐倉順天堂記念館 と 佐倉藩武家屋敷

     5月11日にサクラ・オートヒストリーフォーラムに参加して来ました。 せっかく100km以上も走って佐倉市に来たのでと、一泊して市内の名所旧跡の一部だけでもと思い見学してきました。  オートヒストリーフォーラムが午後3時過ぎに終わりましたので、荷物を纏め直ぐにナビを「佐倉順天堂記念館」にセット!   で、約15分成田街道との交差点「本町」に到着。  しかし、めだった看板が無く「佐倉順天堂記念館」は何処! どこ! この交差点の近くにあるはずなのに! ナビでは到着の表示ながら記念館が見つからず迷子状態! 本町交差点付近を一周。 やっと見つかりました。 (本町交差点の右斜め前にあったのですが、看板を見落としました。)  「佐倉順天堂」は、長崎に遊学後江戸に蘭医学塾「和田塾」を開いていた蘭医「佐藤泰然」が佐倉藩主「堀田正睦」の招きを受け、佐倉に移り住み天保14年..

  • ジャガー Eタイプ で サクラ・オートヒストリーフォーラムに参加 その2

       5月11日に千葉県佐倉市の草ぶえの丘で行われた題記クラシックカーショーに参加して来ました。 ショーの概要は前回のブログでレポートしましたので、今回はショーのテーマだった「ダットサン」の主な参加車を紹介します。 1937年型,ダットサン スポーツカーの変遷 1952年型,ダットサン スポーツ (販売期間1952年~1954年,860cc)  赤白のツートンカラーは下記フェアレディ 1960年型,ダットサン フェアレディ (販売期間 1959年~1962年,1000cc/1200cc)   このモデルは輸出車のみフェアレディ,国内販売車はダットサンスポーツ 1968年型,ダットサン フェアレディ2000 当初1500cc 3人乗り,のちに2人乗りに  (販売期間 1962年~1970年,1500cc/1600cc/200..

  • ジャガー Eタイプ で サクラ・オートヒストリーフォーラムに参加 その1

       5月11日、千葉県佐倉市の草ぶえの丘で行われた題記クラシックカーショーに参加して来ました。  会場は自宅から100km以上離れており、又、暑さに弱いジャガー E タイプの為、早朝5時20分に家を出て横浜市の湾岸道路から東関東自動車道に乗り継ぎ、四街道インターで高速を降り会場の草ぶえの丘に。  で、会場に7時過ぎに到着し、係員の案内で正門を入って直ぐの右側駐車場に駐車する事が出来ました。 早い到着の為他の参加車はまばらでした。 会場のスタッフの方々は開場に向け大忙し。 少しすると続々と参加車が到着し、最終的には110台を上回ったそうです。 9時30分頃に開会式が行われました。 10時には、20台の車が佐倉市内のパレードに出発。 約9kmのコースだそうです。 で、会場を一回りし..

  • 東海道五十三次 庄野宿 から 亀山宿 その2

       先月石薬師宿から関宿迄を歩き、その内前々回のブログで「石薬師宿から庄野宿」を、前回のブログで「東海道五十三次 庄野宿 から 亀山宿 その1」で庄野宿から亀山宿に向かって井田川駅迄をレポートしました。 今回は井田川駅から亀山宿迄をレポートします。  ホテルを出て、8時45分頃に井田川駅(下写真)に着き歩き始めました。  歩き始めてすぐ、最初の記念碑は「旧井田川小学校跡」でした。  自分の出身校が無くなった方にとっては、その跡地に行かれた時の淋しさは相当な物だろうと思います! 尚、この記念碑は旧井田川小学校の校門の門柱だったそうです。  井田川駅前から旧井田川小学校前を通って道なりに約400mで国道1号線に出ます。 陸橋を渡り国道と直角方向の道を100m弱進み左折します。  左折し道なり真直ぐに進み椋川の橋を渡り、国道1号線の下をくぐり、更に..

  • 東海道五十三次 庄野宿 から 亀山宿 その1

       先日石薬師宿から関宿迄を歩いて来ましたが、今回はその内の庄野宿から亀山宿を2回に分けレポートします。  石薬師宿の佐々木信綱記念館をほぼ14時に出発。 庄野宿に到着し、見学しながら歩き庄野宿の西入り口を16時通過。 日が暮れる迄には少ししか時間がありません。  庄野宿西入り口から歩き250mで国道1号線と県道637号線との交差点を過ぎ、左折し直ぐに右折して道なりに進みます。  国道の交差点から550m、左側に女人堤防の碑があり、又、その奥には小さな石碑郡があり、江戸時代の石碑も多数有る様でした。  女人堤防の碑の文字は読めず、掲示板にはおおよそ下記の様な事が書かれていました。  鈴鹿川の北安楽川との合流点は完全な堤防がなく毎年夏の水害で耕地や住宅が被害を受け、時には人命を失う事も。 幾度か堤防建設を願い出たが許可されず、しいて行えば打ち首の極刑に処せら..

カテゴリー一覧
商用