searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

SOSEGONさんのプロフィール

住所
福岡県
出身
鹿児島県

J-POPからROCK、JAZZ、CLASSIC、LATINまで、あらゆるジャンルの「名曲」を紹介しています。

ブログタイトル
SOSEGON魂
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/sosegon226/
ブログ紹介文
ジャンルを問わず、お気に入りの「名曲」を紹介しています。
更新頻度(1年)

123回 / 365日(平均2.4回/週)

ブログ村参加:2008/04/13

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、SOSEGONさんをフォローしませんか?

ハンドル名
SOSEGONさん
ブログタイトル
SOSEGON魂
更新頻度
123回 / 365日(平均2.4回/週)
フォロー
SOSEGON魂

SOSEGONさんの新着記事

1件〜30件

  • 隠れ名曲(J-Pop)第1集

                                                『隠れ名曲』 の第1集として、日本のシティ・ポップであまり有名でないけれど、聴くたびに 「これは名曲だなぁ~」 と思える、3曲を選んでみました。しかし、ちょっと角度を変

  • 森永ホモ牛乳の想い出

    ■朝の牛乳復活!近頃、毎朝牛乳を飲むという習慣が戻ってきました。子供の頃から好きでしたし、食事の時にはお水代わりに飲んでいました。ところが、半年ぐらい前の血液検査の結果から、主治医に「乳製品をセーブするように」と云われてしまいました。まあ、これま

  • レイ・コニフ 礼賛

    レイ・コ二フ さんは、アメリカ出身のトロンボーン奏者で、また、アレンジャーでもあり、そして、指揮者でした。そんなレイ・コニフさんは、コンボ的なベテラン・バンドのリズミカルな演奏に、ズラリ並んだ男女のコーラス隊が、ハミング、スキャットなどで、楽し気なメロ

  • ジェイムス・パンコウのジャズ・マインド

    本日は シカゴ のオリジナル・メンバーで、今でも現役で活躍している ジェイムス・パンコウ さん(73才)を取り上げます。シカゴは、1969年にデビューして、「長い夜」(1970年)、「サタディ・イン・ザ・パーク」(1972年)など、順調にヒット曲を出していましたが、70年代

  • 熊谷幸子 礼讃

    熊谷幸子 さんは1990年代に活躍したシンガー・ソング・ライターです。残念ながら僕は、2010年頃まで、全く存じ上げませんでした。僕がこれまでに購入したレコードやCDでは、シティ・ポップがいちばん多いというのに、まるでエアポケットのように、熊谷幸子さんの情報だけ

  • VOX POPULI 礼讃

    ブラジリアン・ソフト・ロックの超レアなバンド、VOX POPULI (ヴォックス・ポプリ) をご紹介いたします。10年ぐらい前に、一度取り上げたことがありましたが、今回は前回より曲数を増やしてUPします。1969年リリースですから、52年も前の曲になります。半世紀・・・・

  • 神曲;スキンドゥ・レ・レ

    1980年に、 VIVA BRASIL がマイナー・レーベルからリリースしたアルバムに収録されていたのが。本日ご紹介する 「スキンドゥ・レ・レ」 というサンバのリズムに乗った神曲です。VIVA BRASILは1970年代初頭、ブラジルの若者たちがアメリカに渡って活動を始めたバンドですが

  • もうひとりのボビー・コールドウェル

    今回は、遡ること半世紀、1970年代のハード・ロック のお話です。ちょっとマニアックで長くなりますので、興味のない方は他のカテゴリーをご覧ください。では、どうぞよろしくお願い致します。前回、ボビー・コールドウェル さんの記事を書きましたが、そちらはAOR

  • ボビー・コールドウェル礼讃

    1970年代後半から80年代にかけて、《AOR》 というジャンルが音楽業界を席巻しました。AORとは、 Adult-Oriented Rock の頭文字で、「大人向けのロック」という意味がありました。その代表格が本日紹介する ボビー・コールドウェル です。1978年の『イヴニング・スキャ

  • 謎多き男、マーク・キャス

    マーク・キャス (Mark Cass)さんをネットで調べたのですが、わずかな情報しか判りませんでした。判ったのは、サンフランシスコで活動しているようで、肩書きは、シンガー・ソング・ライターでギタリスト、他にも、アレンジャー、プロデューサー、コンポーザーなど、マル

  • カシオペアのシティ・ポップ

    みなさんご存知だと思いますが、シティ・ポップ は1970年代後半から1980年代にかけて、ニュー・ミュージック系でも、特に都会的で、洋楽のような楽曲をそう呼びました。2021年現在、そのブームは国境を超えて、世界中でチャートに入るほど評価されています。その象徴的

  • なぜかバングラ・ビート!

    梅雨なのに晴れの日が続いています。しかも、カラッとしていますし、湿度も高くなくて気持ちがいいですねぇ~。でも、自然というものは、ちゃんと帳尻を合わせるものです。なので、真夏の豪雨なんてことにならなきゃいいんですけど。今、そんな僕の心配を消してくれる

  • My Favorite Item

    本日は、僕の部屋を見回して、「これは中々いいぞ!」 という 《お気に入りのアイテム》 をご紹介したいと思います。ソフトドリンクの景品とか、栄養補助食品のオマケなどの値段がつけられないような小物から、20万円ぐらいのオーディオ機器まで、幅広く選んでみました。

  • 「ロリリー」ラテン・カバー

    1968年から80年代後半の解散まで、「二人の架け橋」(1970年)や「愛のわかれ道」(1972年)など、多数の大ヒット曲を出しており、ソフト・ロック界の最高峰と云えるのが ブレッド です。そのブレッドは、本日の主役で、作詞、作曲、ギター、ベース、キーボード、ヴォー

  • 最近のサッカーの判定は?

    僕は、小中高とサッカーをやっていましたから、Jリーグ、高校サッカー、ワールドカップ・サッカーなどが大好きで、いつも見逃さずに観戦しています。車椅子になる前は、スタジアムにも足を運んでいました。特に、年に2回、九州各県持ち回りで開催される高校の九州大会は

  • 反日はスタイル、の大統領

    音楽でも、その他のトピックスなどでも、批判的な記事は書かないわたくしSOSEGONですが、時々、いや稀に、批判ではない政治的なことを書いています。しかし、批判的なことを書かなくても、政治の場合、取り上げた人物の政党を支持する形になり、反対の勢力からは敵視さ

  • バンドエイド、カットバン、リバテープ・・・・・

    絆創膏(ばんそうこう)という呼び名は全国共通の名称ですが、「バンドエイド」とか、「カットバン」などはすべて商品名です。つまり、絆創膏の呼び方は方言みたいなもので、それによって、どこの県民かを知ることができるんです。でも、多くの方が、自分の呼び方が全

  • エドガー・ウインターのディスコ・サウンド

    ■鬼才、奇才、機才、エドガー・ウインター!エドガー・ウインター・グループと云えばエドガーの他にも、著名なギタリストのリック・デリンジャーやベース&ヴォーカルのダン・ハートマンも在籍していました。ソロになってからのダンは、ヒット曲を量産していましたが、199

  • Hi-Fi Setのラヴ・アフェア

    ハイ・ファイ・セット (Hi-Fai Set)は、リード・ヴォーカルの山本潤子さんと、コーラスの男性二人というユニットで、1974年から1994年までの20年間活動し、19枚のアルバムと28枚のシングルをリリースしています。「中央フリーウェイ」や「冷たい雨」など、荒井由実(松

  • 日本の可愛い子供たち SURPRISE!

    ■日本では、落とした財布がどうなるのか、実験してみました。6年前の2015年、日本のこどもたちに仕掛けた興味深い実験の模様をご覧いただきましょう。その実験とは、列に並んでいるひとつ前のおとなが財布を落としたら、こどもたちはどうする?というものでした。結

  • アン・ルイス、カーペンターズを歌う

    本日は、アン・ルイス さんによる カーペンターズ の秀逸なカバーを2曲お聴きいただきましょう。1曲目は、ロジャー・ニコルズさんが作曲した 「愛のプレリュード」 (1970年)です。元々は、銀行のCMソング用に一部だけが作られていたのですが、CMを見たリチャード・カー

  • 東京女子流の10年間

    東京女子流 は不思議なアイドル.グループです。いや、ダンス&ヴォーカル・ユニットと呼びましょうかねぇ~!まあ、呼び名はどうでもいいと云いたいところですけど、本人たちが気にして脱アイドルの『アーティスト宣言』をしていました。しかし、あっと云う間に撤回して

  • ビートでジャンプ歌謡

    1967年に、《黒いママス&パパス》 と呼ばれた フィフス・ディメンション (黒人男女コーラス・グループ)と、作詞・作曲、それに編曲まで手掛けた ジミー・ウェッブ の名を、世界中に知らしめたのが 「ビートでジャンプ」 です。作曲のジミーさんは、他にも 「恋のフェニ

  • 天の声 (ブログ再考)

    前回、僕のブログ 『SOSEGON魂』 を 《継続するのか止めるのか、引き続き考えます》 と書きましたが、やっと答えと云うか、今後の方針を決めましたのでご報告いたします。《継続するのか止めるのか》 いちばん悩んでいたのはブログで人様の写真を勝手に使ったり、プ

  • 自分のブログについて

    『SOSEGON魂』 というCDレビューのブログを始めたのが、2008年の2月でしたから、今年(2021年)の2月で 13年 も続けていたことになります。その間に、短くて2週間、長くて8ヶ月という入院&手術が10回以上ありましたから、中断していた期間を合計すると2年間ぐらいには

  • 大貫妙子 カバー4選

    大貫妙子 さんは、1973年に山下達郎さんや野口明彦さんなどとシュガー・べイブを結成します。そして、75年に名盤『ソングス』でデビューしますが、わずか1年で解散したので“幻のバンド”と呼ばれています。その後、ソロ・デビューして、30枚以上のオリジナル・アルバムを

  • 「行かないで」玉置浩二

    5年ほど前の盛大なイベントのお話をします。2015年11月13日、香港のアジアワールド・エキスポ・アリーナで、玉置浩二 さんと香港シティポップオーケストラによる、『玉置浩二 プレミアム・シンフォニック・コンサート』が、香港の熱心な音楽ファンを集めて開催されました。

  • ハイ・フライ ~ ベン・シドラン

     アルバム『ザ・キャット・アンド・ザ・ハット』 ユニバーサルミュージック UICY-93417 国内盤 2008年(オリジナル1979年) 参考価格  AMAZON(中古)11,335円 AMAZON(新品)88,888円 ★アルバム詳細フュージョンやAORが大好きな僕が、これまで ベン

  • My Favorite Things

    「My Favorite Things」 は、ミュージカルの最高峰 『サウンド・オブ・ミュージック』 (1959年)の中で、ジュリー・アンドリュース が歌った曲で、サックス奏者、ジョン・コルトレーン の演奏でも有名です。日本語タイトルは 「私のお気に入り」。今ではすっかりジャズの

  • 「ロリリー」 LIVE version

    1僕の部屋にある音楽記録媒体、つまり、レコードやCD、カセットテープ、そして音楽データなどの所有物と、持っていなくてもCMやTVの音楽番組、FM、AMで聴いた曲を合計すると相当な数になると思います。それらの合計2万曲から3万曲(大雑把ですみません)の中から、僕

カテゴリー一覧
商用