SOSEGON魂
読者になる
住所
福岡県
出身
鹿児島県
ハンドル名
SOSEGONさん
ブログタイトル
SOSEGON魂
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/sosegon226/
ブログ紹介文
ジャンルを問わず、お気に入りの「名曲」を紹介しています。
自由文
J-POPからROCK、JAZZ、CLASSIC、LATINまで、あらゆるジャンルの「名曲」を紹介しています。
更新頻度(1年)

194回 / 360日(平均3.8回/週)

ブログ村参加:2008/04/13

SOSEGONさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 全参加数
総合ランキング(IN) 7,207位 7,207位 7,456位 7,931位 8,197位 8,776位 8,838位 975,299サイト
INポイント 0 50 40 50 50 40 30 260/週
OUTポイント 0 30 10 10 10 20 40 120/週
PVポイント 0 320 540 440 500 460 390 2,650/週
音楽ブログ 33位 33位 32位 35位 35位 39位 38位 27,994サイト
CDレビュー 1位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 1,206サイト
今日 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 全参加数
総合ランキング(OUT) 33,350位 33,350位 35,925位 35,906位 34,677位 34,762位 33,655位 975,299サイト
INポイント 0 50 40 50 50 40 30 260/週
OUTポイント 0 30 10 10 10 20 40 120/週
PVポイント 0 320 540 440 500 460 390 2,650/週
音楽ブログ 134位 134位 164位 165位 155位 157位 144位 27,994サイト
CDレビュー 2位 2位 2位 3位 3位 3位 3位 1,206サイト
今日 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 全参加数
総合ランキング(PV) 5,827位 5,828位 5,689位 5,834位 5,680位 5,947位 5,950位 975,299サイト
INポイント 0 50 40 50 50 40 30 260/週
OUTポイント 0 30 10 10 10 20 40 120/週
PVポイント 0 320 540 440 500 460 390 2,650/週
音楽ブログ 37位 37位 37位 42位 39位 41位 42位 27,994サイト
CDレビュー 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1,206サイト

SOSEGONさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、SOSEGONさんの読者になりませんか?

ハンドル名
SOSEGONさん
ブログタイトル
SOSEGON魂
更新頻度
194回 / 360日(平均3.8回/週)
読者になる
SOSEGON魂
  • 「MOVIE HITS ~見つめて欲しい~ 」

     アルバム『MOVIE HITS』 ワーナーミュージック・ジャパン WPCR-11190/1 国内盤 2002年 参考価格 中古 500円 (配送料込) ★アルバム詳細ワーナーミュージックとユニバーサル・ミュージックという二つのレーベルがジョイントした企画物です。1980年~2

  • 「ある春の恋人/Minuano」

     アルバム『ある春の恋人』 ポリスター UVCA2002 国内盤 2010年 参考価格 中古 3,970円より  ★アルバム詳細Minuano は、永年に亘りLampのサポートメンバーを務める パーカッションの 尾方伯郎さん のプロジェクトで、ヴォーカルにLampの 榊原香保里

  • 「ドリームズ・ソー・リアル/ゲイリー・バートン・クインテット」

     アルバム『DREAMS SO REAL』 ECM ECM-1072 1775830 Germany盤 2008年(オリジナル1976年) 参考価格1,785円(税込) ★アルバム詳細最近、ずっ~と体調が思わしくありません。て云うか、良い時なんかないですね。しかし、医療用麻薬を飲んでいるから

  • 「ハード・ロック・クラシック &カバー」

    ■1960年代ハード・ロックの名曲とカバーの代表曲 さて、HARD ROCK CLASSIC というタイトルは、1960年代のハード・ロックの楽曲で、半世紀が過ぎた今でも、カバーするバンドが多く、“古典的な名曲” として輝き続けているものを “クラシック” という言葉で表現しまし

  • 「フリー・ソウル ~ ラヴ・バラード」

     アルバム『free soul LOVERS』 ソニーミュージックレコーズ SRCS-7333 国内盤  1994年  参考価格  中古;329円より(税込)           ★アルバム詳細この 『free soul』 シリーズは、1990年代にBMGが制作していたコンピレーション・アル

  • 「Perfume The Best の【Blu-Ray】特典映像について」

    ■はじめに今回は、前回のレビューで紹介しきれなかった『Perfume The Best “P Cubed” ~Teaser~」に収納されていた、特典映像 (Blu-RayかDVD)について書こうと思います。しかし、ビデオクリップが収録されているだけなので、特別に語ることもないんですが・・

  • 「TOO YOUNG/CRACKIN'」

      アルバム『SPECIAL TOUCH』 Vivid VSCD-3503  国内盤  紙ジャケット リマスター  SHM-CD  2010年(オリジナル1978年) ■参考価格  新品;5,181円(税込) 中古品;1,300円より ★アルバム詳細10年ぐらい前、ネットで今日紹介するバンドを聴

  • 「鬼才・奇才・機才~ジョアン・ドナート」

    季節が秋に変わろうとしているこの時期に、夏が似合うボサノヴァのレジェンド、ジョアン・ドナート さんの話題です。前回のワルター・ワンダレイさんの「サマー・サンバ」に続いての、季節外れの曲紹介です。まあ、僕は大体があまのじゃくですし、最近は冬でもアイスクリ

  • 「ハモンド・オルガンのワルター・ワンダレイ」

    ハモンド・オルガンは、1930年代にローレンス・ハモンドさんが発明しました。当初は、黒人居住区の教会が、高価なパイプ・オルガンの代わりにゴスペルの伴奏で使っていましたが、子供のころからこのオルガンの音色を聴いて育った若者たちが、ジャズで演奏するようになりま

  • 「記憶の不思議」

    フランスの貴族で、モラリストのフランソワ・ド・ラ・ロシュコフコーの箴言(しんげん)です。いったいどうしてわれわれは、自分に起こったことを細大もらさず覚えているだけの記憶力を持ちながら、同じ人にその話を何遍したかを思い出すだけの記憶力がないのだろう?

  • 「熊谷幸子 SELECT3」

    熊谷幸子 さんの魅力は、なんと云っても意外性のある転調とヴォーカルの音域の広さでしょう。人は無意識でも、意識的でも、オーソドックスで聴きやすいコード進行を予想しながら聴いています。世のヒット曲のほとんどは、それを聴く者を心地良くさせるシンプルなメロデ

  • 「Perfume / Perfume The Best “P Cubed”」

    Perfumeのアルバムは、これまでも結構パッケージには凝っていましたが、今回はなんだか無駄にでかい!1枚のCDを収めるウレタン(たぶん)のケースが、27㎜もあり、CD3枚とBlu-ray1枚の4枚分で約108㎜、そして、厚さ37㎜600頁を超えるフォトブック、さらに、厚さ5㎜の歌

  • 「人生、なんとかなる」

    死ぬのは決まっているのだから、ほがらかにやっていこう。いつかは終わるのだから、全力で向かっていこう。時間は限られているのだから、チャンスはいつも今だ。嘆きわめくことなんか、オペラの役者にまかせておけ。  フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ   

  • 「アメリカのプログレッシヴ.ロック(1970年代)」

    アメリカのプログレッシヴ・ロックというタイトルにしていますが、アメリカのその手のバンドを聴いて思うのは、その呼称がそぐわないという事です。結構ハード・ロックの要素も含んでいるバンドが多いので、僕的には、『アメリカン・ハード・プログレッシヴ・ロック』、通称

  • 「気まずい沈黙」

    『一緒に黙っていることは素敵だ。』  (ニーチェ 1844-1900)あるファミレスでの光景。コーヒーとアップルティーを口にしながら、若いカップルが楽しげに語り合っています。しかし、会話が途切れると、変な沈黙が二人を支配して、女性は、気まずそうに外を見

  • 「Perfume The Best"P Cubed"」

    このベストアルバムは3枚のCDからなり、メンバーとスタッフが厳選した全52曲が、中田ヤスタカのリマスタリングを施して収録される。シングル曲やライブの定番曲はもちろん、今月配信リリースされた「ナナナナナイロ」や、新曲「Challenger」も収めた充実の内容となる。

  • 「シカゴ・ライヴ 1970」

    シカゴが2nd・アルバムの録音を終えて、リリースする1ヵ月前にマサチューセッツ州のタングルウッドで、まさにブラス・ロックの神髄を見せた、1時間30分にも及ぶ伝説のライヴがこのTanglewood Music Festivalです。当然DVDで販売されており、僕も買おうか買うまいか悩んで

  • 「『わたしの人生』という本」

    『人生は一冊の書物に似ている。 馬鹿者たちはそれをペラペラめくっていくが、賢い人間は念入りにそれを読む。 なぜなら、彼はただ一度しかそれを読むことができないことを知っているから。』ドイツ・ロマン派の小説家、ジャン・パウル(Jean Paul 1763-1825)の言葉

  • 「猫たちの近況 September 2019」

    久しぶりの『猫ログ』です。テンちゃんの年齢が、今月でちょうど8才になりました。気がつけば、あっという間の8年です。8年と比べると、最初の猫だったDiddy(ディディー)の4年と3ヶ月という人生(猫生)がなおさら短く感じます。今でもDiddyのことを思い出すことが

  • 「あなたは60%、でも運がいい!」

    ■あなたのイメージ=本当のあなたの60%。誰だって、他人から自分がどう思われているのか気になりますよね。いやな奴だなんて思われたくないし、周りのみんなに好かれていたい・・・・・・・・。でも、自分の評判に聞き耳を立ててばかりいるのはみっともないですよね

  • 「懐かしいTVプログラム3選」

    本日は、2007年、2015年、2017年にPerfumeが出演した3つのTV番組をUP致します。さすがに、12年前のPerfumeはピチピチです。それに、彼女たちの青春時代を少しだけでも知れたのは収穫でした。では、それぞれの番組の簡単な紹介文のあとに、番組をご覧ください。■『HEY!

  • 「即断即決、信じて疑わず」

    ■『人間というのは 時間が経つと迷うんです』実業家の 径沢香保子 (つねざわかほこ) さんの言葉です。いざ問題に直面した時、ほんとは最初に答えを出していたのに、あれやこれやと思い悩んで、でも思いきれなくて、さらに、あれやこれやと思い悩んで、結局、

  • 「春して、恋して、見つめて、キスして/portable rock」

     アルバム『portable rock GOLDEN☆BEST』 徳間ジャパンコミュニケーションズ TKCA-72788 国内盤 2004年 参考価格 2,037円(税込) ★アルバム詳細portable rock は、野宮真貴さんが、ピチカート・ファイヴ加入前に、在籍していたユニットです。彼女の

  • 「カーリーとキャロル/デオダート」

     アルバム『オス・カテドラーチコス73』 ボンバ・レコード BOM-24175 原盤;USA盤 1973年 参考価格 2,392円(税込) ★アルバム詳細■デオダートの名曲を、ブラジル録音とアメリカ録音で聴き比べ!コアなデオダート・ファンにお薦めのアルバムです。もし

  • 「作曲家;ニール・リチャードソン」

    ■The Great Composer of Library Music,NEIL GRANT RICHARDSONニール・グラント・リチャードソン(1930年2月5日-2010年10月8日)は、英国の作曲家&指揮者です。彼は数多くの作品を残していますが、「Approaching Menace」 や 「The Riviera Affair」 などが特に有名で

  • 『のっちが行く、神田の雑居ビル』

    NHKオンデマンド/2019年8月6日(火)PM10:50~ON AIR(30分)■『雑居ビルの奥のおく』 ~カンダダの迷宮~■出 演;ケンドーコバヤシ、のっち、羽田圭介  ■ナレーション;梶 裕貴ケンドーコバヤシにPerfume のっち、芥川賞作家・羽田圭介という個性派3人が雑居ビル

  • 「蜃気楼/Minuano」

     アルバム『蝶になる夢を見た』 Botanical House BHRD012 国内盤 2019年 参考価格 2,916円(税込) ★アルバム詳細Minuano は、永年に亘りLampのサポートメンバーを務める パーカッションの 尾方伯郎 のプロジェクトで、ヴォーカルにLampの 榊原香

  • 「サディスティックス 1976&1977」

    なんと、約40年前の サディスティックス のLIVE映像があったのでご紹介します。画質、音質ともかなり状態が悪いのですが、今となっては貴重な映像なのでUPすることにしました。サディスティックスは、加藤和彦さんがリーダーとして英国でも活躍した、サディスティック

  • 「猫4匹、未だ打ち解けず」

    長男夫婦と同居するようになって、早くも1ヵ月以上過ぎました。人間の方はすんなり暮らし始めたんですが、猫ちゃんたちはなかなか打ち解けてくれません。いちばんの原因は先住民のメロディです。この子が予想外に新人たちを拒否しているんですよね。特に、気の弱い

  • 「サンダーバードのテーマ」

    来る2019年11月9日(土)、池袋の新劇場・東京建物Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)に於いて、指揮に西村 友氏を迎えた、東京佼成ウインドオーケストラの 『サンダーバード』 を取り上げたコンサートが開催されるようです。興味のある方は、下記のサイトで詳細をご覧

カテゴリー一覧
商用